Top
お菓子教室〜ロールケーキ〜
a0114345_1113482.jpg


念願のお菓子教室に参加してきました♪

子どもの頃からお菓子作りが(食べるのが?)大好きで、
子ども用のお菓子本片手に、ゼリーやらケーキやらしょっちゅう作っていました。
ワタシの実家は、いろいろ手を出しては道具を揃える母のお陰で、
お菓子づくりの道具はひと通り揃っていました。
(そしてそのDNAは確実に娘のワタシに遺伝してる)
母の話しによると、昔、団地の奥様がたで集まって開かれていたお菓子教室で揃えたものだそうです。
昔のものなので、ケーキ型は21センチ、蛇の目型も同様に時代を反映したビッグサイズですが、
しっかりした作りのものが多くて今でも現役で使えている30年ものがいくつもあります。

母も働いていたので忙しく、
『自分で作りなさい』と台所は自由に使わせてくれました。
でも、実家の台所に組み込まれたガスオーブンは温度計が壊れていて、
別買いした温度計と火の強弱で温度調整している小学生・・・
あれじゃあ上手く作れるわけないけれど、当時は一生懸命でした^^;

自分で作ったケーキでお友達を呼んでお誕生日会(自分の)を開いたのは、
5〜6年生の頃だったでしょうか・・
固ったいチョコレートケーキを『おいしい』と食べてくれたお友達^^;
たいへん気の毒(笑)

それからまったくの自己流で、
いろいろな本に浮気しながらのお菓子作り。
そりゃあ、昔にくらべれば少しはまともな物が作れるようになったものの・・
チャンスがあればお教室でちゃんと習ってみたいと思っていました。


そして、


a0114345_1113296.jpg




ついに『行ってみたい、教えて欲しい』と思える、
お教室と先生に出会えました☆
いつもご自身のブログで美味しそうなお菓子やパンを紹介されていて、
いつかお菓子教室を開く!という情報を聞いてから、ブログをチェックチェック!
そして、本格的にスタートするまえの『preお菓子教室』にいち早く申し込みを♪



a0114345_1113258.jpg



5月のお菓子は
『ロールケーキ』でした♪

“ロールケーキ”簡単そうで実は奥が深いお菓子です。
ビスキュイ(天板で薄く焼く生地をビスキュイと言うそう)のレシピもいろいろあって、
それぞれ食感やもちろん味が違うし、ワタシもいろいろなレシピを浮気しながら作ってきたけれど、
これぞ!!という出来上がりに落ち着かないケーキです(他に落ち着いてるケーキがあるのかと言われても何もないけど^^;)
ぜひ、安定して納得いくものが作れるようになりたいです。

今回のロールケーキは、
30×30サイズの天板を使い、
卵を7こ(くらい)ぶん使うビックサイズロール。
クリームはホワイトガナッシュクリームをたっぷり巻き込む、
シンプルだけどとても贅沢なロールケーキです。


a0114345_1113444.jpg



今回のポイントは、
卵白の泡立て具合の見極め、そして、粉の混ぜ合わせなど(他にもたくさん)
まず先生のデモンストレーションを見学して、
次は自分で一台仕上げます。
生徒は2名!!
先生のデモをしっかり見ているつもりでも、
さあ自分で作ってみると『あれっ?あれっ?』ここどおするんだっけ?と緊張もあって少々混乱^^;

レシピを見ているだけではわからない、
テクニックが沢山ありました。
そして、勘違いも。

長くプロのパティシエ経験のある先生。
効率よく仕上げるプロのテクニックを教えていただきました。
粉の混ぜ方は、一緒にゴムベラを持っての指導。
“プロは切るように混ぜない”という小嶋ルミさんの衝撃的な一行に出会ってから、
ワタシの生地混ぜは錯綜してましたので^^;
やっぱり“切らない”ゴムベラの面を使ったリズミカルな混ぜ方に納得しました。
天板に流し込んでからの生地のならしかたなんかもとても参考になりました。



a0114345_1113156.jpg



巻き込むガナッシュクリームは、
『ホワイトチョコレートの味が苦手』という先生が、
これなら“美味しく食べられる”と試行錯誤して作られたチョコと生クリームの配合で、
おすすめのホワイトチョコレートの種類から生クリームの脂肪分まで教えていただきました。

ワタシは以前、同じようなガナッシュクリームを巻いたロールを作ったことがあるのですが、
どうもこのガナッシュクリームの味がいまいち馴染めませんでした。
でも、確かにこのクリームはミルキーでかと言ってしつこくなくとても美味しいのです。

自分で作った一台はお持ち帰りで、
試食は先生が焼いて用意しておいて下さったケーキをいただきました。
目の前で切り分け、盛りつけてられたケーキはこちら↓


a0114345_1161195.jpg




まあ♪なんて美しい☆
家では考えられないほど厚く(笑)切られた一切れ。
『フォークはイチゴ用です。ケーキはぜひ手でパクッと!』と先生。

『美味しい〜☆』

ビスキュイはやさしいタマゴ味でふっくら、
ミルキーなクリームとの相性もばっちりで、
最近めっきり重たい食べ物を受けつけなくなったワタシも
ペロっと食べてしまいました^^
『おかわりどうぞ〜^^』にも応えてしまいましたし(汗)


ロールケーキ作りのテクニックを教えていただいた有意義な時間だったのはもちろんですが、
何より先生がかっこいい☆(女性です^^)それに、先生のご自宅がこれまた素敵なんです。
ステキな空間で、必要なものが効率よく使えるように揃えられた機能的なキッチンでお菓子を作る。
そして、美味しいお茶とお菓子を戴いて、片付けなし(←それかよ・笑)
何とも非日常な優雅な時間をいただいてきました。

また次回のお教室の予定もあるようですし、
設備が整ったら、天然酵母のパン教室も開かれるそうです。楽しみ☆
それまでに忘れないうちに↑のロールケーキを復習しておかねば、と現在ロールケーキ天板の購入を検討中です。

先生の許可をいただいてご紹介。
今回お世話になった
天然酵母パンと焼き菓子の教室『fumufumu』のHPはコチラ→です



普段、家ではエプロンをしないワタシ。
お教室に参加するために前の日の夜に縫いました。


a0114345_1113385.jpg



手持ちのエプロンは結婚祝いでいただいた10年もの^^;

丈が短くて、身体にフィットするようなスタイリッシュなエプロンを目指しました。
パターンレーベルさんのエプロンパターンがずーっと気になっていたのですが、
ちょっとお高いのと今さら間に合わないので、
サイトに記載されているサイズを参考にして作りました。

結構細かいサイズまで記載されているので、
なんて太っ腹!!って思いましたが、
おそらくスタイリッシュなエプロンのデザインの肝なのであろう、
胸当て部分のサイズが記載されておらず・・
自分を採寸しながら裁断したのですが、、やはりスタイリッシュには程遠い仕上がりとなりました^^;
でも、あり合わせの生地を組み合わせて、型紙のない勘で縫い合わせる適当ソーイング♪
それはそれで楽しいものです(笑)
これからはエプロンの生活を身につけようと思いましたが・・
やっぱり面倒くさくて冷蔵庫の角にぶら下がったままなんです^^;


強い台風が近づいています。
皆様もどうぞお気をつけて。
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-05-30 00:08 | パンやお菓子
<< くまさんですよ!はぴ〜ば〜すで... | ページトップ | お誕生日にCATSおひとり様 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin