Top
タグ:お菓子 ( 30 ) タグの人気記事
Top▲ |
学園祭2010

a0114345_1701119.jpg



22日は十五夜でしたね。
miが学童でお友達と『カニいるよ!』と騒いでいました。
どうやら、中国では、月ではうさぎさんがお餅つきしているのではなくて、
蟹がいるというのだそうです。

どお見てもカニに見えて来ないワタシは、
子どもの心を失ってながいからかしらん?

月を撮影するときの設定を、いつも忘れてしまうのでこちらに覚え書きを。
『200mmレンズを使用。シャッタースピード優先モード。1/320。ISO200。ホワイトバランス「曇り」』
こんな感じだった。かな?



a0114345_1701086.jpg


ここしばらく、シフォンケーキを繰り返し焼いていました。
5、6回焼いたでしょうか。
miにも『またぁ?今度は上手くできたぁ?』と言われるしまつ・・


taの学園祭に向けての練習なんです。

夏休み前、プリントが届きました。
『バザー提供品2点、手作り品1点を提出してください。
焼き菓子を提供していただける方もよろしくお願いします!』
う〜ん、強制とか言う感じではないけれど、、
バザー品は絶対って感じ。
手作り品は半強制ってか?

何せtaが中学校に入学して初めての学園祭。
何をどんな風に用意すればいいやら・・
とりあえずバザー提供品は、いつかこんなこともあろうかと、
箱にいれたまましまっておいた漆器セットとタオルをだすことにして、
さて、手作り品は何にするか。。

悩むより聞けってことで、
バレー部仲間でクラス役員のお母さんにメール。
『なに作ればいい?(要約)』に、

先輩役員の方に聞いてもらってからのお返事。
『手作り品は、ほとんどの保護者の方が出すようです。
プロ級のものもあれば、「あらっ?」という感じの物も・・^^;
何でも結構ですよ、お気持ちですから〜♪^^
焼き菓子提供は、今年は数が少なそうなので、
出していただけると助かります。だそうですー。』
とのこと。

う〜ん。。
一応、趣味が洋裁とお菓子作りなんて言っちゃってるし、
こういうときに協力しないで、いつその趣味を生かす?って感じですよね。
なので、今年は両方に出してみる事にしました。

さて、何作りましょうか。
わが家の子ども達は、公立保育園、公立小学校育ちなので、
実はワタシ、バザーなるもの初体験なんです。

母には『帽子でも作ったら?』
なんて言われてたけれど、サイズとか好みとか難しいしなー。
これから6年間(中高一貫です)あるし、
あんまり最初からハードルあげるのもね、ってことで
手頃なところでシュシュにしました。



a0114345_1701864.jpg




夏頃から、暇を見つけてはコツコツ編んでましたが、
やっぱり追いつめられないと本気になれない一夜漬けタイプ。
提出締め切り日に一気にふたつ編み上げました^^;
一段目こま編み100目くらい(適当)→2段目長編み→3段目くさり編み3目ずつこま編みでとめる。で
4つ作りました。

せっかく作ったらどおしても買って欲しいので、
こそくにラッピングを施して、
ちょっとでも見た目をグレードアップ^^;

『参考値段』を書いて提出するのですが、
悩んだ末、係りの方にお任せすることにして空欄で出しました。
無事にお嫁に行けますように(祈)



さてさて、手作り品を納品してほっとしたら、
次は焼き菓子ですよ。

最初は、メロンパンでも焼こうかなーと思っていたのですが(一気にたくさんできるし)
この夏の狂ったような暑さのせいでの数々の失敗を経験して、クッキー生地は危険だと判断。
簡単で、材料もシンプル、万人受けする(?)シフォンケーキを作る事にしました。

シフォンはいろいろレシピを持っていたので、
練習をかねた試作でいくつか作ってみたのですが、

一番大きな発見が、ワタシのシフォン型が17センチじゃなかったこと(笑)
シフォン型の底辺サイズが17センチだったので17センチ型だと思っていたのですが、
どおも17センチ用レシピだとイマイチ膨らみが悪い。
そこで、たかこさんの21センチ型用レシピで作ったところ、
型から大きくはみ出すほど膨らみました^^

あと、シフォンナイフは必須アイテムってこと。
シフォンケーキ専用ナイフってのが売っています。
評判は聞いていたのですが、わざわざ専用ナイフなんて贅沢かとおもって買わずにいましたが、
今回はいい機会と思ってクオカで購入しました。
シフォンはちゃんと膨らめば成功への第一歩、
次の難関は型外しです。
せっかくよく膨らんでも、型はずしで失敗すると台無しなんです。
今までも何度となくこの失敗を繰り返してきました。

シフォンナイフスゴいです。
ナイフといっても歯はなくて、パレットナイフを細くして、シフォン型の高さに合わせた長さの物なのですが、
これをシフォンと型の間に差し込んで、
型を削るような気持ちで一気に(ここ重要)一周します。
馴れるまで少しかかりましたが、コツを掴めばとてもきれいにできます。
↑はまだシフォンナイフを入手していない時か、使い馴れていなかったときなのか、
きれいにはがせてませんね。
型外しが安定してできるようになって、ちょっと上達したような気分になりました。


a0114345_1702851.jpg



販売予定日の前日にバニラシフォンを1台焼いて、
当日にバナナシフォンを1台焼きました。
バニラシフォンは17センチ型用のレシピで少し小さめに焼き上がったので7つにカット。
バナナシフォンは8つにカットしました。

(バニラシフォンのレシピはコチラにお世話になりました→「4」のシフォン:卵黄4こ、卵白4個で無駄がありません)

学園祭は10時開始だったので。10時には持って行こうと思っていたのに、、
ラッピングに思った以上に時間がかかって、、
結局予定を1時間オーバーしました。
あせって、焦って、写真も手ぶれる^^;

事前に約束した一台ぶんを納品すればよかったのに、
ちょっと欲張って2台にしたのがいけなかった。。
完全にキャパオーバー。
ワタシっていつもこう、、もう来年はやめておこうと後悔する。


早く持って行かなきゃ売れ残っちゃうよぉ(気になるのはやっぱりソコ)


汗びっしょりかいて、役員さんの待つ納品場所へ・・
『一年○組のtsunatamです。遅くなってすみません〜汗』と持って行くと、
『あ〜!!tsunatamさん?お待ちしてましたぁ♪きゃ〜!美味しそう♡!!
もう今日は品薄で、こんなに沢山ありがとうございますぅ!!』
とハイテンションで迎えられ、
その瞬間に『来年も頑張っちゃおうか』とおだてられりゃ木に登るワタシ♪

実はですね、先のシュシュ納品の時に受け取ってくれた役員さんが全くの無反応だったのですよ。
『ありゃ、ワタシすべっちゃった?』と思ってちょっと凹んでたわけです。
手作りって自己満足の世界なんだけど、喜んでもらえてなんぼな訳なんで、
お世辞でも、かわいいとか素敵とかいう言葉でやりがいが増すもんです。
小心者のワタシは、怖くて(売れ残りが)バザー会場に入れなかったくらい・笑

シフォンの反応に気を良くして、バザー会場にも足を踏み入れることに(笑)
似たようなシュシュはあったけれど、どうやらすでに売れたようでした。ホっ
いくらで売ってくれたのかはわかりませんが、他のシュシュが300円で売っていたので
たぶんそれくらいだったのでしょう。
バザーに出した不要品も売れたようです(そこまでチェックする嫌らしいワタシ^^;)

シフォンも見に行ってみようかなーと思ったら、
別の手伝いに出ていたチチが『もうひとつしかなかったよ』と写真まで撮って見せてくれました。
『うちの奥さん作ったやつなんで』って撮らせてもらったそうで(爆)

その写真見てびっくり、一切れ150円で売ってたようです。
50円出してもらえればいいかなーと思っていたので、ちょっとぼったくりの感がありますが。。
よかったよかった。
そこに、お友達と回っていたmiも戻ってきて
『ママのシュシュもうなかったよー!!』と^^;
みんな心配してくれてありがとよ。


a0114345_1153137.jpg


最近入手したポケモンブラックに興じるmi。
バザーに出したシュシュと同じものです。
納品したブルーのうちひとつ(↑の写真手前)が目が少なくてフリルが少なかったので、
締め切りぎりぎりまで編んでいたのに間に合わなくて、miのものになりました。

お嫁にいったシュシュも、今頃、知らない誰かの髪の毛に結ばれているかと思うと嬉しいものですぅ^^


長々とハハの学園祭苦労話を綴ってしまいましたが、
taの様子はというと、
クラスの出し物、バレー部の模擬店、バレー部の練習試合と
まあ始終忙しそうで、楽しそうでした。

ワタシは、『保護者お手伝い志願表』をtaが提出し忘れるという失態のお陰で
(ほんといい加減にしてほしい・・涙)、
納品が終わったら暇だったので、生徒さんのピアノ演奏やら、吹奏楽部の演奏やらその後はゆっくり楽しめました。
一番よかったのは、taがちゃんとバレーボールをやっていたのを見れた事かな。

『一年生どうしの招待試合があるから見に来てね〜』と言われ、
運動神経の発達がいまいちのtaがどんなバレーをするのやら、、
期待10%不安90%で見に行ったら、
ちゃんとサーブは入っているし、トスみたいなの(笑)もあげちゃったりして、
スパイクはネットにひっかかったけれど、
意外や意外、練習がんばっているだけあって、バレーボールしてましたよ!!
もっと哀れな姿を想像してたので(酷いハハ)
いやいや満足、満足、息子の成長を感じました。

miの運動会、taの学園祭と9月の大イベントが無事終了してホッとして、
気づけば10月がすぐそこに!!
2週間まえにはうだるような暑さに悩まされたのに、
なんだか肌寒い毎日で、
寒暖の差に体がついていけないですよね。
どうぞ皆様もご自愛くださいませ☆
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-09-24 17:04 | パンやお菓子
桃のコンポートをつくる。

a0114345_93173.jpg


桃のコンポートを作りました。
桃が出回る頃になって、そちらこちらのブログで見かけた“桃のコンポート”。
『生で食べるよりオイシイ♪』なんて、あり得ないと思っていたけれど。
コレ、美味しいですよ^^

いわゆる桃缶の桃の味ですけれど、もっと濃厚でもっとジューシーででもあっさりしてます。
実はコレ↑はこの夏2回目の作成で、
『また作って欲しい♡』と子どもたちの熱烈ラブコールに答え、
そろそろ時期の終わりが見えてきた白桃を買ってきました。

コンポートした桃はもちろん美味しいのですが、
子どもたちが絶賛したのは桃からでてくるジュース。
炭酸で割るのが美味しいとはネットでも見かけていたので試してみましたが、
それよりも人気だったのは、

『桃牛乳』

思いつきで牛乳に入れてみたら、これが美味しい♪
今回は、桃牛乳を飲むための2回目のコンポート作りなのです^^;

1回目はコンポートを主役にするためのもっと大きな計画があって作ったんですよ。


a0114345_16562896.jpg



『ピーチパイ』

かれこれ2週間ほども前ですが、チチの誕生日に作りました。
久しぶりにこんなに手のかかるケーキを作りましたよ。
折り込みパイの仕込みからスタートして桃のコンポート、ヨーグルトムース、ジュレ・・
2日間費やしましたって(汗)

誕生日は9月のはじめ、それなのにここへの登場がこんなに遅くなったのは、、
見てお分かりのように、残念な結果に終わったからですよ。

なにが失敗だったのかというと、、
パイ生地は、暑さのなか、冷蔵庫で一晩寝かし、折り込んでは3時間寝かし・・(パイって時間がかかりますね)で、
ワタシにしてはかなり慎重に作ったので、いい出来だったのですよ。
ところが、オーブンで焼くときのアルミの重しが足りなかったようで、最後の焼きで一部底が盛り上がってしまいました。。
なんで重しを全部乗せなかったのか自分でもよくわかりません。。て。

もっと残念だったのが、、
パイの中身はヨーグルトムースなんですが、
固まってません(汗)
ゼラチンが足りなかったのですかねー。
明るいうちに写真を撮りたかったので前日から作り始めたのに・・
予想以上に時間がかかって、それでも冷蔵庫を“おいそぎ(急冷)”にして、
夕飯食べ終わるまで冷やしたのに・・

桃のコンポートは固まりきらないムースに沈み、、
コンポートのジュースで作ったジュレは固まらないムースで濁り、、
でもね、お誕生日だから!!使い回しのプレートとロウソクで体裁だけは整えてっと。
え〜ハッピイバースデイ。

カットしたら雪崩のごとくムースが崩れてきて(汗)
みんな無言で平らげてましたよ。
あ〜悲しい。
パイはさくさくだったし、それぞれの味はよかったんですけどね。


こんな出来でリンクするのも申し訳ないですが、
レシピは<コチラ>です。とっても美味しそうですよ^^



------



ちょっと飽きちゃって、そして部屋が暑くなるのが嫌で、
しばらく離れていたホームベーカリーでの食パン作りですが、
最近またハマってます。


a0114345_16562959.jpg



『少しのイーストで ホームベーカリー 天然酵母コースでゆっくり発酵 (少しのイーストでゆっくり発酵パン)』

高橋雅子さんの『少しのイースト』ホームベーカリーバージョンが発売されたのを知り飛びつきました。
食パン一斤でイースト小さじ1/4量です。
イーストが少量なぶん必要な長時間の発酵は、ホームベーカリーの天然酵母コースを使います。

高橋さんのレシピでパンを焼いたとき、
その美味しさに衝撃を受けましたが(その割に最近焼いてないけど^^;)、
この食パンも本当に美味しいです。

セットしてから焼き上がりまで7時間ほどかかりますが、
夜の11時にセットして、翌朝6:00に焼き上がるのでちょうどいいのです。
ホームベーカリーをセットした朝は、キッチンにパンの匂いが充満しているのですが、
その匂いがちょっと苦手でした。

ところが“少しのイースト”レシピで焼いたら、その匂いが気になりませんでした。
イーストはサフを使うようになってから、最近の手作りパンはイースト臭が気にならないなーと思っていたのですが、
う〜ん、あの匂いはイーストの匂いなのだろうか?


a0114345_16562996.jpg



焼き上がりは少し小振りな感じ。
これは『ふんわり』食感の基本の食パンですが、
とてもキメが細かくやわらかいです。
イーストが少ないからか、小麦やバターの風味が際立っているように思います。
もう普通量のイーストのホームベーカリーレシピは作らないかも?


**きょうのワンコ**



a0114345_931832.jpg



寒がりのわが家のイヌたち。
ちょっと涼しくなると、冷たい床を嫌がって膝に乗ってきたり、
布団に潜り込んできたり、
とっても分かりやすい^^

ハリーがいないと思ったら、
お気に入りのクッションにかけてあるカバーに潜り込んでいた。
↑は、首がかゆくなって後ろ足でぼりぼり掻きだしたら、お尻がでてきたけど、
肝心なかゆいところはカバーがかかっていてイマイチ掻けないの図。

ひっぺがしてみると、なんだそのうつろな表情は^^;
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-09-23 09:59 | パンやお菓子
お弁当な日々。

a0114345_13255880.jpg


ベランダにでていたmiから『てんとう虫がいるよ〜!』
『偽ものじゃないの?』と見に行ったら、
ちゃんと(笑)ナナホシテントウでした♪
ほら、そっくりだけど、色がわるくて、★が七つじゃないやつ、あるでしょう?笑

昆虫全般が苦手だけれど
てんとう虫だけは別格なのは、やっぱりこの見た目の可愛らしさですよね。
それに、あの大嫌いなアブラ虫を食べてくれるというお仕事ぶり^^

そうそう、この日は気温がぐっと上昇したからか、アブラ虫が発生していたのです、
どんどん食べておくれ〜!!

このぐっと上がった気温は、この後、またぐっと下がり、
ついには雪まで降りましたよ〜(驚)
このジェットコースターのような気候、
いったいなんなんでしょうかね。



子ども達が春休みに入る頃からはじまったお弁当の日々。


a0114345_12302846.jpg



これまでは学校の休みが終われば解放されていたのが、
taの中学入学で、エンドレスお弁当づくりのはじまり〜
↑は、miが学童へ持って行くのを作っていたときのお弁当なので、
すこ〜しジョシを意識したメニューになっております。




最近は、



a0114345_12582453.jpg



がっつり男子弁当です^^


ワタシの弁当作りキャパは3つまでということがわかったので、
miの給食がはじまってからは、
taのと自分の、そしてチチのを作ることにしました。
夏休みになったら、またmiのぶん、チチのが省かれる予定です^^;


男子弁当をつくりにあたり、
購入したこの本↓


a0114345_2341833.jpg

『男の子のよろこぶお弁当』









男子でなくても、美味しそうなお弁当がたくさん載っていますよ。
メインのがっつりしたおかずに副菜が2品ほどというのが基本型。

小さい子や小学生のお弁当なら、
ウィンナーと卵焼きとプチトマトでごまかせますが、
食べ盛りのとなると、ウィンナーいったい何本いれれば弁当箱うまる?
って感じですよね、
ワタシの頭の中のお弁当パターンを払拭しようとこの本を買った訳です。


1ページ目から順番に作って行こうと思ったくらい気に入ったのですが、
まだひとつも作れてません(笑)
材料との兼ね合いがありますしね。
でも、どんぶりもの弁当にはジップロックのコンテナーが、
軽いし、汁もれないし、なかなか使える!というアイデアは即採用させていただきましたぁ。

1ページ目から作る、そのうち本当にやってみたいと思います^^



a0114345_12583831.jpg



ブランジュリ タケウチのホームベーカリーレシピ、
『白ごまと全粒粉のパン』

休日のお昼ご飯に間に合うようにセットして、
焼き上がりをあけたらびっくり、
白ごまそのまま残ってる!

わが家のパナソニックHBは、
混ぜ込む具材(レーズンとか)とイーストは別皿にセットするのですが、
どうやら、『レーズンあり』設定にするのを忘れたようです。。が〜ん

白ごまなし全粒粉パンをスライスして、
たっぷりの野菜と冷凍のチキンカツをはさんでサンドイッチに♪

最近のお気に入り味の素のGABANスパイスドレッシング黒胡椒シーザードレッシング
を使うとカフェ風(あくまで風)のお味ですよ。

でも、この↑写真、まったくなってないですね。
半分にカットして切り口見せるくらいすればいいのに。。
だって、子ども達が『お腹すいた〜まだぁ?もういい?たべていい?』ってウルサいし、、
ちょっとまった〜!!って慌てて撮るので工夫しているヒマがないのです。

小物を配置したりして、素敵なたべもの写真を撮っているかた。
すごいな〜っていつも思います^^


a0114345_12585437.jpg


『よもぎあんぱん』
生地に乾燥よもぎを水で戻したものを加えました。
パン生地はみかさんのリッチ生地。
よもぎは、生地の10%弱(10%はちょっと多いかな〜と少し減らしました)。
あんこはクオカさんで購入したうぐいすあん。
香りよく、春らしいあんぱんでした。
これはカットしました(笑)



a0114345_12591335.jpg


オーブン・ミトンのおやつなお菓子 小嶋ルミ著 より
『いちごのオールドファッション・ショートケーキ』


スコーンに生クリームといちごを挟むという、
がっつりボリュームのおやつ。
お昼に上記のサンドイッチとあんぱんを食べたら、
『お腹いっぱい』と食べてもらえず、
次の日の朝食となりました。
暗くなってからの撮影で写真もダメダメだし。残念な感じ。。

ワタシのよくあるパターン、
おやつの出来上がりが遅くなってろくな写真が撮れない。。
腕がないから太陽光のない撮影は厳しい・・
あんまり美味しそうに見えないですね。

↑の生クリームを挟んだのは、冷蔵庫にいれたため固くなってしまったけれど、
次の日、レンジで温め直して食べたのはしっとりして美味しかったですよ。
スコーンは大好きでいろいろ作ってきたけれど、
こちらは生クリームいりの油分高めレシピ。
がっつり食べたいとき用のお気に入りに入れときましょ♪


**きょうのワンコ**


a0114345_1259376.jpg


冷たい床はだいキライ。
乗れるものならmiの背中だって、荷物入りの段ボールだってなんだって。
台所の美味しそうなものを覗くため、
高くなるから好都合♪
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-04-15 12:32 | ご飯
夜桜。
a0114345_0205080.jpg


ソメイヨシノの開花宣言が出てから、
しば〜らく花冷えで、
例年になく長持ちした桜でしたが、
どうにもお天気がイマイチで、、
『青い空と満開の桜』なんて待ち望んでいたシャッターチャンスを得られずに終わりそうです。。

↑は近所のちいさい児童公園の桜の木。
ここの町内会の人たちは地域活動にとても熱心で、
このライトアップも町内会の粋な計らいだろう。

お祭りのちょうちんまでぶら下げちゃってるところが、
町内会らしいっちゃらいしい^^;
花見で盛り上がっている人がいそうな風景なのに、
誰もいない(笑)

それにしても、夜桜の撮影はむずかしい・・
暗いけど、提灯は明るいし、、でオートで撮ると当然ものすごいオーバーに。。
シャッタースピードを適当に調整してみるも、
真っ暗な写真が何枚も撮れる(汗)
イマイチシャッタースピード優先の設定が使いこなせない。

ただでさえ手ぶれするからと鉄棒につないだイヌたちはうるさいし、、
ちょっと(かなり?)補正を加えて一枚アップ。
ちゃんとカメラの説明書を読もう^^;



a0114345_017978.jpg



久しぶりに、ブラマンジェを作る。
レシピはふる〜いお菓子本から。
掲載されているのは、昭和のにおいプンプンのお菓子ばっかりだけど、
定番のものは今だこのなかから選び出して作ることも多い。
なにせ、なが〜いおつきあいなので、どのページに何が載っているかがぜんぶ頭に入っていて
使いやすいのです。

このブラマンジェもいままで何度作ったかわからないくらいのお気に入り♪
ブラマンジェとは、いわゆる牛乳ゼリーなのですが、
ゼラチンじゃなくて、コーンスターチで固めるので、
牛乳と砂糖しか使わないのに、とても濃厚な味になります。

牛乳にコーンスターチと砂糖を混ぜて、加熱する。だけ。
卵のはいっていないカスタードクリームですな^^

とろみがついたらあっという間に固まってしまうので、
型に流すのは手早くね。

ワタシにはなじみのお菓子だったのだけれど、
最近は作っていなかったらしく、子供たちは初笑味。
焼き菓子よりも冷たいお菓子を喜ぶうちの子供たちには、
思った通り、大好評♪

結婚式の引き出物でいただいた、
とっておきのバカラのカットグラスに入れてみたら、
ちとオシャレな感じよ^^
でも、うちではブラマンジェなんて名前は通じないので、
『牛乳ぷりん』で通っています。


a0114345_0175126.jpg


ブラマンジェを作ったのは、
これをかけて食べたかったから^^

ジャム用キウイというのを買ったら、ジャムにしちゃうのはもったいなくらいなきれいなキウイが沢山届く。
でも、そんなに沢山は食べられないので、
やっぱり加工することに。
去年作ったときは煮詰め過ぎて色が悪くなってしまったので、
今回は強火でさっと火を通してなるべく色が変わらないように心がけた^^

自分ではジャムじゃなくてコンフィチュールを作ったつもり♪
砂糖はかなり控えめの10%。
最近コンフィチュールという名をよく耳にしますが、
糖度が低くて、果物の自然な味を残したようなものがコンフィチュールと勝手に思い込んでいたの。
調べてみたら、
まったくのコンフィチュール=ジャムだった・・・^^;

手前の赤いのは、近所のいちご農家さんで売っていた手作りジャム。
200円也♪
『紅ほっぺのジャム』と書いてありました。

こちらもかなり砂糖が控えめで、すっぱい!

どちらも子供たちは『すっぱ〜い!!』と言っていたけれど、
お菓子に使うにはとてもフレッシュで美味しかった。
リキュールをまぜてかければもっと美味しいのだけれど、、
子供たちからまたまたブーイングがくるので、やめときました^^


a0114345_0191647.jpg


ひさしぶりの『白神こだま酵母』を使ったベーグル。
かぼちゃ&クリームチーズを巻き込んだものと、
角切りチーズを巻き込んだもの。

いまいち美しくない仕上がりに。。

最近、すっかりホームベーカリーまかせだったパン作り。
ベタつく生地にあたふたあたふた・・
ちょっとさぼっているとせっかく身に付き始めたカンも
すぐに無くなってしまうのだな〜
やっぱり土日はちゃんと手でパンを作ろうっと。


a0114345_0194155.jpg


taが伊勢から帰ってきたとき、
お義兄さんが持たせてくれたおみやげ。
伊勢のお菓子なかで、ワタシの好きなものベスト5にはいる
『へんば餅』<コチラ>

taにお土産リクエストしていたのだけれど、
タイミング良くおっちゃん(伯父ちゃん)が買ってきてくれたそう♪

結婚した当時は、お持ちが包み紙(皮?)に直接包まれていたのだけれど、
最近はビニール包装になった。
確かに、それの方がお餅が乾燥や固くなりにくいのだろうけど、
前のほうが美味しかったように感じるんだよな〜
でも、ワタシは赤福よりも好きです♪



おまけ

a0114345_15543484.jpg


子供たちが『行きたい〜!』とうるさいので、
久しぶりのカッパ寿司。
くるくる回ってもいるのだけど、
モニターで注文すると新幹線にのってやってくる。
このシステムが子供にウケがいいのだと思う。

カウンターのおじさんに、
『すみませ〜ん』と声をかけるのが苦手なワタシにもありがたいシステムだけれども、
こういうのもコミニュケーション能力が低下してしまう原因になるのでは?
なんてことを考えた。

一皿120円(平日は100円)均一なのも
『ピンクの(皿)だけだよ!きらきらした(金とか)やつはダメだよ!!』とか言わなくてよくて
ストレスレスなのだけど^^;
お味のほうは、、
お値段なりであります。
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-04-09 00:14 | 日々のこと
春がきた〜♪


a0114345_6334693.jpg


春が来たというのを通り越して、
夏を思わせるような気温の日もあったりして^^;

『寒い』以外は『暑い』しか知らないのか?
わが家の子ども達。
平気で半袖で遊びに出かけてしまうから困ったもんで、
トレーナーを脱いだら、次は半袖。
薄手の長袖シャツが、実は一年のなかで一番活躍の少ない服だったりする。

春がきた〜♪のに素直に喜べないのは、

花粉症のせい。か。

インフルエンザ対策のマスク姿がやっと落ち着いたのに、
電車で見かけるマスク着用者がまた目に見えて増えてきた。

ワタシは一年中なんらからのアレルゲンに反応しているので、
この季節だけがすご〜く辛いというわけでもないのだけれど、
抗アレルギー薬とマスクは手放せない。

もっと症状がひどいヒトは、肌が真っ赤になったり、目が充血したり、なんともキツそう・・

北海道を旅行したとき、札幌に少し杉の木があるくらい、と聞いた。
ブタクサもないらしいし、羨ましい・・^^



寒かったり、雨だったりでここ最近、出もしなかったベランダ。
誰も見てくれないのに、虹色スミレは満開に^^;
ほどよく雨が降ってくれていたので、ほとんど世話をせず、
こんなにも長く、沢山咲いてくれるなんて
なんて優秀はお花♪
『花がよく咲く パンジー専用肥料』ってやつを買って、
定期的にあげてるのもいいのかしらん。

ぽかぽか天気の休日。
イヌたちにも思う存分ひなたぼっこをさせてあげたいところだけど、
ベランダが食べ放題のサラダバーと化してしまうので^^;
目が離せない(苦笑)



桜の開花まではもう少しかかりそうだけれど、

a0114345_6352395.jpg


またまた桜餅をつくる。
桜餅用の道明寺粉が足りなかったので、
関東風桜餅を作ってみました。
クレープみたいなやつね。

家にあった古いお菓子本を参考に。
生地は小麦粉と少しの白玉粉、砂糖と水をまぜて焼くだけ。
フライパンで焼いたのだけれど、生地を薄くのばすのが難しかったデス。
ワタシはやっぱり道明寺がすきだけれど、
miは、関東風が好きと言ってました。

これを少し箱につめて、
いつもお世話になっている着付けの先生にお裾分け。
taの卒業式の着付けを正式にお願いしてきました。

でもね、taがワタシが着物を着ていくことに、
いい顔しないんですよ。

taいわく、
『卒業式ってさ、みんなスーツとかぴしっと着て来るでしょう。なのに着物?』

『はあ?着物だってぴしっとしてるし、日本の正装だよ!!』

まあね、着物を着てくるお母さんはめずらしいからね、
もしかしたら、ワタシだけかもしれないし・・

他に着ていくものないし、
もう着付けもお願いしちゃったから、卒業式は着物を着るからね!

卒業式はtaもしぶしぶ了承したけれど、
入学式は絶対だめだって、、ちぇっ
何着ていこうかな〜〜




a0114345_634416.jpg


注文を間違えたようで、
パルシステムからバナナが2房、
大量に届く。
さすがに食べきれないので、
ほどよく熟したところでケーキに。

バナナケーキのレシピは数々あれど、
やっぱりお気に入りはこれ。

なかやま しほさんの『もっちりシフォンさっくりクッキーどっしりケーキ』より
“バナナケーキ”

油脂は菜種油でお砂糖はきび砂糖を控えめに。
でも、しっかり熟したバナナ2本とクルミ、ココナッツファインで
満足できる甘さとコクに。
素朴で美味しいおやつです。

お義姉さんからホワイトデーにもらった春らしいアレンジメントと一緒に。



a0114345_6354522.jpg


先日結婚した職場後輩ayちゃんからいただいた、
老舗 村上開新堂<コチラ>のクッキー。
小ぶりのピンクの缶にぎっしりレトロなクッキーが!!
20種類以上のクッキーが少しずつ入っているので、
カタログを見ながら宝探し状態^^
堅めにさくっと焼かれたクッキーは後を引き、
ついついつまんでしまい、、
あっという間に平らげてしまいました。

こちらのお店。
一見さんお断り、予約のみでしか買えないそうです^^;



a0114345_635565.jpg


こちらは、朝ご飯のHBパン。
レシピはいつもの
『ブランジュリ タケウチ どこにもないホームベーカリーレシピ』より

“ショコラバナーヌ”

とりあえず、本のレシピを順番に作っています。
バナナは沢山あるのにほんの少ししか使わず^^;
バナナチップとチョコレートパウダー(これはなかったのでココアで代用)、チョコチップが入ります。
本にならって生クリームを添えたけれど、
『いらない』と言われる^^;

そうだね、生クリームなしでも十分だね



**きょうのワンコ**


a0114345_9482417.jpg


おひさまは気持ちいいね〜♪
こらこら花ドロボウ!!
サラダバーじゃありませんよ。
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-03-18 06:35 | パンやお菓子
LOVEをつくる。


a0114345_16581662.jpg


先週のことですが、
また急に冷え込んで、、
なんだかやけに寒いな〜と思っていたら、
雪が降りました。
水分が多くて、みぞれっぽく、積もるようなことはありませんでしたが、
今年は何回目の雪だろう。3回め?

こんなさむ〜い日、
taの学年、6年生の授業参観がありました。
小学校最後の授業参観は、
5、6校時を使っての『はばたきの会』へのご招待。

「6年間の小学校生活を支えてくれた保護者に、感謝の気持ちを伝えたり、
自分たちの成長を見つめなおす」
という会だそうで、
歌を歌うというので楽しみにしていたのですが、
この寒さ・・
場所はよりによって“体育館”ですよ。。

大いに期待していた大型ストーブは点火されてはいましたが、、
広い体育館をあたためるには力不足で、
震えた。。。

「笑いあり、涙ありのひととき」との宣伝文句^^
その日はたまたまハンカチもティッシュも忘れてしまい、
これでは「涙あり」に対処できないカモ!と
わざわざ薬局に寄って購入^^;

1年生からの出来事を、
子ども達が“寸劇(?)”で振り返るという構成でした。
こちらは、練習時間があまりなかったのか?
台詞につまったり、流れがとどこおったりと
涙というより、ほほえましい笑いの要素のほうがこくて、
せっかく用意した、ハンカチの活躍はほとんどありませんでした^^

楽しみにしていた合唱は、
1曲目は
『旅立ちの日に』

卒業にちなんだコマーシャルでよく聞きますね。
最近の卒業ソングの定番のようです。
この曲、とてもいいですね♪
帰宅してから調べてみたところ、
秩父市の中学校の先生が作った曲なのだそうです。

当時、荒れていた学校をなんとか矯正しようと
『歌声が響く学校』をめざして合唱を歌う機会を増やした。
生徒たちは最初こそ抵抗を示したものの、歌うたのしさによって、
やがて学校は明るさを取り戻した。
この曲は、教員から卒業生へ贈る歌としてサプライズで一度きりの予定で
歌われたそうですが、翌年から生徒達によって歌い継がれたのだそうです。
〜以上Whiki調べ(笑)

なるほど!!
どうりで心に響く曲だと思いました。

合唱はいいです☆
ワタシは歌うのも聞くのも大好きです。
“歌で学校を明るく”なんて
歯が浮くような感じですが^^
大きな声を出して歌うということは、
本当に心が解放されます。
さらに、大勢で声を合わせる気持ちよさ。
最初は恥ずかしかったり、やってられっかなんて思っても、
その楽しさに気づいたら、きっと歌わずにはいられなかったんだろうなと想像します。

taたちの歌声も、
決してすごくレベルが高いというわけではないですが、
子ども達の素直な歌声は、テクニックなどなくても、
とても美しい♡

なんと言っても、この年齢ぎりぎりのボーイソプラノ♪
きっと中学生ではこうはいかないし、
低学年では音程がきちんととれないだろうし、
今だからできるこの合唱の価値。
ご本人たちはまったくわかっていないだろうな〜笑

少年、少女たちの歌声にはちとウルっときてしまいました。

もう一曲は、
『手紙〜拝啓十五の君へ〜』
これもとてもいい歌ですが、
これは、難しい曲ですね。
歌の内容的にも小学生が歌うにはちょっと早いかな・・と思いました。
きっと中学生くらいのほうが、この歌詞が伝えたいことに共感して歌えるのでは、
と思います。

6年間のふり返りと合唱の合間には、
『いままで支えてくれてありがとう、中学にいってもよろしくね』
という内容の彼らの言葉での呼びかけがありました。

taに聞くところによると、
台詞もすべて自分たちで考えたそうなので、
そこはやっぱり6年生。
すばらしいと思いました。

その後、担任の先生を囲み、簡単に最後の懇談会。
「この学年は、いまこんな時代のなかで、めずらしい、素直な子ども達です。」
と先生から話しがありました。
そうなんです。
ワタシも前から思っていましたが、まったくスレていない。
学校ですれ違えば、みんな頭を下げて挨拶してくれるし、
授業態度のよさや積極性にはいつも驚かされた。

逆にいえば、ちょっと幼い感がなきにしもあらずらけれど、
一学年2クラスでアットホームなのんびりした環境で過ごせた6年間は、
taとハハにとって、とても居心地がよかった。
taはtaなりにいろいろ悩むところもあったようだけれど、
過ごし慣れた環境から出て行くことはすこし勇気がいる。

taは私立の中学に進学するので、顔見知りはひとりもいない。
そのことに不安があるようだけれど、それはみんな同じこと。
人見知りのワタシだって、また一から母親友達関係を作っていかなかくてはいけないし、、
『不安なのはハハも一緒だよ。一緒に頑張ろう!』と話しました。

さて、今回この合唱をボイスレコーダに録音しました。
小学校の思い出の写真を載せて、卒業記念のフォトシネマを作ろうと思っています。
作ろうと思ってるで終わらないように^^;
目標は3月中だな^^




a0114345_16583243.jpg


WHISTLE@さんの『LOVE』を編みました。
まえに編んだmiのLOVE、
小さくなって放置してあったのをほどいて、
残っていた糸を足して、大人サイズに編み直ししました。
ルナモールという指定糸を使っていますが、
一度編んだ糸は伸びてしまっているようで、
もともと手がきつめなところ、さらに小さく編み上がってしまい、
ほとんど編み終わったところで2度もほどきました。
とても簡単に編めるので、
編み馴れているひとであれば数時間で作ってしまうでしょうが、
ワタシは結構時間がかかりました。
しょっちゅう編み目を間違えたりして、
きっとLOVE3個ぶん編むくらいは鉤針を動かしていたと思います^^;

この写真はmiに被せてますが(↑変な顔)、
おばあちゃんへプレゼントするつもり。
ワタシはこれが恐ろしく似合わない。。
以前自分に編んだ黒のLOVEも母にあげてしまった。
こちらは、気に入ってもらえればお義母さんにもらってもらおうと思っています。


a0114345_23373637.jpg


これが、最初に編んだmiのLOVE。
編み目汚〜い!!
この頃に比べたらちょっとは上達したかしら?




a0114345_16584558.jpg


ブログお友達が『プリンケーキ』なるものを作ってました。
スポンジケーキとプリンが二層になっているケーキ♪
お友達は本を参考にしていたけれど、
作ってみたいな〜とネットで検索してみたら、
ありました!
クックパッド<コチラ>

カラメルソースを敷き、プリン液を流し込み、その上にスポンジ生地を流し入れ、
オーブンで蒸し焼きします。
スポンジ生地が軽いので、プリン液に浮くのです。
それできれいに二層に焼き上がります。

今回は、カラメルソースの焦がしがイマイチで色づきがイマイチ。
あと焼き過ぎ感あり、で成功!とはいかなかったけれど、
なかなか迫力のあるお姿で、パーティーなんかにはいいなと思います。
リベンジ決定^^




a0114345_16585944.jpg



ホームベーカリーパン。
普通の食パンはつまらないからと後回しにしていた『ハード食パン』。
国産小麦とパーム油ショートニング、砂糖、塩、水のシンプルレシピ。

これが思っていた以上に美味しかった♪

外はカリッと、中はふんわり。
山食のような焼き上がり。

山食は強力粉と中力粉(リスドオルとか)を混ぜて使うけれど、
これは強力粉だけでこの食感がでたのでびっくり!!

レシピは『ブランジュリ タケウチ どこにもないホームベーカリーレシピ』より。
本に書いてあるように、トーストするとさらに美味です♪


**きょうのワンコ**



a0114345_16591366.jpg


そんなに見たって落ちてはきませんよ^^;
パンに塗ってる黒いやつは
わが家で最近はやっている黒ごまはちみつです。
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-03-17 01:29 | ソーイング
めでタイとバレンタイン。



a0114345_6294033.jpg



2月13日。
taの12歳の誕生日でした。
子ども達が大好きな兄家族を招いて、
合格祝いをかねたパーティーを♪

本日のバースデーケーキは
taの大好物『たかこ@caramel milk teaさんのカスタードロールいちご入り』
taにリクエストを聞くと、
『ロールケーキ!普通のクリームにイチゴ入れて、しっとりしたバージョンね!!』
いつもコレ。
ブログのネタ的につまらないので、
アップ写真はありません・笑
↑でボウボウに火がついているヤツがソレです。
もう一つ、シュークリームも焼きました。

義姉さんからは、
めでタイ 白たいやきとお手製料理の差し入れをいただきました。




そして、じいちゃんからもらったダルマに目をいれました^^

エントリー『サクラ咲く。』に、沢山のお祝いコメントありがとうございました。
そして、わざわざメールをくれた友人も、ありがとう。
入試の前には、各地の学業の神様のお守りをたくさんいただきました、
“きっと勝つ”のキットカットもいただきました。
沢山の励ましと応援、本当にありがとうございました。


先日、taの通うことになる中学校の説明会がありました。
自宅から30分程度の近い場所にあり、
小規模でアットホームな感じの学校です。

その後、制服の採寸もあったのですが、
どのご家庭もすこしでも大きく作っておきたい親心と
すこしでも格好のつくサイズでおさめたい制服屋さんとの
攻防が繰り広げられており、なかなか時間がかかりました。

わが家も多分にもれず、
小粒な息子よ、遺伝子にまけず(?)大きくなれよとの願いを込めて、
『もうひとつ大きなサイズはどうですかね?だめ?ですよねぇ。。』と
制服屋さんの許容範囲ぎりぎり大きめサイズで注文してきました^^


a0114345_6393913.jpg


taの誕生日の次の日はバレンタイン。
今年のmiの提案は、
『とろりんハートのチョコポット』で作る、チョコフォンデュ♪

そんな簡単でいいんかい?と思いましたが、
予想外におっちゃんはじめ男性陣に好評だったので、
鼻が高いmiでした。

それにしても、春から男子校に通うtaくん。
今年もばあちゃんと妹からしかもらえなかったねー。
女の子のいない青春時代。。
将来、嫁がもらえないんじゃないかと本気で心配する母なのでしたぁ。





久しぶりにソーイングネタを。





a0114345_630657.jpg


ワンコ服作りました。
春先に作ったTシャツがあまりにも寒々しいので、
ふゆ仕様のパーカーを。

使用生地は、
ノムラテーラーさんのくまさん柄ニット。
ブラウン面とホワイト(グレー)面のリバーシブルニットです。

ちょっとお高めの生地でしたが、可愛くて一目惚れでした。
はじめは、手編みニットと合わせて、miのマフラーを作ろうと思っていたのですが、
考えてみればmiはマフラーなんて使わないし、、
ワンコたちに先に使ってしまいました。

a0114345_6302695.jpg


ハリーにブラウン、リンにグレーにしたのですが、
逆のほうが可愛かったかな・・
しかも、着せてから気づいた、、ハリーのくまさんが逆さになってる!
だから上下のある柄はダメなんだな〜
なるべくムダのないように裁断しようという貧乏性がアダとなりました^^;

でも、きっと言わなきゃわからないし、


a0114345_6305226.jpg


ほら、着せたらこんなに可愛いんですのよ、ホホホ♪

miにはブラウン面でベストを作って欲しいと言われました。
イヌたちのを先に作っちゃったから、miにも早く作らなきゃな〜^^;
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-02-18 06:31 | ソーイング
ヘルシーもリッチも捨てがたい。。


a0114345_7183489.jpg

クッキー3種
『まいにち食べたい“ごはんのような”クッキーとビスケットの本 なかしましほ 著』より


まえにもご紹介しましたが、
なかしまさんのクッキーの本から。
作りたいものは沢山あるのだけれど、
うちにある材料で作れるものを3つ作りました。


右奥から、
レーズンサンドクッキーと
抹茶のぐるぐるクッキーと
ココアとマーマレードのドロップクッキー。

なかしまさんのお菓子はバターを使わず、菜種油で作ります。
お砂糖はきび砂糖で。
油以外の材料をボールにいれ、手でざっと混ぜ。
菜種油を入れたら手ですり混ぜる。
水を入れてゴムベラでまとめる。

あっという間^^

すり混ぜる時間は10秒以内で!!
と書いてあるくらいなので、本当にすばやく簡単に出来ます。
前回はフードプロセッサで作りましたが、
手で作った方が混ぜる感覚がわかっていいようです。

ボール一つでできるので、
レーズンサンドを作ったら、そのボールでココアのクッキーを。
抹茶のクッキーは巻いてから一度冷凍したのでちょっと時間がかかりましたが、
楽しくてつぎつぎ3種類作ってしまいました。

ココアクッキーは前回と同様、ココア濃いめの大人味、
抹茶もほろ苦く、ハハ的にはとっても美味しかったのですが、
miは『苦い。。』と半分で放り出しました。
taはどれも美味しいといって食べてました。

レーズンサンドクッキーが一番、子ども達にも安心なお味だったようです^^

ガラス瓶に入れてテーブルへ、
胃にもたれないので食べ過ぎてしまいます。
3種類あるとついつい1つずつ味見してしまうのが難点ですが、
見た目も楽しく、飽きないです^^


a0114345_7191650.jpg


お菓子を撮影していると、
もれなくイヌがついてきます。
ジャマです^^;



a0114345_7193083.jpg


ホットケーキ。
市販のホットケーキの素の味が嫌いで、、あの人工的な味はなんの味なんでしょうか?
普段は、適当に粉と牛乳と卵を配合して作っていますが、
ホットケーキの美味しい作り方が載っていると聞いて、
『オーブン・ミトンのおやつなお菓子 小嶋ルミ 著』を中古本で買いました。

美味しくつくるコツは、レシピの配合と混ぜかた、とのこと。
ふんふん、焼き上がりにはあまり違いはないようだが。。
miに聞いてみましょう。

この日は、一週間にたまたまホットケーキミックスで作ったのを食べさせてました。

『ねぇ、この前のはさ、素で作ったんだけど、今日のはさ、粉と牛乳でさイチから作ったんだよ、味違う?』

mi『ううん、一緒だよ』

『が〜〜ん。。』

もしかしたら、市販のものと同じくらいの味のレベルだというお褒めの言葉のつもりだったのかもしれないけれど・・・
その言葉にショックを隠しきれないハハの表情をみて、

taすかさず『一緒じゃないよ、こっちのほうが卵の味がすっごくするし、ぜんぜん一緒じゃないっ』

息子よ。ナイスフォロー♪

ハハの機嫌損ねると怖いもんね〜^^

ハハの作ったものに少しでも文句をつけると、
『じゃあ、もう一生作らない』とハハが言い、
taが『え”〜?!』
と言うのがいつものパターンで。

そのtaの反応が可笑しくて、
『そっちとこっちどっちが好き?』をしょっちゅう繰り返していたら、
最近は、
『こっちがいいって言うと、じゃあもうこっちは一生作らないって言うんでしょ?』
と先を越されるようになってしまった^^;
思春期とやらになったら、本気で嫌われたりするかもしれないから、、
息子をからかうのはもういい加減にした方がいいかな〜へへ

ホットケーキですが、
上記の本には、卵を泡立ててつくるもっとふわふわで厚いホットケーキの作り方も載っています。
そちらも魅力的なのですが、生地に生クリームが入ります。
スコーンなんかも載っていてこちらもとっても美味しそうなのですが、やっぱり生クリームが入るのですよ。
冒頭のヘルシーなクッキーを作りながら、
バターや生クリームを沢山使ったお菓子にも魅力を感じてしまう。。

やってることに矛盾を感じるなーー(汗)

それにしてもここ最近、
どんどん増え続けるお菓子やパンのレシピ本在庫。
全部作れる訳がなく、、1品作っただけで放置の本もある。。
でも、このごろのレシピ本、どれも写真や装丁がきれいで、
ついつい手元に持っておきたくなっちゃうんだなぁ^^




**きょうのワンコ**


だれか拾ってくださいな。


a0114345_7194559.jpg



もうちょっと大きいのもいますよ。


a0114345_7195937.jpg



『こんなに可愛い捨て犬がいたら、
すぐひろっちゃうよ〜♡』

と朝からイヌと会話するアホな飼い主。。

朝は、すぐ出かけてしまうので、
わが家の床暖房タイマーは夕方on。
冷たい床が大キライなわが家の2ワンコ。

冷たい床に座るくらいなら、
とどう見ても安定感の悪い段ボールの上の方が、
目線も高くなるしイイらしい^^;
“伏せ”だって、お腹が冷たいからすぐ立ち上がっちゃう。

昨日の学童からの帰り道。
よそのお宅の玄関先でバウバウ吠えるわんちゃんを見て、
『えらいね〜洋服も着ないで外にいるよ』とmi。

いやいや^^;
本来イヌはそれが普通っしょ。
『い〜ぬはよろこび に〜わかけまわり〜♪』のハズ。
ハリとりんは間違いなく
『こたつで丸くなる〜♪』だけどね^^;
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-01-26 07:20 | パンやお菓子
年のはじめは


a0114345_1713711.jpg


年のはじめは。。
今年の年男『寅年』taくんの書き初めから^^

子ども達は今日から登校です。
冬休みは短くてあっと言う間でした。

今年の6年生。
先生の意図はなんなのか?
宿題がほとんどありませんでした。
読書カードと書き初め練習、自己復習。のみ

正直、taの受験勉強は大詰め(の時期)。
宿題が沢山でたらやりきれるかな〜とは心配していたのだけど、、
そんな受験生への配慮か?
でも、のんびりした校風で、クラスでも受験予定のコは両手では余るくらいしかいないはず。。
小学校最後の冬休みを思う存分楽しめという先生の計らいか?

てことで、数少ない宿題のうちのひとつ。
書き初め(練習)。

taいわく 『やっぱり、書いてないとだめだな・・』

小学校1年生から習っていたお習字。
11月からお休みしています。

『なんきゅう?』って聞いたら。

『準3段』だそうです^^;
失礼いたしやした。。

2月早生まれのta。
保育園の頃は、しゃべるのも書くのもゆっくりで、、
春生まれのお友達と比べるといつも心配でした。
年長さんになってもまったく鉛筆をにぎらない(きらい)
電車のおかげで、ひらがなもカタカナも読めてはいたけれど、
字が、絵が書けない。

小学校に入学するにあたって、
自分の名前くらいは書けないとと思い、なんとか練習して書けるようにする。
おんなのこ達はイラスト入りのお手紙を交換こしてたりして、、
あまりの差にあぜんとする^^:
(その後、春生まれの娘を育てて、まったく逆の体験もする)

小学校に入学してすぐ、
学童のお隣の公民館に書道教室を知り、
先生がとても良い方で、お月謝も手頃だった。

最初に見学にいったとき、
はじめて持たせてもらった筆で書いた習字、
先生が『まあ!芸術的!!^^』と言ったひとことが忘れられない。


すぐ放り込んだ^^


これが大正解!!
だって『あ』からはじめて、書き順も書き方も一から丁寧に教えてもらえ、
礼にはじまり、礼で終わる。
素敵☆

想像力や独創力がいまいちなtaでも、
ルールに従い、お手本通り、きちんと模写する。
これはtaの性格にとてもあっていたようで、
めきめき伸びた。

先生もtaの成長を期待してくださって、
受験で少しお休みすると伝えたときにはとても残念がってくれた。

習字のお陰で、ハハが字を教えることはいっさいなく、
漢字や書き順はtaの得意分野になった。

習字をはじめて数年たったころ、
『あまりに字を書かなくて心配して入れた』と先生にお話ししたところ

『そういう子は、変な癖がついていなくて良いのですよ』
とおっしゃった。
なるほど、そういう考えもあるのね、
“遅い”ということもいいことだってあるのね〜
子育てにおいて“遅くてもいい”そう思ってあげることはとっても大切だけれど、

なかなか難しいことだわね^^

そういえば、“絵”にも心配して、
お絵描き教室に通わせたこともあったな^^;
イラストレータを本業とする先生で、
絵を描くというよりも『デザインしよう』というおもしろい教室だった。

そちらのほうは、やはりDNAの問題か、、
絵が上手になったり、描くことが好きになったり、とはいかなかった^^;
先生の本業が忙しくなって、それこそ本格的な絵の先生に変わってしまったので、
taもあまり乗り気じゃなかったし、先生と一緒にお教室は辞めてしまった。

でも、あの時お教室で描いた、
ヘタウマ的な絵は、今でも気に入って額にいれて飾ってある。

やっぱりお教室に通っていた頃は可愛らしい色使いができていた。
教えてもらうって違うんだな〜と思った。
今はその名残もない・・
やはり、継続は力なり。だな。

習字教室の話にもどると、
taが入った頃は、
少ない生徒でのんびりやっていた教室だったけれど、
今では、学童の子どもの多くが通う人気ぶりで、
教室が子ども達でいっぱいになって、先生がうれしい悲鳴をあげるほどの盛況ぶり♪
もちろんmiも小学校入学と同時にはじめて、
miも自分のペースで上達しています。






a0114345_2111694.jpg




何やら、真っ赤なきみの悪い液体。。
『魔女の料理みたいだね』と子ども達も気味悪いながらも興味津々。

作っていたのは。。




a0114345_21112653.jpg

りんご飴



12月に一時帰国したfuminovちゃんのボストン土産

『candy apple kit』デス♪

fuminovちゃんの歓迎会をかねたクリスマス会を催した、
先輩邸宅にまたまたお邪魔させてもらいました。

今年のお正月は実家に帰らず家にいると言ったら、
新年会やりましょうとお誘いいただいた。
クリスマスには来られなかったファミリーもお誘いして、
にぎやかな新年会に♪

年末のお買い物で
めずらしい『姫りんご』を発見!!
(むちゃ高かったですけど。。)
これを作ろうと買っておいたのを、
これはイイ機会♪♪と持ってきた。

それにしても、りんご飴って日本のものかと思っていたけれど、
アメリカのもんなのか?

当然、作り方はすべて英語でして、、
細かいところはよくわかんないけど、
○cupのウォーターと○cupのシュガーそこさえわかればなんとかなるさ!
○cupのシュガーは、2と1/2カップぅ。。?!
何度見直しても間違いはないようで、すごい砂糖の量!!
これにひるんで半量で作ることに。

でも、どっかで調整を間違えたようで、
いくら冷やしてもイマイチ固まらなかった^^;


a0114345_20575329.jpg



うしろは宴に興じるオヤヂたち^^

いまいちゆるいアメだったけれど、
とっても美味しかったそうですよ。
りんご飴大好きなこどもたちは大喜びでした。
fuminovちゃん、ごちそうさま♪


a0114345_210497.jpg

抹茶ロール
『抹茶のお菓子』坂田阿希子 著より


この日ワタシが持参したお菓子は、
坂田さんの抹茶ロール。
お正月なので和風スイーツを♡
密閉容器に入れていた和三盆(砂糖)が固まってしまい、
それを細かく砕くのに一苦労しました。
スポンジ用の和三盆で疲れてしまい、
クリーム用の和三盆はそのまま入れて泡立てたら、
やっぱり溶けずに残り、ぶつぶつしたクリームになってしまいましたっ!汗

ラッピングも和風ぽくしてみました。
巻いている紙は揚げ物用の敷き紙ですけど^^;



** きょうのワンコ **


a0114345_218416.jpg


この時期、川沿いを散歩すると
イヌたちは“くっつき虫”だらけになります。
道ばたに大発生しているのです。
毛に絡まってしまい取るのがたいへんです。
一緒に散歩していても、なぜかりんにばっかりついているのです^^;
なぜかと言うと。。落ち着き無くウロウロするから。。
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-01-07 17:43 | 日々のこと
クリスマス2009☆



a0114345_20473874.jpg




すでに街の飾り付けがクリスマスカラーからお正月カラーにかわってしまい、、

一応、25日に写真だけはアップしてたんですけどね。。
今更って感じなんですが。。

わが家のクリスマスでぃなー、載っけときます。


今年は恒例のチキンの出番なく、
わが家の食卓ではめったにお目にかかれない
び〜ふさんに登場していただきました。ホホホ

牛さんの調理に馴れていないわが家には、
ビーフシチューとローストビーフのソースに欠かせない
赤ワインがありませんで、、
買っても使い切れないし、、

自家製の梅酒で賄いました(笑)
でも、なんとかなりましたよ。




a0114345_20475992.jpg




洋食をつくっても、お茶碗にご飯なわが家ですが、
今回はちょっとオサレ☆に

『フォカッチャ』ですよ。

職場のコにコピーさせてもらった、
ベターホームのレシピ。
強力粉と薄力粉半々の生地にオリーブオイルとドライバジルを混ぜ込みます。
最終発酵後にプチトマトを埋め込んで、焼成。
簡単な割に見た目が豪華だし、もちっとしてて美味しかった♪





a0114345_20481640.jpg


ケーキはビッシュ・ド・ノエルに初挑戦。
といっても、普通にロールケーキです。

藤野真紀子さんのレシピで作ったのですが、
うちにある本は古いものなので、
レシピも最近では珍しいくらいリッチ系です。
(ていうか、ワタシの中ではです)
まずスポンジ生地に卵黄5個、卵白3個ぶん。。びびる

残った卵白2個はどおすんだ?
(いつかマカロン作る用の冷凍卵白も相当在庫を抱えているので、
次の日のみそ汁に入れました)

そして、チョコレートクリームは
生クリーム3カップにチョコレート240g。。またびびる。

クリームもチョコも半量にしました^^;

チョコレートクリームを作る方法ですが、
削ったチョコレートに沸騰直前まで温めた生クリームを注ぎ、
あらためて氷で冷やしながら泡立てます。
一度あっためた生クリームが泡立つのか半信半疑だったし、、
実際なかなか泡立たない。。
『大丈夫?』って思った瞬間に、、
ガチっと固まった。。泡立て過ぎ〜〜〜(涙)

硬いクリームにこれ以上刺激を与えないように、
そーっと塗り。
miと作った歌うイチゴちゃんを載っけ、クッキーのデコレーション用に買っておいた砂糖菓子をちらし完成。

藤野さんの本ではかなり大人っぽいケーキでしたが、
やけにファミリー感漂うケーキとなりました^^

結構なボリュームと濃厚なクリームで、
甘いもの好きなわが家でも、すべて食べ終わるのに3日かかりました^^;

この日は23日の祝日。
イブは平日で夕飯には家族が揃いません。
クリスマスディナーといっても、
何する訳でもなく、かんぱ〜い!!とお食事しただけです・笑
『何に乾杯する?』
『じゃ、taの合格を願って!!』なんてなんのお祝いなんだか・・・汗

24日のイブは、いつものように過ごしましたが、
miがどこで仕入れてきたのか?
『キャンドルナイトしたい!』と言い出しました。

夏休みに作ったエコキャンドルに初点灯。
お風呂の電気を消して、キャンドルに灯をともし、
miとクリスマスの歌を歌っちゃったりして。
本当はクリスマスってこんな風に静かに迎えるものなのかな。
とてもゆったりした気分になり、
次の日もキャンドルお風呂でした^^


ちゃんといいコに過ごしていたからか?
クリスマス直前にサンタさんが奔走して入手した
“みどりのたまごっち”は
miの手の中でぴこぴこいっております^^;





a0114345_20484434.jpg



miがお友達ファミリーのクリスマスパーティーに招待されたので、
お土産にカボチャ角食を。
2次発酵がもうちょっとだったみたい。
角があまい・・





a0114345_2049830.jpg


ドレス生地を購入したあざみやさんより、
お葉書が届きました。
手書きです。すてき☆

相手の顔が見えないぶん不安も多いネットショッピング。
ワタシは幸いこういうステキな出会いが多い。
顔が見えないからこそ、信頼ある取引を心がけているお店もたくさんある。
こんな出会いがあるからこそ、
ネットショッピングが好きです。



--------

a0114345_1154264.jpg


悲しいお知らせが届きました。
クリスマスをまえにお星さまになりました。
Twiceちゃん永遠に。。ママの心の中に、私たちの心の中に。。
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2009-12-29 12:04 | パンやお菓子
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin