Top
ミシンがほしい・・


(昨晩、夜中にこつこつ書いていた記事が消えてしまいました。シクシク。。)

ワタシの愛用ミシンは、
ジャノメ メモリークラフト6000 という、
25年ほど前のミシンです。もうアンティークといってもいいのではないだろうか・笑



刺繍ができる、コンピューターミシンのはしりで、
発売当時、かなり高級なミシンだったのではないかと思います。








a0114345_7145751.jpg

愛機 ジャノメ メモリークラフト6000
後ろにあるのは、亡き祖母がつかっていた裁縫箱






ネットで調べてみますと・・
あったあった
janome history

“1983年(昭和58年)6000型、メモリークラフト:208,000円
コンピュータ機能を充実させ、国内外で大好評を博した「メモリークラフト」。
洗練されたその外観は、それまでのミシンのイメージを変えました。
使い易さと豊富な機能により、海外での評判は大変なもので、空輸により輸出していました。”

ですって!!
当時の物価からすると結構なお値段ですね〜
(今でもコンピュータミシンは高額ですが・・)

その当時、スパーカブ(バイクね)の後ろに黒い金物の箱を乗せたおじさんが毎月集金にやってきて、
母が積み立てで購入しました。

レトロなパネル操作で刺繍ができますが、
模様が小さすぎて使いものになりません。
でも、さまざまなアタッチメントがついて、操作も分かりやすくて(コンピュータといっても
かなりなアナログ操作)
通常使用にはまったく問題ありません。

でも、コレ、
重いっ!!
持ち上げるときにはかなりの注意が必要です。腰がっ、腰がっ(汗)
鋳物ですから、
ちょっとやそっと押そうが引っかかろうがびくともしない安定性!!

あまりの重さに、実家では軽くて安いミシンに浮気したこともあったのですが、
そっちが早々に壊れまして、
しばらく使っていなかったこのミシンが復活とあいなりました。

幸い、いい修理屋さんとの出会いがありまして、
「昔のミシンはいいものが多いから、ぜひ使って」とか
「うちには部品があるから、まだまだ使えるよ、大丈夫!」とか言ってもらいまして、
お釜を交換したり、調整してもらったりして、
今日まで現役でお仕事しております。

でもね、最近また糸調子が微妙で、
縫い目があまり美しくないし、、
新しいミシン欲しいな〜〜〜〜


つぎに買うなら、あこがれの職業用ミシンかしらん♡
でも、ボタンホールがきれいにできるコンピュータミシンかしらん♡
できれば両方あるといいなー
なんて、、
最近ミシンにさわる時間もないくせに、
周期的にミシン欲しい病にかかっては、
ミシン屋さんサイトを巡っています。


a0114345_7152387.jpg

うちのミシンスペース


リビングの隅にいつでもソーイング!できる環境はあります(あとはやる気))
メモリークラフトちゃんの体重は、使う時に出すなんて方法は無謀です。
しまい込むと一生出したくないくらいの重さですから。


このスペースに合うサイズで大工さんにテーブルを作ってもらいました。
引き出しは、ロックミシンの糸が収まるように仕切がついています。

ロックミシンは購入当時、超初心者だったので(いまもだけど)
自動糸調子の糸取物語です。
これを買ってからソーイングの幅が広がりました。

ワタシのミシン稼働率と腕で、
職業用ミシンは贅沢かな〜と思うのもありますが、、
このスペースではキツいかな、、というのも
購入をためらう大きな原因です。

どちらにしろ、もっとソーイング時間を作らなきゃ、
宝の持ち腐れになるのは目に見えてますからね・笑




ーーーー




マカロン♡を焼きました♪




a0114345_14553048.jpg











な〜んて・笑






a0114345_14554985.jpg

リプトン レモーネ オトナ買い


リプトンのおまけストラップの新しいコレクションが発売になったそうです。
ちなみにワタシが買ったのではないですよ。
職場の方が昼休みに全種類買って来ていたのを可愛いので撮影させてもらいました。
チョコパイが一番気に入りました。
これなら欲しいな、でも人気があるのではやく買いに行かないともうないかも。


本当のおやつは




a0114345_716748.jpg

あんみつアイス添え



またまたお気に入りの寒天であんみつです。
チチがアイスをチルドに入れておいたので(怒)ドロドロです^^;




**きょうのワンコ**



a0114345_7162857.jpg

犯行現場にて腹出しで反省するハリー

[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2009-06-23 19:52 | ソーイング
<< ナンを焼く | ページトップ | プラムジュースをつくる >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin