Top
Newミシン!!



線香花火なのに。。
あっという間に燃え尽きたよ。
こんなに光線がでてたら風情がないねぇ。


a0114345_175305.jpg





夏の終わりをしめくくる花火・・と言いたいところですが、、





a0114345_1753092.jpg




9月に入ってまでもこんなに暑い。
明日こそきっと!と涼しくなるのを期待して見る天気予報に裏切られ続ける毎日。。

と思っていたら、台風の影響で昨日は久しぶりに涼しい一日でした。
ここずっと暑かったので、夕方の“肌寒い”なんて感じたのはいったい何日ぶりでしょう^^
しば〜らく使っていなかった浴槽を洗って、お湯をためたし(ずっとシャワーだったの)、
クーラーを消して寝られたし♪やっとこさ小休止。

ま、でもこんな涼しさもつかの間、
週末に予定されているmiの運動会は予想最高気温35℃(汗)・・ふぅ

こう暑いと、
おやつだって、オーブンを使った焼き菓子よりも、
冷たいお菓子のほうが子どもたちは喜びます。



a0114345_1753365.jpg




坂田 阿希子さんの抹茶のお菓子より『抹茶ババロア』^^
お湯で温めて、が面倒くさくて手で温めたためただけで取り出したため、
お肌の美しくないババロアになっちゃいましたが、、
これはtaが大絶賛のババロアです。
簡単だし、抹茶のほろ苦さが効いたあっさり系ババロアレシピ。
美味しいのです♡


--

この夏、ちょっと大きなお買い物をしてしまいました♪

ず〜っと恋いこがれ、迷い続けてきた職業用ミシン。
ある日突然、思いつきで買っちゃいました^^


思いつきと言っても、欲しいな〜と思いはじめて数年。
一定周期で買っちゃおうか病にかかり、そのたびにネットで情報を仕入れて回っているので
どのミシンにするか、どの店で買うかはほとんどイメージは固まっておりましたデス。

職業用ミシンはプロの方が使うミシンと思われがちですが、
それは工業用ミシンでして、縫製工場などで使われているものデスね。
職業用ミシンは、工業用をコンパクトにして、取り扱いも簡単に、アタッチメントなども一般的に手に入りやすいものが使えるようになっている家庭用ミシンのことなんですよ。

ただ、縫えるのは直線のみ。
と機能が限定されているので、ジグザクミシンや刺繍も一台で済ませたいというユーザーは
コンピューターミシンを選択すると言う事になりまする。

で、ワタシはというと、ロックミシンは持ってるし、刺繍なんて使わないので直線のみで問題ないのですが、
“ボタンホールをどおする?”ってのが一番のネックでした。
職業用ミシンでもアタッチメントを使えばボタンホールを縫う事はできるようなのですが、
今使っているミシンが壊れた訳ではないので、
ボタンホールを縫うときは古いミシンを使うということにしました。

購入は、以前ロックミシンでお世話になったネットショップ島田ミシンさんにて^^

職業用ミシンというと、JUKIのシュプールかブラザーのヌーベルが筆頭に上がるのですが、
お店がJUKIしか取り扱いがなかったので、迷う事なくシュプールに決定。
そこからが少し迷いました、
シュプールの中にもいくつか機種があり、
機能とそれに見合ったお値段の違いがあるわけです。

お店にメールで相談したりしまして、
結局、JUKI SL-280EXを買いました。
このミシンの一番おおきな売り機能は「スピードコントロールつまみ」ってやつでして、
“ゆっくり→ふつう→はやい”とフットコントローラーを最大限踏み込んだときのスピードを制限する事が出来ます。
この機能がついている機種とついていない機種のお値段の違いがイチマンエン程ありましたが、
悩んだ末にこちらにしたのは、
子どもたちが使うようになった時のことを考えたためです。

自分は使い馴れればこんな機能なくても構わないですが、
馴れていない人が使うには、職業用ミシンのスピードはやっぱり早いです。

ワタシが中学生のとき、自宅のミシンで指を縫ってしまい、救急車で運ばれた友達がいました。
それが職業用のミシンだったのか家庭用のミシンだったのかわかりませんし、
いったいどうやれば指が縫えてしまうのかわかりませんが・・
そのエピソードが頭からはなれません^^;
なので、ちょっとお高くなりましたが、この機種に決めました。

Rick Rackさんのソーイングクラスもこのスピードコントロールがついたミシンでしたよ。
やはり、初心者の人が多く使うので選ばれているのではないでしょうか。

いざ購入したものの、ワタシくらいの裁縫頻度であこがれの職業用ミシンを使ってもいいものなのかとまだ迷いがあったのですが、
使ってみて、
“へたっぴほど道具にはお金をかけるべき!!”というのがよくわかりました☆

説明書を片手に、まず下糸をボビンに巻く。
まあ、そのスピードにびっくり!!
ボビンに巻ける下糸の量も相当多いようで、使い途中の糸ごまから
あっという間にすべてボビンに巻いてしまって、上糸に使うべき糸が一瞬にして無くなったのにはウケました(笑)

針の付け方や上糸の掛け方が今までのミシンとは違うし、
ボビンケースを触ったのも高校の家庭科以来^^
しばらく戸惑いましたが、いやはやその馬力とスピードはあっぱれスゴイです。

いままで使っていたミシン(かなり古いので比較対象にするのも申し訳ないですが)と比べていいところ

・段差に強い
いままでのミシンがとことん段差に弱かったので、ちょっとの段差で軌道をはずれたし、スタートに段差がある場合(たとえば、テープの端を縫うとか)は生地が進まないので糸が絡んでどうしようもなかった

・押さえ圧が調整できる
どんな生地でも強く押さえるので、ニットなどは伸びてよれよれになることも

・自動糸切りが便利
これはソーイングクラスでこのミシンを使わせてもらった時から絶対に欲しいと思っていた機能。
糸の無駄も少なくて済むし、時間が節約できる

・針が下りた状態で止まる
今までのミシンは、針が上にあがった状態で止まるので、帽子作りなどにはよくある、上側の生地を引っ張りながら縫うという作業はすぐ生地が手前にずれるのでストレスフルでした。

・厚物スイスイ〜
針の太さだけ注意すれば、今までのミシンでは到底縫えなかった厚さだってらっく楽

縫うスピードが早くなったのももちろんですが、糸がからまったり、針が折れたりなどのトラブルがまったくないため、作業効率がイイ!!
もっと早く買えばよかった★

ずーっと購入を迷っていたのに、ついに購入に踏み切ったのは
『せっかく買うのだったら長く使いたい』
そう思ったからでした。
いろいろ作ってみたい、そう思える時だからこそ快適なミシン環境を揃える。
ムダな買い物にしないよう、沢山使いたいと思います^^

夏休み休暇中に届いたので、
時間的余裕もあり、いくつか新しいミシンで縫う事ができました。


a0114345_1753257.jpg



ONE'S ONE さんのガールズサマーセット140センチサイズ。<コチラ>の別生地バージョン。
生地とフロッキーはすべてRick Rackさん。
前作でキャミソールが大きかったため、肩ひもを短く、脇も縮めたつもりなのですが、
やっぱり大きく^^;こちらも来年用へ。
短パンは活躍しています。ヒップとウエストは140でもいいのね>ハハ似?
綾テープはボタンホールを通して、ウエストの裏で縫い止めているだけのなんちゃってです。
ミシンスペースを整理して、収納した古いミシンを早速また出しました。
おっそろしく重いミシンなので、なるべく出し入れしやすく仕舞いましたが、、
やっぱり大変だわ・・ボタンホールから遠ざかりそう。。



a0114345_175321.jpg



WHISTLE@さんのサファリハット。

生地はRick Rack 麻デニム色落ちストライプのパープル
ちょっと甘めにレースを使用>お友達のプレゼント用なのです。ワタシには似合わないわレースは。。笑
まだこれ手元にあります。
一緒に縫ったストールのフリンジが出来てないから。。横糸抜くのがね、大変なの。。
でも、夏が終わらないうちに送るからねjyuちゃん♡


a0114345_1753175.jpg


そして、ONE'S ONE さんの『3サイズバケットバッグ』
生地はRick RackさんのRRギンガム ラミネートのターコイズを使用。

実は、これを縫いたかったのでミシンを新しくしたというのもひとつ。
こちらのバッグ、一番厚いところでアクリルテープ4枚分が重なります。
今までのミシンでは絶対に縫えませんでした。
ラミネート生地も初体験でしたが、ミシンと同時にテフロン押さえを買っていたのでまったく問題ありませんでした。
それよりも、RickRackさんのラミネート生地がかなり縫いやすいような加工に
なっているお陰かもしれません。


a0114345_175316.jpg



これはピンク好きなお友達の誕生日プレゼントです。
なので、内布には強引にピンクを使いました^^;
しっかり目のコットンを使い、接着芯を張りましたが、
ラミネート生地が薄めなため、自立はしません。

これは3サイズの“大”なのですが、
かなり大きいです。試しにりんを入れてみたらまったく顔がでなかったし、
ハリーでも余裕で入りました。
miが見た途端『デカっ!』って言いましたよ・笑
でもね、お友達、なんだかいっつも大荷物で(笑)きっとこれくらい収納力があるほうがいい!ハズ

内側を2重にしてポケットにする仕様ですが、
あまりにポケットも大きくなるので、携帯が入るサイズと小物を入れられるサイズで仕切りました。
そして、ボタンホールを→またまた、しまった古いミシンを取り出す(汗)

ダブルガーゼのストールを添えて。
こちらはフリンジが間に合いました。
この生地はCHECK&STRIPEさんで買って、自分のぶんを以前作ったもの。
あと2本つくって、計3本ストールを作って使い切り。

そろそろmiの発表会ドレスも取りかからなきゃいけないし、
NEWミシンの使い方を忘れないうちにちょこちょこ縫います。

-----

先日、子供会の役員さんから電話がありました。
予想していた事だけれど・・
来年は子供会役員を引き受ける事に^^;
子どもたちがいったいいくつになったら役員から解放されるのお??
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-09-10 08:00 | ソーイング
<< 運動会2010 | ページトップ | 夏休み終了。 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin