Top
タグ:なかしましほさん ( 13 ) タグの人気記事
Top▲ |
双眼鏡とオフステージトーク〜キャッツ
a0114345_1783962.jpg

なかしましほ『まいにち食べたい“ごはんのような”クッキーとビスケットの本』より
おからとチョコのドロップクッキー



娘miの小学校の近くにお豆腐屋さんがありまして、
地元に根付いたお店で、社長さんのお孫さんはmiの同級生です。
小学校との付き合いも長いようで、
3年生の大豆学習では、毎年子ども達がお店にお邪魔して豆腐づくりを体験させていただいています。

社長(といってもふつーのおじいちゃんですが^^;)は、ワゴン車に商品をつめて、
近所をまわり、
いつも決まったところで昔なつかしい“ぷー”とラッパを鳴らします^^
わが家の子ども達はこのお豆腐屋さんの『ゆば』が大好物で、
学童の帰り道でたまたま出会うと必ず買わされます。
買い物をするといつも『おみおつけにでも使って!』と油揚げを1枚おまけに付けてくれるのですが、
この前は『おからがあるよ〜食べる?』と出してきてくれました。
売り物かと思ったらタダでくれました♪
やった〜♪おから大好き♡

早速炊いておかずにしましたが、思いのほか沢山入っていたので、
なかしましほさんのレシピでクッキーを作りました。
クッキーの割には焼き時間が長いので、
わが家のオーブンでは焦げるかなと時間を短くしたのですが、
中心がしめった感じだったので、もう一度火を入れました。
しっかり焼いた方が、カリッとして美味しいようです。
なかしまさんのおかしは素朴な美味しさで、
ついつい食べ過ぎてしまうのが危険です(笑)

おから料理ですが、
ワタシは売っているお惣菜のおからが甘過ぎで大の苦手です。
母がずっと作ってくれていたおから料理は、
ご飯のおかずになるお醤油味。
なんで売り物のおからはあんなに甘いのでしょうか?

わが家のおからは、具ににんじん、油揚げ、こんにゃく、ちくわ、干し椎茸、たけのこなど、
それに、お出しと醤油、お酒とみりんなどいつも適当な味付けですが、
最後にかならずいれるのが“お酢”です。
“お酢”で味がぐっとしまります。
『あれっ?なんか味が物足りないな〜』なんて時はたいていお酢を忘れているのです^^
祖母から伝わるわが家の味です




最近のお買い物。

a0114345_13384789.jpg




双眼鏡。
というよりオペラグラスに近いのかな?
観劇用にamazonで購入しました。
わが家には2つほど双眼鏡があるのですが、
おそらく何かのカタログでもらったか、景品でもらったかの安物。
ひとつはまったくピントが合わず、もうひとつは調整は効くもののすぐズレる。。
劇場に持って行ってもストレスがたまるし、気持ちが悪くなることも。

ご存知のとおり、最近は劇場通いが過熱してまして、
ここらでいっちょお金をだして双眼鏡を買ってみるかと調べたところ。。

まったく知らなかった双眼鏡の世界。
にいやいや驚きましたよ!!
値段はまさにピンキリで、大きさからメーカーから様々です。
高級なものは目が飛び出るほど高いし、
なかなか奥の深い世界のようで、
“双眼鏡数十台所有”なんてマニアな方もたくさんいらっしゃるようです。

なんでそんなに沢山?なんて不思議に思うわけですが、

『カメラのレンズと一緒で』
の一言で納得!

双眼鏡の値段はだいたいがレンズの性能で決まってくるわけですが、
それに倍率や視野の広さなどのちがいで、
野鳥観察用、旅行用、コンサートや観劇用、はたまた美術館用なんて使い分けると
いろんな双眼鏡を持つ事になるのですねぇ。
(ご存知でした?美術館で絵を見たりするのに双眼鏡を使うのですって!少し離れたところからでも
細かいところを見れるからなんですって!その場合、ピントが合う距離が短いものがいいらいしいですよ)

ズームは便利だけど、単焦点のキレは捨てがたい。
マクロの次は広角が欲しくなる。
わかるわ〜カメラレンズもキリがないものねー(笑)

でもワタシは、双眼鏡ヲタになるつもりはないので^^;
“観劇用”に的を絞りまして決めたのが、

Nikon 遊 4X10D CF

カメラレンズブランドを選んでおけば間違いないそうで、
贔屓なのでやっぱりNikon♪
いろいろ悩みましたが、
決め手はデザインとダントツのコンパクトさ☆
どれくらいコンパクトなのか・・





a0114345_13384764.jpg


りんに背負わせてみた(爆)




わかりにくいですね^^;


a0114345_13384822.jpg



近くにあったtaの携帯(ライオンキングのチャームつき)と並べてみた。
思った以上の小ささ。
これなら持ち歩くのもおっくうじゃないし、
劇場で覗いててもスマートでしょ?
2階席くらいならまだしも、前の方の席ででっかい双眼鏡構えてるのアヤしいでしょう。。

倍率は4倍なので、大きい劇場の後ろの方だとちょっともの足りないかもしれませんが、
視野が広いので、舞台で動き回る役者さんを追うには十分だと思います。
前から10列目くらいの席で覗くと、役者さんが2人視野にはいりました。
結構明るいレンズですが、暗い舞台ではちょっと厳しいです。見えません、、当たり前か?
左右の度の調整機能がありませんのでガチャ目の人には厳しいかな?
ワタシも左右の視力が違いますが、メガネかコンタクトで矯正しているので裸眼で覗くことはまずなく、
問題ありません。

実際劇場で覗いてみてビックリしました!
すごい綺麗★
双眼鏡ってよく見えるもんなんですね〜(いままでのがどんだけひどかったか・笑)
お気に入りです^^

もうひとつ迷ったのをご紹介




<PENTAX Papilio 6.5×21>


まずメーカーがPENTAX。
いいですね〜NIKONと同じくらい好きです^^
そしてこれの一番の売りは、
“最短ピント距離50㎝”
1Mくらい離れたところからでもアリの行列の観察ができるらしい(笑)
ちょっと楽しそうです^^
これも魅力的だったのですが、
いかにも双眼鏡!ってフォルムのため今回はやめました。
機会あれば欲しいですー。

さて、手に入れた双眼鏡を持ってイソイソ出掛けた先は・・・?
周りからあきれられている四季アホ話。。
読んであげてもいいやと言うかただけ↓から〜

<<More>>
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-06-22 00:30 | 劇団四季
永遠の0
a0114345_12322569.jpg


こんなに並べるとちょっと怖いかしら?笑

miの学校では、3年生は1年を通じて“大豆”をテーマに学習します。
畑に種をまいて育て(実際に管理してくださるのは地域の方ですが)、収穫、その間に観察し、調べ、
そのまとめを1月のフェスタで発表します。
近所のお豆腐やさんで豆腐作り体験なんてこともします^^

先日、miが収穫した大豆をきな粉にしたものを持って帰ってきました。

taが3年生の時にも同じように持ち帰ったきな粉が、
香ばしくて味が濃く、本当に美味しかったので、
今回はぜひお菓子にしてみようと作ってみました。

なかしましほさんの『まいにち食べたい“ごはんのような”クッキーとビスケットの本』より
『豆乳きなこビスケット』

このレシピ、粉類の多くををきな粉でまかなうので、
60グラムも必要なのですが、miのきな粉は半分しかなく、
家にあった無農薬きな粉を足しました。

口に入れると『お〜!きな粉〜!!』って言うくらい、
きな粉です(笑)
学童に差し入れするために小さい型で数を増やしたのですが、
小さいクッキーでも十分な濃厚さです^^
きな粉の味がストレートにでるので、
ぜひ、美味しいきな粉で^^

この型は3cookiesさんの“スマイルクッキー型セット”

型としてはかなり小さめであまり使えないかなーとも思いますが、
スマイルスタンプは超オススメです。
他の型と合わせても簡単にスマイル顔が作れます。
竹串でひとつひとつ・・では大変ですものね。




先日、百田尚樹さんの『永遠の0』を読み終えました。
とても衝撃をうけ、心に刻まれた本でした。

アマゾンでかなり評判の高かったこの本。
『0』というのがいったい何なのか?
わからずに購入しました。

『0』が“零戦”の『0』であり、戦争の話しだと知って、
しばらくは手が出せず、
放置してありました。

先に一緒に購入した、同じく百田さんの『ボックス!上下巻』を先に読み始めました。

『ボックス!』が思った以上に読みやすく、面白かったので、百田さんという作家さんに興味を持ちました。

そして、やっと読み始めた『永遠の0』。

あらすじは上手に書けないので本屋さんのサイトなどを参考にしてもらえればと思います。
自分の文才がないのはよくわかっていますので、
書評なんて大それたこと書けないのですが、、今回は敢えて。。


読み終えて、
読んで良かった。
と思いました。

途中、何度も涙がでました。
ほとんどを電車内で読んだので、涙が頬を伝うことなんとか堪えましたが、
家で読んでいたら、あとがきを担当した児玉清さんのように『嗚咽を堪えきれなかった』と思います。

この本はフィクションですが、
歴史的事実に基づいて書かれている、
限りなくノンフィクションに近いフィクションなのだろうと思います。
戦争の話しは怖いと、勉強せず知ろうとしてこなかった無知なワタシは、
戦争は怖いだけのものではなく、哀しいものであるということ、
失われた多くの命は、その数が多ければ多い程その数の多さに埋もれてしまうのだけれど、
そのひとつひとつが尊い命であり、
そのひとつひとつに悲しむ家族がいるという当たり前のことに気づかされます。
そして、その尊い命を物のように扱った当時の軍上層部に憤りを感じます。

この本の評価は賛否両論あります。
それは、この本が戦争を語る本なのに、
ノンフィクションでなくフィクションだからだと思います。
ワタシも正直、結末に『えっ?そうくるか?』と思いました。
そこで、ああ、この本は小説なのだなと改めて気づきます。

日本の歴史をよく知り、勉強されている方には物足りなく、
戦争を語るのにフィクションはいらないと思われるのかもしれませんが、
終戦から65年が経過して、
戦争を知る方がどんどん減る中、
戦争は過去の出来事だと平和ボケしているワタシのようなものが、
少しでも戦争の哀しさを知ることができる、
知ろうと思うきっかけになれるこんな本が必要だと思います。

戦争という重いテーマを扱いながらも、
戦闘機の空中戦は心踊る(不謹慎かもしれないけど)描写があり、
特攻隊で命を落とす宮部久蔵の魅力に
どんどん引き込まれます。
『本は娯楽♪』なんて楽しむための本しか手に取らないワタシのような読者も満足させてくれる本です。

“永遠の0”、家族にも読ませようと思っています。
そして、防衛大一期生で航空自衛隊のヘリパイロットだったお義父さんにもすすめて、
ぜひ感想を聞きたいと思っています^^

ワタシは登場人物に感情移入してしまうタイプで、
登場人物、特に中心となる人物が魅力的でないとその本にも魅力を感じないのですが、
百田さんは、そんな登場人物を作り上げるのが上手な作者さんだと思います。

『ボックス!』はいじめられっ子だったひ弱な高校生が、
努力のすえ、強いボクサーに成長していくという、
スポ根、青春、シンデレラストーリーなのですが、
ワタシはこういうストーリーが好きでして^^
どうかラストまでワタシの期待を裏切らないで欲しいと読み進めましたが、
大丈夫。応えてくれました(笑)

読み終わったあと、心をあったかくしてくれる、
そんな本をお望みのかたは、
百田さんの作品はおすすめします。
他の作品も読んでみようと思います。

『ボックス!』は映画化もされているそうで(ぜんぜん知らなかった)
やんちゃな天才的ボクサー『カブちゃん』を市原隼人くんが演じているそうです。
ナイスな配役!!ぴったりだと思います。
レンタルして観てみよう^^


楽天ブックス: 永遠の0 - 百田尚樹 : 本



楽天ブックス: ボックス!(上巻) - 百田尚樹 : 本

[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-01-22 21:20 |
今年のビオラとファー生地
寒いんです。
今年は日本全国寒くて・・
横浜は雪も降らないし、ずっとお天気だし、他の地域にに比べれば暖かいほうなのかもしれませんが。。
十分寒いです。

なので、ちょっとでもあったかくなる写真を^^


a0114345_1559060.jpg



今年のベランダビオラたち。
この写真をアップして保存しておいたのは去年のクリスマスよりも前のことでした。
他の“いまの時期を逃したらアップできなくなる話題”におされ、
後回しになってました^^


a0114345_1559219.jpg


今回もお花や観葉植物では、
ワタシが絶対の信頼を寄せているGARDEN さかもとさんで購入。
ガーデニングに関してはダメダメでセンスレスなワタシにもわかる、
ここの花苗はすごい!
ネットで購入して、遠く福島から段ボールで送られてくるのに、
どれも元気ぴんぴんだ☆

近所のホームセンターとかに比べれば、
決して安くはないけれど、
元気に咲き続けてくれれば、長い目でみればお得☆
それに、パンジー&ビオラだけをとってみてもものすごい種類があって、
どれにしようかと迷う迷う。

a0114345_161471.jpg


パンジーよりも、花が小さいビオラが好きなので、
今回はビオラに限定。
気になるビオラを4苗ずつ、片っ端からカートに入れてたら、
合計がすごいことになっていた^^;
そんなに植える場所も時間もないので、
泣く泣く削除。。
30苗くらに絞り込む。

購入時にはどれもかわいいお名前がついていたのだけれど、
到着した苗にはついてこなかったものも多くて、
今となっては果たして何種類買ったのか、
どれが何なのかわからなくなっちゃったのだけれど^^;
これはネーミングがイメージとばっちり☆で
思わずほーっと感心。

a0114345_155904.jpg

『シトラス』


とても鮮やかなオレンジがかった黄色。
今回一番のお気に入り♪


a0114345_1559212.jpg

『きりん ももか』


これも可愛い♪
ネーミングがいいね☆


a0114345_1559630.jpg



いろんな種類を頼んだつもりだったけれど、
並べてみれば、
結局、ワタシ好みのブルー系、紫系、黄色系に落ち着いてしまっている^^;
きっとセンスある方は配色を考えて選んで、配色を考えて植えるのでしょう。
ワタシは端から並べるだけ・笑


a0114345_1545299.jpg


この写真は、本格的に寒くなるまえだったのでこんなに花も咲き誇っているけれど、
今は朝は凍ってしおれているし、
そう言えば、最近はシトラスちゃんの姿を見ないような気がするけれど・・・無事か?

ベランダの床は冷たくて、水をあげに下りるだけ。
いつもは喜んでついてくるりんだって、部屋から出てきやしません、、
愛情かけてあげないとお花も減ってきてしまうかもね。。でも寒いの^^;




a0114345_13164377.jpg


ティペット作りました。

ティペット、ご存知?
パペット、じゃないんですよ
(余談ですが、ライオンキングのシンバなどが頭に載っけてたり、ミーアキャットのティモンが操作している人形など、あれすべてをパペットと言うそう。パペットというと手につける人形>パペットマペットね^^;を思い浮かべてしまうけれど、あんなに大掛かりなものもパペット。なんか変な感じ・笑)
ようするに『つけ襟』です。ハイ。
最近は、ベストじゃなくてジレだったり、、他には思いつかないけど^^;
ファッション用語が難しいワ。

このティペット、手作り界ではちょっとした流行なようですよ。
たまに、生地屋さんの掲示板をのぞいちゃったりすると、
うかつにもこおやって流行の波にのっかってしまいます。

ファー生地は『exterial fur shop』さんで購入。
コチラのお店、あらゆるファーが揃ってますよ!
↑は、ナチュラルバンビファー。
『バンビファー』これも今年の流行らしいですわよ。

ファー購入時に申し込めば、無料でティペットのパターンがもらえます。

作り方は超カンタン。
裏生地と袋縫いしてひっくり返すだけです。

しいて言えば、難は、生地の裁断で毛を切らないように注意が必要なことと、
縫い合わせる時にファーをなるべく巻き込まないようにするのがちょっと大変なこと、
表にひっくり返してから、巻き込んだファーを引っ張り出すのがちょっと面倒なこと。
くらいです。
あと、部屋中毛だらけになる^^;
exterial fur shopさんのサイトに、取り扱いの注意はすべて書いてくださってますので、
それを参考に扱えば大丈夫です^^


ちょうどコーラスのお友達姉妹の発表会のお呼ばれしていたので、
プレゼントにいいかなと思って、作ってみました。
いただいたパターンは子供用と大人用があるのですが、
小学校3年生のmiには、子供用は少し小さく感じました。
なので、1センチほど周囲径を拡大して、
すこし大きめ子供用を4年生の妹ちゃんに。
もうママの背を追い越してしまってい5年生のお姉ちゃんには、
迷ったあげく、大人サイズで作りました。
子どもサイズのものは、年長さんのお友達に差し上げました。

普段のお洋服にも合わせられるように、
細い革ひもを挟みました。
もっとドレスアップした時用にはベルベットリボンやサテンリボンがいいかもしれませんね。

miは、バンビファーよりも一緒に購入したプードルファーがいい!と言うので、
また別に作ろうと思います。

このファー生地、150センチ幅です。
50センチずつ2色買ったのですが、いったいいくつティペットが作れるかしら・・?
また在庫山が大きく。。
次のバザーにはこれを出品しようかな。。ちょっと季節に問題があるか。


**私信**
姪っ子よ。
これ、いる?



ティペットにはクッキーを添えて、

a0114345_131823.jpg


なかしましほさんの『まいにち食べたい“ごはんのような”クッキーとビスケットの本』より
『ロシアンクッキー』

なかしまさんのクッキーは菜種油使用なので、バターを室温に戻すなんて準備なく、
思い立ったらすぐできるところが魅力。
これは型抜きもいらないのでとっても簡単でした。

なんだかとっても懐かしいフォルムです。

このクッキー、焼き上げてからジャムをのっけるのですけれど、
真ん中に穴を開けて絞り出すとのこと。
そしたら、下からジャムが出てきた・・
煮詰めて濃いジャムにしてから使えばいいのでしょうか?

袋づめではベタベタになりそうだったので、
プラコップに重ねてラッピングしてみました。
時間がなくてバタバタだった割にはなかなか上手くいったわ。
(出かける直前までティペットのまつり縫いしてたしね)

このクッキーはmiがとっても喜びました。
『こんなの食べたかったの〜♪』だそうです^^

なかしまさんつながりで、
クリスマスに作って好評だったドライフルーツケーキ。


a0114345_1782529.jpg


こちらも菜種油を使うのですが、
アーモンドプードルのお陰か、
とてもしっとりしていて、かつサッパリとしたフルーツケーキです。
前の年のクリスマスに漬けた“ドライフルーツのラム酒漬け一年もの”を使いました。
漬けた年のクリスマスにはラムが強すぎて、失敗?と冷蔵庫に放置してあったのですが、
1年経過してまろやかになってました^^
あと、クオカで買った“マロングラッセ”(微妙に期限切れ^^;食べたかたゴメンナサイ)
を加えたのもよかったのかも。

年末にもう一度焼いて実家に持っていきました。

軽くて、薄く切れば何枚でも食べられる美味しさです。
『バター使ってないんだよ』というとみんな驚きます。

これが無料レシピなんて、
なかしまさん、なんて太っ腹☆
簡単まぜるだけ。おススメです。

レシピは
<コチラ>から♪


a0114345_1322446.jpg


またファーに戻ります。
ティペットのはぎれを使って、ぽんぽんゴム作りました。
これも、exterial fur shopさんのサイトに作り方がのっています。
丸く切ったはぎれの周囲を波縫いして、綿を詰め、ぎゅーっと絞るだけです。超簡単^^


**きょうのワンコ**

a0114345_163596.jpg


カメラ嫌いのイヌ達がちゃんと前を向いているときは、
エサに釣られている訳です。ハイ^^;
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-01-19 23:21 | ソーイング
中学生男子弁当箱買い替え。
a0114345_1275652.jpg


コスモスを沢山植えてるお宅がありまして(勝手に増えてるのかも)、
やっとカメラを持って出かけたら、
見事にもう終わってました^^;

だよね、11月に入ったらコスモスの季節じゃないでっしょ。
もっと早くに来なきゃいけなかったな。

別の場所に、畑のかたすみにすこーし残って咲くコスモスを発見。
は、はなが少ない。。

a0114345_1275855.jpg


ちとレタッチ。

----


4月からエンドレスのお弁当作り。
taの学校は土曜日も午前中に授業があり、
午後は部活があるのでお弁当。
日曜日だって、練習試合だ遠征だとお弁当出動率高し。

土日だからってゆっくり寝ていたられないのは辛いところだけれど、
無理矢理にでも早く起きて(起こされて)動きだせば、
時間は有効に使えるのだからありがたい(そう思おう^^;)

以前、ワタシのお弁当キャパは3つまでなんて言ってたこともあったのだけど、
実際は、夏休みには4つ作ってたし、
最近では、3人ぶん作るのが当たり前で、
チチから『今日はお弁当いらないよー』と言われても、
つい習慣でおかずを作り過ぎて余らせてしまうのデス。

なので、taのぶんひとつだけ作る週末も、
いつも朝どおり作っておいて、お昼ご飯のおかずにするというのが定着しました。
休日のお昼ご飯は、面倒くさくて『なんか買っちゃう?』ってことが多かったので、
時間の節約にもお金の節約にもいいかもです。

さて、中学に入ってからのta。
もともとがつがつ食べるほうでじゃなく、少し背が伸びてきたのもあってガリガリ君。
赤ちゃんの頃は、保健師さんの指導がはいるくらいおデブちゃんで、
『ミルクは足さないでください!!』なんて怒られたくらいだったのに・・・

お昼は比較的たくさん食べられるようなので、
お弁当は一生懸命詰めてます。
どのくらい詰めていたかと言うと、

どん。

a0114345_1275677.jpg


明らかにはみ出してます。
このお弁当箱はtaが小学校5、6年から使っていた600mlのもの。

バチッっと金具でとめるのじゃなくて、
中蓋をはさんで重ねてゴムでまとめるタイプのお弁当箱です。

おかずとご飯を中蓋でぎゅうっと押さえて、
ゴムでぎゅうっととめるわけです。
気をつけないとゴムを外すときに
びっくり箱みたいに“ば〜ん☆”と分解しますよ・笑

多分、食べるときにはおかずもご飯もぺったんこなんでしょうねぇ。。

最近は、食べられる量が増えてきたし、
お友達と比べてもお弁当箱が小さいようなので、
新しいものに買い替えることにしました。

さて、どれにしようかな。
近所のスーパーではいいものが見つからなかったので、
ネットで買うことにしました。

条件は、
・バッチン留めじゃないこと→すぐ壊れるから
・食洗器と電子レンジ使用OKなもの→この条件で値段が高くなるのだけど
・容量は800ml以上

いくつかに絞って、最後は800mlにするか、900mlにするか、
散々迷ったあげく、
『大は小を兼ねる』ってことで

どん。

a0114345_1275633.jpg


900mlを購入。
最初に届いたときには、あまりの大きさに愕然として、
このドカ弁におかずを詰めなきゃならないなんて、、とブルーになったけれど、
実際に使ってみたら、
程よい高さで詰めやすくて、
思った程、おかずの量を増やしているわけでもないし、
taの大好きなトマトや野菜をたっぷり入れられるので、
小さいお弁当箱にぎゅうぎゅう詰めるよりはストレスなし^^

もっと食べる量が増えてきたら、ご飯の量を増やせば高校生まで大丈夫(だと思う)。


隣りはハハのお弁当箱なのだけど、
こちらが女弁当な割にはデカイのか?580ml(軽く詰めてるのよ、軽く)
ドカ弁があんまり目立たないねぇ。。残念
写ってないけど、チチの弁当箱は1000ml^^;
朝から夕飯と同じボリュームでご飯作ってるよん♪

この新しいお弁当箱にしてから、
毎日重さを測ってみているのだけれど、
総重量800〜900グラム。重っ
ほれ、持って行け〜!!

今回買ったお弁当箱はこちら↓
中学生男子弁当箱

可愛くて、一緒にこんなのも買っちゃいました^^
ドーナッツ保冷剤浮き輪保冷剤

taには普通にスルーされましたが・・miは『かわいい♪』と喜んでました。
冬休みのお弁当には活躍の場がないけれど、
来年の夏休みには使ってあげるからね。

そうそう、↑のドカ弁に入っている卵焼きですが、
taが『美味しかった!!』と絶賛した新メニュー。
て言っても、明太子とチーズを巻くってだけなんですけど^^;

taがお友達に教えてあげたら、お母さんが作ってくれるようになったらしく、
お友達のお弁当にもよく登場するらしいですよ・笑


a0114345_1275772.jpg



なかしましほさんのn『おやつですよ』の
『みかんのシフォン』レシピを使って


a0114345_1275622.jpg


『ダイダイのシフォン』作りました。
食材宅配に入ってきた、大きめダイダイ(橙)2つをみかんの代わりに使いました。
なかしまさんのレシピには他に、
同じ配合でゆずの果汁を使った“ゆずのシフォン”もあるのですが、
みかんよりも酸味があって、ゆずほどすっぱくなく、
香り高いシフォンが焼けました。

型外しもこれくらいきれいに抜けると気持ちがいい♪


**きょうのワンコ**



a0114345_1275430.jpg


トリミングする時間がなくて、
しばーらく放置してたぼさぼさちゃん達。
この後短く刈ったらこの気温で寒そう。
刈り取った毛は、セーター1枚くらいありそうだもんね^^;
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-11-18 12:23 | お弁当
フレール?フルール?フロール!!

『秋がない』

今年はそんな風に言われていますけれど、
本当にそうですね。
ついこの間まで暑かったのに、、
寒さに耐えきれずついに床暖房スイッチオン!
まだ扇風機が出しっ放しなんだけれど^^;


a0114345_16542368.jpg




職場後輩ちゃんが買ったロールケーキの本。
あんまり上手く作れなかった・・とのことで、
ワタシがリベンジしてみることに。

先輩としてのメンツを保つためにも失敗は許されません。
慎重に慎重に作りました。

が、なんか変ですねぇ?



巻き終わりの位置を勘違いしたみたいで、
横向きですわ(ぷっ)
慎重に作った割には最後の最後でいい加減・・
急いでたもんで^^;



正解はこちら


a0114345_12281311.jpg




『ふんわりロールケーキ—幸せのフロールとミニフロール 』



ワタシは今回はじめて知ったのですけど、
まぼろし(?)のロールケーキ『フロール』
フロールが覚えられなくて、フレール?フルール?
カタカナが頭にはいらなくなる。。エイジングか?

京都にあるお店でも予約でひとり2本しか買えず、
地方発送はしていないので、
遠方の方が口にできるチャンスはほとんどなし、
だからお家で作ってみてね。
という本です・笑

フロールの最大の特徴は、クリームだと思います。
生クリームとホワイトチョコを混ぜた“ガナッシュクリーム”を使います。
温めた生クリームでチョコを溶かし、冷蔵庫で一晩寝かす。この“寝かす”重要のようで、
前の日からの準備がいるのは要注意です。
また、生地(本ではビスキュイ)は、タマゴを別立てします。
少しの砂糖を加えた卵黄をよ〜く泡立てます。卵白と同じレベルまで泡立てるのがポイントだそうです。
逆に卵白は泡立てすぎない。
フロールのビスキュイはこのタマゴの泡立て具合がかなり重要のようで、
作り方のDVDまで発売しています。

で、ワタシのフロールはどおだったかと言うと、
卵黄の泡立てはやはりちょっと足りなかったかも・・
手で泡立てたので疲れちゃって途中であきらめちゃった^^;
卵白はいい感じのところで止めといた。
後悔ポイントは、粉を混ぜる段階で混ぜ過ぎだったかな・・

本の写真と見比べると一目瞭然ですが、
生地のフワフワ感がありません。
う〜ん、、むずかしい。
クリームはホワイトチョコが入っているぶん、しっかりしていて、かなり巻きやすいです。
でも、生クリームではなくてガナッシュクリームというところが、
好き嫌いの分かれるところかな。。
濃厚なので、一切れ食べれば満足☆なお味です。

本物を食べられないので何が正解なのか分からないのだけれど、、
上手く作れれば、かなり本物に近い味が出せるそうですよ^^
ポイントを忘れないうちにリベンジしなくては!



作るのも勉強だけれど、
たまにはプロの味を試すのも勉強ってことで、


a0114345_17133527.jpg



こちらは、taの学校の近くに開店した『sweets garden YUJI AJIKI』の“安食ロール”

自分で頻繁にお菓子を作るようになってから、
あまりケーキを買って食べようという気にもならなかったのですが(高いし)
こちらのケーキは一度食べてみて
『ここのは美味しい♡』と感動したお店。
それも当たり前、調べてみると“安食シェフ”はかなり有名なお方らしい^^

“安食ロール”は食べてみて、
プロの仕事はやっぱり違うなと思いました。
まず生地が柔らかい♡
生クリームが美味しい♡
あの生クリームはどこかで手に入らないのかしら。。
生クリームのなかに、カスタードクリームが仕込んであるのですが、
こちらは普通かな。
賞味期限は発売当日。
食べきれなくて次の日にも食べたのだけれど、
あの感動したフワフワ感がなくなっていたので、
やっぱり当日中に食べたほうが良いみたいです。

お値段は¥1,250と他のケーキに比べるとかなりお得感あり♪で、
安食シェフの味を堪能できるので、かなりオススメです!!




今年も紅玉の季節になりました。
売り出しの時期が短いので、
毎週、ひとパックずつ食材宅配で頼んでは冷蔵庫に常備しています。


a0114345_17134519.jpg


たかこさんの“毎日のように焼き続けてやっと見つけだした”ぜったいおいしく作れる焼き菓子レシピより
『カラメルりんごのタルト』


ちょっと焼き過ぎでちょっとこげちゃったので
粉糖をたくさんかけたら真っ白になっちゃいました^^;
クオカの『なかない粉』
「なかなか溶けない=なかない」なのだそうで、
その名のとおり、水分の多い素材にかけても溶けにくいそうです。
だからこのタルトも真っ白のまま(笑)
以前、もっと容量の多いものを買ったら使いきれなかったので、
このクオカの【poco!】シリーズはちょっと欲しいものにとっても使い勝手がいいです。


a0114345_17142560.jpg



りんごのカラメリゼが足りなかったようで。
カラメルは感じられず、、
普通に“りんごのタルト”でした^^;


まだ使い続けている、底の抜けない20㎝タルト型。
やっぱり底が抜けるのがほしい(18㎝ね)新しいのを買わなきゃな。



a0114345_17125428.jpg


なかしましほ『おやつですよ』より
『りんごのケーキ』

紅玉を使った簡単なお菓子を食べたいなとこちらをチョイス。

粉は全粒粉、砂糖はきび砂糖、油脂はなたね油。
たっぷりのりんごと去年漬けたラム酒漬けフルーツを入れて、
まぜるだけの簡単レシピ。

生クリームやバターたっぷりのケーキもいいけれど、
なかしましほさんのお菓子を食べると、
『やっぱりこっちだな』と思う^^
手作りにしか出せない味。
朝ご飯にだしても食べられるあっさり味。でも深い^^
ほっとする味です。


-----


夏は暑くて、冬は寒くて、
今が一番夜を有効に使える季節だというのに。。
Macを開くと襲って来る眠気はいったい。。zzz
このエントリーも写真だけとりあえず投稿したのが10月25日。
一週間以上も放置してしまった(汗)

とうとう11月に入ってしまって、
miに『ドレスは?まだ作らないの?』とプレッシャーをかけられてるの^^;
そろそろ取りかからないとやばいよね。
今年の発表会は11月の最後の週なのです。

ワタシはパンとお菓子、洋裁の波がじゅんぐりに来るようで、
今は明らかにお菓子・笑
パンもHB以外で作ってないぞ。
さあ今日からお菓子はしばらく封印して、
ミシンに向かわなきゃな。

でも、今日また来ちゃった。
パルシステムから紅玉6個♪
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-11-03 13:51 | パンやお菓子
プラムジュースの季節ですよ♪

a0114345_17134496.jpg


今年もプラムジュースを作りました。
この時期にしか手に入らないプラム(ガラリ)を使ったプラムジュース。
いろいろ作りかたはあるようですが、
ワタシはとっても簡単なパルシステムの作り方を愛用中。

ちょっと火を通して、2〜3時間放置するだけで、
香り高いジュースの出来上がり♪

だけど、2回目なのに、適当に読んではじめたら作り方間違えたのですけどね。
『40〜50℃の砂糖水にプラムを入れて、2〜3分煮てから2時間おく』
のを加熱せずにそのまま放置。ジュースにまったく色がでていないのを“ハテナ?”と思いつつ、
次の行程、沸騰直前までもう一度加熱するまで続行し、
レシピを調べ直して間違いに気づく・・汗

低温で少し煮た後に放置するというのは、きっとエグミをださないように。。とか
色をきれいに。。とかのためなのではないかと予想しますが、、

しょうがないので、ガッツリ火をとおしてた状態で、もう2時間おきました。
そこから再度、沸騰直前まで火にかけて、できあがり。

まっ、そんないい加減な作り方でも問題ありませんでしたよ^^;


a0114345_17153198.jpg


今年は1.3キロのプラムを使用して、1リットルくらいのジュースができました。
残ったプラムの実はさらに砂糖を足してジャムに♪

去年は皮をむくのが面倒くさくて、タネを取り除いただけでフープロにかけてしまったのですが、
今回は、ちゃんと皮をむいてからジャムにしました。
生で食べるとプラムの皮はエグミがありますよね。
だから、きっと取り除いたほうが美味しいジャムになるのでは..と思って今回は頑張りました!

プラムの実はかなり柔らかくなっていますが、皮は手ではむけません。
包丁でむきましたが、これが面倒くさいっ!指やツメの間に色素が入ってすんごい手になりました^^
タネも包丁で取って、砂糖を加えて少々煮詰めました。
フープロにはかけずにマッシャーでつぶしたのですが、これはほどよく実が残りなかなかいい出来となりました。
去年の皮を残したままジャムにしたものよりも透明感のある仕上がりです。
う〜む、、やっぱり手を掛けると違うなー。

ジャムの瓶に3つ出来ましたよ。

プラムジュースは子どもたちに大人気で、
もうすぐになくなってしまいそうです。
今度は砂糖を多くして、薄めて飲むようにすれば、もっと長くもつかな(笑)



“父の日”でした。

miからは恒例(?)となった折り紙カードが^^

miのお気に入り、折り紙サイトから作り方を印刷。
たしか、『りぼんカード』を作っていたはずが、、
なぜか↓に変わっていた。




a0114345_1618221.jpg



『タコ』


・・・・なぜ?

どうやら、りぼんカードが上手くいかず、赤い折り紙をいじっていたら
『思いついた』らしいです^^;
これはオリジナルだそうですよ。

『たこご たこご』ってなに?と思ったら、

 『たこ^_^ たこ^_^』って書いてあるそうです。
もらったチチも同じこと聞いてました。

(タコの写真は内緒にしていたのだけれど、miに見つかって怒られました、でも載せます^^)



a0114345_16181699.jpg



一応、裏には『いつもありがとう』のメッセージつき☆

母の日に比べ、存在感のうすい父の日。
ワタシはなんにもしなかったなーーー。


なのでここから。
お父さん、お義父さん、
いつもどうもありがとう(笑)



a0114345_16183773.jpg


なかしま しほさんの『おやつですよ くり返し作るわたしの定番レシピ集 』より
『モカロール』

を作りました。
この本の表紙になっているお菓子です。
(なかなかロール生地にクリームが付かないように切れないよ)

生地の油脂は、なかしまさんのレシピらしく、菜種油で。
巻き込むクリームは“さわやかクリーム”と名付けられていましたが、

ヨーグルトひとパック(500g)をコーヒーフィルターで半日かけて水切りしたものと、
生クリーム、砂糖を混ぜ合わせたクリームです。

このクリームがさっぱりしていてとっても美味しいのですよ♪
うちの男チームにはとても好評でした。
miは『普通のクリームのほうがいい』だそうですが・・・^^;

ワタシはこのクリームとモカ生地の組み合わせが正直ちょっと『ハテナ?』な感じがしました。
次は、同じくなかしまさんのレシピ本『もっちりシフォン』に掲載されている
プレーンなロール生地で巻いてみようかな。


相変わらずの『お弁当な日々』です。

馴れがでてきて、朝起きれなくなってきたと以前のエントリーで書きましたが、
最近は『朝練』という刺激が加わりまして、、
ハハ、がんばってます。。zzz


taは、中間試験が終わって、部活に正式入部しました。
どこに入ったと思います?

まさかの

『バレーボール部』

仮入部期間は卓球にしようか、とか、バスケット(小学校ではバスケクラブだった)が候補だったのですが、
ちょっとやらせてもらったら楽しかったのだそうで。
いやびっくり。
親もびっくり、親戚一同もびっくりって感じです。

背も小さいし、運動神経の発達もイマイチなわが息子。
ちゃんとやって行けるのか心配したのですが、
そこは進学校の運動部。おおかた同じような友達のようで、、
楽しくやっているようです。
考えてみれば、バレーボールなんて、道具もないし、ボールと身ひとつ。
経済的にも親孝行だし♪これですこしでも背が伸びてくれたら万々歳!!

と思っていたら、先日、部活の保護者説明会がありましてね。
請求書いただきました。

『ユニホーム上下、ジャージ上下、Tシャツ、短パン、シューズ、膝宛、ソックス、エナメルかばん』
入部にあたり揃えるもの一式。
5万なにがし。。ひぃ〜泣
さらに追い打ちをかける夏合宿費○万円。。ひぃ〜号泣

身ひとつではできませんでした。

資本かかってるんだから、6年間がんばってね。ハハより。

6月も終わりが近づき、
taもやっとペースがつかめてきたような感じがしますが、
ここまでしばらく大変そうでした。
馴れない運動でクタクタになって帰ってきたら、大量の宿題。。
日曜日も宿題やらなきゃいけないからとまったくお出かけにも付き合ってくれないし、、
受験勉強よりもたくさん勉強してるよね〜

4月から、心と体のバランスがとれていないかな・・という時期がありました。
朝、気持ち悪いと言ってあまり食べられなかったり、
夜は眠くて機嫌が悪かったり^^;

運動量が増えているので沢山食べて欲しいのですが、、
特に朝食はあまり食べてくれないので、
食べきってくれるお弁当は、いままで以上にがっつりご飯をつめています。
がんばれ中学生^^

お弁当の説明をしようと思ったけれど、
長くなってしまったので、
次回に回します。
写真↓は予告です(笑)



a0114345_16593257.jpg



では〜♪
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-06-27 09:56 | パンやお菓子
モビール好き。



a0114345_054472.jpg


クオカで「パン用米粉ミックス1kg」を買ってみました。
なにがミックスかと言いますと・・
“小麦グルテン”が添加されているのです。
素人でも米粉パンが簡単に作れるよう工夫されているようです。
小麦アレルギーのひとは、注意が必要ですね。

レシピは、門間みかさんの『特別な日に焼きたいお気に入りパン』より
米粉のロールパンと
基本生地にあんこを包んであんぱんを。

米粉パンは、一次発酵の必要がありません。
捏ねは、小麦粉よりも長くかかります。
ワタシはフードプロセッサで捏ねたのですが、少し長めに捏ねました。
捏ね上がった生地を分割して、15分ほどしっかりベンチタイムをとります。
その後、成形して、最終発酵。
最終発酵の時間も長くかかりました。

さて、出来上がりはというと、、
気持ち膨らみが悪いような気がします。
米粉パンがそういうものなのか、
何か失敗したのか、見本がないのでよくわかりません^^;

味は、ちょっと水っぽい仕上がりだな〜という感じ。
これも初めてで何が正解なのかがよくわからない^^;
正直、『米粉いいわ〜♪』って感じはないかな(笑)
まっ、まだ1回目だし、もう2〜3回残りの粉で挑戦してみます。




とある日、
郵便受けに郵便局の不在連絡票が入っていました。

代引きで5千なにがし・・

ネットで買い物はするけれど、ここ数日でしかも代引きで購入した覚えがない。。
でも、最近、物覚えに不安があったりして『絶対にナイ!』と言い切れないところが悲しい(汗)

送り主さまは、
「SORA mobile factory」

『そら もばいる ふぁくとりい?』
やっぱり、記憶にない。
『“モバイル”なんて、アタシ、ネットで買い物ばっかりしてるから、とうとうへんなネット詐欺?送りつけ詐欺?みたいのに引っかかって、買ってもいないのに代金引き換えで送りつけられたんじゃない?』

どおしよ、どおしよ、、頭の中は不安でいっぱい(勝手にモバイルに先入観)。

でも、それにしては5千円ちょっとっていう金額がしょぼいな。とも思い、、
引き取りにいってくると言うチチに待ったをかけて、
ネットで送り主さまを検索。

『あ〜♪ここかぁ』

ずいぶん前に、
『注文が殺到しているので発送まで一ヶ月以上かかります』
ってなっていたのを、待ってもいいやと注文したのをすっかり忘れていました。


届いたのはこれ〜♪


a0114345_06447.jpg



これは子ども部屋用。
かわいい♡
miのベッドの上に吊るしてあるのですが、なんだか楽しそうな夢をみれそうでいいじゃあないですかぁ♪
(実際は暗くなると見えないですけどね)


a0114345_062234.jpg


こちらは、リビングの窓際に。
赤いりんごがアクセントになって、なんとも絶妙なデザイン。



モビールが大好きで、
実は、その他にも、家の中はモビールだらけなんです。


以前から下がっているのはこれら。



a0114345_071794.jpg

モビールNo1.

階段の吹き抜けに。
黒いおさかながウヨウヨ^^
真ん中には本物の釣り針が下がっているのがユニーク。
下から見上げるのが好きです。


a0114345_073685.jpg

モビールNo.2

キッチンとリビングの境目に。
ハリネズミの親子がお散歩^^
癒されます♪


a0114345_075742.jpg

モビールNo.3

子供部屋用。
新入りがきたので、窓辺からエレクトーンの上へ移動。
イマイチ落ち着く場所がなくて、数回お引っ越し。
可愛いのだけれど、ワタシのなかではランク↓。


この3つはデンマーク製です。
華奢な作りのようみ見えますが、強い風にふかれてぐるぐるになっても、
ひっくり返ってこんがらがっても、根気よくほどけば大丈夫だし、
もう何年も吊るしっぱなしでもまったく壊れない。
結構丈夫です。

おもちゃのデザインや質は、北欧やドイツの製品にはかなわないと思っていましたが、
たまたま見つけた日本のモビール作家、SORA mobile factory
「いろけん」さんのモビールの色使いやデザインに一目惚れ♡
即購入したもののしたものの『ひとつひとつ心を込めて製作』されているそうで、
忘れた頃に発送されてきたというわけなんです。

でも、待った甲斐がありました♪かなりお気に入りです。

新しいモビールを吊るし、満足、満足♪とトイレに入っていてふと思いついた。

『んっ?“mobile・・・?”“もばいる・・・?”。。。。“モビール”かぁ!!』

ネット詐欺の疑いが晴れたあとも、
「SORA mobile factory」を『SORAさんのネット販売部門』と買ってに納得していたのだけれど、
『SORAモビール工場』だったんだと気づいてひとりで爆笑大笑い^^
考えてみれば、携帯サイトで注文したわけでもなかったし、モバイルは関係なかった。

でも、調べてみたらモバイルもモビールもどっちも“mobile”で“可動性”って意味からきてるみたいなんですよ。

勝手に詐欺に引っかかったと思い込んで焦ったモビール騒動でしたが、
最近は本当に送りつけ詐欺っていうのがあるらしいです。
カニやら高級食材をすんごい高い値段で代引きで送りつける詐欺だそうです。
そんなニュースを読んでいたからこそ用心深くなっていたのです。

そうしたら、また昨日、代引きの不在通知が入っていたのですよ!
今度は16,600円!!
これこそ絶対に覚えがないし、チチに聞いてもそんなの知らないと・・
送り主は配達員さんの字が汚くてよく読めないし・・
今度こそキターっ!!と配達員さんに電話をしたら、、


番地違いの間違えでした。
名前も紛らわしく、頭の文字が一緒で、いってみれば『tsunacomさん』みたいな感じでしたもの。
ドライバーさんもうっかりしちゃったようですよ^^;
あ〜びっくりした。
代引きだと確認もせずにお金を払っちゃうなんてことはないでしょうが、
注意は必要ですね☆


a0114345_082823.jpg

なかしま しほさんの『おやつですよ—くり返し作るわたしの定番レシピ集 』より
おとうふ白玉のみたらしあん

いつものお気に入りの白玉粉<コチラ>を使って白玉だんごとみたらしあん。
お豆腐で白玉粉をこねる“豆腐白玉”をつくるレシピでした。
保育園のおやつでだされていた白玉はいつも“豆腐白玉”でしたので、
ワタシも何度か豆腐でこねたことがあります。こうすると時間がたっても硬くならないのです。
でも、このときはなぜか、気付いたら水を入れてしまってました^^;
残念っ!!

新しく買ったレシピ本なので、何品か続けて作っています。
とっても簡単に作れる『お菓子』ではなく『おやつのレシピ』です。
なかしまさんのレシピはすべてそうですが、華やかさはありませんが、
すべて懐かしく、ほっとするような味です。
この本は、なかしまさんの『おやつ』に関する思い出、エピソードなども織り交ぜられ、
読み物としても楽しい本です^^


今週はなんだかとっても忙しくて、、
このエントリーも、写真だけ先に投稿しておいてテキストを打ち込んでいたのですが、
夜、パソコンに向かうと眠気が襲ってきて、
一行書いたら、つっぷしてダウン・・・
次の日も、一行でダウン・・を繰り返し、、こんなどおってことないテキストを書き終えるのに
一週間以上(笑)あ〜疲れた。
なんだか6月があっという間であんまり記憶がない^^;

仕事も忙しかったのですが、taの忙しさにこちらも振り回されて、、
taと言えば、相撲好きの琴光喜ファンだとご存知の方から野球賭博の件で、
『taくんは大丈夫?』と心配いただいてます^^;
taは、学校と部活と宿題でいっぱいいっぱいの生活を送っていて、
それどころじゃない様子です(笑)
ショックはうけているのかもしれませんが、それに浸っている余裕がないようです。
ですのでご心配なく〜♪

でも、プロスポーツ選手なのだけら、
応援してくれているファンの気持ちを踏みにじるようなマネはして欲しくないです。
復帰したら、ファンを傷つけたぶん頑張ってほしいものです。



**きょうのワンコ**


a0114345_0113092.jpg


なかなか2ぴきが前を向いてくれない・・
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-06-20 01:37 | その他
紫詰草の公園へ。

a0114345_23165750.jpg


6月2日。横浜開港記念日。

公園は青葉が生い茂り、
子どもたちがたくさん、元気に遊んでいました。
梅雨入りまえの一番いい季節ですね。

横浜市立の学校は、この日は一日お休みです。
ワタシもmiに合わせて、日曜出勤の振替休日をもらいました。

ワタシは横浜市立の小学校、中学校と進んだので、
この日がお休みなのは当たり前でした。
ところが、県立高校に入学したら、開港記念日はまったく関係なし。
がっかりしたのを良く覚えています^^

この記念日、昨年ゆとり教育返上の影響か『お休みではなくなる』と学校から説明がありました。
横浜市の伝統なのにな〜と残念に思っていたら。。
そういう意見が多かったのでしょうか?
やはり、お休み復活となったそうです^^

それでも、秋休みはなくなったし、
夏休みは削られ、創立記念日も登校日となったのですがね。。



いいお天気だったので、
<買ったばかりのマクロレンズ>を携えて、イヌたちの散歩にでかけました。

よく出掛ける緑豊かな広い公園は、

a0114345_23173358.jpg



ピンクの白詰草じゃなくて、ムラサキツメクサ(紫詰草)なのかな?(Wiki調べ)
がいっぱい咲いていました。


a0114345_23172179.jpg



いちばんきれいな時期は過ぎてしまったようで、
枯れてしまった花も目立つのは残念でしたが、
使い慣れないレンズの仕様に戸惑いながら、ちくちく尖った草にめげず、
ついには膝をついて、あっち、こっちとカメラを向ける^^;
どれもマクロを生かしきれていない写真ばかりだったのだけれど(汗)



イヌたちのリードは足で踏んでいたのに(引っ張られて手がぶれるから)、

撮影に夢中になっているうちに、
いつの間にか離れてしまったようで、


a0114345_2318737.jpg


『お〜い!!』

りんは、「待て」のコマンドはなんとなく入っていても、
「来い」はイマイチ入っておりません(汗)
“なんとなく”も“イマイチ”もコマンドは入っていないと同然ですね。。(失笑)

逃げることは決してしませんが、視界にハハが入っている限りは、
自由を楽しんでいる様子。
草むらをずんずん進んでいってしまう。
昨日、フロントライン(ノミダニ除け)しておいてよかったよ。
ハリーは小心者なので、ハハから離れません。



a0114345_23182623.jpg



やっぱり、自然の中がいいんだねー。いい顔だ♪





知ってました?




a0114345_23214334.jpg



イヌって笑うんですよ^^


ワタシは、子どもの頃からイヌを飼っていましたが、
イヌが笑うのを知らなかったのです。
飼いイヌの笑顔を目にしていただろうに、
意識したことがなかったのでしょうね。
両親にねだって飼ってもらったイヌのことは大好きだったけれど、
しっぽを振っている時は喜んでいるくらいにしか考えてなかったし、
エサをあげること、散歩に行くことはペットを飼うためのルールだから、、
そう思って世話をしていました。

新鮮な水にかえてあげなくちゃかわいそう。
長いお留守番はかわいそうだから早く家に帰ってあげよう。
家のなかばかりじゃストレスがたまるから、お散歩に出してあげよう。
病気にならないようにワクチンや注射をしておげなくちゃ。
フローリングで滑るから、一週間に一回はツメを切って。

子どもはなかなかそうは思ってやれません。
わが家の子どもたちにしても、自分が抱っこしたいときだけ抱っこして、
毎日決められた、数すくないお仕事(水かえとか短い散歩とか、おしっこシートの交換とか)でさえ、
時間がなければ『やっといて〜』。

しようがないですかね。。ワタシだってそうだった^^;



a0114345_2319213.jpg



大人になって、自分の責任でイヌを飼いだしたとき、
“笑顔”に気づき、どうやったらこのコたちが
笑顔で快適な犬生を送れるか、そう考えながら一緒に暮らせるようになったのです。
て言っても、まだまだ未熟な飼い主ですが^^;



思った以上に公園に長居してしまい、
気温はどんどん上昇↑
ダックスは足が短いので、熱くなったアスファルトの上を歩かせるのは厳禁です。
帰路を急ぐ〜。

帰宅すると首の後ろがイタイっ。
公園で夢中でカメラを覗いていたら、首の後ろを日焼けしたようです(泣)
一応、巻き物していったんだけどなぁ。
これからの季節は紫外線対策をキチンとしなきゃだね。




a0114345_23231569.jpg


ミルクかんといちごマリネ

なかやましほさんの新刊
『おやつですよ—くり返し作るわたしの定番レシピ集 』より

ぺらぺらページをめくっていたmiが
『これ作ってー!!』と持ってきたのがこのミルクかん。
焼き菓子より冷たいおやつ好きなmi。
きっとそうくると思っていましたよ。

このレシピ、牛乳を粉寒天で固めますが、甘みは練乳を入れるのですよ。
コクがあって美味しいミルクかんができます。
そして、バルサミコ酢に浸したいちごを合えます。

ワタシは好きなんですけどね“いちごのバルサミコ酢”。
家族にはイマイチでした。。予想していましたけど。
おかわりは、『ミルクかんだけ!』^^;
これも予想どおりでしたよ。

“牛乳+練乳”のミルク寒天。
これは定番に仲間入りさせましょう。


a0114345_19298.jpg


あじさいの季節ですね。
これくらい近づければ、マクロレンズの本領発揮かな?
ただいま修行中です。
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-06-09 23:36 | イヌのこと
春がきた〜♪


a0114345_6334693.jpg


春が来たというのを通り越して、
夏を思わせるような気温の日もあったりして^^;

『寒い』以外は『暑い』しか知らないのか?
わが家の子ども達。
平気で半袖で遊びに出かけてしまうから困ったもんで、
トレーナーを脱いだら、次は半袖。
薄手の長袖シャツが、実は一年のなかで一番活躍の少ない服だったりする。

春がきた〜♪のに素直に喜べないのは、

花粉症のせい。か。

インフルエンザ対策のマスク姿がやっと落ち着いたのに、
電車で見かけるマスク着用者がまた目に見えて増えてきた。

ワタシは一年中なんらからのアレルゲンに反応しているので、
この季節だけがすご〜く辛いというわけでもないのだけれど、
抗アレルギー薬とマスクは手放せない。

もっと症状がひどいヒトは、肌が真っ赤になったり、目が充血したり、なんともキツそう・・

北海道を旅行したとき、札幌に少し杉の木があるくらい、と聞いた。
ブタクサもないらしいし、羨ましい・・^^



寒かったり、雨だったりでここ最近、出もしなかったベランダ。
誰も見てくれないのに、虹色スミレは満開に^^;
ほどよく雨が降ってくれていたので、ほとんど世話をせず、
こんなにも長く、沢山咲いてくれるなんて
なんて優秀はお花♪
『花がよく咲く パンジー専用肥料』ってやつを買って、
定期的にあげてるのもいいのかしらん。

ぽかぽか天気の休日。
イヌたちにも思う存分ひなたぼっこをさせてあげたいところだけど、
ベランダが食べ放題のサラダバーと化してしまうので^^;
目が離せない(苦笑)



桜の開花まではもう少しかかりそうだけれど、

a0114345_6352395.jpg


またまた桜餅をつくる。
桜餅用の道明寺粉が足りなかったので、
関東風桜餅を作ってみました。
クレープみたいなやつね。

家にあった古いお菓子本を参考に。
生地は小麦粉と少しの白玉粉、砂糖と水をまぜて焼くだけ。
フライパンで焼いたのだけれど、生地を薄くのばすのが難しかったデス。
ワタシはやっぱり道明寺がすきだけれど、
miは、関東風が好きと言ってました。

これを少し箱につめて、
いつもお世話になっている着付けの先生にお裾分け。
taの卒業式の着付けを正式にお願いしてきました。

でもね、taがワタシが着物を着ていくことに、
いい顔しないんですよ。

taいわく、
『卒業式ってさ、みんなスーツとかぴしっと着て来るでしょう。なのに着物?』

『はあ?着物だってぴしっとしてるし、日本の正装だよ!!』

まあね、着物を着てくるお母さんはめずらしいからね、
もしかしたら、ワタシだけかもしれないし・・

他に着ていくものないし、
もう着付けもお願いしちゃったから、卒業式は着物を着るからね!

卒業式はtaもしぶしぶ了承したけれど、
入学式は絶対だめだって、、ちぇっ
何着ていこうかな〜〜




a0114345_634416.jpg


注文を間違えたようで、
パルシステムからバナナが2房、
大量に届く。
さすがに食べきれないので、
ほどよく熟したところでケーキに。

バナナケーキのレシピは数々あれど、
やっぱりお気に入りはこれ。

なかやま しほさんの『もっちりシフォンさっくりクッキーどっしりケーキ』より
“バナナケーキ”

油脂は菜種油でお砂糖はきび砂糖を控えめに。
でも、しっかり熟したバナナ2本とクルミ、ココナッツファインで
満足できる甘さとコクに。
素朴で美味しいおやつです。

お義姉さんからホワイトデーにもらった春らしいアレンジメントと一緒に。



a0114345_6354522.jpg


先日結婚した職場後輩ayちゃんからいただいた、
老舗 村上開新堂<コチラ>のクッキー。
小ぶりのピンクの缶にぎっしりレトロなクッキーが!!
20種類以上のクッキーが少しずつ入っているので、
カタログを見ながら宝探し状態^^
堅めにさくっと焼かれたクッキーは後を引き、
ついついつまんでしまい、、
あっという間に平らげてしまいました。

こちらのお店。
一見さんお断り、予約のみでしか買えないそうです^^;



a0114345_635565.jpg


こちらは、朝ご飯のHBパン。
レシピはいつもの
『ブランジュリ タケウチ どこにもないホームベーカリーレシピ』より

“ショコラバナーヌ”

とりあえず、本のレシピを順番に作っています。
バナナは沢山あるのにほんの少ししか使わず^^;
バナナチップとチョコレートパウダー(これはなかったのでココアで代用)、チョコチップが入ります。
本にならって生クリームを添えたけれど、
『いらない』と言われる^^;

そうだね、生クリームなしでも十分だね



**きょうのワンコ**


a0114345_9482417.jpg


おひさまは気持ちいいね〜♪
こらこら花ドロボウ!!
サラダバーじゃありませんよ。
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-03-18 06:35 | パンやお菓子
ヘルシーもリッチも捨てがたい。。


a0114345_7183489.jpg

クッキー3種
『まいにち食べたい“ごはんのような”クッキーとビスケットの本 なかしましほ 著』より


まえにもご紹介しましたが、
なかしまさんのクッキーの本から。
作りたいものは沢山あるのだけれど、
うちにある材料で作れるものを3つ作りました。


右奥から、
レーズンサンドクッキーと
抹茶のぐるぐるクッキーと
ココアとマーマレードのドロップクッキー。

なかしまさんのお菓子はバターを使わず、菜種油で作ります。
お砂糖はきび砂糖で。
油以外の材料をボールにいれ、手でざっと混ぜ。
菜種油を入れたら手ですり混ぜる。
水を入れてゴムベラでまとめる。

あっという間^^

すり混ぜる時間は10秒以内で!!
と書いてあるくらいなので、本当にすばやく簡単に出来ます。
前回はフードプロセッサで作りましたが、
手で作った方が混ぜる感覚がわかっていいようです。

ボール一つでできるので、
レーズンサンドを作ったら、そのボールでココアのクッキーを。
抹茶のクッキーは巻いてから一度冷凍したのでちょっと時間がかかりましたが、
楽しくてつぎつぎ3種類作ってしまいました。

ココアクッキーは前回と同様、ココア濃いめの大人味、
抹茶もほろ苦く、ハハ的にはとっても美味しかったのですが、
miは『苦い。。』と半分で放り出しました。
taはどれも美味しいといって食べてました。

レーズンサンドクッキーが一番、子ども達にも安心なお味だったようです^^

ガラス瓶に入れてテーブルへ、
胃にもたれないので食べ過ぎてしまいます。
3種類あるとついつい1つずつ味見してしまうのが難点ですが、
見た目も楽しく、飽きないです^^


a0114345_7191650.jpg


お菓子を撮影していると、
もれなくイヌがついてきます。
ジャマです^^;



a0114345_7193083.jpg


ホットケーキ。
市販のホットケーキの素の味が嫌いで、、あの人工的な味はなんの味なんでしょうか?
普段は、適当に粉と牛乳と卵を配合して作っていますが、
ホットケーキの美味しい作り方が載っていると聞いて、
『オーブン・ミトンのおやつなお菓子 小嶋ルミ 著』を中古本で買いました。

美味しくつくるコツは、レシピの配合と混ぜかた、とのこと。
ふんふん、焼き上がりにはあまり違いはないようだが。。
miに聞いてみましょう。

この日は、一週間にたまたまホットケーキミックスで作ったのを食べさせてました。

『ねぇ、この前のはさ、素で作ったんだけど、今日のはさ、粉と牛乳でさイチから作ったんだよ、味違う?』

mi『ううん、一緒だよ』

『が〜〜ん。。』

もしかしたら、市販のものと同じくらいの味のレベルだというお褒めの言葉のつもりだったのかもしれないけれど・・・
その言葉にショックを隠しきれないハハの表情をみて、

taすかさず『一緒じゃないよ、こっちのほうが卵の味がすっごくするし、ぜんぜん一緒じゃないっ』

息子よ。ナイスフォロー♪

ハハの機嫌損ねると怖いもんね〜^^

ハハの作ったものに少しでも文句をつけると、
『じゃあ、もう一生作らない』とハハが言い、
taが『え”〜?!』
と言うのがいつものパターンで。

そのtaの反応が可笑しくて、
『そっちとこっちどっちが好き?』をしょっちゅう繰り返していたら、
最近は、
『こっちがいいって言うと、じゃあもうこっちは一生作らないって言うんでしょ?』
と先を越されるようになってしまった^^;
思春期とやらになったら、本気で嫌われたりするかもしれないから、、
息子をからかうのはもういい加減にした方がいいかな〜へへ

ホットケーキですが、
上記の本には、卵を泡立ててつくるもっとふわふわで厚いホットケーキの作り方も載っています。
そちらも魅力的なのですが、生地に生クリームが入ります。
スコーンなんかも載っていてこちらもとっても美味しそうなのですが、やっぱり生クリームが入るのですよ。
冒頭のヘルシーなクッキーを作りながら、
バターや生クリームを沢山使ったお菓子にも魅力を感じてしまう。。

やってることに矛盾を感じるなーー(汗)

それにしてもここ最近、
どんどん増え続けるお菓子やパンのレシピ本在庫。
全部作れる訳がなく、、1品作っただけで放置の本もある。。
でも、このごろのレシピ本、どれも写真や装丁がきれいで、
ついつい手元に持っておきたくなっちゃうんだなぁ^^




**きょうのワンコ**


だれか拾ってくださいな。


a0114345_7194559.jpg



もうちょっと大きいのもいますよ。


a0114345_7195937.jpg



『こんなに可愛い捨て犬がいたら、
すぐひろっちゃうよ〜♡』

と朝からイヌと会話するアホな飼い主。。

朝は、すぐ出かけてしまうので、
わが家の床暖房タイマーは夕方on。
冷たい床が大キライなわが家の2ワンコ。

冷たい床に座るくらいなら、
とどう見ても安定感の悪い段ボールの上の方が、
目線も高くなるしイイらしい^^;
“伏せ”だって、お腹が冷たいからすぐ立ち上がっちゃう。

昨日の学童からの帰り道。
よそのお宅の玄関先でバウバウ吠えるわんちゃんを見て、
『えらいね〜洋服も着ないで外にいるよ』とmi。

いやいや^^;
本来イヌはそれが普通っしょ。
『い〜ぬはよろこび に〜わかけまわり〜♪』のハズ。
ハリとりんは間違いなく
『こたつで丸くなる〜♪』だけどね^^;
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-01-26 07:20 | パンやお菓子
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin