Top
チョココロネをつくる

a0114345_13202578.jpg

はちみつ入りの黄色いパン
ほんのりしあわせおうちパン。 門間みか著 より


今回の投稿から画像サイズを大きくしてみました
ちょっと大き過ぎますかね〜


みかさんの白パンのレシピが大好きです。
バターも牛乳も使わず、でも柔らかくてとてもシンプルな味がします。
これはその白パンにカボチャを練り込んだレシピです。

今回は最終発酵後、クープ(切れ込み)を入れてみましたが、これがまだなかなか^^;
焼成後にパカーッと開くようなクープが入りません。。
ナイフを使っていますが、生地に引っかかってしまって『スーッ』といかないないのです。
クオカでパン用のかみそり刃を購入することにしました。
でも、コメント欄によるとそれを使っても結構コツがいるそうで、、
「上手くいかない」というヒトが多いのです。う〜ん。。
使ってみたらまた報告します。


週末にお友達家族が遊びにくる予定です。
『クリームパンが食べたい』とのリクエストでしたが、
この時期のクリームは痛むのが心配。。
他の方のサイトで、暑い時期のクリームは後で詰めるほうが良い、とありました。

なるほど、
前から作ってみたかったあのパンに挑戦してみよう!





a0114345_13223036.jpg

コロネ試作品



”コロネ”です。
パン生地は↑の門間みかさんのリッチ生地、基本の量の1.5倍で作りました。
コロネ型はもっていないので、厚紙を円錐型に丸め、周りをアルミホイルで包みました。
厚紙を止めるのにマスキングテープ(紙テープ)を使いましたが、あとから考えればホチキスで止めればよかったかな。
型と生地がくっついてしまわないか心配で悩んだけれど、
結局、オイルスプレーをあらかじめ吹き付けておきました。
型づくりあと2つのところで『くっつかないアルミホイル』を使えばいいじゃん、と思いつき、
それを使いました。最初から使えば良かったな〜

円錐の高さが12センチ程度、底面の直径が3センチ程度に作り、
上記のパン生地量で12個つくれました。



a0114345_13231128.jpg



お客様ご家族のおぼっちゃんは『チョコが大好き♪』なので、
チョコクリームを詰めます。
この日はmiのお友達が来ていたので、
ふたりでクリームを詰めてもらいました。

あいにくそのお友達『チョコクリームがダイッ嫌い』とのこと^^;
でも、クリーム詰めはとっても楽しかったらしく、
『ぜんぶつめる〜♪』
いやいや、食べるぶんだけ詰めたいから・・とやんわりお断りして、
チョコクリーム嫌いでも自分で詰めたものは美味しかったようで^^
すっかり平らげてお帰りになりました♪



a0114345_13233847.jpg



コロネの成形は、
パン教室に通っていた頃に購入した本”ベターホームの手作りパン”を参考にしました。
なが〜く生地を伸ばし、くるくると型に巻き付け、巻きはじめとと巻き終わりをしっかり閉じます。
クリームパンのクリームはいつもこの本のレシピで作っています。
全卵をつかい、小麦粉がたっぷり入る、なつかしい感じのクリームです。

見栄えもいいし♪こども達にも大好評♪♪
試作はOK!週末のお客様にお出しするのはコロネに決定しました!!

ひとつ悩んだのは、、
手作りコロネ型に巻いたアルミホイル。
これを毎回取り替えるべきか・・しばらく使わない場合は替えたほうがいいだろうな、、
カビ生えたらいやだしね。



最近のパン作り、
パンを焼くのはどうしてもお休みの日だけになってしまうので、
「食パンを焼く」というとこども達からブーイングの嵐!
なのでいつも菓子パンばかり焼く事に。。

やっぱりハード系がかっこ良く焼けないと
一人前じゃない!?
ワタシの勝手な思い込みだけど、、

パン作りのハードルをひとつ越えるために!
ネットで評判のいいこの本を買ってみました。


a0114345_1324187.jpg

基本のプチパン
少しのイーストでゆっくり発酵パンこんな方法があったんだ。おいしさ再発見!
高橋雅子著 より


ほんの少しのイーストで、
冷蔵庫の野菜室で8〜10時間かけて発酵させます。
夜に捏ねて、寝ている間に発酵させて、
朝焼いて食べる!
お〜これなら朝から手づくりパンが食べられると感激!!

発酵のスピードは冷蔵庫の温度によって変わってくるので、
最初は時間的余裕をもって作りましょう。だそうなので
今回は朝9時にはじめました。

ところが、著者の高橋さんが絶対守って!と書いている
イースト小さじ1/4を測れる計量スプーン、水の温度を測る温度計がない。
一応、近辺のお店に探しには行ったのですけどね、
熱帯魚用の温度計しか見つからなかったのですよ。。

でね、イーストを小さじ1/2から適当に半分とり、
水の温度は「こんなもんかな〜」とこれも超適当に作りはじめました。

気になって何度も野菜室をのぞいて見けれど、
まったく様子が変わらない・・
う〜ん、、発酵してない?
8時間経過して、9時間経過して、、
どうみても2倍量まで膨らんでこないので、
冷蔵庫からだして室温で発酵。

なんとか1次発酵終了して、成形して2次発酵。
いつもはオーブンを使うのですけれど、今回は本で紹介されていたとおり、
お湯を張った湯のみを天板の4隅に置いて、大きいビニール袋をかぶせました。

その方法で2次発酵は順調にいったのですが、
ビニールから天板を取り出すときにパン生地がビニールにくっついてしまい(泣)
せっかく膨らんだ生地がしぼんでしまう(泣泣)
その時点で、捏ねはじめてから11時間以上が経過・・イライラが頂点に達する。キーーーーーーっ!!
エイっとオーブンに放り込む(疲)

どんなひどい仕上がりになるのかと思ったけれど、
思ったより形になっていた。
ちょっと硬めではあるけれど(ほらハード系だしね)
お味は、小麦粉のうまみがしっかりでていて、
結構感動的でした。
こども達はなんの反応もなかったので^^;
冷凍して、ワタシが毎朝ひとつづつ大事に食べました。

やっぱり、イーストの計量と水の検温は大事なのだな。。
(だから本にはあれだけ重要と書いてあるし)
今回はたくさん失敗してしまったので、
計量スプーンと温度計と、あとカミソリ刃、、
をクオカで購入して、
ちゃんとレシピどおり作り直したいと思います。



**きょうのワンコ**

この日は朝からとっても暑い日。
イヌたちを散歩に連れ出す時間が遅くなってしまった。


a0114345_1325429.jpg

公園で記念撮影!とスタンバイ。
イヌたちまったく協力する気ナシ。「待て」をまったく聞かずついには逃げ出す。



室温も高くて、
「今日は暑いな〜」と思っていたら、
りんがケポっと吐く。
朝ご飯をまったく消化できていなかった様子。
ウロウロと歩き回り、どうにも身の置きどころがナイといった感じ。
軽い熱中症かもしれないと、慌ててクーラーをいれる。
しばらくしたら落ちつきました。
普段のお留守番は弱いクーラーの効いた部屋で快適に過ごしているイヌたち。
あまりクーラーを使わない家族と過ごす休日のほうが
厳しい環境下なのです(笑)
これからはもう少し気をつけます。
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2009-09-02 17:19 | パンやお菓子
<< お友達家族、遊びにくる。 | ページトップ | たんぽぽヘアゴムをつくる >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin