Top
タグ:のんびりのびのび ( 4 ) タグの人気記事
Top▲ |
食育について思う。

a0114345_22345962.jpg


冷え込んだ朝、
霜がおりて外は真っ白に。
雪景色はなかなか見られませんが、この霜景色もなかなかいいものです。
でも、時に農作物には重大な被害をもたらすことがあるのですよね。

実家が豊橋なので、帰省時にはお茶どころ静岡の茶畑の側を通ります。
茶畑には必ず背の高い扇風機が設置されています。
こどもの頃からとても不思議に思っていました。
あの扇風機が、お茶の木あたりの低いところの空気と上の方の空気をまぜることによって
霜がおりるのを防ぐ、と聞いた時は『へ〜』と感心したものです。
お茶の葉は霜に弱いのでしょうね。

ベランダのスミレもすっかり凍ってしまい、そのままダメになってしまうかと思いましたが、
解凍されたあとはすっかり元通り。強いワ^^



a0114345_22352123.jpg


職場のコが最近通っているパン教室のパン。
朝食として食べていたのを観察。ジーーっ

『ポテトサラダとカットしたウインナーを真ん中に置いて、
生地の両端をカードでとんとんとカットして編み込むだけですよ。簡単ですよ。』

と教えてもらった。

それだけの説明でマネして作ってみる^^
なんとなくそれっぽく出来たのですよ。

でも、↑のは失敗作で、、
だって、出かけて帰ってきたら、もうこれしか残ってなかったの。
もっとちゃんと編み込めてたのもあったのだけどなー。

わざわざこんな小細工しなくても、味はいっしょだし、と思っていたのだけれど、
やっぱりひと手間かけると、なんだかちょっと豪華な感じになるし、食感が違うみたい。
ポテトサラダを加えるのもボリュームアップして食べ盛りの昼食にはとってもイイ♪
この組み合わせはこれからも使えそうです^^

もう一種類は、バターでソテーしたリンゴと電子レンジで簡単につくったカスタードクリームを包みました。
このリンゴとカスタードの組み合わせが大好きで何度か作るのだけれど、
なかなか思うような味のバランスになりません。
今回のはカスタードがちょっと甘すぎたな。。
う〜んむずかしい。



a0114345_22354652.jpg


こちらは
『はちみつれもんシフォンケーキ』

ちょっと膨らみが足りなかったし、
空気が抜けてなくて、空洞が出来てしまったけれど、
とってもしっとり出来ました。

おもったより酸っぱい^^
シトラス系のお味が好きな方にはオススメです。
子ども達の反応は意外によかったんです。
『すっぱいね〜』って言ってたのはワタシだけでした^^

レシピはコチラです↓
エキサイトの『Kitchen』よく参考にさせてもらってます♪




----

まえのエントリーでワタシの食への考えかたをちょっと書きましたが・・
タイミングよく、
仕事で管理栄養士さんとお話する機会がありました。

最近『食育』という言葉がさかんに使われますが、
ワタシは正直、なにをそんなに食育、食育いうのか理解できなかったのです。

ひとこと『食育』といってもいろいろな意味するところがあるようですが、
栄養素とか難しいこと考えなくたって、
ご飯とお味噌汁、お肉かお魚、野菜を使った副菜。
手の込んだものを作らなくても、これだけで充分じゃないかと思っていたわけです。

ところがね、
この考え、今時は“普通”ではないらしいのですよ。
栄養士さんが言うに、日本の食習慣『一汁三菜』。これが一般家庭の食事であったのは、
20年まえの話(え〜?オドロキ!!)で
いまの20代、30代、40代のおかあさんの食への考えかたはひどい。のだと。。

まず、食べられれば、食べてればいいじゃないか。とか。。
食の安全とかいう以前に、バランスのとれた食事の概念がない。

たとえば、プロスポーツのジュニアチームに子どもを参加させているおかあさんでさえ、
『汁ものとお野菜を加えてください』という栄養士さんのアドバイスに、
『ムリ、ムリ!!』のお返事。なんだそうです。

言いたいことはたくさんあれど、とにかくレベルを下げて、
出来そうなことをひとつずつ提案しなければダメなのだと。。

そしてさらに、、
いまの忙しい子ども達にとって、
食事の時間は、唯一の気を抜ける時間なのだそうで、
その唯一の時間に『食育』を押し付けるのはどうか。。という考えかたもでてきたのですって!(え〜??)
好きなものを食べさせてあげればいい。とかいうことかな?
確かに、今は給食だって嫌いなものは無理強いしないものね。

だから、いまの『食育』は本当に難しいのだと。
そうおしゃっていました。

現代の日本の食卓は、
ワタシの想像以上に深刻な状況のようです。
朝食をたべないで学校にくる子ども達、ひとりで食卓に座る子ども達。。
それはニュースの中での出来事、自分のすぐ近くで起こっていることではないと思っていました。
でも、現場に携わる栄養士さんの声なのだから、
それが、現状なのでしょう。

子どもの頃刷り込まれてしまった食習慣は一生涯変わらない。
そして、それがまた次の世代に受け継がれてしまう。
やっぱり『食育』って大切なんだなぁ。。


わが家の食事は、仕事から帰ってきてからの限られた時間で作るものですから、
本当にシンプルなんです。“質素”かも?笑
手の込んだ料理は作れません。

先日、

ご飯を炊いて、お味噌汁を作って、お肉だったかな?一品おかずを作って、
う〜んあとは、、と思っていたとき、
miが来て
『あとはお野菜だね!』って言ったのです。

そう、野菜がないなぁ、あと何作ろうって思っていたところだったのです。

ご飯と、タンパク質はお肉とお魚を交代で、
お味噌汁にはなるべく具を沢山入れてお野菜が沢山とれるように。
そして、ただゆでただけ、切っただけでもいいから色の濃いお野菜をひとつ。

これが、ワタシの食事の基本型。

わが家の『食育』。
子ども達に想いは伝わって、
間違えてはいなかった。かな♪とちょっとうれしかった娘の一言でした。


**きょうのワンコ**


a0114345_223694.jpg


ハリー
『家政婦は見た』風^^
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-01-23 20:45 | パンやお菓子
たんぽぽヘアゴムをつくる

ハハの夏休みもこども達の夏休みも終了しました。
夏休みの宿題、うわばき、防災ずきんに雑巾、それぞれ学童、塾で食べるお弁当。。
なんとtaは初日から水泳授業があり、プールバッグまで!
ランドセルと手提げいっぱいに詰め込んで^^

久しぶりにお迎えに来てくれたお友達と元気に登校していきました。

仕事が休みの間、
ミシンを使う計画も立てていたのに、
結局さわれず・・雑巾縫っただけだワ。

雑巾といえば、
以前ネットでちらっと見てから、
雑巾を縫う時は、バッテンに縫うのではなく、
うずまき状に縫っています。
丸いうずでも四角いうずでもいいのですが、
縫い目が重ならない方が、こどもの小さい手でも絞りやすい雑巾になるのですって。

今は雑巾も売っている時代、
あまりおうちでは縫わないのかしら?
ワタシが子供のころ、母は使い切った汚れたタオルで雑巾を縫ってくれました。
お友達の雑巾は、使用済みのタオルなのでしょうけど、なんだかとっても綺麗な雑巾で、、
うちの雑巾は汚くて嫌だな〜なんて思っていたものです。

でも、学校で使うとあっという間にねずみ色の汚〜い色に染まってしまうのだから、
やっぱり雑巾なんて、使い倒したタオルで作るべきですよね。

雑巾を縫うたびそんなことを思い出したりしています。


ミシンは使わなかったけれど、
先日、衝動買いした本を参考に、
こんなもの作ってました。


a0114345_064598.jpg

たんぽぽのヘアゴム
『手づくりのヘアアクセサリー 内田瑞恵著 』を参考に・・




本では、ヘアピンになっていましたが、
こどもにはヘアゴムの方が実用的なので^^

長方形に切ったフェルトを半分に折り、
”わ”になっている方にハサミで細かく切れ目をいれます。
それをくるくる巻いて縫い止めるだけです。
七夕飾りの”ちょうちん”の作りかたです・笑

最初に作ったものは、細かくハサミを入れすぎて、
フェルトがぶちぶち切れました(笑)
余り小さくきると、フェルトの結合が分解しちゃうみたいです^^;

ワタシが愛用しているのは少し厚めの色合いがやさしいフェルト。
たぶんこんな感じ

一般的なフェルトよりも厚いので、
巻くのがちょっと大変だし、本に掲載されていたもののような柔らかさは出ないけれど、
これはこれでなかなか可愛く♪
手元にあったフェルトでいくつも作ってみる。

最初の失敗作は途中で捨て、
2つ目のブルーはちょっと花びらの長さがながい、
黄色は花びらの太さがちょっと太かった、、
ピンクでやっと納得がいく感じで出来ました。

もうやめようっかな〜と思ったけれど、
まだオフホワイトのフェルトが残っている。
う〜んこれだけだとちょっと地味だなー。と
ギンガムチェックを重ねてみた。

これが一番かわいいかも〜♪♪


a0114345_01317.jpg


たて5センチ横12センチでフェルトとチェック生地を切り、
チェック生地を中に重ねて、たてに半分に折りたたみ、切れ目を入れました。

くるくると巻き、中心を通るようにしっかり縫い止めます。
花の大きさにあったシャツボタンを裏に合わせ、
ゴムに縫い止めました。


a0114345_072250.jpg


miの髪につけるとこんな感じです。
かわいいでしょ?
でも、たんぽぽというよりも”菊”か?

4つ作ったところでフェルトの在庫を使い切ってしまいました。
手芸屋さんに買いに行ったら、
お気に入りのフェルトは置いてなかった。
なので、一般的なフェルトを買ってきました。
こちらは薄手なのでまた違う感じにできると思います。

なかなか楽しい♪デス。ハマりました^^



-------*


実家から送られてきたかぼちゃがたっくさんあるので、
最近のお気に入りサイトsarajyaさんの”のんびりのびのび”コチラより



a0114345_091848.jpg

かぼちゃマフィン




かぼちゃのマフィンをつくりました。
素材の味を楽しめるように、とレシピのお砂糖はかなり少なめです。

ちょっと焼きすぎたし、カボチャをいれすぎたかな?(皮とたねをとったかぼちゃの重さで入れました)
ふんわりとはいかなかったのですが、食べこだえがあって
素朴な甘みで、朝食でもいけます。
かぼちゃ大好きなワタシにはとっても美味しかったです。

レシピはコチラ
sarayaさんは4人のお子さんのためにいつも美味しそうな手づくりおやつを作っていらっしゃいます。
写真もとってもお上手で、いつかワタシもあんな風に撮れるようになりたいな。。
レシピを惜しげもなく紹介されていて、いつも楽しみに覗いています。


a0114345_093751.jpg


撮影のために添えたスプーン。
明らかに食べにくそう^^;
miがこれでたべる〜♪と持って行ったけれど、
やっぱり、かぶりついてるよ^^
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2009-08-28 00:09 | ソーイング
はっぴ〜Birthday♪ mi〜


a0114345_234453.jpg


taがなにを一生懸命きざんでいるのかというと・・








a0114345_2354738.jpg

こなぷん キッチンスタジオに使うキャベツ。




miが20日に8才の誕生日を迎えました。
先週、トイザラスで悩みに悩んで決めた誕生日プレゼント。
今朝、開店を待ってチチに買ってもらいました。


専用粉(こなぷん)を水と混ぜて、型で抜いたりして、食品ミニチュアサンプルが作れるおもちゃです。
なにせ小さいので作業が細かくて、子どもだけでは大変なのですが、
taがおもしろがって一緒に作ってくれたので、
ワタシはまったく関与せずでした。
こなぷんで作った油に、揚げ物をいれるとちゃんとジューって感じの泡がでてくるそうで、
なかなか憎い演出までしてくれます。






a0114345_23215172.jpg

こんなに小さいよ




(ハハの知り合いでこういうのが好きそうな人がいるんですよーこちら
miも売り場で「kaさん(旧姓)が好きそうだね〜」って言ってましたから(爆))



こんだけ作ったらふたりとも相当疲れたらしいです(笑)
別売りで、ケーキやドーナッツなどが作れるこなぷんキットもあるそうで、
いまのコはおもしろい物があっていいな〜と思っていたら、
20年ぶりに復活したおもちゃだそうですよ。
でも、20年まえでもこどもぢゃなかったな..





今日は兄家族を招待してのmiの誕生日パーティーでした♪



a0114345_2338876.jpg

笑うイチゴのチョコレートケーキ




笑うイチゴと笑うサクランボは
こちら↓のブログでお見かけしてからいつかやってみたいと思っていました

のんびりのびのび

大ウケでした!
チョコプレートは、fuminovちゃんが以前ブログで作って紹介していたもの。
苦労したわりにはあまり上手にできなかったけれど、
作る行程はなかなか楽しかった♪
今回でコツがつかめたし、また挑戦してみます。
他の方はスゴいのつくってますよ。キャラクターチョコ



このチョコレートケーキは、
たかこ@caramel milk teaさんのレシピで作ったのですが、
大失敗でした。

タマゴをべつ立てにして、
ふんわりした食感のスポンジになるそうなのですが、
スポンジに混ぜ込むチョコレートをコーティングチョコを使ってしまったら、
どうも混ぜている間にチョコが固まってしまったのではないかと思うのです。
(たぶん、ふつうのチョコよりもかたまり安い)
見る見る間に生地の泡が消え、やっぱりほとんど膨らみませんでした(泣)

3枚にスライスし、間にチョコクリームとバナナを挟み、
なんとか見た目はフォローしましたが
納得できず。。



もうひとつ。




a0114345_072978.jpg

イチゴのロールケーキ


パーティー用に買ってあったデコレーショングッズがあったので
miに飾ってもらったら、
なんだかすごい感じ(笑)


こちらもたかこさんのレシピより。
たかこさんのロールケーキには大きく分けて2つあるようです。
もっちりした生地とかる〜い生地のロールケーキ。

こちらは、タマゴと粉と砂糖しか使わないさっぱりした生地のロールケーキです。
生クリームも軽めのものにしています。

チョコケーキがどっしりとすごいボリュームだったので、
ロールケーキは軽めのものでちょうど良かったです。



先日、学童の先生に
「miちゃんはときどき2年生とは思えないほど幼いことを言いますね。
そこがまた可愛い」と言われました。
なんだか冷めた生意気な口もよくききますが、
まだまだ幼いところもあり、
そのギャップがおもしろい。

鉄棒ができないからとスカートを嫌がり、
将来の夢は「スポーツ選手」だそうで^^;

いつもお手伝いありがとう♡
一人目のお兄ちゃんよりも
miはなんだかあっという間に成長してしまう感じ。。
ゆっくり大きくなってね。

「8才のお誕生日おめでとう」



a0114345_0142525.jpg

お食事はベーグルを焼きました


a0114345_0324537.jpg

[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2009-05-25 00:34 | パンやお菓子
カシュカシュフーディを作る


昼間の元気な時間には「今晩はあれ作ろうかな、コレ作ろうかな♪」と想像ばかり膨らむのだけど、
いざ、夜になるとなかなかミシンに向かう元気がない。。

今晩はいい感じに乗ってきたので、

最近、掲示板などでよく見かけるかたち。
『カシュカシュフーディ』(しばらくクシュクシュフーディだと思っていた)
を作ってみた。


a0114345_22361119.jpg

pattern ルシェルシュ カシュカシュフーディ 130センチ
生地 Rick Rack 雪柄 ジャガードスウェット グレー杢


ルシェルシュさんのサンプルを見た感じでは、
もう少しやわらかい感じの生地を使った方が
このパターンの良さが出るかと思うのですが、
この生地で作ってみたかったし、miはきっとこういう方が好きだと思う。




a0114345_22463252.jpg

「かわいい♡着てっていい?」
ほら♪好反応♪♪



最近、ハハの趣味で作ると着てもらえない服も多いので、
気に入ってもらえたようでヨカッタヨカッタ。


こちらのパターン、人気があるだけあります。
可愛いし、ほとんどがロックミシン処理ででき、とても簡単にきれいに仕上がります。
本体以外をしっかりしたスパンを使ったので、腹巻きみたいになってしまった(汗)

次回は、もう少し薄手のニットで作ってみようと思います。

レディースサイズも買っちゃったんだな。。
自分のぶんはいつになることやら、、

ひとつ悩むところは、フードの裏が見えるので、ロックの縫い目が丸見え。
ロック糸は色をあまり揃えていないので、これは困ったな。。
糸を買うか、テープをたたくか、、ちょっと工夫が必要だなと思っています。

----------

いちごが旬な今、
一度は作ってみたいと思っていたおやつ


a0114345_23151898.jpg

「いちご大福」

れしぴはこちら

いちご大福が自分で作れるなんて感動!ですよ。
簡単です。
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2009-04-03 22:14 | ソーイング
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin