Top
<   2010年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
WireMeshCapを作る。

a0114345_1794991.jpg


実家からじいちゃんのとうもろこしが届きました。
毎年夏の間に、種類を変えて何度も送ってくれ、
食べきれなくて冷凍しているとうもろこしですが、
植え付けに失敗したそうで、

『今年は一回かぎりだよ〜』とのこと。

あまりいい出来じゃないとも母は言っていましたが、
十分甘くて美味しかった。
電子レンジで加熱してから、バターを溶かしたフライパンで焼き目をつけ、
お醤油をじゃーっとかけていただきました。

『もうちょっと食べたいな』くらいがちょうどいい^^


a0114345_1795214.jpg



昨日は、本当に久しぶりに涼しい一日で、
クーラーをつけずに寝られました。
もう一日くらいほっとできるかと期待したけれど、、
今日の午後からは暑さもすっかり戻ってきてしまいましたぁ。。

7月に入ってから、毎日暑くて、暑くて、、
ベランダのプランターに朝たっぷり水をあげてきても夕方にはカラカラだし、
連日、小学校の水泳教室、学童のプール(これも小学校のプールを使用)に出かけているmiは、
真っ黒コゲのこげぱんちゃん。
生まれてから一番日焼けしてる夏かも^^;

朝は日焼け止めを塗っていかせるし、鞄にも入れさせてはいるのだけど、
プールに出かける前に自分で塗るってのがどうしても嫌らしい、、です。困ったもんだ。。

毎日着実に焼いていると皮は剥けないのですね〜、
それに対して、学校の集中水泳訓練は室内プール、部活も室内スポーツのtaは、
先日の野尻湖宿泊学習でこの夏最初の日差しをいっぱい浴びて,
現在、脱皮中です^^
皮剥け初体験なので、ハハに『ねえこれ大丈夫?剥けたことある?』とウルサイ・・

そんなtaも、来週はビーチバレー、山中湖合宿と続くので、
すぐに真っ黒お肌が定着することでしょう^^;


↑の写真は、最近お気に入りのおにぎりセット。
お義母さんから送ってもらった、富山のとろろ昆布は驚くほど幅広で、
紫蘇とたたき梅をのせて包んだらとってもとっても美味でした♪
もうひとつ、お義母さんが鹿児島から取り寄せてくれた『かつおみそ』を使った焼きおにぎり。
かなり甘いみそなのですが、魚焼きグリルで軽く焼いたおにぎりにみそをのせてもう一度さっと焼く♪
これもとっても美味しいのですよ。

魚焼きグリルで焼きおにぎりを作る時は、
ホイルにサラダ油を塗ってからおにぎりをのせます。
焼き上がってからしばらく置いておくと、くっつかずにきれいにはがれます。
焼きたてだとホイルにご飯がくっついてしまいます。
“くっつかないホイル”も便利ですが、ちょっとしか入ってなくて結構高いので^^;

この『かつおみそ』
ネットで調べてみたら、ありました『カネヨ販売 かつおみそ』
鹿児島県枕崎市はかつおが有名なのですね。
他にもいろいろなメーカーさんが同じようなおみそを販売しているようです。
ワタシはこちらのものしか戴いた事がないですが、
焼きおにぎりには最高♪ですよ。




a0114345_1795125.jpg



昼間の暑さには本当にうんざりですが、、
夕方の空はとてもきれいです。
ただオートで撮っただけですが、とってもきれいな色で撮れました。



強い日差しのなか、
学童と学校を、多い日は2回も往復するmiに、
whistle@さんのWireMeshCapを作りました。


a0114345_1795074.jpg



フロント生地は、小さい頃miの大のお気に入りだった
あくびちゃんトレーナーをリサイクルしました。
かなり着たので、お下がりに回す事も出来ないし、かといって捨てるのも忍びなく・・
いつか利用できたらと取っておいたものです。

ブログネタとして、リサイクル前の写真を撮っておくべきだったと気付いたのは、
切り刻んで、帽子になってから(涙)

古い写真を捜したら、着ているのがなんとかありました^^;


a0114345_882186.jpg



ちっちゃ・笑
日付は“2006”、4年前ですね。
このときすでに2シーズンくらいは経過していると思うので、
サイズは110センチくらいかなー。


a0114345_179505.jpg



なにせ小さいトレーナーだったので、
どうやってもこの位置でしかとれず、
あくびちゃんのお顔をひしゃげてしまったのは手作りのご愛嬌^^;
ちょっと見ただけじゃわからないかな〜なんて、へへへ。

RickRackさんのフロッキープリントを貼付けました。
いったいこれはどこの言葉でなんと書いてあるのでしょうか?笑


子ども達がCAPしか被らないので、他にもwhistle@さんのメッシュキャップのパターンは、
(B)CAPと初代メッシュキャップのパターン<コチラ>を持っていますが、
なるべくあくびちゃんを無事に残すために、1枚フロント仕立ての
“WireMeshCapパターン”をはじめて使いました。

今までのメッシュキャップパターンとの違いは、ひさしに硬い芯を入れるのではなく、
ひさし周囲にワイヤーを入れて仕上げることです。
ベルボーレンのひさし付けに毎回苦労し、かならず何度か縫い直しをしていましたが、
コレはとても楽にできました。
ワイヤーなので自在に形を整えることが出来、見かけは市販のCAPのようにアーチ状に曲げることも出来ます。

柔らかい生地を使えるので、ひさし生地にも接着芯を貼ったニットを使用していますが、
フロントとひさしにはスポンジ芯を挟んでるので、
意外にしっかりしています。

難しい過程はまったくなくて、パーツを組み合わせるうちにだんだんと立体になっていく帽子づくりは
やっぱり楽しかった♪
めずらしく大きな失敗もなく順調に作り上げましたが、接着芯をはったり、バイアステープをたたいたり、
と作業は細かいので、なんだかんだ一日かかってしまいました。


a0114345_853354.jpg



白のアジャスターを切らしていたので、後ろはゴム仕上げです。
Sサイズで作りましたが、まだちょっと大きいようです。

帽子を被る事がありまり好きではないmiですが、
学童では毎日持って行く決まりです。
これで少しでも黒こげ防止をしておくれ(祈り)

週末からまた酷暑が戻って来るそうです。
どうぞみなさまご自愛くださいませ。
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-07-30 17:10 | ソーイング
あんずのタルトを作る。

カエルぱんいっぱい^^

a0114345_0324090.jpg


以前、失敗したカエルぱん
は発酵途中に目玉がぽろぽろと落下して、耳になりました。
もう一度、本家本元のvivianさんの
カエルバーガーを観察しましたところ。
どうやら、目玉をまるパンのてっぺんに二つくっつけて乗っければよさそうだと学習。
今回は自信を持って『かえるさんだよ〜!!』と言える仕上がりではないでしょうか?!
ちょっと水分が少なくて、固めのパンだったのもよかったのかもしれません。


a0114345_0325358.jpg


本日のお客様は、
大学時代からの親友Jyちゃんとその娘ちゃんふたり♪

Jyちゃんがお家から持参してくれた手作りコロッケを挟んで、
本日のメインは『カエルさんのコロッケバーガー』です。

クーラーバッグで運んでくれたコロッケ種をわが家のキッチンで揚げて、
千切りキャベツとたっぷりソースをかけて戴きました。

う〜ん!美味しい♪♪


Jyちゃんとは旧姓が一文字違い。
お互いごくありふれた名字で、大学のクラスにはそれぞれ同姓が他にも2〜3名。
出席番号順に並んだ健康診断で、間にはいっていた男子が抜けたら、ワタシの後ろはJyちゃんだった。
そこから始まった大事な縁。

授業も休み時間もサークル活動も一緒♪
実習などが忙しくなり、実家から通いきれなくなった入学から半年後には、
アパートをシェアして一緒に暮らし始めた。
4年間、朝から晩までふたりでくっついていたけれど、
ケンカをした記憶もない(ワタシには・笑)

Jyちゃんは3人姉弟の長女でワタシは3人兄妹の末っ子。
のんびりおっとりだけどしっかり者で慎重なお姉ちゃん気質のJyちゃんと、
わがままいっぱいで甘え上手、行き当たりばったり、とりあえずやってみちゃおうな末っ子気質のワタシ^^;
そんな組み合わせがよかったのかな?


生活環境や価値観が似ていて、
一緒に暮らすことにはほとんど問題はなかったけれど、
お味噌汁の具の切り方とか細かいけれどそれが意外に譲れない生活習慣に気づいたり、
Jyちゃんのお家の味を教えてもらって、いまではわが家の定番メニューになっていたり、
とか、他人と暮らすことの難しさや楽しさを勉強させてもらった貴重な4年間だった。

卒業してからはそれぞれ実家に戻り、就職して、
そして結婚、それぞれふたりの子どものおかあさんになった。

そうそう、そういえばお互い結婚したのも同じ年だったのだけれど、
半年以上かけて少しずつ確実に準備を進めていたJyちゃんのお式の日取りを聞いたのが先だったのに、
Jyちゃんの結婚式を待つ間に、たまたま話を聞いて見に行ったレストランが気に入って、
その日のうちに空いている日に予約を入れ、そして数ヶ月後には式を挙げてしまったワタシ・笑
そしてすぐtaを身ごもったワタシは、Jyちゃんの結婚式には少し目立ってきたお腹で一眼レフを構えて参列していた(爆)

『私のほうが決まったのは早かったのに!!』って言われたよ^^;


今はなかなか気軽には会えない距離に住んでいるJyちゃんが久しぶりに遊びに来てくれることになったので、

あれも食べさせてあげたいし、これも食べさせてあげたい。。と
まるで実家のおかあさん状態でメニューを考える。

で、作り上げたのは↓


a0114345_03385.jpg


・あんずのタルトと
たかこさんの“毎日のように焼き続けてやっと見つけだした”ぜったいおいしく作れる焼き菓子レシピより
・抹茶のスフレロール 
・グレープゼリー(クオカ)

何を作ろうか迷いに迷ったのだけれど、大人の好みを優先して選びました。
子どもたちのためにゼリーを用意しておいたのは大正解!
コレ、クオカの混ぜるだけのゼリーの素です。

『わあ♪ケーキ屋さんみたぁい』と喜んでくれたわりに、
まっさきに手が伸びたのは全く手間のかかっていないゼリーとフルーツだったので。。^^


a0114345_1257512.jpg



タルトには一週間ほどまえに作ったあんずのコンポートを使いました。
コンポートは、二つに割ったあんずに砂糖をつめて半日置き、火にかけるだけなのでとても簡単なのですが、
最後に皮をむくのが大変でした。
実がやわらかくて崩れてしまうのです。


a0114345_033225.jpg


でも、焼き込んでしまえば皮があるもないもよく分からなくなったので、
そんなに無理して皮を剥くこともなかったです^^;
かなり酸味のあるコンポートでしたが、甘いタルトとの組み合わせはバッチリでした。
生あんずが出回るのはこの時期だけ。
これからは毎年作ってタルトを焼こうと思います。

ロールケーキはたかこさんのスフレロールの抹茶版。
このロール生地、ふっくら&もっちりしていて食べた人にはこの食感に驚いてもらえます。
抹茶バージョンは初めて作りましたがなかなか美味しかったです。
おにぎり型になってしまっているのは、冷蔵庫で巻き終わりを下にして置いてなかったせいです(汗)


なんとか予定通りの料理を揃えましたが、
いやはや今回もバタバタでした。
『もう着くよ〜』のJyちゃんからのメールに、
『用意が終わらなくて、掃除とメイクは省略されることになりました』と返事したほど^^;

前日の夜から用意を始めたのですが、あまりに暑くてタルト生地がだれてだれてまったく使い物にならなくて、
なんとか焼いてみたものの、とても食べられる代物じゃなくて捨てました(泣)
当日の朝から、今度はたかこさんのフードプロセッサで作るタルト生地に変更して、
なんとか焼き上げました。
ロールケーキもカットしたそばからクリームがだれてくるし・・
この異常な暑さはお菓子には大敵ですね。
ゼリーまで溶けてしまったのには驚きました。


a0114345_0333477.jpg


今日のターゲットは、妹ちゃんのAsちゃん。
ぶどうを沢山もらってました。

Jyちゃん、Haちゃん、Asちゃん、暑い中来てくれてどうもありがとう。
今度はもうちょっと涼しくなったら来てね。
また、お腹がはちきれるくらいのお菓子作って待ってるよ♪


**きょうのワンコ**


a0114345_0334771.jpg


アツイっつーの。
布団かけんなよ。
だからこどもはキライなんだよっ。



ハリーは大人の女のヒトは大好き♡ですが、
子どもはあまり好きじゃないです。
噛み付いたり吠えたりすることは決してありませんが、
食べ物を持っている時以外の子どもには興味がありません。

ひじょうにメイワクそうな顔が笑えます^^


-------


a0114345_133044.jpg


食材宅配で、ワタシの好きな角寒天が取り扱われる季節になりました。
お豆腐白玉とあんずのコンポートに黒みつをかけて♪
チチは酸っぱ過ぎてあんずは食べられませんでした・笑
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-07-27 00:57 | パンやお菓子
暑中お見舞い申し上げます

a0114345_21274753.jpg



週間予報の雨マークが消えたな〜と気付いた翌日、
晴れて梅雨明け宣言です。

暑中お見舞い申し上げます。
毎日、
あづいっ。
ですね。

猛暑を通り越して、酷暑ですワ(汗)



a0114345_2128271.jpg




空を見上げれれば夏の雲。
気付けば子ども達も夏休みですもの。
そりゃ暑いわけですね。
miは明後日から夏休み、
taはひと足早く、先週の金曜日が終業式で、
昨日から、中学校の3泊4日の宿泊研修で長野県の野尻湖へと出掛けて行きました。

いいな〜夏休み。
あのワクワク感、“もうすぐ夏休み♪”がなくなって、
夏の訪れに気付くのが遅くなってしまったように思います。



毎年、春はなのはな畑
夏はヒマワリ畑
を楽しませてくれる、駅横の畑。
今年も黄色く色づいた畑の撮影に行きました。


a0114345_21342361.jpg


今年のヒマワリ畑は、去年よりもだいぶ縮小されたようです。
去年の1/3ほどになっていました。
不景気のためか、、
それよりも畑のオーナーさんの体調不良だったりして・・そうだったら心配です。

数は少なくなりましたが、
夏の強烈な日差しに負けず、
さらにお日様に顔をむけるヒマワリの強さを見ると
元気がでます。


この日は結構早起きして家をでました。
すぐ帰って来るつもりだったので、あまり日焼け対策もせず出掛けました。
いつものことですが、撮影に夢中になっているうちに
いつの間にか日差しが強くなり、
一緒に連れ出されたイヌたちもヘロヘロに・・
日焼け止めも塗らず、半袖で出掛けた事を激しく後悔。。

植物の様子を見るためにちょっとベランダに出るだけで首裏がひりひりするくらいですから、
この時期に外にでるときは、しっかり紫外線対策をしなくてはいけないですね。


----


a0114345_23331581.jpg


実家から送られてきた『新にんにく』
まだ乾いていないのでキッチンの窓辺に並べています。

『なんかの魔よけ?』

とチチに言われたのは
同じ事をしていた去年のことだったかな?。。。^^;



a0114345_23333281.jpg



夏野菜のラタテュイユを作りました。
ニンニク、トマト、なす、ピーマン、かぼちゃ、にんじん、たまねぎ
すべてじいちゃん(実家の父)の畑でできた野菜たち。

すげーな、じいちゃん。


**きょうのワンコ**


a0114345_23335799.jpg


ワイヤー仲間の新入りメンバー。

“リモっち”がドッグショー帰りに立ち寄ってくれました。
『ベイビークイーン』のトロフィーがおみやげです♪
とっても人懐っこくて可愛い♡
黒いボディーに薄色の靴下がチャームポイントです。

ハリーと同じ犬舎出身なんですよ。
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-07-19 23:57 | 日々のこと
ベランダ菜園2010

a0114345_16543733.jpg


ベランダのプチトマトが色づいてきました。

去年の夏も挑戦したプチトマトは思ったような収穫がのぞめず、、
プランタ植えのヒマワリだって最後はひょろひょろで・・
どうやらワタシには植物を育む才能がナイのだな〜と思っていたら。。

そのベランダの惨状を見た実家の父(じいちゃん)が一言

『肥料不足』

へっ?そおなの??
トマトは水や肥料のやり過ぎは良くないと聞いたことがあったし、
ひまわりなんて元肥があれば大丈夫だと思ってた^^;
いかに無知か・・・


てことで今年はプチトマトリベンジ!!


a0114345_16545037.jpg


現在のベランダの様子です。
今年のトマトは、ブログお友達のafghanさん
が作っていた『トマトベリーガーデン』

トマトベリーとは、実の形がハート型で愛らしく、
味は濃厚で甘い♪という最近ちょっと話題(どこで?)のトマトだそうす。
それを家庭でも作りやすく改良されたのが『トマトベリーガーデン』。

どこの苗店でも置いてあるってものじゃないらしくて、
ワタシはネットで探して購入しました。
苗の値段もちょっとお高めです。
そして、苗を植えている培養土。
トマトベリー専用です。
今年は資本かけてますよ〜

美味しいトマトを沢山得るために、栄養たっぷりなハズのまっさらな土に大事に苗を植えました。
肥料だって2週間おきにあげてます。
わき芽かきだってマメにしてるし・・

なのに、なのに、
今年もイマイチ(涙)

まず葉に元気がないし、実付きがよくないし、
出来た実も甘くない(これはちゃんと実が柔らかくなってから収穫しないとダメなんだって、もうちょっと待ってみよう)それにさ、ハート型に見えないし・・そもそもトマトベリーじゃないんじゃない?疑惑までもが心のなかに^^;
ちょっと後悔しているのが、苗を探し出した時期が遅くて、ネットショップでも売り切れの店が多かったのですね、それでもまだ売っている店を見つけて注文したのですが、
届いたときには苗がだいぶ成長して、すでに小さな実がついている程だったのです。
そんなになるまで小さなポットで置かれていた訳なので、、やっぱりちょっと栄養不足だったのではないかと・・
なんて他人さまのせいにしてはいけません。

肥料が合わないのかしらねぇ。。ふぅ

こんな収穫じゃまったく元がとれないよ。
プチトマトにこんなにお金をかけて、田舎で趣味の範囲を超えている野菜作りをしているじいちゃんが見たら、
きっと怒られる。
ぼつぼつ収穫ができているものの、お弁当に使う分でさえも補えず、
まだ毎週パルシステムで注文している有様。

でも、植え付けの頃には雨や風がつよくて、過酷な環境も、最近はお日様がよく当たるようになったし、
適度な水やりと2週間ごとの肥料やりと声かけ(^^笑)で励ましていきたいと思います。



a0114345_16544966.jpg



さて、これはなんの花でしょう?
トマトの苗と一緒に購入しました。




a0114345_16544992.jpg




実もなってきましたよ。



a0114345_1654494.jpg


『食用ほおずき』の“オレンジチェリー”。
熟した実は、トマトより甘くて、さくらんぼよりさわやかとのふれこみです^^
もともと丈夫な植物のようで、地植えにするとかなり大きく成長するようです。
こちらは今のところ順調に成長中。

わが家には狭いですが一応、お庭はあるのです。
プランター栽培よりも庭を耕して畑にしたほうがトマトだって作りやすいのですが、
庭まで出て行って世話をする時間がありません。
ベランダだったら、家事の合間や朝ちょっと様子をみることもできます。

なので、庭は相変わらずの雑草だらけで、ベランダでちまちま楽しんでいるというわけです。

そうそう、トマトベリー用の培養土ですが、
袋の上部を開き、側面の印がついたところに穴をあけるだけで使用できます。
元肥は含まれてますので、水を十分含ませたらすぐ苗を植え付けられます。
ちょっと高いかな〜と購入に迷いましたが、
植え付けの時期はちょー忙しくて、これがなかったらきっと苗のまましばらく放置していたと思うので
とっても便利だと思いました。
そして、この形状は、水分を適度に保持しやすくて、プランターや鉢より水枯れしにくいです。
ワタシのようにいいかげんでズボラな性格だけど、よっと手軽に野菜作りを楽しみたい、なんてヒトにはオススメです^^


**きょうのワンコ**



a0114345_16545127.jpg



ごちゃごちゃしてきたベランダで、
植木鉢の間を縫うように移動して、お散歩中のワンコ友達の観察に忙しい。


a0114345_16545156.jpg



『お気に入りだったパンジーがなくなって、
このごろは食べるものがないんだよね。ちぇっ』
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-07-17 05:42 | その他
ピアニカバッグを作る。


a0114345_142754.jpg


『空がすごいよ〜♪』
夕方、子どもたちに呼ばれてベランダを出ると、
まだ水色が残るそらに、夕焼けに染まったピンクな雲がなんともかわいらしいコントラストでした。

空の色といえば、
miがまだ2歳か3歳の頃、
『おそらがぶるーべりー(色)だねぇ』と言ったことがありました。
まぁ♪この子の感性はなんてすばらしい(かも)なんて思ったことがありました^^
あの日の空もこんな色だったかな?

現在、いたって普通に育っておりますが^^;

そんなmiのために、
ピアニカ入れ作りました。とってもお久しぶりのソーイング。

a0114345_1444441.jpg


miは現在3年生。
なんで今さらピアニカ入れなのかと言いますと。
鍵盤ハーモニカ(うちのはYAMAHAだからピアニカ)は、大半のお子さんは幼稚園で揃えるそうですよね。
miが通っていた保育園では、必要ありませんでした。
でも、どこかで見かけたのか『ほしい!!』と言うので、
誕生日プレゼントで買ってあげたのです。あれは4歳くらいだったかなー。
当時、taは小学校にあがっていましたが、吹き口だけ買って、
本体は学校のものを借りていました。

なので、taも使えるようにピンクではなくブルーを買ったのです。

taは自分のものが欲しいとは言わなかったので、借り物で済ませていたのですが、、
気にはなっていたのですよね。。鍵盤ハーモニカってあまり清潔じゃないじゃないですか。
あのジャバラの吹き口だって、、
『使ったら洗ってね』としつこく言ったって、お道具箱のなかでひどい状態になってるし・・
音楽室の鍵盤ハーモニカは頻繁に洗ってるわけないですよね〜。。
使ってすぐにケースにしまっているだろうし、
う〜ん。。考えだすと恐ろしい。

でも、miはお兄ちゃんに貸すのを嫌がることが多かったので、
taは学校にピアニカを持って行く機会も少なくて、
バッグは必要なかったのです。

miが小学校に入学して、『バッグ作ろうか?』と言っても
『いらな〜い』と言われたし(作ってみたくて結構なんども聞いてみたのですけどね)、
一度、学校に持って行ってしまえば、ロッカーにおきっぱなしで必要ないようでした。

ところがですね、miが今年から運動会の鼓笛隊に参加することになりました。
鼓笛隊は、去年までは4年生以上じゃないと参加資格がなかったのですが、
今年から3年生も参加できることになりました。
そのかわり、3年生はもれなく楽器は鍵盤ハーモニカなのだそうです^^

練習するためちょこちょこ持って帰ってくるし、
3年生にもなると、絵の具セット、習字セット、プールセットと持ち物も多くなって、
鍵盤ハーモニカのあの持ちにくい構造では辛くなったようです。

前置きが長くなりましたが、
てことで今さらながら、ピアニカバッグの作成です。

サイズを自分で考えるのが面倒だったので、ネットで検索。
参考にしたのは<コチラ>テキスタイル作家伊藤尚美さん『nani IRO』のウェブサイト。
簡単なものばかりですが、作り方をPDFでダウンドロードできます。
なんて太っ腹♪
『nani IRO』可愛いですよね。花柄のダブルガーゼでスモックなんて作ってみたいけれど、、
年中、半袖短パンスタイルの娘は絶対に着てはくれないでしょう・・涙

でも、サイトをうろうろしてて見つけた『アンティーク レーベル』というコレクション<コチラ>これは、甘さが押さえてあって自分のものに使うのにいいかも♪

今回使用した生地は、nani IROじゃなくて、
ホラグチカヨさんの【キャッスルオブレイン】というシリーズのキャンバス生地を使いました。
きれ屋さんで一目惚れして購入したもの。

レシピでは持ち手はテープを使っていますが、うちにはなかったので適当に余分生地で作成。
肩から掛けられるように少し長くしました。
しっかりめのキャンパス生地なのでそのままでもいいかな、と思いつつ、
押し入れに眠っていたドミット芯をレシピどおり貼りました。

この生地、普段はあまり手にしないような柄なので、
もっと黒レースをたくさん使って、
ゴスロリ的(?)な仕上がりにしようかと思ったのだけれど、柄が密なエリアを使いすぎて、、
柄ばっかりが主張された仕上がりとなりました(汗)

まあ、miは喜んで持って行ったのでよしとしましょう。

ちょっと成長して、ちょっと冷めた高学年より、
新しいことには無邪気にやる気の低学年。
ことしから3年生も募集した鼓笛隊は、かなりの大所帯になりかなりの盛り上がり。
miも6月から始まった週3日の朝練にもはりきって参加しています。

今年の運動会は、人数が増えた鼓笛隊の迫力の演奏を期待できそう♪今から楽しみです。

『明日は朝練ある?』
バレー部と鼓笛隊の朝練を確認するのが最近の日課です^^





a0114345_145178.jpg



すっごくクリームパンが作りたくなって(食べたくなって?)ひさしぶりに焼きました。
絞り出し用のクリームが余ったので、もったいなくてまえ髪を書いたら、
カミナリ様みたいになっちゃいました。しかも、焼き過ぎてガングロです。

クリームパンだけでは食事にならないので、半分はソーセージを入れたロールパンに
ピザ用チーズを載せて焼きました。

パン生地はいつものみかさんのリッチ生地。



**きょうのワンコ**


a0114345_16502671.jpg


ハハに怒られて、お気に入りのソファーで拗ねてたら眠たくなったハリー。



a0114345_16525675.jpg


ダンボ。


-----

a0114345_1650135.jpg


病院でがんばっているお友達がいます。
がんばれ!たっくん!!たっくんママ、パパ、お兄ちゃん!!!
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-07-06 01:45 | ソーイング
お弁当な日々その3

a0114345_16504036.jpg


『パン用米粉ミックス1Kg』というものを買ったと以前書きました。<コチラ>
このときは何が正解かわからずとも、なんとかふつうのパンにはなったのですが、
これ以来、どうやらワタシは“米粉パンの神様”に見放されてしまったようです。

米粉と白神こだま酵母の組み合わせであんぱんが作りたくなって、
ネットで検索。なんだかすんごい大量な粉のレシピだったので、
半量にするも、400グラムの米粉を使用。
経験の未熟な米粉と天然酵母の組み合わせ、いつもより多めの粉量でどうも勝手がわからず、
どうやら捏ね過ぎてしまったようです(フープロ使用)
がっさがっさのお肌になってしまい、、あんぱんにするのは諦めました。

そこで、↑のピザへ変更です。

パン作りの腕はなかなか上達しませんが、失敗の回数は重ねていますので、
『こりゃダメだ』の見極めはきっぱりできるようになりましたよ。

ピザはふつーに美味しかったですが、特には米粉効果は感じられずです^^;

わが家のホームベーカリーには米粉コースなるものがあるので、
この後、米粉食パンてやつを作ってみたのですよ。
さぁーっと説明書には目をとおしてみたつもりだったのですけど、、
出来上がった物体は、、なんと表現したらいいのでしょう。。岩。。石。。

どうやったって食べられる代物じゃなかったですよ。
余っていた桜あんを適当に入れたのがいけなかったのかしらん?
それとも何か大きな操作間違いでもあったのかしらん?
あまりにショッキングな出来上がりに、原因を調べる気力もなく、、
米粉岩はゴミ箱へ。サヨナラ〜〜〜〜

はじめての米粉ミックス。
まともなパンになったのは最初の一回だけでした(ビギナーズラック?)。
また購入するかどうかは・・・普通の強力粉でいいかな?^^;


米粉パンから米粉ピザに変更になって、
使い道がなくなってしまった、あんこ。
冷凍庫でストックしていたものを解凍してしまったので使わなくては、、

てことで、平日の夜、夕飯と平行して焼いたみかさんのリッチ生地でパンを焼く。
次の日のお弁当は、


a0114345_16524656.jpg


ホットドッグとうぐいすあんぱん弁当。

ホットドッグはケチャップを持たせるのは面倒なので、
ウインナーとキャベツの間に挟んでおきます。
さすがに馴れたイースト生地。
ドッグパンの成形も上手くいって、taから
『ホットドッグのパンも手づくり?』の好評価☆3つ^^


春先からずっとばたばたの毎日。
カメラに溜まるのは“お弁当”の写真ばかり^^;
お弁当の話題なんてつまらないけれど、
ワタシのお弁当を参考にしてくれている友人が若干名いますので(笑)
今回はお弁当一色で。


a0114345_165191.jpg


1. ・サバの干物とこんにゃくの含め煮(ごま油でいためてめんつゆで煮)・ジャガイモのコンビーフ炒め(レンジでチンしたジャガイモをバターとコンビーフで炒める)
・ニンジンのハム巻き(千切りしたニンジンをレンジでチン、ハムで巻いてフライパンで焼いて塩こしょう)・ゆで卵。

2. ・みそ味つくね『男の子のよろこぶお弁当』より(みそで味付けした豚肉のつくね。味がしっかりついて美味しい☆リピート済み)・さつまいものバター焼き(レンジでチンしたさつまいもをスライスしてバター焼き)・チーズ入りはんぺん(市販もの)、ゆでブロッコリー、プチトマト。

3. ・お弁当ソースかつ(市販もの)ホタテのバター醤油焼き・もやしの野菜炒め・かぼちゃサラダ(さいの目に切ったかぼちゃをレンジでチン、マヨネーズで和える)・ゆでソラマメとアスパラ、プチトマト。

4. ・牛丼(味付けはめんつゆ)・たいめいけんのコールスローサラダ

たいめいけんのコールスローは複数のブログで拝見。作ってみました。
これ美味しいですよ♪ぜひ作ってみてください。
レシピは<コチラ>
お弁当に生野菜は心配ですが、酢で合えたものなら夏でも安心かなと思います。
でも一応、taのサラダ入れは、蓋が保冷剤になっているものを使っています。
中学校はクーラーが効いているのであまり心配はしていませんが、冷えている方が美味しいので^^

このお弁当、お肉とお米はチチの実家から、野菜は全部ワタシの実家から。
かかった費用は、めんつゆ代と光熱費だけと気付き、大笑い、苦笑い^^;


a0114345_16512776.jpg



5. ・ブタ肉とタマネギの焼き肉(味付けは焼き肉のタレ)・ニンジンのたらこまぶし(めんつゆでうすく味付けしたニンジンにたらこをまぶす>職場後輩ayちゃんに教えてもらったレシピ)・さつまいもバター焼き、ゆでアスパラ、五目まめ(市販もの)

6. ・シャケの塩焼き、ソースかつ(市販もの)・こんにゃくのおかかまぶし(油で炒めたこんにゃくをめんつゆで味付け、最後におかかを沢山まぶす)・エリンギとズッキーニの炒め物

7. ・ぶりの照り焼きバター風味(塩で下味をつけたブリの水気をとり、小麦粉をまぶす。油をひいたフライパンで焼き、醤油とみりん1:1のたれを絡める。最後にひとかけのバター>これ大事!!)わが家の定番、奥園としこさんのレシピより。・ドライカレー入りオムレツ(おかひじきを刻んで入れたオムレツで夕飯の残り物ドライカレーを包む)・オクラのおかか和え(さっとゆでたオクラを醤油とお酢、おかかで和える)・トウモロコシ(ラップで包んでレンジで2分半)・セミドライあんず(苦し紛れの隙間埋め^^;taの好物)


a0114345_16523296.jpg


8.・ドライカレー弁当、目玉焼きのせ。

土曜日はtaのお弁当ひとつのみなので、手抜き多し・笑
GYABAN ドライカレーのもとを買ったので、コレを使って作ってみました。
思った以上に辛くて!!どんどんご飯を足したら二人分できました。


ふう。お疲れさまでした。

毎日作っているのでもっとあるはずなのですが、
写真を撮る時間がなかったり、写真に残すに値しないお弁当ははずしてあります(爆)

一生懸命作っているし、お弁当の質は悪くないと思うのですが。。
『美味しかったよ♪ごちそうさま!!』なんてハハのやる気をあおってくれる素敵な台詞は、
息子の口からも、チチからも聞いたことございません。

『今日のお弁当どおだった?』と聞くと。
一応『美味しかったよー』と返ってはくるのですが、
なんか無理矢理言わせてるみたいですしねぇ、、なんて思っていたら、

ワタシのお弁当づくりのバイブル本。
藤野嘉子さんの『男の子のよろこぶお弁当』の表紙に、

“100年待っていてもおいしいなどとは言ってくれないのが、男の子のお弁当ですが、
母なりの楽しみを見つけて、ぜひ作り続けましょう”

この言葉に妙に納得。

男の子に毎日お弁当を作り続けるおかあさん達へ、
この言葉を贈ります。ともにがんばりましょう(笑)



(今月から、エキサイトでは記事の下に自動的に広告が表示されることになりました。
広告がなくてシンプルってのがエキサイトの人気のひとつだったのに残念です)

[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-07-03 19:52 | ご飯
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin