Top
<   2011年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
ユタと不思議な仲間たちー届け東北へ
a0114345_1214339.jpg


小嶋ルミ『オーブン・ミトンのおやつなお菓子』よりふわふわホットケーキ


ちと写真が暗いですね。
あっという間にメイプルシロップが吸収されるのでシャッターチャンスが短かったのです。

ホットケーキを作るならこのレシピという小嶋ルミファンの間では有名なホットケーキ(本当か?)
この本にはもう一種類シンプルな材料のホットケーキが掲載されてますが、
こちらは、生クリーム、バターをたっぷり使用、そして卵の泡立てが必要という、
ちまたには混ぜるだけのお手軽「ミックス粉」が主流の現代で、
たかがホットケーキにこの材料とこの手間・・という敷居の高いレシピです。

が、

たかがホットケーキと侮るなかれ、
これは美味しい☆
ふっかふっかだし、冷めても固くならないぞ!

ホットケーキは好きなんだけど、あの○永さんとかのミックス粉の香りと甘みが苦手で、
いろんなミックス粉をジプシーしたり、
適当に材料を合わせて作ってみたりしてたけど、いまいち納得のいかなかったホットケーキ。
これはいいわ〜

↑は、レシピの2倍量で27センチの鍋で焼いたビッグサイズ☆
(フライパンよりも無水鍋のような厚いお鍋が熱が均等に通ってきれいに焼けますよ。
実家ではいつも無水鍋の蓋で焼いてました。ワタシはフィスラーのステンレスシャローパンを使ってます)
2倍量にしても鍋が大き過ぎたようで、若干薄い仕上がりとなっているので、
もうちょっと厚く焼いた方が、本の写真のように焼き上がるかな。
鍋いっぱいにふっくら焼き上がった様子は、
ぐりとぐらのパンケーキのようで♪写真に収めなかったのを激しく後悔!



たかがホットケーキに材料費と手間をかける勇気のある方はぜひこのレシピお試しくださいませ。
ホットケーキの常識をくつがえしますよ!
って言い過ぎかな?笑

最近、小嶋ルミレシピワールドにどっぷりハマるワタシ。



さて、四季ネタ。

いよいよ劇団四季『ユタと不思議な仲間たち』
東北3県<岩手県・宮城県・福島県>計13都市の巡演がはじまります。
被災地の小学校や中学校の体育館を利用して、
子ども達や住民のかたがたを招待するそうです。


a0114345_1214314.jpg


ワタシも6月に四季劇場『春』で観劇しました。
初観劇でした。

最初は『ユタの衣装はなんだか田舎くさいし、あの気持ち悪い妖怪みたいなのは?』って感じで
ほとんど興味なかったのですが(ご免なさい!!)、
miが行きたい!と言うし。
調べてみると、四季つうのかたには大変評判よく、
「好きなミュージカルのひとつ」に挙げているひとも多かった。
そして、3月の震災をうけ、東北地方を舞台にしたこの作品を急遽上演することになったという背景も、
これは観ておかねばという気持ちを後押しする。

子ども向け作品だろうと少し甘くみていたワタシは幕が上がったとたん衝撃をうけた。
いやいやとんでもない!四季のうつろいを鮮やかにうつしだす舞台装置や美しい照明、
スピード感のあるダンスに心奪われた。
上川さん演じるユタはじめ、小夜ちゃん、一郎や大作たち村の子ども達。
クルミ先生や寅吉じいさんなど安定感のあるキャストたちに、
そして忘れちゃいけない、座敷わらしたち。
歌舞伎の隈取のようなメイクや変わった着物。
この奇妙なキャラクターたちがいったい何者なのか
そしてずっと不思議に思っていたありんこのような膨れたお尻がいったい何なのか、
これが座敷わらしたちの楽しくもあり哀しくもありあるストーリーのキーになってます。
梅雨の時期はユタに会えないとかね^^

都会から転校してきたいじめられっこのユタ。
座敷わらしたちと出会い、絶望のふちから救われ励まされ、そして成長するってお話で、
メッセージ性が強く、もともと涙さそうお話なのですが、、
さらにこの日本が東北に大変なことがおきたこの時期です。
ほとんどを東北出身者を集めたというキャストたちの
ふるさとの復興を願う想いを感じ、
最近すっかりゆるくなった涙腺は崩壊しほうだいで、
座敷わらし達の生い立ちで涙し、
『友達はいいもんだ〜♪』で嗚咽をこらえ切れず。号泣。
(これ書いてても滲んでくるんだけど^^;)
もうねえ、ペドロを演じた菊池さんがすばらしかったわ。
楽しみにしてた道口さんのヒノデロは妖しく美しかったし、
モンゼもみんな良かった!

セリフで語られる『南部弁』は美しくやさしく、
『日本人で良かった』と思えた舞台でした。

なんで今頃観劇レポートなのかですが、
あまりにいろいろ衝撃をうけてしまって書けなかったのですよ。。
なんて書いていいかわからずに^^;
でも。とうとうこの作品が被災地を巡演します。
舞台は劇場ではなく、学校の体育館です。
ワタシが感激した豪華な舞台装置や照明なんていっさいなしです。
観客がぐるっと囲むかたちで、同じフロアに舞台をつくる新しい演出が考えられました。

東京の劇場の豪華な設備がないからこと、
きっとそれだからこそキャストの熱い想いはストレートに、
東北の子ども達の心に響くのではないかなと思います。
<『ユタと不思議な仲間たち』東北公演>



『生きてるって素晴らしい』
『一人はみんなのために』
『みんなは一人のために』
東北のこども達に届けて欲しいメッセージは沢山ありますが、
それだけじゃなくてこの作品は、ユーモアもたっぷりで本当に楽しいのです。
東京の劇場にあふれていた、
子ども達の屈託ない明るい笑い声が東北の体育館にもいっぱいにあふれる事を願います。

東京に戻ってきたら、ワタシもまた観に行きたいな〜。
あまりに泣いてしまってよく観れなかったんですよね^^;
だから今度は冷静に。。
でも、


<ユタと不思議な仲間たち:東北特別招待公演取材会 >

ペデロ役の菊池さん。
菊池さんは釜石市出身なんですね。
震災の被害を受けた故郷への想いを語るとこで感極まってますね。。
こんなの見ちゃったら、
やっぱり次も涙なしでは観れないな〜〜〜(号泣)

東北の沢山の子ども達(もちろん大人のかたも)へ、
笑いと感動と元気が届けられますように。


このかたたちからもエールを☆

a0114345_1214516.jpg


一緒にがんばろう東北!

a0114345_1214459.jpg



だが転がってまで拒否られてしまったので(ハリー)、


a0114345_1214560.jpg



いくらか従順なこの方へ交代。


a0114345_1214510.jpg



『んだんだ』(りん)


a0114345_1214231.jpg


ハリーとりんが巻いてるのは、
ユタ観劇のときに来場者プレゼントでもらったてぬぐいです(笑)
『けっぱれ日本』
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-07-25 12:29 | 劇団四季
ルバーブとフキは違うのよ。
a0114345_1650368.jpg



送料浮かすためについつい余計なものを買ってしまうクオカ
いますぐ必要なわけじゃないけど買い置きしておくか的にカートいれたものは
本当に危険。。

しかも消費期限の長い缶詰なんて!
きになりつつもキッチンで一年寝かせてしまったマンゴー缶やっと開けました^^;
850gの大容量は嬉しいのだけれど、これも開封のハードルを上げる一因だったりする。

ピューレなのでプリンにするにはとっても便利です。
ヨーグルトにそのままかけて食べると濃厚でリッチ♪
一度で使い切れる量じゃないので半分は冷凍してます。

レシピは<コチラ>を参考に☆
簡単だけど、スーパーで売ってるマンゴプリンとはまったく違う仕上がりですよ!

マンゴー嫌いのmiはいつものごとく食べませんでしたけれど・・



大地を守る会からルバーブが届きました。
って勝手に届いたわけじゃなくて注文したんんですけど^^;
そして次の日にパルシステムからジャム用あんずと生クリーム到着。

2種類の食材宅配でほとんどの買い物をまかなっているわが家、
一週間まえに注文を済ませるので、
届いてから『こんなの頼んでたっけ?』と思う事しばしば。

何を考えていたんだか、、平日にごはんにならないもの。
しかも足が速いものばっかり揃っちゃって。。

ルバーブはパイを作ってみたくて去年も注文してみたのだけど、
発育不良だとかで届かなかったんだな。
はじめての食材で上手く使えるか不安があったので、
届かなくて正直ちょっと安心したんだった^^;


今年は作ったよ。
a0114345_16503645.jpg

『ルバーブのクランブルタルト』


土曜日まで待って、念願のルバーブタルトを作りました♪
(↑このタルト型も何十年もの。底の抜ける型が欲しいな〜)
ネットで調べたところ、ルバーブタルト(パイ)のフィリングはジャムにしたものを詰める、
カスタードクリームと生のルバーブを詰めるなどいろいろなレシピがあるようですが、
このタルトは小嶋ルミさんのレシピより↓



小嶋ルミ『知りたがりの、お菓子レシピ—小さなこつも、大きなポイント』


日本ではまだあまり馴染みのないルバーブ、
欧米ではポピュラーな食材のようで、もう一冊買ったルミさん本、
『パティスリー「オーブン・ミトン」の厨房から』にもルバーブを使ったお菓子が沢山載っていた。
小嶋ルミさんはルバーブ好き?

一度から焼きしたパートブリゼ(タルト生地)にさっと火を通したルバーブジャムを詰め、
クランブルを散らしてオーブンで焼き上げます。
最後の焼き上げでルバーブジャムがいい感じに煮詰まるというレシピ。

まず、小嶋ルミさんのパートブリゼ。これがすごく美味しい♪
作り方はとても簡単なのに仕上がりはさっくりと香ばしくてこれはイイ☆
ポイントはやっぱり混ぜ方かなと思います。
ルミレシピ、この本も混ぜ方親切に書いてあります。
そして上に載せたクランブル。クランブルも初体験で、いままで面倒くさそうと思ってたけど、
なんだとっても簡単なのね!
レシピは、ルバームジャムの前にラズベリージャムを塗るのですが、
そんなのないし、せっかく同じ日に作ったあんずジャムがあったのでラズベリーのかわりに使いました。


a0114345_16503550.jpg


あんずジャムも上手に出来たのだけれど、
ルバーブもあんずも酸っぱくて、
あんずのほうが強くてルバーブの味が負けてたかも^^;
チチは酸っぱそうな顔してたけど、
ワタシはかなり好みの味♪
ルバーブが手に入ったらまた作ってみたい。

『これ、何はいってるの?』って聞かれても
『ルバーブだよ』ってだけじゃ通じなくて、
『昔よくケーキとかにのってた緑の砂糖漬け(アンジェリカ)のやつ』なんて言ってもわかってもらえず。。
面倒くさくなって『フキ、フキみたいなやつ!』で終わらせておきました(笑)

土曜日にパートブリゼ生地とルバーブジャム、クランブルを用意して、
夕方に焼こうかな〜と思ったら
“あら熱を取り、まだ温かみがのこるくらいをどうぞ”なんて書いてあってその日は焼き上げを断念。

日曜日の朝から、タルトを焼いて、マンゴープリン仕上げてスイーツ祭り♪

だが、ご飯になるものがなんにもない^^;
なんだか疲れちゃったから朝ご飯はうどん。
具のない素うどん(笑)
そして無理矢理まだほんのりあったかいタルトを食べさせ、
マンゴプリンは『もうお腹いっぱい』って断られた(爆)

チチとtaは出かけたので、
miのお昼ご飯は残りの素うどん。
そしてワタシはまたルバーブタルトが昼ご飯。

手作りのお菓子なんていいお母さんね〜♪
なんてよく言われるけどそれは大間違い!
お菓子作ってご飯作ってないですから(笑)



a0114345_1650357.jpg



わが家は床生活なので、
食べてるとこんな風にアゴのっけてきます。
(のっけられてるのアタシの足。まだパジャマだし・・)

すると、だんだん眠くなってくる。

a0114345_16503436.jpg


カメラ向けると目が開いちゃうのが残念っ。
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-07-19 12:27 | パンやお菓子
ご趣味は?
a0114345_16585936.jpg


ドーナッツ作りました♪
イーストを使ったパンドーナッツです。
↑はmiが一生懸命デコしました。
ず〜いぶん前にクオカで買って一度も使わないまま冷蔵庫に放置してた“コーティングチョコレート
いったいいつ買ったのか・・
賞味期限はいつまでなのか・・

まだ大丈夫な感じもするし、でも油浮きしている気もするし・・
で悩みに悩んで結局ゴミ箱へ。。。結局ふつうのチョコを溶かして使いました。
わが家の冷蔵庫には“いつか使おう”と買っておいて忘れ去られたままの食材、
とくに製菓材料がたくさんあります。
すぐには手に入らないものだからクオカで買い物するときについついカートに入れてしまうのだけれど・・
布と違って“期限”があるから気をつけなきゃな〜
布も食材ほどではないけど“旬”はあるからね・・寝かせるのもほどほどにしないとね^^;


a0114345_1659138.jpg


ドーナッツ作ったの、実は子ども達が生まれてから初めてかも?!!
実家では作った記憶があるけど、
パン教室で作ったのが最後だと思う。

小さい鍋で揚げたのでちょっと大変だったっ
次は中華なべで揚げようかな^^;

1/3はデコレーション
1/3はシナモンシュガー
1/3はあんドーナッツ
にしました。
あんドーナッツ!これが一番美味しかった♪


a0114345_1659043.jpg


イーストドーナッツは軽いです(重さが)
気をつけないとパクパクいっちゃいますよ。
『あっさりしてる〜』なんてのは気のせいですからね。

最近よく見かけるようになりましたが、
“揚げていないドーナッツ”ブームですか?
揚げなきゃただの穴のあいたバターケーキじゃないかなと思うけどね^^;
カロリーは気になるけどやっぱり揚げてなんぼでしょう(笑)


喜んで食べるmiのそばには、
おこぼれを狙う一匹のイヌ。


a0114345_1659024.jpg



もれなく付いてきます^^


a0114345_16585973.jpg


このときはいっぴきですが、
両側でにぴきの時も多いですよ。
でもこれは貰えません。キッパリ。
きっと
『落ちれ〜落ちれ〜』と念じてると思いますが(笑)




ずいぶんご無沙汰の更新になってしまいした。。
相変わらずバタバタと毎日を過ごしております。


a0114345_0495638.jpg



先週末、miと入ってるゴスペルサークルのステージがありました。
地域のコーラスグループのつどい大会に毎年参加してます。
ちまたにコーラスグループは沢山あるようで、
年々参加グループが増えて、今年も朝から夕方までみっちりプログラムが組まれていました。

“コーラス”を楽しまれている方は総じて年齢層が高く、
ピンクや紫など華やかなサテンのお揃いロングドレスと蝶ネクタイの方々の中、
基本真っ黒で子連れのワタシたちはいつも異色を放つ存在です^^;

↑は去年作った衣装。
大人とピンクを嫌う男の子は黒ポロ。
女の子とピンクでもOKなちびっこ男の子はショッキングピンクのポロ。
チチの会社のデザイナーさんにタダでデザインしていただいたロゴマークをアイロンプリントでペタリ。

この黒とピンクのコントラストが舞台映えしまして、 手前味噌ですがなかなか可愛いのですよ。
とってもいい出来だったので、
去年に引き続き今年の衣装として再採用です。
来年は子ども達がサイズアウトしそうだから、新たに作らなきゃいけないかな。

このポロシャツ、こちらのネットショップ→でまとめて購入しました。
一枚648円という驚きの安さながら、
なかなかタイトなデザインでものも良くおすすめです。


さて、我がゴスペルサークルは、毎年この7月のステージに向けて3ヶ月ほど前から
新曲2曲の練習を開始します。
曲をものにするまでに音程をとれるようになること、
英語の歌詞が入る事の2つのハードルがあります(汗)
ゴスペル曲は同じフレーズの繰り返しが多いのでそんなに難しくないのですが・・・
毎年毎年、ギリギリの仕上がりになるワタクシ、、
今年はさらに四季にうつつを抜かし、
練習曲のCDを聞かずにミュージカルCDばっかり聞いてたからホントひどかった。

それにやっぱり歳のせいかしらん?
『もう完璧!歌詞入った!!』と確信した15分後には忘れているのですよーー。

それでも、学生の頃のテスト勉強並みに一夜漬けして、
前日ステージリハの頃にはなんとか形になりましたのよ。
そんなことしてるのはワタシくらいかと思いきや、
移動中も楽譜を手放さない仲間や縮小コピーのアンチョコをリハまで持ち込んでる仲間、
待ち時間のあいだ中ぶつぶつ呪文を唱える仲間達(これワタシも)。。
みんな一緒でした^^;

少々の不安を感じながらも直前練習ではパワー全開で大盛り上がりをみせるメンバーたち。
ワタクシもこのステージに立つのは6回目(くらい)、
もう緊張もしないわ。
と思っていたのに。。
いざ本番でステージに立った途端、、
飛んだ、ワタシの中でネジがひとつ飛んだあ〜
歌はなんとかなったものの、、振りが飛んだ。
最後の決めポーズまで両手をあげるのか片手をあげるのかわからなくなって(汗)
なんだか挙動不審な動きに。。^^;
なんでだろう?舞い上がっちゃったなー。

自分の出来には満足いかなかったものの、
全体の出来はなかなかだったのでは?と思います^^
みんなノリノリで楽しかったし☆
この後の打ち上げも盛大な盛り上がりようでした♪
この仲間たち、年代さまざまで、仕事を持ってたり専業主婦だったり、
最近ではパパもいたりして^^バラエティーに富んだ仲間達。
歌が好きという共通点で集まったこのノリのいいゆかいな仲間達との空間はとても心地いい。
みんなそれぞれ大なり小なり大変なことを抱えてたりもするのだけれど、、
まったくそれを感じさせない明るさとパワーにはいつも感心しきり。
いつも元気もらってます^^


ここでやっとタイトルの『ご趣味は?』に繋がるのですけれど、

小学校の懇親会とか学童の新年度歓迎会などで自己紹介の時に
『趣味やいまハマっていることを話してください』というネタをよく使います。
“自己紹介してください”だけだと子供の話しをするだけで終わってしまうのですけれど、
こうやってネタを提供するとお母さんがた本人のお話が聞けて面白いのです。

でも『ご趣味は?』って聞かれると
『え〜?どうしよう。。何もない』ってお母さんがかなりの数でいらっしゃいます。
ワタシはですね。。
『えっと、今日はどれを言おうかな』って感じです(笑)
その時によってハマり度が違うので、
『洋裁です』とか『カメラ好きです』とか『お菓子よく作ってます』とか『本好きです』とか。。
先週だったらゴスペル度が急上昇してたので『娘とゴスペルサークル入ってます☆』って言うかも。

なんていくらでも出てきます^^;

そして、
今年は、
間違いなく。。。


『ミュージカルが好きで、劇団四季よく行きます』

を使いました(笑)


ゴスペル仲間たちやブログお友達、その中にはカメラ友やソーイング友などさらに重なってたりして、
そこから広がる趣味友たちはいろいろな刺激を与えてくれる大切な存在で♡
そもそも趣味から広がってるから『趣味がない』なんて身近にあまりいない(笑)

『ママ友だけじゃなくて“趣味友”もとってもオススメ』ってのはゴスペ友、ブログ友、カメラ友、であり、そして最近は四季友にもなった趣味友RIPUさんの談^^
ホント!ワタシもそう思います♪

まあ、
いつも母に『あんたいつも忙しい、忙しいって、そんなことばっかりやってるからでしょう!』と
怒られるほど趣味生活を楽しんでしまっているワタシは問題大アリですけど・・・汗
こんなに好き放題やらせてくれてる家族、とくにチチには感謝しております。ハイ。

仕事と子育てに追われてる学童のお母さんたちも、
来年の歓迎会では
『え〜?趣味?どうしよう。。何もない』ってセリフが少しでも減るのを期待します!
あっ、『趣味はないけど、あえて言うならお酒が好き♪』が多かった(笑)
飲める人が多いのは働くハハの特徴かな?笑
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-07-10 23:45 | パンやお菓子
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin