Top
ソーイングクラスに参加する


子ども達は夏休み突入です!
でも、、通知表がないのは、なんだかまだ馴染めません。

だいぶ更新が滞ってしまいました(汗)
週末から連休が忙しかったのと、
急に暑くなったせいか、お疲れモードでmacをひらく時間がありませんでした。
スキンを変えただけで、放置してましたっ。。




さて、何をしていたのかといいますと。
先週末のこと、
ねむくて仕方がないのに、
どうしても今夜中に裁断したくて生地を広げましたら、

イヌたちが、、



a0114345_1510104.jpg

あの〜どいてもらえませんか?




あんたたちの布団じゃないんですけど・・

新聞や生地、なにか広げるとかならず乗っかってきます。
油はね対策の新聞にも乗ってくるので、揚げ物中なんかあぶなくて仕様がありません。



なんとか裁断を終えた生地を持って出かけた先は!





a0114345_15145897.jpg

Rick Rackさんのソーイングクラス




ずーっと行ってみたいと思っていたのですが、なかなかチャンスがありませんでした。

Rick Rackさんとは。
ネット販売を中心とした生地やさんです。
ソーインガーの中では超有名な大御所さんです。

数年前に実店舗もオープンして、
初心者を対象としたソーイングクラスを開設しています。

ここ最近ちょっと忙しかった仕事、この日だったら休めそうだし、
自分の時間を作りに、
思い切って予約してみたのです。

予約した午後のクラスは1時半からだったので、
午前中の仕事を済ませてでれば、狛江まで一時間弱、
余裕で着けそう♪と楽しみにしていたのですが、、

仕事が長引いてお昼ご飯がたべられず、
慌てて出発。
もともととっても人見知りなワタシ(周りには言っても信じてもらえないけど・笑)
他の生徒さんと何をしゃべればいいんだろう..とか
先生にはどんなことを聞けばいいんだろう、、とか
ついには「せっかくの半休、家でゆっくりすればよかった、、」と(^^;)
電車のなかで、ネガティブシンキングは最高潮(笑)

でも、乗り換えの途中でおにぎりをひとつ食べられた頃には
元気がでてきました(結局空腹のせいか?)


狛江のお店に行くのは3回目ですが、
初めて行ったときに、迷いに迷いました。それからやっと道を覚えました。
それでも、お店が目に入るまでは
「ここでよかった?」と不安になるような場所にあります。

気合いを入れすぎて、
30分も早くついてしまいました。
なんだ、これならゆっくりお昼を食べてからでればよかったよ、、
でも、じっくり店内を見学(物色)したり、サンプルの洋服を見たりして
楽しく待ちました。

ソーイングクラスは「ワークショップ」形式で、
自分の作りたいものをつくります。
わからないことがあれば聞いて下さい。てな感じです。

パターンと生地はRick Rackのものを使うというお約束だったので、
ちょうど予約販売で届いた「ポケットワンピース130」と生地を持ち込みました。

今回の一番大きな目的は
「職業用ミシンを体験すること!!」でした。
新しいミシン、できれば職業用が欲しいと思っているのですが(こちらの記事
欲しいと言いつつ、実際に触った事がないので、
今回は十分にミシンに触れるように、予め生地は裁断してから臨みました。

さて、いざミシンを踏み出したら、
「お〜」段差だってスイスイすんごい安定性。
順調な滑り出し♪さて、返し縫い、、、、の仕方がワカラナイ。。
「すみませ〜ん、ミシンの使い方がわかりませ〜ん」

先生「あらあら、tsunatamさんはもうお分かりなのかと思っちゃいました
ごめんなさいね〜^^」

ええ、ええ、確かに、
パターンのスカート部分を別布で切り替えたいと
いきなりアレンジを申し出たずうずうしさは初心者にはあるまじき行為だったと思います^^;

でも、先生は快く「可愛いわね〜」とお許しくださいました。

前立ての部分に合う生地がなかったので、
先生にお店から選んでいただき購入しました。
クーラーの効いた広いお部屋で、
ミシンもアイロンも道具も使いたい放題。
少しの失敗も先生は「大丈夫、大丈夫、これくらい全然へいきよ〜^^」
と言って下さり、なんとも快適空間!!
うちにもこんな環境があればもっとミシンするのにな〜

いつも一人で黙々とミシンに向かっているので、
先生にアドバイスをもらいながらのソーイングはとっても新鮮で、楽しい時間でした。
家庭科の授業以来かな。。
ワタシの他は、チュニックワンピースの続きをつくるという生徒さんがひとりいただけでした。
心配していた「仲良くできるかしら?」は
作業に夢中で、まったくおしゃべりする余裕なんてありませんでした・笑
でも、その生徒さんがギャザー寄せするときに先生が
「tsunatamさんもご一緒にみて!」とコツを教えて下さったりと、
自分の作品以外からも勉強になることがありました。


時間内の完成させるのが目標でしたが、
やぱり慣れない環境で、レシピを持ってあっちに行ったりこっちに行ったり・・
作業の効率は悪くて、
本日はここまで!


a0114345_15231681.jpg





あとはロックで縫い合わせるだけ、
面倒くさいところは縫えました。
ぼでぃに着せてもらって写真を撮りたかったのだけど、、残念。

他のスタッフさんにも「可愛い」と言ってもらい、
お世辞とわかりつつも上機嫌♪

初回は、入会金2,000円がかかりますが、「ソーイング基礎book」がもらえます。
ワタシはもう持っているので、お買い物券1680円ぶんをいただきました。
帰りにはそれを使って、
欲しかったフッロッキーププリントと大きな花柄のリネンをお買い上げ。
楽しかった♪またぜひ時間を作って参加してみたいです。



先生には「また参加して仕上げて」とおっしゃっていただきましたが、
そうそうお休みが取れないし、
あとはロックで縫い合わせればよかったので、
家で次の日に仕上げました。


a0114345_1515522.jpg

pattern Rick Rack ポケットワンピース130


スムースニットで作ったからか?
miには少し大きめに仕上がりました。来年用かな。
前立てはやっぱりちょっと失敗して、
先生には大丈夫と言われましたが、納得がいかなかったのでタグで隠しました^^;
大人用パターンも購入して、裁断済みなので、
コツを忘れないうちに縫わないとな〜

あっそうそう、
お店で「今日はみそのさん(社長さん)はいないのかな〜?」と思っていたら、
ダダーっとすごい勢いでミシンを踏んでいるヒトが振り向いたら
『みそのさん』でビックリしました(笑)


a0114345_15183052.jpg



ベランダの白ゴーヤとミニトマトを収穫しました。
ゴーヤはまだ小さかったけけれど、
写真を撮りたくて切っちゃいました。
ta「まだ早いんじゃない?」
「あっバレた?」
だってさ、大きくしてもそんなに食べられないじゃん。

ゴーヤチャンプルーにして食べました。
taは大好きですが、miは苦いといって食べません。
白ゴーヤはあまり苦くないと苗に書いてありました。
味見してみて、あまり苦さは変わらないかな〜と思ったけど、
miはゴーヤに気づかず完食!
「ゴーヤ入っているよ」というと驚いてました。
まあ、単にゴーヤが少なかったからかもしれませんが・・^^;
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2009-07-18 15:18 | ソーイング
<< 夏休みはじまる | ページトップ | とうもろこしがいっぱい >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin