Top
カテゴリ:ソーイング( 44 )
Top▲ |
2012年発表会、終了しました^^
みなさんこんにちは。


a0114345_1558150.jpg




放置しすぎて、
さていったい何から書いていいものか・・・
ブログ更新の仕方も忘れてしまいました(苦笑)

ご心配おかけしていたかもしれませんが、
家族みな元気に暮らしております^^

さて、放置しているあいだに忙しくいろいろあったのですが、、
おいおい紹介するということで(出来たらですが)


毎年恒例、子どもたちのエレクトーン発表会がありました。
ま〜忙しくって!
ドレス作りに取りかかるのが例年よりかなり遅くなりまして、
どうなることかと思いましたが、
当日の出発間際まで、星どめ、かがり縫いなど往生際悪く頑張りました(笑)


a0114345_1558132.jpg


今年5年生のmi。
エレクトーンを弾くことは苦ではないらしく、
練習しなさい!と叱ったり、
先生に言われて、ハハが練習を見るということもなくなり。
数年前まで必ず繰り広げられた、涙の修羅場はなくなりました(笑)
勝手に練習して、一人でレッスンに行き仕上げていました。

夏場の土曜日は、午前中はゴスペルサークルの練習に行き、
片道1時間を電車に乗ってレッスンへ。
そのまま、また1時間電車に乗って、夜まで学習塾へ。
よく頑張ったと思います。



a0114345_1558233.jpg




miに比べて、なかなか練習に身の入らないta^^;
ハハが言わないと平気で「ああー、忘れてた」と
練習をさぼります。
でも、秋に入ったころから、彼も本気がでました。
去年は練習不足で本番では思うように弾けず、男涙を流しましたので(笑)
今年はよく練習していました。
本人も満足いく演奏ができたようで、
演奏後はいい笑顔が見られました。

学校から帰って来てのんびりするとすぐ練習を忘れるので
『練習終わるまで夕飯なし』ルールを決めました(笑)
コレなかなか有効だったようです(笑)

taも部活終了後、電車で1時間のレッスンへ、
帰宅は10時を過ぎます。
よく頑張っています。



a0114345_1558347.jpg


毎年、男子衣装は悩みどころで、
服は適当に見繕って、帽子を手作りしてのっけます。
身長は少し伸びたのですが、相変わらずガリガリ君で、
ズボンのサイズがなくて困ります。
今年は、GAPではじめて大人サイズのパンツを買ってみました。
本人が部活で忙しくて買い物に行けないので
『一番細身で、一番ウエストサイズが小さい黒で!』と店員さんにお願いして選んでもらいました。
なんとか履けたので良かったです(笑)

シャツは一昨年の発表会用に買った
H&Mの160センチサイズです。
一昨年のシャツが着れることに軽く目眩がしましたが^^;
いい感じにぴちっと着れたのでまあ、良かったです。

帽子は、WHISTEL@さんのSOFT HAT。
この帽子、苦手です。。なかなか納得のいく仕上がりになりません。

でもね、小花柄のコーディロイで作った帽子が、
なかなか息子に似合いましてね←親ばか。
可愛かったですよ。
またおいおい紹介します。

taは『花柄かよ〜!」って言ってましたけど(笑)
ハハには逆らえません。
用意されたものを勧められるままに身につけます。

お花をくれているコのドレス、
どこかで見たことある?
miが3年前に着たドレスです(笑)
一度きりしか着ないドレス。
お教室の小さい女の子達が着てくれています。


a0114345_1558335.jpg


さて、miのドレス。
かわいきみこさんの 『発表会のための姉妹の服』より
“シフォンを重ねたハイウェストのドレス”
を140センチサイズで作りました。
ぴったりサイズです。

ぴったりで作れるのが手作りの醍醐味ですが、
ちょっとふっくらなお年頃のmi。
来年はもう無理です。


a0114345_155831.jpg


毎年、かわいきみこさんのパターンでドレスを作っています。
どれも素敵なので、順番に違うデザインを選んでいます。
完全にハハの趣味で作っているので、
娘の要望はほとんど聞きません(笑)

今年は地味でしょう?笑

茶色のバックサテンシャンタンに緑色のシフォンと茶色のシフォンを重ねています。

当初の計画では、
1曲目の「トワイライト」をイメージして、
夕焼けの色を再現したかったのです。

a0114345_1611062.jpg



行き当たりばったりで生きてるワタシにはめずらしく、
生地見本を取り寄せて、試行錯誤してみたのですが・・
赤とオレンジを重ねてみたり、黄色を混ぜてみたりしたのですが、
なかなか思うような色が再現できず。
なぜか、茶色ベースにちらりと緑が覗く、にピン!ときてしまい。
このような地味色になりました(笑)

今回はバラード系の2曲だったので(もう1曲は嵐の曲でした)
大人っぽい衣装だったのは良かったと思います。
本人は、膨らんだ袖とか、ちくちくするパニエが大嫌いなので、
喜んでいましたよ(笑)



a0114345_1558415.jpg



ベースが地味なので、
ウエストリボンに縫い付ける造花は慎重に選びました。

憧れのラ・ドログリーが近くに出来たので、
喜び勇んでお花を買いにいったのですが、
いかんせん、いちいち物がお高くて^^;
ポイントになりそうな小さいお花だけ買って、
後は安価な装飾用の造花屋さんで買いました。

造花屋さんでは、プラスチックで出来た固い花が多いので、
触って、なるべくシルクフラワーぽい、柔らかい素材の花を選びました。
額の部分がプラスチックのものは、外してから縫い付けてます。

この造花のお陰でかなり華やかになったつもりでしたが、
会場ではやはり地味でした(笑)

これは、これでハハも気に入っております。


a0114345_155849.jpg



家の中はぐしゃぐしゃですが、
発表会の後は、部屋にお花があるのがいいですね^^

今年もバタバタでしたし、
すごくやらかしてしまった一大事もあったのですが^^;
なんとか予定のものは間に合ったし、


a0114345_1558510.jpg



終わったあとはこの笑顔だったので、
子どもたちがそれぞれ満足できたいい発表会でした。

帽子のこと、初挑戦したシフォン生地の端処理のことなど、
また書いておきたい事があるのですが、またおいおいと。。

このまま放置しかねないので、
超特急で書いてアップします!

ふわふわドレスは去年で最後。
と思ったけど、やっぱり可愛いのがもう一回作りたいなぁ。
来年もまだ着てくれそうだから、
来年はまたふわふわドレス作ろうかな(笑)
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2012-11-19 17:40 | ソーイング
3サイズバケットと今どきの裁縫セット
今日は5月らしい爽やかな日でした。
自分の誕生日、miの誕生日のある5月。
大好きな月なのですが、この過ごしやすい気候はあっという間に過ぎちゃうのですよね。

久しぶりのソーイングネタです。


a0114345_16392625.jpg

one's oneさんの『3サイズバケット』



このバッグを作るのは4個目になります。
(コレ→とか、コレ→
丁寧に作ればまあまあ見栄えもよく、
気楽に普段使いしてもらえるこの形はプレゼントにいいかなと作ってきました。

一時期買い込んだビニコ生地が沢山あるので、
今回は、在庫から、スワニー元町店で買ったリバティのビニコを選びました。
もともとmi用に買った生地ですが、
最近は花柄を好まないので。。


a0114345_16392519.jpg



裏地との組み合わせにセンスを問われるところですが、
赤ちゃん出産のためにお休みに入る学童の先生へのプレゼントなので、
マザーズバッグにでも使えるように、
ピンクで可愛い感じに仕上げてみました。
(赤ちゃん、男の子だったりして・笑)
新しい布は買わないと心に決めているので、これも在庫の中から選びました。
何年もまえにCHECK&STRIPEさんの生地セットに入っていたものだと思います。張りのあるオックス(?)生地。

このビニコはツヤなし仕上げなので、
ミシンの金属部分にくっつくこともなく、
とても縫いやすかったです。

レシピがとても優秀なので、
慎重に進めていけば特に難しいところもないバッグですが、
裏地には接着芯をはったり、
ポケットを付けたりと少々面倒ではあります^^;

ポケットは、レシピでは大きい一つのポケットの仕様ですが、
ここだけはちょっとこだわって、携帯電話がぴったり入る大きさで仕切りを付けてます。
(写真には写ってないです^^;)
ワタシは、よくバッグの中で携帯を迷子にするので。。

難しい箇所はないのですが、
持ち手部分は、テープが重なるところがあり、ミシンのパワーが必要です。
以前使っていたコンピューターミシンでは無理だったなと思います。
今のミシンは厚い生地もスイスイなので、職業用ミシンさまさまです^^

ずっと解決できてない課題は、

a0114345_16392621.jpg



ココ↑テープの継ぎ目部分を隠すところ。
one's onesさんでは、皮のはぎれを使って隠しています。
その仕上げかたがとても美しくて、手作りっぽくないんです。
でも、皮のはぎれって洋裁店で買うと意外と高いんですよ、扱いもよくわからないし、、

綾テープで隠してますが、これがイマイチですね〜
手作り感満載です^^;

今まで作ったものはすべてプレゼントにお渡ししてしまったのですが、
ずっと自分のも欲しいなと思ってました。


先日、やっと自分の作りました!


a0114345_16392551.jpg



これ自分の。
地味!(笑)

これはCHECK&STRIPEで買った秘蔵のリバティ^^
とっても素敵な生地なんですけど、、
このぴかぴかテカテカビニコ生地が、
すっごい縫いにくい!!

ミシンの金属部分にくっついてしまって、
進まないのです。
今はいろいろ便利な道具(スプレーとか)があるみたいですが、
ワタシは、トレーシングペーパーをテカテカ面と金属部分の間に挟んで縫いました。

ま〜大変。
もう二度とテカテカビニコは買わないと思います(笑)


a0114345_16392418.jpg


慎重に縫っていたつもりが、
自分用のはどうしても気を抜いてしまうようで、
大失敗しました。
↑わかります?
本来、マチ側を縫うステッチを前面生地を縫ってしまってます。
せっかく苦労して縫った曲線をステッチでつぶすことに・・・
ビニコは一度縫ってしまうと針穴が空いてしまうので縫い直しはできません。
片面縫ったところで気がつきましたが、
やり直すことも、もう片方だけマチ部分を縫うのも変なので、
あきらめました(涙)

自分にしかわからない失敗ですが、
自分でやったからこそ気になります(笑)

さて、はじめて自分のものになったこのバッグ。
カメラなど大きいものガサっと入れられるので便利なのですが、

使ってみて初めて分かることが多々ありました。
沢山入るバッグですが、沢山入れると口部分につけてあるマグネットボタンがしまりません(笑)
レシピには他に、口部分にベロをつけてマグネットボタンを付ける仕様があるのですが、
見栄えはイマイチですが、その仕様のほうが物が沢山はいるのだなと気づきました。

そして、沢山物を入れて重くなると、持ち手が肩に食い込んで痛いです。
3センチのアクリルテープを半分におってステッチをかけるので、
持ち手が細めなのです。
ここも皮などでくるっと巻ければもっと使い勝手がよくなりそうです。
汚れないしね。

自分で使ってもいないのに、ひと様にプレゼントするなんてよくないなと反省してます。
みなさん我慢して使っていただいてるかしら、
ごめんなさいね〜!!

a0114345_16392439.jpg


miが5年生になったので、裁縫セットをそろえました。
これは、それを入れる手提げです。


a0114345_16392337.jpg


キッチリいれたいので、ワタシにはめずらしく、ちゃんと採寸して作ってます(笑)
口部分はスナップボタンにしようかとおもいましたが、可愛いし、リボンむすびの練習もかねて、あえてヒモをつけました。


a0114345_16405325.jpg


taの裁縫セットにも手提げを作ってます。
学校ではバッグとセットになっている、裁縫セットの共同購入を行ってます。
デザインもたくさんあります。
が、どうしても納得いかなくて、ワタシが(笑)
だってこんな↓なんです。


一例です。

学校で購入募集するものは、習字セットからはじまって、絵の具セット、裁縫セット、そして最近では、彫刻刀セットまでこんな感じです(>_<)

中学生まで使うのになーと、どうしても納得いかないハハ。ワタシ(笑)

絵の具セットは子供たち二人とも学校で揃えましたが、なるべくシンプルなものにしてもらいました。習字セットは、量販店でごくごくシンプルなものをmiが選んで買いました。
彫刻刀はtaの時代には、学校購入なんてなかったので、プラケースに入った実用性第一のこれも量販店で買ったものを使わせています。

裁縫セットは、譲れずに(ワタシが、笑)
コレにしました。

a0114345_16444295.jpg


唯一、ワタシが認めてるキャラクター、スヌーピー。

taのものは、缶製のケースをユザワヤで買い、ハサミなどはバラで購入して、メジャーなどは100円ショップで私が全て揃えました。本人、まったく興味ないので(笑)

miのものは、ワタシも口を挟みつつ、本人が悩みに悩んで選びました。
すべてスヌーピーの、セット売りです。
正直、中の小物は絵が付いているというだけで、おせいじにも使いやすくはないものですが、昔からある、このパカっと開ける蓋型が、裁縫箱として一番使いやすいのでは?と思う、ハハのゴリ押しです。

もしかしたら、今どきのバッグ一体型が本当は使いやすいのかもしれませんが、
裁縫箱とは長く仲良くして欲しいハハの願いでこれを推しました。
長く使って欲しいと言ってる割には、バッグの飾りが子供っぽいです。
作っているうちに楽しくなってやりすぎてしまいました^^;

miはハハのコダワリを押し付けられましたが、気に入って使っています。
今年は裁縫クラブに入ったそうで、マスコットやらクッションやら楽しそうに作っています。
使いにくそうな小物は、おいおい取り替えてあげようとおもってます。

この裁縫セット、なかなか高価だったのですが、ユザワヤの30パーセント割引きが効いたので本当に助かりました。

この記事、母が読んだら「相変わらず拘ってるわね、、」と呆れられそうです^^;
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2012-05-19 17:39 | ソーイング
2011エレクトーン発表会とドレス作り
a0114345_16195233.jpg



お花屋さんてセンスの違いがはっきり出ますよねー。

去年みつけたこのお店は、とてもとても素敵に作ってくれるのでお気に入りです。
わが家は無料配達エリアにはいっているので、
事前にネットで注文して当日の午前中に配達してもらえます^^


a0114345_16195240.jpg



↑の花束は、エレクトーンの先生に発表会でお渡しする花束です。
お店のサイトではいろいろな注文方法がありますが、
これは『赤〜紫系のグラデーションで、シックに大人っぽく、予算は7000円で』とお願いしました。
お教室のメンバーで合同で差し上げる花束なので、
毎年、お店選びにプレッシャーを感じていたのですが、
お任せで安心してお願いできるお店が見つかったので心強いです^^
使用したお花の名前をすべて記載したカードが添えてあり、
先生もとても素敵な花束と喜んでくださいました。

お花をお願いしたショップは、
横浜市青葉区にあるフラワーショップLa Franceさんです。おすすめ♪
あまり花束やアレンジをお願いする機会もないのですが、
今度ぜひ実店舗にも行ってみたいと思っています。




a0114345_16195354.jpg

なんだかシルエットがお姉さんらしくなったなと思うmi



年に1回、子ども達のエレクトーン発表会がわが家の一大イベントとなって7年。
子ども達はそれぞれ13歳と10歳になり、
練習をしないで挑んで恥をかくのは自分であるということがわかる年齢ですので、
以前のようにハハが練習につきっきりになって、号泣しながら弾く^^;
なんてこともなくなりました。



a0114345_16195449.jpg

毎年同じアングルで写真を撮るのでなんだかデカくなったなと思うta



ちょいちょいお尻は叩きますよ(笑)
miはいいのです、学校から帰るとエレクトーンの練習をするというのがしっかり習慣になってます。
問題はtaのほうで、、放っておくと、
「練習したの?」
「あっ忘れてた」って平気な顔して言ってきますからね。
「ご飯もうすぐ出来るからその前にやっちゃいなさい」とか、
寝る間際に「今日は練習したの?!」とかいちいち確認するのがストレスフルです。
勉強や部活をこなしながらエレクトーンを続けるのは大変なことだとは思うけど、
「辞めたくない」って言うならちゃんとやってもらわないとね、
お月謝高いんだからさ。

じゃあ、子どもの発表会でなぜにハハが大変なのかって、、
衣装作り。これにつきます。
最近は可愛くて安い輸入ドレスがネットで簡単に手に入ります。
あと、子供服屋さんでも作るのがバカらしくなる値段で売ってますよね。
こんな時代に手間かけて材料費かけて、
毎年手作りにこだわるのは、、

ワタシの楽しみ。
それだけです(笑)
大変、大変とか言いながらやっぱり作りたいのです^^


ブログ用に発表会当日に撮影した写真が、
PC取り込み時のトラブルで消えてしまいました(泣)
なので、嫌がる娘を説得して今朝また来てもらって撮影。
ワタシもドレスを作る時は他の方のブログなどを参考にさせてもらってます。
着用写真が一番参考になるので、
ワタシの拙い作品でもどなたかの参考になればと思い、
しつこく数枚載せますね。


a0114345_019167.jpg



今年のドレスも大好きなかわいきみ子さんのドレスです。
4歳のドレスから7着目になります。
すべて、「発表会のための少女の服」も含めすべてかわいさんのレシピです。
デザインはシンプルですが上品で、
シルエットが美しく、
ワタシのような素人作品でも既製品と変わらない仕上がり☆に見えます(笑)

ちょっとコスプレ調で(笑)絶対に既製品にはないデザイン。
最初に目にしたときから、いつか作ってみたいと思っていました。
本では可愛らしい水色の生地に金色のコードを使っていますが、
それではあまりに曲のイメージに合ないのと、
miには原色のほうが似合うと思い鮮やかなブルーを選びました。



a0114345_01952.jpg

かわいきみ子著 発表会のための姉妹の服より
「いつか王子さまが」金色のコードをはめたドレス


今年の曲は、T-Squareの“宝島”と“EL MIRAGE”。
フュージョンです。
そもそもフュージョン弾くのにドレスってのが無理があるのですが、
“宝島”の海のイメージで青を選択!ちょっと苦しいけどね。

表生地はノムラテーラーさんの シルクシャンタンを使用。
昨年使用したインドシルクよりもお値段少々安め。ネップがちょっと気になるけど、このお値段ならしょうがないのかな。
子どものドレスには十分な品質でしょう。
胸当てと袖にはノムラテーラーさんの 東レストレッチサテンを使用しました。
miが袖を嫌うので毎年ノースリーブを選んで作ってきましたが、今年はパフスリーブ。
少しでも動きやすいかと思ってストレッチ生地を選びました。
ストレッチと言っても、若干伸びるかな〜という感じです。
袖のギャザーは綺麗にでたし、少しでも伸びがあるのはいいかと思いましたが、
胸元には変に柔らかさが出てしまい、ここはピシっとした生地を使ったほうがいいかと思いました。
胸元が綺麗にいかなかったのはサイズ選びに失敗した方が大きな原因です。
去年のドレスを130センチで作ったのと、最近は140センチの服を買っていたので、
なんの迷いもなく140センチの型紙を選択してしまいました。
考えてみればmiのジャストサイズは130センチ、
140では大きいのは当たり前です。
面倒くさくて、試作しないで本縫いしてしまったのが失敗でした。
手作りの一番の良点は“身体にぴったりなものを作る”だと思っているのに、大失敗でした。


a0114345_0184885.jpg



出来上がったあとに少しだけ悪あがきで修正してみましたが、
コードを縫い付ける前身頃部分が最初の大きな山場であるこのドレス。
すべて作り上げてからの修正はこれが限界でした^^;

今回使用したコード、クロスしているものが0.5センチ幅のコード、あともうひとつ、
切り替えの部分に使用してる1.5センチバイピングコードを使っています。
なかなかいいものが見つからなかったのですが、
リボン類の品揃えが豊富なRiBBONsさんで購入しました。
特にバイピングコードはラメ入りのイメージどおりものが来て喜んだのですが、
miは『ちくちくする!』って文句言ってました^^;
首周りにぐるっとつくのでしょうがないのです。

このドレス、コード付けなどちょっと面倒くさい作業はありますが、
基本的に難しい行程はありませんでした。
そもそもドレスは複雑な行程なく、ただただまつり縫いなどの手縫いが多くて、
とにかく手間がかかる。
これは毎年のことです^^;

反省点はいくつもありますが、前述したサイズ選びの他にウエストリボンについて。
このドレスのリボンはうしろで蝶々結びをしてるだけなのですが、
下にパニエを履かせているので押されてしまい、上がってきてしまうのです。
くびれのない体型なのもあるかもしれません。
当日、急遽安全ピンで固定したのですがイマイチ上手くいきませんでした。
以前作った「発表会の少女の服」のドレスでは、
リボンの下の部分とドレスのウエスト部分を千鳥がけで縫い付けたものがありました。
今回もそうすれば良かったです。

パニエも今年は新調しました。
パニエは作るのも大嫌いで、miも「ちくちくするからヤダ」と言われる嫌われ者なのですが、
「〜姉妹の服」に掲載されているパニエは「〜少女の服」よりも若干作りやすく、
裏地のスカートの上にチュールを重ねる仕様なので、履きやすいようです。
今年はパニエに関して文句が出ませんでした(笑)
パニエを作るなら「〜姉妹の服」のレシピをオススメします。

ドレス以外のことですが、
miのサイズが大きくなってタイツと靴が見つからず困りました。
可愛いものは小さいサイズしかないし、大人用ではまだ大きすぎるし・・・
悩んで、悩んで選んだのがこの靴↓

キャサリンコテージさんの『シフォンフラワーシューズ ピンク』 22センチ

柔らかく、エレクトーンの足ペダル演奏もしやすかったようです。
高かったので来年もはけることを切に願います^^;
いろいろ探しましたが、ドレス関係のものはキャサリンコレージさんが一番サイズが豊富でした。

さらに苦労したのが、この靴に合せるもの。
黒タイツでも白タイツでもイマイチだし、靴下ではおかしいし・・・
結局、ファンシーショップ(?)のようなところで、3足千円で売っていた大人用網タイツを買いました。
おそらく、ロリータファッションとかで使うものじゃないかしら^^
当然大きいのですが、上のほうでたぐませたまま履かせたらなんとかなりました。
残りの2足はルームソックスとワタシのブーツ用黒ハイソックスを購入して、
思ったより安く、可愛いのを買えたので満足です(笑)


a0114345_16195348.jpg

WHISTLE@さん handsomeハンチング


男のコに着せるものは本当に困ります。。
ピアノだったら、ベストとパンツとかの優等生スタイルでもいいのかもしれませんけどね。
今年も普段でも着れるチノパンと長袖Tシャツを新調して、
ざっと作った帽子を載っけて出てもらいました。

チェック生地は実店舗で購入。
¥1600/Mのなかなかお高い生地だったので40センチだけ購入^^;
ざっと作ったわりには可愛くできたのではと自画自賛^^
でも当日被っただけで放置されてますけどね。。



最後に、親戚閲覧用親ばか動画です。
よろしければ・・・・^^;


宝島



EL MIRAGE



緊張のためもあるのか指がかなりすべっています。
まだ指の力がないのです。
特に薬指、小指の力がなく、手の平をたてて弾く悪い癖もでていますが、
この歳でフュージョンを弾いてしまうのには正直驚きです。
昔よりもアレンジが簡単になってるとは言え、
ワタシは高校生で弾いたよ〜^^;



ムーンライト・セレナーデ



ブラジル


taは練習量が少ないので難しい曲には挑戦できないですが、
表現力としてはさすがのお兄ちゃんです。
なかなかよく弾けているのではないかと思うのですが、
今年はかなり緊張したようで、思うように弾けなかったようです。

ここだけの話・・・演奏後にまさかの悔し泣きですよ(驚)
上手く弾けなくて涙するくらいですから、
その後の練習は相当がんばっていると思うでしょう?

いえ、そんなことないです(笑)
後悔するくらいならもっと練習すればいいのにね〜

年内にアップできてよかった〜。
寒くなってきましたが、
みなさま、よいクリスマスをお過ごしくださいませ♪
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-12-24 02:41 | ソーイング
久しぶりソーイング・・・ビニコバッグなど
a0114345_16372692.jpg


なかしましほ『おやつですよ』より抹茶のくずプリン

お友達のブログで美味しそうだったこのおやつ。
わが家にも同じ本があって、割安という理由で選んで使いきれない抹茶の大缶、
同じく使いきれない葛があるのに気付いてまねっこしてみました。
使わなきゃいけない豆乳もあったので、レシピの牛乳の2/3を豆乳にかえました。
ぜんぶ豆乳にしなかったのは、風味が強過ぎて食べにくいかなと思ったから。
簡単に出来て美味しいです。
子供たちは手間のかかるものより、
こんな単純で冷たいお菓子が人気です。

もう夏祭りの季節も終わってしまいましたが、
知り合いでまわしているお下がりお洋服。
サイズが合いそうなものが回って来るのでいったい誰が着ていたものなのか
よくわかないのですが・・・
浴衣が1枚入ってました。

a0114345_16372579.jpg


一見、これは男の子用?と思う程、
シックなからし色にイルカの模様。
袖の長さと形からみると間違いなく女の子用の浴衣。
最近のやたら“ぎらぎら”(きらきらじゃなくて)した浴衣が苦手なワタシ。
これは一目で気に入った!

面倒くさいし、暑いっていって浴衣を着たがらないmi。
だから最近はまったく浴衣を買ってなかったんだけど、
めずらしく『これ着る』って言い出した!!
miにはちょっと小さいサイズだったけれど、
あげを下ろせばなんとか着れそう。

帯はついてなかったし、家にある赤やピンクの兵児帯はまったく合なかったので、
ネットで探してリップルの薄手木綿生地を買ってみた。

最近は、手軽で涼しいと大人用の兵児帯も沢山あるのですね。
子供用もむかしからのいわゆる絞りの兵児帯だけじゃなくて、
オーガンジーやシフォン素材のものなどバラエティに富んでいるようです。

a0114345_16372591.jpg


どうやっても地味で華やかさにかけるので、
黒レースをたたいてみました。
なるべく長くとって、背中のリボンは大きめに。


これ、だめですかね?
ハハとしては、なかなか可愛いと思うのですが・・・
これ着たの、写真とったこの時だけでしたよ。。。

昼間のまだ暑いうちにお友達と出かけるというので、
明るいうちに写真だけ撮らせてと着せたんです。
で、この後脱いで、夕方また1回帰ってきて浴衣で出かける約束だったんですけどね。

二度と着てもらえなかったです。
『こんな地味な友達(浴衣)いなかった・・』って(泣)
え〜?だってこの地味な感じがいいって言ってたんじゃ〜ん。
それに、ただ、がーっと直線に縫っただけだけど、
帯も作ったのにぃ。
みんなと違うということをいいと思えないお年頃。
ううっ、、しょうがないか(涙)
さて、このムダに細くて長い生地(帯)何に使おうかな。。
首に巻くか?


しばらく遠ざかっていたミシン。
夏休みにまとまった時間がとれたので、
集中的に動かしてみました。

a0114345_16372661.jpg


one's one 3サイズバッグ


去年一度作って、ビニールコーティング(ラミネート生地)にハマりかけ(笑)
気に入ったビニコ生地を買いだめてあの頃。。
依頼のすっかりご無沙汰だったパターン。

手前がソレイアード、奥がCHECK&STRIPEで買った生地です。
ビニコ生地は扱いにくいと言われますが、
ソレイアードの生地はつや消しタイプなのでまったく問題ないです。
というか、ビニコ用のテフロン押さえを使いましたが、
このパターン自体がよく考えられてつくられていて、
ビニコの扱いの難しさを感じません。

この後、テッカテカのビニコで他のものを縫いましたが、
それはとても苦労しました。
どうやら、ビニール面を下にして縫うと、
ミシンの土台のプラスチック面にくっついてしまい、大変なことになるようです。
(つや消しタイプを選べば心配ありませんが)

このonesoneさんのパターンはビニール面は常に中表か、
上を向いて縫うようになっているのでストレスなく縫えます。
アクリルテープの縫い付けも、縫い方のコツが細かく書いてあるレシピなので、
綺麗につきます(あとは腕の問題さ^^;)

比較的スムーズに作れましたが、
テープ付けの段階で、針を16号に、糸を30番に替えた所で、
糸調子が上手くいかず、すっかり手が止まってしまいました。
職業用ミシンに買い替えてから、まだそんなに太い糸を扱ったことがなかったのです。
上糸調子をいじってもなかなか上手くいかなくて、
とうとうあまりやりたくなかったボビンの下糸調節ネジを回しました。
ボビンを扱うなんて高校の家庭科依頼だな〜
家庭用ミシンはボビンなんてないからね。

そうしたらうまく行きました!!
まだまだ勉強が必要だわ。職業用ミシン。
あとは、裏地につける接着芯、
これはもっと厚いものを使ったほうがよかったかな、、
あまり固くなると縫うのが難しいかと思ったのですが、
このバッグはもっとパリッと自立してるほうが可愛いなと
これを書くにあたって見直した<one's oneさんのサイト>をみて思いしまた。

これは、大切なブログお友達にプレゼントしました。
とってもお裁縫上手な方なので、
ワタシの作品を差し上げるのもお恥ずかしいのですが、
人にあげるばかりで、自分は手作りのものをもらった事がないと喜んでいただけて良かったです♪

めずらしく来ているソーイング波に乗って、
もう一つ。

a0114345_1640409.jpg


pattern whistle@Bucket
表生地:CHECK&STRIPE リネン混ブラック
裏生地(ブリム):ソレイアードリネン混キャンバス


沢山もっているwhistle@(ただいま休店中)さんの帽子パターンの中で、
1位2位を争うお気に入りのパターン『Bucket』
その名のとおり“バケツ”のような形。
ブリム(ひさし)とクラウン(頭いれるとこ)がそれぞれ一枚仕立てなので、
作るのが簡単。
表地と裏地を作って、ひっくり返す方式なので、サイズテープ付けがなくて楽。
接着芯が必要なのはブリムのみで、クラウンには接着芯なしてで柔らかいリネンも使用可能。
クラウンに接着芯を貼らなくていい帽子は涼しいし、なにより被りやすい。
ブリムはさほど大きくない割に深い,ので日よけ効果は抜群!
ぐるぐるステッチが入っているのでブリムの形は調節自在。
日差しが強いときは、ブリムを下げて、視界を広くしたいときにはくるっと上げられます。

そして一番のおすすめポイントは、
自転車でも飛ばない(ある程度のスピード以下だけど)☆
これ重要。
ワタシも一昨年の夏に作ったBucketは今年も大活躍!!

この帽子は、自転車愛用者のお友達にお誕生日プレゼント♡
なんのひねりも飾りもない帽子だけど、
黒ファッション(↑青く見えるけど表地は黒なのよ)が好きな彼女には喜んでもらえたようでよかった。
ファッションのポイントになるような帽子を作れるようになりたいけれど、
まだファッションの邪魔にならないものしか作れないな〜汗


a0114345_1581165.jpg



オカダヤ系列のmano creareで見つけた、
コンパクトミラーキット。
フタの金具に好きな生地を巻けば簡単にオリジナルミラーを作れるというキット。
↑は帽子用のスポンジ芯を中に挟んでいます。
あとはクルミボタンを作る要領で金具をつつみ、
手芸用の接着剤でとめるだけです。
なかなかきれいに出来ます。

バザーに出すのに簡単でいいかなと思ったけど、
キット自体の値段が高いのでもったいなくて却下。
やっぱりこれはプレゼント用。
手前のリバティーをお友達へ。

キティちゃんリバティは洋服とか大きなものに使う勇気はないけど、、なにせ高いし^^;
これくらいの小物使いなら可愛いくていいかな。
10センチカットのはぎれが売っていたので買ってみました(10センチでも300円以上^^;)

このミラーキット、オカダヤのオリジナルらしいです。
ワタシは実店舗で買いましたが、
ここ→でも売っているみたいです。

少し涼しくなってきたし、
そろそろミシンの季節♪(暑くても寒くてもやる気にならない・・)
毎年恒例のドレス作りも始めなきゃならないし、
乗りかけた波から落ちないうちに取りかからなくては・・

(今回の記事、四季は封印してみたけど、結局、ソーイング話も知らないひとにはまったくわからないヲタク話になっちゃうんだなと思った・笑)
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-09-13 17:29 | ソーイング
サンジュのお祝いに・・ハンサムハンチングとmom
a0114345_16384571.jpg


久しぶりにパンを焼きました。
ただ丸めただけのパンです^^;

ホームベーカリーで食パンは焼いていたのですが、
成形してオーブンで焼くのは本当に久しぶりです。
震災後、節電のためにせっせと手ごねで焼いていたら、
肘を痛めてしまいました。。その前にも左肘を痛めた事があるのですが、今度は右肘です。
きっと力の入れ方が間違えているのでしょうね・・・

最近はだいぶ痛みもとれてきたのですが、
まだ荷物の上げ下ろしやぞうきん絞りがキツいです。

先日、娘miに
『お年寄りだからなかなか治らないの?』と聞かれました。
・・・・・お年寄り?
ひどい!(泣)
そりゃあもう若くはないけれど、年寄りではないぞ!

最近ですね、3人目を妊娠しました〜なんて嬉しいお知らせが立て続けにありまして、
miも妹が欲しいなんて羨ましがるので
『ハハはもう年寄りだから無理だよ。。miが早く大きくなって産んでくれ』
なんて言ってたものですから、
それをうけての発言でしょう。。
でもさ、“年寄り”と“お年寄り”ではニュアンスが違うよね^^;


アップしそびれて、なんとゴールデンウィークあたりの話題なのですが、

a0114345_16384635.jpg


こちらまぎれもないお年寄り^^
じいちゃん(ワタシの父)が今年は数えで『80歳』ということで、
兄家族と『傘寿』のお祝いをしました。

やけに接写でトップだけ写しているのは、
毎度の汚いナッペを隠すためです^^;
朝からケーキ焼いて、料理作ってでかなりテンパってたんですよ。
なんだか寂しい仕上がりだな〜って後になって気づいたのですが、
“傘寿”にちなんでデコレーション用の傘を飾る予定だったのですけれど、すっかり忘れたんですね^^;


じいちゃんへのお祝いには、


a0114345_16384628.jpg

pattern 『ハンサムハンチング』 WHISTLE@



使用生地は、たぶんcheck&stripeさんのリネンだったかリネン混だったか・・
最近、とんとミシンはご無沙汰で、布も在庫から引っ張り出してきているので、
いつ買ったものだか分かりません^^;



せっかくなので、ばあちゃん(母)にもお揃いで、


a0114345_20434749.jpg

pattern 『mom』 WHISTLE@



ハンサムハンチングはひさしに、momはブリムにワイヤーが入っていて、
自由に形が変えられます。
momは、見える所だけリボンを、見えない所は綾テープを接いで、ぐるっと一周通していますので、
サイズ調整が可能です。

WHISTLE@さんの帽子パターンは初期のころよりも、
最近に発売された帽子のほうが作る工程が簡単になっています。
せつこさんがそんなに裁縫の心得がない人にでも作れるようにと、
工夫を重ねているのだと思います。
NYハンチングというパターンも持っていますが、
ひさし付けがとても難しく、それに比べるとハンサムハンチングは、
『あれっ?これで完成?』ってくらいあっさり作れます。

ワタシはWHISTLE@の帽子パターンが大好きで、
他のパターンでは作ったことがありません。
今年の3月で休業してしまい寂しい限りですが、
再開を信じて、その時が来るまでたんまり持ってるWHISTLE@パターンで暮らして行こうと思っています。

今回、はじめて父の帽子を作るにあたり、
母にサイズを聞きました。
母は頭が小さくてなかなか市販のものではサイズが合わないので、
いつもワタシが作るものを喜んでくれるのですが、
なんと父も母と同じサイズの
『56センチ』
ちっさ。
ちなみに娘のワタシは“58センチ”普通ですわ。

それで、2つともSサイズで作ったのですが、
父に実際にかぶってもらうと、頭のサイズはぴったりなのですが、
顔のサイズには合ってない感じなんですよね。
男の人には、頭サイズで作るのじゃなくて、
少し大きめで作って、サイズテープで調節するくらいがいいのかな。。と。
母にはもちろんmomはぴったりでした。
自分から「これ(ハンチング)も似合うと思うわ〜」と被ってみると、
確かに、コンパクトに可愛くまとまりなかなかよく似合っています。
母が両方使ってくれるかもしれません^^
父にはまた今度、またいつか、きっといつか・・
作り直せればいいな〜^^;


この日、テンパっていた原因のひとつが
コレ↓です。

a0114345_16384616.jpg


小嶋ルミさんのスポンジ生地レシピ。
これに関しては<コチラ>にあれこれと書いていますが、
いまだに習得できずにおります。

手前が最初に焼いたスポンジ=失敗例。
奥が焼き直したスポンジ=成功例
です。
同じレシピですよ!!

成功のカギは、卵の泡立て具合と粉の混ぜ合わせと思います。
卵の泡立て具合の見極めを間違えると、
(この時は水あめを入れ忘れて、途中で気づいて加えてからまた泡立てたので泡立て過ぎだったと思う・・)
粉を混ぜ合わせるときに、本どおりの回数(80回)をこなしてしまうと、
上記失敗例になるようです。
いやいや(汗)長年ケーキを焼いてきましたが、
こんなにも膨らまないスポンジを焼いてしまったのは、
久しぶりではないでしょうか^^;
この失敗作はそのまま冷凍庫にぶちこまれ、
後日、<くまさんケーキ>の耳となりました。
固くて非常に細工のしやすいスポンジでしたよ^^;

ううっ・・スポンジ難しい(涙)
まっ相変わらずの雑なケーキでもみんな『美味しい♪』と喜んでくれたのでヨシとしましょう。


それにしても、父が80歳なんて・・信じられないわ〜
娘のワタシがこの歳ですから当たり前なのですが^^;
父は、趣味レベルを超えた趣味の畑仕事のお陰で、足腰強く、日に焼けた姿は、
傍目にはそんな歳には見えないと思う。
目がどうの、血圧がどうのと年相応の不具合はありながらも、
母と元気に暮らしてくれていることに感謝・感謝☆
これからも変わらず元気で(祈)

それにしても、
ワタシが“お年寄り”だったら、
じいちゃんぱあちゃんは“化石”じゃないかい?
>miさんよ
(笑)
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-06-24 17:12 | ソーイング
初おとなドレス。
GWも終盤ですね。
衣替えもペンキ塗りも雑草抜きも、、
ひとつも実行できずに終わりそうな予感^^;



a0114345_23184560.jpg



『ぱん工房くーぷみかさんの・特別な日に焼きたいお気に入りパン』より
“最高のシナモンロール”

何が最高かって?
リッチなんだと思います材料が。
生地は卵入とポピーシード、
フィリングは、シナモンとアーモンドプードルとお砂糖に卵黄とバター、
最後に上からたっぷりアイシング。

だけど、今回のは在庫不足により、ポピーシードなしでアーモンドプードル少なめの
アイシングも少なっ!な
“中程度なシナモンロール”(笑)
これでも十分美味しかったのだけれど、
すくなめアーモンドプードルのフィリングでも1個食べたら胃もたれした^^;
シナモンロールのフィリングは他のレシピを捜してみようかな。
生地は美味しかったし、次はちゃんとポピーシードを入れてもう少しさっぱりめのフィリングで試したい。





姪っ子ちゃんが従姉さんの結婚式におよばれされている話を聞いたのは、
年明けすぐだっただろうか・・?

『ドレス作って〜♪』って冗談半分に頼まれて、
う〜ん、、作ってあげたいのは山々だけど・・miのドレスを作るのとはわけが違う。
子供服はちょっと体型にあっていなくても、
縫製がイマイチでも、
「ハハの手作りなんですよ〜^^;」で許される・笑
おとな服はそうはいかないです。
ワタシの縫製レベルでは、自分の服でも堂々と外を歩けるようなものは作れません・汗

でも、おとな用も作ってみたいかな〜と思いつつ、
ネットをふらふらしてたまたま見つけた型紙屋さん<たまねぎ工房>で、
これなら作れそう、作ってみたいと思うドレスを見つけてしまった。

姪っ子ちゃんにメールしたら即OK!返事きたので作ってみたよ。




a0114345_23184137.jpg




pattern: Morgan/モルガン(ボタン飾りカクテルドレス)

生地: ヨーロッパ生地のひでき「ポリエステル平織りシャンブレー クラッシュ加工 ブルー」

サンプルのドレスがとってもクールで素敵だったので、
おなじような生地を探しました。色も同じで芸がないけれど(汗)
姪っ子ちゃんも同じのがいいと言ったので^^





a0114345_23184232.jpg





このドレス、デザインは非常にシンプルで、裏地は身頃のみ。
前身頃は左右の開きにみえるのはデザインだけで、
ボタンもデザインだけのダミーです。
開きは後ろ身頃にファスナー仕様です。


写真はボレロを着てしまっているのでわかりにくいですが、
ノースリーブだし、シンプルワンピースを生地のグレードでドレスレベルまであげているという感じです。
お店での縫製レベルも★2つだし、
“楽勝♪”で作れるんじゃないかと思ったんですけどね〜。

いや〜そう簡単には行きませんでした。。

miのドレスはすべてかわいきみ子さんのレシピで作ってきた。
たまねぎ工房さんのレシピはとっても丁寧に書かれていますが、
いままで作ってきたドレスの縫製過程や縫い代処理、裏地の処理などが違ったり
して、ところどころでつまづいてしまう。
それぞれいいとこ取りをして、自分なりに作りやすい方法で縫えればいいのだけれど、
そこまでの技術はまだまだ持ち合わせていないの。。

どうにもわからなくて作業がとまってしまったのは、
身頃の襟ぐりが完成し、脇を合わせ、袖ぐりをぐるっと縫ってひっくり返すところ。
レシピどおりに進めたつもりでいざひっくり返そうと思ったら、

『え〜?』ひっくり返せないんだけど・・・

手順を間違えたのかと思って、何度もレシピを読み返したり、
一旦ほどいてみたり、
ここを縫ったら、こうなってぇとシミュレーションを繰り返してみても、
やっぱりわかんな〜い、、泣き
『ワタシ、あたま悪い?』

結局、かわいさん本を持ってきて、脇をほどいてから袖ぐりを縫い、
ひっくり返してから脇を縫い合わせる方法で落ち着きました。

今でも理解できてないんだけど^^;



最初、結婚式の日取りがなかなか決まらず、
まだいいかと放置してたところに震災でミシンに向かう気になれずさらに放置。。
そろそろヤバい^^;と取りかかってスケジュールが厳しかったところに、
思わぬところで足止めくらい焦る焦る。
一番のデザインポイントである襟ぐりのエッジが綺麗にでなかったし、
スカートのギャザー寄せもいまいち・・
裏地が身頃だけなので、そこから下の縫製が雑なのが目立ち、
完成度は低いけれどなんとか形にしたって感じ^^;

救いは、仮縫いが出来なかったけれど、サイズが姪っ子ちゃんにピッタリだったこと。
(一応、サイズ選びのために採寸はした)
出来はいまいちでも体に合っていれば取り敢えずヨシ!
としましょう(笑)

日曜日が結婚式で、ドレス本体が出来上がったのが木曜日、
金曜の夜にパニエを仕上げ、
姪っ子ちゃんがバイト帰りに取りにきたのが夜中の11時、
着てもらってパニエの丈を調整して無事に渡し終えたのが12時^^;
最悪前日の引き渡しかなと思っていたので、一日余裕があってよかったです。


さて、初めて取り寄せた“たまねぎ工房”さんのパターン。代金を振り込むとメールでパスワードが送られてきます。
そのパスワードを使用して、サイトからレシピとパターンをダウンロードしてきます。


このドレスでA4ファイル24枚^^;
ちょっと貼り合わせが大変ですが、7〜13号のすべてのサイズがレイヤーで保存されていて、
必要なサイズのレイヤーを選択すれば、サイズごとに印刷が可能です。
ダウンロードしたファイルさえなくさずにとっておけば、
miが中学生くらいになったら7号サイズで作ってあげられるかなと思っています。
それまで続けてるかしら?エレクトーン。
レシピも丁寧できれいだし、
Acrobatに苦手意識さえなければ、1,050円はリーズナブルだと思います。


**きょうのワンコ**


a0114345_23184461.jpg



このボサボサちゃんのトリミングもGWにやることリストに挙っているのだけれど・・
今のところ、まったく変化ナシです。
ハリー。
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-05-07 14:06 | ソーイング
おひな祭り
a0114345_16573294.jpg

たかこ@caramel milk tea『スフレチーズケーキ』


もうすでにぴんぴん元気になってますが、
先日miがインフルエンザに罹りました。
日曜日の昼過ぎに38.5℃の発熱。。
もしかしたらインフルエンザ?と思いつつも夕方には解熱してしまって、
月曜日も平熱だったのでフウツに登校。
が、火曜日の朝はまた調子が悪そうで37℃台の微熱アリ。
チチに頼んで小児科を受診してもらったら・・
『B型です』
あちゃ〜
それからは微熱と食欲不振はあったけれど比較的元気で、
熱が下がってからは暇を持て余してました^^;

学校をお休みしなければいけない間、
ハハは、午後だけ半休をもらって、午前中はひとりで留守番をしてもらいました。
おかげで、思いがけず時間に余裕があったので、
パンを焼いたり、クッキーを焼いたり、miのリクエストで↑のチーズケーキを焼いたりしましたが、
食欲のふるわないmiはどれも反応が悪く・・・
一番好評だったのは、インスタントコーヒーと粉寒天で作ったコーヒーゼリーでした(汗)
シンプルが一番ね。。

同時期に、taの学校も学年閉鎖があったし、
周りでも学級閉鎖の話しを聞きます。
まだ流行しているようですよ。
お気をつけ下さい。インフルエンザ。



a0114345_7451323.jpg



今日、おひな様を片付けました^^;
片付ける頃にひな祭りの話題をアップしてるようではいけません〜

いつもは『まだいっか』とぎりぎりに飾って、
慌てて片付けるおひな様ですが、
今年はmiのインフルでもらったお休みのために、
比較的はやく飾りました。
『今年ははやいね!』ってmiにも言われましたよ(汗)

おばあちゃんが送ってくれたお団子に、
ひなあられ、
ちらし寿司、
小嶋ルミさんの“卵ロール”は、クリームに冷凍クランベリーを混ぜてピンクのクリームにしました。
ちょっとはおひな祭りらしい食卓に。


ひなあられは、美味しいんだけどあの細かいお米が食べにくくて、、
と思ってたら、
大玉だけのひなあられを見つけたので買ってきました^^
ちょっと贅沢な気分だったのに、
miには『ひなあられきら〜い』と言われ・・・
taとハハで全部たべました^^;


わが家のおひな様、
飾るのが大変だから遅くなるのではありません。
やる気になれば5分で飾れます

だって、


a0114345_16573325.jpg



ほら、こんなにコンパクト(笑)


どうにもいい写真が撮れないので、
ずーっと前の写真を^^;
新しい家族が増えたのではありません。miですよ^^

母がmiの初節句に贈ってくれた、
手作りのおひな様です。
これにお道具がもう少しついてます。

かなりシンプルですが、ワタシもmiも気に入っています。
だって、無精なワタシのこと、
7段飾りだったりしたら、3年に1回くらいしか飾らないかも?(笑)

先日会った友人kiちゃんと
『うちのおひな様もお母さんが作った木目込みのおひな様だよ』って話になりました。
きっと、木目込みカルチャースクールが流行った時代だったんだねー。
そして、
『そのうち3人官女や5人囃子を増やすって言ってたけど、一向に増えない』って話も一緒だったよ(笑)

それにしても“おひな祭り”

おひな様飾って、ちらし寿司たべて、、
いつもそれだけで終わっているけれど、
↑の写真を見ていると無事に育ったことを感謝したり、お祝いする気持ちを忘れてはいけなかった。
と終わってから思いました^^;



a0114345_16573154.jpg

月居良子『おんなのこのワードローブ』より“カシュクール風ワンピース”140センチ



ひとつ前のエントリーデ<ジャムロール>の下に敷いていた生地。
ちゃんと形になりました^^;
そのまえに何年も熟成させてますけれど・・
rick rackさんの起毛フランネルだと思います(もう記憶もあいまい)

小学校には絶対にスカートは着ていかないmi。
ワンピースだって作ったのはだいぶしばらくぶりです。
ちょっとお出かけするに着せる服を作りたかったのと、
たっくさん持ってて眺めるだけになっている洋裁本。
気付けばほとんどが130センチまで、の中で、
月居さんの本は140センチまで掲載されていたので、
これはいま作らないとこのままお蔵入りだよーってことで作りました。

洋裁本についてくる、線がたっくさん重なったパターンが大の苦手なワタシですが、
今回もやっちまったらしく、、
前スカートの身幅がなぜか大きい。。
どうも写し間違えたらしいです。
もったいないのでギャザーを寄せてそのまま使いました。
なので、本中のサンプルよりちょっと可愛らしい感じに仕上がってます。
もともと140ではちょっと大きく、さらにギャザーのせいで余計にぶかっとしてますが、
これはこれでアリかなと^^;
久しぶりにこんなテイストの服を着たmiですが、
なかなか可愛いのですよ。
もっと着てくれるといいのですけどね。


a0114345_16573124.jpg


白ダッフルの裏に使ったプードルファーでティペットを作りました。
バンビファーよりも断然楽に作れました。
バンビちゃんは、長い毛を巻き込まないように縫うのがちょっと大変なのですけれど、
プードルちゃんはそんなことまったく心配なしの毛足の短さ^^簡単です。

新しいミシンではじめてファスナー付けをしました。
どうも上手くいかなくて何回もやり直しをしました。
コンシールファスナー用アタッチメントも買ったのに、
やっぱり慣れないから上手くいかないと思っていたら、
やり方が間違えていたようです^^;

なんとか付けちゃってから気付いたので、
適当にごまかしてそのままにしてしまいました。
アップはきついです^^;

もう梅の花が咲くのに、
まだ冬物を作っているのですが・・

どうやら明日はまた真冬の気候なんですって!!

インフルエンザと花粉症と温暖差、
みな様も体調管理には十分お気をつけくださいマセ♡
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-03-07 00:56 | ソーイング
白ダッフルとクレイジー・フォー・ユー
とっても暖かくなったと思ったらまた寒いし・・なんじゃこの気候は?

a0114345_1295649.jpg

なかしましほ『もっちりシフォンさっくりクッキーどっしりケーキ』よりジャムロール


春が来て暖かくなるのはいいことですが、、
何日か前から目がカユイのです。
そろそろヤツが飛び始めているようで、電車の中でのマスク着用者さんが
ぐっと増えました。

↑は、しばらく前に作って、アップし損ねていた写真ですが、
起毛生地をバックにしたらなんだかあったかそうな写真になったので、
使えなくなる前に載せときます^^
この生地、今miのワンピースになりかけなんですが・・・出来上がってもあまり着れないかもね。

このロール、なかしましほさんの基本のバニラシフォンを天板で焼いて巻きます。
小嶋ルミさんのシフォンも大好きですが、
なかしまさんのこのシフォン生地のどっしりとした不思議なふわふわ感も大好きです。
レシピではイチゴジャムを巻いていますが、↑ではマロンクリームを塗って、マロングラッセを巻きました。

この生地でも使っていますが、なかしまさんのレシピは豆乳を使うものが多いです。
なので、わが家の冷蔵庫には100mlの無調整豆乳パックをいつもひとつストックしておきます。
使うのは少しなので、ちょっと割高になりますが大きいものでは使い切れないし、
消費期限も長いし丁度いいのです。



このシーズンで作っておかなければと自分にプレッシャーをかけていたもの・・
やっと仕上げました。

a0114345_1295827.jpg



candy flossダッフルコート140


まだ140では大きいのだけれど、きっと来シーズンまで持ち越してしまったら・・
ワタシのことだからずるずると先延ばしにして、
冬の終わる頃に作り、
出来上がる頃にはジャストサイズもしくはサイズアウトで大して着れない(汗)
といういつものパターンが予想される^^;

なので、今つくらなければ!!(そう冬の終わり)


a0114345_1295581.jpg



いや〜苦労しました。
難しいところは何もないのですが、
問題は、『生地選びに失敗した』これにつきます。

表地はCHECK&STRIPEの起毛した天竺。
裏地はexterial fur shopのプードルファー。を使用

candy flossさんがサンプルで作っていた白フリースのダッフルに惚れて購入したので、
どうしても白いコートが作りたかった。
素直にフリースを選択しておけばよかったのに、
CHECK&STRIPEさんで目についたこのコットンニット生地がよさそうに見えた。

が、思ったよりも薄くて華奢な生地だった。
おそらくこれをコートの表生地に使おうと思う人はあまりいないのでは?

でも、他にこんなに白生地を使うアイデアがないし、
どうしても白コートと裏ファーのイメージが捨てきれずに突進してしまったの^^;

イメージどおり♪と気分アゲアゲになったのは、
最初に仕上がったフード部分のみ..
あとは伸び止めのテープをはったり、ポケット部分やボタン部分などにももれなく補強の接着テープを施し、
なんだかとっても手間がかかった。

a0114345_1295756.jpg


フード裏だけをプードルにしようか、
そで裏だけでもキュプラ裏地にしようか、
プードルを諦めて、綿ウールを裏地にしようか、
これでもいろいろ悩んだのだけれど、結局、総プードル裏地にする^^;
だって表地が薄いから、あったかそうに見える寒いコートか、もこもこで着にくいけどあったかいコートか・・・
結論は、暖かさを優先したの。

起毛+プードルのボリュームは相当なもので、
ワタシの狭いミシン台では限界を感じました。
普段、子供服しか縫わないのでスペースが小さくてもなんとかなってきましたが、
miのサイズもだんだん大きくなってきたので、
ミシン台の上を整理してスペースを開けないとこれからは厳しいです。

見頃が出来、袖がつきしていくうちに、
白生地がそこら辺のホコリと汚れを吸い取ってくれました^^;

極めつけの大失敗は、
なぜか見返しの長さが足りなかったこと(汗)
つぎはぎで形にしてます。

苦労した甲斐あり、
miは喜んでくれたし、かなりあったかいそうです。
だからこそもう出番はないですけどね。
サイズには余裕があるので、
来シーズンの活躍を期待します^^

う〜ん、やっぱり素直にウールで作ればよかったかなぁ
イマイチな出来に不完全燃焼ー。
リベンジするかなぁ?う〜ん。。

今シーズンは着ることもないか、と思っていましたが、
出かけた日がとても寒かったので、
思いがけず白ダッフルデビュー♪
お出かけ先は、


a0114345_85072.jpg


2月19日劇団四季『クレイジー・フォー・ユー』グリーンホール相模大野

四季でなんども上演が繰り返されている、
ファンの多いミュージカル。
一度観てみたいと思いつつ逃していたので、
全国ツアー初日の“グリーンホール相模大野”での上演を見に行きました。
いつものごとく出遅れのチケット申込み。
さらに子守りの確保ができずに子連れ(mi)観劇だったので、
あまりお金をかけずに2階席を予約。
miに見せても大丈夫な内容なのか、ちょっと不安を抱えての観劇です。

で、どうだったか?


正直に言おう。


『眠かった』・・・


タップダンスを中心にしたダンスはすばらしく☆
はじめからおわりまで、
ハッピーで楽しかった♪
けれど、途中なんども睡魔に襲われるzzz


う〜ん、なんでかな??
とにかく遠かったの、舞台が!
俳優さんの微妙な表情なんかまったくわからない距離で、
いまいち入り込めなかった。。
miも同様で、『眠い×』って足をもぞもぞさせたりするので、
それも気になるしっ。
期待してたぶんちょっと残念だったな。

もともと、どのミュージカルでも一度観ただけでは、
内容を十分には咀嚼できないワタシ。
次は四季専用劇場でそして、加藤さんのボビーで観たいな。

当初心配していた、
『クレイジー・フォー・ユー』は子どもが観ても大丈夫なミュージカルなのか?は、
大丈夫でした。

子ども料金の設定はないので、他の演目よりも明らかに子どもは少なかったですし、
随所に熱烈キスシーンがちりばめられていますが、
嫌らしさなしのとっても可愛い演出♡
コメディーミュージカルですので、ふたりのザングラーが登場するシーンなんかは、
miも爆笑してました。
『面白かったね☆眠かったけど寝なかった!!』だそうです^^;

さて、今回の劇場“グリーンホール相模大野”ですが、
とてもきれいな劇場でした。
実は、ワタシ、小田急線相模大野は学生時代にとてもなじみの駅でして、
その頃に新しく建てられた劇場です。
『20周年☆』の幕が掲げられてましたので、
ワタシが学生だった時代から20年近くが経過してしまったということです(汗)
劇場内は20年の年月を感じさせないほど綺麗で、
ホールが広々していてソファやベンチが沢山あるのがよかったです。
ただ、トイレの数が少ないようで、幕間の休憩時間は女子トイレに長蛇の列が出来、
20分といつもより長めに設定された休憩時間では裁けなかったようで、
予定時間になってもなかなか幕が上がりませんでした。
専用劇場のトイレシステムはすごいもんなー。
他の劇場だとこうなってしまうのね。

20年近くぶりの相模大野、
とっても賑やかで活気のある駅になっていて驚きました。
最近は駅近くにマンションが建って、乗降者数もかなりなものだそうです。
昔はな〜んにもない所で、
地方から上京してきた友達が
『“東京の大学に行く”(東京ではない)って出てきたのに、うちより田舎でショック』と言っていたのにね(笑)

懐かしい伊勢丹で、北海道物産展を開催していたので、
試食して美味しかった“イカの塩辛”をお土産に買って帰りました。
それにしても、チョコレートやらハスカップゼリーやら可愛らしいスイーツが沢山並んでいたのに、
『塩辛』をリクエストするmiが笑える^^

その晩は、大地を守る会で買った美味しい“北海道産じゃがいも”をふかして、
バターと塩辛をのせて食べました♪美味しかった〜♡


**きょうのワンコ**

先日(だいぶ前だけど)雪が降りました。

a0114345_1295592.jpg


miが期待していた“雪だるま”が作れるほどには積もらなかったけれど、

a0114345_1295663.jpg


やけに気合いの入った服装で^^;ちょっと遊べました。
イヌたちも珍しがってベランダに出ますが、
5分ももちません。

a0114345_1295379.jpg


『入れて〜』
(笑)
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-02-28 00:59 | ソーイング
今年のビオラとファー生地
寒いんです。
今年は日本全国寒くて・・
横浜は雪も降らないし、ずっとお天気だし、他の地域にに比べれば暖かいほうなのかもしれませんが。。
十分寒いです。

なので、ちょっとでもあったかくなる写真を^^


a0114345_1559060.jpg



今年のベランダビオラたち。
この写真をアップして保存しておいたのは去年のクリスマスよりも前のことでした。
他の“いまの時期を逃したらアップできなくなる話題”におされ、
後回しになってました^^


a0114345_1559219.jpg


今回もお花や観葉植物では、
ワタシが絶対の信頼を寄せているGARDEN さかもとさんで購入。
ガーデニングに関してはダメダメでセンスレスなワタシにもわかる、
ここの花苗はすごい!
ネットで購入して、遠く福島から段ボールで送られてくるのに、
どれも元気ぴんぴんだ☆

近所のホームセンターとかに比べれば、
決して安くはないけれど、
元気に咲き続けてくれれば、長い目でみればお得☆
それに、パンジー&ビオラだけをとってみてもものすごい種類があって、
どれにしようかと迷う迷う。

a0114345_161471.jpg


パンジーよりも、花が小さいビオラが好きなので、
今回はビオラに限定。
気になるビオラを4苗ずつ、片っ端からカートに入れてたら、
合計がすごいことになっていた^^;
そんなに植える場所も時間もないので、
泣く泣く削除。。
30苗くらに絞り込む。

購入時にはどれもかわいいお名前がついていたのだけれど、
到着した苗にはついてこなかったものも多くて、
今となっては果たして何種類買ったのか、
どれが何なのかわからなくなっちゃったのだけれど^^;
これはネーミングがイメージとばっちり☆で
思わずほーっと感心。

a0114345_155904.jpg

『シトラス』


とても鮮やかなオレンジがかった黄色。
今回一番のお気に入り♪


a0114345_1559212.jpg

『きりん ももか』


これも可愛い♪
ネーミングがいいね☆


a0114345_1559630.jpg



いろんな種類を頼んだつもりだったけれど、
並べてみれば、
結局、ワタシ好みのブルー系、紫系、黄色系に落ち着いてしまっている^^;
きっとセンスある方は配色を考えて選んで、配色を考えて植えるのでしょう。
ワタシは端から並べるだけ・笑


a0114345_1545299.jpg


この写真は、本格的に寒くなるまえだったのでこんなに花も咲き誇っているけれど、
今は朝は凍ってしおれているし、
そう言えば、最近はシトラスちゃんの姿を見ないような気がするけれど・・・無事か?

ベランダの床は冷たくて、水をあげに下りるだけ。
いつもは喜んでついてくるりんだって、部屋から出てきやしません、、
愛情かけてあげないとお花も減ってきてしまうかもね。。でも寒いの^^;




a0114345_13164377.jpg


ティペット作りました。

ティペット、ご存知?
パペット、じゃないんですよ
(余談ですが、ライオンキングのシンバなどが頭に載っけてたり、ミーアキャットのティモンが操作している人形など、あれすべてをパペットと言うそう。パペットというと手につける人形>パペットマペットね^^;を思い浮かべてしまうけれど、あんなに大掛かりなものもパペット。なんか変な感じ・笑)
ようするに『つけ襟』です。ハイ。
最近は、ベストじゃなくてジレだったり、、他には思いつかないけど^^;
ファッション用語が難しいワ。

このティペット、手作り界ではちょっとした流行なようですよ。
たまに、生地屋さんの掲示板をのぞいちゃったりすると、
うかつにもこおやって流行の波にのっかってしまいます。

ファー生地は『exterial fur shop』さんで購入。
コチラのお店、あらゆるファーが揃ってますよ!
↑は、ナチュラルバンビファー。
『バンビファー』これも今年の流行らしいですわよ。

ファー購入時に申し込めば、無料でティペットのパターンがもらえます。

作り方は超カンタン。
裏生地と袋縫いしてひっくり返すだけです。

しいて言えば、難は、生地の裁断で毛を切らないように注意が必要なことと、
縫い合わせる時にファーをなるべく巻き込まないようにするのがちょっと大変なこと、
表にひっくり返してから、巻き込んだファーを引っ張り出すのがちょっと面倒なこと。
くらいです。
あと、部屋中毛だらけになる^^;
exterial fur shopさんのサイトに、取り扱いの注意はすべて書いてくださってますので、
それを参考に扱えば大丈夫です^^


ちょうどコーラスのお友達姉妹の発表会のお呼ばれしていたので、
プレゼントにいいかなと思って、作ってみました。
いただいたパターンは子供用と大人用があるのですが、
小学校3年生のmiには、子供用は少し小さく感じました。
なので、1センチほど周囲径を拡大して、
すこし大きめ子供用を4年生の妹ちゃんに。
もうママの背を追い越してしまってい5年生のお姉ちゃんには、
迷ったあげく、大人サイズで作りました。
子どもサイズのものは、年長さんのお友達に差し上げました。

普段のお洋服にも合わせられるように、
細い革ひもを挟みました。
もっとドレスアップした時用にはベルベットリボンやサテンリボンがいいかもしれませんね。

miは、バンビファーよりも一緒に購入したプードルファーがいい!と言うので、
また別に作ろうと思います。

このファー生地、150センチ幅です。
50センチずつ2色買ったのですが、いったいいくつティペットが作れるかしら・・?
また在庫山が大きく。。
次のバザーにはこれを出品しようかな。。ちょっと季節に問題があるか。


**私信**
姪っ子よ。
これ、いる?



ティペットにはクッキーを添えて、

a0114345_131823.jpg


なかしましほさんの『まいにち食べたい“ごはんのような”クッキーとビスケットの本』より
『ロシアンクッキー』

なかしまさんのクッキーは菜種油使用なので、バターを室温に戻すなんて準備なく、
思い立ったらすぐできるところが魅力。
これは型抜きもいらないのでとっても簡単でした。

なんだかとっても懐かしいフォルムです。

このクッキー、焼き上げてからジャムをのっけるのですけれど、
真ん中に穴を開けて絞り出すとのこと。
そしたら、下からジャムが出てきた・・
煮詰めて濃いジャムにしてから使えばいいのでしょうか?

袋づめではベタベタになりそうだったので、
プラコップに重ねてラッピングしてみました。
時間がなくてバタバタだった割にはなかなか上手くいったわ。
(出かける直前までティペットのまつり縫いしてたしね)

このクッキーはmiがとっても喜びました。
『こんなの食べたかったの〜♪』だそうです^^

なかしまさんつながりで、
クリスマスに作って好評だったドライフルーツケーキ。


a0114345_1782529.jpg


こちらも菜種油を使うのですが、
アーモンドプードルのお陰か、
とてもしっとりしていて、かつサッパリとしたフルーツケーキです。
前の年のクリスマスに漬けた“ドライフルーツのラム酒漬け一年もの”を使いました。
漬けた年のクリスマスにはラムが強すぎて、失敗?と冷蔵庫に放置してあったのですが、
1年経過してまろやかになってました^^
あと、クオカで買った“マロングラッセ”(微妙に期限切れ^^;食べたかたゴメンナサイ)
を加えたのもよかったのかも。

年末にもう一度焼いて実家に持っていきました。

軽くて、薄く切れば何枚でも食べられる美味しさです。
『バター使ってないんだよ』というとみんな驚きます。

これが無料レシピなんて、
なかしまさん、なんて太っ腹☆
簡単まぜるだけ。おススメです。

レシピは
<コチラ>から♪


a0114345_1322446.jpg


またファーに戻ります。
ティペットのはぎれを使って、ぽんぽんゴム作りました。
これも、exterial fur shopさんのサイトに作り方がのっています。
丸く切ったはぎれの周囲を波縫いして、綿を詰め、ぎゅーっと絞るだけです。超簡単^^


**きょうのワンコ**

a0114345_163596.jpg


カメラ嫌いのイヌ達がちゃんと前を向いているときは、
エサに釣られている訳です。ハイ^^;
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-01-19 23:21 | ソーイング
発表会2010その2
a0114345_14551465.jpg




一年に一度、沢山のお花に囲まれて幸せなときです。

が、準備に追われて、いつも以上に掃除がおろそかに・・
写真に写っていることろ以外は大変なことになってますよ^^;





a0114345_14384785.jpg



発表会の日の朝。
出待ちの衣装たち。

今年のドレスは、




発表会のための姉妹の服 - Welcome to our concert! - かわいきみ子 より

『レイアードの丸ヨークのドレス』です。



この本を見たことある方はすぐお分かりになると思います、
本のまんまです^^;
色の選択もまんま。
アレンジまったくナシの本どおり。


去年までのドレス<コレ>とか<コレ>は、
同じくかわいきみ子さんの先行本





発表会のための少女の服 - かわいきみ子

から作っていました。
この2冊のおおきな違いは、
“少女の服”が130センチまで(しかもパターンは原型から自分で作図する必要あり)に対して、
“姉妹の服”は原寸大パターン160センチまでつき☆

miは130センチサイズなので、まだ“少女の服”で行けるし、まだまだ作ってみたいデザインもあったのですが、
演奏曲が決まって『さあ、どのドレスにしよっかな』と2冊をパラパラ見てたところ、
『コレだ!!』っとぴぴっと来ました。
miに、『スカートがね、ちょっと短くてバルーンになってるんだよ』と口で伝えた時は、
『えー!やだぁ普通のドレスがイイ!!』と抗議されたのですが、
本を見せたら『これがいい☆』とすぐ気に入りました。
『でしょう^^』

デザインは決まりました。
次は色です。
本のとおりってのもつまらないので、ハハは“青”を提案。
でも、miは『これと一緒の“赤”がいい!』と言って譲りません。
まあ、赤いドレスなんてそうそう着れないしね。
曲のイメージともばっちりだし。

そおなんですよ。
今年の演奏曲は、、、

『スーパーマリオ』だったんですよ。
本当の曲名は、スーパーマリオブラザース より 地上BGM〜なんたらかんたらという長い名前なんですけど、
いわゆる、ゲームのマリオの曲ですワ^^;

最初にこの曲に決めたと聞いた時は、
『へっ?何着せればいいワケ??』って感じで・・

『赤いサロペットズボンと帽子、きのこのぬいぐるみ作ってエレクトーンに置いてあげる』なんて提案してみたんですけど^^;
当然のことながら却下されまして・笑

それに、もう一曲がディズニーの『星に願いを〜小さな世界メドレー』だったので、
あんまりマリオちっくにしてもね^^;

ドレッシー過ぎなくて、マリオにもディズニーでもいけて、
この元気なデザインはお転婆miにもぴったりだと思いました。
スカート丈がほどよく短くて、足の動きが激しいエレクトーンにはとてもいいです。
かわいさんの本は、ピアノだけじゃなくていろいろな楽器演奏をイメージしてるドレスが掲載されているので助かります(エレクトーンはありませんが)。
このドレスのモデルさんは、バイオリンを持ってます。
かわいさんがイメージした曲は『アマリリス』ですって^^
『マリオ』じゃあないわな^^;

ドレス生地ですが、
“少女の服”では、結構細かく生地指定してありましたが、
“姉妹の服”には、あまり生地に関する記載がありません。
でも、『手作りだからこそ、本物を贅沢に』というのがかわいさんのポリシーなので、
きっとこれはシルクだろうなと思いました。

そこで、今回は、
Oriet Kyotoさんの
シルクシャンタン ローカウント の『カージレッド』を使用しました。

数年前、シルクシャンタン指定の白いドレスをポリのシャンタンで作りました。
miのドレス2作目でした。
その当時は、まだあまりにも未熟者で、とてもとてもシルクに手をだすなんて恐ろしくてできませんでした^^;
縫製の技術はまだまだですが、ドレス作成は6作目、一年に1回ですが少しずつ経験は積んできました。
ネットで比較的安価なインドシルクを見つけたので今回は挑戦してみることにしました。

比較的安価といっても、用尺3Mで6900円。
失敗は許されないので^^;
見ごろだけは別布で試作しました。
袖ぐりがすこし狭かったので広げました→これがちょっと失敗だった。。

シルクシャンタンは程よく厚みがあって、とても扱いやすい生地でした。
きっとポリのシャンタンでもそんなに見栄えに変わりないと思いますが、
シルク特有の艶と張りは、ドレスが形になっていくにつれ、
作り手のワタシがなんとも幸せな気分になりました。

でも、幸せな気分は身頃作りまでで、、
それ以降は延々とつづくギャザー寄せにうんざりで^^;
次の満足感は、最後の最後、すべてが完成したときでしたけど(苦笑)

このドレス、技術的にむずかしいところは何にもありません。
ひじょうにシンプルな作りです。ファスナーもないし。
でも、
苦労したのは、
まずパターン写し。
今回は“実物大パターンつき”だし♪なんて楽観していたら、
パターン紙広げて目眩が・・・
線が重なりすぎてて分けわかんないよぉ(泣)
もともとパターン移しが大の苦手なのに、
ひとつのパターンを何種類かのドレスにアレンジされているので、
どの線がどのドレスなんだか。。汗
ここで半日使用。

難しい作業はなくても、手でまつる、ギャザーを寄せるなどの作業が多くて、、
なんだかんだと時間がかかります。
今回一番の苦労はギャザー寄せ。
見頃のギャザーとスカートのギャザー、それが裏表。
バルーンスカートのギャザーとギャザー地獄でした。
この生地、触れば触る程ほつれがすごくて。
ギャザーを寄せてるうちに生地がなくなるんじゃないかという恐怖と戦ってました(大げさ)
後で気づいたんですが、細かいミシン目で端ミシンを一本かけておけばよかったかな。
最後のギャザーで思いついたので実践できませんでしたが・・

このほつれのせいで、しば〜らく家のあちらこちらで真っ赤な糸くずが発見されてました^^;

まあ、縫い代がどんなにほつれていようと、総裏地の中に隠されますので^^
最終的には、満足のいく完成度となりました(ワタクシレベルで)

裏地と言えば、今回のドレスではじめてキュプラの裏地を使ってみました。
今までのドレスは綿ローンなどを使ってました。
子どものドレスなので肌に優しいかも、とか汗吸うしとか理由づけしてましたが、
裏地生地を避けてきたのは『きれいに縫う自信がない』てのが実は一番大きな理由でした。

でも、今年は、
新しいミシンがありますので!!
キュプラに初挑戦☆
あのうっすい生地も難なく縫ってくれたときには感動を覚えました。
前のミシンだったら、縫い始めで巻き込まれて終わり・・だったと思います^^;

あともうひとつ。
レシピではヨーク部分に“パンピース芯”を使っていますが、これが近所のお店では手に入りませんでした。
本中では『ウールの芯』と書いてありましたが、買い物にでた先では何なのか想像も出来なかったのですが、
ネットで調べてやっとわかりました。
スーツの襟裏などに使われているグレーのフェルト生地みたいなやつですよね?
ネットでは取り寄せが出来そうでしたが、もう時間がなかったので、
ぱりっとさせすぎぎない張りが必要なのかな?って解釈しまして、
厚めのニット用接着芯を貼りました。


そんなこんなで何とか完成へ♪
試着させましたら、広げた袖ぐりがちょっと広げ過ぎの感。。
腕をあげたときに下着が見えそうだったので、
在庫生地から赤いニットを引っ張り出してきてキャミソールを作りました。
スカートをつけてスリップにしようかとも考えたのですが、面倒くさくなったので、
丈を適当にのばしてワンピ丈に。
それにしても真っ赤な下着、これ以降出番がなさそうだよ。


a0114345_14383287.jpg



靴は去年と同じものが履けたので、
シューズクリップを作り直しました。
(fuminovちゃんまたリボンつかったよ)
それにしても、靴の飾りなんて誰も見てないし、、
ホント、自己満足の世界だわ^^;
唯一、ボロボロの中敷きを張り替えるために持って行った修理のおじさんに
『かわいい靴じゃない』って褒めてもらえた(笑)

長くなっちゃったのですけど、
最後に、
実はコレ↓が今回一番の自信作☆

a0114345_1438331.jpg


100円ショップで買ってきた造花のプラスチックの芯を抜いて、
フェルトで作った芯を縫い付けました。
この時期の100円ショップはクリスマス仕様のラメラメ花ばっかりで、
なんとか使えそうだったのが、このポインセチアでした。
色もぴったりだったし、
安っぽい花びらも重ねれば豪華に^^

カチューシャは、これも以前100円ショップで買って、犬に齧られてぼろぼろだったのを補修して、
生地をはがし、はがした生地と同じ形に切ったベロアニットでくるみました。
裏は糸でかがって、縫い目を隠すために黒レースをボンドで貼付けました。
材料費200円也♪


今回のドレスは、レースなどの副資材がかからなかったので、
総材料費9,000円くらいかな・・
高い?安い?
輸入ドレスなんかだったらもっと安く手に入るもんね、安くはないです。
大変だし、お金もかかるけど、
毎年、毎年作り続けるのはやっぱり楽しいから♪

こんなに忙しい思いをして「ワタシ、毎年何やってんだか」なんて思いながらも、
来年はどんなのにしようかなーなんてことも考えている(笑)
miは来年は4年生。
いつまで喜んでドレスを着てくれるかしら?
もう年齢的にぎりぎりかもしれないから、次はふわふわお姫様ドレス作りたいなー。
それには、miの好みもさることながら、
選曲から目を光らせなければ。マリオはもういいからね!なんて^^
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-12-07 23:26 | ソーイング
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin