Top
カテゴリ:ソーイング( 44 )
Top▲ |
発表会2010
a0114345_16325125.jpg



a0114345_16325295.jpg



いや〜
終わった、終わった♪

今年の発表会も土曜日に無事に終わりました。
スタートが遅かったわりには、
miのドレスを作り上げ→シューズクリップ→taの帽子→髪飾り
と順調に作り、
前日にドレスの下に着る下着(結局キャミソールの丈を伸ばしたものにした)を作って、
当日までは引きずらずに準備を終えました。
前日は2時までやってましたが・・^^;

子ども達の演奏は、
去年の発表会からの成長がよく見られたと思います。


miは毎日コツコツ練習して、曲に乗って演奏する、という課題は、
去年よりも飛躍的に進歩したと思います^^
数週間前のレッスンで、
『miね、はじめて曲に入れた気がする・・』
すげえ★(失礼っ)
すごいワ!miちゃん!!
曲に入りこんで演奏できた☆ということらしいです^^

今回は、ベース(足鍵盤)の補助鍵盤の音が出ないというハプニングに見舞われ、
一曲演奏した後、調整のためにかなり後回しにされての再度登場だったのだけれど、
落ち着いて演奏できました。
先生方のご配慮で、最初の曲から2曲弾き直しさせていただけて、ヨカッタ、ヨカッタ^^

実は、夏のグレード試験の時も、補助鍵盤の音がキチンと出ないということがあり
(本体の足鍵盤の上に高さをあげるための補助鍵盤を乗せるので、ちゃんと設置していないと音がでません)
それで思ったように演奏できなくて、大泣きして試験会場からでてきたということがありました^^;

どうにも最近、補助鍵盤との相性がわるいようなので^^;
そろそろもう補助は外して、
うりゃーっ!と足を伸ばして演奏したら?^^と提案してみました。
頑張れば一番低い“ド”まで届いたそうなので、
もうすぐ足鍵盤から卒業できそうです。
『椅子からズリ落ちそうになるよ』そうですが・笑



taは、ハハがお尻を叩かないと練習を忘れてしまうという不甲斐なさで、
何度もハハをイライラさせましたが、
最後の追い上げが効いたようで、
こちらもなかなかの演奏を聞かせてくれました。
今年の先生からの課題は、
『チャラく弾きなさい』
最初の挨拶からチャラく、という指示も忠実にこなし^^;
いい感じにチャラ男になれていました。
土曜日の部活が6時に終わって、そこから1時間近くかけて電車でレッスンへ。
よくがんばっていると思います。



a0114345_163251100.jpg



今年の衣装は、
miを赤と黒でまとめたため、
taも黒でまとめて、ポイントに赤を使いました。
taの衣装は毎年本当に困りますっ。
ズボンは昨年、一昨年からの使い回し。
もともとロールアップできるデザインなのですが、
もはやロールアップして長さをごまかさないと履けないつんつるてん・笑
思いっきり子ども服仕様のゴムウエストはシャツをオーバーにして隠す。

シャツはチチとショッピングモールをうろうろ徘徊して見つけた
H&Mの160センチサイズ。
セットでついていたチンピラ風赤ネクタイはやめて、
同じくH&MのAKB風タータンチェックのネクタイをチョイス。
ついでに靴下と靴も買ってH&Mでひと揃いお買い物。
それぞれが安いといってもなんだかんだお金がかかりました。

でも、子供服では小さくて、大人服では大きくてとサイズ選びに困る
ガリガリtaには160センチサイズのシャツは大助かりでした。


*余談ですが、チチは近所にH&Mが出来ると聞いたとき、なんでチョコレート屋にそんな大騒ぎするんだ、と思ったそうです。それはM&M'sですワ^^;


あまりに手をかけないのがかわいそうなので、
毎年恒例、ハハの手作り帽子を頭に載っけとく。

帽子は、
whistle@さんの『soft hat』に初挑戦。

中折れ風ハットを格好よく作りたかったのですが、
在庫布から引っ張り出してきた生地で作り、しかも合う色の糸がなかったために、
ステッチに明らかに目立つ生成り糸を使用したやっつけ仕事のため、

中折れというよりも、
俺たち探検隊orインディージョーンズ風が否めない^^;Yo。



miのドレスは毎回ドレス作りではお世話になっているかわいきみ子さんの本、
『発表会のための姉妹の服 - Welcome to our concert!』 -
から作りました。
ハハは“青”や“紺”、もしくはもっとシックな“ワインレッド”にしようかと思っていたのですが、
miが『これと一緒の赤がいい!!』というので、掲載されているドレスと同じような鮮やかな“赤”を選びました。
なんでこのドレスになったのか、
なぜ赤なのか?や、
苦労話(?)また、小物の話しなどは次のエントリーで書きますね^^



a0114345_16325017.jpg



午前中にカットに連れて行った美容室で、
ドレスに負けないようにとクルクルに巻いてくれたので、
とっても華やかになりました。

前のエントリーのコメントでもいただきましたが、
こんな華やかな“赤”、
大きくなったら着てもらえないかもしれないので、
“赤”を喜んで着てくれる年齢でコレを作られてもらえたのは幸せでした・笑

発表会ネタ、次につづきます。
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-11-30 23:58 | ソーイング
スワニーへ。

十五夜といえばススキですが、
最近はなかなか見かけないです。
子どもの頃は空き地(これも最近あまり使わない言葉?)にいくらでも生えていましたが。。
温暖化で十五夜とススキの時期がズレてるの?
(北海道のお友達のブログでは十五夜にススキをとってきたと書いていました。
やっぱりもうちょっと涼しくなるとでてくるのかな)

でも、これならわが家の目の前にあるんです。

a0114345_135729.jpg


地主さんの畑に生えてます。
これ、すごく大きいのですよ。
2メートル以上あります。

毎年、この夏頃から巨大な穂を実らせます。
『巨大ススキ』でググって見たら、でてきました。
“パンパスグラス”という南米産の植物だそうです。
よほど寒くない所であれば、育てるのは比較的簡単なようですが、
なにせデっカイので、かなり広い庭じゃなと植えられないです^^;


a0114345_1351039.jpg



毎年気になっていたのですが、
はじめて写真に撮ってみました。
レンズを覗くとなかなかフォトジェニックで^^ちょっと興奮♪

お願いすれば切ってもらえるだろうけれど、ちょっとゴージャスすぎて、、
“月”に添えるには風情がないです。
やっぱり日本のススキがいいね☆

(十五夜が過ぎてしば〜らくたってからのアップでした・汗)



これ以降もアップし損ねているうちに
なんだかすっかり涼しくなって、
かなり季節外れちゃった話題です^^;


a0114345_12513347.jpg



夏の終わりに作った桃のコンポートを使った
『桃のレアヨーグルト』。

水切りしたヨーグルトを使ったムースは、
想像した以上に濃厚な味でした。
その上にコンポートを作ったときにでるシロップでジュレを作って載せるのですが、
何せ子ども達がこのシロップが好きで、そのほとんどを桃牛乳にして飲んでしまったのでジュレが作れず・・
桃のピューレを使ったので、なんだかさらに濃厚なデザートとなりました^^;

桃を他のフルーツに置き換えての応用も美味しいそうなので、
また作ってみたいと思います。
水切りヨーグルトのクリームはなかしましほさんのレシピでも使われていましたね。



新しいミシンが来てから、順調(?)なミシンワーク。


a0114345_1351426.jpg



pattern one's one『フレアスリーブカットソー』
生地 鎌倉スワニー

めずらしく自分服です。
袖以外はリブ仕上げなので、
ほとんどロックミシンですみ楽でした^^
袖も軽く仕上げるなら巻きロックがよいらしいのですが、
合う糸がなかったし、久しぶりの巻きロックが面倒だったの。
ロック処理と二つ折りで仕上げたけれど、やっぱり巻きロックが可愛いかも。

首のリブがテロとなってしまったのが、気になるところ。なんでだ?

薄い生地ですが、長袖との重ね着でこれからのシーズンでもまだいけそうです。

さて、この花柄生地。
自分のものに柄生地はめずらしいのですが、
“鎌倉スワニー”の実店舗で買いました。
これを入手するまでちと大変でした^^;


これから以降、だらだらと書き連ねてしまったので、

お時間のあるかたは↓

続きはこちらから・・
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-10-07 23:06 | ソーイング
Newミシン!!



線香花火なのに。。
あっという間に燃え尽きたよ。
こんなに光線がでてたら風情がないねぇ。


a0114345_175305.jpg





夏の終わりをしめくくる花火・・と言いたいところですが、、





a0114345_1753092.jpg




9月に入ってまでもこんなに暑い。
明日こそきっと!と涼しくなるのを期待して見る天気予報に裏切られ続ける毎日。。

と思っていたら、台風の影響で昨日は久しぶりに涼しい一日でした。
ここずっと暑かったので、夕方の“肌寒い”なんて感じたのはいったい何日ぶりでしょう^^
しば〜らく使っていなかった浴槽を洗って、お湯をためたし(ずっとシャワーだったの)、
クーラーを消して寝られたし♪やっとこさ小休止。

ま、でもこんな涼しさもつかの間、
週末に予定されているmiの運動会は予想最高気温35℃(汗)・・ふぅ

こう暑いと、
おやつだって、オーブンを使った焼き菓子よりも、
冷たいお菓子のほうが子どもたちは喜びます。



a0114345_1753365.jpg




坂田 阿希子さんの抹茶のお菓子より『抹茶ババロア』^^
お湯で温めて、が面倒くさくて手で温めたためただけで取り出したため、
お肌の美しくないババロアになっちゃいましたが、、
これはtaが大絶賛のババロアです。
簡単だし、抹茶のほろ苦さが効いたあっさり系ババロアレシピ。
美味しいのです♡


--

この夏、ちょっと大きなお買い物をしてしまいました♪

ず〜っと恋いこがれ、迷い続けてきた職業用ミシン。
ある日突然、思いつきで買っちゃいました^^


思いつきと言っても、欲しいな〜と思いはじめて数年。
一定周期で買っちゃおうか病にかかり、そのたびにネットで情報を仕入れて回っているので
どのミシンにするか、どの店で買うかはほとんどイメージは固まっておりましたデス。

職業用ミシンはプロの方が使うミシンと思われがちですが、
それは工業用ミシンでして、縫製工場などで使われているものデスね。
職業用ミシンは、工業用をコンパクトにして、取り扱いも簡単に、アタッチメントなども一般的に手に入りやすいものが使えるようになっている家庭用ミシンのことなんですよ。

ただ、縫えるのは直線のみ。
と機能が限定されているので、ジグザクミシンや刺繍も一台で済ませたいというユーザーは
コンピューターミシンを選択すると言う事になりまする。

で、ワタシはというと、ロックミシンは持ってるし、刺繍なんて使わないので直線のみで問題ないのですが、
“ボタンホールをどおする?”ってのが一番のネックでした。
職業用ミシンでもアタッチメントを使えばボタンホールを縫う事はできるようなのですが、
今使っているミシンが壊れた訳ではないので、
ボタンホールを縫うときは古いミシンを使うということにしました。

購入は、以前ロックミシンでお世話になったネットショップ島田ミシンさんにて^^

職業用ミシンというと、JUKIのシュプールかブラザーのヌーベルが筆頭に上がるのですが、
お店がJUKIしか取り扱いがなかったので、迷う事なくシュプールに決定。
そこからが少し迷いました、
シュプールの中にもいくつか機種があり、
機能とそれに見合ったお値段の違いがあるわけです。

お店にメールで相談したりしまして、
結局、JUKI SL-280EXを買いました。
このミシンの一番おおきな売り機能は「スピードコントロールつまみ」ってやつでして、
“ゆっくり→ふつう→はやい”とフットコントローラーを最大限踏み込んだときのスピードを制限する事が出来ます。
この機能がついている機種とついていない機種のお値段の違いがイチマンエン程ありましたが、
悩んだ末にこちらにしたのは、
子どもたちが使うようになった時のことを考えたためです。

自分は使い馴れればこんな機能なくても構わないですが、
馴れていない人が使うには、職業用ミシンのスピードはやっぱり早いです。

ワタシが中学生のとき、自宅のミシンで指を縫ってしまい、救急車で運ばれた友達がいました。
それが職業用のミシンだったのか家庭用のミシンだったのかわかりませんし、
いったいどうやれば指が縫えてしまうのかわかりませんが・・
そのエピソードが頭からはなれません^^;
なので、ちょっとお高くなりましたが、この機種に決めました。

Rick Rackさんのソーイングクラスもこのスピードコントロールがついたミシンでしたよ。
やはり、初心者の人が多く使うので選ばれているのではないでしょうか。

いざ購入したものの、ワタシくらいの裁縫頻度であこがれの職業用ミシンを使ってもいいものなのかとまだ迷いがあったのですが、
使ってみて、
“へたっぴほど道具にはお金をかけるべき!!”というのがよくわかりました☆

説明書を片手に、まず下糸をボビンに巻く。
まあ、そのスピードにびっくり!!
ボビンに巻ける下糸の量も相当多いようで、使い途中の糸ごまから
あっという間にすべてボビンに巻いてしまって、上糸に使うべき糸が一瞬にして無くなったのにはウケました(笑)

針の付け方や上糸の掛け方が今までのミシンとは違うし、
ボビンケースを触ったのも高校の家庭科以来^^
しばらく戸惑いましたが、いやはやその馬力とスピードはあっぱれスゴイです。

いままで使っていたミシン(かなり古いので比較対象にするのも申し訳ないですが)と比べていいところ

・段差に強い
いままでのミシンがとことん段差に弱かったので、ちょっとの段差で軌道をはずれたし、スタートに段差がある場合(たとえば、テープの端を縫うとか)は生地が進まないので糸が絡んでどうしようもなかった

・押さえ圧が調整できる
どんな生地でも強く押さえるので、ニットなどは伸びてよれよれになることも

・自動糸切りが便利
これはソーイングクラスでこのミシンを使わせてもらった時から絶対に欲しいと思っていた機能。
糸の無駄も少なくて済むし、時間が節約できる

・針が下りた状態で止まる
今までのミシンは、針が上にあがった状態で止まるので、帽子作りなどにはよくある、上側の生地を引っ張りながら縫うという作業はすぐ生地が手前にずれるのでストレスフルでした。

・厚物スイスイ〜
針の太さだけ注意すれば、今までのミシンでは到底縫えなかった厚さだってらっく楽

縫うスピードが早くなったのももちろんですが、糸がからまったり、針が折れたりなどのトラブルがまったくないため、作業効率がイイ!!
もっと早く買えばよかった★

ずーっと購入を迷っていたのに、ついに購入に踏み切ったのは
『せっかく買うのだったら長く使いたい』
そう思ったからでした。
いろいろ作ってみたい、そう思える時だからこそ快適なミシン環境を揃える。
ムダな買い物にしないよう、沢山使いたいと思います^^

夏休み休暇中に届いたので、
時間的余裕もあり、いくつか新しいミシンで縫う事ができました。


a0114345_1753257.jpg



ONE'S ONE さんのガールズサマーセット140センチサイズ。<コチラ>の別生地バージョン。
生地とフロッキーはすべてRick Rackさん。
前作でキャミソールが大きかったため、肩ひもを短く、脇も縮めたつもりなのですが、
やっぱり大きく^^;こちらも来年用へ。
短パンは活躍しています。ヒップとウエストは140でもいいのね>ハハ似?
綾テープはボタンホールを通して、ウエストの裏で縫い止めているだけのなんちゃってです。
ミシンスペースを整理して、収納した古いミシンを早速また出しました。
おっそろしく重いミシンなので、なるべく出し入れしやすく仕舞いましたが、、
やっぱり大変だわ・・ボタンホールから遠ざかりそう。。



a0114345_175321.jpg



WHISTLE@さんのサファリハット。

生地はRick Rack 麻デニム色落ちストライプのパープル
ちょっと甘めにレースを使用>お友達のプレゼント用なのです。ワタシには似合わないわレースは。。笑
まだこれ手元にあります。
一緒に縫ったストールのフリンジが出来てないから。。横糸抜くのがね、大変なの。。
でも、夏が終わらないうちに送るからねjyuちゃん♡


a0114345_1753175.jpg


そして、ONE'S ONE さんの『3サイズバケットバッグ』
生地はRick RackさんのRRギンガム ラミネートのターコイズを使用。

実は、これを縫いたかったのでミシンを新しくしたというのもひとつ。
こちらのバッグ、一番厚いところでアクリルテープ4枚分が重なります。
今までのミシンでは絶対に縫えませんでした。
ラミネート生地も初体験でしたが、ミシンと同時にテフロン押さえを買っていたのでまったく問題ありませんでした。
それよりも、RickRackさんのラミネート生地がかなり縫いやすいような加工に
なっているお陰かもしれません。


a0114345_175316.jpg



これはピンク好きなお友達の誕生日プレゼントです。
なので、内布には強引にピンクを使いました^^;
しっかり目のコットンを使い、接着芯を張りましたが、
ラミネート生地が薄めなため、自立はしません。

これは3サイズの“大”なのですが、
かなり大きいです。試しにりんを入れてみたらまったく顔がでなかったし、
ハリーでも余裕で入りました。
miが見た途端『デカっ!』って言いましたよ・笑
でもね、お友達、なんだかいっつも大荷物で(笑)きっとこれくらい収納力があるほうがいい!ハズ

内側を2重にしてポケットにする仕様ですが、
あまりにポケットも大きくなるので、携帯が入るサイズと小物を入れられるサイズで仕切りました。
そして、ボタンホールを→またまた、しまった古いミシンを取り出す(汗)

ダブルガーゼのストールを添えて。
こちらはフリンジが間に合いました。
この生地はCHECK&STRIPEさんで買って、自分のぶんを以前作ったもの。
あと2本つくって、計3本ストールを作って使い切り。

そろそろmiの発表会ドレスも取りかからなきゃいけないし、
NEWミシンの使い方を忘れないうちにちょこちょこ縫います。

-----

先日、子供会の役員さんから電話がありました。
予想していた事だけれど・・
来年は子供会役員を引き受ける事に^^;
子どもたちがいったいいくつになったら役員から解放されるのお??
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-09-10 08:00 | ソーイング
ナイトズーラシアへ。


ずーっと行ってみたかった『ナイトズーラシア』へ
初めて行ってきました。


a0114345_128551.jpg



“よこはま動物園 ズーラシア”では、
毎年、夏休み期間の週末だけ、夜8時半まで開演時間が延長されます。
わが家から車で数10分、
思い立てばすぐ行ける距離なのですが、、
「ナイトズーラシア」を知ってから、行きたいと思いつつなかなか実現せずでした。

では、なぜ今年は実行したかというと・・・
こちらの存在を知ったから^^



『ズーラシアンブラス』♪

ズーラシアのイメージキャラクター“ズーラシアンブラス”が今年はナイトズーラシアにも登場!!ってことで
そのコンサートを聞きに行くことに♡

このズーラシアンブラス、オカピさんの指揮率いる、金管楽器五重奏で、
(基本は五重奏ですが、うさぎさんの弦楽器などのバージョンもあるようです)
見かけこそ子ども向けのブラスですが、
中身(?)はプロの演奏家さんだそうで、演奏技術はピカイチだそうですよ。

動いている様子は→こんな感じ
ねっ楽しそうでっしょ?

で、実際の演奏はどうだったかというと・・・


えっと、聞けませんでした^^;


その日は実家から夜中に帰ってきた日で、
暑くてダラダラ過ごしていたら出発が遅くなっちゃったのです。
気付けば入園閉め切り時間の7時ちかく。
動物園を回っていたらコンサートには間に合わないし、
コンサートを聞きに行ったら、動物を見られないし・・・
(コンサートが開かれる広場は広い園内の出口近くにあるのです)

miはコンサートに行きたいと言うし、taはせっかく動物園に来たのだから動物を見たいと
意見はまっぷたつに。
しばらくもめた結果、やはり立場の強い兄ちゃんの意見がとおり、
コンサートはあきらめました(涙)

いつまでもぶつくさ文句を言っていたmiでしたが、
コンサートは定期的に開かれているようなので、
涼しくなったらまた来る事を約束して納得してもらいました^^;



a0114345_128889.jpg



夜の動物園は、昼間と違ってなかなかいい雰囲気でしたよ。
でも、少しは涼しいかと思いましたが、
この日はそおでもなかったです^^;
昼間の蒸し暑さがまだ残り、動物たちもまだまだ動きが鈍かったです。

そもそも、なるべく自然に近い状態で飼育をしているのが売りの動物園。
さらに暗いのですから、
はっきり言って、動物はよく見えません(笑)
ちなみに↑は、こちらにおしりを見せて眠るゴリラさんです。

園内も想像以上に暗くて、進路もよくわからないくらいですし、
足下がよく見えない場所もあるので気をつけなければなりません。

すべての動物が公開されているわけではないですし、
はじめてズーラシアに行くひと、にはあまりオススメできません。



a0114345_128756.jpg


でも、ところどころに配されたイルミネーションはとってもきれいだし、
暗闇から聞こえる動物たちの鳴き声にわくわくしたり、
『どこにいる?』『いたいた!あそこ!!』なんてやり取りも楽しいものです。
(昼間でもそんな感じなんですけどね^^;)

一度、もう少し涼しい頃に広い園内をゆっくり楽しんで、
ズーラシアをちょっと把握できてから、
ナイトズーラシアを楽しむことをおすすめします^^


入園口からしばら〜く歩いて、
出口近くでようやくたどり着くのが、
ズーラシアのシンボル『オカピ』の展示室。

日本で初公開された珍獣です。

ワタシは『オカピ』を実際に目にするまでは
「ただのシカに何をそんなに大騒ぎ?」なんて思ってたんですよ(すいません^^;)
でもね、一目見たときから惚れました♡
あんなに美しい動物が存在するなんて奇跡です。
それくらい素敵ですよ♪

まだ『オカピ』を見た事がない方は、ぜひズーラシアに会いにきてください^^

ワタシですね、オカピを見ると、昔大好きだったぱりぱりチョコが層になってたアイスケーキを思い出します。
なんて言うアイスだったかなーと思って調べてみたら、
“エスキモーのビエネッタ”だって!懐かしいな〜笑



-------


RICK RACKさんから届いた生地で、
miのキャミソールとパンツを縫いました。

a0114345_128869.jpg


パターンはONE'S ONE さんの
ガールズサマーセット。

暑がりで、いつも身にまとう布は少なければ少ない方がいい^^;
miにピッタリなパターンです(笑)


a0114345_1281145.jpg



来年を見越して140センチサイズにしたら、
キャミソールはまだちょっと大きかったようです(汗)
もう1枚裁断してあるので、そちらは肩ひもを短くして、身頃もちょっと縮めようと思います。
パンツはホットパンツ丈で可愛い型です。
見えてませんけれど、ウエストは白リブで切り替えてあります。
ボタンホールを作って、ぐるっと綾テープを通してありますが、
脱ぐたびにいちいち結ぶのが面倒くさいし、ウエストゴムをジャストサイズで作ればテープは必要ないと思います。
次回作は、ウエストリブ裏のボタンホール近くで短く切ったテープを縫い付けて、
なんちゃってウエスト紐仕様にします。テープがもったいないしね^^;

ガールズセットはこの他にTシャツのパターンがついた3枚セットです。
ちょっとお得感があります♪

それにしてもすごい水着のあとだねー。
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-08-25 09:14 | ソーイング
Bucketをつくる。

a0114345_16453649.jpg



ものすごい荒いタルト^^;
アメリカンタイプ?カントリー風?
雑な作りだから「アメリカン」て、アメリカ人にはいい迷惑だわ(笑)

タルト生地は手で敷き詰めて、重しも置かずに焼く。
途中で底が膨れてきたら、一度オーブンを開けて生地にフォークをさして空気を抜く。
って手抜きな方法。
クリームはたかこさんの本を参考に、電子レンジでカスタードクリームを作り、
泡立てた生クリームを混ぜる。
クリームは当然スプーンでてんこ盛り。
そこに「大地を守る会」で買ったとっておきの国産ブルーベリーをたっぷりと。
最後に粉砂糖でもふればオサレ度もアップ♪なのだけれど、省略。

だってコレ、平日の朝に作ったんですもの。

生クリームの消費期限がこの日までだったし、
前日に届いたブルーベリーを使いたかったし、
しばらく留守にするtaに食べさせてあげたかったの。。

タルトは、先日作ったあんずのタルトの残りを使って、さすがに前の晩に焼いておいた。

どうしても今やりたい事をちょっと無理してでも今やっちゃうところが、
ワタシの困ったところ^^;
『優先順位がおかしい』チチがワタシによく言う言葉。あはは

暑い中、これから4泊5日の山中湖バレー部合宿に出発!という日の朝ごはんに
“ブルベリータルト”を出される息子も可哀そうだわね(苦笑)

でも『タルト食べる?』と聞くと『たべる~♪』と言ってくれるのがtaの可愛いところ♡
(「いらない」と答えた時のハハの反応が怖いだけかも?)
あとから起きてきたmiにも一応聞きましょう、
あっさり『いらない』。。だよね、そう思ったよ。。

この写真を見たチチは、
『なに?これなに?』
あー、この日は泊まりの仕事でいなかったねー。残念っ




ここ最近、よくミシンをさわってます。
洋裁をしない時間が長くなればなるほど、生地を選ぶのもカットするのも面倒くさくて、、
パターンを切るのさえ面倒くさい。
『あの生地であれ作りたいなー』なんて妄想だけで終わる日々。
でも、必要に駆られてですが、ひとつ仕上げてみればやっぱり楽しいし、
縫い物の波に乗ってしまえば、新しいパターンや生地(ほんとは買っちゃいけないよ)を入手したりして♪しばらくハマる^^

集中してばんばん作品を仕上げられる状態になることを、
ネットの洋裁愛好者さんたちの間では『縫い物の神様が降りてくる』(笑)と言います。
ワタシはまだその境地にはいたってませんが、
ちょっとリズムが出てきて、なかなか楽しい状況です。
最近、危うい動きをしていたわが家のアンティークミシンも使っていれば調子が上がってくるようです。

てことで、
自分の帽子を縫いました。


a0114345_16453563.jpg



whisle@さんの『Bucket(バケット)』

バケツをひっくり返したような形ってことですかね。
生地は、うず高く積まれた在庫布より。
check&stripeさんのバッグキットになっていたしっかりしたキャンパス生地を使用。かな~り在庫歴長し。

ストライプが片側だけに入ったこの生地。
クラウンにストライプを持ってきて、ブリムは無地で作りたかったのだけれど、
なにせもともとバッグ用、用尺があまりなくて、
ストライプがずれないように慎重にクラウンをとったら、
ブリムはどうしたって全部は無地ではとれなかったし、
裏ブリムなんて生地方向も無視してぎりぎりとった(汗)



a0114345_16453651.jpg


反対側のブリムは無地。
成り行き上こうなったけれど、変化があってこれはこれでかわいいかも?

いつもつい無難に無地のみで作ってしまう帽子ですが、
夏だし、柄ものの帽子もたまにはいいかもしれません。

作り方は、表帽子と裏帽子を別に縫い、最後にブリムで縫い合わせひっくり返す方法なので簡単です。

最後にブリムにはぐるぐるステッチを。
ワタシはこの作業が好きです。
しかも、せつこさんが「ラフに入れて」とガイドに書いてくれているので、
あまり神経を使うことなく勢いでぐるぐる入れました。
たくさん入れたつもりだけど、あとからwhistle@のサイトを見たら、
もっともっと入ってました。
もうちょっと入れたらよかったなー。

a0114345_164535100.jpg


かなり深いクラウンです。
なのでクラウンの後ろ中心にゴムを縫い付けてギャザーを寄せます。
これでかなり頭にフィットする感じになります。

日差しをしっかり遮りたいときはブリムを下して、
カメラを構えると時などはくるりんとブリムを上げます。
ブリムは接着芯を表裏に貼っているし、たくさん入ったステッチのおかげで、
一度上にあげたら自然に落ちてくるということはありません。

すっぽりとかぶれるので風にも強いようです。

深めの帽子が好きなので、
whistle@で見つけたとき、
『これは行ける!』と思い即買い・笑

予想どおりの仕上がりで、すでにこの夏大活躍中です。



a0114345_1646095.jpg



暑くて台所に立つのも憂鬱ですが、、
比較的涼しくて体力も残っている午前中にパンを仕込んでおけば、
お昼づくりもちょっとは楽?
オーブンの熱にはうんざりですが、
室温で発酵出来るのはこの季節のパン作りの利点かな。

みかさんのリッチ生地でダイス状のチーズを包み、
クープを入れてピザ用チーズを乗せて焼きました。
丸いのは冷凍保存しておいたあんこを使ったアンパンです。

----------

お盆にしか休みのないtaに合わせて仕事の休みをもらい、
実家に帰ってきました。
母のパソコンが新しくなり、光回線になったので快適です。

今日の夜自宅にもどる予定ですが、
東名高速の渋滞が心配です。
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-08-14 14:21 | ソーイング
WireMeshCapを作る。

a0114345_1794991.jpg


実家からじいちゃんのとうもろこしが届きました。
毎年夏の間に、種類を変えて何度も送ってくれ、
食べきれなくて冷凍しているとうもろこしですが、
植え付けに失敗したそうで、

『今年は一回かぎりだよ〜』とのこと。

あまりいい出来じゃないとも母は言っていましたが、
十分甘くて美味しかった。
電子レンジで加熱してから、バターを溶かしたフライパンで焼き目をつけ、
お醤油をじゃーっとかけていただきました。

『もうちょっと食べたいな』くらいがちょうどいい^^


a0114345_1795214.jpg



昨日は、本当に久しぶりに涼しい一日で、
クーラーをつけずに寝られました。
もう一日くらいほっとできるかと期待したけれど、、
今日の午後からは暑さもすっかり戻ってきてしまいましたぁ。。

7月に入ってから、毎日暑くて、暑くて、、
ベランダのプランターに朝たっぷり水をあげてきても夕方にはカラカラだし、
連日、小学校の水泳教室、学童のプール(これも小学校のプールを使用)に出かけているmiは、
真っ黒コゲのこげぱんちゃん。
生まれてから一番日焼けしてる夏かも^^;

朝は日焼け止めを塗っていかせるし、鞄にも入れさせてはいるのだけど、
プールに出かける前に自分で塗るってのがどうしても嫌らしい、、です。困ったもんだ。。

毎日着実に焼いていると皮は剥けないのですね〜、
それに対して、学校の集中水泳訓練は室内プール、部活も室内スポーツのtaは、
先日の野尻湖宿泊学習でこの夏最初の日差しをいっぱい浴びて,
現在、脱皮中です^^
皮剥け初体験なので、ハハに『ねえこれ大丈夫?剥けたことある?』とウルサイ・・

そんなtaも、来週はビーチバレー、山中湖合宿と続くので、
すぐに真っ黒お肌が定着することでしょう^^;


↑の写真は、最近お気に入りのおにぎりセット。
お義母さんから送ってもらった、富山のとろろ昆布は驚くほど幅広で、
紫蘇とたたき梅をのせて包んだらとってもとっても美味でした♪
もうひとつ、お義母さんが鹿児島から取り寄せてくれた『かつおみそ』を使った焼きおにぎり。
かなり甘いみそなのですが、魚焼きグリルで軽く焼いたおにぎりにみそをのせてもう一度さっと焼く♪
これもとっても美味しいのですよ。

魚焼きグリルで焼きおにぎりを作る時は、
ホイルにサラダ油を塗ってからおにぎりをのせます。
焼き上がってからしばらく置いておくと、くっつかずにきれいにはがれます。
焼きたてだとホイルにご飯がくっついてしまいます。
“くっつかないホイル”も便利ですが、ちょっとしか入ってなくて結構高いので^^;

この『かつおみそ』
ネットで調べてみたら、ありました『カネヨ販売 かつおみそ』
鹿児島県枕崎市はかつおが有名なのですね。
他にもいろいろなメーカーさんが同じようなおみそを販売しているようです。
ワタシはこちらのものしか戴いた事がないですが、
焼きおにぎりには最高♪ですよ。




a0114345_1795125.jpg



昼間の暑さには本当にうんざりですが、、
夕方の空はとてもきれいです。
ただオートで撮っただけですが、とってもきれいな色で撮れました。



強い日差しのなか、
学童と学校を、多い日は2回も往復するmiに、
whistle@さんのWireMeshCapを作りました。


a0114345_1795074.jpg



フロント生地は、小さい頃miの大のお気に入りだった
あくびちゃんトレーナーをリサイクルしました。
かなり着たので、お下がりに回す事も出来ないし、かといって捨てるのも忍びなく・・
いつか利用できたらと取っておいたものです。

ブログネタとして、リサイクル前の写真を撮っておくべきだったと気付いたのは、
切り刻んで、帽子になってから(涙)

古い写真を捜したら、着ているのがなんとかありました^^;


a0114345_882186.jpg



ちっちゃ・笑
日付は“2006”、4年前ですね。
このときすでに2シーズンくらいは経過していると思うので、
サイズは110センチくらいかなー。


a0114345_179505.jpg



なにせ小さいトレーナーだったので、
どうやってもこの位置でしかとれず、
あくびちゃんのお顔をひしゃげてしまったのは手作りのご愛嬌^^;
ちょっと見ただけじゃわからないかな〜なんて、へへへ。

RickRackさんのフロッキープリントを貼付けました。
いったいこれはどこの言葉でなんと書いてあるのでしょうか?笑


子ども達がCAPしか被らないので、他にもwhistle@さんのメッシュキャップのパターンは、
(B)CAPと初代メッシュキャップのパターン<コチラ>を持っていますが、
なるべくあくびちゃんを無事に残すために、1枚フロント仕立ての
“WireMeshCapパターン”をはじめて使いました。

今までのメッシュキャップパターンとの違いは、ひさしに硬い芯を入れるのではなく、
ひさし周囲にワイヤーを入れて仕上げることです。
ベルボーレンのひさし付けに毎回苦労し、かならず何度か縫い直しをしていましたが、
コレはとても楽にできました。
ワイヤーなので自在に形を整えることが出来、見かけは市販のCAPのようにアーチ状に曲げることも出来ます。

柔らかい生地を使えるので、ひさし生地にも接着芯を貼ったニットを使用していますが、
フロントとひさしにはスポンジ芯を挟んでるので、
意外にしっかりしています。

難しい過程はまったくなくて、パーツを組み合わせるうちにだんだんと立体になっていく帽子づくりは
やっぱり楽しかった♪
めずらしく大きな失敗もなく順調に作り上げましたが、接着芯をはったり、バイアステープをたたいたり、
と作業は細かいので、なんだかんだ一日かかってしまいました。


a0114345_853354.jpg



白のアジャスターを切らしていたので、後ろはゴム仕上げです。
Sサイズで作りましたが、まだちょっと大きいようです。

帽子を被る事がありまり好きではないmiですが、
学童では毎日持って行く決まりです。
これで少しでも黒こげ防止をしておくれ(祈り)

週末からまた酷暑が戻って来るそうです。
どうぞみなさまご自愛くださいませ。
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-07-30 17:10 | ソーイング
ピアニカバッグを作る。


a0114345_142754.jpg


『空がすごいよ〜♪』
夕方、子どもたちに呼ばれてベランダを出ると、
まだ水色が残るそらに、夕焼けに染まったピンクな雲がなんともかわいらしいコントラストでした。

空の色といえば、
miがまだ2歳か3歳の頃、
『おそらがぶるーべりー(色)だねぇ』と言ったことがありました。
まぁ♪この子の感性はなんてすばらしい(かも)なんて思ったことがありました^^
あの日の空もこんな色だったかな?

現在、いたって普通に育っておりますが^^;

そんなmiのために、
ピアニカ入れ作りました。とってもお久しぶりのソーイング。

a0114345_1444441.jpg


miは現在3年生。
なんで今さらピアニカ入れなのかと言いますと。
鍵盤ハーモニカ(うちのはYAMAHAだからピアニカ)は、大半のお子さんは幼稚園で揃えるそうですよね。
miが通っていた保育園では、必要ありませんでした。
でも、どこかで見かけたのか『ほしい!!』と言うので、
誕生日プレゼントで買ってあげたのです。あれは4歳くらいだったかなー。
当時、taは小学校にあがっていましたが、吹き口だけ買って、
本体は学校のものを借りていました。

なので、taも使えるようにピンクではなくブルーを買ったのです。

taは自分のものが欲しいとは言わなかったので、借り物で済ませていたのですが、、
気にはなっていたのですよね。。鍵盤ハーモニカってあまり清潔じゃないじゃないですか。
あのジャバラの吹き口だって、、
『使ったら洗ってね』としつこく言ったって、お道具箱のなかでひどい状態になってるし・・
音楽室の鍵盤ハーモニカは頻繁に洗ってるわけないですよね〜。。
使ってすぐにケースにしまっているだろうし、
う〜ん。。考えだすと恐ろしい。

でも、miはお兄ちゃんに貸すのを嫌がることが多かったので、
taは学校にピアニカを持って行く機会も少なくて、
バッグは必要なかったのです。

miが小学校に入学して、『バッグ作ろうか?』と言っても
『いらな〜い』と言われたし(作ってみたくて結構なんども聞いてみたのですけどね)、
一度、学校に持って行ってしまえば、ロッカーにおきっぱなしで必要ないようでした。

ところがですね、miが今年から運動会の鼓笛隊に参加することになりました。
鼓笛隊は、去年までは4年生以上じゃないと参加資格がなかったのですが、
今年から3年生も参加できることになりました。
そのかわり、3年生はもれなく楽器は鍵盤ハーモニカなのだそうです^^

練習するためちょこちょこ持って帰ってくるし、
3年生にもなると、絵の具セット、習字セット、プールセットと持ち物も多くなって、
鍵盤ハーモニカのあの持ちにくい構造では辛くなったようです。

前置きが長くなりましたが、
てことで今さらながら、ピアニカバッグの作成です。

サイズを自分で考えるのが面倒だったので、ネットで検索。
参考にしたのは<コチラ>テキスタイル作家伊藤尚美さん『nani IRO』のウェブサイト。
簡単なものばかりですが、作り方をPDFでダウンドロードできます。
なんて太っ腹♪
『nani IRO』可愛いですよね。花柄のダブルガーゼでスモックなんて作ってみたいけれど、、
年中、半袖短パンスタイルの娘は絶対に着てはくれないでしょう・・涙

でも、サイトをうろうろしてて見つけた『アンティーク レーベル』というコレクション<コチラ>これは、甘さが押さえてあって自分のものに使うのにいいかも♪

今回使用した生地は、nani IROじゃなくて、
ホラグチカヨさんの【キャッスルオブレイン】というシリーズのキャンバス生地を使いました。
きれ屋さんで一目惚れして購入したもの。

レシピでは持ち手はテープを使っていますが、うちにはなかったので適当に余分生地で作成。
肩から掛けられるように少し長くしました。
しっかりめのキャンパス生地なのでそのままでもいいかな、と思いつつ、
押し入れに眠っていたドミット芯をレシピどおり貼りました。

この生地、普段はあまり手にしないような柄なので、
もっと黒レースをたくさん使って、
ゴスロリ的(?)な仕上がりにしようかと思ったのだけれど、柄が密なエリアを使いすぎて、、
柄ばっかりが主張された仕上がりとなりました(汗)

まあ、miは喜んで持って行ったのでよしとしましょう。

ちょっと成長して、ちょっと冷めた高学年より、
新しいことには無邪気にやる気の低学年。
ことしから3年生も募集した鼓笛隊は、かなりの大所帯になりかなりの盛り上がり。
miも6月から始まった週3日の朝練にもはりきって参加しています。

今年の運動会は、人数が増えた鼓笛隊の迫力の演奏を期待できそう♪今から楽しみです。

『明日は朝練ある?』
バレー部と鼓笛隊の朝練を確認するのが最近の日課です^^





a0114345_145178.jpg



すっごくクリームパンが作りたくなって(食べたくなって?)ひさしぶりに焼きました。
絞り出し用のクリームが余ったので、もったいなくてまえ髪を書いたら、
カミナリ様みたいになっちゃいました。しかも、焼き過ぎてガングロです。

クリームパンだけでは食事にならないので、半分はソーセージを入れたロールパンに
ピザ用チーズを載せて焼きました。

パン生地はいつものみかさんのリッチ生地。



**きょうのワンコ**


a0114345_16502671.jpg


ハハに怒られて、お気に入りのソファーで拗ねてたら眠たくなったハリー。



a0114345_16525675.jpg


ダンボ。


-----

a0114345_1650135.jpg


病院でがんばっているお友達がいます。
がんばれ!たっくん!!たっくんママ、パパ、お兄ちゃん!!!
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-07-06 01:45 | ソーイング
LOVEをつくる。


a0114345_16581662.jpg


先週のことですが、
また急に冷え込んで、、
なんだかやけに寒いな〜と思っていたら、
雪が降りました。
水分が多くて、みぞれっぽく、積もるようなことはありませんでしたが、
今年は何回目の雪だろう。3回め?

こんなさむ〜い日、
taの学年、6年生の授業参観がありました。
小学校最後の授業参観は、
5、6校時を使っての『はばたきの会』へのご招待。

「6年間の小学校生活を支えてくれた保護者に、感謝の気持ちを伝えたり、
自分たちの成長を見つめなおす」
という会だそうで、
歌を歌うというので楽しみにしていたのですが、
この寒さ・・
場所はよりによって“体育館”ですよ。。

大いに期待していた大型ストーブは点火されてはいましたが、、
広い体育館をあたためるには力不足で、
震えた。。。

「笑いあり、涙ありのひととき」との宣伝文句^^
その日はたまたまハンカチもティッシュも忘れてしまい、
これでは「涙あり」に対処できないカモ!と
わざわざ薬局に寄って購入^^;

1年生からの出来事を、
子ども達が“寸劇(?)”で振り返るという構成でした。
こちらは、練習時間があまりなかったのか?
台詞につまったり、流れがとどこおったりと
涙というより、ほほえましい笑いの要素のほうがこくて、
せっかく用意した、ハンカチの活躍はほとんどありませんでした^^

楽しみにしていた合唱は、
1曲目は
『旅立ちの日に』

卒業にちなんだコマーシャルでよく聞きますね。
最近の卒業ソングの定番のようです。
この曲、とてもいいですね♪
帰宅してから調べてみたところ、
秩父市の中学校の先生が作った曲なのだそうです。

当時、荒れていた学校をなんとか矯正しようと
『歌声が響く学校』をめざして合唱を歌う機会を増やした。
生徒たちは最初こそ抵抗を示したものの、歌うたのしさによって、
やがて学校は明るさを取り戻した。
この曲は、教員から卒業生へ贈る歌としてサプライズで一度きりの予定で
歌われたそうですが、翌年から生徒達によって歌い継がれたのだそうです。
〜以上Whiki調べ(笑)

なるほど!!
どうりで心に響く曲だと思いました。

合唱はいいです☆
ワタシは歌うのも聞くのも大好きです。
“歌で学校を明るく”なんて
歯が浮くような感じですが^^
大きな声を出して歌うということは、
本当に心が解放されます。
さらに、大勢で声を合わせる気持ちよさ。
最初は恥ずかしかったり、やってられっかなんて思っても、
その楽しさに気づいたら、きっと歌わずにはいられなかったんだろうなと想像します。

taたちの歌声も、
決してすごくレベルが高いというわけではないですが、
子ども達の素直な歌声は、テクニックなどなくても、
とても美しい♡

なんと言っても、この年齢ぎりぎりのボーイソプラノ♪
きっと中学生ではこうはいかないし、
低学年では音程がきちんととれないだろうし、
今だからできるこの合唱の価値。
ご本人たちはまったくわかっていないだろうな〜笑

少年、少女たちの歌声にはちとウルっときてしまいました。

もう一曲は、
『手紙〜拝啓十五の君へ〜』
これもとてもいい歌ですが、
これは、難しい曲ですね。
歌の内容的にも小学生が歌うにはちょっと早いかな・・と思いました。
きっと中学生くらいのほうが、この歌詞が伝えたいことに共感して歌えるのでは、
と思います。

6年間のふり返りと合唱の合間には、
『いままで支えてくれてありがとう、中学にいってもよろしくね』
という内容の彼らの言葉での呼びかけがありました。

taに聞くところによると、
台詞もすべて自分たちで考えたそうなので、
そこはやっぱり6年生。
すばらしいと思いました。

その後、担任の先生を囲み、簡単に最後の懇談会。
「この学年は、いまこんな時代のなかで、めずらしい、素直な子ども達です。」
と先生から話しがありました。
そうなんです。
ワタシも前から思っていましたが、まったくスレていない。
学校ですれ違えば、みんな頭を下げて挨拶してくれるし、
授業態度のよさや積極性にはいつも驚かされた。

逆にいえば、ちょっと幼い感がなきにしもあらずらけれど、
一学年2クラスでアットホームなのんびりした環境で過ごせた6年間は、
taとハハにとって、とても居心地がよかった。
taはtaなりにいろいろ悩むところもあったようだけれど、
過ごし慣れた環境から出て行くことはすこし勇気がいる。

taは私立の中学に進学するので、顔見知りはひとりもいない。
そのことに不安があるようだけれど、それはみんな同じこと。
人見知りのワタシだって、また一から母親友達関係を作っていかなかくてはいけないし、、
『不安なのはハハも一緒だよ。一緒に頑張ろう!』と話しました。

さて、今回この合唱をボイスレコーダに録音しました。
小学校の思い出の写真を載せて、卒業記念のフォトシネマを作ろうと思っています。
作ろうと思ってるで終わらないように^^;
目標は3月中だな^^




a0114345_16583243.jpg


WHISTLE@さんの『LOVE』を編みました。
まえに編んだmiのLOVE、
小さくなって放置してあったのをほどいて、
残っていた糸を足して、大人サイズに編み直ししました。
ルナモールという指定糸を使っていますが、
一度編んだ糸は伸びてしまっているようで、
もともと手がきつめなところ、さらに小さく編み上がってしまい、
ほとんど編み終わったところで2度もほどきました。
とても簡単に編めるので、
編み馴れているひとであれば数時間で作ってしまうでしょうが、
ワタシは結構時間がかかりました。
しょっちゅう編み目を間違えたりして、
きっとLOVE3個ぶん編むくらいは鉤針を動かしていたと思います^^;

この写真はmiに被せてますが(↑変な顔)、
おばあちゃんへプレゼントするつもり。
ワタシはこれが恐ろしく似合わない。。
以前自分に編んだ黒のLOVEも母にあげてしまった。
こちらは、気に入ってもらえればお義母さんにもらってもらおうと思っています。


a0114345_23373637.jpg


これが、最初に編んだmiのLOVE。
編み目汚〜い!!
この頃に比べたらちょっとは上達したかしら?




a0114345_16584558.jpg


ブログお友達が『プリンケーキ』なるものを作ってました。
スポンジケーキとプリンが二層になっているケーキ♪
お友達は本を参考にしていたけれど、
作ってみたいな〜とネットで検索してみたら、
ありました!
クックパッド<コチラ>

カラメルソースを敷き、プリン液を流し込み、その上にスポンジ生地を流し入れ、
オーブンで蒸し焼きします。
スポンジ生地が軽いので、プリン液に浮くのです。
それできれいに二層に焼き上がります。

今回は、カラメルソースの焦がしがイマイチで色づきがイマイチ。
あと焼き過ぎ感あり、で成功!とはいかなかったけれど、
なかなか迫力のあるお姿で、パーティーなんかにはいいなと思います。
リベンジ決定^^




a0114345_16585944.jpg



ホームベーカリーパン。
普通の食パンはつまらないからと後回しにしていた『ハード食パン』。
国産小麦とパーム油ショートニング、砂糖、塩、水のシンプルレシピ。

これが思っていた以上に美味しかった♪

外はカリッと、中はふんわり。
山食のような焼き上がり。

山食は強力粉と中力粉(リスドオルとか)を混ぜて使うけれど、
これは強力粉だけでこの食感がでたのでびっくり!!

レシピは『ブランジュリ タケウチ どこにもないホームベーカリーレシピ』より。
本に書いてあるように、トーストするとさらに美味です♪


**きょうのワンコ**



a0114345_16591366.jpg


そんなに見たって落ちてはきませんよ^^;
パンに塗ってる黒いやつは
わが家で最近はやっている黒ごまはちみつです。
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-03-17 01:29 | ソーイング
ジップアップトレーナーを作る。

a0114345_6412725.jpg


梅の花盛りです。
でも、そろそろ盛りは終了でしょうか。
これは、少し前の写真です。


春になり、イチゴが安く出回るようになると、
コレを作らずにはいられません。


a0114345_23453669.jpg

いちご大福♪



今回は金塚晴子さんの花びら餅のレシピを参考に作りました。
子どもの頃から求肥が大好きで、
このいちご大福も皮の部分を沢山食べたくて、
倍量で作ったら・・
とっても食べ甲斐のある大福になりました。
2つ食べたら、胃にずっしり^^;
いちご大福は白あんで作るのがお気に入りデス。
あっさりしていちごとの相性がいいように思います。

いい感じのピンクに色づけできました。




冷たい雨が降っていた土曜日。
義姉さんからのメール。
『また来てるの、写真スタジオ』


a0114345_6414665.jpg


なんと!姪っ子振り袖撮影会<コチラ>
第4弾ですYO!!

『花が満開だから、今日どお?』って早朝から連絡がきたそうですよ^^;
態のいい無料モデルだなこりゃ(笑
すんごい寒い日だったし、急な知らせだったので、
ワタシの撮影はあきらめ、
兄が撮った写真をブログ用に一枚もらいました。
今回のお着物は古典柄。
華やかでいいですね。
雨の中ご苦労サマ^^


お天気の悪い週末。
集中してミシンに向かえる時間がとれたので、
久しぶりにmiの服を縫いました。


a0114345_0153818.jpg

pattern Rick Rack ジップアップトレーナー130



生地もパターンも十分すぎるほど温めてしまった
Rick Rackさんのもの。
パターンなんて今は取扱いないのではないでしょうか^^;
発売当初、兄妹お揃いで作ってあげようと110センチと130センチを買ったものの、、
110センチでファスナーなしのトレーナータイプをmiに一度作ったのみで放置。。
兄用に買った130センチのパターンは、
このたび成長した妹のサイズとなり、
本来のジップアップとなって日の目を浴びたのでした。
パターンにハサミも入ってなかったし^^;


a0114345_11554344.jpg


ほとんどをロックミシンで仕上げるのでとっても簡単♪
なはずですが、、
ファスナー付けに苦労しました。。
ドレスづくりでコンシールファスナー付けには慣れていたのですが、
オープンファスナー(でいいのかしら?)はどうも勝手がわからず、
上手くいかなくて何度もほどきました。
結局、身頃の合わせをかぶせ過ぎていたようで、
オモテからファスナーが見えるくらいで合わせたら上手くいきました。
ちょっとだけ左右の身頃の位置がズレてしまいましたが、
着てしまえばあまりわかりません。

パーカーは可愛いですが、
コートなどといくつもパーカー部分が重なってしまうことがよくあるので、
この襟のデザインは着やすくていいなと思います。

ちょっと寂しかったので、
ポケットを適当に作ってたたきました。
そでとすそのリブは今風(?)に丈を伸ばしました。
もうちょっと長くしてもよかったかな。
ハハ的には同色のリブにしたいところでしたが、
miの好みを重視して、チェック柄のリブを使用。
その甲斐あってか、気に入ってくれたようです。

もうひとつは、
ずっとリクエストされていてた、

a0114345_11552073.jpg

pattern Milimili 丸首ベスト 130


イヌ服<コチラ>とお揃いクマ柄ニットで
ベストを。
こちらも何年も前に買った、Milimiliさんのパターン。
これも今は廃盤かしら?
このパターン、90センチから130センチまで書き込まれているパターンだったので、
taとmiのベストを何枚も作りました。

男女共通で使えるパターンは使い捨てにならずに助かります。
でも、ついにmiも130センチ!
サイズアウトしないうちにもうちょっと活用しなければ!!

これもちょっと寂しかったので
小さいポケットを飾りに付けてみましたが、
まったく目立たないのでとっておきの
木のリンゴボタンをつけました。
ポケット口の上からつけたので、
めでたく本当の飾りポッケとなりました。


**きょうのワンコ**


a0114345_115618.jpg


撮影しようと広げると、
もれなくイヌがついてきます^^:
ジャマです。
あんまりモジャモジャなのでこのあとトリミングをしたら、
雪が降る程寒くて、、
セーター1枚ぶんほど毛を刈られてしまったイヌたちは
かなりメイワク顔です(笑)
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-03-10 00:58 | ソーイング
めでタイとバレンタイン。



a0114345_6294033.jpg



2月13日。
taの12歳の誕生日でした。
子ども達が大好きな兄家族を招いて、
合格祝いをかねたパーティーを♪

本日のバースデーケーキは
taの大好物『たかこ@caramel milk teaさんのカスタードロールいちご入り』
taにリクエストを聞くと、
『ロールケーキ!普通のクリームにイチゴ入れて、しっとりしたバージョンね!!』
いつもコレ。
ブログのネタ的につまらないので、
アップ写真はありません・笑
↑でボウボウに火がついているヤツがソレです。
もう一つ、シュークリームも焼きました。

義姉さんからは、
めでタイ 白たいやきとお手製料理の差し入れをいただきました。




そして、じいちゃんからもらったダルマに目をいれました^^

エントリー『サクラ咲く。』に、沢山のお祝いコメントありがとうございました。
そして、わざわざメールをくれた友人も、ありがとう。
入試の前には、各地の学業の神様のお守りをたくさんいただきました、
“きっと勝つ”のキットカットもいただきました。
沢山の励ましと応援、本当にありがとうございました。


先日、taの通うことになる中学校の説明会がありました。
自宅から30分程度の近い場所にあり、
小規模でアットホームな感じの学校です。

その後、制服の採寸もあったのですが、
どのご家庭もすこしでも大きく作っておきたい親心と
すこしでも格好のつくサイズでおさめたい制服屋さんとの
攻防が繰り広げられており、なかなか時間がかかりました。

わが家も多分にもれず、
小粒な息子よ、遺伝子にまけず(?)大きくなれよとの願いを込めて、
『もうひとつ大きなサイズはどうですかね?だめ?ですよねぇ。。』と
制服屋さんの許容範囲ぎりぎり大きめサイズで注文してきました^^


a0114345_6393913.jpg


taの誕生日の次の日はバレンタイン。
今年のmiの提案は、
『とろりんハートのチョコポット』で作る、チョコフォンデュ♪

そんな簡単でいいんかい?と思いましたが、
予想外におっちゃんはじめ男性陣に好評だったので、
鼻が高いmiでした。

それにしても、春から男子校に通うtaくん。
今年もばあちゃんと妹からしかもらえなかったねー。
女の子のいない青春時代。。
将来、嫁がもらえないんじゃないかと本気で心配する母なのでしたぁ。





久しぶりにソーイングネタを。





a0114345_630657.jpg


ワンコ服作りました。
春先に作ったTシャツがあまりにも寒々しいので、
ふゆ仕様のパーカーを。

使用生地は、
ノムラテーラーさんのくまさん柄ニット。
ブラウン面とホワイト(グレー)面のリバーシブルニットです。

ちょっとお高めの生地でしたが、可愛くて一目惚れでした。
はじめは、手編みニットと合わせて、miのマフラーを作ろうと思っていたのですが、
考えてみればmiはマフラーなんて使わないし、、
ワンコたちに先に使ってしまいました。

a0114345_6302695.jpg


ハリーにブラウン、リンにグレーにしたのですが、
逆のほうが可愛かったかな・・
しかも、着せてから気づいた、、ハリーのくまさんが逆さになってる!
だから上下のある柄はダメなんだな〜
なるべくムダのないように裁断しようという貧乏性がアダとなりました^^;

でも、きっと言わなきゃわからないし、


a0114345_6305226.jpg


ほら、着せたらこんなに可愛いんですのよ、ホホホ♪

miにはブラウン面でベストを作って欲しいと言われました。
イヌたちのを先に作っちゃったから、miにも早く作らなきゃな〜^^;
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-02-18 06:31 | ソーイング
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin