Top
タグ:お菓子 ( 30 ) タグの人気記事
Top▲ |
お菓子教室〜抹茶のシフォンケーキ
a0114345_1342491.jpg

坂田 阿希子さん「抹茶のお菓子」より抹茶蒸しパン



仕事が少し早く終わり、時間ができるとお菓子を作りたくなります。
いえ、食べたくなります(笑)
ワタシは応用力がなく、レシピどおりに作りたい派なので、
家に材料がないとガッカリして諦めてしまうのですが、
どんぴしゃり☆と材料が揃っていて、しかも賞味期限ギリのものを消費できるとなれば、
ウハウハです♪

蒸しパンがとても好きです。
簡単に作れるものなのにあまり作らないお菓子ですが^^;
↑は、上新粉が入っているので、もっちり、さっくりした感じです。
甘み少なく、抹茶の苦み、桜の塩漬けを刻んだものを生地に混ぜ込んでいるので、
塩味も効いていて大人な味です。
本には「男性へのおもたせ」にもみたいに書いてありました。
でも、子どもも喜んで食べました。

ちなみに、桜の塩漬けも抹茶も賞味期限切れてました(爆)
桜は塩に漬けてあるし、抹茶は冷蔵庫にいれてあったから風味は落ちてるだろうけど、
大丈夫ヾ(๑╹◡╹)ノ"

でも、ひと様には差し上げられませ〜ん。


さて、この記事も書き途中でだいぶ長い間放置してしまっていたのですが、、


a0114345_1342314.jpg


先日、約いち年ぶりのfumufumu+先生のお教室に参加しました。
去年は「ロールケーキ」のレッスンでした。

去年のレッスンは、
本格的にお教室を始める前のプレレッスンだったのですが、
この一年の間に、先生はご自宅のアトリエを大改装!!
業務用オーブン(←このオーブンがとっても素敵☆なんですけど、写真を取り忘れました・涙)を設置し、
パン教室、お菓子教室をスタートされました。
リフォーム前も素敵な空間でしたが、
さらに先生のセンスの良さが光る、
雑誌の1ページのようなアトリエになってました。

話が飛びますが↑に写っている先生の「スタンド式ミキサー」
これ欲しいな〜♡
卵やクリームの泡立てにはハンドミキサーを使ってますが、
無理なパン捏ねで右肘を痛めてから、ハンドミキサーを保持してぐるぐるするのも辛いときがあります。
キッチンエイドは永遠のあこがれだけど、
でっかくて置く場所がない、使うたびに出すのだったら意味がないしね。
似たような機能で、もう少し小振りで軽く、価格もやさしめの
貝印メランルージュロボがあります。
もし買うならこちらが置く場所もいろいろ現実的かな。欲しいな〜♡


a0114345_134211.jpg



今回のレッスンは「抹茶のシフォンケーキ」でした。
シフォンケーキ。。
何度も何度も、いろいろなレシピを浮気しながら焼いていますが、
明らかに大きな失敗はしないものの、、
なんとなく膨らみが悪かったり、
大きな気泡があったり、
ワタシがよく遭遇するのは、腰のない柔らかすぎるシフォン。

なかなか安定した結果にならないお菓子です。

単純なお菓子ほど奥が深かったりしますね。

抹茶が入ると生地が重たくなるので、
抹茶シフォンやココアのシフォンは難易度が高いのだそうです。


先生曰く、シフォンケーキのポイントは、
「卵白の泡立て具合の見極めと粉との混ぜ合わせ」
ロールケーキでも同じこと言われました^^;
卵泡立て系のお菓子はやぱりコレにつきるわけです。

卵白の泡立て具合は、
レシピ本にも「角がピンと立つくらい」「逆さにしても落っこちてこない程度」など書いてありますが、
やはり、実際に自分の目で確かめないとわからないですね。
fumufumu+先生のレシピは、すっとおじぎするくらいに泡立てる^^


a0114345_1342228.jpg



粉が入った生地と泡立てた卵白の混ぜ込み。
こちらのほうが難しいかな。
先生は泡立て器を使って混ぜ込む方法を教えてくださいました。
「これは、ロールケーキと同じですよ〜」と言われました。が、
ごめんさない。。忘れてました^^;
そうだったそうだった、混ぜ方のコツ、
一年前のことを思い出しましたよ。
実は、ロールケーキは先生のレシピで何度かチャレンジしてるのですが、
いまいち上手く焼けてないのです。
そうか、この混ぜ方が出来てなかったかも。。
またおさらいしなきゃな。

この日は生徒さん3人の実習コース(デモンストレーションコースもあります)
まず先生がひととおり一台作ってオーブンに入れるのを見学、
そして、ワタシが一台作ってオーブンへ。
そして、あとのお二人が作ってオーブンへ。
自分の実習も含めて4台分みる事ができるのでとても勉強になります。

あとは、シフォンケーキの最大の難所、
『型外し』


a0114345_1342185.jpg



ご一緒した生徒さんも言ってましたが、
ワタシもこれが大の苦手^^;
せっかく上手に膨らんでも、最後の最後で大失敗〜なんてことよくあります。


a0114345_1342099.jpg



型外しのデモと試食用に、先生が朝焼いて用意してださっていたシフォンに、
ナイフが入ります。
生徒3人の目が注目する中、
「私も得意じゃないのよー。緊張する〜」と先生(笑)

ナイフを入れる角度と力、
あとは思い切りの良さ。だそうです。
↑の写真、先生の手、かなり力が入ってますね^^
先生、とってもスマートですが、かなり力には自信があるそうです、
お菓子作りには力が必要で、立派な力こぶ披露してくださいました(笑)


a0114345_1353428.jpg



見て〜〜!!
この美しさ☆☆
今まで自分で「綺麗に抜けたわ♪」と思ってたのはぜんぜんダメだったということが分かりました(笑)
こんなにつるっと綺麗なお肌に抜けるのですね。

ナイフの使い方ももちろん影響しますが、
やはり、生地がうまく焼けていないと、美しく抜けないそうです。
なるほど。

実はですね、今回の抹茶シフォンのお教室。
たまたまキャンセルがでたので再募集しますというお知らせに飛びついて参加させてもらいました。
シフォンケーキは何回も焼いているし、
すこ〜しは自信のあるお菓子だったのですが、
先生のブログに載っていたシフォンの写真に衝撃を受けました!
「こんなシフォン見た事ない!」ってくらい美しい佇まい。
ぱりっと自立して真っすぐに筋が通ったような立ち姿。

ワタシが今まで焼いてきた姿勢わるく、ふにゃらふにゃら腰のないシフォンはなんだったんだ!
こんなシフォンが焼けるようになりたい!!
と滑り込ませていただいたわけです。


そのシフォンがコレです。


a0114345_134203.jpg


美しい☆

ワタシ達のケーキが出来上がるまで、
美味しいコーヒーを飲みながら
先生の焼いたシフォンをいただきます。
クレーム・シャンティを添えて^^
(↑ご一緒した方と、クレームシャンティって、ようするに砂糖いれて泡立てた生クリームのこと?ってコソコソお話してました。おシャレだよね、家でも使おうかな『なに?』って言われそう・笑)

写真でわかるかしら?
生地のキメが揃ってますね。
底から上部まで同じ細かい泡。
フォークを差し入れると”ジュっ”と音がします。
ほどよく弾力があり、つぶれずにすぐに形がもどります。


a0114345_1341953.jpg




周りに粉糖をふるといいですよ^^と教えていただきました。
うん、これならワタシの作品のアラも少しは隠せるかも(笑)



a0114345_1342287.jpg



これがワタシの作品です^^
いい感じに膨らんでいるではないですか〜♪
これを自宅に持ち帰り、型外しは家でします。

今回は「20〜21センチのシフォン型を持参できる方」という条件でした。
「は〜い!!持ってるので大丈夫でーす!」と勇んで申し込んだのですが、
お教室当日の朝、ふと不安になり、自分の型のサイズを測ってみました。

なんと、驚いたことに、
ワタシの型、20センチじゃなかった!(爆)

え〜自分が一番驚きました!!
だって、17センチの型よりか大きかったし、もうずっと何年も20センチだと思い込んで使ってたんです。
いっつも型から盛り上がるほど膨らむので、
ワタシってなんてシフォンの才能があるんだろうーなんて思ってたくらいですよ。。

いや〜ビックリ。
ワタシの型、18〜19センチのかなりイレギュラーな型のようです。
高さも低いようですね。
結婚祝いでいただいた型で、自分で買ったものでないので、
本当に気づきませんでした。

それにしても、気づいたのは当日の朝。
もうどうしようもないので、これを持参して、先生に謝りましたところ、
とりあえずこの型に流し入れて、
あまった生地はマフィン型で焼きましょうと提案していただきました。

さて、そんなこんなで、
楽しく充実した時間を過ごし、持ち帰ったMYシフォン。
教えていただいたとおりに型外ししてみましょう!
結果はいかに?


a0114345_1341969.jpg



玉砕。。
だめだったぁ。
お教室に行くまえであれば、これでも良しとしたところですが、
こんなお肌ではだめですよ。
う〜ん、もっと削りとる感じでナイフをいれなきゃだめだな〜。
よく膨らんでいますが、カットしてみると、
生地のキメも先生のシフォンほど揃っていませんでした。
やっぱり混ぜ方かな。
すっごく美味しかったですけどね☆

いやいや、練習あるのみですね!
がんばります!


a0114345_1341851.jpg


さて、fumufumu+先生、
アトリエを新装して、お菓子教室だけでなく、
天然酵母を使ったパンのお教室もスタートしました。

パン教室もとてもとても行きたいのですが、
今年はちょっと忙しくて行けそうにありません。残念です。

そして、月に一度の「shop」販売も開始されました♪
お教室の日もすこ〜し販売用のお菓子が並んでいたので買ってきたのですが、

『美味しい!!』
なんだろう、とてもシンプルで素朴な見かけなのですが、
ちがう!プロの味がする!!
ワタシが作るお菓子とぜんぜん違う(←あたりまえ)
でもケーキ屋さんで売っている味とも違う、
とてもとても丁寧で繊細な味がします。

シンプルで余計な飾りなく、
素材の良さがストレートに伝わってくる、
まさに先生のお人柄=オトコマエなお菓子(褒めてます!)

月一回土曜日のopen。
先生の手作りのお菓子とパンが沢山並びます。
まだopen間もないのにお昼には売り切れちゃうんだって!

本当はね、教えたくないの。。

でも宣伝も必要だから、コッソリと(笑)
先生のお教室とshopのサイトはコチラです→

現在、miと一緒に参加しているゴズペルサークルで、
9月の10周年ライブに向けて猛練習中。
土曜日はしばらく練習が入っているので行けないのです。
そちらが落ち着いたら、ぜひ、お教室とお買い物に行きたいと思っています。
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2012-05-17 17:34 | パンやお菓子
ハッピーバースデイ&バレンタイン♪プレゼントはキャッツ回転席☆
a0114345_16321213.jpg


taが14歳の誕生日を迎えました。
左側に色の違うローソクを1本で10歳ぶんのつもり+4歳ぶんです。
年齢ぶんのローソクをさすとケーキが穴だらけになってしまう年齢になりました(笑)

誕生日ケーキのリクエストを聞くと、いつももれなく『ロールケーキ\( ・ٹ・)/』
になってしまうので、勝手に苺のショートケーキにしました。
最近、なんとか安定させたくてロールケーキばかり焼いていたのです。
(でも安定しないので、なかなか写真がこちらにアップされないのですが・・)
久しぶりにスポンジを焼いて、シンプルなショートケーキを食べたかったのです^^

18cmサイズで小嶋ルミさんレシピで焼きました。
今回は結構イイ出来だったのですよ!
9割方膨らみました^^(10割じゃないところがまだまだね・汗)
スポンジはふかふかでした♪
薄力粉をクオカの「スポンジケーキ用粉“アンシャンテ”」を使ったのが良かったのかもしれません。
ただ、小嶋レシピで作るといつもそうなのですが、
どうも焼きが甘いらしく、トップが生焼けです^^;
まったくもって素人な失敗なのですが、、
わが家はガスオーブンで火力が強いのでたいていのレシピ本より100℃は下げます。
その癖でいつも低めに設定してしまうのです。
何回もやらかしているのに忘れてしまうので、
次は忘れないようにココに書いておきます^^;

生クリームは1パック、苺も1パック(だって850円もしたんだもの!)で作ったので、
なんだか寂しい出来上がりに(笑)
でも、3段に積み重ねたスポンジの間には苺がたくさん挟まっているのですよ(︶。︶✽)

さて、この日は日曜日。
一日早い誕生日を祝っていた週末だったのですが、
taは、この日の夕方から調子が悪くなり、夕飯を食べる頃には熱が38度まで上昇!
幸い食欲&元気あり、「ケーキは食べたい!」と言うのでケーキはしっかり完食しました。
受診を迷いましたが、インフルエンザだと困るので夜まで診療している病院にかかりました。

検査の結果、インフルエンザはシロ。

その週、ハハは一年のうち一番の繁忙期で仕事休めず。
なんとなく元気で、熱は38度前後、用意した食事は自分で食べられる。
のをいい事に、ひとりでお留守番してもらいました。

そして、タイミングよく(?)
月曜の午後からtaのクラスはインフルエンザによる4日間の学級閉鎖となりました(涙)
当然、熱が出てから時間が浅いためにインフルエンザの反応がでなかった可能性は考えたのですが、
病院に連れて行く時間もなく、若さと気力で治してもらおうと放置を続けた結果、
木曜日になっても熱下がらずwさすがに元気も枯れてきて、、
そこからやっとチチに連れられ病院を受診。

結果、インフルエンザB型でした(ヤッパリ)
お薬ってすごいね、、すぐ熱下がりましたよ。
早くもう一度受診しておけば良かったね。。可哀想なことしちゃったな。

結局、まる一週間床に臥せった息子。
『ああ、やっと孤独から解放される』って言ってましたよ^^;


ところで、↑のショートケーキ、
デコレーションがひどいのはいつものことなんですけれど、
この日は朝から忙しくて忙しくて!!だったからもあるのです。


a0114345_16314323.jpg


miがはじめて今年、
『友チョコ作る!!』と言い出しました。
去年までは、チチと兄ちゃんと従兄の兄ちゃんのぶんを作ってたくらいでした。
世間で聞いてはいた『友チョコ』。
小学校4年生で始めるのは遅いほうなのかもしれません。


a0114345_16314462.jpg



チョコレート細工はたくさん作るの大変だし、
何よりも片付けが大変なので^^;
カップケーキを提案してみました。
これは、カップケーキをデコるためのクッキーパーツ。
クッキーは前日に焼きましたが、
一番小さい型を使ったので面倒でしたー。
クッキー生地はワタシが作り、miが頑張って型抜きしました。


a0114345_16314468.jpg



アイシングは面倒なので、手軽にチョコペンで☆
やり始めると楽しくなってきて、
見ていただければお分かりのように、
手前がワタシ、ハハの作品。
一見子どもとお菓子を作るいい母親ですが、
いえ、違います。自分で楽しんでるだけです(笑)

スマイルクッキーは<コチラ>の抜き型。
スマイルはんこをぎゅっと押すだけで可愛くなるのでとても重宝しています^^

焼き上がったカップケーキに溶かしたチョコレートを流し、少し固まりかけたところに
クッキーを配置。クオカで買った量の割には高かったハートチョコはひとつずつ^^;
で、完成したのはこちら。


a0114345_16314563.jpg

(これも出来のいいのだけ写真におさめてますよー。この他にもいろんなの出来てます・笑)

カップケーキのレシピは家にあった↓を参考につくりました。


デコレーションが可愛くて買った本なのですが、
カップケーキ生地のバリエーションが複数載っていて、
バターケーキ生地、シフォン生地、パウンド生地etc.

今はバターが高価で手に入りにくいので、今回はスポンジ生地を選びました。
カップケーキのわりにはフカフカすぎて物足りないけれど、
たくさん作るのでコスト重視で!笑
レシピ通りの12個ぶんで作ったのに、生地を泡立てすぎたのか、
なぜか20個できました(笑)

はじめての友チョコ体験。
たくさんのチョコを交換して、miは大満足の様子です。
みんな手作りで『どれも可愛くて、美味しい♪』と喜んでました。
わが家はまあ作り慣れてるのでいいですが、
お母さん忙しい方だし、きっと大変だったんじゃないかなーと想像するコも。

友チョコ、お母さんは巻き込まれて大変だけど、
女の子がお菓子作りにふれるキッカケになったり、
お母さんとのコミュニケーションの場になったりするんだったら悪くないかなーと思う風習です(笑)

___

さてこの日、朝からカップケーキを焼いてデコり、スポンジ台を焼いて、
ヘトヘトになりながらお出かけしてきました。

2011年2月12日(日)マチネ公演 キャノンキャッツシアター横浜

更新が滞ってる間もちゃくちゃくと観劇回数は更新しています^^;
観に行った事実は記しておきたくて、観劇レポも書いてきたこのブログですが、
観劇回数がブログ更新にまったく追いつかなくなったので、
全部書くのは諦めました(笑)
ここに書いていないだけで、さらにスゴイことになってますー。。

『誕生日プレゼントはキャッツの回転席がいい!』と言う、ワタシの一番の四季オタク仲間であるta。
回転席というのは、舞台に一番近い列から4列目までの席です。
休日の回転席チケットは、会員先行販売時に押さえておかないと、
なかなか取れないので、いままで座った事がありません。
今回はtaの誕生日に合せて取っておきました。

開演すると舞台の周りを客席がぐるっと回転します。
だから回転席♪
回るのは最初に1回だけ。だから、どうせ回るっていっても最初だけだしwなんて
いつも負け惜しみ言いながら眺めているだけでしたが、
いやいや、あの回転がね、なんだか自分もネコの異世界にぐっと引き込まれる感じがしまして、
「コレはすごい☆」と思いました。
今回は2列目だったのですが、舞台がすっごく近い!
こちらに向かってジャンプされると客席まで飛んできそうな勢いです。
大迫力の舞台にtaとふたりで大興奮でした。
ただ、近過ぎて、見やすくはないです(笑)
自分の首を動かさないと俳優さんの動きを追えないです。

横浜キャッツは円形劇場で、どの席に座っても、その席だからこそ楽しめる面白さがあるので、
回転席を一番のオススメにはしないですが、
一度座ると病み付きになるかもしれません(笑)

ちなみに、これを書き足している本日は、
S席の1/3ほどのお値段で座れるC席でしたが、
これはこれで楽しい席でした^^

taと「すごいね!すごいね!!」ときゃっきゃっ喜んで楽しんだこの日でしたが、
実は劇場で待ち合わせて話したときからtaは「喉が痛いんだよー」と言ってました。
ワタシが自分用に持っていたマスクをすぐにかけさせての観劇だったのですが、
それから夜にはまさかの発熱。
そして、この記事の最初にもどるわけです。

本格的に調子が悪くなって言ったtaの言葉。

『よかった、キャッツ観れて本当によかった。』

笑。

そうだよねー。熱がもう少し早く出てから観れなかったもんね。
ずっと楽しみににしてから、観れてよかったよね。

でも、最後に握手してた田邊タガーに移しちゃったのではと本気で心配していたta。
田邊さん次の日から抜けてしまったし^^;
そうだったらごめんなさいね。

と、ハハが本日の観劇で再び登場した田邊ダガーに心の中であやまっておきましたよ。

もちろん、今では元気に回復したtaですが、
4日間の学級閉鎖で遅れてしまったぶん、
その後の一週間は7時間授業になり、これがかなりキツかったようです^^

梅が咲き始め、春の訪れかと思いきや、
積もる程の雪が降りました。
なかなか暖かくならないのに、花粉の気配は感じる3月です^^;
みなさまも体調管理にはくれぐれもお気をつけくださいませ♡
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2012-03-05 02:08 | パンやお菓子
久しぶりソーイング・・・ビニコバッグなど
a0114345_16372692.jpg


なかしましほ『おやつですよ』より抹茶のくずプリン

お友達のブログで美味しそうだったこのおやつ。
わが家にも同じ本があって、割安という理由で選んで使いきれない抹茶の大缶、
同じく使いきれない葛があるのに気付いてまねっこしてみました。
使わなきゃいけない豆乳もあったので、レシピの牛乳の2/3を豆乳にかえました。
ぜんぶ豆乳にしなかったのは、風味が強過ぎて食べにくいかなと思ったから。
簡単に出来て美味しいです。
子供たちは手間のかかるものより、
こんな単純で冷たいお菓子が人気です。

もう夏祭りの季節も終わってしまいましたが、
知り合いでまわしているお下がりお洋服。
サイズが合いそうなものが回って来るのでいったい誰が着ていたものなのか
よくわかないのですが・・・
浴衣が1枚入ってました。

a0114345_16372579.jpg


一見、これは男の子用?と思う程、
シックなからし色にイルカの模様。
袖の長さと形からみると間違いなく女の子用の浴衣。
最近のやたら“ぎらぎら”(きらきらじゃなくて)した浴衣が苦手なワタシ。
これは一目で気に入った!

面倒くさいし、暑いっていって浴衣を着たがらないmi。
だから最近はまったく浴衣を買ってなかったんだけど、
めずらしく『これ着る』って言い出した!!
miにはちょっと小さいサイズだったけれど、
あげを下ろせばなんとか着れそう。

帯はついてなかったし、家にある赤やピンクの兵児帯はまったく合なかったので、
ネットで探してリップルの薄手木綿生地を買ってみた。

最近は、手軽で涼しいと大人用の兵児帯も沢山あるのですね。
子供用もむかしからのいわゆる絞りの兵児帯だけじゃなくて、
オーガンジーやシフォン素材のものなどバラエティに富んでいるようです。

a0114345_16372591.jpg


どうやっても地味で華やかさにかけるので、
黒レースをたたいてみました。
なるべく長くとって、背中のリボンは大きめに。


これ、だめですかね?
ハハとしては、なかなか可愛いと思うのですが・・・
これ着たの、写真とったこの時だけでしたよ。。。

昼間のまだ暑いうちにお友達と出かけるというので、
明るいうちに写真だけ撮らせてと着せたんです。
で、この後脱いで、夕方また1回帰ってきて浴衣で出かける約束だったんですけどね。

二度と着てもらえなかったです。
『こんな地味な友達(浴衣)いなかった・・』って(泣)
え〜?だってこの地味な感じがいいって言ってたんじゃ〜ん。
それに、ただ、がーっと直線に縫っただけだけど、
帯も作ったのにぃ。
みんなと違うということをいいと思えないお年頃。
ううっ、、しょうがないか(涙)
さて、このムダに細くて長い生地(帯)何に使おうかな。。
首に巻くか?


しばらく遠ざかっていたミシン。
夏休みにまとまった時間がとれたので、
集中的に動かしてみました。

a0114345_16372661.jpg


one's one 3サイズバッグ


去年一度作って、ビニールコーティング(ラミネート生地)にハマりかけ(笑)
気に入ったビニコ生地を買いだめてあの頃。。
依頼のすっかりご無沙汰だったパターン。

手前がソレイアード、奥がCHECK&STRIPEで買った生地です。
ビニコ生地は扱いにくいと言われますが、
ソレイアードの生地はつや消しタイプなのでまったく問題ないです。
というか、ビニコ用のテフロン押さえを使いましたが、
このパターン自体がよく考えられてつくられていて、
ビニコの扱いの難しさを感じません。

この後、テッカテカのビニコで他のものを縫いましたが、
それはとても苦労しました。
どうやら、ビニール面を下にして縫うと、
ミシンの土台のプラスチック面にくっついてしまい、大変なことになるようです。
(つや消しタイプを選べば心配ありませんが)

このonesoneさんのパターンはビニール面は常に中表か、
上を向いて縫うようになっているのでストレスなく縫えます。
アクリルテープの縫い付けも、縫い方のコツが細かく書いてあるレシピなので、
綺麗につきます(あとは腕の問題さ^^;)

比較的スムーズに作れましたが、
テープ付けの段階で、針を16号に、糸を30番に替えた所で、
糸調子が上手くいかず、すっかり手が止まってしまいました。
職業用ミシンに買い替えてから、まだそんなに太い糸を扱ったことがなかったのです。
上糸調子をいじってもなかなか上手くいかなくて、
とうとうあまりやりたくなかったボビンの下糸調節ネジを回しました。
ボビンを扱うなんて高校の家庭科依頼だな〜
家庭用ミシンはボビンなんてないからね。

そうしたらうまく行きました!!
まだまだ勉強が必要だわ。職業用ミシン。
あとは、裏地につける接着芯、
これはもっと厚いものを使ったほうがよかったかな、、
あまり固くなると縫うのが難しいかと思ったのですが、
このバッグはもっとパリッと自立してるほうが可愛いなと
これを書くにあたって見直した<one's oneさんのサイト>をみて思いしまた。

これは、大切なブログお友達にプレゼントしました。
とってもお裁縫上手な方なので、
ワタシの作品を差し上げるのもお恥ずかしいのですが、
人にあげるばかりで、自分は手作りのものをもらった事がないと喜んでいただけて良かったです♪

めずらしく来ているソーイング波に乗って、
もう一つ。

a0114345_1640409.jpg


pattern whistle@Bucket
表生地:CHECK&STRIPE リネン混ブラック
裏生地(ブリム):ソレイアードリネン混キャンバス


沢山もっているwhistle@(ただいま休店中)さんの帽子パターンの中で、
1位2位を争うお気に入りのパターン『Bucket』
その名のとおり“バケツ”のような形。
ブリム(ひさし)とクラウン(頭いれるとこ)がそれぞれ一枚仕立てなので、
作るのが簡単。
表地と裏地を作って、ひっくり返す方式なので、サイズテープ付けがなくて楽。
接着芯が必要なのはブリムのみで、クラウンには接着芯なしてで柔らかいリネンも使用可能。
クラウンに接着芯を貼らなくていい帽子は涼しいし、なにより被りやすい。
ブリムはさほど大きくない割に深い,ので日よけ効果は抜群!
ぐるぐるステッチが入っているのでブリムの形は調節自在。
日差しが強いときは、ブリムを下げて、視界を広くしたいときにはくるっと上げられます。

そして一番のおすすめポイントは、
自転車でも飛ばない(ある程度のスピード以下だけど)☆
これ重要。
ワタシも一昨年の夏に作ったBucketは今年も大活躍!!

この帽子は、自転車愛用者のお友達にお誕生日プレゼント♡
なんのひねりも飾りもない帽子だけど、
黒ファッション(↑青く見えるけど表地は黒なのよ)が好きな彼女には喜んでもらえたようでよかった。
ファッションのポイントになるような帽子を作れるようになりたいけれど、
まだファッションの邪魔にならないものしか作れないな〜汗


a0114345_1581165.jpg



オカダヤ系列のmano creareで見つけた、
コンパクトミラーキット。
フタの金具に好きな生地を巻けば簡単にオリジナルミラーを作れるというキット。
↑は帽子用のスポンジ芯を中に挟んでいます。
あとはクルミボタンを作る要領で金具をつつみ、
手芸用の接着剤でとめるだけです。
なかなかきれいに出来ます。

バザーに出すのに簡単でいいかなと思ったけど、
キット自体の値段が高いのでもったいなくて却下。
やっぱりこれはプレゼント用。
手前のリバティーをお友達へ。

キティちゃんリバティは洋服とか大きなものに使う勇気はないけど、、なにせ高いし^^;
これくらいの小物使いなら可愛いくていいかな。
10センチカットのはぎれが売っていたので買ってみました(10センチでも300円以上^^;)

このミラーキット、オカダヤのオリジナルらしいです。
ワタシは実店舗で買いましたが、
ここ→でも売っているみたいです。

少し涼しくなってきたし、
そろそろミシンの季節♪(暑くても寒くてもやる気にならない・・)
毎年恒例のドレス作りも始めなきゃならないし、
乗りかけた波から落ちないうちに取りかからなくては・・

(今回の記事、四季は封印してみたけど、結局、ソーイング話も知らないひとにはまったくわからないヲタク話になっちゃうんだなと思った・笑)
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-09-13 17:29 | ソーイング
あづいぞ名古屋・・・8/11夢から醒めた夢
a0114345_14183886.jpg



子供たちがいなくなることを考えず、
いつもどおりに食材宅配を頼んでしまったら、
牛乳が減らなくて、、困ってしまう。
お弁当づくりも朝食作りからも開放されているので、
朝から抹茶ババロア作りました。

いい加減に作ったので抹茶がほくろみたいに残ったところがあります。

あと、子供の頃からずーっと苦手なゼリーの型抜き。
さっとお湯に漬けてすこーし表面を溶かして型抜きするのを、
いつも浸し足りなくてうまく抜けないか、
溶かしすぎてしまうか。。のどちらか。
↑は溶かしすぎ、、エッジが綺麗にでなくてガッカリさ。

taが山ほどの洗濯物をおみやげに合宿から帰ってきました。

『楽しかった♪?』とお決まりのセリフで迎えたのだけれど

『楽しいって・・.』┐( -"-)┌ヤレヤレ..

って言われちゃったよ。。

えっ?そおなの?
へー楽しいもんじゃないんだね、合宿って。ふーん

ごみ袋に詰められた洗濯もの。
干しても干しても終わらないから、いったい何枚あるのか数えてみました。
Tシャツが13枚に短パンが6枚、それにタオル・・・
ふぅ。
それに、一回水洗いしたあと本洗いしたんだけど、
なんかまだ臭うのですよ。。どうすればいいのかしら?

合宿が終わるとtaの部活は一週間の夏休みです。
ハハの夏休みは月末だし、人の多いお盆に動きたくないのだけれど、、
子供たちの予定に合わせざるおえないのが辛いところ。


ってことで、週末に有休を足して帰省です。
ワタシの実家でひと足先にきていたmiと合流。
あづい!暑いわ~西日本。
なんか西のほうが日差しも強くて暑いきがします。


この夏の帰省に合わせてチケットとってました。
帰省のついでに観劇です。
ええ、決して観劇のついでに帰省ですはないですよ!笑


a0114345_14185335.jpg



2011年8月11日(木)マチネ公演
『夢から醒めた夢』新名古屋ミュージカル劇場


つい最近まで東京公演してたのに、
なぜにまた名古屋まで観に行く?という突っ込みは覚悟のうえ^^;
実家のある豊橋から1時間でいける距離であることと、
特記すべきは、
なんと“中学生まで子供料金!!”
これすごいです。
えっ?東京公演もそうだっけ?と確認したけど、
いえいえ、小学生までです。
名古屋はいつもそうなのかしら?太っ腹だなー。
東京もそうしてくれるとわが家はとっても助かるんだけどな。
四季ヲタ中学生いますので。。

新名古屋ミュージカル劇場は、名古屋駅から地下鉄でひと駅、
伏見から徒歩5分くらいの比較的わかりやすい場所でした。
劇場まえのスペースもロビーも広々しているので、
ロビーパフォーマンスは東京よりもゆったり楽しめました。
悪魔がすごい勢いで追いかけてくるので、
子供たちがキャーキャー逃げ回ってました^^

↑白黒ピエロさん可愛い♪


a0114345_1419390.jpg




動きもリアルで怖い〜
魔法使いに促されて・・・



a0114345_14191465.jpg




怪しい箱を覗くと、
中には・・?
ぜひ劇場でお確かめください^^
(ウマイっ!広報で使って欲しい)



a0114345_14214321.jpg



四季劇場「秋」では、
(混み合ってる公演の日は)
ひとをかき分けかき分けしなければ観れなかった、
小人たちのハンドベルも余裕で鑑賞。
(写真のトリミングがいまいちなのは実家母のPC使用のためです)



a0114345_1419238.jpg




名古屋のフランス人形さんは額縁にお入りでした^^



a0114345_14193136.jpg


開演まぢか、
フランス人形さんをマリオネットの貴族さんかしら(?)
がお迎えに。
へ~東京でもお迎えにくるのかなー。


a0114345_1419375.jpg



ロマンチック演出~♪と喜んでいるのはハハひとり。
子供たちは好き勝手にロビパを楽しんでおりました。


a0114345_14194679.jpg


東京公演を観劇したときと比べてみると、
ピコ役の岡村さん、ヤクザの野中さん、暴走族の西尾さん、
おじいちゃんの高橋さん、おばあちゃんの佐和さん、以外メインの方は結構変わっています。

今回のチケットは先行販売からはしばらく経っていましたが、
まだ比較的いい席が残っている時期にとりましたので
前から4列目、首を回せば夢の配達人さん登場が確認できる席を取れました。
新名古屋劇場は、列間が広くてゆったり座れますが前方がフラット(少なくとも4列目までは)なので、
思ったよりも舞台からの距離を感じました。
前に頭の大きな方がいると見づらいかもしれません^^;

仮面をつけ青いローブを羽織った配達人さんが席に座ると、
周りの観客は『なんで?なんで?』とざわざわしてました。
そして、青いアイシャドウも鮮やかな高井配達人登場〜☆
台詞まわしは独特な感じですね、歌声はさすがの美声です。
ファンが多くて人気の高い高井さんですが、
miは前回の配達人、道口さんが大好きで、
『道口さんのほうがいい〜』と煩いし、
taは、幕間からずーっと高井配達人の口マネして煩いし^^;で
名古屋の高井さんファンに聞かれたらどうしようと、
ハラハラしてるハハでした。

さて本編。
岡村ピコは相変わらず元気いっぱいで、くるくる変わる表情はなんとも可愛らしく、
デビルにパスポートを見せつけるときの
ぷーっとほっぺを膨らますのなんかかなりツボです(笑)
miは岡村さんの大ファンで、東京公演より前方の席が取れたので、
『目が合ったらどうしよう♡』なんて言ってたくらいですが、
『もうちょっと小さければいいのに・・』なんてことも言ってます^^;
まあ、でもワタシは前回ほど気にならなかったし、背が高いのも含めての、
魅力的な岡村ピコが作り上げられていると思いました。
『誰でもないあたし』まではしっかり笑わせてもらい、
霊界空港を去るときの『愛をありがとう』では、涙をこらえる表情にワタシが涙しました。

マコは前回の苫田さんから名古屋でバトンタッチした勝田さん。
可愛らしいお声でした^^
美しい織笠ママとも相性よく、
『ふたり〜はま〜るで、きょうだいみたい』が納得できる親子でした。
織笠ママはtaが大絶賛で
『いや〜いいねー織笠さんいいよねー。織笠さんのグリザ観てみたいなー』って。
ピコでもマコでもなく、ママかい?
相変わらず渋い趣味の中学生です^^;

藤原さんのメソはとっても顔色が悪くて(笑)つねに陰気でまさにいじめられっ子でした。
メソのナンバーは、いつもCDで聞き慣れている高音が出てなかったので、
あれっ?っと思いました。

涙なしでは観れない作品ですが、
今回は、霊界空港でおばあさんを何年も待ち続けたおじいさんとの再会場面で泣けてしまいました。
佐和さんはまだお若いのに、やさしいほんわかしたおばあさんを好演されてます。

野中さんのヤクザは相変わらず細かい演技で目が離せなくて、
美味しそうにたべるおにぎりが減っていくのが不思議で不思議で見入ってしまいました。

川原デビルはさすがの安定感で、客席からは笑いが絶えませんでした。

またまたしっかり泣かされてしまった夢醒め。
お盆時期と重なったこともあり、
幽霊となったマコの一目会ってお母さんを勇気づけたいと願う気持ち。
一目でいいから会いたい、離したくないと願うお母さんの気持ち。
たくさんの尊い命が光となった今年、
そんな同じ気持ちがたくさんたくさん溢れているだろうなと思うのでした。

劇中の反応はあっさりめかと思われた客席、
ところがカーテンコールは熱いものとなりました。
何回も何回も幕が上がり、
そして『○○さ〜ん!岡村さ〜ん!』のかけ声(?)
えっ?そんなかけ声もはじめて聞いたけど、
ピコ!とかじゃないんですね^^;役名じゃなくてお名前?
そんなところもところ変わればの劇場カラーでしょうか^^

そして、久しぶりに劇場で“寒い”と感じました^^;
そうでした、震災まえは必ず1枚はおるものを持って行ってましたよ。
最近はすっかり節電モードに慣れていたため忘れてました。
だって先日のキャッツでは暑くて暑くて汗かきましたから(笑)

そうそう、実家にいる間に、
“リトルピコ&リトルマコ大集合”イベント(だったかな?)に参加した、
4歳の女の子を追いかけたニュース番組をみました。
美女と野獣でも“リトルプリンセス&リトルプリンス”イベントがあって、
毎年一回しか着ないドレスが活かせるかも♪と
miを誘ってみたのですが
『ヤダ』と断られました^^;
大好きなピコならいけるんじゃないかと思ってたのですが、
さすがに名古屋では参加できずで残念でした。

最年少で参加したリトルピコちゃんはとってもとっても可愛かったのですが、
『あ〜アタシだったらもっと完璧なピコ服をつくるのにぃ!
バブーシュカは編むし、ベストは合成皮革かビニール素材でしょう、デニムのポシェットだって完璧に作るわ!!
なんだかみんな中途半端よ!!』とテレビの前で悔しがるワタシ。。
いやいやそこじゃないです、
完璧なコスプレを要求しているイベントじゃないでしょう。
とちゃんと自分でツッコミ入れときました^^;

『夢から醒めた夢』名古屋公演は今月28日に千秋楽を迎え、
9月からは全国公演がはじまります。
楽しくて、そしてほっこりじっくり心が温まる作品です。
みなさんのお近くにきたら、
ぜひぜひ観に行ってくださいね。
(ウマい!ぜひ広報につかってほしい)
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-08-17 00:57 | 劇団四季
ご趣味は?
a0114345_16585936.jpg


ドーナッツ作りました♪
イーストを使ったパンドーナッツです。
↑はmiが一生懸命デコしました。
ず〜いぶん前にクオカで買って一度も使わないまま冷蔵庫に放置してた“コーティングチョコレート
いったいいつ買ったのか・・
賞味期限はいつまでなのか・・

まだ大丈夫な感じもするし、でも油浮きしている気もするし・・
で悩みに悩んで結局ゴミ箱へ。。。結局ふつうのチョコを溶かして使いました。
わが家の冷蔵庫には“いつか使おう”と買っておいて忘れ去られたままの食材、
とくに製菓材料がたくさんあります。
すぐには手に入らないものだからクオカで買い物するときについついカートに入れてしまうのだけれど・・
布と違って“期限”があるから気をつけなきゃな〜
布も食材ほどではないけど“旬”はあるからね・・寝かせるのもほどほどにしないとね^^;


a0114345_1659138.jpg


ドーナッツ作ったの、実は子ども達が生まれてから初めてかも?!!
実家では作った記憶があるけど、
パン教室で作ったのが最後だと思う。

小さい鍋で揚げたのでちょっと大変だったっ
次は中華なべで揚げようかな^^;

1/3はデコレーション
1/3はシナモンシュガー
1/3はあんドーナッツ
にしました。
あんドーナッツ!これが一番美味しかった♪


a0114345_1659043.jpg


イーストドーナッツは軽いです(重さが)
気をつけないとパクパクいっちゃいますよ。
『あっさりしてる〜』なんてのは気のせいですからね。

最近よく見かけるようになりましたが、
“揚げていないドーナッツ”ブームですか?
揚げなきゃただの穴のあいたバターケーキじゃないかなと思うけどね^^;
カロリーは気になるけどやっぱり揚げてなんぼでしょう(笑)


喜んで食べるmiのそばには、
おこぼれを狙う一匹のイヌ。


a0114345_1659024.jpg



もれなく付いてきます^^


a0114345_16585973.jpg


このときはいっぴきですが、
両側でにぴきの時も多いですよ。
でもこれは貰えません。キッパリ。
きっと
『落ちれ〜落ちれ〜』と念じてると思いますが(笑)




ずいぶんご無沙汰の更新になってしまいした。。
相変わらずバタバタと毎日を過ごしております。


a0114345_0495638.jpg



先週末、miと入ってるゴスペルサークルのステージがありました。
地域のコーラスグループのつどい大会に毎年参加してます。
ちまたにコーラスグループは沢山あるようで、
年々参加グループが増えて、今年も朝から夕方までみっちりプログラムが組まれていました。

“コーラス”を楽しまれている方は総じて年齢層が高く、
ピンクや紫など華やかなサテンのお揃いロングドレスと蝶ネクタイの方々の中、
基本真っ黒で子連れのワタシたちはいつも異色を放つ存在です^^;

↑は去年作った衣装。
大人とピンクを嫌う男の子は黒ポロ。
女の子とピンクでもOKなちびっこ男の子はショッキングピンクのポロ。
チチの会社のデザイナーさんにタダでデザインしていただいたロゴマークをアイロンプリントでペタリ。

この黒とピンクのコントラストが舞台映えしまして、 手前味噌ですがなかなか可愛いのですよ。
とってもいい出来だったので、
去年に引き続き今年の衣装として再採用です。
来年は子ども達がサイズアウトしそうだから、新たに作らなきゃいけないかな。

このポロシャツ、こちらのネットショップ→でまとめて購入しました。
一枚648円という驚きの安さながら、
なかなかタイトなデザインでものも良くおすすめです。


さて、我がゴスペルサークルは、毎年この7月のステージに向けて3ヶ月ほど前から
新曲2曲の練習を開始します。
曲をものにするまでに音程をとれるようになること、
英語の歌詞が入る事の2つのハードルがあります(汗)
ゴスペル曲は同じフレーズの繰り返しが多いのでそんなに難しくないのですが・・・
毎年毎年、ギリギリの仕上がりになるワタクシ、、
今年はさらに四季にうつつを抜かし、
練習曲のCDを聞かずにミュージカルCDばっかり聞いてたからホントひどかった。

それにやっぱり歳のせいかしらん?
『もう完璧!歌詞入った!!』と確信した15分後には忘れているのですよーー。

それでも、学生の頃のテスト勉強並みに一夜漬けして、
前日ステージリハの頃にはなんとか形になりましたのよ。
そんなことしてるのはワタシくらいかと思いきや、
移動中も楽譜を手放さない仲間や縮小コピーのアンチョコをリハまで持ち込んでる仲間、
待ち時間のあいだ中ぶつぶつ呪文を唱える仲間達(これワタシも)。。
みんな一緒でした^^;

少々の不安を感じながらも直前練習ではパワー全開で大盛り上がりをみせるメンバーたち。
ワタクシもこのステージに立つのは6回目(くらい)、
もう緊張もしないわ。
と思っていたのに。。
いざ本番でステージに立った途端、、
飛んだ、ワタシの中でネジがひとつ飛んだあ〜
歌はなんとかなったものの、、振りが飛んだ。
最後の決めポーズまで両手をあげるのか片手をあげるのかわからなくなって(汗)
なんだか挙動不審な動きに。。^^;
なんでだろう?舞い上がっちゃったなー。

自分の出来には満足いかなかったものの、
全体の出来はなかなかだったのでは?と思います^^
みんなノリノリで楽しかったし☆
この後の打ち上げも盛大な盛り上がりようでした♪
この仲間たち、年代さまざまで、仕事を持ってたり専業主婦だったり、
最近ではパパもいたりして^^バラエティーに富んだ仲間達。
歌が好きという共通点で集まったこのノリのいいゆかいな仲間達との空間はとても心地いい。
みんなそれぞれ大なり小なり大変なことを抱えてたりもするのだけれど、、
まったくそれを感じさせない明るさとパワーにはいつも感心しきり。
いつも元気もらってます^^


ここでやっとタイトルの『ご趣味は?』に繋がるのですけれど、

小学校の懇親会とか学童の新年度歓迎会などで自己紹介の時に
『趣味やいまハマっていることを話してください』というネタをよく使います。
“自己紹介してください”だけだと子供の話しをするだけで終わってしまうのですけれど、
こうやってネタを提供するとお母さんがた本人のお話が聞けて面白いのです。

でも『ご趣味は?』って聞かれると
『え〜?どうしよう。。何もない』ってお母さんがかなりの数でいらっしゃいます。
ワタシはですね。。
『えっと、今日はどれを言おうかな』って感じです(笑)
その時によってハマり度が違うので、
『洋裁です』とか『カメラ好きです』とか『お菓子よく作ってます』とか『本好きです』とか。。
先週だったらゴスペル度が急上昇してたので『娘とゴスペルサークル入ってます☆』って言うかも。

なんていくらでも出てきます^^;

そして、
今年は、
間違いなく。。。


『ミュージカルが好きで、劇団四季よく行きます』

を使いました(笑)


ゴスペル仲間たちやブログお友達、その中にはカメラ友やソーイング友などさらに重なってたりして、
そこから広がる趣味友たちはいろいろな刺激を与えてくれる大切な存在で♡
そもそも趣味から広がってるから『趣味がない』なんて身近にあまりいない(笑)

『ママ友だけじゃなくて“趣味友”もとってもオススメ』ってのはゴスペ友、ブログ友、カメラ友、であり、そして最近は四季友にもなった趣味友RIPUさんの談^^
ホント!ワタシもそう思います♪

まあ、
いつも母に『あんたいつも忙しい、忙しいって、そんなことばっかりやってるからでしょう!』と
怒られるほど趣味生活を楽しんでしまっているワタシは問題大アリですけど・・・汗
こんなに好き放題やらせてくれてる家族、とくにチチには感謝しております。ハイ。

仕事と子育てに追われてる学童のお母さんたちも、
来年の歓迎会では
『え〜?趣味?どうしよう。。何もない』ってセリフが少しでも減るのを期待します!
あっ、『趣味はないけど、あえて言うならお酒が好き♪』が多かった(笑)
飲める人が多いのは働くハハの特徴かな?笑
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-07-10 23:45 | パンやお菓子
くまさんですよ!はぴ〜ば〜すでい10歳☆
5月のうちに更新しなきゃ〜(汗)


a0114345_0463481.jpg




5月はGWで始まって、母の日とかワタシの誕生日、そしてmiの誕生日となんだかお祝いごとが多い月。
今年の5月もあっという間に過ぎました。

miが10歳の誕生日を迎えました。
早いものでもう4年生。
小学校でもクラブ活動がはじまったり、はじめての宿泊学習があります。
その準備として、先日、長く伸びた髪の毛を美容院でカットしてもらいました。
量が多くて癖毛のmiの髪の毛。
自分ではきちんとシャンプ&ドライがしきれません。
でも、短くするのを嫌がって嫌がって、
半泣き状態で連れて行きました。

なるべく短くして欲しいハハとなるべく短くしたくないムスメのリクエストに挟ませれて、
美容師さんはかなり『困ったな〜』だったのですが、
癖を活かして仕上げてくれました。
美容師さん『どうしようかと思ったけれど、可愛くなってよかった』
ハハ『可愛くしてくれてありがとうございます』
なんてやり取りをしている横で、
『miはやっぱり長い方がよかった』とはっきり口にだす我がムスメ(汗)
ハハ冷や汗・・・

早く空気が読める女性に成長してね^^;



a0114345_0412551.jpg




バースデイケーキの希望は、
今年もチョコレートケーキ(いつもチョコ)。
目指したのは“くまさんケーキ”

暗くてよく見えない?



見たいですか?



笑劇的ですよ?


いいですか?


じゃあ、




どうぞ。



じゃぁ〜ん!!


a0114345_0412582.jpg



“くま”ですよ!!誰がなんと言おうと!


なんでですかねー。
目が寄り目だからですかねー。
鼻の下につけちゃったヤツが微妙でしたかねー。
つけちゃってからない方がいいなーと思ったんですけど、
クリームに跡がついちゃって取れなかったんですね。
へんなかお(爆)

18センチ型で焼いた丸形スポンジを3枚にスライスして、
ラップを敷いたボウルに敷き詰めました。
中にはイチゴとチョコレートクリームを詰めたのですが、
例によって時間がなく、冷蔵庫で冷やし固めが足りなくて、
回転台からお皿に移す時に崩れて泣きました(涙)
クリームの量がぎりぎりだったので、ナッペで隠しきれず・・
イチゴで隠しているつもりですが、まったくごまかせてません・笑
耳は、その前に失敗してカチカチになったスポンジを冷凍保存してあったのを
包丁で削り(本当に固くて彫刻してるみたいだった^^;)パスタで本体にさしています。

クリーム塗り(ナッペなんて言えない・汗)に手間取って、だれてくるし・・
お菓子教室で教わったテクニックはまったく活かせず、
もう散々でした。。
でも、miは喜んでくれたし、
味は良かったんですよ^^
ケーキも買うと高いしね、
こんな不出来でも、いい思い出ってことで、

miちゃん、10歳のお誕生日おめでとう☆

とりあえず、5月中にぎりぎりで更新ってことで、
本日は手短に^^
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-05-31 23:49 | パンやお菓子
お菓子教室〜ロールケーキ〜
a0114345_1113482.jpg


念願のお菓子教室に参加してきました♪

子どもの頃からお菓子作りが(食べるのが?)大好きで、
子ども用のお菓子本片手に、ゼリーやらケーキやらしょっちゅう作っていました。
ワタシの実家は、いろいろ手を出しては道具を揃える母のお陰で、
お菓子づくりの道具はひと通り揃っていました。
(そしてそのDNAは確実に娘のワタシに遺伝してる)
母の話しによると、昔、団地の奥様がたで集まって開かれていたお菓子教室で揃えたものだそうです。
昔のものなので、ケーキ型は21センチ、蛇の目型も同様に時代を反映したビッグサイズですが、
しっかりした作りのものが多くて今でも現役で使えている30年ものがいくつもあります。

母も働いていたので忙しく、
『自分で作りなさい』と台所は自由に使わせてくれました。
でも、実家の台所に組み込まれたガスオーブンは温度計が壊れていて、
別買いした温度計と火の強弱で温度調整している小学生・・・
あれじゃあ上手く作れるわけないけれど、当時は一生懸命でした^^;

自分で作ったケーキでお友達を呼んでお誕生日会(自分の)を開いたのは、
5〜6年生の頃だったでしょうか・・
固ったいチョコレートケーキを『おいしい』と食べてくれたお友達^^;
たいへん気の毒(笑)

それからまったくの自己流で、
いろいろな本に浮気しながらのお菓子作り。
そりゃあ、昔にくらべれば少しはまともな物が作れるようになったものの・・
チャンスがあればお教室でちゃんと習ってみたいと思っていました。


そして、


a0114345_1113296.jpg




ついに『行ってみたい、教えて欲しい』と思える、
お教室と先生に出会えました☆
いつもご自身のブログで美味しそうなお菓子やパンを紹介されていて、
いつかお菓子教室を開く!という情報を聞いてから、ブログをチェックチェック!
そして、本格的にスタートするまえの『preお菓子教室』にいち早く申し込みを♪



a0114345_1113258.jpg



5月のお菓子は
『ロールケーキ』でした♪

“ロールケーキ”簡単そうで実は奥が深いお菓子です。
ビスキュイ(天板で薄く焼く生地をビスキュイと言うそう)のレシピもいろいろあって、
それぞれ食感やもちろん味が違うし、ワタシもいろいろなレシピを浮気しながら作ってきたけれど、
これぞ!!という出来上がりに落ち着かないケーキです(他に落ち着いてるケーキがあるのかと言われても何もないけど^^;)
ぜひ、安定して納得いくものが作れるようになりたいです。

今回のロールケーキは、
30×30サイズの天板を使い、
卵を7こ(くらい)ぶん使うビックサイズロール。
クリームはホワイトガナッシュクリームをたっぷり巻き込む、
シンプルだけどとても贅沢なロールケーキです。


a0114345_1113444.jpg



今回のポイントは、
卵白の泡立て具合の見極め、そして、粉の混ぜ合わせなど(他にもたくさん)
まず先生のデモンストレーションを見学して、
次は自分で一台仕上げます。
生徒は2名!!
先生のデモをしっかり見ているつもりでも、
さあ自分で作ってみると『あれっ?あれっ?』ここどおするんだっけ?と緊張もあって少々混乱^^;

レシピを見ているだけではわからない、
テクニックが沢山ありました。
そして、勘違いも。

長くプロのパティシエ経験のある先生。
効率よく仕上げるプロのテクニックを教えていただきました。
粉の混ぜ方は、一緒にゴムベラを持っての指導。
“プロは切るように混ぜない”という小嶋ルミさんの衝撃的な一行に出会ってから、
ワタシの生地混ぜは錯綜してましたので^^;
やっぱり“切らない”ゴムベラの面を使ったリズミカルな混ぜ方に納得しました。
天板に流し込んでからの生地のならしかたなんかもとても参考になりました。



a0114345_1113156.jpg



巻き込むガナッシュクリームは、
『ホワイトチョコレートの味が苦手』という先生が、
これなら“美味しく食べられる”と試行錯誤して作られたチョコと生クリームの配合で、
おすすめのホワイトチョコレートの種類から生クリームの脂肪分まで教えていただきました。

ワタシは以前、同じようなガナッシュクリームを巻いたロールを作ったことがあるのですが、
どうもこのガナッシュクリームの味がいまいち馴染めませんでした。
でも、確かにこのクリームはミルキーでかと言ってしつこくなくとても美味しいのです。

自分で作った一台はお持ち帰りで、
試食は先生が焼いて用意しておいて下さったケーキをいただきました。
目の前で切り分け、盛りつけてられたケーキはこちら↓


a0114345_1161195.jpg




まあ♪なんて美しい☆
家では考えられないほど厚く(笑)切られた一切れ。
『フォークはイチゴ用です。ケーキはぜひ手でパクッと!』と先生。

『美味しい〜☆』

ビスキュイはやさしいタマゴ味でふっくら、
ミルキーなクリームとの相性もばっちりで、
最近めっきり重たい食べ物を受けつけなくなったワタシも
ペロっと食べてしまいました^^
『おかわりどうぞ〜^^』にも応えてしまいましたし(汗)


ロールケーキ作りのテクニックを教えていただいた有意義な時間だったのはもちろんですが、
何より先生がかっこいい☆(女性です^^)それに、先生のご自宅がこれまた素敵なんです。
ステキな空間で、必要なものが効率よく使えるように揃えられた機能的なキッチンでお菓子を作る。
そして、美味しいお茶とお菓子を戴いて、片付けなし(←それかよ・笑)
何とも非日常な優雅な時間をいただいてきました。

また次回のお教室の予定もあるようですし、
設備が整ったら、天然酵母のパン教室も開かれるそうです。楽しみ☆
それまでに忘れないうちに↑のロールケーキを復習しておかねば、と現在ロールケーキ天板の購入を検討中です。

先生の許可をいただいてご紹介。
今回お世話になった
天然酵母パンと焼き菓子の教室『fumufumu』のHPはコチラ→です



普段、家ではエプロンをしないワタシ。
お教室に参加するために前の日の夜に縫いました。


a0114345_1113385.jpg



手持ちのエプロンは結婚祝いでいただいた10年もの^^;

丈が短くて、身体にフィットするようなスタイリッシュなエプロンを目指しました。
パターンレーベルさんのエプロンパターンがずーっと気になっていたのですが、
ちょっとお高いのと今さら間に合わないので、
サイトに記載されているサイズを参考にして作りました。

結構細かいサイズまで記載されているので、
なんて太っ腹!!って思いましたが、
おそらくスタイリッシュなエプロンのデザインの肝なのであろう、
胸当て部分のサイズが記載されておらず・・
自分を採寸しながら裁断したのですが、、やはりスタイリッシュには程遠い仕上がりとなりました^^;
でも、あり合わせの生地を組み合わせて、型紙のない勘で縫い合わせる適当ソーイング♪
それはそれで楽しいものです(笑)
これからはエプロンの生活を身につけようと思いましたが・・
やっぱり面倒くさくて冷蔵庫の角にぶら下がったままなんです^^;


強い台風が近づいています。
皆様もどうぞお気をつけて。
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-05-30 00:08 | パンやお菓子
CATS ~ ジーザス・クライスト=スーパー・スター
a0114345_1645569.jpg


金塚晴子さんの『電子レンジとフードプロセッサーで和菓子ができる』の
基本の求肥はとても簡単で、
イチゴとあんこを包めば“いちご大福”、
ピンクに染めれば花びら餅にと自由自在♪

そして最近のお気に入りは、ただきな粉をまぶしただけの“きな粉もち”^^
美味しいです。

白玉粉と砂糖と水を混ぜてレンジでチン、
最後に水あめを混ぜて捏ねるだけです。




<手持ちのチケットは無くなった、しばらくは大人しく・・>
そう言ったのはいつのことだったかしらん。。


さあ、ここからまた四季アホ話ですよ。
さあーっとスルーでどうぞ^^;


a0114345_15511855.jpg


これね、劇団四季のスプリングキャンペーンで、
指定の期間に2作品以上観ればもらえるチャームなんですけど、
全部で6種類あるんですよ。

最初に広告をみたときは、
『こんな短い期間で6作品観れるわけないじゃん!』って思ったハズなのですよ。。

でも、

さあ、数えてみましょう。

イチ、ニイ、サン・・・ひっ!5つ集まっちゃってますよ〜
あと1作品あればすべて揃ってしまうのですが、
“美女と野獣”の予定はないので、大丈夫です(なにが?)これで終了。
それぞれ子ども達を連れていったりしているので↑以外にもダブりがあるのです、、
この数掛けるぅ、えっと。。チケット代が1枚○円。。いや、やめましょう。

このGWに入ってから増えたチャームは2つ。

まず、

5月5日(木)マチネ公演『キャッツ』キャノン・キャッツ・シアター横浜

『キャッツ』は四季のミュージカルの中でも、
ワタシ的にはあまり思い入れのない作品で、
この集中的に四季への散財を繰り返している時期に、
あえて選択するつもりはなかったのですが・・・

アタクシのお気に入り、李 涛(リ タオ)さんがキャスティングされまして^^
しかも“ラム・タム・タガー”ですよ♪

<四季をあまりご存知ない方のために、ここで説明しておきましょう>
劇団四季には、全国に8カ所の専用劇場がありまして、
その他にも、福岡やあとは地方公演なんかも何作品も同時に上演されています。
数ヶ月に渡ってのロングラン上演でも、ずーっと変わらないキャストもあるのですが、
作品間で、短ければ数週間で入れ替わりがあります。
ひとつの作品を『1回観た事があるから良いや』と満足する方がいるのに対して、
四季ヲタさんたちは、もちろんその作品が好きっていうのもありますが、
つぎつぎ変わるキャストで『このキャストで観たい』と同じ作品に何度も足を運びます。
スゴイ数の役者を抱え、同時にいくつもの劇場を運用してる劇団四季を支えているのは、
こういうリピーターなのですよ^^その中にワタシも入りつつ(入った?)あるわけです。
その週のキャストが四季のサイトで発表されるのが、月曜日でして、
それをチェックして、一喜一憂するわけです^^;
一度決まったキャスティングがいつまで継続するか分からないので、
『観たいと思ったときに観ておけ』これか鉄則です!
<説明ここまで>


CATSに出てくる猫さん達の名前も容姿もいまだに半分も覚えられていないワタシですが、
“ラム・タム・タガー”はとっても目立つ猫さんでして、
“つっぱり猫”と表現されます。
少し前に“鉄道猫”の“スキンブルシャンクス”にキャスティングされたのですが、
わずか2週間ほどで横浜を去られ、見逃しました。。

『今回こそは見逃せないっ』ってことで、
チケットポチっとな。

CATSのお伴は、最近ワタシの一番の理解者であるta^^;
そろそろ四季ヲタを自認してきたワタシは、
別にお一人様観劇でも一向に構わないのですが、、
『タオさんに会ってくる!』とうっかり口走ってしまったら。。

『僕も行きたい♪』

え〜?そりゃあさ、一人で観に行くよりも、お伴がいるほうが楽しいけどさ。。
正直、チケット代倍かかるじゃあん^^;
しかも、あんた<前回のCATS観劇>で『意味分かんない〜』って言ったよね。。

『僕ね、○日と、○日だったら部活ないから^^』

日にちまで限定されるし^^;
ハハの影響で、taもタオさん好きだし、
taの評価は自分と違った観点でなかなか面白い。
それに、自分が好き勝手に楽しませてもらっている手前、
子ども達のほうから『行きたい!!』と言われると断り辛い^^;

節約のために、ワタシs席、ta学生3000円席にしてみようかとも思ったけれど^^;
親子離ればなれなのもなんなので、
下手側A席2枚で落ち着いた。

1年ぶりのキャノン・キャッツ・シアター(カメラ忘れたので写真なし)。
GWを近場のレジャーで楽しむ人のお陰か、
タオさん効果か?
『本日満席』の掲示。
客席が埋まっているのは嬉しいね。

ちっちゃいお子さん連れのご家族も多かったんだけれど、
暗闇に猫の目が光るオープニングでは、
『ぎゃ〜こわい〜泣』と泣き出したおこちゃまが、
早速、スタッフさんに親子観劇室に連行ご案内されてました。
そうだよねー。怖いよね〜
中学生のお兄ちゃん(小心者ta)も『最初のとこ怖いんだよね〜』って言ってるくらいですから^^


24匹もいる猫をまだ把握できていないし、
気になったキャストだけ感想を。

お目当てのリタオが演じるラム・タム・タガーは、
ワタシが知るいままでのタガーとはまったく違うイメージでした。
タガーは格好いいけど、でっかくて、なんだか厚かましくて鼻持ちならない的なイメージで、
あまり好きなキャラクターではなかったのですが、
タオさんタガーは、小柄で機敏な動き、そしてなんとも愛嬌があって、
ワタシは格好いいというよりも“かわいい♡”を
taに連呼してました^^;
ほ〜演じる人によってこうも変わるのねー(今回は特別ひいき目があることも否めませんが)。
ラム・タム・タガーのナンバーよりも、
ミストフェリーズのナンバーの方がよかったです。
やっぱり声がいいね〜♪
ワタシは“アニメ声”と表現しているのですが、
あのキャラ声がたまりません^^

あと注目してたのは、鈴木伶央くん演じるギルバート。
“夢から醒めた夢”のリハ見で、質問コーナーに登場したのが伶央くんでした。
それまでまったく存じ上げなかったお方なのですが、
くじ引きの景品ポスターをお客さんに渡すときに、
渡しただけで帰ってきてしまったので、司会役の野中さんに
『握手くらいしなよー』と怒られたり、
舞台俳優なのになんだかとってもシャイな人だなーと思ったのですが、
いざ幕が上がると満面の笑みで、そのギャップに驚き、
いや〜役者さんてすごいなーって感心したんですよ。
さてその伶央くんがどの猫なのか。。見つけられるかなーって思ってたのですが、
“ネーミングオブキャッツ”で間近にきた猫さん見て、
『おっ!伶央くんだ!!メイクしてもそのまんま^^』
見分けのつく猫さんが少ないなかで認識できたのが嬉しくて、
ずっとチェックしてました。
スレンダーボディーでしなやかな猫さんでした。

タオさんと伶央くんのお陰で、
taもあんまり好きじゃないという“グローラル・タイガー”の場面も今回はとても楽しめました。
というか、飯田洋輔さんの歌がすばらしく☆
前回も飯田さんだったのになぜ退屈に感じたのかわかりません。

大好きなスキンブルシャンクスの鉄道猫のナンバーは、
岸さんが明るくさわやかに歌い上げ素敵でした♪
何度聞いても楽しいナンバーです^^

あとは、木村智秋さんのグリザベラ。
ta『グリザベラ、ちっさ!』と一言。
ワタシも前回2回は速水さんのグリザベラで観ていますので、
あの貫禄は、衣装でつけていているのかと思ったらご自前?
そうか〜細身のグリザベラもいるんだなー。と二人で感心。
速水さんと比べてしまうのはいけないけれど。。
やっぱりあの迫力にはかなわないかな、、

いままで必ず一幕で睡魔に襲われたワタシでしたが、
今回は、ちょっとぼーっとするくらい(やっぱりまだ眠い・笑)で、
かなり楽しめました。
どの作品でも一度では咀嚼できないワタシ・・・
CATSは観れば観るほど、24匹のキャラクターを知れば知る程、
癖になる作品なんだろうな。
CATSの楽しさがやっとわかり始めたワタシ、
でもあまりツボ(ドツボ?)にハマらないうちに足を洗うべき?笑



a0114345_1645923.jpg



5月6日(金)マチネ公演『ジーザス・クライスト=スーパースター』 劇団四季自由劇場


a0114345_15511843.jpg



GWに一日、休日出勤がはいったので、
その振替えでとった平日休み。
子ども達はそれぞれ学校だし、これは行くっきゃないでしょう^^

ライオンキングなどを上演している四季劇場『春』『秋』のすぐ近くに位置する
『自由劇場』
小ぶりで落ち着いた佇まいのこの劇場がワタシは大好き☆
装飾も素敵で大人のための劇場という雰囲気だけれど、
実際は、ファミリー劇場の舞台としても使われているので、
子ども達を連れて何度か来ている。


a0114345_15511830.jpg



外にあったキャスト表もひと工夫した感じ。
自由劇場の最大の魅力は、
規模が小さいため、舞台と客席が非常に近いこと。
ワタシは休みが確定した時点でチケットをとったので、
1階席の良席は諦めたけれど、2階席2列目のセンターをとりました。
GWといえども平日、なのに“本日満席”でした。
人気のある作品なんだなあ。

2階のセンター、正解でした。
この作品は、舞台奥から手前に斜面になっていて、
2階席からは舞台全体をよく見渡せた。
この斜面はとても効果的で見やすい演出だけれど、
走り回る俳優さんたちが足をグリっとしないかとハラハラしてしまった。

まったく知識を入れずの観劇だったこの作品。
すべてを観終わった感想は、

正直、

『よくわからない』^^;


開演の時間になり、暗転、
明るくなると、誰もいなかった舞台上斜面には、
土色のキャストたちが斜面と同化しながらうごめく、
そこに照明効果も加わって、
初っぱなから『気持ち悪い〜怖い〜』^^;

この作品は「イエス・キリスの最後の7日間を描いたロック・オペラ」だそうです。
もともとキリスト様に関してまったくの無知識なところに、
これはシリアスなのか、でもなんだか所々笑える演出に笑ってもいいものなのか、
どんなスタンスで観ればいいのか、理解に苦しんでいるうちに幕が下りてしまった(笑)

でも、芝さん演じるジーザスはじめ、
どのキャスト、アンサンブルも圧倒的な歌と演技、
舞台演出もとてもレベルの高い作品であるのは間違いない^^

金森さん演じるユダの、ハスキーでロックな歌声はとてもセクシーだったけれど、
あの発声はノドをつぶしたりしないのだろうか?とちょっと心配になったりもした。

今回のキャストで一番楽しみにしていたのは、
ヘロデ王を演じる下村尊則さん。
どのキャストがヘロデ王なのか、下村さんなのか、
双眼鏡をのぞいて探すもわからず・・
どこで出て来るのかなーと思っていたら、
わかった♪わかった♪
下村さんが放つ強烈なオーラでヘロデ王が登場したとたんに劇場の空気が変わった!
シリアスから一転、ド派手なヘロデ王のナンバーは異色で、さらにワタシの頭を混乱させたのだけれど、
すごい!すごい!!下村さんはやっぱりスゴい!!
妖しい歌声と動きに顔がにやける^^
その日一番の拍手をかっさらって行った(笑)
それにしても、ヘロデ王が登場するのはこのシーンだけ?
え〜もったいない。もっと見たかったなー。

四季初心者のワタシには、この作品のハードルはちょっと高かったけれど、
下村さん観れて本当に良かった♡

節約のため、パンフレットを買わなかったので、
帰ってから勉強のためにmiに借りたのがこれ↓


世界の伝記『キリスト』
わかりやすかった(爆)

miはこの本を自分で買ってたくらいキリストに興味があったようなので、
今回も一緒に観に行きたいと言われたけれど、
ジーザスが引きずられて十字架に架けられるシーンや、
ユダがゴロゴロ転げ落ちるのも衝撃的だったし、
まだ連れていけないな。

ミュージカルといってもいろんな作品があるのね。
そして四季にも。
いろんな意味で勉強になった作品でした^^

そして、

先日、お友達から、
“レ・ミゼラブル”の現オリジナル版の公演は今年が最後、
と聞きました。
ワタシは一度も観た事がないのですが、
最後と言われると観たくなる^^;
今年は、帝劇100年記念で、日本オリジナルキャストが復活するそうで、
鹿賀丈史さんや島田歌穂をみたかったけれど、
さすがにね、諦めまして。



レ・ミゼラブル 25周年記念コンサート DVD

こちらで我慢することにしました。

すごい!ロンドンキャストみんなすごい上手★
オーケストラに、何人いるんだ?スゴい数のバックコーラス。
大迫力!

ワタシは、ファンテーヌの歌う『夢やぶれて』で泣きました。。
『あっスーザンボイルだ』って最初は思ったんですけど^^;
違う!ぜんっぜん違う!!まったく別もんだ。

ミュージカルに準じて進行しますが、コンサートなので、
スタンドマイクを前にして歌います。
なのに、スゴい表現力!
そうかー、この歌はこんな歌だったんだなぁ。

全編見応えのあるDVDで、大満足しました。

でも、いつか舞台を観れるといいなあ。


**きょうのワンコ**

もじゃもじゃちゃん、一匹トリミング終了です。
ビフォアアフタ〜

a0114345_15592537.jpg

a0114345_1559211.jpg


あんまり変わってないですか?^^
かなりスリムになったんですよ。
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-05-15 00:39 | 劇団四季
型抜きクッキーをつくる。
とても久しぶりに、
型抜きクッキーを作りました♪


a0114345_15563155.jpg




あまりの可愛さにウキウキ写真を撮る^^
(ちょっと絞りすぎた)


a0114345_15563774.jpg




先日届いた
check&stripeさんの起毛チェック生地も可愛かった♪
miの服にするつもりで予約したけれど、
形になるのはいつのことやら・・・汗




a0114345_15563230.jpg




この可愛いクッキー型はコチラで購入した“3cookies”さんのもの。
あれもこれもと欲しくなって大人買い^^;
ちょっと面倒くさくても、バニラとココアで作るとより可愛いね。
全部でこんなに作ったよ♪↓



a0114345_15563477.jpg




たかこさんのアイスボックスクッキーのレシピが好きで、
型抜きそのレシピでつくっていたのだけれど、
アーモンドプードルがたっぷり入るそのさっくりクッキーは、
どうにも脆くて、プレゼントにするときは、なるべく割れないようにラッピングに気を使いました。

今回は、型についてきた“3cookies”さんのレシピで、
フープロで混ぜた。
(フープロではまとまりが悪かったのでコンデンスミルクを追加)
クッキー類はフープロを使うようになってからとっても楽に♪
今では、バターを室温に戻してクリーム状になるまで混ぜて・・なんて過程はもうできなぁい(笑)

さすがに型についてきたレシピだけあって、
とっても型抜きがしやすかったし、
焼き上がりもしっかりしたクッキーでちょっとやそっとじゃ割れないよ・笑

粉とタマゴとバターとお砂糖のシンプルレシピ。
おうちのおやつの味でした^^

ハハのさっくりクッキーに馴れているtaは、
味見でひとこと
『かたっ』

いやいや、、硬いわけじゃないんですよぉ
普通のクッキーなんですけどね。


a0114345_15563180.jpg


たくさん焼いたクッキーたち、
前のエントリーのようにラッピングして、
いつもワタシの作るお菓子を喜んでくれるお友達へ、
miが遊びに行ったお友達宅へ、
そして、エレクトーンの先生主催のクリスマス会へ持って行きました。
子ども達のパーティーには、
こんなシンプルなお菓子が喜ばれますね。
みんなポリポリ食べてくれました♪

今年はビンゴ係りを任命されたmi、
出てきた玉を並べるのに追われて、まったく自分のカードのチェックが間に合わずに、、
一番最後まで残っておりました^^;
この日で今年のレッスンは終了です。
来週と再来週の2回は冬休み、
エレクトーンのレッスンは毎週土曜日の大イベントなので、正直ほっとするわ〜^^;
歯医者と耳鼻科の予約いれとこ(笑)



**きょうのワンコ**


a0114345_1632288.jpg



足は短いけど胴がながいので^^;
これにジャンプが加わると結構とどきます。
端っこがでてれば、台所のものもイケちゃうYO。
ハリーです。
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-12-23 23:00 | パンやお菓子
スワニーへ。

十五夜といえばススキですが、
最近はなかなか見かけないです。
子どもの頃は空き地(これも最近あまり使わない言葉?)にいくらでも生えていましたが。。
温暖化で十五夜とススキの時期がズレてるの?
(北海道のお友達のブログでは十五夜にススキをとってきたと書いていました。
やっぱりもうちょっと涼しくなるとでてくるのかな)

でも、これならわが家の目の前にあるんです。

a0114345_135729.jpg


地主さんの畑に生えてます。
これ、すごく大きいのですよ。
2メートル以上あります。

毎年、この夏頃から巨大な穂を実らせます。
『巨大ススキ』でググって見たら、でてきました。
“パンパスグラス”という南米産の植物だそうです。
よほど寒くない所であれば、育てるのは比較的簡単なようですが、
なにせデっカイので、かなり広い庭じゃなと植えられないです^^;


a0114345_1351039.jpg



毎年気になっていたのですが、
はじめて写真に撮ってみました。
レンズを覗くとなかなかフォトジェニックで^^ちょっと興奮♪

お願いすれば切ってもらえるだろうけれど、ちょっとゴージャスすぎて、、
“月”に添えるには風情がないです。
やっぱり日本のススキがいいね☆

(十五夜が過ぎてしば〜らくたってからのアップでした・汗)



これ以降もアップし損ねているうちに
なんだかすっかり涼しくなって、
かなり季節外れちゃった話題です^^;


a0114345_12513347.jpg



夏の終わりに作った桃のコンポートを使った
『桃のレアヨーグルト』。

水切りしたヨーグルトを使ったムースは、
想像した以上に濃厚な味でした。
その上にコンポートを作ったときにでるシロップでジュレを作って載せるのですが、
何せ子ども達がこのシロップが好きで、そのほとんどを桃牛乳にして飲んでしまったのでジュレが作れず・・
桃のピューレを使ったので、なんだかさらに濃厚なデザートとなりました^^;

桃を他のフルーツに置き換えての応用も美味しいそうなので、
また作ってみたいと思います。
水切りヨーグルトのクリームはなかしましほさんのレシピでも使われていましたね。



新しいミシンが来てから、順調(?)なミシンワーク。


a0114345_1351426.jpg



pattern one's one『フレアスリーブカットソー』
生地 鎌倉スワニー

めずらしく自分服です。
袖以外はリブ仕上げなので、
ほとんどロックミシンですみ楽でした^^
袖も軽く仕上げるなら巻きロックがよいらしいのですが、
合う糸がなかったし、久しぶりの巻きロックが面倒だったの。
ロック処理と二つ折りで仕上げたけれど、やっぱり巻きロックが可愛いかも。

首のリブがテロとなってしまったのが、気になるところ。なんでだ?

薄い生地ですが、長袖との重ね着でこれからのシーズンでもまだいけそうです。

さて、この花柄生地。
自分のものに柄生地はめずらしいのですが、
“鎌倉スワニー”の実店舗で買いました。
これを入手するまでちと大変でした^^;


これから以降、だらだらと書き連ねてしまったので、

お時間のあるかたは↓

続きはこちらから・・
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-10-07 23:06 | ソーイング
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin