Top
タグ:たかこ@caramel milk tea ( 16 ) タグの人気記事
Top▲ |
100回生まれ変わってもきっと君を探し出すよ。アイーダ東京アンコール公演
a0114345_17143451.jpg

たかこ@caramel milk teaさんの「キャラメルカフェロール」


男子校に通っているta。
ミュージカル観劇が趣味の中学生なんて大丈夫かしら?(←変わってるとか言われそう)
と思っていたのだけど、女の子がいないぶん、男の子が多いわけで(あたりまえ)、
沢山いれば趣味の合う友達もできるのですよね。

ありがたいことに四季会員のお友達もいるし、誘えば観劇に一緒に行ってくれるお友達もできました。
四季には学生料金で安く観れる席があるので、
たまーにある部活お休みの日をチェックしては出かけています。
お母様方もミュージカルだったら安心と都心に出かけるのも快く送り出し、
チケット代も払ってもらえるんだって!と羨ましげに訴えてきます。
わが家は、おこづかいから支払いですよ〜。
どうせおじいちゃんおばあちゃんに戴いたお小遣いの使い道は他にはないのですから^^

めずらしく部活がお休みだった春休みのある日。
いつもの観劇友達たちを家に呼ぶというので、
なにするのかと思ったら、みんなで
「オペラ座の怪人25周年記念コンサート」blue-ray鑑賞会するんだと(笑)
なんだか健全な集まりです。
学校の春期講習が終わってからお弁当持ちで集まるというので^^;
近所の中華料理屋にラーメンでも食べに行きなさいと言いました(笑)

ハハは仕事で、お茶のひとつも出せないので、
ロールケーキ↑焼いて冷蔵庫に入れておきました。
たかこさんのキャラメルカフェロール、ほろ苦いキャラメルが効いていて美味しいんですよ☆




しばらく観劇に関する記事があがっていませんが、決して観劇していない訳ではありません(笑)
それどころか、四季好きのお友達ができてご一緒したりとさらに劇場通いはヒートアップしてます。


さて、今回は久しぶりに観劇レポを。
しかも、結構前に途中まで書いて放置してたものです^^;


アイーダを観たのは約1年ぶりです。
前回は、初演オリジナルキャストでの上演をどうしても観たくて、taと二人、大阪四季劇場まで遠征しました。
その時の舞台には大いに感激して、大阪まで来た甲斐があったとtaと喜び、アイーダという作品も大好きになって、大阪での上演でなければ、もっと観たい!と思っていた作品が、東京に帰ってきた!しかも、意外と早く(笑)

キャー☆っと大喜びでチケットに飛びつく!かと思いきや、そうでもなかったんですよ。あまり気分盛り上がらず、チケットはとりあえず先行でとった1枚のみ。
原因は、あの日、大阪で観たキャスト、アイーダは“世界一のアイーダ”と評される濱田めぐみさん、ラダメスは初演からずっと支えてきた鉄板、ラダメスそのもの阿久津陽一郎さん、アムネリスには佐渡寧子さん。完璧で非の打ち所のない舞台でした。それから濱田さんの退団が明らかになり、もうあのキャストでのアイーダは観れないとわかり、自分の中で、アイーダはもう封印してもいいかと思っているくらいでした^^;


そんなこんなだけど、やってきました。

a0114345_17142157.jpg

2012年4月30日(月)アイーダ東京アンコール公演 マチネ



今回は娘がお供です。
子ども料金の設定がないし、キスシーンもたくさんある大人の愛の物語に小学生を連れて行くのもどうかと思いましたが、
チケット先行発売の日は仕事が入っており、
娘が自分の携帯でゲットしてくれた前方ドセンターの良席。
S席2枚ぶんの料金は痛いですが、連れて行かない訳にはいきません。

前回観劇時と比べるとラダメスとゾーザー、アンサンブルの一部を除いて、
大幅にキャストが変わってるこの日の舞台。
アイーダの秋夢子さんの調子がイマイチとかの情報や、
先に観劇済みの、アムネリスの大和貴恵さんはイマイチだったとのta情報もあり、
少々警戒して臨む。

大阪の劇場に比べるとちょっと小さいのかな?秋劇場。
冒頭の博物館のシーンではちょっと窮屈な感じ。

ストーリーにはまったく関係ないけど、
眼鏡をかけてパンツを履いたショートカットの女性が、
スカートの女性と手をつないで歩き出したのにビックリ!
これは男性役の設定なのよね、前方席で観ちゃうとどうみても女性にしか見えないから、
どんな設定なのか驚いた^^;
アモナスロを乗せる船を操縦してたのも同じ方かな?
あれも男性の設定よね?←どうでもいいです。

秋夢子さんのアイーダ。
いいです☆ワタシは好きです。
この日は声もよく出てました。高音が弱い感じもしますし、
「ローブのダンス」のなどの濱田さんの迫力には及びませんが、
「神が愛するヌビア」など前半のしっとり聴かせるところは丁寧でとてもよかったです。
涙でました。
そして、何よりも王女役にふさわしい美貌が、目の保養になります^^
表情も表現力豊かでした。
セリフの訛り?を指摘する声もありますが、
外国の俳優さんであそこまで完璧な日本語で演じることに、
ワタシは敬意を評します。
中国の方だと知っているので、どうしても先んじてイントネーションが気になってしまいますが、
おそらく、それを知らない方は気づかないのではないでしょうか。

他には外国の俳優さんがいらっしゃいますが、
日本語の「わたし」は発音が難しいのですね。
「わだし」になりがちのようです。気になったのはそれくらい(努めて気にしないようにしてた)。

世界一のアイーダ濱田さんといちいち比べるのもナンセンスだと思いますが、
歌唱力は置いておいて、
濱田アイーダが持っていて夢子さんに足りないもの。
王女としてのカリスマ性かな。
王女として生きることを、ヌビアの民に頼られることを、
「あたしに何ができるの?」と重荷に感じるアイーダが、
ヌビアの人たちに応え、
自分が王女だということに目覚めてローブを受け取るあの有名なシーン。
濱田さんの放つカリスマオーラに舞台上のヌビア人も、
客席もググーっと惹かれて沸き立つ興奮。思い出すだけで鳥肌がたちます。
ラダメスを愛するひとりの女でいたい、でも私は王女。
そんな心の揺れの表現なんかもさすがでした。

でも、しいて言えば、その強すぎるカリスマ性が捕虜として連れてこられた時から隠しきれていない感ありました(笑)

その点、秋さんのアイーダは王女になりきれていない可愛らしさ、生意気さは微笑ましく、
「草原を裸足でかけまって、もっとおしとやかにあなたはお○○」のくだりなんかはとてもしっくりきました(笑)
濱田さんだとそんなことしてないでしょう?って感じだったので。
王女としての成長をもっと演じられるようになればきっとすばらしいアイーダに^^
これからを期待します。
なんってったって可愛いし♡←やっぱりそこ。
そう言えば、今回から副題に「愛に生きた王女」という一文つきました。
今回のアイーダは「愛に生きた」に重きを置いているのなら、それでいいのかな。

阿久津さんラダメス。
大阪よりもお顔がふっくらされたでしょうか?
なにせ、一回しか観てないのでわかりませんが、ちょっと演出も演じ方も変えてきたかな?
最初の印象は、阿久津さんも年とったな(笑)
なんだろう、髪型?メイク?セリフの言い回し?
ソンダンでラダメス歌ってた時のほうがさわやかでかっこ良かったような・・・

でも、でも、さすがの歌声です。
高音スコーン!と出て、同じように圧倒的な歌声を披露する飯野ゾーザーとの
掛け合いは聴いてて気持ちよかったなー。
そう、飯野さん、66歳だそうですが、本当に素敵です☆
「ピラミッドを建てよう」はゾーザー軍団のダンスもかっこ良くて、大好きなナンバーですが、
この曲のあとの拍手はすごかった!
婚礼のシーンでの白い衣装の着こなしもダンディで素敵でしたぁ♪

阿久津さんから話がそれてしまいましたが、
ご自分の年齢に合わせてラダメスの演じ方も変えてきているのかなと思いました。
ラダメスと言えば阿久津さん!ですが長く演じることの苦労や工夫も沢山あるのだろうなと。
やっぱりあの声を聞きにもう一度劇場に行きたい。
そう思わせてくれるラダメス。
次はもう少し離れた席で観たいです(笑)

そして、大和貴恵さんのアムネリス。
今回は佐渡さんがアムネリスにキャスティングされていないと聞いたときはがっかりでしたが、
世代交代ですかね?しょうがないです。。

でも、綺麗!スタイルいい!
佐渡さんもあまりのキラキラさに感激しましたが、
大和さんもキラキラでした^^
特徴的な笑顔は“タンス夫人”を思いだしてしまいます。
歌も安定してお上手でした。
タンス夫人でも大っきいなあと思いましたが、
身長178センチですって!

アイーダは1幕がすごく長いです。
ともするとちょっと眠気が襲ってくるくらい^^;
miが途中で「お隣のひと、寝てるよ」と報告してきました(笑)

正直、一幕はこんなもんかなという印象でしたが、
2幕で持って行かれました。
夢子さんの声の調子が上がってきたのもその要因のひとつですが、
大和さんの演技がよかった。
「真実をみた」では、花嫁衣装の下で片方の頬を伝わる涙にワタシも嗚咽をぎりぎりで抑え、
最後の審判では、両頬に涙をそわせながら、
ゆるぎない決意を声を震わせずに発する。
もう涙がとまりませんでした。

最後の判決を言い渡し、バッと向こうに振り返ると同時、
アムネリスのふた筋の涙が、左右にパっ!と飛び散りました。
汗やツバが飛び散るのは何回も見てますが、
涙が飛び散るのを見たのははじめて☆感激しました^^

アイーダは曲がいいですね。
アンサンブルさんのダンスも圧巻です。
この作品のアンサンブルさんたち、いったい何度衣装を変えて出てくるのでしょうか。
姿形をかえ、ひっきりなしに登場されるので、
どなたなのか見分けがついたのは数名の方だけでしたが、
脇坂さんはベテランなのに引き締まった躯体とキレキレダンスはさすがだなと思いました。
ビジュアルで分かりやすい西尾さん^^
ネヘブカがアイーダの変わりに連れ去られたあとのダンス。
ものすごかったです!なんでしょうあのダンスは!あそこは必見です。
女性アンサンブルさん、カッコいいなと思う動きをしているのは、
間違いなく加藤久美子さんでした。表情もすばらしい、大好きです。
劇場を出た所ですれ違った女性。
みたことある人だなと思ったらカトクミさんでした。
クールビューティ☆

この日はアフタートークイベントもあり、
川原さん飯田さんのガンバ再現など、楽しい一日でした。



a0114345_17142183.jpg



さて、大人の愛の物語にアイーダ初見の小学生の反応は?

隣りで号泣してました(笑)
『100回生まれ変わってもきみを探し出すよ。あのラダメスのセリフがね(涙)』だそうです(笑)

いまのところ、8月までの延長が決定した劇団四季アイーダ。
いい作品なので、まだご覧になっていないかたはぜひどうぞ♪
楽しみにしていた有賀君がメレブにいる間に、
ワタシももう一度行きたいと思ってます。

観劇ネタついでにアップできなかった写真を。

a0114345_1714483.jpg



3月には「ユタと不思議な仲間達」を観ました。


a0114345_171456100.jpg


東北を舞台にしたこの作品。
去年の夏、カンパニーは被災地を回り、子どもたちや住民の方を無料招待する東北特別公演を行いました。
特別な装置も冷房もない、学校の体育館などで公演を行うために、
舞台装置や演出は一から練り直され、相当な苦労の末上演されたそうです。
劇場のロビーにはその様子がパネル展示され、
東北公演用のステージの模型も展示されていました。

いじめられっこのユタの成長に、座敷童の哀しい生い立ちにい、ユタと座敷童の温かい交流に、
涙なしでは観られない作品なのですが、
笑いどころが沢山の楽しい作品でもあります。

現在は、3月の東京公演を終え、ふたたび昨年訪れることが叶わなかった東北の被災地を回っています。
四季にしかできない素晴らしい活動だと思います。
被災地の子ども達に沢山の笑顔が溢れることを願っています。



a0114345_1715977.jpg



観るたびに惹き付けられ、結局3回通った「壁抜け男」。
キャストのみなさん素晴らしく、
ぎゅっと身の詰まった作品でした。

このまままたしばらくお蔵入りしてしまうのかと残念でしたが、
8月下旬から大阪四季劇場での上演が決まりました。
またぜひぜひ観たいのだけれど、
大阪は遠いな〜
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2012-05-16 12:30 | 劇団四季
おひな祭り
a0114345_16573294.jpg

たかこ@caramel milk tea『スフレチーズケーキ』


もうすでにぴんぴん元気になってますが、
先日miがインフルエンザに罹りました。
日曜日の昼過ぎに38.5℃の発熱。。
もしかしたらインフルエンザ?と思いつつも夕方には解熱してしまって、
月曜日も平熱だったのでフウツに登校。
が、火曜日の朝はまた調子が悪そうで37℃台の微熱アリ。
チチに頼んで小児科を受診してもらったら・・
『B型です』
あちゃ〜
それからは微熱と食欲不振はあったけれど比較的元気で、
熱が下がってからは暇を持て余してました^^;

学校をお休みしなければいけない間、
ハハは、午後だけ半休をもらって、午前中はひとりで留守番をしてもらいました。
おかげで、思いがけず時間に余裕があったので、
パンを焼いたり、クッキーを焼いたり、miのリクエストで↑のチーズケーキを焼いたりしましたが、
食欲のふるわないmiはどれも反応が悪く・・・
一番好評だったのは、インスタントコーヒーと粉寒天で作ったコーヒーゼリーでした(汗)
シンプルが一番ね。。

同時期に、taの学校も学年閉鎖があったし、
周りでも学級閉鎖の話しを聞きます。
まだ流行しているようですよ。
お気をつけ下さい。インフルエンザ。



a0114345_7451323.jpg



今日、おひな様を片付けました^^;
片付ける頃にひな祭りの話題をアップしてるようではいけません〜

いつもは『まだいっか』とぎりぎりに飾って、
慌てて片付けるおひな様ですが、
今年はmiのインフルでもらったお休みのために、
比較的はやく飾りました。
『今年ははやいね!』ってmiにも言われましたよ(汗)

おばあちゃんが送ってくれたお団子に、
ひなあられ、
ちらし寿司、
小嶋ルミさんの“卵ロール”は、クリームに冷凍クランベリーを混ぜてピンクのクリームにしました。
ちょっとはおひな祭りらしい食卓に。


ひなあられは、美味しいんだけどあの細かいお米が食べにくくて、、
と思ってたら、
大玉だけのひなあられを見つけたので買ってきました^^
ちょっと贅沢な気分だったのに、
miには『ひなあられきら〜い』と言われ・・・
taとハハで全部たべました^^;


わが家のおひな様、
飾るのが大変だから遅くなるのではありません。
やる気になれば5分で飾れます

だって、


a0114345_16573325.jpg



ほら、こんなにコンパクト(笑)


どうにもいい写真が撮れないので、
ずーっと前の写真を^^;
新しい家族が増えたのではありません。miですよ^^

母がmiの初節句に贈ってくれた、
手作りのおひな様です。
これにお道具がもう少しついてます。

かなりシンプルですが、ワタシもmiも気に入っています。
だって、無精なワタシのこと、
7段飾りだったりしたら、3年に1回くらいしか飾らないかも?(笑)

先日会った友人kiちゃんと
『うちのおひな様もお母さんが作った木目込みのおひな様だよ』って話になりました。
きっと、木目込みカルチャースクールが流行った時代だったんだねー。
そして、
『そのうち3人官女や5人囃子を増やすって言ってたけど、一向に増えない』って話も一緒だったよ(笑)

それにしても“おひな祭り”

おひな様飾って、ちらし寿司たべて、、
いつもそれだけで終わっているけれど、
↑の写真を見ていると無事に育ったことを感謝したり、お祝いする気持ちを忘れてはいけなかった。
と終わってから思いました^^;



a0114345_16573154.jpg

月居良子『おんなのこのワードローブ』より“カシュクール風ワンピース”140センチ



ひとつ前のエントリーデ<ジャムロール>の下に敷いていた生地。
ちゃんと形になりました^^;
そのまえに何年も熟成させてますけれど・・
rick rackさんの起毛フランネルだと思います(もう記憶もあいまい)

小学校には絶対にスカートは着ていかないmi。
ワンピースだって作ったのはだいぶしばらくぶりです。
ちょっとお出かけするに着せる服を作りたかったのと、
たっくさん持ってて眺めるだけになっている洋裁本。
気付けばほとんどが130センチまで、の中で、
月居さんの本は140センチまで掲載されていたので、
これはいま作らないとこのままお蔵入りだよーってことで作りました。

洋裁本についてくる、線がたっくさん重なったパターンが大の苦手なワタシですが、
今回もやっちまったらしく、、
前スカートの身幅がなぜか大きい。。
どうも写し間違えたらしいです。
もったいないのでギャザーを寄せてそのまま使いました。
なので、本中のサンプルよりちょっと可愛らしい感じに仕上がってます。
もともと140ではちょっと大きく、さらにギャザーのせいで余計にぶかっとしてますが、
これはこれでアリかなと^^;
久しぶりにこんなテイストの服を着たmiですが、
なかなか可愛いのですよ。
もっと着てくれるといいのですけどね。


a0114345_16573124.jpg


白ダッフルの裏に使ったプードルファーでティペットを作りました。
バンビファーよりも断然楽に作れました。
バンビちゃんは、長い毛を巻き込まないように縫うのがちょっと大変なのですけれど、
プードルちゃんはそんなことまったく心配なしの毛足の短さ^^簡単です。

新しいミシンではじめてファスナー付けをしました。
どうも上手くいかなくて何回もやり直しをしました。
コンシールファスナー用アタッチメントも買ったのに、
やっぱり慣れないから上手くいかないと思っていたら、
やり方が間違えていたようです^^;

なんとか付けちゃってから気付いたので、
適当にごまかしてそのままにしてしまいました。
アップはきついです^^;

もう梅の花が咲くのに、
まだ冬物を作っているのですが・・

どうやら明日はまた真冬の気候なんですって!!

インフルエンザと花粉症と温暖差、
みな様も体調管理には十分お気をつけくださいマセ♡
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-03-07 00:56 | ソーイング
フレール?フルール?フロール!!

『秋がない』

今年はそんな風に言われていますけれど、
本当にそうですね。
ついこの間まで暑かったのに、、
寒さに耐えきれずついに床暖房スイッチオン!
まだ扇風機が出しっ放しなんだけれど^^;


a0114345_16542368.jpg




職場後輩ちゃんが買ったロールケーキの本。
あんまり上手く作れなかった・・とのことで、
ワタシがリベンジしてみることに。

先輩としてのメンツを保つためにも失敗は許されません。
慎重に慎重に作りました。

が、なんか変ですねぇ?



巻き終わりの位置を勘違いしたみたいで、
横向きですわ(ぷっ)
慎重に作った割には最後の最後でいい加減・・
急いでたもんで^^;



正解はこちら


a0114345_12281311.jpg




『ふんわりロールケーキ—幸せのフロールとミニフロール 』



ワタシは今回はじめて知ったのですけど、
まぼろし(?)のロールケーキ『フロール』
フロールが覚えられなくて、フレール?フルール?
カタカナが頭にはいらなくなる。。エイジングか?

京都にあるお店でも予約でひとり2本しか買えず、
地方発送はしていないので、
遠方の方が口にできるチャンスはほとんどなし、
だからお家で作ってみてね。
という本です・笑

フロールの最大の特徴は、クリームだと思います。
生クリームとホワイトチョコを混ぜた“ガナッシュクリーム”を使います。
温めた生クリームでチョコを溶かし、冷蔵庫で一晩寝かす。この“寝かす”重要のようで、
前の日からの準備がいるのは要注意です。
また、生地(本ではビスキュイ)は、タマゴを別立てします。
少しの砂糖を加えた卵黄をよ〜く泡立てます。卵白と同じレベルまで泡立てるのがポイントだそうです。
逆に卵白は泡立てすぎない。
フロールのビスキュイはこのタマゴの泡立て具合がかなり重要のようで、
作り方のDVDまで発売しています。

で、ワタシのフロールはどおだったかと言うと、
卵黄の泡立てはやはりちょっと足りなかったかも・・
手で泡立てたので疲れちゃって途中であきらめちゃった^^;
卵白はいい感じのところで止めといた。
後悔ポイントは、粉を混ぜる段階で混ぜ過ぎだったかな・・

本の写真と見比べると一目瞭然ですが、
生地のフワフワ感がありません。
う〜ん、、むずかしい。
クリームはホワイトチョコが入っているぶん、しっかりしていて、かなり巻きやすいです。
でも、生クリームではなくてガナッシュクリームというところが、
好き嫌いの分かれるところかな。。
濃厚なので、一切れ食べれば満足☆なお味です。

本物を食べられないので何が正解なのか分からないのだけれど、、
上手く作れれば、かなり本物に近い味が出せるそうですよ^^
ポイントを忘れないうちにリベンジしなくては!



作るのも勉強だけれど、
たまにはプロの味を試すのも勉強ってことで、


a0114345_17133527.jpg



こちらは、taの学校の近くに開店した『sweets garden YUJI AJIKI』の“安食ロール”

自分で頻繁にお菓子を作るようになってから、
あまりケーキを買って食べようという気にもならなかったのですが(高いし)
こちらのケーキは一度食べてみて
『ここのは美味しい♡』と感動したお店。
それも当たり前、調べてみると“安食シェフ”はかなり有名なお方らしい^^

“安食ロール”は食べてみて、
プロの仕事はやっぱり違うなと思いました。
まず生地が柔らかい♡
生クリームが美味しい♡
あの生クリームはどこかで手に入らないのかしら。。
生クリームのなかに、カスタードクリームが仕込んであるのですが、
こちらは普通かな。
賞味期限は発売当日。
食べきれなくて次の日にも食べたのだけれど、
あの感動したフワフワ感がなくなっていたので、
やっぱり当日中に食べたほうが良いみたいです。

お値段は¥1,250と他のケーキに比べるとかなりお得感あり♪で、
安食シェフの味を堪能できるので、かなりオススメです!!




今年も紅玉の季節になりました。
売り出しの時期が短いので、
毎週、ひとパックずつ食材宅配で頼んでは冷蔵庫に常備しています。


a0114345_17134519.jpg


たかこさんの“毎日のように焼き続けてやっと見つけだした”ぜったいおいしく作れる焼き菓子レシピより
『カラメルりんごのタルト』


ちょっと焼き過ぎでちょっとこげちゃったので
粉糖をたくさんかけたら真っ白になっちゃいました^^;
クオカの『なかない粉』
「なかなか溶けない=なかない」なのだそうで、
その名のとおり、水分の多い素材にかけても溶けにくいそうです。
だからこのタルトも真っ白のまま(笑)
以前、もっと容量の多いものを買ったら使いきれなかったので、
このクオカの【poco!】シリーズはちょっと欲しいものにとっても使い勝手がいいです。


a0114345_17142560.jpg



りんごのカラメリゼが足りなかったようで。
カラメルは感じられず、、
普通に“りんごのタルト”でした^^;


まだ使い続けている、底の抜けない20㎝タルト型。
やっぱり底が抜けるのがほしい(18㎝ね)新しいのを買わなきゃな。



a0114345_17125428.jpg


なかしましほ『おやつですよ』より
『りんごのケーキ』

紅玉を使った簡単なお菓子を食べたいなとこちらをチョイス。

粉は全粒粉、砂糖はきび砂糖、油脂はなたね油。
たっぷりのりんごと去年漬けたラム酒漬けフルーツを入れて、
まぜるだけの簡単レシピ。

生クリームやバターたっぷりのケーキもいいけれど、
なかしましほさんのお菓子を食べると、
『やっぱりこっちだな』と思う^^
手作りにしか出せない味。
朝ご飯にだしても食べられるあっさり味。でも深い^^
ほっとする味です。


-----


夏は暑くて、冬は寒くて、
今が一番夜を有効に使える季節だというのに。。
Macを開くと襲って来る眠気はいったい。。zzz
このエントリーも写真だけとりあえず投稿したのが10月25日。
一週間以上も放置してしまった(汗)

とうとう11月に入ってしまって、
miに『ドレスは?まだ作らないの?』とプレッシャーをかけられてるの^^;
そろそろ取りかからないとやばいよね。
今年の発表会は11月の最後の週なのです。

ワタシはパンとお菓子、洋裁の波がじゅんぐりに来るようで、
今は明らかにお菓子・笑
パンもHB以外で作ってないぞ。
さあ今日からお菓子はしばらく封印して、
ミシンに向かわなきゃな。

でも、今日また来ちゃった。
パルシステムから紅玉6個♪
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-11-03 13:51 | パンやお菓子
秋の味覚

千葉に第2の住まいを持つ叔母から、

a0114345_6313713.jpg


栗が沢山送られてきました。
箱の半分はいがぐりでした。
実は、ワタシ、いがぐりを初めて触りました。
痛いんですね!!

面白かったのは、イヌ達が興味津々で、
鼻にいがが刺さりながらも果敢に戦いを挑むのです(笑)
でも、あぶないので取り上げました。

叔母は、古い農家の家を買い取って、
平日は横浜、週末は千葉という生活を送っています。
まえの持ち主さんが植えた栗の木が今年は豊作だそうで、
とても自分たちでは食べきれず、思い当たる知り合いには送り尽くし、
そしてわが家にもお鉢が回ってきたということです♪


その前の週には、
茨城に住む叔母にもらった栗で
はじめて『渋皮煮』に挑戦してみました。


a0114345_13264412.jpg


ワタシは栗ごはんが大好きで、今シーズンも2回ほど作ったのですが、
miはあまり好みじゃないようで、
『栗いれないで、ごはんだけちょうだい』とか言うので(それじゃ栗ごはんじゃないじゃん!)

一度は作ってみたかった『渋皮煮』に挑戦してみました。

作り方は、『こちら』を参考に、圧力鍋で作りました。
圧力鍋を使うと、加熱時間が短くて、渋抜きも一回で済むのが楽なのだそうですが、
栗を傷つけないように鬼皮を剥いたり、渋皮がなるべく薄くなるように掃除したり、筋を取り除いたりする作業はは省略できるわけではなく・・
根気がいる作業でした^^;

このレシピはかなり薄味に仕上がるので、レシピで紹介されていた、
グラニュー糖をまぶしてマロングラッセ風に食べる。をやってみたら、
miにとても好評でした^^

正直、もう面倒くさいから今シーズンは栗はいいやと思っていたところに、
またまた新鮮な栗を沢山いただいちゃったので、
↑の千葉栗は、2回目の『渋皮煮』となりました。
2回目の作業はちょっと馴れてきたようで、ほとんどの栗に傷をつけずにきれいに剥けました^^
沢山できたので、瓶詰めにしました。今度お菓子に利用しようと思っています。




この時期はお芋も沢山あるんです。

今年のじいちゃん(ワタシの父)の畑のサツマイモは、
去年作ってお気に入りになった、小ぶりで味のいいサツマイモ(名前を忘れちゃったっ)にしたそうで、
毎年、一本で何人分の芋天が出来るんですかっ!てな大きいサツマイモに悩まされていたので、
大変ありがたい。
蒸して食べるだけでも水分が少なくてほくほくした美味しいサツマイモなのだけれど、

小振りなサツマイモが手に入ったらぜひ一度作ってみたかったものを作りました。


a0114345_13264469.jpg



ただのスイートポテトなんですけどね。
丸ごと加熱して、
中身をくりぬいて、皮を型にするんです。
大きいサツマイモだと、まず火を通すのが大変だし、巨大なスイートポテトになっちゃいます。
(そういうのも売ってますけどね^^)
なので小さいサツマイモで一度作ってみたかったのですけど、、
皮に傷をつけないようにくり抜く作業がなかなか大変でした(汗)

だからもう満足・笑

次はアルミカップでいいや(笑)


こちらも、洋梨の出回るのを待って、
満を持しての登場♪

a0114345_13264222.jpg



『洋梨のタルト』

洋梨は今年は作柄が今イチなようで、
食材宅配で注文した4こセットのうち、
2つしか届かなかった。。

taに『そのまま食べたい!!』って抗議されたのだけれど、
だって、タルトつくるために注文したからさ、
無視^^

届いたときにはまだ固かった洋梨。
“洋梨は追熟”って思い込んて室温放置すること5日間。
いい感じに柔らかくなってきたところで、
レシピを確認。
『タルトに使う洋梨は、そのまま食べるには固すぎるくらいの洋梨がオススメです』
が〜ん。。だよね、そうだようね。
火を通すのだから、固いほうがいいよね。
出だしからしくじったけれど、、楽しみにしてたから、
続行。

レシピは、たかこさんの
“何度も試作してようやくたどりついた”ほんとうに作りやすい焼き菓子レシピより

たかこさんのタルト台は、フードプロセッサーを使って簡単に作るクッキー生地。
砂糖を入れ忘れて、まとまってしまった生地を更に回すという、
信じられない失敗がありながらも、なんとかまとまりました(汗)
どうしてこう、毎回毎回失敗を繰り返すんだろうね、ワタシ。

このレシピのタルト生地は、18センチタルト台2個分をまとめて作って、半分使って、半分はストックするんですけどね、
なんかいつも半分では足りない気がして、
2/3はタルト台で使って、残りはクッキーにしたり、小さいタルトを作ったりしてたんです。
ずっと不思議に思っていたのですが、
今回、ふとタルト型を裏返してみてびっくり!!
『20㎝』
思い込みは恐ろしい・・18センチだと思ってた^^;

ついこの間もシフォン型で同じようなことをしたばっかりなんだけど、、
わが家のケーキ型は、どれも年代ものなので、
大きいのばっかりなんです。
実家は家族も多かったし、大は小を兼ねるだったからなぁ^^;

型ばっかり増えて収納問題も頭が痛いのだけれど、
この20㎝タルト型は底が取れなくて使いにくし、
新しいのを買おうかな。

熟した洋梨を使ったタルトは、
やっぱり洋梨は柔やわで、イマイチでした(哀)
でも、タルトには一個しか使わなかったので、
めでたくtaのお腹に入った生洋梨は、
実に食べごろでした^^


a0114345_13264373.jpg


ベランダに植えた“センニチコウ”の種をせっせと集めています。

自然に落ちた種で簡単にまた芽が出るそうですが、
今回はプランター植えしてしまったので、
来年用は庭に植えるべき種を採ってます。
ネットで調べたところ、花が咲き終わる頃、うにょーっと伸びて白くなってくる部分から種が採れるとのこと。
(でも、花に見えるのは実は花じゃないそうで、花はその先にちょろっと小さく咲きます)
花びら(のうようなもの)を1枚1枚はがして、綿毛を取り除くと種がでてきます。
これが細かいっ!!

馴れてくると楽しくなって黙々と作業してしてしまうのですけど、
疲れた・・
一応、花の色ごとに分けて、来年のお楽しみ^^


渋皮煮を作ったり、花を触ったりで、
気付けば、しわに灰汁が入り込んで真っ黒に。
仕事の内容上、爪を伸ばしたり、派手なネイルは御法度で、それ幸いと何もしてこなかったのだけれど、
これはひどいかも。
昼間のテレビで見たネイルサロン経営の奥様は、
『保湿クリームを塗って、ビニールの手袋を付けた上に、洗いもの用のゴム手袋をして、
熱いお湯でお皿を洗えば、ほらしっとり♡』
って言ってたよ。。

でも、ゴム手袋じゃあ栗のスジは取れないんだよね・・・

いやいや、日々の忙しさにまぎれて、面倒くさいからでは美しくはなれないということ。
キレイを意識した努力は必要さ。
働くお母ちゃんの手もいいけれど、
もう少しちゃんとしようかなと思う今日この頃^^;



**きょうのワンコ**

a0114345_13264311.jpg


身体がちっちゃいからか、
丈夫なハリーに比べると、
ちょこちょこ心配させられることが多いりん。

胃腸の具合がよろしくなくて、しばらくドッグフードをやめて手作り食にしてました。
元気になったと思ったら、
さっきまたケロっとリバース。

昨日見つかったボロボロになった歯ブラシのナイロン毛、
たくさん出てきたよ^^;
ちっちゃいせいじゃなくて、

なんでも食べちゃうからでしょー(怒)
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-10-21 18:06 | パンやお菓子
学園祭2010

a0114345_1701119.jpg



22日は十五夜でしたね。
miが学童でお友達と『カニいるよ!』と騒いでいました。
どうやら、中国では、月ではうさぎさんがお餅つきしているのではなくて、
蟹がいるというのだそうです。

どお見てもカニに見えて来ないワタシは、
子どもの心を失ってながいからかしらん?

月を撮影するときの設定を、いつも忘れてしまうのでこちらに覚え書きを。
『200mmレンズを使用。シャッタースピード優先モード。1/320。ISO200。ホワイトバランス「曇り」』
こんな感じだった。かな?



a0114345_1701086.jpg


ここしばらく、シフォンケーキを繰り返し焼いていました。
5、6回焼いたでしょうか。
miにも『またぁ?今度は上手くできたぁ?』と言われるしまつ・・


taの学園祭に向けての練習なんです。

夏休み前、プリントが届きました。
『バザー提供品2点、手作り品1点を提出してください。
焼き菓子を提供していただける方もよろしくお願いします!』
う〜ん、強制とか言う感じではないけれど、、
バザー品は絶対って感じ。
手作り品は半強制ってか?

何せtaが中学校に入学して初めての学園祭。
何をどんな風に用意すればいいやら・・
とりあえずバザー提供品は、いつかこんなこともあろうかと、
箱にいれたまましまっておいた漆器セットとタオルをだすことにして、
さて、手作り品は何にするか。。

悩むより聞けってことで、
バレー部仲間でクラス役員のお母さんにメール。
『なに作ればいい?(要約)』に、

先輩役員の方に聞いてもらってからのお返事。
『手作り品は、ほとんどの保護者の方が出すようです。
プロ級のものもあれば、「あらっ?」という感じの物も・・^^;
何でも結構ですよ、お気持ちですから〜♪^^
焼き菓子提供は、今年は数が少なそうなので、
出していただけると助かります。だそうですー。』
とのこと。

う〜ん。。
一応、趣味が洋裁とお菓子作りなんて言っちゃってるし、
こういうときに協力しないで、いつその趣味を生かす?って感じですよね。
なので、今年は両方に出してみる事にしました。

さて、何作りましょうか。
わが家の子ども達は、公立保育園、公立小学校育ちなので、
実はワタシ、バザーなるもの初体験なんです。

母には『帽子でも作ったら?』
なんて言われてたけれど、サイズとか好みとか難しいしなー。
これから6年間(中高一貫です)あるし、
あんまり最初からハードルあげるのもね、ってことで
手頃なところでシュシュにしました。



a0114345_1701864.jpg




夏頃から、暇を見つけてはコツコツ編んでましたが、
やっぱり追いつめられないと本気になれない一夜漬けタイプ。
提出締め切り日に一気にふたつ編み上げました^^;
一段目こま編み100目くらい(適当)→2段目長編み→3段目くさり編み3目ずつこま編みでとめる。で
4つ作りました。

せっかく作ったらどおしても買って欲しいので、
こそくにラッピングを施して、
ちょっとでも見た目をグレードアップ^^;

『参考値段』を書いて提出するのですが、
悩んだ末、係りの方にお任せすることにして空欄で出しました。
無事にお嫁に行けますように(祈)



さてさて、手作り品を納品してほっとしたら、
次は焼き菓子ですよ。

最初は、メロンパンでも焼こうかなーと思っていたのですが(一気にたくさんできるし)
この夏の狂ったような暑さのせいでの数々の失敗を経験して、クッキー生地は危険だと判断。
簡単で、材料もシンプル、万人受けする(?)シフォンケーキを作る事にしました。

シフォンはいろいろレシピを持っていたので、
練習をかねた試作でいくつか作ってみたのですが、

一番大きな発見が、ワタシのシフォン型が17センチじゃなかったこと(笑)
シフォン型の底辺サイズが17センチだったので17センチ型だと思っていたのですが、
どおも17センチ用レシピだとイマイチ膨らみが悪い。
そこで、たかこさんの21センチ型用レシピで作ったところ、
型から大きくはみ出すほど膨らみました^^

あと、シフォンナイフは必須アイテムってこと。
シフォンケーキ専用ナイフってのが売っています。
評判は聞いていたのですが、わざわざ専用ナイフなんて贅沢かとおもって買わずにいましたが、
今回はいい機会と思ってクオカで購入しました。
シフォンはちゃんと膨らめば成功への第一歩、
次の難関は型外しです。
せっかくよく膨らんでも、型はずしで失敗すると台無しなんです。
今までも何度となくこの失敗を繰り返してきました。

シフォンナイフスゴいです。
ナイフといっても歯はなくて、パレットナイフを細くして、シフォン型の高さに合わせた長さの物なのですが、
これをシフォンと型の間に差し込んで、
型を削るような気持ちで一気に(ここ重要)一周します。
馴れるまで少しかかりましたが、コツを掴めばとてもきれいにできます。
↑はまだシフォンナイフを入手していない時か、使い馴れていなかったときなのか、
きれいにはがせてませんね。
型外しが安定してできるようになって、ちょっと上達したような気分になりました。


a0114345_1702851.jpg



販売予定日の前日にバニラシフォンを1台焼いて、
当日にバナナシフォンを1台焼きました。
バニラシフォンは17センチ型用のレシピで少し小さめに焼き上がったので7つにカット。
バナナシフォンは8つにカットしました。

(バニラシフォンのレシピはコチラにお世話になりました→「4」のシフォン:卵黄4こ、卵白4個で無駄がありません)

学園祭は10時開始だったので。10時には持って行こうと思っていたのに、、
ラッピングに思った以上に時間がかかって、、
結局予定を1時間オーバーしました。
あせって、焦って、写真も手ぶれる^^;

事前に約束した一台ぶんを納品すればよかったのに、
ちょっと欲張って2台にしたのがいけなかった。。
完全にキャパオーバー。
ワタシっていつもこう、、もう来年はやめておこうと後悔する。


早く持って行かなきゃ売れ残っちゃうよぉ(気になるのはやっぱりソコ)


汗びっしょりかいて、役員さんの待つ納品場所へ・・
『一年○組のtsunatamです。遅くなってすみません〜汗』と持って行くと、
『あ〜!!tsunatamさん?お待ちしてましたぁ♪きゃ〜!美味しそう♡!!
もう今日は品薄で、こんなに沢山ありがとうございますぅ!!』
とハイテンションで迎えられ、
その瞬間に『来年も頑張っちゃおうか』とおだてられりゃ木に登るワタシ♪

実はですね、先のシュシュ納品の時に受け取ってくれた役員さんが全くの無反応だったのですよ。
『ありゃ、ワタシすべっちゃった?』と思ってちょっと凹んでたわけです。
手作りって自己満足の世界なんだけど、喜んでもらえてなんぼな訳なんで、
お世辞でも、かわいいとか素敵とかいう言葉でやりがいが増すもんです。
小心者のワタシは、怖くて(売れ残りが)バザー会場に入れなかったくらい・笑

シフォンの反応に気を良くして、バザー会場にも足を踏み入れることに(笑)
似たようなシュシュはあったけれど、どうやらすでに売れたようでした。ホっ
いくらで売ってくれたのかはわかりませんが、他のシュシュが300円で売っていたので
たぶんそれくらいだったのでしょう。
バザーに出した不要品も売れたようです(そこまでチェックする嫌らしいワタシ^^;)

シフォンも見に行ってみようかなーと思ったら、
別の手伝いに出ていたチチが『もうひとつしかなかったよ』と写真まで撮って見せてくれました。
『うちの奥さん作ったやつなんで』って撮らせてもらったそうで(爆)

その写真見てびっくり、一切れ150円で売ってたようです。
50円出してもらえればいいかなーと思っていたので、ちょっとぼったくりの感がありますが。。
よかったよかった。
そこに、お友達と回っていたmiも戻ってきて
『ママのシュシュもうなかったよー!!』と^^;
みんな心配してくれてありがとよ。


a0114345_1153137.jpg


最近入手したポケモンブラックに興じるmi。
バザーに出したシュシュと同じものです。
納品したブルーのうちひとつ(↑の写真手前)が目が少なくてフリルが少なかったので、
締め切りぎりぎりまで編んでいたのに間に合わなくて、miのものになりました。

お嫁にいったシュシュも、今頃、知らない誰かの髪の毛に結ばれているかと思うと嬉しいものですぅ^^


長々とハハの学園祭苦労話を綴ってしまいましたが、
taの様子はというと、
クラスの出し物、バレー部の模擬店、バレー部の練習試合と
まあ始終忙しそうで、楽しそうでした。

ワタシは、『保護者お手伝い志願表』をtaが提出し忘れるという失態のお陰で
(ほんといい加減にしてほしい・・涙)、
納品が終わったら暇だったので、生徒さんのピアノ演奏やら、吹奏楽部の演奏やらその後はゆっくり楽しめました。
一番よかったのは、taがちゃんとバレーボールをやっていたのを見れた事かな。

『一年生どうしの招待試合があるから見に来てね〜』と言われ、
運動神経の発達がいまいちのtaがどんなバレーをするのやら、、
期待10%不安90%で見に行ったら、
ちゃんとサーブは入っているし、トスみたいなの(笑)もあげちゃったりして、
スパイクはネットにひっかかったけれど、
意外や意外、練習がんばっているだけあって、バレーボールしてましたよ!!
もっと哀れな姿を想像してたので(酷いハハ)
いやいや満足、満足、息子の成長を感じました。

miの運動会、taの学園祭と9月の大イベントが無事終了してホッとして、
気づけば10月がすぐそこに!!
2週間まえにはうだるような暑さに悩まされたのに、
なんだか肌寒い毎日で、
寒暖の差に体がついていけないですよね。
どうぞ皆様もご自愛くださいませ☆
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-09-24 17:04 | パンやお菓子
あんずのタルトを作る。

カエルぱんいっぱい^^

a0114345_0324090.jpg


以前、失敗したカエルぱん
は発酵途中に目玉がぽろぽろと落下して、耳になりました。
もう一度、本家本元のvivianさんの
カエルバーガーを観察しましたところ。
どうやら、目玉をまるパンのてっぺんに二つくっつけて乗っければよさそうだと学習。
今回は自信を持って『かえるさんだよ〜!!』と言える仕上がりではないでしょうか?!
ちょっと水分が少なくて、固めのパンだったのもよかったのかもしれません。


a0114345_0325358.jpg


本日のお客様は、
大学時代からの親友Jyちゃんとその娘ちゃんふたり♪

Jyちゃんがお家から持参してくれた手作りコロッケを挟んで、
本日のメインは『カエルさんのコロッケバーガー』です。

クーラーバッグで運んでくれたコロッケ種をわが家のキッチンで揚げて、
千切りキャベツとたっぷりソースをかけて戴きました。

う〜ん!美味しい♪♪


Jyちゃんとは旧姓が一文字違い。
お互いごくありふれた名字で、大学のクラスにはそれぞれ同姓が他にも2〜3名。
出席番号順に並んだ健康診断で、間にはいっていた男子が抜けたら、ワタシの後ろはJyちゃんだった。
そこから始まった大事な縁。

授業も休み時間もサークル活動も一緒♪
実習などが忙しくなり、実家から通いきれなくなった入学から半年後には、
アパートをシェアして一緒に暮らし始めた。
4年間、朝から晩までふたりでくっついていたけれど、
ケンカをした記憶もない(ワタシには・笑)

Jyちゃんは3人姉弟の長女でワタシは3人兄妹の末っ子。
のんびりおっとりだけどしっかり者で慎重なお姉ちゃん気質のJyちゃんと、
わがままいっぱいで甘え上手、行き当たりばったり、とりあえずやってみちゃおうな末っ子気質のワタシ^^;
そんな組み合わせがよかったのかな?


生活環境や価値観が似ていて、
一緒に暮らすことにはほとんど問題はなかったけれど、
お味噌汁の具の切り方とか細かいけれどそれが意外に譲れない生活習慣に気づいたり、
Jyちゃんのお家の味を教えてもらって、いまではわが家の定番メニューになっていたり、
とか、他人と暮らすことの難しさや楽しさを勉強させてもらった貴重な4年間だった。

卒業してからはそれぞれ実家に戻り、就職して、
そして結婚、それぞれふたりの子どものおかあさんになった。

そうそう、そういえばお互い結婚したのも同じ年だったのだけれど、
半年以上かけて少しずつ確実に準備を進めていたJyちゃんのお式の日取りを聞いたのが先だったのに、
Jyちゃんの結婚式を待つ間に、たまたま話を聞いて見に行ったレストランが気に入って、
その日のうちに空いている日に予約を入れ、そして数ヶ月後には式を挙げてしまったワタシ・笑
そしてすぐtaを身ごもったワタシは、Jyちゃんの結婚式には少し目立ってきたお腹で一眼レフを構えて参列していた(爆)

『私のほうが決まったのは早かったのに!!』って言われたよ^^;


今はなかなか気軽には会えない距離に住んでいるJyちゃんが久しぶりに遊びに来てくれることになったので、

あれも食べさせてあげたいし、これも食べさせてあげたい。。と
まるで実家のおかあさん状態でメニューを考える。

で、作り上げたのは↓


a0114345_03385.jpg


・あんずのタルトと
たかこさんの“毎日のように焼き続けてやっと見つけだした”ぜったいおいしく作れる焼き菓子レシピより
・抹茶のスフレロール 
・グレープゼリー(クオカ)

何を作ろうか迷いに迷ったのだけれど、大人の好みを優先して選びました。
子どもたちのためにゼリーを用意しておいたのは大正解!
コレ、クオカの混ぜるだけのゼリーの素です。

『わあ♪ケーキ屋さんみたぁい』と喜んでくれたわりに、
まっさきに手が伸びたのは全く手間のかかっていないゼリーとフルーツだったので。。^^


a0114345_1257512.jpg



タルトには一週間ほどまえに作ったあんずのコンポートを使いました。
コンポートは、二つに割ったあんずに砂糖をつめて半日置き、火にかけるだけなのでとても簡単なのですが、
最後に皮をむくのが大変でした。
実がやわらかくて崩れてしまうのです。


a0114345_033225.jpg


でも、焼き込んでしまえば皮があるもないもよく分からなくなったので、
そんなに無理して皮を剥くこともなかったです^^;
かなり酸味のあるコンポートでしたが、甘いタルトとの組み合わせはバッチリでした。
生あんずが出回るのはこの時期だけ。
これからは毎年作ってタルトを焼こうと思います。

ロールケーキはたかこさんのスフレロールの抹茶版。
このロール生地、ふっくら&もっちりしていて食べた人にはこの食感に驚いてもらえます。
抹茶バージョンは初めて作りましたがなかなか美味しかったです。
おにぎり型になってしまっているのは、冷蔵庫で巻き終わりを下にして置いてなかったせいです(汗)


なんとか予定通りの料理を揃えましたが、
いやはや今回もバタバタでした。
『もう着くよ〜』のJyちゃんからのメールに、
『用意が終わらなくて、掃除とメイクは省略されることになりました』と返事したほど^^;

前日の夜から用意を始めたのですが、あまりに暑くてタルト生地がだれてだれてまったく使い物にならなくて、
なんとか焼いてみたものの、とても食べられる代物じゃなくて捨てました(泣)
当日の朝から、今度はたかこさんのフードプロセッサで作るタルト生地に変更して、
なんとか焼き上げました。
ロールケーキもカットしたそばからクリームがだれてくるし・・
この異常な暑さはお菓子には大敵ですね。
ゼリーまで溶けてしまったのには驚きました。


a0114345_0333477.jpg


今日のターゲットは、妹ちゃんのAsちゃん。
ぶどうを沢山もらってました。

Jyちゃん、Haちゃん、Asちゃん、暑い中来てくれてどうもありがとう。
今度はもうちょっと涼しくなったら来てね。
また、お腹がはちきれるくらいのお菓子作って待ってるよ♪


**きょうのワンコ**


a0114345_0334771.jpg


アツイっつーの。
布団かけんなよ。
だからこどもはキライなんだよっ。



ハリーは大人の女のヒトは大好き♡ですが、
子どもはあまり好きじゃないです。
噛み付いたり吠えたりすることは決してありませんが、
食べ物を持っている時以外の子どもには興味がありません。

ひじょうにメイワクそうな顔が笑えます^^


-------


a0114345_133044.jpg


食材宅配で、ワタシの好きな角寒天が取り扱われる季節になりました。
お豆腐白玉とあんずのコンポートに黒みつをかけて♪
チチは酸っぱ過ぎてあんずは食べられませんでした・笑
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-07-27 00:57 | パンやお菓子
9歳オメデトウ♪


miが9歳のお誕生日を迎えました。


a0114345_7364634.jpg


5月のわが家は、母の日からはじまって、
ワタシの誕生日、miの誕生日、その間にジツは結婚記念日、結婚式記念日があって、、
とイベント続き。
だからよけいに、自分の誕生日はおざなりに、、結婚記念日なんて、
大学からの親友にメールをもらうまで、気付きもしなかった(汗)

でも、miのお誕生日はそうはそうはいきません!
盛大にお祝いを!!

と言っても、いつもケーキ焼いてろうそく吹き消してだけのわが家。
今年もそのつもりだったのだけれど・・
お友達から『パーティーに行ってもいぃい?』コールが。。

『ぱぁてぃい?っていうほどのもんでもないけど、、どうぞ〜』^^;

子どもだとはいえ、お客様が来るのと来ないのでは、
ハハの気合いの入りかたも違ってきますワ。

さて、何を作りましょうか。
自分ちの子どもたちなら好みを知りつくしてますが、
ヒト様のお子さんが喜んで食べてくれるものを考えるのは難しいものです。

金曜日の夜から、
夕飯(カレーだけど)と平行してパンを焼き、
クッキーの生地を仕込んで冷蔵庫へ。
スポンジケーキが焼き上がった頃には次の日となっておりました。zzzz・・

土曜日の午前中はコーラスの練習があったので、
朝も早よから、パテを焼き、クッキーを抜いて焼き、
グリンピースの冷たいスープを仕込んで冷蔵庫へ。
ピザも焼きたかったけれど明らかにタイムオーバーであきらめる。。

ラップをかけて、ばたばたと出発。

急いで帰宅すると、パーティー開始まであと1時間、ひ〜泣
ケーキはまだスポンジ台のままだし、、
テーブルは片付いてないし、でテンパって目が吊り上がる〜^^;

そんなこんなで、
『ピンポ〜ン!』
お友達とその弟クン、ちいさなゲスト2名到着!

ピザのかわりに考えたメニュー、
miの大スキなたらこスパゲティー(困ったときはいつもこれ)
とハンバーガーを並べて、
『ハッピバースディはあとで!先に食べてて〜!!』^^;


a0114345_7362774.jpg



本日のメインディッシュは、
手作りハンバーガー♪
耳がついていますが、目指したのはコレ<カエルバーガー>
『coupe-feti』のvivianさんが作っていた“カエルバーガー”に惚れて、
真似したはずだったのだけれど・・
発酵の途中にぽろぽろと落ちて、
すべての目が耳に(爆)

『上手くいけば、カエルバーガーだよ』とあらかじめ言ってあったので、
『カエルバーガー、成功するかな〜』とmiも心配していた。。

あまりの予想どおりの結果に、
自分でもかなり可笑しい^^


どおすれば上手くできるのかしら。。
バンズ用型を使って、上だけに膨らむように制限できれば落ちないのかしら?


miは『くまバーガーになった』と言ったらそれはそれで納得してくれたし^^
ゲストは、パンにくっついたパーツにはあまり興味をもたれなかったようで、、
これはいったい何なのか?とも聞いてくれなかったし(汗)
カエルじゃなくても特に問題なかったです。
味は気に入ってくれたようでおかわりしてくれました。

くまバーガーと言うよりも、カババーガーかな?^^




a0114345_063795.jpg


子どもたちが食事中に、
せっせとキッチンでデコレーション。

miのリクエストは
あいも変わらず“チョコレートケーキ!!”
本当は、『木のケーキがいい♪』と言われたのだけど、
さすがに5月に<ブッシュドノエル>は勘弁していただきたい^^;

たかこ@cramel milkteaさんの
“何度でも食べたい、ずっと作り続けたい”まいにちの焼き菓子と特別な日のケーキ より
『黒いデコレーションケーキ』
確か去年もコレだった。

チョコたっぷりのレシピで美味しいのですが、
またしても、大失敗しました。
このレシピ、15センチ丸形用で少し小さいのです。
18センチで作りたいので、レシピを1.5倍量で焼きました。
前日の夜中、スポンジ生地の火の通りがわるい。
わが家のガスオーブンは火力が強いので、
たいていレシピよりも10℃下げた温度で、時間も短めで焼き上がります。
なかなか中心まで火が通らず、2度ほど追火して、
上面が割れてきてしまったので、さすがにもう大丈夫だろうと串で確認しないで
型から外したのが悪かった・・
みごとに真ん中からどろーっと生焼けの生地が〜(泣)

慌ててもどして、もう一回焼いたのですが、、
当然表面は汚く、スポンジも硬めに。
量を増やせば、焼き時間だって増やさなきゃいけないのは当たりまえ。
そんな事に気付かなかったなんて。。
ちょっと掴めたと思えば、こんなありえない超初心者的失敗をして、また振り出しに戻る。
なかなか前に進まないよ、ワタシのお菓子道。



a0114345_07089.jpg


これもお食事進行中にせっせと細かいパーツをつける地味な作業を繰り返す。

久しぶりの型抜きクッキーは、
かなり分厚い仕上がりとなり、
大きめ型を使ったので、食べごたえのあるクッキーとなりました。
お腹いっぱいで、
こちらはラッピングしてお持ち帰りしてもらいました。

ケーキだって、クッキーだって、もっと上品な仕上がりを目指しているのに、
クリスマスにも使った、
ハートやら星やらのデコレーション用砂糖菓子。
これのせいで、やっぱりなんだか上品とはかけ離れたお菓子に。
もうこれを使うのは最後にしようと心に決める(笑)


いろいろ失敗つづきだったけれど、
ゲストのお二人にはお食事からデザートまでおおむね満足していただけたようなので、
ハハはひと安心です。


このあと、女の子たちは、買ってもらったばかりのmiのお誕生日プレゼント↓

a0114345_737676.jpg


『レゴ クリエイター マイホーム 5891』で遊んでました。
かなりパーツも細かいけれど、
設計図をみながらmiがほとんど一人で作りました。
成長したもんだ!!

taは、学校から帰宅後、
お友達弟クンの持参した“ベイブレード”で
『スリー、ツー、ワン、ゴー、シュートっ!!』

中間試験まえの中学生、、大丈夫か?
ハハ不安・・・^^;
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-05-25 00:07 | パンやお菓子
キャラメル・カフェロール♪

はぁっぴ。ば〜すでぃ♪


a0114345_7254247.jpg


じぃ〜ぶぅん〜♪

先日、ついに大台に乗りましてね。
ワタシ♡
でも、母の日以上になにもなかったですよ。。寂
miでさえ、母の日で満足したのか、、
お手紙もなかったねぇ。

ので、自分でケーキ焼きました。
食べるときには『HAPPY BIRTHDAY TO YOU~♪』を強要しようと思っていたのに、
写真撮ったらすっかり忘れて普通に食べてしまいましたっ・笑

たかこ@cramel milkteaさんの
“何度でも食べたい、ずっと作り続けたい”まいにちの焼き菓子と特別な日のケーキ より
『キャラメル・カフェロール』です。

こちらのケーキ、この前一度作ったのですが、
ちょっと失敗しまして。。
でも、味は好評で、久しぶりにtaの『また作って!!』コールが!

今回はリベンジです。
インスタントコーヒーを混ぜて焼き上げた生地に、
キャラメルソースと生クリームを巻き込みます。
ほろ苦くて大人な味のロールケーキです。
miは『にがいっ!』と言って食べません^^;
いいんです。おこちゃまは!

前回の失敗は、
ワタシはどうも、スポンジ生地をまぜすぎることを怖がる傾向にありまして、
いまいちスポンジ生地があらく仕上がるのは、
“混ぜ”が足りないのでは・・とネットや本などをみて思いました。
で、今回はレシピに書いてあるとおりに“生地にツヤがでるまで”いつもよりしっかり混ぜました。

まあ!そおしましたら、キメの細かいいい生地に仕上がりましたよ。
そうかー、やっぱり混ぜは重要なのねぇ。。

生地はよかったのですが、
今回は巻き↑がイマイチですね〜。
巻き終わりからクリームはみ出ました(汗)
カットも美しくないし・・
簡単だけど奥が深いねーロールケーキは。。

キャラメルソースを作るのがちょっとひと手間ですが、
このキャラメルがいい味だしてます。
きっとプレゼントしても喜んでもらえそうです。


今回初めて、クオカで評判のいい『オーム』の生クリームを注文してみました。

ワタシの生クリームの第一選択は、
『中沢』の生クリーム。ちょっとだけお高めのスーパーに行けば手に入るので、
できれば中沢の45%か36%を用途により選択。
中沢が手に入らなければ、『タカナシ』の47%か35%
(いまネットで調べてみたら、43%や42%なんてのもあるんですね〜)
タカナシも無理だったら、『森永』(これは近所の酒屋さんで牛乳と一緒に売ってる・笑)。
どうしても今すぐ使いたくて、クリームを泡立ててそのまま使うお菓子ではないときは、
これで我慢。

それ以外のメーカーしかなかったり、植物性のクリームしかなかった時は、
そのお菓子を作るのをあきらめます(笑)

それくらい、生クリームはメーカーで質が違います。よね。
そこで、初体験の『オーム』。
普段『中沢』を使っているワタシは「びっくりするほど美味しい!!」ってほどでもなかったですが^^
香料や添加物で作った味じゃなく、
牛乳の味のするクリームで美味しかったです。
『中沢』と似た味だと思いました。
こちらのスーパーでは見かけた事がないので、
これから、クオカの注文とタイミングがあったときは購入してみたいと思います。

ただ、、配送の振動のせいなのか、
生クリームを通販で買うと、クリームが凝固してしまうことがあるんですよねぇ。

最初のキャラメルカフェロールがうまくいかなかった原因のもうひとつは、
クリームを開封したらすでに凝固していた。ってのもあったのです。
使えないわけではないのですが、そこから泡立てたら、泡立てすぎてぼそっとなってしまいました。
この時は自分で買って運んできたのですけどね。
自転車がいけなかったかなぁ。

脂肪分の高いクリームはしょうがないみたいですね。
なので、生クリームを開封するときはちょっとドキドキします。


家でのお誕生日はさらーっと終わりましたが^^;
お友達からはプレゼントをいただいたり、メールをもらったりしました。
ヒトの誕生日や記念日がまったく覚えられないワタシ(汗)
ちゃんとワタシの誕生日を記憶して、お祝いしてくれる♪
その気持ちがとっても嬉しかった。
みなさん、どうもありがとう。
気持ちと、なるべく外見も、、
若くいられるようにこれからもがんばります!^^



なつ日の今日。
こんな日に暑苦しい画像で恐縮ですが・・


a0114345_72606.jpg
a0114345_7261572.jpg



WHISTLE@さんの『LOVE』を編みました。

miの『LOVE』をほどいて編み直し、お義母さんにプレゼントした『LOVE』
コチラ
を見て、『私も欲しい』と言い出した2名に。

ブルーが姪っ子で、ピンクが母のです。
母はワタシが自分用に編んだものを愛用してくれていたのですが、
『糸が伸びてゆるゆるになったから、新しいのが欲しい』だそうです。
それぞれ好きな色(ルナモール)を選んでもらいました。
毛糸は取り寄せたものの、もう次の冬まで寝かしておこうかと思ったのですが、
毛糸在庫まで増やすと大変のことになるので、
ちょっと涼しかった日に仕上げました。
母には、遅い母の日に、季節外れの帽子をプレゼント^^;

ブルーの姪っ子用はちょっと小さく仕上がってしまいました。
なんでかな〜。。
もともと編み物が得意ではないワタシ。
編み目が安定しないのもそうですが、どうも編み図の見方がいい加減のようで、
同じものを編んでいるのに、なぜか毎回新しい発見があるんですよねー。
「えっ?ココこうだったの?」なんて。。^^;
どっか間違えたかなぁ?
おそらく、3つめのピンクの母用が一番正しく編めたと思われます(笑)

このお二人、頭のサイズがとっても小さくて、
モデルになってもらったmiが『きっつ!!』って言ってました。
(うちの子どもたち、頭デカイです)
それにしたって、姪っ子のはちと小さかったようなのですが、
ルナモールは結構のびる糸なので、
ぐいぐいっと手で伸ばして渡しました^^
もう毛糸を扱うにはつらい季節になっちゃったので、
編み直しするなら、また涼しくなる頃にね。



**きょうのワンコ**


ハハとのひっぱりっこが好きなのはハリー。
『遊んで』とおもちゃを持ってきたハリーに付き合っていると、
必ず割り込んでくるヤツがいる。

a0114345_7262866.jpg



コイツ(りん)


a0114345_7264127.jpg


2匹で遊んでくれると楽なのに。。
ハハが手を離しても、2匹で引っ張り合いっこしてくれるのは、
ほんのちょっとの間だけで、、
ハハと、遊びたいんだよね〜。
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-05-22 07:57 | パンやお菓子
GW


a0114345_9291231.jpg




雨ばかりだったこの頃の天気がウソのように
お天気に恵まれたゴールデンウィーク。

taは土曜日も学校があるし、
チチはちょこちょこと仕事にでるし、で
わが家のGWは、とくに遠出することもなく、
のんびり過ごしました^^





a0114345_9293318.jpg




ゴールデンウィーク初日の29日。
チチは仕事に出掛け、taは『勉強(宿題)があるから』とつれない返事。
暇なmiにせがまれて、女子チーム(りんはお留守番だけど^^)で出掛けたのは、

『横浜みなとみらい』

電車に乗ってしまえば30分程度で行ける
身近な観光地。
もっと近くにいくつもショッピングセンターが出来てしまった最近では、
特に用事でもなければ電車からのぞむことしかなく、
電車を降りて訪れたのは本当に久しぶり。

暑くもなく寒くもなくのお散歩日和。
ハリーやりんも連れてきてあげたかったねー。


そのみなとみらいで、
ランドマークタワーや大観覧車とともに、
シンボル的存在の
『帆船日本丸』
こちらも、桜木町の再開発が行われた頃から係留されていたのは記憶にあれど、
近くに寄ったこともなかった^^;

今回は思いついて乗船してみる事に。


おとな600円、こども300円の入館料が正直ちと高いな〜と思いつつ入ってみたのだけれど、



a0114345_9295132.jpg




今年で80才の“ご老船”とは思えない程
きれいに保存された船内は、どうしてなかなかみどころ満載だった。

寝転んでみてもいい、狭いベッドの船室や
長い航海中には、実際に虫垂炎などの手術も行われたという医務室。
激しい揺れでもお皿や調理器具が落ちないように工夫された調理室など、
とても興味深かった♪

実際に造船所の整備場だったというドッグに浮かべられた『日本丸』は、
揺れこそないけれど、船内の微妙な傾きは実際に海の上にいるような錯覚を覚えるよ^^



a0114345_930586.jpg



これは何ですかね〜?
様々なパーツ(部品?)なんかもレトロなデザインが可愛くて、
うきうきカメラを構える♪
こんなの撮ってるのワタシくらいでしたけど。。笑


a0114345_9302123.jpg



『日本丸』は商船学校の練習用帆船だったのですって。
54年間現役で活躍したあと、
みなとみらいに保存されることになったのだそうです。
最初はちょっと高いと感じた入館料は、
隣接する『横浜みなと博物館』にも入場できるという設定で、
じゅうぶん満足した体験でした。


『日本丸』を降りたあとは
博物館も見学したのですが、
miは気もそぞろで、展示物はささーっとスルー。
なかなかデザイン性の高いおみやげものを物色するハハをひっぱり、
『はやく、はやく!!』


なぜ?って。。
そもそもこの日みなとみらいにやってきた目的は。。


コッチだったのですよ。


a0114345_9303932.jpg


『よこはまコスモワールド』



『遊園地に行きた〜い!!』
と言われ。。
ディズニーランドやよみうりランドが候補に挙げられたけど(勝手に)、
朝、急に言われたって行けないって!

『乗りものに乗れれば良いんでしょう?』ってことで、
近場の、入園料もなくて、乗りもの券だけ買えばOKのこちらが選ばれたワケです^^

桜木町についてすぐにお腹いっぱいご飯を食べて、
miはすぐにでも乗りものに乗りたいと言ったのですが・・
いや、マズいでしょう、、回転は。。
ので、まず『日本丸』に乗船となったのです。

お腹も落ち着いてきたところで、
まず↑これに乗るそうです。

ふたりで出かけたのに、写真がある?・・のは。

そうです。
miひとりで乗ってます^^;
この娘、絶叫系マシーンが大好きで、


a0114345_9305450.jpg



これだって、こんな風になるのに、
きゃー!とも言わず、ニコニコですよ。。^^;
ワタシもジェットコースターは好きなのですが、回るのが苦手で、、
お金もかかるし、
ひとりで満喫してもらうことにしました(笑)



a0114345_9311094.jpg



これは写真を撮るのが難しかった・・
miがどこにいるかわかります?
他人様しか写ってないのが何枚も撮れましたよ。
これだって結構なスピードでぶんぶん振り回される乗り物。
『ばいば〜い♪』と笑顔で手を振る娘に、
ハハ、将来がちと不安。。^^;


この後、水の中にばしゃーんと落ちて水しぶきがかかる、という
遊園地には必ずひとつはあるジェットコースターには母娘ふたりで乗りました^^


この日はとっても風が強い日で、
観覧車もmiが一番乗りたかったジェットコースターもお休み。
それがとても残念そうでしたが、
『とっても楽しかった』そうです。

待ち時間はないし、帰りはお買い物もできるし、
手軽に遊園地気分を楽しむにはいいかも・デス♪



a0114345_9314079.jpg



たかこ@caramel milkteaさんの『チョコレートロール』。

チョコレートとアーモンドプードルが入った生地で生クリームを巻く、
とってもシンプルなロールケーキ。
ほろ苦くてコクのあるチョコ生地とプレーンな生クリームの組み合わせが絶妙で、
とっても好みな味♪

なのですが、巻きが難しい・・
だって、たかこさんだって、この生地はロールケーキには向いてないかも・・
とレシピに書いてあるくらいなのです。

で、ワタシ、、みごとに割れました。
まったく“ロール”にならず、“3つ折り”状態です(汗)
↑は、その割れた端っこをカットしました。

また食べたいくらい気に入ったのだけれど、
次は最初からカットしてサンドケーキにしようかなぁ・・
でも、もう一回だけ“ロール”にチャレンジしてみようかな。


a0114345_9315791.jpg


こちらは最近お気に入りに仲間入りした、
小島るみさんの『オーブン・ミトンのおやつなお菓子』より
『コーンブレッド』


一度イングリッシュマフィンを焼いたきり放置してあった
コーンミール。
これを使えるレシピだったので一度焼いてみたら、
とっても美味しかった♪

砂糖の甘さは控えめに、コーンミールの甘さとちょっと塩を効かせた食事にもよさそうなおやつ。

生クリームとバターが入るので決してヘルシーではナイよ!笑
そのままでも美味しいけれど、温め直してハチミツをつけて食べるのもおススメ。
すでに3回焼いて、
持て余していたコーンミールを使い切り^^
さて、クオカに注文しようか、どうしようかなぁ。


平日2日を挟んでまた週末。
9日までがゴールデンウィークなのかしら?
どこにも行かなかったのに何にも出来なかったな〜

でも、やっと花粉症が治まって、
シーツを一気に洗えたり、お布団を干してしまったり、
そんなことが出来たのが一番の収穫だったかな^^
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-05-07 14:15 | 日々のこと
横浜中華街へ。


a0114345_165196.jpg



たかこ@caramelmilkteaさんの
バナナケーキ。
なかしましほさんの菜種油中心のお菓子レシピや
パンばかり作っていると、
こういうバターケーキ系のお菓子のバターの量に腰が引けます^^;

これは、クルミもたっぷり入るので、
かなりなカロリーになるだろうと、、クルミは半量にしました。

バナナの入る焼き菓子は美味しいですよね。

ワタシは小学生の頃からお菓子作りを始めました。
母が働いていたので、
『お菓子つくって!』というと『自分で作りなさい』と言われたのです^^

その頃、お気に入りでよく作っていたバナナケーキのレシピは、
マンガの中に書かれていたレシピで、
ぶきっちょな女の子が、好きな男の子のためにバナナケーキを焼くというストーリーで、
その中にレシピも書いてあったのです。
ぶきっちょでも簡単に作れるケーキという設定だけあり、
とても簡単で美味しかったのですよ。
気に入って何回も作りました。

あれはなんていうマンガだったのかと、
ネットで調べてみたら・・

北川ゆうこさんの『バナナケーキのできばえは?』というマンガのようです!
1981年発刊となっているので、
年齢的にもぴったりだワ^^;
ネットってすごいな〜

小学生の頃から高校まで、
おこづかいのほとんどをマンガにつぎ込んでました。
何百冊ももっていたマンガ本、
引っ越しのときだったか一気に捨ててしまったのだけど、
今思うと、惜しいことしたな〜(笑)

バナナケーキのマンガがもう一度手に入ったら、
またあのケーキが作ってみたいな。

この記事を書いていたらそんなことをふと思い出しました。






a0114345_15331210.jpg



3月20日(土)(いつの話だよ・・・^^;)

ワタシの両親の金婚式、チチの両親の来年金婚式、
兄のお嫁さんのお父さんのお誕生日、
taの卒業&入学、姪の成人式
のお祝いを一挙にまとめて『お祝い会』
ってことで、
ひさしぶりに中華街へ出かけました。

このメンバーでの顔合わせは初めてでしたが、
じいちゃんばあちゃん達がみな仲が良く、
こんなメンバーでのお食事が実現できるなんて、
なかなか幸せなことではないかと思います。

せっかくの中華街の食事なのに、
どこのラーメン屋さんにでもあるようなチャーハンの写真(汗)
あまり良い写真がありませんで、、

姪がブログネタにと体を張ってくれたので、
杏仁豆腐の残りをどんぶりごとたいらげる写真を使わせてもらいました。
振り袖姿からは想像もできませんな^^;
(姪よ、載せたよ)


週末の中華街はもうまっすぐ歩けないほどの人出、
なのはいつものことですが、
甘栗の押し売りを断りつつお土産を物色していると、
お揃いのジャンバーを着た人たちが、
交通整理をし始めた。


どうやら、今日はなにかのお祭りがあるらしい。。


a0114345_15333128.jpg



媽祖祭(まそさい)という、
横濱媽祖廟開廟を祝うお祭りだそうです。

たまたま中華街の入り口、
善隣門前のベストポジションを陣取れました。

爆竹のすごい音とともに、
御神輿や龍が練り歩き、なかなか見応えがありました。
なにが迫力って、


a0114345_15334759.jpg


龍を先導していた、
このおじさんの迫力が、龍より勝ってたよ^^;


a0114345_21152547.jpg



いろいろな色のお獅子がきれいでした。
お獅子や龍をあやつったりしているのはたぶん中華学校の生徒さんだと思うのですが、
龍が立ち上がるときは、中で肩車してます。
すごい力技です。


a0114345_21155468.jpg



姪があたまを食われてました^^


この次の日から、
taはワタシの両親、じいちゃんばあちゃんと旅行に出かけました。
いつからの習慣なのか、
卒業記念旅行です。
ワタシも祖父母と3つ年上の従姉と九州旅行へ連れて行ってもらいました。

姫路で姫路城、岡山から瀬戸大橋を渡り、金比羅山、
広島で原爆ドーム、厳島神社を見学する3泊4日の世界遺産を巡る旅です。
taの希望を聞き、じいちゃんがすべて計画してくれました。

出発した日が暑かったので、
薄着ばかり用意して送り出したら、
その次の日からずーっと天気が悪くてかなり寒かったようです。
これは、失敗!
でも、原爆ドームなどは戦争の悲惨さをかなり身にしみて感じ取れたそうで、
いい旅だったようです。

帰りは名古屋からそのまま伊勢の祖父母の家で移動し、
長い春休みを満喫して帰ってきました。
楽しい春休みだったね。



**きょうのワンコ**


a0114345_21504911.jpg



ネムタイノダ・・・
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-04-03 21:52 | 日々のこと
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin