Top
カテゴリ:日々のこと( 69 )
Top▲ |
2012春 サクラ
a0114345_15505817.jpg



開花の遅かった桜。
ここ最近は卒業式の頃には咲き始めて、入学式には散ってしまっていたけれど、


a0114345_15403125.jpg



今年は、入学式の時期にちょうど満開に。
甥っ子くんの入学式に合わせて上京してきた両親を連れて、
久しぶりに近くの江川にお花見に出かけてきました。


a0114345_15402987.jpg


仕舞いっぱなしのマクロレンズを使おうと、
意気揚々とカメラにセットして、
さあ写そう!と思ったら、なぜかピントが合わない。。
おっかしいなあ?と思ったら、マクロだと思って持ってきたレンズは
200mm望遠レンズでした(爆)
ピント合う訳がない(笑)
せっかく久しぶりにマクロ撮影しようと思ったのになー。


a0114345_15402818.jpg



ここの川べりでは、毎年チューリップも植えられ、
桜の花と、チューリップが一緒に楽しめるます。



a0114345_15402980.jpg



ここがお花見に人気があるのは、
この桜とチューリップのコラボレーションのお陰でもあるのです。



a0114345_15554818.jpg



ところが今年は、
気候のせいでしょうか、チューリップの開花が遅れていて、
桜の開花に間に合わなかったようです。


a0114345_1559249.jpg



日当りのいい川べりはいいのですが、
反対岸はまだ固いつぼみのままなんです。
ちょっと残念。


a0114345_15402880.jpg



でも、ユキヤナギは満開で、
遅く来た春を堪能できました。
川にはザリガニがたくさんいるようで、

a0114345_15403051.jpg



浅瀬では、えさをつけた糸をたらして、
ザリガニ釣りをする子供がたくさんいました。


a0114345_15403081.jpg



四月も下旬だというのに、今日は雨が降り、
とっても寒いです。
春はどこへ行ってしまったのでしょうか?
この写真をみていると、
春らしい温かな日差しをなつかしく感じます(笑)
こんな気温では、衣替えもできないし、冬用のお布団もしまえません。
暑いのは嫌いだけど、
早く暖かくならないかなー。
風邪などお互いにきをつけましょうね。
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2012-04-23 15:00 | 日々のこと
3月まとめ・・
a0114345_1713877.jpg


なかなか春らしい気候が長続きしません。
だいぶ遅咲きだった桜が今年はまだ散りきらず残っています^^

↑は、だいぶ前に装花からいただいてきた桜の枝。
これは温室栽培でしょうか。
いただいたころはまだまだ寒い頃でしたが、
春の気配を運んできてくれました^^

すっかり、ブログを放置しておりました。。
気がつけば4月新年度。(も半ば)
3月は、忙しかったとです。

最近は手軽に情報放出、入手できるツイッターばかりにかまけており、
ブログに手をかけられませんでした。
娘にまで『ブログやってないでしょ、いっつもツイッタやってるもんね』と言われる始末。。

遅ればせながら、ざっと3月の出来事をご紹介。

高校3年生の甥っ子くん。
努力が実り、晴れて志望校に合格しました☆
『お祝いなにがいい?』と聞くと、


a0114345_17183396.jpg


『アップルパイ!!』とのお返事。

いつもお祝いはおばちゃんの手作りお菓子がいい、
と言ってくれる安上がりで(笑)可愛い甥っ子くんです。

さて、ふじくらいしか出回っていないこの時期、
紅玉なしで美味しいアップルパイが作れるか、少々不安がありましたが、
足りない酸味はレモンで補い、フィリングには、ラム酒につけたレーズンとクルミも足してみました。
最近では貴重なバターをたくさん使って久しぶりにパイを焼きました。
無塩バターと発酵バターを半分ずつ使用して香りよく。

余った生地がもったいなかったので、
『祝』の文字とさらにカスのような生地で花を(薔薇のつもりですよ・笑)。

合格、そして卒業おめでとう!!


a0114345_10254280.jpg




こちらはこの春大学を卒業した
お姉ちゃんの姪っ子ちゃん。
成人式には沢山の振袖で撮影会した写真スタジオで、
今回は袴を着るというので見学に行ってきました。

大学のレンタルではお気に入りを見つけられなかったそうですが、
このちょっと渋めのお着物と袴のセットには一目惚れしたそうです。

今年の大学卒業生の流行りは、
大振袖と袴のセットのようです。
以前は、袴には無地か小紋、袖は長くても中振りが主流だったとおもうのですが、
数年前から、大振り袖を合わせているのをちらほら見かけ、
とうとう今年はそれが主流になったよう。

成人式の振袖を活用できるし、
とても華やかでいいなと思いますが、
袴は学生らしく、軽快に着こなすのがいいのじゃないかな、
なんて、それはワタシの趣味ですが^^

↑姪っ子ちゃん、まさにワタシの趣味どおり(笑)
可愛く着こなしてました!!
すでにスタジオの写真が出来上がっていて見せてもらいましたが、
今年は遅咲きの梅が満開で、
こだわりのカメラマンさんもご満悦^^
とっても可愛らしい写真が撮れてました。

さて、姪っ子ちゃんもこの春から晴れて社会人。
毎日、スーツをびしっと着こなして出勤しているようです。
サービス業なので、忙しくて今までのようには会えなくなるね、、寂しいわ。
身体には気をつけて、頑張ってね☆


息子の部活、バレーボール部では「送る会」という催しがありました。
中学を卒業する3年生を送り出す会です。
毎年、幹事を中学2年生の母親が担当します。
会場は学校の食堂を借りるのですが、食事や飲み物、ケーキの手配、
プレゼントやゲームの準備などなかなか大変です。
特に今年は3年生部員が20名、1年生部員が20名、の大所帯。
その家族、先生を含めると60名を超える参加者の会の準備を
8名で支えるのはなかなか大変なことでした。

約半年の準備期間は、
顔を合わせれば送る会、行き交うメールは送る会・・
何度も訂正され配られる計画表に予算表。。
正直、ひ〜ここまでやるかと引き気味のワタシ(笑)

平日も休日も仕事&趣味で忙しくしているワタシは、
当然、ほとんど戦力にならなかったのですが、
当日の会は、まあそれはそれは精度高く、
それぞれのお母様がたの才能がいかんなく発揮され、感心しまくり。

達筆な毛筆で書かれた「3年生を送る会」の垂れ幕、とプログラム。
プロジェクタで映し出されたゲームの進行はシンキングタイムのカウントダウンまでプログラムされ、
綿密に練り上げられたクイズは大いに盛り上がり、
パート特典で割引してもらえたという豪華なお弁当が用意され、
そのおかげで余分のでたお金はケーキに回し、
受付で好きなケーキを選べるという素敵なアイデア♪
テーブルには手作りのお菓子と造花が彩りを加え、
3年生のお母さま方には手作りキャンドルとシュシュのお土産付き。
全員参加のじゃんけんゲームに使ったキャンディーレイもお母さま方が夜なべして作ったそうですよ。

会の中で、3年生のお母さま代表がご挨拶されたのですが、
その皆様の挨拶がですね、また素晴らしくて、
学校の先生でもされてます?ってな感じのスピーチでしたよ。
ワタシ、来年あのお役目回ってきそうになったら、全力で拒否します!
あんなに立派にしゃべれないよぉ。

いやはや、息子の学校のお母さま方、レベル高過ぎです。いろんな意味で。

さて、ワタシも一応準備要員なのにここまで登場してません^^;
最初から役に立ちそうにないと明らかだったワタシに割り振られたお役目は、

写真係りとランチョンマット作成係り。

ランチョンマット作成。
これね、去年の送る会では、送られる3年生がひとりだったのに対して、
準備する2年生が20名だったのですよ。
それで、その3年生とそのお母さまには、
手縫いの刺繍が施されたランチョンマットがプレゼントされたのです。
去年それを見た私たちは「ひえ〜」とおののいたのです。

ワタシも一応、趣味にソーイングを持ち合わせていますが、今年は20名ですw
もう一つの特技、ネット力を駆使しまして、
バレーボール素材や見栄えのよいフォントを使い、イラレを使いサクっとデザインしまして、
A4用紙に印刷しました^^
それぞれユニフォームの背番号を入れたりしまして^^。
それが思った以上に好評で、お弁当の下に敷いたのですが、
汚れないうちにと早々に鞄にいれて持ち帰ってくださったお母さまもいらしたとか・笑

写真係りの方は、
当日の記録写真と、試合の様子、集合写真、個人写真、親子写真を撮影するように指示がありました。
普段は観劇を優先するので、試合の応援にもあまり出かけないのですが^^;
任務遂行のため、送る会の一ヶ月ほど前の大会に、
愛機と200ミリ望遠を持って出かけました。


a0114345_17183270.jpg



体育館でのバレーボール試合の写真撮影、
これが想像以上に厳しくて、
自分の腕もありますが、
カメラ&レンズの性能に限界を感じました。
もうブレまくり(汗)

途中から、連写で撮りまくり、
下手な鉄砲も数打ちゃ作戦です。


a0114345_17181816.jpg



その日の大会は3年生の中学校最後の大会で、
先生のご意向なのでしょう、
普段は試合に出られないBチームが出場していました。

このチームが善戦しまして、
準優勝するという感動的な一日でした。
ワタシのしょうもない腕でも、彼らの一生懸命な姿は、
ブレも疾走感溢れる写真にみえるという奇跡を起こしまして、
ワタシ的には素敵な写真も何枚かは撮れたのです。

でも、
ワタシはすきなんですけど、ユニフォームにピント合ってて顔には合ってないとか、
後ろ姿の写真とか、、これプリントして渡されてもどおなの?って写真が沢山。

そのままボツにするにはもったいない写真をあつめて、
フォトシネマにしてみました。




フォトシネマ、miの卒園記念でも作りました。
音楽に合せて写真を次々に配置して動画に仕上げるものです。
このBGMをバレー部のお母さまに選曲をおねがいしたら
Hey!Say!Jump!がきてかなり腰が引けましたが、
実際に合わせてみるとテンポよく、若者たちの写真にはとても相性がよく
なかなかヨカッタです(笑)

ワタシはデジタルステージさんの“Life with PhotoCinema”というアプリケーションを使って作成していますが、とても簡単な操作で編集できるので気に入っています。
最初から動画でとった映像より、
写真を連ねるフォトシネマのほうがメッセージ性の高いものになる気がします。

20人分、写真を選別し、焼き増しして、ラッピングして、はなかなか大変な作業でしたが、
3年生にもお母さま方にも喜んでいただいたようで良かったです。

そんなこんなで忙しい3月はあっという間に過ぎ去りました^^;

さてこの送る会。
なんだかやりきって燃え尽きた感ありますが、、

息子の学校は中高一貫です。
中学バレー部を卒業した部員のほとんどがそのまま高校バレー部に入部します。
顧問の先生も一緒です(笑)

息子に聞いたところ、高校でも送る会があるそうです。
ですよね。。またやるんだ(笑)

まあ、でも、中高一貫だからこそ、
こうしてちゃんと区切りを付けるのも大切なのかな・・とも思いました。

---

だらだらと書き連ねてしまいました。
最後までお読みいただいてありがとうございます^^
アップする写真は沢山あるので、
今年度は短い記事をテンポよく更新しよう!と思っています。
いつも思ってるんだけどね^^;
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2012-04-16 17:24 | 日々のこと
2011運動会とドレス完成。
a0114345_13215454.jpg


10月の最後の土曜日。miの小学校の運動会でした。
暑くもなく、寒くもなくの晴天!
絶好の運動会日和☆

taが入学したときからずっと、運動会は9月の中旬でした。
毎年、毎年、の度重なる猛暑の中での開催で、
『運動会の時期をずらしてほしい』と再三保護者から嘆願して、
今年はようやく10月末の開催となりました。

小学校側にもいろいろ事情があるそうで、
9月に開催していた理由として
「運動会までは子供が興奮してなかなか落ち着かない、夏休み明けのなるべく早いうちに終わらせて、
落ち着いて後期を迎えたい」というのを聞きました。

10月の開催になって今年はどうかというと・・・
夏休みが明けてから9月は子供の集中力がなくて大変だったと先生談。
年々夏休みが短くなって、まだまだ暑い時期から登校開始、
2学期制のため始業式もなく授業開始、
運動会はまだ先のため大きな目標もなく、練習もはじまらない・・・
子供達はダラダラなんだかやる気がみらえない、と。
運動会は後期のカリキュラムになったので、練習も後期に入らないと始められない。

もうね、2学期制がすべての原因だと思うんですけど!!
3学期制に戻して、成績表をもらって終業式して夏休み。
始業式して9月から2学期で運動会に向けて練習開始。
冬休み明けたら3学期。
けじめがあってこれが一番イイと思うのよね。
横浜市は公立中学校は3学期制に戻したのだし、
小学校も戻して欲しいと思います。

さて、さて、
話が逸れてしまいましたが、
運動会といえば、まずはお弁当。


a0114345_13215396.jpg



今年のお弁当は“五目いなり”にしてみました^^
ワタシの両親が来てくれたので、
5人分。
これくらいの量が一番作りやすいかも。


いなり寿司は味付きのおあげを買って、
酢飯をつめて、上部を折り返し、
錦糸卵とでんぶ、小松菜をゆでてつゆの素に浸して刻んだもの、
市販のかつお振りかけorサケちりめんを少しずつ載せただけ。
簡単で見栄えがいいです。

a0114345_13215332.jpg


おかずは、絶対欠かせない(笑)鶏の唐揚げに、
煮たまご(前日にゆでて、タレに漬けておくだけ)、ほうれん草のおひたし海苔あえ、
はんぺんのチーズ&ハムサンドフライ、適当に作った飾り切りのかまぼこ。

ワタシにしては珍しく、ちゃんと前の夜から下ごしらえをしておいたので、
当日は余裕があった(5時起きだけどね)。
毎年、たまご焼きを作っていたけど、今年は思いついて煮たまごに。
前日から用意しておけるおかずは便利でいいですね。
定番になりそうです。


a0114345_13215453.jpg



ビジュアル的にはね、
鈴割りの写真がいちばん好き♪
1年生可愛い^^
毎年、なかなか割れなくて、先生の魔法のカッターが使われるのだけど^^;
今年は早かった!
なかなか加減が難しいね。


a0114345_13215547.jpg



開催が遅くなった割にはなかなか練習が始まらなくて、
せっかく時間があるのだからもっと練習すればいいのに・・
なんて思ったけど、
子供たちは短期間集中がいいんだね。
さすがの4年生。
きれいにまとまってました。


a0114345_13215546.jpg


子供たちの小学校には“地区対抗リレー”という恒例の競技がありまして。
住んでる地区ごとに、小学生、中学・高校生または成人でチームを組んでリレーをします。
普段走り慣れないお父さんが誰か必ずすっ転ぶ緊張感のたかいレースです。
小学校のレーンてカーブがきついのですよね。
あのカーブを全速力でまわれるのは身軽な子供だからこそであって、
大人が同じようにすると転んじゃう^^;

miは4年生の代表に選ばれました。
今年の我が地区は、小学生だけでの練習では、必ず1位になる程強いチームで、
あとは当日に加わるお父さん次第だと、
一緒のチームのお父さんはかなりプレッシャーを掛けられていました^^;

本番では、お父さんが大健闘して、
予選を1位で突破し、決勝戦でも優勝しました☆
おじちゃんとおばあちゃんも大喜びで^^
遠くから出て来てもらった甲斐がありました。

今年のmiさんは、学年競技、地区リレー、そして鼓笛隊と大忙しでした。


a0114345_13215650.jpg



夏休みまえから頑張っていた鼓笛隊練習。
自分で希望してのアルトアコーディオンでしたが、
重くて肩が痛くなって大変だったようです。

この一ヶ月程まえ、小学校の運動会に先だって、
地域の運動会での演奏がありました。
今年は開催時期を遅らせたため、
学校での本番よりも先に、さらに大きな舞台で発表することになってしまったのですが、
その時は、応援に来たお母さんたちから「大丈夫?」って声が上がるくらいの出来だったのです・・
でも、この1ヶ月でよくまとめてきました。
いい演奏だったと思います。

鼓笛隊の衣装、体操着の上に簡単に着る衣装ですが、
なかなか可愛いいのでハハのお気に入りです。

来年は応援団に入りたいので(応援団か鼓笛隊、どちらかひとつしか出来ません)、
もう鼓笛隊はやらないと言い出し、
がっかりしてましたが、
気が変わったようで、最近はまた来年もやると言い出しました^^ハハ嬉し♪
来年は中太鼓かシンバルに挑戦したいそうです。
パーカッションは演奏を支える大事な役目だからね!がんばれ〜

小学校の運動会は、1年生は可愛いし、高学年のコ達の走りはカッコいいし、
楽しいなー。
そんな運動会もあと2回だな・・・思ってしまうと、
早くも感慨深いものがあるのでした^^

今年もお友達パパからNikonの300ミリ望遠レンズをお借りしました。
手持ちの200ミリでは、校庭では限界があるので、
とてもとてもありがたいです。
スペシャル サンクス☆サクランボちゃんパパ!!


a0114345_13194354.jpg


miのエレクトーン発表会ドレスが完成しました。
が、着せてみたら身頃が少し大きくて調整が必要なのと、
表スカートよりも裏スカートの方が長くて、
裾からレースが見えてしまうので(笑)
縫い直さなくなてはならないことが発覚!
裏の方が長い。。これ、なぜかいつもやってしまうのですよねー
いつもやるんだから気をつければいいのに、
確認しないで裾あげを適当にするからいつも同じ失敗を繰り返す。。
ほどくの辛いなぁ。

a0114345_13194075.jpg


慎重に進めたわりにはしっくりいかないファスナーつけ。
今回もちょっとツレてます。
年に1〜2回しかやらないのでコンシールファスナー付けはなかなか成長しません(汗)

サイズ的に、前に作ったパニエを使えるか、
作り直すか迷ってたのですが、
考えてみれば、前に作ったパニエはドレスとともに貸し出し中で、
サイズなんかの問題ではないことに気付きました(笑)
慌てて材料を買いに行きました。
ちょうどユザワヤの20%割引券が届いてたからヨカッタ。

あとは、パニエとtaの帽子を作れば準備終了。
ドレス作りの詳細はまた改めてまとめますね!!

発表会が終わって、子供会のクリスマス会が終われば、
ちょっと一息できる。
なんて思ってたら、
その後はもう年末ではないですか!
年賀状作りに大そうじ・・今年もあっという間に終わってしまいそう(汗)
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-11-14 01:13 | 日々のこと
2011夏・・伊勢
a0114345_12595936.jpg


赤いちょうちんがこんなに沢山並んで、
なんてフォトジェニック☆
もうちょっと風で揺れるところを撮りたかったのに、、みんなが先を行ってしまったので、
このタイミングで我慢。
「これ、写真に撮りたい!」と思える風景に出会うとこの上なく幸せ♡
そして、思った通りに撮れるとさらに幸せ♡♡


先週一週間が職場の夏休みで、
ずっと家にいたというのにまったくブログを更新できていなかったこの事実。。
ネタは結構あるのに、このまま行くとボツになってしまうので、
このエントリーは、ざーっと写真メインで飛ばしマッス!!


a0114345_12195052.jpg


お盆の週末に有休をくっつけていただいてしまったミニ夏休み。
2泊したワタシの実家からチチ実家へと移動。

ワタシの実家からチチの実家へは、
フェリーを使えば2時間と少し。
フェリーって、車を乗せてしまうと結構な金額を払わなければいけないんだけど、
渋滞はないし、運転手さんも休めるしでやっぱり楽なんだよね。

キャリーやクレートに入れれば、
イヌを客室にいれても大丈夫です。
ハリーはクレートトレーニングをしたので、大丈夫。
文句ひとつ言いませんが、、
自由気ままに育ててしまったりんお嬢さんは、

a0114345_1219547.jpg



閉じ込められたことに
“鼻”で抗議。
ひんまがってますよ“鼻”・笑

この2匹を見てるとね、
子供にも犬にも同じ子育てを繰り返してしまったんだな〜と。。
生真面目兄ちゃんに自由奔放妹(爆)


チチの実家がある伊勢では、一泊のみの強行スケジュール。
でも、やっぱり、何をおいてでもここに来なければ!

a0114345_1220216.jpg


「伊勢神宮(内宮)」へ。

miが着ているのは、前日に名古屋で買った“夢醒めTシャツ”♪
背中の柄が可愛いのですよ
「"光の国"行きロケット707便」^^
売り場にあった一番小さいサイズ(S)を買ったのですが、
ちょっと大きいです。→ワタシも着れた^^
でもmiの大のお気に入り☆

この日は暑くて、暑くて・・
人出も多いし、
とてもじゃないけど犬は連れてこれなかったのでお留守番です。

a0114345_12201013.jpg



20年に一度の遷宮に先駆けて、
新しく架け変えられた“宇治橋”は美しいです。



a0114345_12203428.jpg



お参りの前に“五十鈴川”で手を清めます。
あまりに暑くてじゃぶじゃぶ入ってる人もいましたが^^;
もうちょっと下流(上流?)で子供たちが川遊びしているところがありますので、、そちらでね。

ここでフラフラになった軟弱者taは置いていくことに^^;
こんなに暑いのに帽子も持ってこないし、
ボタボタ汗をかき出して、なんだか顔色が悪くなってきて
「ぼくここで待ってる」・・・

クーラーの効いてる教室で勉強して、
お日様に当たらない体育館スポーツの中学生男子。
扇風機だけのあっつい教室で勉強し、
プールで真っ黒に日焼けした小学生女子に完全に負けてます。。


a0114345_12204060.jpg


この階段を上ると御正殿です。
年末年始はすごい人なので、めったにここまで参拝に来ないのですが、
夏は夏で日陰がいっさいない砂利の敷かれた参道を延々と・・
熱中症には注意が必要です。
伊勢神宮は“式年遷宮”といって20年に一度、神殿をお引っ越しします。
平成25年が遷宮の年で、
その準備を8年かけて行うというのですからなんとも壮大な行事です。
暑くてワタシも脱落しそうになったけど、
久しぶりにお参りできてよかったな^^


a0114345_12204440.jpg


遷宮が近づく盛り上がりと“パワースポット”流行のおかげで、
伊勢神宮周辺はここ最近とてもにぎやかです。
人が集まっている木を発見!
もしやこれが噂の“パワースポット”??

みんな目をつぶって手を当てているので、
ワタシもマネしてみる。

う〜ん、、びりびりとした気を感じるような、感じないような・・・笑


伊勢の夏のお楽しみと言えば?

a0114345_1221388.jpg


『赤福氷』!!!
この時期限定です☆


a0114345_12213335.jpg



すっごい人気で、
赤福本店前では行列が出来ていたので、


a0114345_12214328.jpg


宇治橋近くのお店で食べました。
かき氷の中には、赤福のおもちとあんこが別々に入っています。
この氷だけでいったい一日いくらの売り上げ?なんて思ったけど、
かわりに『赤福』はあまり売れてなかったからな〜

a0114345_1222769.jpg



他にも、おはらい町通りやおかげ横町には美味しそうなものいっぱいで、
目移りしてしまいます。


a0114345_12215865.jpg



お昼ご飯には“冷やしラーメン”


a0114345_1222282.jpg



絶対、伊勢うどんが食べたい、
伊勢うどん大好きta。
ひとりで“冷やし伊勢うどん”を喰らっているところを発見^^


a0114345_12221661.jpg


たくさん美味しいものが売ってるけれど、
あんまり暑くて、どの店も冷たいものが一人勝ち!
かき氷食べたのにまたアイス!ソーダ味、和歌山みかん味、コーヒー味・・^^;
他には、きゅうりの浅漬け、冷やしわらびもち、豚捨コロッケ。。沢山たべたな〜

↑ハハに濡らしたハンカチを首に乗せられるta。食べたら元気になりました。

a0114345_12222510.jpg


a0114345_12235921.jpg



あとはmiの大好きな昔あそびのおもちゃ屋さんに寄って、


a0114345_12241443.jpg


『徳力富吉郎版画館』でお土産を買ったりしました。
ばたばたと忙しいスケジュールでしたが、
ぎゅっと楽しめました。

いいところですよ♪お伊勢さん。
一度はどうぞ^^
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-09-01 00:17 | 日々のこと
支援とは・・
a0114345_11333349.jpg



これは『はなもも』です。・・・よね?
好きです、はなもも♪
一本の木に白、うすピンク、濃いピンク・・と色の違う花が咲いていたりして、
花数も多くて、なんとも華やかです。
家に庭ができたら植えたいなと思ったまま月日は過ぎ。。
えっ?今年は10年目??ひえ〜


a0114345_11333210.jpg


久しぶりに撮ったお菓子の写真です。マクロが使いこなせずピントが微妙^^;

小嶋ルミ『おいしい生地』よりスフレチーズケーキを作りました。
カスタードを作って、泡立てた卵白を混ぜていくちょっとだけ手間のかかるレシピでしたが、
ふんわりしっとり焼き上がりました。
待ちきれなくて焼き上がりにすぐ食べちゃったけれど、
一晩冷蔵庫で寝かせたほうが断然おいしかったです。
これはレモンが入っていないのでたまご味のチーズケーキです。
レモンいれたらだめかな〜?次はいれてみようかな^^



震災から一ヶ月以上が経過しました。
首都圏では、平日の通勤時間帯は、電車がほぼ通常通りの運行にもどり、
朝はエスカレーターも動き出しました。
スーパー内は相変わらず薄暗いですが、ほとんどの物が揃い、
だいぶ日常が戻ってきました。
ディズニーランドも再開したしね。


そんな中、被災地支援のために自分は何が出来るのか・・を日々想い、
結局、直接は何も出来ないという結論に達したのですが、、

先日、以前職場で一緒に働いていた<後輩ちゃんのブログ>を見てとても驚きました。
彼女は現在ボストン在住なのですが、一時帰国する予定があると聞いていました。
帰国の際には毎回私たちに顔を見せに寄ってくれる彼女ですが、
今回の帰国はスケジュールが厳しくて東京に寄る事はできないということも聞いていました。
それは震災前の話で、その後日本は大変な状況になりましたので、
帰国そのものを中止したかな・・と思っていました。

もし相談があれば「帰ってこない方がいいよ」と答えていたと思います。

そんな自分がとても恥ずかしくなりました。

だって彼女は、もともと厳しかったスケジュールを調整して、
自分の資格と経験を活かし、いったい何が日本に起っているのかを自分の目で確かめるべく、
医療ボランティアとして被災地を訪れたのですから。。


彼女はすでにボストンに戻っていますが、
同じ日本にいても知り得ない被災地の医療現場の様子を、海のむこうから発信してくれています。

ぜひ、読んでください。コチラ→『Life is beautiful』


これを読んでですね。
ワタシは『何も出来ない』じゃなくて『何もしてない』だけじゃないかと愕然としたのですけれど、
たとえば、ワタシが被災地に行ったとしても、何もお役に立てる技術も芸もないわけで・・・
やはり募金をするくらいしかないのです。

でも、何かないかな〜と探していたところ、
被災地の子ども達に手作り通学グッズを送ろうという運動を見つけまして、
作ってみました。


a0114345_11333229.jpg



しばらく前に、友人が同じような企画に参加したのを聞いて、
すぐに探してみたのですが、あっという間に予想以上に数が集まったようで、
募集を中止しているものが多かったのですが、

すぐに作って送ればなんとか締切りに間に合いそうな企画を見つけました。
「なるべくお家にある材料で、華美になりすぎず」とのことでしたので、
taの入学グッズを作ったときの余りを使い、
もう使わないであろう男の子向けのフロッキーやワッペンも活用できました。

余りものの寄せ集めですが、決して手を抜かず丁寧に作ったつもりです。
こんな時だからこそ、手に持って嬉しくなるようなピカピカを届けたい。
そう思いました。

もう締切りを過ぎましたので、そのサイトのご紹介はしませんが、
全国から沢山の善意が集まったようです。

作る側は、趣味や仕事で普段からミシンに向かっているような人ばかりなのですから、
それを活かせて、しかも被災地の人たちのお役に立てるかもしれない、
そんなありがたい場を提供していただいているのです。
『支援』できてるかも・・そう思えて、ミシンをかけている時間はなんとも癒された気分になりました。


大変なのは、それを集め、希望する方にその希望に見合ったものと量を梱包して送る。
というコーディネート役の方ですよね。
当然すべてボランティアです。本当に頭が下がります。


支援は、支援する側の自己満足で終わってはいけません。
何が本当に必要とされているのかを知るのはなかなか難しいです。

大きな避難所では、支援物資も行き届いているけれど、
小さな避難所や、個人宅で暮らしている人はまだ何もなくて困っているという話しも聞くし・・・

最近こんなサイトをよく見ています。
被災された方や原発から避難した人などが欲しいものを直接書き込む掲示板です。

『○○が必要です』の書き込みに対し、
物資を提供する人が『○○送れます。よろしければすぐ送ります』
いらないものであれば、『○○は結構です。お気持ちだけいただきます』
などとても秩序あるやりとりに感心します。
ワタシも何か送れるものがないか、これからも気をつけて見て行こうと思います。

コチラ→『ボランティアプラットホーム』



最後にもうひとつ、ぜひご紹介したいブログがあります。

最近、福島県から避難した方々を医療機関が診療拒否したり、避難所に入るのを拒否されたりという、
哀しいニュースを耳にします。
目に見えない放射能に関して、何が危険なのか、何が大丈夫なのか、
わからない事が多くて不安なのは確かです。



『放射線を正しく怖がる』ために、
東大の放射線治療を担当するチームが、今回の原発事故に関して正しい医学的知識を発信しているブログがあります。
コチラ→<team nakagawa>

特にこの記事はぜひ読んで欲しい→『放射線はうつるのか?』

少し内容は難しいですが、とても説得力があります。

根拠のない情報やデマに惑わされて、地震、津波、原発で十分に傷ついている福島の方たちを
これ以上傷つけてはいけません。
すべての人、その中でも医療にかかわる者こそ、正しい知識を持って、彼らをフォローしてあげて欲しい。
そう願います。
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-04-22 00:34 | 日々のこと
眼鏡卒業。
a0114345_16392952.jpg


いまはもう葉桜になってしまいましたが、
今年は、咲き始めが遅かったのに加え、
あまり気温が上がらなかったので、4月の中旬まで楽しめました。



a0114345_16393091.jpg




普段はほとんど人通りのない、
神社へ続く道ですが、
投票のついでに花を見にきた、私たちと同じ事を考えている人で、
珍しく賑わっていました。



a0114345_16451847.jpg




今年は、シートを広げる人も少なく、
ライトアップされる夜桜もない。
静かに愛でられる桜です。



a0114345_16392989.jpg



これはtaの4代目(3代目だったかな?)のメガネ。
この春、お役御免となりました。

taの視力が悪いのが発覚したのは、
保育園の4歳児クラスのとき。
『保育園で視力検査をする前にご家庭でやってみてください』と渡された
おなじみ“C”の検査用紙。

指定の距離で“C”を見せると、
右目はすんなり分かるのに、
左目が見えたり、見えなかったりでどうも反応がイマイチ。。

保育園でのスクリーニング検査は数日後に行われる予定で、
その結果によって保健所からの呼び出しがかかるが、
それは数ヶ月後とのこと。。

ワタシが強い近視のため、なんだか気になってしょうがなく、
保育園での検査を待つたずに近所の眼科へ連れて行きました。

検査の結果、taの両目は“遠視”でした。
そして、比較的軽い遠視の右目にくらべ、左目の遠視が強く、
それゆえ、左目が矯正視力で0.6という弱視でした。

弱視とは、視力のいい方の目だけを使ってものを見てしまうので、
悪い方の目の成長がとまってしまい、メガネなどで矯正しても視力がでない状態のことです。

弱視はなるべく早い時期に発見して、治療をする必要があります。
個人差はあるそうですが、小学校入学まえに治療をはじめられれば、
弱視が治る可能性が高いそうです。

taの遠視、弱視の治療とは、
メガネをかけることによって物を正しく見る力をつけること。
そして、良い方の右目をアイパッチ(絆創膏)で遮蔽して、遠視が強い左目だけで物を見る訓練をすることでした。

幸い、taの弱視は軽いほうだったようで、
平日は3時間、休日は5時間という訓練時間でした。
保育園から自宅に戻るとすぐに右目を遮蔽し、
なるべく集中して物を見ること、お絵描きや迷路などをすすめられましたが、
まったくお絵描きに興味のないtaには、
インターネットのゲームが一番効果的でした。

お家の外でもメガネの片方にカバーを付けている子を見かけますね。
おそらく、指示された訓練時間が長いのだと思います。
あまり視力のでない、しかも片目だけで生活するのは、
相当わずらわしいと思います。
なので、そんな子を見かけると『がんばれ!!』と応援してしまいます。

taは訓練を開始したタイミングがよかったのか、
半年ほどで弱視は改善し、アイパッチ訓練からも解放されました。
一方、メガネは治療器具ですので、それからなが〜いお付き合いの彼の相棒となりました。

その当時、クラスの中でメガネをかけていたのはtaひとり。
初めてメガネをかけて登園する日には、
ママ友たちにメールを回して事情を伝えておいたり、
担任の先生は、なぜtaがメガネをかけるのか、とても大事なものだからいたずらしたりしないようにと
クラスのお友達に話しをしていただいたり、メガネをかけたtaをスムーズに受け入れてもらえるようにしました。

taには、『これからメガネは一番のお友達だから、大事に、そしていつも一緒にね』と言いました。

本人は、ハハの心配をよそに、嫌がることもなく、あっさり登園していきました。
メガネをかけるとよく見えるし、この年頃の子どもだったら、本人が気に入ったフレームさえ選んであがれば嫌がる子はあまりいないようです。

taはもともとまったく活発な方ではありませんが、
この一番のお友達は、すぐに傷だらけのぼろぼろになりました。
最初の一年は、なんどメガネ屋に寄ったかわかりません。
『この修理で折れてしまっても保証はしません。次はもう修理できませんよ』と何度言われたことか・・・
それでも時代とともに、フレームもレンズも安価で手に入るようになり、
形状記憶フレームにした時は、ぐんと修理の回数が減り感動しました。
最初のメガネは高かったな〜笑

その後、体の成長と少しずつ改善した視力に合わせて、メガネを交換し、
↑が最後のメガネとなりました。

小学校6年生の頃、『メガネだと見にくい』と言い出しました。
眼科を受診すると、近視が進んで、そのぶん対極にある遠視が軽くなっているとのこと。
眼球の成長もあるだろうし詳しいことはよくわかりませんが・・
先生『なにか最近急激に目を使う事をしていますか?』

『・・・受験勉強。』笑

その時に一度レンズを交換したのですが、
この春、晴れて『もうメガネは必要ありません』の診断いただきました。
お〜メガネ卒業です。
でも、近視がさらに進んでいるようなので、
そのうち次は近視メガネの登場となるかもしれません^^;
先生にもそう言われています。

taがメガネを卒業したら、歴代メガネを並べて記念撮影をしようと思っていたのに、
どこにも見つかりません。
おかしいな〜。。
ワタシはたまに“どうにも捨てたい病”にかかるので、
捨てちゃったんだなー。残念。

じゃあ↑のメガネはどうしようか・・と思っていた時、
『不要メガネを被災地へ送ろう』という運動がある事を知りました。
震災でメガネをなくした方、コンタクトレンズで避難して、交換するコンタクトも洗浄するものもなくて、
不衛生な状態で使い続けている人がいらっしゃるそうで、
不要になったメガネを集めて、困っているかたに使っていただこうという運動です。
集まったメガネは眼科で度数などを計測し、簡単な修理なども施して被災地へ届けてくれるそうです。


ワタシもメガネがなくては生活ができない視力です。
メガネがなかったらとても困るでしょう。
でも果たして、他人のメガネが使い物になるのか・・と疑問もありますが、
たとえば、自分のメガネを購入できるまで、たとえ度数が足りないメガネでも、
ないよりはあったほうがいい。と思います。

ワタシが以前使っていたメガネとtaのメガネ、
そして職場の先輩から預かった使い捨てコンタクトを梱包して送りました。

ネットで検索すると、全国の様々な眼科やメガネ屋さんが集めていらっしゃいますが、
ワタシはコチラ↓にお送りしました。

東京都台東区の吉野眼科クリニックさん
詳細はこちらのホームページでご確認ください。

さて、長々と書いてしまいましたが、
子どもの遠視、弱視のこと。ワタシもtaのことがなければまったく知りませんでした。
そして4歳の視力検査までtaの左目があまり見えていないことにまったく気付いていませんでした。
普段の生活で気付いてあげられるのはなかなか難しいと思います。

特にtaの左目の視力は、スクリーニングにひっかかるかひっかからないかぎりぎりのところでした。
現に、保育園の検査はパスしてしまったのです。
あの時眼科を受診していなければ、気付くのが遅れ、治療が遅れ、
回復のスピードにも差がでたかもしれません。

最初に眼科を受診したときの先生の言葉、

『お母さん、よく気付きましたね!』

この一言が今でも忘れられません。
不安だらけでいつも手探り状態の初めての子育て。
今まで沢山の失敗をしただろうし、
これからも繰り返すだろうけれど、
この一言がワタシの子育てを支える小さな自信になりました。

子育てに悩んで、子どもに手をあげてしまうとか、、
悲しい事件がありますが、
お母さんは誰でも不安で、いつでも迷っているから、
『頑張ってるね』とか『それはいいね』とか、
お母さんを褒めてあげる言葉を誰かがかけてあげられれば、
きっと、お母さんの心は救われるんじゃないかな〜と思います。

いつの間にか、中学生と高学年の子どもを持つハハとなり、
見かけのキャリアだけは積んで、褒めてもらえるのを待つ年齢ではなくなってしまったので^^;
ベテランハハとして、若いおかあさんに声を掛けてあげられる機会はないものか・・
といつもチャンスを伺っています。

taのメガネの話からなんだか話が逸れてしまいましたが、
子どもの遠視、それに伴う弱視の話は、原因や程度などはそれぞれ子どもにより異なります。
“taの場合”ですのでご注意くださいませ^^



a0114345_16393098.jpg



とある私立小学校に入学するお嬢さんのために、
通学用手提げを作りました。
メインの肩掛けカバンも手作りを推奨されるそうですが、
毎日の通学にたえうる丈夫なカバンを作れる自信がなかったので^^;
手提げだけ請け負いました。


a0114345_16511517.jpg



入学祝いのプレゼントなのに、
ほとんどを家の在庫生地で作っています^^;
こちらは、体操着用の手提げでファスナー付きというご指定。
手提げにファスナーを付ける方法がよくわからなくて、、
無理やりつけました(汗)
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-04-19 02:29 | 日々のこと
卒業おめでとう
a0114345_1749088.jpg



今朝のニュースで、
被災地の避難所で、小学校の卒業式が行われたと伝えられました。
卒業生は3人。
『大変ななかで卒業式の準備をしてくれてありがとう』と言う卒業生。
『生きて今日を迎えられて嬉しい』と語る保護者の方。
おそらく避難してきた時のままの服装で、
誇らしげに舞台に立つ卒業生とそれを涙で見守る参列者。
心あたたまりそして涙したニュースでした。

今日はmiの小学校も卒業式でした。
ちょうど一年前のtaの卒業を思い出し、
無事に行えたことを嬉しく思いました。

被災地ではない東京、神奈川でも、
卒業式を中止する学校があります。

taの中学でも中止(中高一貫ですが)
知人の幼稚園では5人しか出席しなかった(できなかった?)
そして、ワタシのとても身近なところにある大学でも卒業式は中止となりました。

余震や停電、原発の問題など、
まだ混乱が残る中で、大勢の人が集まるイベントは危険だとの判断でしょうか。
卒業式にかかるはずであった費用を、義援金として被災地に寄付するそうです。

卒業生ご本人、そしてご家族は残念に思われているでしょうが、
こんな時だからこそ、
身近な方からの
『卒業おめでとう!!』の一言は、
きっと深く、胸に刻まれることでしょう。

被災地で卒業を迎えた方、
そして
新しい旅立ちの門出に立った、
これからの日本の未来を支えて行くであろうすべての卒業生達に
エールを!!

『卒業おめでとう!!』


-----

震災から一週間が経ちました。
こちらでは、余震がときどき起こり、計画停電やその影響による電車の運休。
食料の買いだめやガソリン不足によるスタンドに続く大行列など、
さまざまな混乱が起こった一週間でした。
今はそれもすこしづつ落ち着いてきています。
職場では、思ったよりも早い時間にはじまってしまった運休で最終電車に乗り遅れ、
バスを3本乗り継いで帰宅したり、
3時から始まった計画停電でまったく仕事にならず途方に暮れたり、、
そんな中で、気仙沼に住む親戚の無事が確認できたという後輩ちゃんの朗報に、
皆で涙して喜んだ一週間でもありました。
taの学校は4月の登校日まで、授業も部活も中止になり、
miは、春休みまで、給食なしの午前授業になりました。
わが家はどういう理由かわかりませんが、停電の対象地域から外れているようで、
今のところ、計画停電が行われていません。
そのぶん、毎日節電、節水に努めています。
今日は特に暖かい一日で、どの地域でも計画停電は行わないとこのことなので、
PCを立ち上げてこれを書いてみました。
心を落ち着かせ、
なるべく普段通りの生活を送る。
これも、これからの日本の復興のために必要なことだと思い始めました。

震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈りし、
被災地で不自由な暮らしを過ごされている多くの方々が一日でも早く、
安心で暖かい暮らしが戻るようにお祈りします。
そして、救助活動に勤しむ方々、身の危険を冒してまでも日本の安全のために働いてくださっている
方々に深く深く感謝いたします。
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-03-19 22:41 | 日々のこと
私達は無事です。
a0114345_16571176.jpg



あまりに大変な惨事であり。
テレビにつぎつぎと映し出される悲しい映像に呆然としています。
こんな状況でこちらに何を書くつもりもありませんでしたが、
私達家族の安否を心配して覗いてくださる方、
きっと海外の友人なども見てくれているかもしれません。

今の状況は、家族全員無事で過ごしていることを報告いたします。

大きな地震があった当日は、ワタシの職場は地盤がゆるい土地に建っていることもあり、
かなり揺れました。
建物内にいるのは危険だと感じ、外にでました。
書棚の本が落ちたり、引き出しがでたりしていました。
地震の直接の被害はほとんどありませんでしたが、
停電で電車がすべて止まってしまったので、歩いて帰宅しました。
電話、メールが受信、発信ができず、
子ども達がどこにいるのか、学校に待機しているのか、家に戻っているのか・・
まったく分かりませんでした。

歩いている途中に、受信ができた時があり、taが学校に待機していることが分かり、
学校に寄って一緒に歩きました。
さらに、職場の先輩ご主人が車で迎えに来てくださり、
そこからは普段は数分の距離でしたが、信号のマヒのため道路が混乱しており、
とても時間がかかりました。

miは待っていると思っていた学童にはおらず、
災害時の引き取りをお願いしていた近所の方が、
小学校まで迎えに行ってみてくださっていました。
とてもありがたかったです。

8時くらいに家に帰りつきました。
家の中は少し物が落ちているくらいでした。
停電は9時半くらいに回復し、電気がつきました。
東京方面に勤務しているチチは、夜中に運転を再開した私鉄を乗り継いで帰ってきました。

taの学校では、100名以上の生徒が家に帰れず朝まで待機しました。
ワタシの職場でも家に帰れない人が数人いました。

でも私達の今回の体験なんて本当に小さなことです。
こんなこと被災地の方のご苦労に比べればなんでもありません。


被災地の方たちの方のためにいまできることはなんだろうとずっと考えています。
原発の問題もとても心配ですね。

まずは出来る事。
節電です。
備蓄電気も底をつくそうです。
私達が快適に過ごすためのエネルギーは必要ありません。
やるべきことは昼間の明るいうちに、
夜は一部屋に集まり不要な照明は消しています。
家の中でも厚着をして暖房をなるべく使わないようにしています。
子ども達が怖がるので、リビングに布団を敷いて早い時間から布団に入りました。
小さいことですが、オーディオやウォシュレットの電源も落としました。
パンは手で捏ねて、ご飯は圧力鍋で炊いています(ガスも節制が必要ですが)。

それから私達にできること。募金でしょうか、救済物資でしょうか。。
これからも情報に耳を傾け行動したいと思います。

早く被災地の方に救助の手が届きますように。
避難されている方が少しでも安心した生活ができるようになりますように。
お祈りいたします。

そして、まだ大きな余震の可能性もあるそうです。
私達もそれぞれ気をつけて過ごしましょう。
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-03-10 16:58 | 日々のこと
おむらいすと家庭科
最近はすっかりパン作りから遠ざかってまして、、
朝食はHBに頼るばかりなのですが、

ちょっとばかし気合いをいれて、
こんな朝食を久しぶりに。

a0114345_1430231.jpg


以前はパン生地の捏ねをフードプロセッサーに委ねていましたが、
これがなかなかやっかいで、
生地の水分量がすこしでも多いと羽が空回りしてまったく捏ねてくれない。
これに随分悩まされたのですが、
気づけば我が家にはパン作り専門のホームベーカリーがあるではないですか!

やっぱりパン専用機は違いますね☆
ちょっと水分が多くたって、少なくたって、
難なくパン生地に仕上げてくれます。

1次発酵までHBにお任せして、
取り出して成形すれば、総菜パンだって簡単に^^
が、ひとつ問題が・・

わが家のHBにはパン生地コースってのがあるのですが、
夜セットして、朝起きたら発酵まで終わっていてくれたら、
起きてから1時間くらいで食卓に出せるじゃあないですか。

それがね、うちのはパナソニック製なんですけど、
パン生地コースの予約はできないんですねぇ。。

それをね、いつも、夜中に材料をセットして
『さあ、予約♪』ってとこで思い出すんですよ^^;

『あ”〜そおだった予約はできないんだあ・・』

↑のパンもね、夜中にセットしたんですよ。
もお3回は繰り返してると思うのですけど、
すぐ忘れちゃうのは、
やっぱりアレですかね、エイジングですかね?(汗)

なので、この日は日曜日なのに5時半に起きましたって。
まあ材料は入れてありますからね、スイッチ押すだけですけど。。

レシピはいつものみかさんのリッチ生地。
半分はチーズを巻いて、2次発酵後ピザチーズをのせて焼きました。
中に巻いたのは溶けにくそうなブロックのチーズを選んだのですが、
パンの端からチーズが溶け出てしまいました。
よくパン屋さんで見かけるサイコロのままパン上に残っているチーズ。
あれは何か特別なチーズなんですかね?
溶けないチーズが欲しいなあ・・
でもね、子ども達には溶け出たチーズが固まってぱりぱりになったところが好評でした^^;

残りの半分は、クオカで買ったバトンショコラを巻きました。
こちらは焼成しても溶けませんでした。
便利です^^


a0114345_1654021.jpg


ちょっと前ですが、
あんぱんも焼きましたよ。
お正月用に母が炊いたあんこをもらってきました。
どんなに高級なあんこを買っても、やっぱり手作りの味には敵いません。
美味でしたあ。
それにしても、久しぶりのあんぱん成形。
よくばってあんこを沢山いれようとすると失敗します。
13コ中4コが焼成中にあんこはみ出し、
そして、1コは包むことさえできずにタルト型で強引にデニッシュ風に(汗)
思いつきであんこの上にバターをのせて焼いたら、
taが『これ食べていい?』と食いついてきました。
意外とイケたらしい(笑)見栄えが悪かったから写真はないよ。



ある晩のこと、miが『オムライス作る!!』と言い出しました。


a0114345_1655811.jpg



つくり方はこの本より。


料理図鑑 - 『生きる底力』をつけよう - 越智登代子 : 本


クリスマスに本屋で見つけてプレゼントしたこの本。
大さじとは?小さじとは?とか野菜から魚、お肉まで食材の部位の名称から、旬、調理方法から保存方法。
簡単な料理方法からアウトドアクッキングまで、
まあ細かいイラストで小さい本ながらすごい情報量なんですよ☆
福音館書店出版なので一応設定は子ども向けなのですが、
大人が眺めても十分楽しめますよ^^
たとえば、これから一人暮らしをするなんてヒトが一冊持っていると便利かもしれません。

miは、さすがにひとりでは無理だったので、
チキンライスを作るところまでは手伝いましたが、
薄焼き卵を焼いて型どりしたご飯に乗っけるのはひとりでやりました。
(本ではフライパンの中で卵でご飯を包む方法でした)
子ども包丁でスライスしたきゅうりの盛りつけも独創的(笑)

ワタシは子ども達に積極的にお料理を教えてません。
何せいつも時間がなくて、手伝ってもらう余裕がない^^;
にも関わらず、そこはやっぱり“オンナノコ”
普段からハハのやることをよく見ているのでしょう。
手際がいいし、道具にしても器にしても、
ハハが作るとしてもそれを使うだろうものを的確に選んできます。
『ほ〜♪』さすが我がむすめ。

それに反して、長男ta。。

taが通う中学は男子校ですが、
そういう時代なのかもしれませんが、家庭科もしっかり教えてくれます。
調理実習はまず先生が実演し、
それを家庭で実習してレポート作成。
翌週は学校で調理実習です。

最初のメニューはチャーハンでした。
『材料をすべて同じ大きさに刻む』
で、細かく刻みすぎて時間がかかり、途中で空腹のため気分が悪くなり、
しゃがみ込む(爆)

これじゃ何時間かかっても昼食にならないとハハ、
『適当でいいのよ!』と包丁取り上げてバンバン刻む(笑)

2回目は、カレーうどん。
これは材料少なく、刻む必要もないので、
チャーハンより順調に美味しく仕上がる。

家庭科の先生の
『これから役立つであろう男料理』のメニューセレクトがなかなかいい^^と思う。

それにしても、調理中の手際の悪さは仕方ないとしても、
いちいち『あれはどこ?』『これはなに?』って聞いてくるし、
そんなお鍋どっからだしてきた?と聞きたくなるようなピントはずれな道具や
なんでその皿?ってのを出してくる。
・・・・ハハのやることまったく見てねえな。。

“オトコノコ”に家事を教えるには手がかかる(もちろんそんなことないオトコノコもいるだろうけれど)
きっとこれを根気よく教えないで、
途中で諦めてしまったハハ親たちが、
世の中にあふれている“なんにもできない男子”を作りだしてしまってるんだよね^^;

あ”〜ワタシもがんばらなきゃなー。
お嫁さんもらえる男子に育てなければ(笑)

taの学校の家庭科の先生。
宿題などもなかなかユニークで、
夏休みの宿題は『お洗濯を3回(畳んで仕舞うまで)やってレポートを提出』
冬休みの宿題は『大掃除をしてレポートを提出』でした^^
2学期の課題はかぎ編みで、鎖編みから練習して最後はアクリルたわしを完成させてました。

それぞれのレポートには、親の感想を書く欄もあるのですが、
もお、ワタシ、『すばらしい宿題☆!!』と絶賛しておきましたよ(笑)
生活力のある男子を育てようとする先生の心意気が伝わってきます。
今度学校でお会いしたら握手求めるかも(笑)


まだまだ修行が必要なtaには、こちらをプレゼント♡


生活図鑑 - 『生きる力』を楽しくみがく - 越智登代子 : 本


掃除や洗濯の仕方から、ネクタイの結び方、トイレ詰まりの直し方etc.まで
大人だって知らないような生活の知識が満載です。
料理図鑑同様、ページのところ狭しと書かれたイラストは眺めているだけでも楽しい本です。
家庭科の宿題レポートにも役に立ったようですよ^^


**きょうのワンコ**


a0114345_14302327.jpg



トリミングをさぼっているのでボサボサくんです。
世間では認知度の低い“ワイヤーダックス”。
毛が伸びるとさらに何犬やら?となり、
先日も知らないお兄さんに『ミックス』と決めつけられた(怒)
後ろでボケて写っているのも


a0114345_14302333.jpg


もれなくボサボサちゃんです^^;
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-02-09 17:15 | 日々のこと
菜の花と駅伝大会
寒くて、空気の冷たい毎日ですが、
だんだんと日が延びてきたし、着実に春は近づいているようです。

だって、
ほら^^



a0114345_17185551.jpg

菜の花が満開さ。



いつも楽しませてくれる、
最寄り駅の脇の畑。


a0114345_17185475.jpg



気付くと黄色い絨毯が敷かれてました^^



a0114345_1718546.jpg




結構まえから咲き始めていたようですが、
気になりつつもなかなか近寄れず(ワタシが利用するくちとは反対側なんです)
やっと撮影に行ってきました。

この日もとっても冷たい一日だったのですけれど、
菜の花の黄色と葉っぱの緑、空の青のコントラストは、
もお春なんだなーって、気持ちが華やかになる元気さ♪
そして美味しそう(笑)


a0114345_17185589.jpg



ひまわりなどの撮影もそうですが、
黄色い被写体は(ワタシのカメラは)オートで撮ると上手に撮れません。
黄色っちゃけた枯れ枯れな感じ(どんな?笑)になります。

行きつけの美容院にカメラ好きの美容師さんがいて、
“市橋織江”さんの写真集をみせていただきました。
その作風に憧れて、
なんとか近づけないものかと、
ホワイトバランスをいじって、露出をかなりオーバーで設定する。
で撮影するのが気に入っています。
実際撮れるものはぜんぜん違いますけどね^^;

この菜の花は、ホワイトバランスを“晴天日陰”&露出を2〜3段階+にしています。

相変わらず写真については不勉強なので、
理屈はよくわからないけれど、
適当に設定を変えて、撮ってみる。
でやってます(汗)



この日、miが駅伝大会に参加しました。

区が主催の大会で、
小学生から成人まで、学校だったり、部活団体だったり、有志だったり、
4人チームを組んで参加します。

miの学校は、希望者は3年生から朝練に参加できます。
冬休み前から、週に3日、早めに登校して練習してきました。
最初は大変だったようですが、
だんだんタイムが伸び『○分の壁が越えられない』なんて言うようになってきました^^



a0114345_17185387.jpg



頑張った甲斐あり、チームの第一走者に選ばれました。
(学校で何チームも作るし、ほとんどの子どもが選手なのですけれど^^;)
前日にコースの下見に行って、
『思ったより短い(1.6Km)』
とか
『区間賞取りたい』
とか
言っていることは立派だったのですが(笑)


a0114345_17185342.jpg



まあ、そう甘くはないですワ^^
上の学年の子たちにどんどん離され、
下見では“短く”感じたコースもなかなか辛かったようです。


カメラを持っているとどうしても
『いい写真を撮りたい』ほうに意識をとられてしまいます。
ファインダーを覗いて見るのと、
自分の目だけで見るのでは大きな差があります。

いつも子ども達の行事のときには、
「写真を撮りたい」気持ちと「カメラを通さず見たい」気持ち、
どちらを優先すべきか迷います。
同じ思いで、ビデオカメラはずっと前、子ども達がかなり小さいうちに持つのをやめました。
カメラ以上にビデオはずっと覗いてなくてならないからです。


この時も、miが中継所の競技場に戻ってきて、
さあどうしようかと迷いました。

苦しそうな表情です。。


カメラを下ろして、

『mi!頑張って!!あと少し』と手を振りました。

miが気づいて、
笑顔で手をふり返して通り過ぎて行きました^^


学校の行事などでは、
親が鈴なりになって、場所取りをしてまで撮影に夢中になっていますけれど、
ファインダー越しでは見えてこないものがあります。
後に形に残らなくても、
自分の目で見る方が、心にはしっかり残る。
応援だって、カメラじゃなくて、ママの顔が向いている方が
子どもには届くはず。
だから、ここぞという時は、
カメラもビデオも置いて。

な〜んて、自分への反省ですが^^;
そんな風に思いました。


miは目標(区間賞)にまったく届かずも^^;
『○人抜いた』とか大満足だったようで
終始、お友達と大騒ぎで楽しそうな様子でした。
miの結果がどうにせよ、
子ども達ががんばっている姿をみるのはいいものです。
他の学校のぜんぜん知らない子ども達にも、
『みんな頑張れ〜』って応援したくなります。
ワタシたち親にもいい経験でした。




ただ、、

連日の乾天気で、
競技場の砂ぼこりがタイヘンなことに・・・


a0114345_17185229.jpg




家に戻ってからは、服から靴から鞄から、洗濯して拭いて・・
もぉ参りました〜(泣)



このブログに菜の花を載せたのは何回目かしら?
一年が経つのが早いなぁ〜。
ただいま神奈川・東京では中学受験の真っ最中です。
『去年の今頃は大変だったねー。一年あっという間だったね。』
とtaと話しています。

それぞれの努力がそれぞれの実を結びますように。。
頑張れ受験生☆
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-02-02 17:28 | 日々のこと
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin