Top
<   2011年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
ライオンキングへ
a0114345_1484950.jpg



駅脇の菜の花畑は、
まだまだ元気に咲き誇っていまして、
鮮やかな黄色と青臭いような春の香りは、
なんとも気分を明るくしてくれます。


a0114345_1484881.jpg



4月になりましたね。
サクラが咲き始めたので、
撮影にでかけたいけれど、

この写真は震災前に撮影して、
アップしそびれていたものを^^

久しぶりにマクロを持ち出して撮影したら、
思いのほか楽しくて^^


a0114345_1484830.jpg



忙しく動き回るミツバチさんをとらえるために、
息をとめてシャッターを押し続けていたら(三脚を持っていないのですぐブレる)
疲れました^^;


-----

ご無沙汰しております。
更新が滞ってしまいましたが、、元気にしております^^

日々変わりうる状況に、
一度は書き始めたものの、、アップをするのがためらわれ、、
迷い迷いしているうちに日がたってしまいました。

さらに、震災で滞っていたものを進めたり、
新年度の子ども会役員の仕事がスタートしたり、
節電のために、いままで電力に頼って便利な生活をしていたのを、
少し手間暇をかけてやりくりすることで忙しくしています^^

電気をなるべく使わないようにすることは、不便なこともありますが、
やれることは明るいうちに済ませるとか、
本数の少ない電車に乗るために、
少し早く家を出なくてはいけないのでその分早寝早起きするとか^^
エスカレータが止まっているので階段の上り下りで健康的☆とか・笑
悪いことばかりではありません。

手ごねのパンや圧力鍋で炊くご飯はやっぱり美味いし、
最小限の電気でも街は十分明るいし、
休日ダイヤや間引きされたダイヤでも電車は目的地にちゃんと届けてくれるし。。ちゃんと生活できる。
いままで、
より便利に、より早く、と快適な生活を得る代わりに失っていたものが沢山あったことに気づかされる毎日。

『本当に必要なものは何なのか』

『何をすべきなのか』

いつのまにか歪んでしまっていた価値観を今
見つめ直すとき。


3/30付けの読売新聞に
99歳の詩人 柴田トヨさんの詩が掲載されていました。



被災地のあなたに

最愛の人を失い
大切なものも流され
あなたの悲しみは
計り知れません


でも 生きていれば
きっと いい事はあります

お願いです
あなたの心だけは
流されないで

不幸の津波には
負けないで



被災地の方に向けたメッセージですが、
被災地外のワタシ達も『心が流されないように』生きていきたいです。

a0114345_1484843.jpg


報道から溢れ出す不安な情報に
心が流されたり、折れそうになるけれど、
(ワタシはね、すんでのところで報道を見ないようにすることで元気になったよ)
被災地の方を応援するためには、
まずワタシたちが心身ともに元気でいなくちゃね。


ということで。

ワタシも元気をもらってきました。


劇団四季『ライオンキング』3月21日マチネ公演(ずいぶん経っちゃった^^;)


そりゃあ迷いましたよ。出かけてもいいか。。
まだ震災から日が浅かったし、余震も頻繁だったし。
でもね、taの誕生日プレゼントでとったチケット。
taは、部活のスケジュールの合間をみて、この日でしかとれないと随分前に予約して、
ずっと楽しみにしていたのでした。
ふたを開けてみれば、震災のせいで学校も部活もなくなった
なが〜い春休み。
節電のために湯たんぽをかかえて一人で留守番するtaに元気をあげたかった☆
震災後すぐに公演を再開した四季に対して批判的意見もあったようだけれど、
“こんな時だからこそ”観客に元気を与えて欲しい。

ライオンキングは4回目になりますが、
なんだかやけにライオンキングにはまってしまったtaのお陰で、
CDを何度も何度も聞かされて^^;
曲がすべて頭に入っているし、
役者さんたちの表情がしっかり見て取れる席で、
いままでで一番ストーリーを楽しめた♪
(前回が李シンバに胸躍り過ぎてそれ以外がまったく見えていなかったのかも・・笑)

サークルオブライフ
胸に沁み入りましたよ。

先日行われたチャリティーサッカー試合もそうですが、
スポーツだったり、音楽だったり、歌だったり、
人を元気にする力をもっている人はいいですね。
被災地の方を励ましたい、
日本を元気にしたい。
そんな気持ちを行動で示せる人が羨ましいです。

やっぱり観に行ってよかったです。
元気をもらいました。

自粛ムードも大事だけれど、
日本の復興のためには、
経済をまわすこともとても大事なこと^^
少しずつ、少しずつ日常に。


ライオンキングと言えば、
北海道でも開幕しました。
北海道出身の役者さんを揃え、なかなか評判がいいようです^^
北海道弁のティモンとプンバの掛け合いが楽しいのですって!
ワタシとしては、福井晶一さんのムファサがとぉーっても観てみたい☆
東京公演の内田ムファサも1幕しか出ないのが寂しいくらい好きですが、
福井さんの『お前の中に生きている』
いいだろうな〜♡

さすがに北海道遠征は厳しいですが、
お近くにお住まいの方、
ぜひ観に行ってくだいね。
もっと近くだったら観たいのにーって悔しがっている四季ファンが沢山いると思いますよ(笑)



a0114345_1326283.jpg



犬たちも元気です^^




どうすればいいのか思い悩むとき、
糸井重里さんの言葉に
そうか、やっぱりそうだよなと納得させたられます。
ワタシは震災後この文章で気持ちに踏ん切りがつきました。

<ほぼ日『今日のダーリン』>より

糸井さんは、“ぼくらは『たいしたことないもの』”と言ってますが、
いや、やっぱり大した人だと思います^^


さあ、今できることをやろう。
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-03-31 23:09 | 劇団四季
卒業おめでとう
a0114345_1749088.jpg



今朝のニュースで、
被災地の避難所で、小学校の卒業式が行われたと伝えられました。
卒業生は3人。
『大変ななかで卒業式の準備をしてくれてありがとう』と言う卒業生。
『生きて今日を迎えられて嬉しい』と語る保護者の方。
おそらく避難してきた時のままの服装で、
誇らしげに舞台に立つ卒業生とそれを涙で見守る参列者。
心あたたまりそして涙したニュースでした。

今日はmiの小学校も卒業式でした。
ちょうど一年前のtaの卒業を思い出し、
無事に行えたことを嬉しく思いました。

被災地ではない東京、神奈川でも、
卒業式を中止する学校があります。

taの中学でも中止(中高一貫ですが)
知人の幼稚園では5人しか出席しなかった(できなかった?)
そして、ワタシのとても身近なところにある大学でも卒業式は中止となりました。

余震や停電、原発の問題など、
まだ混乱が残る中で、大勢の人が集まるイベントは危険だとの判断でしょうか。
卒業式にかかるはずであった費用を、義援金として被災地に寄付するそうです。

卒業生ご本人、そしてご家族は残念に思われているでしょうが、
こんな時だからこそ、
身近な方からの
『卒業おめでとう!!』の一言は、
きっと深く、胸に刻まれることでしょう。

被災地で卒業を迎えた方、
そして
新しい旅立ちの門出に立った、
これからの日本の未来を支えて行くであろうすべての卒業生達に
エールを!!

『卒業おめでとう!!』


-----

震災から一週間が経ちました。
こちらでは、余震がときどき起こり、計画停電やその影響による電車の運休。
食料の買いだめやガソリン不足によるスタンドに続く大行列など、
さまざまな混乱が起こった一週間でした。
今はそれもすこしづつ落ち着いてきています。
職場では、思ったよりも早い時間にはじまってしまった運休で最終電車に乗り遅れ、
バスを3本乗り継いで帰宅したり、
3時から始まった計画停電でまったく仕事にならず途方に暮れたり、、
そんな中で、気仙沼に住む親戚の無事が確認できたという後輩ちゃんの朗報に、
皆で涙して喜んだ一週間でもありました。
taの学校は4月の登校日まで、授業も部活も中止になり、
miは、春休みまで、給食なしの午前授業になりました。
わが家はどういう理由かわかりませんが、停電の対象地域から外れているようで、
今のところ、計画停電が行われていません。
そのぶん、毎日節電、節水に努めています。
今日は特に暖かい一日で、どの地域でも計画停電は行わないとこのことなので、
PCを立ち上げてこれを書いてみました。
心を落ち着かせ、
なるべく普段通りの生活を送る。
これも、これからの日本の復興のために必要なことだと思い始めました。

震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈りし、
被災地で不自由な暮らしを過ごされている多くの方々が一日でも早く、
安心で暖かい暮らしが戻るようにお祈りします。
そして、救助活動に勤しむ方々、身の危険を冒してまでも日本の安全のために働いてくださっている
方々に深く深く感謝いたします。
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-03-19 22:41 | 日々のこと
私達は無事です。
a0114345_16571176.jpg



あまりに大変な惨事であり。
テレビにつぎつぎと映し出される悲しい映像に呆然としています。
こんな状況でこちらに何を書くつもりもありませんでしたが、
私達家族の安否を心配して覗いてくださる方、
きっと海外の友人なども見てくれているかもしれません。

今の状況は、家族全員無事で過ごしていることを報告いたします。

大きな地震があった当日は、ワタシの職場は地盤がゆるい土地に建っていることもあり、
かなり揺れました。
建物内にいるのは危険だと感じ、外にでました。
書棚の本が落ちたり、引き出しがでたりしていました。
地震の直接の被害はほとんどありませんでしたが、
停電で電車がすべて止まってしまったので、歩いて帰宅しました。
電話、メールが受信、発信ができず、
子ども達がどこにいるのか、学校に待機しているのか、家に戻っているのか・・
まったく分かりませんでした。

歩いている途中に、受信ができた時があり、taが学校に待機していることが分かり、
学校に寄って一緒に歩きました。
さらに、職場の先輩ご主人が車で迎えに来てくださり、
そこからは普段は数分の距離でしたが、信号のマヒのため道路が混乱しており、
とても時間がかかりました。

miは待っていると思っていた学童にはおらず、
災害時の引き取りをお願いしていた近所の方が、
小学校まで迎えに行ってみてくださっていました。
とてもありがたかったです。

8時くらいに家に帰りつきました。
家の中は少し物が落ちているくらいでした。
停電は9時半くらいに回復し、電気がつきました。
東京方面に勤務しているチチは、夜中に運転を再開した私鉄を乗り継いで帰ってきました。

taの学校では、100名以上の生徒が家に帰れず朝まで待機しました。
ワタシの職場でも家に帰れない人が数人いました。

でも私達の今回の体験なんて本当に小さなことです。
こんなこと被災地の方のご苦労に比べればなんでもありません。


被災地の方たちの方のためにいまできることはなんだろうとずっと考えています。
原発の問題もとても心配ですね。

まずは出来る事。
節電です。
備蓄電気も底をつくそうです。
私達が快適に過ごすためのエネルギーは必要ありません。
やるべきことは昼間の明るいうちに、
夜は一部屋に集まり不要な照明は消しています。
家の中でも厚着をして暖房をなるべく使わないようにしています。
子ども達が怖がるので、リビングに布団を敷いて早い時間から布団に入りました。
小さいことですが、オーディオやウォシュレットの電源も落としました。
パンは手で捏ねて、ご飯は圧力鍋で炊いています(ガスも節制が必要ですが)。

それから私達にできること。募金でしょうか、救済物資でしょうか。。
これからも情報に耳を傾け行動したいと思います。

早く被災地の方に救助の手が届きますように。
避難されている方が少しでも安心した生活ができるようになりますように。
お祈りいたします。

そして、まだ大きな余震の可能性もあるそうです。
私達もそれぞれ気をつけて過ごしましょう。
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-03-10 16:58 | 日々のこと
おひな祭り
a0114345_16573294.jpg

たかこ@caramel milk tea『スフレチーズケーキ』


もうすでにぴんぴん元気になってますが、
先日miがインフルエンザに罹りました。
日曜日の昼過ぎに38.5℃の発熱。。
もしかしたらインフルエンザ?と思いつつも夕方には解熱してしまって、
月曜日も平熱だったのでフウツに登校。
が、火曜日の朝はまた調子が悪そうで37℃台の微熱アリ。
チチに頼んで小児科を受診してもらったら・・
『B型です』
あちゃ〜
それからは微熱と食欲不振はあったけれど比較的元気で、
熱が下がってからは暇を持て余してました^^;

学校をお休みしなければいけない間、
ハハは、午後だけ半休をもらって、午前中はひとりで留守番をしてもらいました。
おかげで、思いがけず時間に余裕があったので、
パンを焼いたり、クッキーを焼いたり、miのリクエストで↑のチーズケーキを焼いたりしましたが、
食欲のふるわないmiはどれも反応が悪く・・・
一番好評だったのは、インスタントコーヒーと粉寒天で作ったコーヒーゼリーでした(汗)
シンプルが一番ね。。

同時期に、taの学校も学年閉鎖があったし、
周りでも学級閉鎖の話しを聞きます。
まだ流行しているようですよ。
お気をつけ下さい。インフルエンザ。



a0114345_7451323.jpg



今日、おひな様を片付けました^^;
片付ける頃にひな祭りの話題をアップしてるようではいけません〜

いつもは『まだいっか』とぎりぎりに飾って、
慌てて片付けるおひな様ですが、
今年はmiのインフルでもらったお休みのために、
比較的はやく飾りました。
『今年ははやいね!』ってmiにも言われましたよ(汗)

おばあちゃんが送ってくれたお団子に、
ひなあられ、
ちらし寿司、
小嶋ルミさんの“卵ロール”は、クリームに冷凍クランベリーを混ぜてピンクのクリームにしました。
ちょっとはおひな祭りらしい食卓に。


ひなあられは、美味しいんだけどあの細かいお米が食べにくくて、、
と思ってたら、
大玉だけのひなあられを見つけたので買ってきました^^
ちょっと贅沢な気分だったのに、
miには『ひなあられきら〜い』と言われ・・・
taとハハで全部たべました^^;


わが家のおひな様、
飾るのが大変だから遅くなるのではありません。
やる気になれば5分で飾れます

だって、


a0114345_16573325.jpg



ほら、こんなにコンパクト(笑)


どうにもいい写真が撮れないので、
ずーっと前の写真を^^;
新しい家族が増えたのではありません。miですよ^^

母がmiの初節句に贈ってくれた、
手作りのおひな様です。
これにお道具がもう少しついてます。

かなりシンプルですが、ワタシもmiも気に入っています。
だって、無精なワタシのこと、
7段飾りだったりしたら、3年に1回くらいしか飾らないかも?(笑)

先日会った友人kiちゃんと
『うちのおひな様もお母さんが作った木目込みのおひな様だよ』って話になりました。
きっと、木目込みカルチャースクールが流行った時代だったんだねー。
そして、
『そのうち3人官女や5人囃子を増やすって言ってたけど、一向に増えない』って話も一緒だったよ(笑)

それにしても“おひな祭り”

おひな様飾って、ちらし寿司たべて、、
いつもそれだけで終わっているけれど、
↑の写真を見ていると無事に育ったことを感謝したり、お祝いする気持ちを忘れてはいけなかった。
と終わってから思いました^^;



a0114345_16573154.jpg

月居良子『おんなのこのワードローブ』より“カシュクール風ワンピース”140センチ



ひとつ前のエントリーデ<ジャムロール>の下に敷いていた生地。
ちゃんと形になりました^^;
そのまえに何年も熟成させてますけれど・・
rick rackさんの起毛フランネルだと思います(もう記憶もあいまい)

小学校には絶対にスカートは着ていかないmi。
ワンピースだって作ったのはだいぶしばらくぶりです。
ちょっとお出かけするに着せる服を作りたかったのと、
たっくさん持ってて眺めるだけになっている洋裁本。
気付けばほとんどが130センチまで、の中で、
月居さんの本は140センチまで掲載されていたので、
これはいま作らないとこのままお蔵入りだよーってことで作りました。

洋裁本についてくる、線がたっくさん重なったパターンが大の苦手なワタシですが、
今回もやっちまったらしく、、
前スカートの身幅がなぜか大きい。。
どうも写し間違えたらしいです。
もったいないのでギャザーを寄せてそのまま使いました。
なので、本中のサンプルよりちょっと可愛らしい感じに仕上がってます。
もともと140ではちょっと大きく、さらにギャザーのせいで余計にぶかっとしてますが、
これはこれでアリかなと^^;
久しぶりにこんなテイストの服を着たmiですが、
なかなか可愛いのですよ。
もっと着てくれるといいのですけどね。


a0114345_16573124.jpg


白ダッフルの裏に使ったプードルファーでティペットを作りました。
バンビファーよりも断然楽に作れました。
バンビちゃんは、長い毛を巻き込まないように縫うのがちょっと大変なのですけれど、
プードルちゃんはそんなことまったく心配なしの毛足の短さ^^簡単です。

新しいミシンではじめてファスナー付けをしました。
どうも上手くいかなくて何回もやり直しをしました。
コンシールファスナー用アタッチメントも買ったのに、
やっぱり慣れないから上手くいかないと思っていたら、
やり方が間違えていたようです^^;

なんとか付けちゃってから気付いたので、
適当にごまかしてそのままにしてしまいました。
アップはきついです^^;

もう梅の花が咲くのに、
まだ冬物を作っているのですが・・

どうやら明日はまた真冬の気候なんですって!!

インフルエンザと花粉症と温暖差、
みな様も体調管理には十分お気をつけくださいマセ♡
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-03-07 00:56 | ソーイング
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin