Top
カテゴリ:パンやお菓子( 66 )
Top▲ |
お菓子教室〜抹茶のシフォンケーキ
a0114345_1342491.jpg

坂田 阿希子さん「抹茶のお菓子」より抹茶蒸しパン



仕事が少し早く終わり、時間ができるとお菓子を作りたくなります。
いえ、食べたくなります(笑)
ワタシは応用力がなく、レシピどおりに作りたい派なので、
家に材料がないとガッカリして諦めてしまうのですが、
どんぴしゃり☆と材料が揃っていて、しかも賞味期限ギリのものを消費できるとなれば、
ウハウハです♪

蒸しパンがとても好きです。
簡単に作れるものなのにあまり作らないお菓子ですが^^;
↑は、上新粉が入っているので、もっちり、さっくりした感じです。
甘み少なく、抹茶の苦み、桜の塩漬けを刻んだものを生地に混ぜ込んでいるので、
塩味も効いていて大人な味です。
本には「男性へのおもたせ」にもみたいに書いてありました。
でも、子どもも喜んで食べました。

ちなみに、桜の塩漬けも抹茶も賞味期限切れてました(爆)
桜は塩に漬けてあるし、抹茶は冷蔵庫にいれてあったから風味は落ちてるだろうけど、
大丈夫ヾ(๑╹◡╹)ノ"

でも、ひと様には差し上げられませ〜ん。


さて、この記事も書き途中でだいぶ長い間放置してしまっていたのですが、、


a0114345_1342314.jpg


先日、約いち年ぶりのfumufumu+先生のお教室に参加しました。
去年は「ロールケーキ」のレッスンでした。

去年のレッスンは、
本格的にお教室を始める前のプレレッスンだったのですが、
この一年の間に、先生はご自宅のアトリエを大改装!!
業務用オーブン(←このオーブンがとっても素敵☆なんですけど、写真を取り忘れました・涙)を設置し、
パン教室、お菓子教室をスタートされました。
リフォーム前も素敵な空間でしたが、
さらに先生のセンスの良さが光る、
雑誌の1ページのようなアトリエになってました。

話が飛びますが↑に写っている先生の「スタンド式ミキサー」
これ欲しいな〜♡
卵やクリームの泡立てにはハンドミキサーを使ってますが、
無理なパン捏ねで右肘を痛めてから、ハンドミキサーを保持してぐるぐるするのも辛いときがあります。
キッチンエイドは永遠のあこがれだけど、
でっかくて置く場所がない、使うたびに出すのだったら意味がないしね。
似たような機能で、もう少し小振りで軽く、価格もやさしめの
貝印メランルージュロボがあります。
もし買うならこちらが置く場所もいろいろ現実的かな。欲しいな〜♡


a0114345_134211.jpg



今回のレッスンは「抹茶のシフォンケーキ」でした。
シフォンケーキ。。
何度も何度も、いろいろなレシピを浮気しながら焼いていますが、
明らかに大きな失敗はしないものの、、
なんとなく膨らみが悪かったり、
大きな気泡があったり、
ワタシがよく遭遇するのは、腰のない柔らかすぎるシフォン。

なかなか安定した結果にならないお菓子です。

単純なお菓子ほど奥が深かったりしますね。

抹茶が入ると生地が重たくなるので、
抹茶シフォンやココアのシフォンは難易度が高いのだそうです。


先生曰く、シフォンケーキのポイントは、
「卵白の泡立て具合の見極めと粉との混ぜ合わせ」
ロールケーキでも同じこと言われました^^;
卵泡立て系のお菓子はやぱりコレにつきるわけです。

卵白の泡立て具合は、
レシピ本にも「角がピンと立つくらい」「逆さにしても落っこちてこない程度」など書いてありますが、
やはり、実際に自分の目で確かめないとわからないですね。
fumufumu+先生のレシピは、すっとおじぎするくらいに泡立てる^^


a0114345_1342228.jpg



粉が入った生地と泡立てた卵白の混ぜ込み。
こちらのほうが難しいかな。
先生は泡立て器を使って混ぜ込む方法を教えてくださいました。
「これは、ロールケーキと同じですよ〜」と言われました。が、
ごめんさない。。忘れてました^^;
そうだったそうだった、混ぜ方のコツ、
一年前のことを思い出しましたよ。
実は、ロールケーキは先生のレシピで何度かチャレンジしてるのですが、
いまいち上手く焼けてないのです。
そうか、この混ぜ方が出来てなかったかも。。
またおさらいしなきゃな。

この日は生徒さん3人の実習コース(デモンストレーションコースもあります)
まず先生がひととおり一台作ってオーブンに入れるのを見学、
そして、ワタシが一台作ってオーブンへ。
そして、あとのお二人が作ってオーブンへ。
自分の実習も含めて4台分みる事ができるのでとても勉強になります。

あとは、シフォンケーキの最大の難所、
『型外し』


a0114345_1342185.jpg



ご一緒した生徒さんも言ってましたが、
ワタシもこれが大の苦手^^;
せっかく上手に膨らんでも、最後の最後で大失敗〜なんてことよくあります。


a0114345_1342099.jpg



型外しのデモと試食用に、先生が朝焼いて用意してださっていたシフォンに、
ナイフが入ります。
生徒3人の目が注目する中、
「私も得意じゃないのよー。緊張する〜」と先生(笑)

ナイフを入れる角度と力、
あとは思い切りの良さ。だそうです。
↑の写真、先生の手、かなり力が入ってますね^^
先生、とってもスマートですが、かなり力には自信があるそうです、
お菓子作りには力が必要で、立派な力こぶ披露してくださいました(笑)


a0114345_1353428.jpg



見て〜〜!!
この美しさ☆☆
今まで自分で「綺麗に抜けたわ♪」と思ってたのはぜんぜんダメだったということが分かりました(笑)
こんなにつるっと綺麗なお肌に抜けるのですね。

ナイフの使い方ももちろん影響しますが、
やはり、生地がうまく焼けていないと、美しく抜けないそうです。
なるほど。

実はですね、今回の抹茶シフォンのお教室。
たまたまキャンセルがでたので再募集しますというお知らせに飛びついて参加させてもらいました。
シフォンケーキは何回も焼いているし、
すこ〜しは自信のあるお菓子だったのですが、
先生のブログに載っていたシフォンの写真に衝撃を受けました!
「こんなシフォン見た事ない!」ってくらい美しい佇まい。
ぱりっと自立して真っすぐに筋が通ったような立ち姿。

ワタシが今まで焼いてきた姿勢わるく、ふにゃらふにゃら腰のないシフォンはなんだったんだ!
こんなシフォンが焼けるようになりたい!!
と滑り込ませていただいたわけです。


そのシフォンがコレです。


a0114345_134203.jpg


美しい☆

ワタシ達のケーキが出来上がるまで、
美味しいコーヒーを飲みながら
先生の焼いたシフォンをいただきます。
クレーム・シャンティを添えて^^
(↑ご一緒した方と、クレームシャンティって、ようするに砂糖いれて泡立てた生クリームのこと?ってコソコソお話してました。おシャレだよね、家でも使おうかな『なに?』って言われそう・笑)

写真でわかるかしら?
生地のキメが揃ってますね。
底から上部まで同じ細かい泡。
フォークを差し入れると”ジュっ”と音がします。
ほどよく弾力があり、つぶれずにすぐに形がもどります。


a0114345_1341953.jpg




周りに粉糖をふるといいですよ^^と教えていただきました。
うん、これならワタシの作品のアラも少しは隠せるかも(笑)



a0114345_1342287.jpg



これがワタシの作品です^^
いい感じに膨らんでいるではないですか〜♪
これを自宅に持ち帰り、型外しは家でします。

今回は「20〜21センチのシフォン型を持参できる方」という条件でした。
「は〜い!!持ってるので大丈夫でーす!」と勇んで申し込んだのですが、
お教室当日の朝、ふと不安になり、自分の型のサイズを測ってみました。

なんと、驚いたことに、
ワタシの型、20センチじゃなかった!(爆)

え〜自分が一番驚きました!!
だって、17センチの型よりか大きかったし、もうずっと何年も20センチだと思い込んで使ってたんです。
いっつも型から盛り上がるほど膨らむので、
ワタシってなんてシフォンの才能があるんだろうーなんて思ってたくらいですよ。。

いや〜ビックリ。
ワタシの型、18〜19センチのかなりイレギュラーな型のようです。
高さも低いようですね。
結婚祝いでいただいた型で、自分で買ったものでないので、
本当に気づきませんでした。

それにしても、気づいたのは当日の朝。
もうどうしようもないので、これを持参して、先生に謝りましたところ、
とりあえずこの型に流し入れて、
あまった生地はマフィン型で焼きましょうと提案していただきました。

さて、そんなこんなで、
楽しく充実した時間を過ごし、持ち帰ったMYシフォン。
教えていただいたとおりに型外ししてみましょう!
結果はいかに?


a0114345_1341969.jpg



玉砕。。
だめだったぁ。
お教室に行くまえであれば、これでも良しとしたところですが、
こんなお肌ではだめですよ。
う〜ん、もっと削りとる感じでナイフをいれなきゃだめだな〜。
よく膨らんでいますが、カットしてみると、
生地のキメも先生のシフォンほど揃っていませんでした。
やっぱり混ぜ方かな。
すっごく美味しかったですけどね☆

いやいや、練習あるのみですね!
がんばります!


a0114345_1341851.jpg


さて、fumufumu+先生、
アトリエを新装して、お菓子教室だけでなく、
天然酵母を使ったパンのお教室もスタートしました。

パン教室もとてもとても行きたいのですが、
今年はちょっと忙しくて行けそうにありません。残念です。

そして、月に一度の「shop」販売も開始されました♪
お教室の日もすこ〜し販売用のお菓子が並んでいたので買ってきたのですが、

『美味しい!!』
なんだろう、とてもシンプルで素朴な見かけなのですが、
ちがう!プロの味がする!!
ワタシが作るお菓子とぜんぜん違う(←あたりまえ)
でもケーキ屋さんで売っている味とも違う、
とてもとても丁寧で繊細な味がします。

シンプルで余計な飾りなく、
素材の良さがストレートに伝わってくる、
まさに先生のお人柄=オトコマエなお菓子(褒めてます!)

月一回土曜日のopen。
先生の手作りのお菓子とパンが沢山並びます。
まだopen間もないのにお昼には売り切れちゃうんだって!

本当はね、教えたくないの。。

でも宣伝も必要だから、コッソリと(笑)
先生のお教室とshopのサイトはコチラです→

現在、miと一緒に参加しているゴズペルサークルで、
9月の10周年ライブに向けて猛練習中。
土曜日はしばらく練習が入っているので行けないのです。
そちらが落ち着いたら、ぜひ、お教室とお買い物に行きたいと思っています。
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2012-05-17 17:34 | パンやお菓子
ハッピーバースデイ&バレンタイン♪プレゼントはキャッツ回転席☆
a0114345_16321213.jpg


taが14歳の誕生日を迎えました。
左側に色の違うローソクを1本で10歳ぶんのつもり+4歳ぶんです。
年齢ぶんのローソクをさすとケーキが穴だらけになってしまう年齢になりました(笑)

誕生日ケーキのリクエストを聞くと、いつももれなく『ロールケーキ\( ・ٹ・)/』
になってしまうので、勝手に苺のショートケーキにしました。
最近、なんとか安定させたくてロールケーキばかり焼いていたのです。
(でも安定しないので、なかなか写真がこちらにアップされないのですが・・)
久しぶりにスポンジを焼いて、シンプルなショートケーキを食べたかったのです^^

18cmサイズで小嶋ルミさんレシピで焼きました。
今回は結構イイ出来だったのですよ!
9割方膨らみました^^(10割じゃないところがまだまだね・汗)
スポンジはふかふかでした♪
薄力粉をクオカの「スポンジケーキ用粉“アンシャンテ”」を使ったのが良かったのかもしれません。
ただ、小嶋レシピで作るといつもそうなのですが、
どうも焼きが甘いらしく、トップが生焼けです^^;
まったくもって素人な失敗なのですが、、
わが家はガスオーブンで火力が強いのでたいていのレシピ本より100℃は下げます。
その癖でいつも低めに設定してしまうのです。
何回もやらかしているのに忘れてしまうので、
次は忘れないようにココに書いておきます^^;

生クリームは1パック、苺も1パック(だって850円もしたんだもの!)で作ったので、
なんだか寂しい出来上がりに(笑)
でも、3段に積み重ねたスポンジの間には苺がたくさん挟まっているのですよ(︶。︶✽)

さて、この日は日曜日。
一日早い誕生日を祝っていた週末だったのですが、
taは、この日の夕方から調子が悪くなり、夕飯を食べる頃には熱が38度まで上昇!
幸い食欲&元気あり、「ケーキは食べたい!」と言うのでケーキはしっかり完食しました。
受診を迷いましたが、インフルエンザだと困るので夜まで診療している病院にかかりました。

検査の結果、インフルエンザはシロ。

その週、ハハは一年のうち一番の繁忙期で仕事休めず。
なんとなく元気で、熱は38度前後、用意した食事は自分で食べられる。
のをいい事に、ひとりでお留守番してもらいました。

そして、タイミングよく(?)
月曜の午後からtaのクラスはインフルエンザによる4日間の学級閉鎖となりました(涙)
当然、熱が出てから時間が浅いためにインフルエンザの反応がでなかった可能性は考えたのですが、
病院に連れて行く時間もなく、若さと気力で治してもらおうと放置を続けた結果、
木曜日になっても熱下がらずwさすがに元気も枯れてきて、、
そこからやっとチチに連れられ病院を受診。

結果、インフルエンザB型でした(ヤッパリ)
お薬ってすごいね、、すぐ熱下がりましたよ。
早くもう一度受診しておけば良かったね。。可哀想なことしちゃったな。

結局、まる一週間床に臥せった息子。
『ああ、やっと孤独から解放される』って言ってましたよ^^;


ところで、↑のショートケーキ、
デコレーションがひどいのはいつものことなんですけれど、
この日は朝から忙しくて忙しくて!!だったからもあるのです。


a0114345_16314323.jpg


miがはじめて今年、
『友チョコ作る!!』と言い出しました。
去年までは、チチと兄ちゃんと従兄の兄ちゃんのぶんを作ってたくらいでした。
世間で聞いてはいた『友チョコ』。
小学校4年生で始めるのは遅いほうなのかもしれません。


a0114345_16314462.jpg



チョコレート細工はたくさん作るの大変だし、
何よりも片付けが大変なので^^;
カップケーキを提案してみました。
これは、カップケーキをデコるためのクッキーパーツ。
クッキーは前日に焼きましたが、
一番小さい型を使ったので面倒でしたー。
クッキー生地はワタシが作り、miが頑張って型抜きしました。


a0114345_16314468.jpg



アイシングは面倒なので、手軽にチョコペンで☆
やり始めると楽しくなってきて、
見ていただければお分かりのように、
手前がワタシ、ハハの作品。
一見子どもとお菓子を作るいい母親ですが、
いえ、違います。自分で楽しんでるだけです(笑)

スマイルクッキーは<コチラ>の抜き型。
スマイルはんこをぎゅっと押すだけで可愛くなるのでとても重宝しています^^

焼き上がったカップケーキに溶かしたチョコレートを流し、少し固まりかけたところに
クッキーを配置。クオカで買った量の割には高かったハートチョコはひとつずつ^^;
で、完成したのはこちら。


a0114345_16314563.jpg

(これも出来のいいのだけ写真におさめてますよー。この他にもいろんなの出来てます・笑)

カップケーキのレシピは家にあった↓を参考につくりました。


デコレーションが可愛くて買った本なのですが、
カップケーキ生地のバリエーションが複数載っていて、
バターケーキ生地、シフォン生地、パウンド生地etc.

今はバターが高価で手に入りにくいので、今回はスポンジ生地を選びました。
カップケーキのわりにはフカフカすぎて物足りないけれど、
たくさん作るのでコスト重視で!笑
レシピ通りの12個ぶんで作ったのに、生地を泡立てすぎたのか、
なぜか20個できました(笑)

はじめての友チョコ体験。
たくさんのチョコを交換して、miは大満足の様子です。
みんな手作りで『どれも可愛くて、美味しい♪』と喜んでました。
わが家はまあ作り慣れてるのでいいですが、
お母さん忙しい方だし、きっと大変だったんじゃないかなーと想像するコも。

友チョコ、お母さんは巻き込まれて大変だけど、
女の子がお菓子作りにふれるキッカケになったり、
お母さんとのコミュニケーションの場になったりするんだったら悪くないかなーと思う風習です(笑)

___

さてこの日、朝からカップケーキを焼いてデコり、スポンジ台を焼いて、
ヘトヘトになりながらお出かけしてきました。

2011年2月12日(日)マチネ公演 キャノンキャッツシアター横浜

更新が滞ってる間もちゃくちゃくと観劇回数は更新しています^^;
観に行った事実は記しておきたくて、観劇レポも書いてきたこのブログですが、
観劇回数がブログ更新にまったく追いつかなくなったので、
全部書くのは諦めました(笑)
ここに書いていないだけで、さらにスゴイことになってますー。。

『誕生日プレゼントはキャッツの回転席がいい!』と言う、ワタシの一番の四季オタク仲間であるta。
回転席というのは、舞台に一番近い列から4列目までの席です。
休日の回転席チケットは、会員先行販売時に押さえておかないと、
なかなか取れないので、いままで座った事がありません。
今回はtaの誕生日に合せて取っておきました。

開演すると舞台の周りを客席がぐるっと回転します。
だから回転席♪
回るのは最初に1回だけ。だから、どうせ回るっていっても最初だけだしwなんて
いつも負け惜しみ言いながら眺めているだけでしたが、
いやいや、あの回転がね、なんだか自分もネコの異世界にぐっと引き込まれる感じがしまして、
「コレはすごい☆」と思いました。
今回は2列目だったのですが、舞台がすっごく近い!
こちらに向かってジャンプされると客席まで飛んできそうな勢いです。
大迫力の舞台にtaとふたりで大興奮でした。
ただ、近過ぎて、見やすくはないです(笑)
自分の首を動かさないと俳優さんの動きを追えないです。

横浜キャッツは円形劇場で、どの席に座っても、その席だからこそ楽しめる面白さがあるので、
回転席を一番のオススメにはしないですが、
一度座ると病み付きになるかもしれません(笑)

ちなみに、これを書き足している本日は、
S席の1/3ほどのお値段で座れるC席でしたが、
これはこれで楽しい席でした^^

taと「すごいね!すごいね!!」ときゃっきゃっ喜んで楽しんだこの日でしたが、
実は劇場で待ち合わせて話したときからtaは「喉が痛いんだよー」と言ってました。
ワタシが自分用に持っていたマスクをすぐにかけさせての観劇だったのですが、
それから夜にはまさかの発熱。
そして、この記事の最初にもどるわけです。

本格的に調子が悪くなって言ったtaの言葉。

『よかった、キャッツ観れて本当によかった。』

笑。

そうだよねー。熱がもう少し早く出てから観れなかったもんね。
ずっと楽しみににしてから、観れてよかったよね。

でも、最後に握手してた田邊タガーに移しちゃったのではと本気で心配していたta。
田邊さん次の日から抜けてしまったし^^;
そうだったらごめんなさいね。

と、ハハが本日の観劇で再び登場した田邊ダガーに心の中であやまっておきましたよ。

もちろん、今では元気に回復したtaですが、
4日間の学級閉鎖で遅れてしまったぶん、
その後の一週間は7時間授業になり、これがかなりキツかったようです^^

梅が咲き始め、春の訪れかと思いきや、
積もる程の雪が降りました。
なかなか暖かくならないのに、花粉の気配は感じる3月です^^;
みなさまも体調管理にはくれぐれもお気をつけくださいませ♡
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2012-03-05 02:08 | パンやお菓子
最近の手作りと(かなりネガティブ感想)「俺の人生にバックギアはない」ボニー&クライド
a0114345_1452513.jpg


最近はあまりアップしていないけれど、
週末のおやつ作りはぼちぼちやってます^^
ただ、今一番の興味は他の事にあるので(苦笑)、
しっかり腰を据えて完璧に作るっていうのじゃなく、
手軽にあるもので作る。そんな感じです。

味はまあまあでも、写真撮って載せるほどのものじゃない^^;

作っては食べ、記録に残らない。最近はそんな感じ。

↑は、紅玉の季節には絶対食べたくなるタルトタタン。
バターを塗った型に、カラメルを流し入れ、
カットしたリンゴを敷き詰め、バターケーキの生地を流し入れるというお菓子。

アップルパイよりも簡単で、生のリンゴの美味しさをたっぷり味わえるので大好き♪
今期で何回焼いたかな〜。
以前は、上手に型抜きが出来ない事が多かったのだけれど、
バターをたっぷり塗って、しっかり色づくまで加熱したカラメルを使うのが美味しく綺麗に作るコツだとわかりました。
ベターホーム協会『焼くだけのお菓子』のレシピがお気に入りです。

紅玉の季節は終わってしまったけれど、しっかりしたフジならいけるかな。
今度つくってみようっと。


a0114345_1452588.jpg


モンブラン口金を買いました。

この口金を使ってみたくて、
いつものロールケーキを半分の幅で作り、
クオカで買った、SABATONのマロンクリームと生クリームを適当な配合で混ぜて絞り出し、
なんちゃってモンブランを作ってみた。

モンブラン口金さえあればモンブランが作れると思っていたワタシ。
いやいや難しいデス。
思ったとおりにクリームが出てこない(笑)
マロンクリームを適当に作っているというところにまず問題があるのかもしれませんが、
思った以上に難しくてびっくり!やっぱりパティシエさんてすごいのねー。
全部同じ形につくるものね。→当たり前か。

miが『やりたい!』というのでやらせたらあんまりにヒドいので取り上げて、
ワタシがやってみたけど、大して変わらないできだったよ(笑)
味はね、まあまあだった。
みんなが喜んで食べてくれたからヨシとしますけど、
ハテ、このモンブラン口金、これから活躍することはあるのでしょうか・・・


a0114345_1452696.jpg



パン作りも一時期に比べるとすっかり頻度が減ってますが、
時々、食べたくなって焼いてます。
子どもたちが大きくなって、食べる量が増えたので、
ボリュームを増やしたお惣菜パンを作るか、おやつに徹するか、どちらか。

みかさんの基本のリッチ生地を1.5倍量(強力粉300グラム)で作り、半分に。
ひとつは適当に成型してアルミケースに詰め、マヨネーズをからめたツナの上にチーズをかけて焼きました。
もうひとつは、買ったはいいけど、持て余して冷凍庫で寝かしていたバーベキュー用のフランクフルト。
バーベキューなんて家でやったことないのに、なぜ買ったんだろうかと思っていたフランク、
これにパン生地巻き付けて焼いたらどうだろうか・・・



a0114345_1452683.jpg



と試してみたら大正解☆
子どもたち大喜び♪
(miはパンからフランク引っこ抜いて別々に食べようとしたので、文句言ったら戻してましたけど)



a0114345_14515146.jpg



最近、食欲がうなぎ上りで、
『足りないからなんか食べたいんだけど』『今日のご飯なに?』と発する一言一言がハハのストレスになってる、
食べ盛り中学生も満足されたようですよ。

ワタシは途中でギブアップしそうでなんとか食べた一本を、
やつはペロっと2本平らげてまだ食べたそうでした。

赤ちゃんの頃はなんでも沢山食べて、肥満児だったta。
生後2ヶ月で出生体重の2倍になってて(本来は3ヶ月で倍ね)、
1歳半検診で「今日のチャンピオン☆」の称号をいただいて、食事指導を受けたっけ^^;
保健師さんも「食べない子の食事指導はするんだけど、、食べ過ぎの子にはどうしましょうか」って
戸惑った様子だったわね(苦笑)
チビなハハがでっかいコを抱っこしてる姿が、周りからはすごく大変そうに映ったようで、
よく知らないおばさまから『なんだかお母さんが可哀想みたいね』って言われたもんです(笑)

初めての育児はわからないことだらけ、
母乳ではたりないかと足したミルクを残さず飲み、
いろんな種類の食材を食べさせなきゃと朝から一生懸命作った離乳食も全部たべてくれた息子、
もともとおっとりした性格であまり動かなかったことも影響して、
ぷくぷく太ってしまった訳です。

それも、小学校に入るくらいまでだったかなぁ。
食の内容が悪かった訳ではないので、いつの間にか自然に痩せてきて、
中学に入る頃にはガリガリ君と化してしまいました。
自分で食べたい分だけをコントロールできるようになったんでしょうね、
単にハハが食べさせすぎだったのですよ。

なかなか食べる量が増えなくて、少々悩み、
『かあちゃん!おかわり!!』なんてガツガツ食べる男の子に憧れを抱いたものです。
それでも、部活を始めた頃からはだんだん食べるようになってきて、
それがここ最近爆発しました☆
中学生になってから新調したお弁当箱も今ではご飯9割詰め。
いつまでもつかな〜。
もっと食べて欲しい、食べて欲しいと思っていたのに、
実際食べるようになってくると、もういいんじゃない?とゲッソリするハハです^^;



a0114345_14525100.jpg

『ニットチュニックワンピース140』 Mammy jewel box
生地 maffon リバーシブルジャガードニット生地 フェアリーテール柄
ダルブルー/アイボリー


ミシンもすっかりご無沙汰ですが。。
maffonさんで一目惚れしたニット生地をどうしても使いたくて、縫いました。
やっぱりミシンはたまにかけるのではダメですねー。
maffonさんのニット生地はしっかりしてとてもいい生地ですが、
襟ぐりのバインダー処理など上手くいきませんでした。
ポケットも曲がってるし^^;
娘にはちょっと大きい仕上がりでした。来年のほうがしっくりきそうです。

さて、最後に、

ミュージカルネタを。

『濱田めぐみ』さんという女優さんを知ったのは、
ワタシが四季にハマりはじめてすぐの頃でした。
とてもファンが多く、四季のCDを揃えるたびに主役クラスのパートを担っている。
どうやらとてもすごい女優さんらしい。。

これは生の舞台を観に行かなければ!と出かけたのがマンマ・ミーアでした。
確かにすごかった☆
一発で魅了されて、どうしてもまた観たいと出かけた大阪アイーダ。
大感動でした。
なにが凄いって、歌唱力、表現力、その圧倒的存在感。

ところが、、残念なことに四季を退団されてしまいました。
どうやらマンマ・ミーアが終わるころに退団し、
アイーダは客演だったらしいです。
ワタシが観劇したその日が、濱田めぐみさんが四季の舞台に立った最後の公演だったようです。
(これからも客演の可能性はあるのかもしれませんが)
四季会員でありながらも観劇は年に1回くらい、
キャストなんて興味なく、会報誌は封も開けずに捨てていた空白の期間が、
濱田めぐみさんが大活躍した時期だったわけで、
それをまるまる見逃したのは、もったいないことをしたものです。

さて、その濱田めぐみさんが、四季を離れ、初の舞台に立つというのですから、
これは行かなくては、と取ったチケット

『ボニー&クライド』2012年1月10日マチネ公演 青山劇場

ほとんど四季しか観た事のないワタシには、
チケット取りから、劇場から、アウェーでとても緊張しました(笑)

劇場は、アニーで2回訪れたことのある『青山劇場』
開演まえから舞台には青い照明の幕がかかりとても美しい。

めぐみさんの歌声はさすがだ☆
金髪姿もよく似合っていて綺麗♪
実年齢よりもだいぶ若い役だけれど、セリフの言い回しから、身のこなし、
完璧だ!マンマ・ミーアで母親役をこなしていたとは思えない。
なんともチャーミング♪可愛らしく歌い上げながらもところどころで効かせてくるめぐみ節(笑)
あぁ!濱田めぐみここに有り。

以上。


ごめんなさい。
ワタシのボニー&クライドの感想はこれだけです。


う〜ん、、なんでだろうか。
『俺たちに明日はない』という有名な映画のヒーロー&ヒロインの話。
これは実話をもとに作られているらしいが、ワタシこのタイトルを聞いたことがあるけど観た事はない。

ワタシは本を読む時もそうだけれど、
かなり登場人物に依存する。
登場人物のキャラクターに魅力を感じられないのは辛い。

アメリカ1930年代、大恐慌時代、強盗を繰り返し警察から逃亡するクライドが鬱屈とした世の中でヒーローに祭り上げられる。
そんなクライドに惹かれる、こちらもきらびやかな世の中に憧れ有名になりたいボニー。

めぐみさんは素晴らしくまったく違和感なくボニーを演じている、
クライド役の田代万里生くんは歌上手いし、イケメンくん。
若くて勢いがあり、きっとクライドを等身大で演じている。
どちらもいい。が、

めぐみボニーが万里生クライドに心底惚れるようにはどうにも思えない。
めちゃくちゃやってるけど、理解できないけど、どうしても惹かれてしまう男性♡
的な魅力も感じられない・・
どうしても、クライドに、そしてボニーの生き方に共感できない。。

唯一共感できるとすれば、クライドの兄バックの妻、白羽さん演じるブランチ。
弟のことは放っておいて、あなたはギャングから足を洗って、
刑を全うして、貧しくてもいいから平穏に暮らそうと何度も説得する。

そうだろう、そうだろう、ワタシもそう言うと思うよ。

ところがだ、結局クライドの元へ向かう、バックに着いて行っちゃうし、
最後は、、予想したとおりの結末、あ〜ガックリ。

今回はディレクターズシートという席だったので、特典で一枚の解説書をもらった。
ざっと読んだところによると、
テーマとして『ボニーとクライドの二人の愛』『家族愛』『疾走感』が挙げられていた。
『二人の愛』先述したとおりで、う〜ん。
『家族愛』どんなめちゃくちゃしてても家族を信じて愛する。。なんだかとてつもなく哀しくて、う〜ん。。
『疾走感』あるか?正直3時間が辛いんですけど、、う〜ん。。。

なんだろう、何をこのミュージカルから感じとればいいのだろう。
こういうものだと思って、歌を楽しめばいいのかな?

めぐみさん自身も、
「目的を持たず、ただ今を生きるだけというボニーをなかなか掴めなくて苦労した」
と、終演後のトークイベントで言っていた。
「その時その時感じるままを演じればいいとわかってやっと楽になった」と。
ワタシもそういう気持ちで観劇すればよかったのかな。

沢山のう〜ん。。が終始頭の中をめぐり、
テンションの低い拍手を繰り返し戸惑うワタシ^^;
観劇後はどっぷり疲れてしまった。

演出とかムズカシイことはよくワカラナイけれど・・

ワタシがミュージカルに求めているもの、
キラキラしているものだったり、感動だったり、
観終わった後、さあ明日も頑張ろうと思えるもの。
濱田めぐみさんの歌以外に、このボニー&クライドにはなかった。

あくまでも『ワタシが求めているもの』ですよ。

とくに昨年の3月以来、心の癒しを求め、劇場に通い、
“生きる喜び”に共感して涙していたワタシにはちょっと理解不能なお話でした。

この日は、後方に沢山の高校生が観劇に来ていましたが、
若いヒトたちは、この作品を観て何を感じたのかな?
聞いてみたいなと思いました^^

あっそうだそうだ!
とてつもなく評判が悪いのだけど、ワタシはつのだ☆ひろさんが出てきた時は、
わ〜♪つのだ☆ひろだあ!!しかもゴスペル歌ってくれたあ!!と喜んでしまいました(笑)
なぜにあの場面であの歌が、つのださんが必要なのかはわからなかったし、
あの歌詞が日本語だったって、あとから他の方のブログを読んで知ったのだけれど^^;

濱田めぐみさん出演の次回作品は『ジキル&ハイド』
こちらは石丸幹二さん共演で期待大ですが、チケット取ってません。
まだ四季にハマって1年ちょっと、
四季以外の作品に手を出すのは時期尚早だったかな。
節約も兼ねて、陰からめぐみさんの活躍を見守りたいと思います(笑)

それにしても、こうして四季では経験できなかった作品や役を演じて、
めぐみさんはさらに大きな大きな女優さんに成長していくのでしょうね、
退団は残念ですが、今後の活躍がとても楽しみです。

*2/1追記*
タイトルにしたのに触れるのを忘れていたので、今更ながら追記します。

クライドの最も印象に残ったセリフ
『俺の人生にバックギアはない』

そんな生き方よりも、

ワタシはやっぱり
『一日1歩三日で3歩、3歩進んで2歩下がる』
汗かきべそかきな生き方であるべきと思うのですよ(笑)
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2012-01-28 11:20 | パンやお菓子
ルバーブとフキは違うのよ。
a0114345_1650368.jpg



送料浮かすためについつい余計なものを買ってしまうクオカ
いますぐ必要なわけじゃないけど買い置きしておくか的にカートいれたものは
本当に危険。。

しかも消費期限の長い缶詰なんて!
きになりつつもキッチンで一年寝かせてしまったマンゴー缶やっと開けました^^;
850gの大容量は嬉しいのだけれど、これも開封のハードルを上げる一因だったりする。

ピューレなのでプリンにするにはとっても便利です。
ヨーグルトにそのままかけて食べると濃厚でリッチ♪
一度で使い切れる量じゃないので半分は冷凍してます。

レシピは<コチラ>を参考に☆
簡単だけど、スーパーで売ってるマンゴプリンとはまったく違う仕上がりですよ!

マンゴー嫌いのmiはいつものごとく食べませんでしたけれど・・



大地を守る会からルバーブが届きました。
って勝手に届いたわけじゃなくて注文したんんですけど^^;
そして次の日にパルシステムからジャム用あんずと生クリーム到着。

2種類の食材宅配でほとんどの買い物をまかなっているわが家、
一週間まえに注文を済ませるので、
届いてから『こんなの頼んでたっけ?』と思う事しばしば。

何を考えていたんだか、、平日にごはんにならないもの。
しかも足が速いものばっかり揃っちゃって。。

ルバーブはパイを作ってみたくて去年も注文してみたのだけど、
発育不良だとかで届かなかったんだな。
はじめての食材で上手く使えるか不安があったので、
届かなくて正直ちょっと安心したんだった^^;


今年は作ったよ。
a0114345_16503645.jpg

『ルバーブのクランブルタルト』


土曜日まで待って、念願のルバーブタルトを作りました♪
(↑このタルト型も何十年もの。底の抜ける型が欲しいな〜)
ネットで調べたところ、ルバーブタルト(パイ)のフィリングはジャムにしたものを詰める、
カスタードクリームと生のルバーブを詰めるなどいろいろなレシピがあるようですが、
このタルトは小嶋ルミさんのレシピより↓



小嶋ルミ『知りたがりの、お菓子レシピ—小さなこつも、大きなポイント』


日本ではまだあまり馴染みのないルバーブ、
欧米ではポピュラーな食材のようで、もう一冊買ったルミさん本、
『パティスリー「オーブン・ミトン」の厨房から』にもルバーブを使ったお菓子が沢山載っていた。
小嶋ルミさんはルバーブ好き?

一度から焼きしたパートブリゼ(タルト生地)にさっと火を通したルバーブジャムを詰め、
クランブルを散らしてオーブンで焼き上げます。
最後の焼き上げでルバーブジャムがいい感じに煮詰まるというレシピ。

まず、小嶋ルミさんのパートブリゼ。これがすごく美味しい♪
作り方はとても簡単なのに仕上がりはさっくりと香ばしくてこれはイイ☆
ポイントはやっぱり混ぜ方かなと思います。
ルミレシピ、この本も混ぜ方親切に書いてあります。
そして上に載せたクランブル。クランブルも初体験で、いままで面倒くさそうと思ってたけど、
なんだとっても簡単なのね!
レシピは、ルバームジャムの前にラズベリージャムを塗るのですが、
そんなのないし、せっかく同じ日に作ったあんずジャムがあったのでラズベリーのかわりに使いました。


a0114345_16503550.jpg


あんずジャムも上手に出来たのだけれど、
ルバーブもあんずも酸っぱくて、
あんずのほうが強くてルバーブの味が負けてたかも^^;
チチは酸っぱそうな顔してたけど、
ワタシはかなり好みの味♪
ルバーブが手に入ったらまた作ってみたい。

『これ、何はいってるの?』って聞かれても
『ルバーブだよ』ってだけじゃ通じなくて、
『昔よくケーキとかにのってた緑の砂糖漬け(アンジェリカ)のやつ』なんて言ってもわかってもらえず。。
面倒くさくなって『フキ、フキみたいなやつ!』で終わらせておきました(笑)

土曜日にパートブリゼ生地とルバーブジャム、クランブルを用意して、
夕方に焼こうかな〜と思ったら
“あら熱を取り、まだ温かみがのこるくらいをどうぞ”なんて書いてあってその日は焼き上げを断念。

日曜日の朝から、タルトを焼いて、マンゴープリン仕上げてスイーツ祭り♪

だが、ご飯になるものがなんにもない^^;
なんだか疲れちゃったから朝ご飯はうどん。
具のない素うどん(笑)
そして無理矢理まだほんのりあったかいタルトを食べさせ、
マンゴプリンは『もうお腹いっぱい』って断られた(爆)

チチとtaは出かけたので、
miのお昼ご飯は残りの素うどん。
そしてワタシはまたルバーブタルトが昼ご飯。

手作りのお菓子なんていいお母さんね〜♪
なんてよく言われるけどそれは大間違い!
お菓子作ってご飯作ってないですから(笑)



a0114345_1650357.jpg



わが家は床生活なので、
食べてるとこんな風にアゴのっけてきます。
(のっけられてるのアタシの足。まだパジャマだし・・)

すると、だんだん眠くなってくる。

a0114345_16503436.jpg


カメラ向けると目が開いちゃうのが残念っ。
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-07-19 12:27 | パンやお菓子
ご趣味は?
a0114345_16585936.jpg


ドーナッツ作りました♪
イーストを使ったパンドーナッツです。
↑はmiが一生懸命デコしました。
ず〜いぶん前にクオカで買って一度も使わないまま冷蔵庫に放置してた“コーティングチョコレート
いったいいつ買ったのか・・
賞味期限はいつまでなのか・・

まだ大丈夫な感じもするし、でも油浮きしている気もするし・・
で悩みに悩んで結局ゴミ箱へ。。。結局ふつうのチョコを溶かして使いました。
わが家の冷蔵庫には“いつか使おう”と買っておいて忘れ去られたままの食材、
とくに製菓材料がたくさんあります。
すぐには手に入らないものだからクオカで買い物するときについついカートに入れてしまうのだけれど・・
布と違って“期限”があるから気をつけなきゃな〜
布も食材ほどではないけど“旬”はあるからね・・寝かせるのもほどほどにしないとね^^;


a0114345_1659138.jpg


ドーナッツ作ったの、実は子ども達が生まれてから初めてかも?!!
実家では作った記憶があるけど、
パン教室で作ったのが最後だと思う。

小さい鍋で揚げたのでちょっと大変だったっ
次は中華なべで揚げようかな^^;

1/3はデコレーション
1/3はシナモンシュガー
1/3はあんドーナッツ
にしました。
あんドーナッツ!これが一番美味しかった♪


a0114345_1659043.jpg


イーストドーナッツは軽いです(重さが)
気をつけないとパクパクいっちゃいますよ。
『あっさりしてる〜』なんてのは気のせいですからね。

最近よく見かけるようになりましたが、
“揚げていないドーナッツ”ブームですか?
揚げなきゃただの穴のあいたバターケーキじゃないかなと思うけどね^^;
カロリーは気になるけどやっぱり揚げてなんぼでしょう(笑)


喜んで食べるmiのそばには、
おこぼれを狙う一匹のイヌ。


a0114345_1659024.jpg



もれなく付いてきます^^


a0114345_16585973.jpg


このときはいっぴきですが、
両側でにぴきの時も多いですよ。
でもこれは貰えません。キッパリ。
きっと
『落ちれ〜落ちれ〜』と念じてると思いますが(笑)




ずいぶんご無沙汰の更新になってしまいした。。
相変わらずバタバタと毎日を過ごしております。


a0114345_0495638.jpg



先週末、miと入ってるゴスペルサークルのステージがありました。
地域のコーラスグループのつどい大会に毎年参加してます。
ちまたにコーラスグループは沢山あるようで、
年々参加グループが増えて、今年も朝から夕方までみっちりプログラムが組まれていました。

“コーラス”を楽しまれている方は総じて年齢層が高く、
ピンクや紫など華やかなサテンのお揃いロングドレスと蝶ネクタイの方々の中、
基本真っ黒で子連れのワタシたちはいつも異色を放つ存在です^^;

↑は去年作った衣装。
大人とピンクを嫌う男の子は黒ポロ。
女の子とピンクでもOKなちびっこ男の子はショッキングピンクのポロ。
チチの会社のデザイナーさんにタダでデザインしていただいたロゴマークをアイロンプリントでペタリ。

この黒とピンクのコントラストが舞台映えしまして、 手前味噌ですがなかなか可愛いのですよ。
とってもいい出来だったので、
去年に引き続き今年の衣装として再採用です。
来年は子ども達がサイズアウトしそうだから、新たに作らなきゃいけないかな。

このポロシャツ、こちらのネットショップ→でまとめて購入しました。
一枚648円という驚きの安さながら、
なかなかタイトなデザインでものも良くおすすめです。


さて、我がゴスペルサークルは、毎年この7月のステージに向けて3ヶ月ほど前から
新曲2曲の練習を開始します。
曲をものにするまでに音程をとれるようになること、
英語の歌詞が入る事の2つのハードルがあります(汗)
ゴスペル曲は同じフレーズの繰り返しが多いのでそんなに難しくないのですが・・・
毎年毎年、ギリギリの仕上がりになるワタクシ、、
今年はさらに四季にうつつを抜かし、
練習曲のCDを聞かずにミュージカルCDばっかり聞いてたからホントひどかった。

それにやっぱり歳のせいかしらん?
『もう完璧!歌詞入った!!』と確信した15分後には忘れているのですよーー。

それでも、学生の頃のテスト勉強並みに一夜漬けして、
前日ステージリハの頃にはなんとか形になりましたのよ。
そんなことしてるのはワタシくらいかと思いきや、
移動中も楽譜を手放さない仲間や縮小コピーのアンチョコをリハまで持ち込んでる仲間、
待ち時間のあいだ中ぶつぶつ呪文を唱える仲間達(これワタシも)。。
みんな一緒でした^^;

少々の不安を感じながらも直前練習ではパワー全開で大盛り上がりをみせるメンバーたち。
ワタクシもこのステージに立つのは6回目(くらい)、
もう緊張もしないわ。
と思っていたのに。。
いざ本番でステージに立った途端、、
飛んだ、ワタシの中でネジがひとつ飛んだあ〜
歌はなんとかなったものの、、振りが飛んだ。
最後の決めポーズまで両手をあげるのか片手をあげるのかわからなくなって(汗)
なんだか挙動不審な動きに。。^^;
なんでだろう?舞い上がっちゃったなー。

自分の出来には満足いかなかったものの、
全体の出来はなかなかだったのでは?と思います^^
みんなノリノリで楽しかったし☆
この後の打ち上げも盛大な盛り上がりようでした♪
この仲間たち、年代さまざまで、仕事を持ってたり専業主婦だったり、
最近ではパパもいたりして^^バラエティーに富んだ仲間達。
歌が好きという共通点で集まったこのノリのいいゆかいな仲間達との空間はとても心地いい。
みんなそれぞれ大なり小なり大変なことを抱えてたりもするのだけれど、、
まったくそれを感じさせない明るさとパワーにはいつも感心しきり。
いつも元気もらってます^^


ここでやっとタイトルの『ご趣味は?』に繋がるのですけれど、

小学校の懇親会とか学童の新年度歓迎会などで自己紹介の時に
『趣味やいまハマっていることを話してください』というネタをよく使います。
“自己紹介してください”だけだと子供の話しをするだけで終わってしまうのですけれど、
こうやってネタを提供するとお母さんがた本人のお話が聞けて面白いのです。

でも『ご趣味は?』って聞かれると
『え〜?どうしよう。。何もない』ってお母さんがかなりの数でいらっしゃいます。
ワタシはですね。。
『えっと、今日はどれを言おうかな』って感じです(笑)
その時によってハマり度が違うので、
『洋裁です』とか『カメラ好きです』とか『お菓子よく作ってます』とか『本好きです』とか。。
先週だったらゴスペル度が急上昇してたので『娘とゴスペルサークル入ってます☆』って言うかも。

なんていくらでも出てきます^^;

そして、
今年は、
間違いなく。。。


『ミュージカルが好きで、劇団四季よく行きます』

を使いました(笑)


ゴスペル仲間たちやブログお友達、その中にはカメラ友やソーイング友などさらに重なってたりして、
そこから広がる趣味友たちはいろいろな刺激を与えてくれる大切な存在で♡
そもそも趣味から広がってるから『趣味がない』なんて身近にあまりいない(笑)

『ママ友だけじゃなくて“趣味友”もとってもオススメ』ってのはゴスペ友、ブログ友、カメラ友、であり、そして最近は四季友にもなった趣味友RIPUさんの談^^
ホント!ワタシもそう思います♪

まあ、
いつも母に『あんたいつも忙しい、忙しいって、そんなことばっかりやってるからでしょう!』と
怒られるほど趣味生活を楽しんでしまっているワタシは問題大アリですけど・・・汗
こんなに好き放題やらせてくれてる家族、とくにチチには感謝しております。ハイ。

仕事と子育てに追われてる学童のお母さんたちも、
来年の歓迎会では
『え〜?趣味?どうしよう。。何もない』ってセリフが少しでも減るのを期待します!
あっ、『趣味はないけど、あえて言うならお酒が好き♪』が多かった(笑)
飲める人が多いのは働くハハの特徴かな?笑
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-07-10 23:45 | パンやお菓子
くまさんですよ!はぴ〜ば〜すでい10歳☆
5月のうちに更新しなきゃ〜(汗)


a0114345_0463481.jpg




5月はGWで始まって、母の日とかワタシの誕生日、そしてmiの誕生日となんだかお祝いごとが多い月。
今年の5月もあっという間に過ぎました。

miが10歳の誕生日を迎えました。
早いものでもう4年生。
小学校でもクラブ活動がはじまったり、はじめての宿泊学習があります。
その準備として、先日、長く伸びた髪の毛を美容院でカットしてもらいました。
量が多くて癖毛のmiの髪の毛。
自分ではきちんとシャンプ&ドライがしきれません。
でも、短くするのを嫌がって嫌がって、
半泣き状態で連れて行きました。

なるべく短くして欲しいハハとなるべく短くしたくないムスメのリクエストに挟ませれて、
美容師さんはかなり『困ったな〜』だったのですが、
癖を活かして仕上げてくれました。
美容師さん『どうしようかと思ったけれど、可愛くなってよかった』
ハハ『可愛くしてくれてありがとうございます』
なんてやり取りをしている横で、
『miはやっぱり長い方がよかった』とはっきり口にだす我がムスメ(汗)
ハハ冷や汗・・・

早く空気が読める女性に成長してね^^;



a0114345_0412551.jpg




バースデイケーキの希望は、
今年もチョコレートケーキ(いつもチョコ)。
目指したのは“くまさんケーキ”

暗くてよく見えない?



見たいですか?



笑劇的ですよ?


いいですか?


じゃあ、




どうぞ。



じゃぁ〜ん!!


a0114345_0412582.jpg



“くま”ですよ!!誰がなんと言おうと!


なんでですかねー。
目が寄り目だからですかねー。
鼻の下につけちゃったヤツが微妙でしたかねー。
つけちゃってからない方がいいなーと思ったんですけど、
クリームに跡がついちゃって取れなかったんですね。
へんなかお(爆)

18センチ型で焼いた丸形スポンジを3枚にスライスして、
ラップを敷いたボウルに敷き詰めました。
中にはイチゴとチョコレートクリームを詰めたのですが、
例によって時間がなく、冷蔵庫で冷やし固めが足りなくて、
回転台からお皿に移す時に崩れて泣きました(涙)
クリームの量がぎりぎりだったので、ナッペで隠しきれず・・
イチゴで隠しているつもりですが、まったくごまかせてません・笑
耳は、その前に失敗してカチカチになったスポンジを冷凍保存してあったのを
包丁で削り(本当に固くて彫刻してるみたいだった^^;)パスタで本体にさしています。

クリーム塗り(ナッペなんて言えない・汗)に手間取って、だれてくるし・・
お菓子教室で教わったテクニックはまったく活かせず、
もう散々でした。。
でも、miは喜んでくれたし、
味は良かったんですよ^^
ケーキも買うと高いしね、
こんな不出来でも、いい思い出ってことで、

miちゃん、10歳のお誕生日おめでとう☆

とりあえず、5月中にぎりぎりで更新ってことで、
本日は手短に^^
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-05-31 23:49 | パンやお菓子
お菓子教室〜ロールケーキ〜
a0114345_1113482.jpg


念願のお菓子教室に参加してきました♪

子どもの頃からお菓子作りが(食べるのが?)大好きで、
子ども用のお菓子本片手に、ゼリーやらケーキやらしょっちゅう作っていました。
ワタシの実家は、いろいろ手を出しては道具を揃える母のお陰で、
お菓子づくりの道具はひと通り揃っていました。
(そしてそのDNAは確実に娘のワタシに遺伝してる)
母の話しによると、昔、団地の奥様がたで集まって開かれていたお菓子教室で揃えたものだそうです。
昔のものなので、ケーキ型は21センチ、蛇の目型も同様に時代を反映したビッグサイズですが、
しっかりした作りのものが多くて今でも現役で使えている30年ものがいくつもあります。

母も働いていたので忙しく、
『自分で作りなさい』と台所は自由に使わせてくれました。
でも、実家の台所に組み込まれたガスオーブンは温度計が壊れていて、
別買いした温度計と火の強弱で温度調整している小学生・・・
あれじゃあ上手く作れるわけないけれど、当時は一生懸命でした^^;

自分で作ったケーキでお友達を呼んでお誕生日会(自分の)を開いたのは、
5〜6年生の頃だったでしょうか・・
固ったいチョコレートケーキを『おいしい』と食べてくれたお友達^^;
たいへん気の毒(笑)

それからまったくの自己流で、
いろいろな本に浮気しながらのお菓子作り。
そりゃあ、昔にくらべれば少しはまともな物が作れるようになったものの・・
チャンスがあればお教室でちゃんと習ってみたいと思っていました。


そして、


a0114345_1113296.jpg




ついに『行ってみたい、教えて欲しい』と思える、
お教室と先生に出会えました☆
いつもご自身のブログで美味しそうなお菓子やパンを紹介されていて、
いつかお菓子教室を開く!という情報を聞いてから、ブログをチェックチェック!
そして、本格的にスタートするまえの『preお菓子教室』にいち早く申し込みを♪



a0114345_1113258.jpg



5月のお菓子は
『ロールケーキ』でした♪

“ロールケーキ”簡単そうで実は奥が深いお菓子です。
ビスキュイ(天板で薄く焼く生地をビスキュイと言うそう)のレシピもいろいろあって、
それぞれ食感やもちろん味が違うし、ワタシもいろいろなレシピを浮気しながら作ってきたけれど、
これぞ!!という出来上がりに落ち着かないケーキです(他に落ち着いてるケーキがあるのかと言われても何もないけど^^;)
ぜひ、安定して納得いくものが作れるようになりたいです。

今回のロールケーキは、
30×30サイズの天板を使い、
卵を7こ(くらい)ぶん使うビックサイズロール。
クリームはホワイトガナッシュクリームをたっぷり巻き込む、
シンプルだけどとても贅沢なロールケーキです。


a0114345_1113444.jpg



今回のポイントは、
卵白の泡立て具合の見極め、そして、粉の混ぜ合わせなど(他にもたくさん)
まず先生のデモンストレーションを見学して、
次は自分で一台仕上げます。
生徒は2名!!
先生のデモをしっかり見ているつもりでも、
さあ自分で作ってみると『あれっ?あれっ?』ここどおするんだっけ?と緊張もあって少々混乱^^;

レシピを見ているだけではわからない、
テクニックが沢山ありました。
そして、勘違いも。

長くプロのパティシエ経験のある先生。
効率よく仕上げるプロのテクニックを教えていただきました。
粉の混ぜ方は、一緒にゴムベラを持っての指導。
“プロは切るように混ぜない”という小嶋ルミさんの衝撃的な一行に出会ってから、
ワタシの生地混ぜは錯綜してましたので^^;
やっぱり“切らない”ゴムベラの面を使ったリズミカルな混ぜ方に納得しました。
天板に流し込んでからの生地のならしかたなんかもとても参考になりました。



a0114345_1113156.jpg



巻き込むガナッシュクリームは、
『ホワイトチョコレートの味が苦手』という先生が、
これなら“美味しく食べられる”と試行錯誤して作られたチョコと生クリームの配合で、
おすすめのホワイトチョコレートの種類から生クリームの脂肪分まで教えていただきました。

ワタシは以前、同じようなガナッシュクリームを巻いたロールを作ったことがあるのですが、
どうもこのガナッシュクリームの味がいまいち馴染めませんでした。
でも、確かにこのクリームはミルキーでかと言ってしつこくなくとても美味しいのです。

自分で作った一台はお持ち帰りで、
試食は先生が焼いて用意しておいて下さったケーキをいただきました。
目の前で切り分け、盛りつけてられたケーキはこちら↓


a0114345_1161195.jpg




まあ♪なんて美しい☆
家では考えられないほど厚く(笑)切られた一切れ。
『フォークはイチゴ用です。ケーキはぜひ手でパクッと!』と先生。

『美味しい〜☆』

ビスキュイはやさしいタマゴ味でふっくら、
ミルキーなクリームとの相性もばっちりで、
最近めっきり重たい食べ物を受けつけなくなったワタシも
ペロっと食べてしまいました^^
『おかわりどうぞ〜^^』にも応えてしまいましたし(汗)


ロールケーキ作りのテクニックを教えていただいた有意義な時間だったのはもちろんですが、
何より先生がかっこいい☆(女性です^^)それに、先生のご自宅がこれまた素敵なんです。
ステキな空間で、必要なものが効率よく使えるように揃えられた機能的なキッチンでお菓子を作る。
そして、美味しいお茶とお菓子を戴いて、片付けなし(←それかよ・笑)
何とも非日常な優雅な時間をいただいてきました。

また次回のお教室の予定もあるようですし、
設備が整ったら、天然酵母のパン教室も開かれるそうです。楽しみ☆
それまでに忘れないうちに↑のロールケーキを復習しておかねば、と現在ロールケーキ天板の購入を検討中です。

先生の許可をいただいてご紹介。
今回お世話になった
天然酵母パンと焼き菓子の教室『fumufumu』のHPはコチラ→です



普段、家ではエプロンをしないワタシ。
お教室に参加するために前の日の夜に縫いました。


a0114345_1113385.jpg



手持ちのエプロンは結婚祝いでいただいた10年もの^^;

丈が短くて、身体にフィットするようなスタイリッシュなエプロンを目指しました。
パターンレーベルさんのエプロンパターンがずーっと気になっていたのですが、
ちょっとお高いのと今さら間に合わないので、
サイトに記載されているサイズを参考にして作りました。

結構細かいサイズまで記載されているので、
なんて太っ腹!!って思いましたが、
おそらくスタイリッシュなエプロンのデザインの肝なのであろう、
胸当て部分のサイズが記載されておらず・・
自分を採寸しながら裁断したのですが、、やはりスタイリッシュには程遠い仕上がりとなりました^^;
でも、あり合わせの生地を組み合わせて、型紙のない勘で縫い合わせる適当ソーイング♪
それはそれで楽しいものです(笑)
これからはエプロンの生活を身につけようと思いましたが・・
やっぱり面倒くさくて冷蔵庫の角にぶら下がったままなんです^^;


強い台風が近づいています。
皆様もどうぞお気をつけて。
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-05-30 00:08 | パンやお菓子
13th birthday!!
a0114345_1338495.jpg



miが学童で作ってきたマシュマロ菓子。
『ママとパパ いつもありがとう』のメッセージつきでもらいました♡
簡単にできてとっても可愛いです。
先生のアイデアに感心♪デス^^


taの誕生日でした。


a0114345_13395286.jpg



2月の早生まれ、
周りの子より、歩くのもしゃべるのも書くのも遅くて、、
比べては焦った頃もあったけれど。。
気がついたら追いついて、
担任の先生に、
『taくんの精神的発達に周りが追いついていない』と言われるようになったのはいつ頃だっただろう?

でも、いまだに反抗期らしきものが見えてこないのは、成長止まったか?笑

ハハとしては、言いたいこともいろいろあるのだけれど^^;

大きな病気やケガもなく、
ここまで元気にすくすくと成長してくれた。
それ以上に望むことそして、ありがたいことなんて何もない。だよね^^


a0114345_13384791.jpg


『13歳の誕生日 おめでとう』



今回のバースデイケーキは、
小嶋ルミ「おいしい生地」より“紅茶風味のチョコレートケーキ”です。

毎年、ロールケーキをご所望になるtaですが、
いまハハは、小嶋ルミ法習得中<コチラ>ですので、
リクエストは聞かずに決めました。

前回は、混ぜ方を勘違いしたまま挑んで玉砕したので、
今回は、さらに詳しい作り方が書いてある小嶋ルミ本を立ち読みしてリベンジです。

ちゃんと卵液の温度も測って、40度まで温めて慎重に進めてた・・のですが、
途中で、ハタと気づいたら、、
卵ロールの作り方見てた(ガーん・・)
だって、だって(泣)
『スポンジ生地の作り方は“基本のスポンジ”を参考に』って書いてあるから、
前のページを見て作ってたら、
“基本のスポンジの作り方”との間に、“卵ロール”の作り方があったんだよーー。

てことで、膨らまなかったので、
くやしいのでもう1コ焼きました(笑)

2回目は、少し卵を泡立て過ぎたかなー?って感がありましたが、
1回目のスポンジよりも5mm高く焼き上がりました。
前回よりもきめ細かい焼き上がりだったので、
すこ〜しずつ上達はしてますけれど、
まだまだですな(ふぅ)


a0114345_1724166.jpg


このレシピ、
3段にカットしたスポンジに紅茶シロップをたっぷりしみ込ませて、
チョコレートクリームをサンドします。
このたっぷりしみ込ませたシロップのせいで、
スポンジがふわふわなのか・・がよくわからないんです^^;

それに、、ひどいナッペですねー。
きっとクリームも泡立て過ぎなんですね。
なんとかしようと撫で付けているうちにさらにクリームが硬化したし。。

今回ですね、このデコ下手もなんとかしたくて、
ついに!回転台とスパチュラ(いままで餃子包み用のヘラでやってた)を買ったんです!!

が、

バレンタインと雪が重なって、
配送が間に合わなかった。。残念(涙)
たとえ回転台とスパチュラがあったとしても大して変わらない出来映えだったでしょうが^^;

写真を見ればおわかりのように、
このきったないナッペをなんとか隠せないかと、
苦し紛れのピンクチョコを削ってのっけてます。
このちょっとのピンクがね、香り高いアールグレーシロップとチョコレートクリームのリッチなバランスを
見事に安っぽい味に壊してくれてましたよ(汗)
ワタシはピンクを削りとってから食べました。
ピンクはもうやめときます。^^;



さて、13歳になったtaくんですが、
先日のエントリー<コチラ>を読んだチチより、
『これじゃtaがダメな子みたいじゃないか』とクレームがきたので、
今日はちょっとこんな話題でアゲときたいと思います。



学校で英語のスピーチコンテストがありまして、
まずクラスの選考会で代表者3名のうちの一人に選ばれました。
そして、4クラスの代表者での本戦で・・・


a0114345_13384944.jpg


『2nd☆』
(いろいろ消し加工してたらよくわからない画像になってスミマセン)

まったくの親ばかネタですみません。
でも、taがですね、
『スピーチコンテストで優勝してブログの話題を作ってあげる!!』って言ったんですよ。
1位がとれなかったので、
『タイトルを“惜しくも2位にする?”』って聞いたら、
『惜しくない』って言ってました(笑)


優勝者は英検準2級のお子さんだそうなので、
よく頑張ったのではないでしょうか^^
来年は優勝する!そうなので、さらに頑張ってもらいましょう。


そして、小学校1年生から続けている書道。
お教室で練習してきたものはそのまま自分で捨ててしまうので、
先日、久しぶりにtaの作品を見て驚きました。


a0114345_1338484.jpg



あらっ、いつの間にかこんなのが書けるように!!

これはかなり自信作のようで、
自ら冷蔵庫に貼ってきたので(笑)写真撮りました。
今月はじめてのお稽古でいきなりいいのが書けたので、
その場で“小躍り”したらしい(笑)
上手いかは別として、その“小躍り”を見たかった(笑)

そんでもって次週。

a0114345_13384943.jpg


『先週と比べてどお?』
ってまた冷蔵庫に貼られたので^^;
どおですかね?こっちのほうがいいかなぁ?

あと一回のお稽古でお清書だそうです。
いいのが書けるといいね。
受験でのブランクを取り戻せてきたねと先生に言われたそうです。
継続は力なり、こちらもがんばってね。


a0114345_13384672.jpg


中学入学したての頃は、食が細くて、
背ばっかり伸びてがりがり君だったけれど、
最近はやけに食べるようになってきて、
『お腹空いた』『なんか食べるものある?』『ご飯なに?』
このセリフばっかり・・

ずっと使うつもりで買い替えたお弁当箱もみっちり詰めないと
『足りない』と言われる始末。
現在、ご飯は8割強詰めで1合入ってます^^;
フタでギュっと押さえるくらいまで詰めたら、高校生まで使えるかな?笑

物欲のないtaが、誕生日プレゼントに選んだ物は・・
『劇団四季 ライオンキングのチケット』
なぜかハハ以上にハマって、
毎日、毎日CDを聞いているので、
さすがのワタシも『また、ライオンキング?』って文句を言うくらい^^;

3月のなるべく前方の席をとりました。
一人で行くのは寂しいそうなので、
しょうがないな〜ハハが一緒に行ってやるよ^^
まだまだ可愛いもんです・笑
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-02-21 23:59 | パンやお菓子
小嶋ルミ『おいしい!生地』より
a0114345_13103788.jpg




お正月にチチの実家に帰ったとき、
青果市場に勤めるお義兄さんから、
『ケーキでも作って』と高級イチゴを4パックもいただきました♪
きゃ〜☆
クリスマスのケーキにだって、『イチゴはまだ高いからダメ』って買わなかったのに^^;
うれしいぃぃ♪



a0114345_1231842.jpg




イチゴを惜しげもなくたっぷり使って♡イチゴショートを作りました。
最近は、ロールケーキやシフォンばっかりでホールのスポンジを焼くのは久しぶりです。

今回は小嶋ルミさんのレシピで作ってみました。
評判がいいのを知って、しばらく購入を迷って迷って買った本。



楽天ブックス: おいしい!生地 - スポンジ、パウンド、シフォン…焼きっぱなしで極上に -


スポンジは何年も焼いてきましたが、
納得できる出来だったものは、、
実は1回しかないのです・笑
一度だけ、キメが細かくてふわふわのスポンジが焼けたことがあるのですが、
いつも同じレシピを使っているのになぜアレが焼けたのか、
いまだにわかりません。

今までのだって、美味しいは美味しいのです。
でも、手作りの美味しさです。
ケーキ屋さんのケーキとは違うのです。

そこで、ケーキ作りの腕をもう少しあげるべく、
小嶋さんのレシピに挑戦です。

この本、なぜ評判がいいのか・・・
すごく指示が丁寧なんです。
まず、材料は卵まですべて“g”表示。
そして、電動ミキサーで何分泡立てる。
シリコンヘラで何回混ぜる。
など、非常に細かいのです。

これを分かりやすいと感じるか、
面倒くさいと感じるかは人により受け取りかたが違うかもしれませんが、
レシピに忠実に作れば、必ず美味しくできると思います。

さて、じゃあこのイチゴのケーキが上手にできたかというと・・・


a0114345_1231835.jpg


失敗しました(笑)

このレシピ、泡立てた卵と粉を混ぜ合わせる回数が
“80〜100”回!!
いい加減、後半は手が痛くなりました^^;
卵の泡立て具合はいい感じだったのに、
混ぜ合わせるうちに明らかに生地が縮んだし、
何かちがくない?
とりあえずオーブンにつっこんでから、
う〜ん、本当にこんなに混ぜてもいいのかなー?と本をぺらぺらめくっていたら。

最初にでてくる、一番重要な『おいしい木のための、混ぜ方』に衝撃的なひとことが!!

------

『切るように軽く混ぜます』とよく表現されますが、
私たちプロはそのような言葉はほとんど使いません。

------

『ガ〜ン』

『そおなんだあ〜。。』

いままで張り切って、切ってたなあ(笑)

生地に対してヘラを縦にいれるのではなくて、全面を使って混ぜるのですって!!
そして、軽くではなく、つやが出るまで混ぜ込む。
その他にも、ボールを○度回転移動させながらとか、
もお目からウロコですよ!!


本の構成は、もちろん巻頭から、ハンドミキサーでの混ぜ方、ヘラでの生地の混ぜ方、
と重要な基本的なテクニックの丁寧な説明からはいります。
それをすっとばして作り始めたワタシがいけないのです。。

最近は、混ぜが足りないことが失敗をまねくと言うことには気づいて気をつけていたのですが、
切るように混ぜることに自信すら持ってしまっていたワタシは大ショッックです(泣)
自己流ってだめなのね。

味はね、良かったですよ☆
やっぱり、イチゴと生クリームと卵たっぷりスポンジ生地の組み合わせは最強です。
膨らみがいまいちのスポンジでもこの味ですから、
きっとちゃんと成功すればもっと美味しくできるハズ!!

早速リベンジしたいところですが、
昭和生まれのワタクシ、
クリスマスでも誕生日でもないのにホールのケーキを作って食べるには
なんだか後ろめたさが^^;

なので、リベンジは同書より、


a0114345_1231670.jpg


『チョコロール』


我が家のオーブン天板が小さいため、
材料を2/3に減らし、生クリームも減量して外塗りはなし(だって1パックしか買わないし)、
巻き込むフルーツは、パイナップルが欠員のためキウィとラズベリーのみとなってます。

『基本のスポンジ生地より砂糖が少なめだから泡立ちが大きくなる』とか
『ココアの油分で泡が消えやすいので混ぜすぎない』とか
お菓子つくりってデリケートなんだな〜と改めて思います。

こちらは、本の指示どおりのヘラ使いを目指しましたが、
長年しみついてしまった『切るように混ぜる』が邪魔をして、
なかなかスムーズにはいきませんでした、ガっ、
頑張って直していこうと思います。



さて、この出来が果たして成功なのか?はわかりません^^;
天板が小さいから本よりも巻きが少ないしね。

でも、このチョコロールはtaが『ウマっ☆』といたく気に入って、
ご飯まえなのに『もう一切れ食べたい』と言う。

『ご飯前だし、それに、いま食べたら明日食べるぶんが無くなるよ』と言ったら、

しばらく考えて。。

ta『食べる!食べたい!!明日おいしいより、今おいしい方がイイ!!』

ハハ『よっしゃ。そこまで言うならもう一切れ食べてもヨシっ』

たかがロールケーキ一切れに(爆)
それくらい美味しかったってことで^^;


同じく、同書のシフォンケーキは2回作っていますが、
こちらもとても美味しくできました。
2回目なんか膨らみすぎて型から溢れ出そうだったし(これはこれで何か間違えてるかもしれないけど)
小嶋ルミさんのレシピ、
とても勉強になります。

小嶋さんは教室も開催されているようで、
一度行ってみたいなー。
でも、遠いし(武蔵小金井)、受講料高いし(2回で2万円弱)、、
と思ったら、こんなのも発売されています。


楽天ブックス: 小嶋ルミのおいしいイチゴのショートケーキ&バタースポンジ(vol.1)DVD講習つき -


楽天ブックス: 小嶋ルミのおいしいシフォンケーキ&ビスキュイ DVD講習つき(vol.2)


こっちを買うべきだっただなー。
『おいしい!生地』でも写真と丁寧な解説はあるけれど、
“すかさず左手でボールを1/6回転”とか
“10秒間に30回転”とか、生地の状態とか、
絶対、文章よりも映像のほうが分かりやすいよね。
ナッペの方法も紹介されているらしいよ。
ホールのケーキは何がイヤってデコレーションですべてを台無しにしちゃうからな〜。

持っている本と多くのレシピが重なっている事実を差し引いても
DVDを手に入れる価値があるような気もする・・
でも、一冊2,500円也。
最近、四季に散財してるワタシには簡単に手を出せる金額じゃないよ〜。
よ〜く考えます。ハイ。
はじめて買う方は、絶対DVD付きをおススメします。


小嶋さんのレシピの中で、
スコーンも美味しいですよ。

a0114345_1231772.jpg


こちらは同書『おいしい!生地』より“プレーンスコーン”
お食事用を意識してあるのか、甘さ控えめです。

でも、ワタシ的には、


a0114345_1231784.jpg


楽天ブックス: オーブン・ミトンのおやつなお菓子
の“オールドファッション”(スコーン)のほうが好みです。
甘みが強くて、コーヒーショップなどで売られてるスコーンな味です。
お菓子的な感じ。
型抜きが面倒なので、もっぱらめん棒で伸ばしたらカードで三角にカットにしています。

最近のお菓子づくりは、
気づけば、なかしましほさんか、小嶋ルミさんを選んでます。
かなりお気に入りです♪


あっ、最後になりましたが、
お義兄さん、
イチゴ、ごちそうさまでした。
とっても美味しかったです。

また、よろしくお願いします。
(笑)
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-01-27 22:55 | パンやお菓子
型抜きクッキーをつくる。
とても久しぶりに、
型抜きクッキーを作りました♪


a0114345_15563155.jpg




あまりの可愛さにウキウキ写真を撮る^^
(ちょっと絞りすぎた)


a0114345_15563774.jpg




先日届いた
check&stripeさんの起毛チェック生地も可愛かった♪
miの服にするつもりで予約したけれど、
形になるのはいつのことやら・・・汗




a0114345_15563230.jpg




この可愛いクッキー型はコチラで購入した“3cookies”さんのもの。
あれもこれもと欲しくなって大人買い^^;
ちょっと面倒くさくても、バニラとココアで作るとより可愛いね。
全部でこんなに作ったよ♪↓



a0114345_15563477.jpg




たかこさんのアイスボックスクッキーのレシピが好きで、
型抜きそのレシピでつくっていたのだけれど、
アーモンドプードルがたっぷり入るそのさっくりクッキーは、
どうにも脆くて、プレゼントにするときは、なるべく割れないようにラッピングに気を使いました。

今回は、型についてきた“3cookies”さんのレシピで、
フープロで混ぜた。
(フープロではまとまりが悪かったのでコンデンスミルクを追加)
クッキー類はフープロを使うようになってからとっても楽に♪
今では、バターを室温に戻してクリーム状になるまで混ぜて・・なんて過程はもうできなぁい(笑)

さすがに型についてきたレシピだけあって、
とっても型抜きがしやすかったし、
焼き上がりもしっかりしたクッキーでちょっとやそっとじゃ割れないよ・笑

粉とタマゴとバターとお砂糖のシンプルレシピ。
おうちのおやつの味でした^^

ハハのさっくりクッキーに馴れているtaは、
味見でひとこと
『かたっ』

いやいや、、硬いわけじゃないんですよぉ
普通のクッキーなんですけどね。


a0114345_15563180.jpg


たくさん焼いたクッキーたち、
前のエントリーのようにラッピングして、
いつもワタシの作るお菓子を喜んでくれるお友達へ、
miが遊びに行ったお友達宅へ、
そして、エレクトーンの先生主催のクリスマス会へ持って行きました。
子ども達のパーティーには、
こんなシンプルなお菓子が喜ばれますね。
みんなポリポリ食べてくれました♪

今年はビンゴ係りを任命されたmi、
出てきた玉を並べるのに追われて、まったく自分のカードのチェックが間に合わずに、、
一番最後まで残っておりました^^;
この日で今年のレッスンは終了です。
来週と再来週の2回は冬休み、
エレクトーンのレッスンは毎週土曜日の大イベントなので、正直ほっとするわ〜^^;
歯医者と耳鼻科の予約いれとこ(笑)



**きょうのワンコ**


a0114345_1632288.jpg



足は短いけど胴がながいので^^;
これにジャンプが加わると結構とどきます。
端っこがでてれば、台所のものもイケちゃうYO。
ハリーです。
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-12-23 23:00 | パンやお菓子
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin