Top
ナイトズーラシアへ。


ずーっと行ってみたかった『ナイトズーラシア』へ
初めて行ってきました。


a0114345_128551.jpg



“よこはま動物園 ズーラシア”では、
毎年、夏休み期間の週末だけ、夜8時半まで開演時間が延長されます。
わが家から車で数10分、
思い立てばすぐ行ける距離なのですが、、
「ナイトズーラシア」を知ってから、行きたいと思いつつなかなか実現せずでした。

では、なぜ今年は実行したかというと・・・
こちらの存在を知ったから^^



『ズーラシアンブラス』♪

ズーラシアのイメージキャラクター“ズーラシアンブラス”が今年はナイトズーラシアにも登場!!ってことで
そのコンサートを聞きに行くことに♡

このズーラシアンブラス、オカピさんの指揮率いる、金管楽器五重奏で、
(基本は五重奏ですが、うさぎさんの弦楽器などのバージョンもあるようです)
見かけこそ子ども向けのブラスですが、
中身(?)はプロの演奏家さんだそうで、演奏技術はピカイチだそうですよ。

動いている様子は→こんな感じ
ねっ楽しそうでっしょ?

で、実際の演奏はどうだったかというと・・・


えっと、聞けませんでした^^;


その日は実家から夜中に帰ってきた日で、
暑くてダラダラ過ごしていたら出発が遅くなっちゃったのです。
気付けば入園閉め切り時間の7時ちかく。
動物園を回っていたらコンサートには間に合わないし、
コンサートを聞きに行ったら、動物を見られないし・・・
(コンサートが開かれる広場は広い園内の出口近くにあるのです)

miはコンサートに行きたいと言うし、taはせっかく動物園に来たのだから動物を見たいと
意見はまっぷたつに。
しばらくもめた結果、やはり立場の強い兄ちゃんの意見がとおり、
コンサートはあきらめました(涙)

いつまでもぶつくさ文句を言っていたmiでしたが、
コンサートは定期的に開かれているようなので、
涼しくなったらまた来る事を約束して納得してもらいました^^;



a0114345_128889.jpg



夜の動物園は、昼間と違ってなかなかいい雰囲気でしたよ。
でも、少しは涼しいかと思いましたが、
この日はそおでもなかったです^^;
昼間の蒸し暑さがまだ残り、動物たちもまだまだ動きが鈍かったです。

そもそも、なるべく自然に近い状態で飼育をしているのが売りの動物園。
さらに暗いのですから、
はっきり言って、動物はよく見えません(笑)
ちなみに↑は、こちらにおしりを見せて眠るゴリラさんです。

園内も想像以上に暗くて、進路もよくわからないくらいですし、
足下がよく見えない場所もあるので気をつけなければなりません。

すべての動物が公開されているわけではないですし、
はじめてズーラシアに行くひと、にはあまりオススメできません。



a0114345_128756.jpg


でも、ところどころに配されたイルミネーションはとってもきれいだし、
暗闇から聞こえる動物たちの鳴き声にわくわくしたり、
『どこにいる?』『いたいた!あそこ!!』なんてやり取りも楽しいものです。
(昼間でもそんな感じなんですけどね^^;)

一度、もう少し涼しい頃に広い園内をゆっくり楽しんで、
ズーラシアをちょっと把握できてから、
ナイトズーラシアを楽しむことをおすすめします^^


入園口からしばら〜く歩いて、
出口近くでようやくたどり着くのが、
ズーラシアのシンボル『オカピ』の展示室。

日本で初公開された珍獣です。

ワタシは『オカピ』を実際に目にするまでは
「ただのシカに何をそんなに大騒ぎ?」なんて思ってたんですよ(すいません^^;)
でもね、一目見たときから惚れました♡
あんなに美しい動物が存在するなんて奇跡です。
それくらい素敵ですよ♪

まだ『オカピ』を見た事がない方は、ぜひズーラシアに会いにきてください^^

ワタシですね、オカピを見ると、昔大好きだったぱりぱりチョコが層になってたアイスケーキを思い出します。
なんて言うアイスだったかなーと思って調べてみたら、
“エスキモーのビエネッタ”だって!懐かしいな〜笑



-------


RICK RACKさんから届いた生地で、
miのキャミソールとパンツを縫いました。

a0114345_128869.jpg


パターンはONE'S ONE さんの
ガールズサマーセット。

暑がりで、いつも身にまとう布は少なければ少ない方がいい^^;
miにピッタリなパターンです(笑)


a0114345_1281145.jpg



来年を見越して140センチサイズにしたら、
キャミソールはまだちょっと大きかったようです(汗)
もう1枚裁断してあるので、そちらは肩ひもを短くして、身頃もちょっと縮めようと思います。
パンツはホットパンツ丈で可愛い型です。
見えてませんけれど、ウエストは白リブで切り替えてあります。
ボタンホールを作って、ぐるっと綾テープを通してありますが、
脱ぐたびにいちいち結ぶのが面倒くさいし、ウエストゴムをジャストサイズで作ればテープは必要ないと思います。
次回作は、ウエストリブ裏のボタンホール近くで短く切ったテープを縫い付けて、
なんちゃってウエスト紐仕様にします。テープがもったいないしね^^;

ガールズセットはこの他にTシャツのパターンがついた3枚セットです。
ちょっとお得感があります♪

それにしてもすごい水着のあとだねー。
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-08-25 09:14 | ソーイング
<< お祭り納め。 | ページトップ | 帰省:2010夏 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin