Top
<   2010年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
夏休み終了。

去年、このブログを通じて教えて戴いた『センニチコウ』
パルシステムで見つけて、苗を買いました。
少しずつ大きくなり、花の数も増えてきました。


a0114345_23412077.jpg



本当は、薄いピンクのセンニチコウが欲しかったのだけれど、
苗セットに入っていたのは紫、濃いピンク、そしてこのオレンジの3苗でした。
でも、最近はこのオレンジがお気に入り♪可愛いです。



a0114345_23412192.jpg


先日、実家からたくさんの小豆をもらって帰ってきました。
「もう今年のマメが収穫できるから持って行って」と古米ならぬ古豆です。

いつもあんこはクオカで買っていますが、たまには自分で炊いてみたい。
圧力鍋でいっきに炊くか、ことこと炊くか、ちょっと迷ったけれど、
せっかく時間がある夏休み、ルクルーゼを使って、金塚晴子さんの本で紹介されている方法で炊いてみました。
3回ゆでこぼし(渋きり)、柔らかくなるまで40分ほど煮ます。

気をつけていたつもりなのですけれど、、できあがり参考時間でかけていたタイマーが鳴る頃には、
ほとんど水分が残っていませんでした。
ここで慌てて次の行程『フードプロセッサーでつぶす』に移ったのだがいけなかったっ!
まだ芯が残っていたようで、↑見るとわかりすね、ぶつぶつしてます(汗)

水分も足りていないので、お砂糖を加えて再び火にかけたら、あっという間に硬いあんこが出来上がってしまいました(通常はここで練ります)。
上手に出来たら、近所の先輩宅「ちびっこ怪獣ちゃんのおうち」にお裾分けしようと思っていたのですけどねー。
とてもよそ様に差し上げる出来ではありませんでした。

でもね、コレ、お昼ごはんがわりに出したのですけど、
子ども達はあまり気にならなかったようで、喜んで食べてくれました^^;
おやつにも食べて、わが家でぜんぶ無事に消費しました。

まだまだ小豆が残っているので、またリベンジします^^


miの夏休みが終了しました。
今年は、27日(金)が登校日、年々夏休みが短くなっています。
この暑い中、エアコンのない教室で勉強して集中できるのかしら?
生徒も可哀想ですが、先生も大変だなーと思います。
そして、初日からプールがあり、これでプール納め。
今週からは運動会にむけて練習の毎日です。がんばれー!!

今年の宿題は、
算数と漢字のプリント。→これは学童で勉強の時間があるので早々に終わらせてました。
ホウセンカの観察日記2枚。→うるさく言ったのでこれも早めに終了。
その他好きなものを観察1枚。→ベランダのオーシャンブルーの観察。去年の株を植えっぱなしにしていたらまた葉が伸びてきて復活した事、でも花がひとつ咲いたきりその後まったく咲かない事、がよく書かれてました^^;
読書ノート。→ラスト一週間でやっつけ。
自由課題。→工作でもいいし、自由研究でもいいし、絵や作文のコンクールに応募してもいいし、感想文でもいいよ、、やってもやらなくてもいい。。みたいなこれが毎年悩まされる宿題。

せっかくの夏休み、なにかをひとつ作り上げるだけでもいいのだけれど、
“自由研究”と名をつけるのであれば、作る目的や行程、調べたこと、まとめまで書いたレポートをつけさせたい。
”感想文”だって、夏休みしかできないんだからやってみようよ。

と嫌がる子どもたちのお尻をたたきやらせてきた。去年までは・・
taはそれでやってこれたのに、
miはそうは単純にはいかなかった。。

『そんなの宿題にはいってない』とか『みんなはやってない』とか、
いらぬ知恵がついてきて、あの手この手で反論してくる。
ハハだってね、やらせなくていいのなら、そのほうが楽なんですよ。
でもね、自分のこどもの頃を思えば、こんな楽な宿題考えられないっしょ!
ワタシだって嫌でしようがなかった夏休みの宿題、8月の終わりに『ひ〜ひ〜泣』言って仕上げた経験は、
今になれば良かった思う。
小学校の夏休みの宿題、いつからこんな風になっちゃったのでしょうか。

しばらくmiとやり合って、
結局、自由課題として持っていったのは、
去年の夏休みに“エコキャンドル”を作らせてもらった「リサイクルプラザ」で、今年は牛乳パックを利用した紙すきをさせてくれて、うちわを作るというイベントをやっていたので、miが育てたホウセンカを押し花しにして持って行き、紙すきの際に挟み込んで作ったうちわ。
学童の遠足で行った行った東京ガスの「環境エネルギー館」でのワークショップのレポート一枚。
最初はやる気になって盛り上がってたくせに、面倒くさくなってやめると言い出した、こどもチャレンジの作文コンテストに出した作文をコピーしたもの。になりました。
作文は、何を書きたいのか、ワタシが強引に聞き出してかなりハハの力で作文にまとめました^^;
文字数制限が300文字で、下書きから消して、消して、、キツかった!
あんなに嫌がったのに、作文に仕上がったとたん、参加賞であそこの水族館に行こうとか、
一番に選ばれちゃったらどうしようとか(ありえないよ)、ホント、現金なものです。

今年はお盆に帰省をすませてしまい、自分の夏期休暇は余裕があったので、
miの宿題も早めにまとめることができましたが、、
毎年、毎年こまったもんです。


ところで↓これは何かと言うと


a0114345_23412123.jpg



子どもチャレンジの自由研究の本で紹介されていた、
『ぷよぷよ透明たまご』
なま卵をお酢に5日間つけておくと、殻が溶けて透明な卵が出来上がります。
夏休みに入る頃からこれを自由研究にすると言っていたのに、
チャレンジに載っているのはみんながやるかもしれないから嫌だと言い出したものです。

でも、これのために大量の安いミツカン酢を買っていたので、
使ってもらわなきゃ困ると実験してもらいましたよ。

作ってみればとてもきれいに出来たのでmiは上機嫌だったのですが、
この写真を撮った直後に割れました。。
イヌたちがくんくん寄ってきて、ついた鼻水を台拭きで拭いたら破裂しました。
その後の掃除が大変で、、酢と卵の匂いがなかなかとれなくて参りましたっ(泣)
こんなにすぐ姿を消してしまうなんて、写真を撮っておいてよかったよ。


a0114345_23412238.jpg


先日『借りぐらしのアリエッティ』観てきました。
いやいやなんとも可愛い世界でした。
ちっさいもの好きな>アナタきっと身悶えするよ(笑)
前半はあまりの可愛さにうっとりし、後半は切なさにぐっとくる。
ジブリ作品の中ではあまり評判がよくないと聞くけれど、
ワタシはとってもよかったな♪


その中で、とても素敵なドールハウスが出てきます。
miと『うちのドールハウスにはアリエッティは住めないねぇ』 『すけすけだもんねぇ』笑
そうなんです、わが家のドールハウスは壁なしのスケルトン構造(笑)
小人の住まいにはなれません。

でも、この前miが作ったレゴハウス↑これならいけるんじゃない?^^
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-08-31 23:42 | 日々のこと
お祭り納め。

miの夏休みは残りあと1日となりました。


a0114345_11342393.jpg



毎週末楽しませてくれた夏祭りもこちらの町内会が最後です。
こちらの夏祭りは規模が大きいので、
たくさんのひとが集まります。

屋台はどれも大人気で、毎年長い列が出来てしまうので、
今回は少し早めに家をでました。

そうしたら、
ちょうど吹奏楽部の演奏がはじまるところで、ラッキー☆


a0114345_11342183.jpg



近所の県立高校の吹奏楽部です。
熱心に活動しているのは知っていましたが、実力もあるようで、
今年は県大会で『金賞』の栄冠に輝いたとか★

大きなコントラバスを操る彼女がとってもかっこ良かった!!


a0114345_11342689.jpg



彼らの演奏をいままでも何回か聞いたことがあるのだけれど、
毎回感心するのは、
演奏の技術もさることながら、なかなかのエンターティナーであること。
きっとコンクールでは真面目な曲を神妙な面持ちで演奏しているのだろうけれど、
こんなお祭りの日は、MCが登場してコントの掛け合いのような曲紹介をしたり、
ピラメキ体操を踊ってくれたり^^
パーカッションのコ達は、小さい打楽器を持ってこの暑いのに終始ダンスしてたし
(一年生部員かしら?なんて思ったりして^^;)
今回もとっても楽しませてもらいました。

ワタシは後ろから見ていたのですが、
指揮者の女の子が『笑顔で^^!』と何度も自分のほっぺを指差します。
そうなんです、笑顔での演奏、難しいですよねぇ。
一生懸命に演奏すればするほど、
真剣な表情になります。わかるわかる!!
ゴスペルでもいまだに意識してないと笑顔が消えちゃうからなー>ワタシ

でも、彼らのそんなところも初々しくて、『若いっていいなー』なんて思っちゃいます^^


a0114345_11342222.jpg



ワタシはまったく吹奏楽の経験がありませんが、ここ最近
『楽隊のうさぎ』
『ブラバン』
と吹奏楽を舞台にした本を立て続けに2冊読んだところなので、楽器の名前などちょっと詳しくなってます。
それに、所さんの『笑ってこらえて』で
“普門館”を目指す中学校吹奏楽部部員のがんばる姿にいつも涙している吹奏楽部ファン(笑)

taが一時期『中学では吹奏楽部に入りたい』なんて言ってたことがあって、
楽しみにしていたのだけれど、結局はバレーボール部に・・
でもね、スポーツでも音楽でも一生懸命やって、
ひとつのものを作りあげることはいいことだなーって思います。
あ〜ホント若いっていいわねー(シツコイっ)


この日の夕食は、
焼き鳥とおでんとお好み焼きとお赤飯と酒屋のオールお祭り食
と買ってきた瓶ビール(!)でお祭り納め〜!
で、納まると思いきや・・
次の日には、近所のママ友たちと日付が変わるまで飲み&しゃべり、
またその次の日には、子ども達を連れ、職場の仲間達と焼き肉屋でしこたま食べ&飲み、、(汗)

ワタクシ現在夏休みを満喫中でございます^^;
普段より更新スピードがちょこっと早いのもそのためです。

それにしても暑いっ!!
家って暑いですね。
昼間に家にいることがあまりないのでこの暑さにやられてます。
午前中はなんとか頑張ってますが午後からは閉め切ってクーラーかけてます。
いつまで続くのでしょうか、この暑さ。
9月にはmiの運動会があります。
それまでこんな気温だったら、、恐怖っ

暑さもそうですが、集中豪雨などの異常気象も心配ですね。
先日の北海道を襲った集中豪雨。
札幌のブログお友達、大丈夫だったでしょうか?心配しています。

みなさんもどうぞお気をつけ下さいませ。



**きょうのワンコ**


涼しいところを捜してウロウロ・・

a0114345_11342425.jpg



壁際でこのポーズがりんの定番です。
これは台所。


こんな所にも。


a0114345_11341083.jpg



ちょっとは涼しいですかぁ?


----

『カブトムシがいるよ〜!!』
ベランダで水やりをしていたmiが大きな声で呼びます。


a0114345_11384168.jpg


食用ほおずきにメスのカブトムシがとまってました。
飼われていたのが逃げてきたのか、
それともここら辺にはまだカブトムシがいるのかしら?
子どもたちはもう興味がないようなので^^;写真だけ撮らせていただいて、
そのままご自由にお過ごしいただきました。
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-08-26 11:52
ナイトズーラシアへ。


ずーっと行ってみたかった『ナイトズーラシア』へ
初めて行ってきました。


a0114345_128551.jpg



“よこはま動物園 ズーラシア”では、
毎年、夏休み期間の週末だけ、夜8時半まで開演時間が延長されます。
わが家から車で数10分、
思い立てばすぐ行ける距離なのですが、、
「ナイトズーラシア」を知ってから、行きたいと思いつつなかなか実現せずでした。

では、なぜ今年は実行したかというと・・・
こちらの存在を知ったから^^



『ズーラシアンブラス』♪

ズーラシアのイメージキャラクター“ズーラシアンブラス”が今年はナイトズーラシアにも登場!!ってことで
そのコンサートを聞きに行くことに♡

このズーラシアンブラス、オカピさんの指揮率いる、金管楽器五重奏で、
(基本は五重奏ですが、うさぎさんの弦楽器などのバージョンもあるようです)
見かけこそ子ども向けのブラスですが、
中身(?)はプロの演奏家さんだそうで、演奏技術はピカイチだそうですよ。

動いている様子は→こんな感じ
ねっ楽しそうでっしょ?

で、実際の演奏はどうだったかというと・・・


えっと、聞けませんでした^^;


その日は実家から夜中に帰ってきた日で、
暑くてダラダラ過ごしていたら出発が遅くなっちゃったのです。
気付けば入園閉め切り時間の7時ちかく。
動物園を回っていたらコンサートには間に合わないし、
コンサートを聞きに行ったら、動物を見られないし・・・
(コンサートが開かれる広場は広い園内の出口近くにあるのです)

miはコンサートに行きたいと言うし、taはせっかく動物園に来たのだから動物を見たいと
意見はまっぷたつに。
しばらくもめた結果、やはり立場の強い兄ちゃんの意見がとおり、
コンサートはあきらめました(涙)

いつまでもぶつくさ文句を言っていたmiでしたが、
コンサートは定期的に開かれているようなので、
涼しくなったらまた来る事を約束して納得してもらいました^^;



a0114345_128889.jpg



夜の動物園は、昼間と違ってなかなかいい雰囲気でしたよ。
でも、少しは涼しいかと思いましたが、
この日はそおでもなかったです^^;
昼間の蒸し暑さがまだ残り、動物たちもまだまだ動きが鈍かったです。

そもそも、なるべく自然に近い状態で飼育をしているのが売りの動物園。
さらに暗いのですから、
はっきり言って、動物はよく見えません(笑)
ちなみに↑は、こちらにおしりを見せて眠るゴリラさんです。

園内も想像以上に暗くて、進路もよくわからないくらいですし、
足下がよく見えない場所もあるので気をつけなければなりません。

すべての動物が公開されているわけではないですし、
はじめてズーラシアに行くひと、にはあまりオススメできません。



a0114345_128756.jpg


でも、ところどころに配されたイルミネーションはとってもきれいだし、
暗闇から聞こえる動物たちの鳴き声にわくわくしたり、
『どこにいる?』『いたいた!あそこ!!』なんてやり取りも楽しいものです。
(昼間でもそんな感じなんですけどね^^;)

一度、もう少し涼しい頃に広い園内をゆっくり楽しんで、
ズーラシアをちょっと把握できてから、
ナイトズーラシアを楽しむことをおすすめします^^


入園口からしばら〜く歩いて、
出口近くでようやくたどり着くのが、
ズーラシアのシンボル『オカピ』の展示室。

日本で初公開された珍獣です。

ワタシは『オカピ』を実際に目にするまでは
「ただのシカに何をそんなに大騒ぎ?」なんて思ってたんですよ(すいません^^;)
でもね、一目見たときから惚れました♡
あんなに美しい動物が存在するなんて奇跡です。
それくらい素敵ですよ♪

まだ『オカピ』を見た事がない方は、ぜひズーラシアに会いにきてください^^

ワタシですね、オカピを見ると、昔大好きだったぱりぱりチョコが層になってたアイスケーキを思い出します。
なんて言うアイスだったかなーと思って調べてみたら、
“エスキモーのビエネッタ”だって!懐かしいな〜笑



-------


RICK RACKさんから届いた生地で、
miのキャミソールとパンツを縫いました。

a0114345_128869.jpg


パターンはONE'S ONE さんの
ガールズサマーセット。

暑がりで、いつも身にまとう布は少なければ少ない方がいい^^;
miにピッタリなパターンです(笑)


a0114345_1281145.jpg



来年を見越して140センチサイズにしたら、
キャミソールはまだちょっと大きかったようです(汗)
もう1枚裁断してあるので、そちらは肩ひもを短くして、身頃もちょっと縮めようと思います。
パンツはホットパンツ丈で可愛い型です。
見えてませんけれど、ウエストは白リブで切り替えてあります。
ボタンホールを作って、ぐるっと綾テープを通してありますが、
脱ぐたびにいちいち結ぶのが面倒くさいし、ウエストゴムをジャストサイズで作ればテープは必要ないと思います。
次回作は、ウエストリブ裏のボタンホール近くで短く切ったテープを縫い付けて、
なんちゃってウエスト紐仕様にします。テープがもったいないしね^^;

ガールズセットはこの他にTシャツのパターンがついた3枚セットです。
ちょっとお得感があります♪

それにしてもすごい水着のあとだねー。
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-08-25 09:14 | ソーイング
帰省:2010夏

お盆の帰省した話です。
(つねに一週間遅れ^^;)

a0114345_12155174.jpg



台風が近づきつつある微妙なお天気で、
暑いうえに恐ろしく湿度の高かった中部地方のワタシの実家。
いつも感じるのだけれど、絶対こっちのほうが日差しが強い!

そんな強烈な日差しを少しでも和らげようと、
リビングからつながる庭には、
ゴーヤの緑のカーテンが。


a0114345_12161117.jpg



じいちゃん(父)の緑のカーテンはレベルが違うわぁ!!
カーテンというよりも壁だった^^
去年もあったらしいのだけれど、
そう言えば去年の夏は、taの塾のお休みとワタシの夏休みが合わなくて、
子ども達だけで帰省したのでした。

この構造は、前からだけじゃなく、上からの日差しも遮るので、
日よけ効果は抜群で、ゴーヤの葉っぱを通した黄緑の光りは
なんとも涼しげでした。

これを毎年、涼しくなる頃には解体し、
夏にはまた組み立てるというのだから、
やっぱりじいいちゃんはやることが違うわぁ^^


a0114345_12162476.jpg



散歩に出ると田んぼは青く茂り、
黄金に輝きつつある稲穂は豊かに実っているように見えたけれど、
今年の夏は暑過ぎて、
東北地方でもお米の出来はイマイチと聞きます。
このお米はどおかなあ?


a0114345_12295982.jpg




夜中の3時過ぎに到着して眠いのに、
サークルに入れたりんが朝も早よからキュンキュンうるさいので散歩に連れ出す。

すでに暑くてバテ気味です^^;


お盆期間に帰省したのは何年ぶりでしょうか?
taが小さい頃はワタシの夏休みがお盆にあたったのですが、
最近は8月の終わりです。
チチのお休みは自由が利くので、ワタシの休みに合わせて皆で帰省していたのですが、
taが塾に入り、そして中学に入学すると部活の休みはお盆の一週間しかありません。

子ども達が大きくなってくるとなかなか時間が合わなくなります。
そこで今年は、職場のみんなには無理を聞いてもらい、有休3日もらって帰省することにしました。

久しぶりのお盆帰省は、道路の混雑を考えるとちょっと憂鬱だったりもしましたが、
実家では兄家族と合流してかなりにぎやかで^^
子ども達も楽しそうだったし、両親は喜んでくれたようです。

実家で2泊し、台風が通り過ぎるのを待って、夕方に出発。

車で小一時間程走り、伊良湖岬へ。
そこからは『伊勢湾フェリー』に乗り、チチの実家へ移動します。


a0114345_12163538.jpg


伊良湖岬を出発すると、
台風の影響で波が荒く、ちょっと揺れました。

実は、この『伊勢湾フェリー』9月で廃止が決定していました。

最近は、高速道路が整備されたり、高速料金が安くなった影響なのか、
乗客数が減り、運行が厳しくなっていたようです。
確かに、私たちもワタシの実家のある豊橋市からチチの実家のある伊勢市まで、
名古屋を通ってぐるっと回る道路はとても便利になり、
車で移動したことも何度かありました。

でも、渋滞はないし、フェリーに乗っている一時間弱の時間は、
ドライバーもゆっくり休めるし、みんなで景色を眺めたり、お菓子を食べたりしてなかなか楽しい時間なのです。

イヌたちもキャリーに入れていれば、客室内に入れる事ができるので、
安心です。

それでも人気が落ちているのはやっぱり料金が高いからだろうなー。
今回も車と4人の乗船料金が往復で一万円越しました。
ちょっと高いよね。。

不景気なこのご時世、フェリー廃止は致し方ないのか・・と残念に思っていたところ、
自治体などが支援して、どおやら当面の間存続が決まったようです。
よかったよかった♪

と思ったのだけれど、この日のフェリーは最終便。にも関わらず、船内はガラガラ・・・
いつまで持つかしらん。。不安
ワタシ達は一年に数回の利用が精々だけれど、
存続のためには少々たかくても乗ってあげなきゃなー。


a0114345_12294199.jpg




伊勢湾内に入ってくると、ぐんと波が穏やかになります。
日が暮れる頃には鳥羽に到着。



a0114345_12315159.jpg




チチの実家は、鳥羽から車で走ること数十分、
伊勢神宮のそばにあります。
マンホールも『お伊勢参り』



a0114345_12171680.jpg



伊勢神宮といえば、『おはらい街』などがある『内宮』が有名ですが、
チチの実家は『外宮』のすぐ近くです。
イヌたちの散歩も『外宮さま』まで行ってぐるっと回ってくるの道がワタシは好きです。

この日の散歩は翌朝6時。
こんな早い時間から参拝にきている人が結構いました。
やっぱり暑いからですかねー。

お伊勢参りは、この『外宮』をお参りして『内宮』をお参りするのが習わしだそうですよ。
『外宮』はとても趣きがあってワタシも大好きなのですが、


a0114345_12172958.jpg



イヌは入れないのです。
なので、橋の手前でお参り・笑
拝殿まではずーっと長い参道があるのでここからはまったく見えませんが^^;

お願いすれば、参拝の間だけ警備室で預かってくれるそうですよ。

チチの実家には一泊のみ。
でも、子ども達は久しぶりに会った従兄弟と、
都会では考えられないほど空いたプールに出掛けたり(笑)

代わる代わる顔を出してくれるおっちゃん達(チチは男4人兄弟!)との交流を
密度濃く楽しめた様子^^

そして、
時間がなくて今年はあきらめようかとも思ったけれど。。

やっぱりコレ↓は外せな〜い!!




a0114345_12174837.jpg


『赤福ごおり♪』

赤福の夏限定メニューです。
夏に伊勢に行ったなら、やっぱりこれを食べなきゃね。
氷の中には、赤福のお餅とあんこが別々に入っています。
上から抹茶みつをたっぷりと♡

これは『内宮』まで行かないと食べられないのだけれど、
フェリー乗り場に向かう前に、
ちょこっと寄って食べてきました。
去年は食べられなかったから2年ぶり♪
美味しかった〜♡


慌ただしく最終便フェリーに乗って、またまたワタシの実家へ。


そして次の夜、高速を飛ばして帰宅。
心配していた渋滞もなく、スムーズに帰って来られました。
相変わらずバタバタと、両方の実家を行ったり来たり^^;
こうやって地図上ではかなり離れている実家同士を
短い休暇でも行き来できるのはフェリーのお陰。
なんとか頑張って運行してほしいものです。
そうそう、鳥羽から伊良湖への帰りのフェリーは満員で、
最終には乗れず、一時間後の臨時便に乗って帰ってきたのでした。
お盆なんだからこれくらいお客さんがいなきゃね。
今回に限っては、一時間の待ち時間もなんだか心穏やかに待てたのでした(笑)


おじいちゃん、おばあちゃん、おっちゃん達、楽しい夏休みをありがとうネ。
さあ子ども達よ。
宿題を終わられせておくれ!!
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-08-22 12:17 | 日々のこと
ソレイユの丘へ。

ど〜ん。


a0114345_14184127.jpg


ちょっと加工が大きかったですかね・・

ただ撮るだけでは飽き足らず、
100円出して“にんじんスティック”買ってよかった♡
左手でにんじんを持ち、カメラを構える。
にんじんとお馬さんの距離が大事!
近いとすぐ食べられちゃうし、やっぱり食べてる写真が撮りたいから遠いとダメだしね。

予想以上の表情が撮れて、
その場でカメラを覗き込んでほくそ笑む(←アヤシイ)


すでに一週間ほど経過してしまいましたが、
行ってきました、miの学童のdayキャンプ
長井海の手公園『ソレイユの丘』へ。


a0114345_14184557.jpg



学童から貸し切りバスで1時間弱。
横須賀市三浦半島にある観光や体験型の公園で、
コンセプトは『南仏・プロヴァンス地方地方の香り漂う緑の丘』だそうです^^



a0114345_14184355.jpg



確かに、緑多い広大な敷地に、
南仏風(?)な建物をぽつんぽつんと配置した贅沢な空間。
風はほんのり海のかほり。

おされなカラーリングのチューチュートレインの暇そうな運転手さんが
まったくそこら辺のおじさんだったり、

水上ステージではフラダンスがはじまって、
ハッピにねじり鉢巻のおじいさんたちが神輿を担いで練り歩きだして、、
おいおい、プロバンスはどこ行ったって感じ^^;
なのを差し引いても、なかなかいい雰囲気です。



a0114345_14184228.jpg



入園は無料ですが、アトラクションには料金がかかります。
おもしろ自転車や、


a0114345_14184279.jpg



こどもが好きそうな遊具があったり、



a0114345_14224738.jpg


芝そりゲレンデはかな〜り楽しそう♪
ワタシは見てるだけでしたが、プラソリにワックスを塗ってからすべるのだそうで、
結構スピードがでてました。
でも、頂上までは自力で上がるので、、
それだけで息が上がりそうです・・^^;

子どもたちは1000円でアトラクションに5回乗れるお得なクーポンを買って、
それを使い切るまで遊んだら満足そうでした。


a0114345_14184437.jpg


沢山あそんだ後は、
バーベキュースペースでカレー作り。
かなり小麦粉の多いカレールーでしたが、、美味しく作れました。

ここのバーベキュースペースのいいところは、
スタッフの方が手取り足取り面倒をみてくれるところ♪
火起こしから、飯ごう炊飯、カレー作りまで最初に説明があって、
『あれー?火が弱いかな〜』
『ご飯炊けてる?』
とか不安げにしていると
『大丈夫ですか〜?』とすぐに駆けつけてくれ、
困ったなーという顔をしていると代わりにやってくれちゃう・笑

学童では、毎年、一泊や日帰りのキャンプに出掛けます。
なるべくお金がかからないで楽しめる場所を、キャンプ係さんが探し出してくれるので、
青少年の家など民間の施設ではない所が多いのです。
いろいろな施設がありますが、あまり衛生的ではなかったり、
逆にきちんと管理しているぶん、そういうところは片付け方法に厳しくて
鍋はぴっかぴかになるまで磨き上げ、
(去年なんか3回もやり直しさせられたし・・^^;)
かまどにも灰ひとつ落ちていないくらい掃除をさせられます。

料理を作るまでは楽しいのですが、片付けでぐったりなのです。
安く使わせてもらうぶん、すべては自分たちの責任でなのは当たり前のことですが。。


ワタシたちはそんな環境に馴れているので、
今回も鍋はぴかぴかに磨き上げて、でもやり直しさせられはしないかとびくびくお返ししたら、
あっさり引き取ってもらえました。
どう見ても煤がついたままで返していた他の団体さんの鍋を見て、
え〜?あれで大丈夫なのぉ?と顔を見合わせたくらいチェックが甘い(笑)

その後、スタッフの方が洗い直しをして乾かしていたので、
そういう制度のようです。
炭の掃除はまったくしなくて大丈夫!なのにもとっても驚きました。

『なんか今回は楽だったねー』というのがみんなの感想^^
おひとり1,200円のカレー作り、
この設備と親切なスタッフさんのおかげで、決して高くはないかなと思います。

バーベキュー施設だけでなく、『ソレイユの丘』すべてがとてもきれいに管理されています。
入園料もとらないのに、こんなんでやって行けるのかと心配になるくらい^^;


a0114345_141844100.jpg



その他には、牧場でポニーや↑のお馬さんに乗れたり、羊とふれあえたり、
農園で野菜収穫を体験できたり、入浴施設があったりと盛りだくさん。
暑い日だったので、じゃぶじゃぶ池も大人気でした。

水着まで持って行ったのに、
水が温いしとか汚いとか言って、頑として入らないmi。
みんな楽しそうなのに、あまのじゃくさんです^^;

連日の猛暑を記録していたこの週。
前日には『日陰がほとんどないので、日よけ対策を十分に!!』というメールが来ました。
ひぇ〜それは恐ろしいとかなり覚悟して用意を。


miの日焼け対策に、
前日の夜、whistle@さんのBucketを作りました。
前に自分用に作ったBucketのSサイズです。

a0114345_14184133.jpg


生地は、綿麻混ヒッコリーのベージュを使用。
地味に仕上がりそうだったので、クラウンとブリムの継ぎ目に茶のギンガムチェックのバイピングコードを挟みました。裏地も茶のギンガムチェックです。
後ろはゴムを縫い付けてギャザーを寄せています。

普段はCapしか好まないmiですが、この帽子はその後もちょこちょこ被ってくれています。
軽い生地で作ったので被りやすいようです。

a0114345_14184587.jpg


ひさしを上げると見える位置に、
ウサギのフロッキープリントを貼付けました。


日差しは強いものの、実際は木陰があったし、日陰にいれば海風は涼しくて気持ちよく、
日陰から日陰へ、早足で移動したハハはあまり焼けずに済んだし、快適でした。
でも、日陰にじっとしていることのない子どもには、
やっぱり顔周り、首のうしろまでカバーしてくれるBucketのブリムは安心です。




あまりに暑かったので、予定より少し早めに切り上げましたが、
とっても楽しい一日でした。
もう少し涼しくなったら、ぜひまた行きたいと思います。
今度はゆっくり夕日の見えるお風呂に入りたいな。
イヌも一緒に行ければ最高なのですが、ペットの入園は禁止です。残念。。



------

日曜日、実家から無事に帰ってきました。
夜10時に出発して、2時に到着。
車は多かったものの、“至上最悪の交通渋滞”はまったくなく、
『あれっ?』と肩すかしをくらった感じ。
あまりにニュースで脅した結果、分散化したようです。
かなり覚悟していたので、スムーズに帰って来れてよかったです。

朝のお弁当作りと出勤の毎日がはじまりました。
お休みでだらけたからだをリハビリ中です^^;
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-08-17 17:13 | 日々のこと
Bucketをつくる。

a0114345_16453649.jpg



ものすごい荒いタルト^^;
アメリカンタイプ?カントリー風?
雑な作りだから「アメリカン」て、アメリカ人にはいい迷惑だわ(笑)

タルト生地は手で敷き詰めて、重しも置かずに焼く。
途中で底が膨れてきたら、一度オーブンを開けて生地にフォークをさして空気を抜く。
って手抜きな方法。
クリームはたかこさんの本を参考に、電子レンジでカスタードクリームを作り、
泡立てた生クリームを混ぜる。
クリームは当然スプーンでてんこ盛り。
そこに「大地を守る会」で買ったとっておきの国産ブルーベリーをたっぷりと。
最後に粉砂糖でもふればオサレ度もアップ♪なのだけれど、省略。

だってコレ、平日の朝に作ったんですもの。

生クリームの消費期限がこの日までだったし、
前日に届いたブルーベリーを使いたかったし、
しばらく留守にするtaに食べさせてあげたかったの。。

タルトは、先日作ったあんずのタルトの残りを使って、さすがに前の晩に焼いておいた。

どうしても今やりたい事をちょっと無理してでも今やっちゃうところが、
ワタシの困ったところ^^;
『優先順位がおかしい』チチがワタシによく言う言葉。あはは

暑い中、これから4泊5日の山中湖バレー部合宿に出発!という日の朝ごはんに
“ブルベリータルト”を出される息子も可哀そうだわね(苦笑)

でも『タルト食べる?』と聞くと『たべる~♪』と言ってくれるのがtaの可愛いところ♡
(「いらない」と答えた時のハハの反応が怖いだけかも?)
あとから起きてきたmiにも一応聞きましょう、
あっさり『いらない』。。だよね、そう思ったよ。。

この写真を見たチチは、
『なに?これなに?』
あー、この日は泊まりの仕事でいなかったねー。残念っ




ここ最近、よくミシンをさわってます。
洋裁をしない時間が長くなればなるほど、生地を選ぶのもカットするのも面倒くさくて、、
パターンを切るのさえ面倒くさい。
『あの生地であれ作りたいなー』なんて妄想だけで終わる日々。
でも、必要に駆られてですが、ひとつ仕上げてみればやっぱり楽しいし、
縫い物の波に乗ってしまえば、新しいパターンや生地(ほんとは買っちゃいけないよ)を入手したりして♪しばらくハマる^^

集中してばんばん作品を仕上げられる状態になることを、
ネットの洋裁愛好者さんたちの間では『縫い物の神様が降りてくる』(笑)と言います。
ワタシはまだその境地にはいたってませんが、
ちょっとリズムが出てきて、なかなか楽しい状況です。
最近、危うい動きをしていたわが家のアンティークミシンも使っていれば調子が上がってくるようです。

てことで、
自分の帽子を縫いました。


a0114345_16453563.jpg



whisle@さんの『Bucket(バケット)』

バケツをひっくり返したような形ってことですかね。
生地は、うず高く積まれた在庫布より。
check&stripeさんのバッグキットになっていたしっかりしたキャンパス生地を使用。かな~り在庫歴長し。

ストライプが片側だけに入ったこの生地。
クラウンにストライプを持ってきて、ブリムは無地で作りたかったのだけれど、
なにせもともとバッグ用、用尺があまりなくて、
ストライプがずれないように慎重にクラウンをとったら、
ブリムはどうしたって全部は無地ではとれなかったし、
裏ブリムなんて生地方向も無視してぎりぎりとった(汗)



a0114345_16453651.jpg


反対側のブリムは無地。
成り行き上こうなったけれど、変化があってこれはこれでかわいいかも?

いつもつい無難に無地のみで作ってしまう帽子ですが、
夏だし、柄ものの帽子もたまにはいいかもしれません。

作り方は、表帽子と裏帽子を別に縫い、最後にブリムで縫い合わせひっくり返す方法なので簡単です。

最後にブリムにはぐるぐるステッチを。
ワタシはこの作業が好きです。
しかも、せつこさんが「ラフに入れて」とガイドに書いてくれているので、
あまり神経を使うことなく勢いでぐるぐる入れました。
たくさん入れたつもりだけど、あとからwhistle@のサイトを見たら、
もっともっと入ってました。
もうちょっと入れたらよかったなー。

a0114345_164535100.jpg


かなり深いクラウンです。
なのでクラウンの後ろ中心にゴムを縫い付けてギャザーを寄せます。
これでかなり頭にフィットする感じになります。

日差しをしっかり遮りたいときはブリムを下して、
カメラを構えると時などはくるりんとブリムを上げます。
ブリムは接着芯を表裏に貼っているし、たくさん入ったステッチのおかげで、
一度上にあげたら自然に落ちてくるということはありません。

すっぽりとかぶれるので風にも強いようです。

深めの帽子が好きなので、
whistle@で見つけたとき、
『これは行ける!』と思い即買い・笑

予想どおりの仕上がりで、すでにこの夏大活躍中です。



a0114345_1646095.jpg



暑くて台所に立つのも憂鬱ですが、、
比較的涼しくて体力も残っている午前中にパンを仕込んでおけば、
お昼づくりもちょっとは楽?
オーブンの熱にはうんざりですが、
室温で発酵出来るのはこの季節のパン作りの利点かな。

みかさんのリッチ生地でダイス状のチーズを包み、
クープを入れてピザ用チーズを乗せて焼きました。
丸いのは冷凍保存しておいたあんこを使ったアンパンです。

----------

お盆にしか休みのないtaに合わせて仕事の休みをもらい、
実家に帰ってきました。
母のパソコンが新しくなり、光回線になったので快適です。

今日の夜自宅にもどる予定ですが、
東名高速の渋滞が心配です。
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-08-14 14:21 | ソーイング
お祭り月間。

a0114345_16571830.jpg



ベランダのトマトベリーガーデン

ぞくぞくと!!まではいきませんが、、健気に実を付けてお弁当を彩ってくれてます。
この暑さで傷みが心配なお弁当。
朝採りトマトが入れられれば心配がひとつは減らせるので助かります。
“ハート型”に見えますかね?


a0114345_1663556.jpg



今月はお祭り月間で、
毎週末、どこかしらの町内会がお祭り(盆踊り)を開催してくれているので、
この時期は、土日の夕食は“おまつり食”となります^^;


おまつり食って?!

そりゃあ、

a0114345_1663348.jpg



焼き鳥。
(ハハは皮は大キライですが、子どもたちもチチも大好きなのです)


そして、


a0114345_1663397.jpg



生びーる。でしょう♪
すでに、半分飲んでるし^^;

それに、枝豆、アメリカンドッグ、焼きそば、


a0114345_1663594.jpg


こちらの町内会の名物。
『モツ煮』
美味しいんですよ。
かなり栄養の偏る“おまつり食”の救世主です^^;
カメラを向けたら、おじさんニヤリと笑ってくれました。写ってないけど・笑

町内会主催のお祭りは、
とっても大変なので1日だけ開催の町内会が多いですが、
こちらは土日の2日間開催。
この写真は日曜日で、家族みんなで出かけましたが、
実は土曜日も出向いていたワタシ。

子どもたちはエレクトーンに出かけ、チチはその付き添いでワタシだけお留守番。
ひとりでお祭りもな〜と思いつつ、その町内に住まう友人宅をふらふら訪れたら、
お目当てのお友達はお買い物に出ていて留守だった。
のに、そのお母様にビール&おつまみセットを次々に買ってもらい、
おごりで飲んだくれるワタシ。。
お友達が帰宅する頃には酔っぱらいひとり出来上がり^^;

さらに、そのままお友達宅に上がり込み飲んだくれていたところ・・・

『やっぱり!ここにいると思ったよ』

夜の9時過ぎ、探しに来た息子taに連れて帰られる酔っぱらいハハ。
へへ・・すみませんねぇ^^


こちらのお友達宅には、次の日は家族全員でお邪魔しました。
いつもお世話になります!!

この週はさすがに飲み過ぎたワ^^;


-----


先日、miの夏休み用のドリルとtaの宿題の課題図書を買いに書店に行きましたら、
文庫本がたくさん平積みされてまして、
ほら、夏になると
夏休みだから本を読みましょう。おススメは〜♪
って置いてあるじゃないですか、
集英社だったら“ナツイチ”だし、
ワタシが立ち止まったブースはたまたま新潮社文庫だったようです。
『Yonda?』ですね^^

キケン、危険、、この時期の本屋は危険ですよ。
夏休みに読んでってことは、夏休みがある年代をターゲットにしているわけで、
『本を読むのは娯楽』と言い切るワタシ(ターゲットからは外れているハズ)が好きそうな、
(内容が)軽めの楽しそうな本がたっくさん並んでいるのです。

イカン、いかんと思いつつも、、
選びきれなくて3冊も買っちゃいました。。

そのうちの1冊。



『風が強く吹いている  三浦しをん著』
箱根駅伝を走りたい――そんな灰二の想いが、天才ランナー走と出会って動き出す。「駅伝」って何? 走るってどういうことなんだ? 十人の個性あふれるメンバーが、長距離を走ること(=生きること)に夢中で突き進む。自分の限界に挑戦し、ゴールを目指して襷を繋ぐことで、仲間と繋がっていく……風を感じて、走れ! 「速く」ではなく「強く」――純度100パーセントの疾走青春小説。

新潮社さんからコピペ也り。

スポ根もの。好きです!きっぱり。
全くの素人が“箱根”を目指してトレーニングを積んで、実際走っちゃう。
10人のうちのふたりはもともと優秀な選手ではあるのですが、
まあありえない、話しなわけです。
アマゾンのレビューの中にも『あまりにもリアリティーがない』『作者は長距離を知らない』
なんて批判的コメントもありましたが、
いいんです!!だって小説にリアリティーなんていらない(ワタシは)、
だって所詮作り話だし、
巧妙に作り上げられた作者の文字の世界に浸り、
こんなことあるわけないな非日常にどきどきわくわく♪
そこが本の楽しさなのにー。

彼らのスピード感ある走りにつられ、ついつい文字を追うの目のスピードも速くなり、
話しの先が気になるのも相まって読み飛ばししてしまい戻ること数しれず。
最後はきっと丸く収まることは予想しつつ、途中のアクシデントに手に汗握る^^;

夢中になって読みました。

巻末の解説で『このストーリーを“まるでファンタジーだ”と批判めいた感想を寄せた読者がいる』と書かれていましたが、
ワタシはなるほど!ファンタジーとはいい表現♪と感心。

現実ではあり得ない技を繰り出したり、ある日突然才能が芽生えて全くの素人が活躍しちゃったり、
スポ根もの物語はほとんどファンタジーだわね!
だからワタシ好きなんだわ〜と妙に納得^^

舞台は雪がちらつく箱根(など)。
季節外れだけれど、この暑い夏に頭のなかだけでも涼しくなれる^^
そんな意味でもオススメです。

最近、お友達のブログで気になっていた可愛いブログパーツがありまして、
小さい本棚なんですけどね。コチラ→web本棚“ブクログ”
ワタシも登録してみました。“tsunatamの本棚”
自分で読んだ本、読みたい本など登録して、他のメンバーとのコミュニティーの場にもなる!そうなのですが、、

エキサイトではこのブログパーツが使えないのですって!が〜ん。。
何冊か登録したところで発覚しまして、その時点でかなり気持ちが萎えましたので、
まだ未完成ですが、読んだ本の覚え書きとして使ってみようかと思います。

そのブクログで『第一回ブクログ大賞』文庫本大賞を受章していたのが、
↑の『風が強く吹いている』でしたよ♪

小説部門大賞は有川浩さんの『植物図鑑』だそうです。
有川浩作品も大大好きなのですが、こちらはまだ文庫化されていないので読んでません。
早く読んでみたいなー。

ちなみに、taの夏休みの課題図書は、
『君たちはどう生きるか 』吉野 源三郎

ハハも娯楽本ばっかり読んでちゃいけないね。
taが読み終わったら、ワタシも読もうかな。
まだまったく進んでいないようですが^^;


**きょうのワンコ**

a0114345_1663461.jpg

a0114345_1663462.jpg

a0114345_1663265.jpg


がっぷりかぶりついてますが、
いつもの遊びです^^

でも時々本当に痛かったようで、
マジ切れしているときもあります^^
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-08-09 17:07 | 日々のこと
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin