Top
タグ:小嶋ルミさん ( 10 ) タグの人気記事
Top▲ |
ハッピーバースデイ&バレンタイン♪プレゼントはキャッツ回転席☆
a0114345_16321213.jpg


taが14歳の誕生日を迎えました。
左側に色の違うローソクを1本で10歳ぶんのつもり+4歳ぶんです。
年齢ぶんのローソクをさすとケーキが穴だらけになってしまう年齢になりました(笑)

誕生日ケーキのリクエストを聞くと、いつももれなく『ロールケーキ\( ・ٹ・)/』
になってしまうので、勝手に苺のショートケーキにしました。
最近、なんとか安定させたくてロールケーキばかり焼いていたのです。
(でも安定しないので、なかなか写真がこちらにアップされないのですが・・)
久しぶりにスポンジを焼いて、シンプルなショートケーキを食べたかったのです^^

18cmサイズで小嶋ルミさんレシピで焼きました。
今回は結構イイ出来だったのですよ!
9割方膨らみました^^(10割じゃないところがまだまだね・汗)
スポンジはふかふかでした♪
薄力粉をクオカの「スポンジケーキ用粉“アンシャンテ”」を使ったのが良かったのかもしれません。
ただ、小嶋レシピで作るといつもそうなのですが、
どうも焼きが甘いらしく、トップが生焼けです^^;
まったくもって素人な失敗なのですが、、
わが家はガスオーブンで火力が強いのでたいていのレシピ本より100℃は下げます。
その癖でいつも低めに設定してしまうのです。
何回もやらかしているのに忘れてしまうので、
次は忘れないようにココに書いておきます^^;

生クリームは1パック、苺も1パック(だって850円もしたんだもの!)で作ったので、
なんだか寂しい出来上がりに(笑)
でも、3段に積み重ねたスポンジの間には苺がたくさん挟まっているのですよ(︶。︶✽)

さて、この日は日曜日。
一日早い誕生日を祝っていた週末だったのですが、
taは、この日の夕方から調子が悪くなり、夕飯を食べる頃には熱が38度まで上昇!
幸い食欲&元気あり、「ケーキは食べたい!」と言うのでケーキはしっかり完食しました。
受診を迷いましたが、インフルエンザだと困るので夜まで診療している病院にかかりました。

検査の結果、インフルエンザはシロ。

その週、ハハは一年のうち一番の繁忙期で仕事休めず。
なんとなく元気で、熱は38度前後、用意した食事は自分で食べられる。
のをいい事に、ひとりでお留守番してもらいました。

そして、タイミングよく(?)
月曜の午後からtaのクラスはインフルエンザによる4日間の学級閉鎖となりました(涙)
当然、熱が出てから時間が浅いためにインフルエンザの反応がでなかった可能性は考えたのですが、
病院に連れて行く時間もなく、若さと気力で治してもらおうと放置を続けた結果、
木曜日になっても熱下がらずwさすがに元気も枯れてきて、、
そこからやっとチチに連れられ病院を受診。

結果、インフルエンザB型でした(ヤッパリ)
お薬ってすごいね、、すぐ熱下がりましたよ。
早くもう一度受診しておけば良かったね。。可哀想なことしちゃったな。

結局、まる一週間床に臥せった息子。
『ああ、やっと孤独から解放される』って言ってましたよ^^;


ところで、↑のショートケーキ、
デコレーションがひどいのはいつものことなんですけれど、
この日は朝から忙しくて忙しくて!!だったからもあるのです。


a0114345_16314323.jpg


miがはじめて今年、
『友チョコ作る!!』と言い出しました。
去年までは、チチと兄ちゃんと従兄の兄ちゃんのぶんを作ってたくらいでした。
世間で聞いてはいた『友チョコ』。
小学校4年生で始めるのは遅いほうなのかもしれません。


a0114345_16314462.jpg



チョコレート細工はたくさん作るの大変だし、
何よりも片付けが大変なので^^;
カップケーキを提案してみました。
これは、カップケーキをデコるためのクッキーパーツ。
クッキーは前日に焼きましたが、
一番小さい型を使ったので面倒でしたー。
クッキー生地はワタシが作り、miが頑張って型抜きしました。


a0114345_16314468.jpg



アイシングは面倒なので、手軽にチョコペンで☆
やり始めると楽しくなってきて、
見ていただければお分かりのように、
手前がワタシ、ハハの作品。
一見子どもとお菓子を作るいい母親ですが、
いえ、違います。自分で楽しんでるだけです(笑)

スマイルクッキーは<コチラ>の抜き型。
スマイルはんこをぎゅっと押すだけで可愛くなるのでとても重宝しています^^

焼き上がったカップケーキに溶かしたチョコレートを流し、少し固まりかけたところに
クッキーを配置。クオカで買った量の割には高かったハートチョコはひとつずつ^^;
で、完成したのはこちら。


a0114345_16314563.jpg

(これも出来のいいのだけ写真におさめてますよー。この他にもいろんなの出来てます・笑)

カップケーキのレシピは家にあった↓を参考につくりました。


デコレーションが可愛くて買った本なのですが、
カップケーキ生地のバリエーションが複数載っていて、
バターケーキ生地、シフォン生地、パウンド生地etc.

今はバターが高価で手に入りにくいので、今回はスポンジ生地を選びました。
カップケーキのわりにはフカフカすぎて物足りないけれど、
たくさん作るのでコスト重視で!笑
レシピ通りの12個ぶんで作ったのに、生地を泡立てすぎたのか、
なぜか20個できました(笑)

はじめての友チョコ体験。
たくさんのチョコを交換して、miは大満足の様子です。
みんな手作りで『どれも可愛くて、美味しい♪』と喜んでました。
わが家はまあ作り慣れてるのでいいですが、
お母さん忙しい方だし、きっと大変だったんじゃないかなーと想像するコも。

友チョコ、お母さんは巻き込まれて大変だけど、
女の子がお菓子作りにふれるキッカケになったり、
お母さんとのコミュニケーションの場になったりするんだったら悪くないかなーと思う風習です(笑)

___

さてこの日、朝からカップケーキを焼いてデコり、スポンジ台を焼いて、
ヘトヘトになりながらお出かけしてきました。

2011年2月12日(日)マチネ公演 キャノンキャッツシアター横浜

更新が滞ってる間もちゃくちゃくと観劇回数は更新しています^^;
観に行った事実は記しておきたくて、観劇レポも書いてきたこのブログですが、
観劇回数がブログ更新にまったく追いつかなくなったので、
全部書くのは諦めました(笑)
ここに書いていないだけで、さらにスゴイことになってますー。。

『誕生日プレゼントはキャッツの回転席がいい!』と言う、ワタシの一番の四季オタク仲間であるta。
回転席というのは、舞台に一番近い列から4列目までの席です。
休日の回転席チケットは、会員先行販売時に押さえておかないと、
なかなか取れないので、いままで座った事がありません。
今回はtaの誕生日に合せて取っておきました。

開演すると舞台の周りを客席がぐるっと回転します。
だから回転席♪
回るのは最初に1回だけ。だから、どうせ回るっていっても最初だけだしwなんて
いつも負け惜しみ言いながら眺めているだけでしたが、
いやいや、あの回転がね、なんだか自分もネコの異世界にぐっと引き込まれる感じがしまして、
「コレはすごい☆」と思いました。
今回は2列目だったのですが、舞台がすっごく近い!
こちらに向かってジャンプされると客席まで飛んできそうな勢いです。
大迫力の舞台にtaとふたりで大興奮でした。
ただ、近過ぎて、見やすくはないです(笑)
自分の首を動かさないと俳優さんの動きを追えないです。

横浜キャッツは円形劇場で、どの席に座っても、その席だからこそ楽しめる面白さがあるので、
回転席を一番のオススメにはしないですが、
一度座ると病み付きになるかもしれません(笑)

ちなみに、これを書き足している本日は、
S席の1/3ほどのお値段で座れるC席でしたが、
これはこれで楽しい席でした^^

taと「すごいね!すごいね!!」ときゃっきゃっ喜んで楽しんだこの日でしたが、
実は劇場で待ち合わせて話したときからtaは「喉が痛いんだよー」と言ってました。
ワタシが自分用に持っていたマスクをすぐにかけさせての観劇だったのですが、
それから夜にはまさかの発熱。
そして、この記事の最初にもどるわけです。

本格的に調子が悪くなって言ったtaの言葉。

『よかった、キャッツ観れて本当によかった。』

笑。

そうだよねー。熱がもう少し早く出てから観れなかったもんね。
ずっと楽しみににしてから、観れてよかったよね。

でも、最後に握手してた田邊タガーに移しちゃったのではと本気で心配していたta。
田邊さん次の日から抜けてしまったし^^;
そうだったらごめんなさいね。

と、ハハが本日の観劇で再び登場した田邊ダガーに心の中であやまっておきましたよ。

もちろん、今では元気に回復したtaですが、
4日間の学級閉鎖で遅れてしまったぶん、
その後の一週間は7時間授業になり、これがかなりキツかったようです^^

梅が咲き始め、春の訪れかと思いきや、
積もる程の雪が降りました。
なかなか暖かくならないのに、花粉の気配は感じる3月です^^;
みなさまも体調管理にはくれぐれもお気をつけくださいませ♡
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2012-03-05 02:08 | パンやお菓子
「オーケー!決まりだ」ソング&ダンス The Spirit 10/16と10/23
a0114345_1731650.jpg

小嶋ルミ「『知りたがりの、お菓子レシピ―小さなこつも、大きなポイント』より
抹茶のシフォンケーキ


白くみえるのはホワイトチョコです。
苦みのある生地にアクセントになるのですが、
焼いている途中で溶けて、冷めて固まってどうも食感がよくないのと、
生地の緑を吸収してイマイチな色になるのが気に入りません。

溶けにくいホワイトチョコチップがあればいいかも・・・?と思いながらも、
ホワイトチョコは商品によって味に落差があるのであまり期待してません。
この前は、チョコに変えて大納言を入れてみたら、コレはまた和風ケーキな感じで好評でした。

小嶋ルミ信者のワタシ^^;
すでに何冊も持っているルミレシピ本ですが、
この本は、ルミさんのシュークリームのレシピを知りたくて買った本です。

でも、まだシュークリーム作れてません。。
だって、シュークリームって驚くほどのたまごを使いますよね。
わが家は、毎週、大地を守る会で10コ、パルシステムで6コ買ってます。
お弁当とか料理で使うとお菓子に回す余裕がないので、
週末にお菓子を作ろうと思ったら、料理のぶんを節約するのです。

たまごなんて買えばいいのだけど、
あんまり摂り過ぎもよくない気がするし、
買いたいたまごは決して安くない・・だからいつまでも作れないシュークリーム・笑



a0114345_1731542.jpg



taが中学入学して、6年間毎年の恒例作業となるだろう、
学園祭への焼き菓子提供。
有志なので別に参加しなくてもいいのだけれど・・
こんな趣味でお役に立てるならばと去年もシフォンケーキを出品した。
常温保存ができるお菓子ならばなんでもいいそうで、
クッキーとかチーズケーキとかパウンドケーキを作るひとが多いみたい。
ワタシもいろいろ考えたのだけど、
材料が少なくて、コストパフォーマンスに優れ、失敗の少ないコレに落ち着いてしまう。

20センチの型でバナナシフォンと抹茶シフォンを焼いて、8切れにカット。
合計16切れを持って行った。
セロファンで一切れずつ包めば見栄えもよく♪
おそる恐る覗いた売り場ではさらに可愛らしいリボンでおめかしされて、
早々にお買い上げいただいたみたい。ヨカッタ^^
シフォンケーキが苦手という人、あんまり聞かないしね。

パンを作ってもいいかなーと思うのだけれど、
仕上がりが不安定なので、まだ厳しいかな〜

a0114345_1731510.jpg

CHECK&STRIPE BOXティッシュカバーのキット


taの学園祭には手作り品提供というのもあって、
これは半強制っぽい。
こちらの方も、洋裁の趣味を活かせればと思って、
去年は、数を多くしたほうがいいかと張り切ってシュシュを4つ編んだのだけれど、
今年は、2年目ということもあり、やる気が出ない。
簡単に作れて見栄えのするものはないかな〜と、考えていたら、
CHECK&STRIPEで材料とレシピでキット売りされているものを発見。

作ってみればレシピなんてほどのものじゃなくて、
端処理のほとんどいらないビニコ生地を型どおりに裁断して、
縁取りテープをぐるっと縫い付けて、マジッックテープをつけるだけ^^;
キットはリバティービニコとちょっと高級っぽいサテンテープがセットになってるので、
キットの値段はほとんど材料費だね。

バザー用はうちにあったあまり生地と、
子どもたちのヨダレかけスタイを作った余りだろうと思われる、
ニットのバイアステープで作成。
ずっと前に買ったCHECK&STRIPEのタグをつけて完成!
このタグが威力大でしてね、コレをつけるだけでなんだかちゃんとした物に見えるから不思議(笑)です。

お金のかかっているキット材料も自宅用に形にはしたのですが、
まぁあこのぴかぴかビニコの扱いにくさって言ったらなかったですわ。
ミシンの金属部分にべたべた張り付きまくって、、
こんな小さいもの縫うのにイライラ、イライラ・・・
仕上がりもひどい事になったので、売り物にはとても出来なかったです。。
ビニコはつや消しタイプに限りますな。

さて、この手作り品バザー、提出する際にいくらで売ってほしいのか“売値”の目安を書く事ができるのですが、
去年売り場を覗いたら、みんな結構お高いお値段をつけられていたので、
↑のカバーは『350円』って書いてみました。
高いですかね?
だってほら、ティッシュひと箱入れたし(笑)

これはバザーですが、学園祭にはPTAの手芸サークルがありまして、
そのサークルで売り出す作品がまたこれすごいのですよ。
本物そっくりの制服着た手作りベアなんてのもあって、
限定数なので朝から並んで買うのですって!
ワタシは正直言って、息子と同じ制服着たくまには興味ないですが・・・
制服もぬいぐるみも全部手作りなのだからすごいです☆
ああいうの見ちゃうと、ワタシのいい加減ソーイングなんて、
『趣味は洋裁です・・』とは恥ずかしくて言えないわ^^;

それにしても、簡単に『手作り品』って言われても、
困ってしまう。。というお母様たちの意見もよく聞きます。
どうしても作れないから、他人様からの頂ものを出したとか、
手作りっぽいものを買って出したとか苦労されている方も多いようです。
同じ学校の高校生のお母様ともなると
『私、今年は出さなかった』なんてサラっと言ってる方もいます(笑)
キリスト教の学校なので基本は奉仕の精神からの手作り品なのでしょうけど・・
なんで全員に手作りを求めるのかちょっと疑問です。

学園祭への提供品は、あと普通のバザー用品(雑貨とか食品とか)を3品、
こちらは強制で、
これまた結構なお値段で売ってくださるので変なもの出せないし、
一年間、バザーに出せるものを意識して集めておかなくてはいけなくて大変っ。

学園祭は9月だったんだけど、
ようやく話題にできてほっとした(笑)


以降また四季ネタ---------------



a0114345_1731649.jpg

『ソング&ダンス The Spirit』2011年10月16日(日)マチネ公演
と2011年10月23日(土)ソワレ公演 四季劇場「秋」


ブログをアップできずにすでに2回観ている事実・・・^^;
はじめから2回分のチケットを用意していたわけではありませんで、、
自分ひとりじゃなくては行けない夜公演でコッソリとっていたチケットを、
届いた途端こどもたちに発見されて、

『なんで1枚しかないの?』
『miも行きたい!』
『ボクも行きたい!』
と猛烈に抗議されて

『だってお金かかるから・・・・』

仕方なく、miのためにマチネのB席を追加して、
taとは予定が合わなかったので、別日でバルコニー席を予約してやった。
(バルコニー席とは、学生料金2000円という破格の値段の席で、
「秋」劇場だと2階席よりもさらに高いところにあるのだけれど、
セリ出ているので意外と見え方は悪くないらしい。一緒に行こうと誘われたけど、
一般だと4000円も取られるのでお断りした。ちなみにtaは自分のおこづかいで買ってる)

“ソング&ダンス The Spirit”は、劇団四季の新作ミュージカルで、
四季にハマってから日の浅いワタシは知らないのだけれど、
どうやら“ソング&ダンス”はシリーズもので、
前作の“ソング&ダンス 55steps”はとても評判が高かった作品らしい。

開幕前から“55steps”と比較しての少々否定的な感想も聞かれたし、
ひと足早く初日の観劇を終えたツイッタの四季クラスタの皆様からは、
痛烈な批判もあったりして、
すご〜く楽しみしていたワタシには、期待と不安が入り混じり、
じりじりしながら待つ観劇までの日々となった。

さあ幕が開いた!
ワタシの感想は・・・

ムダに長いです。
読む気のある方は↓をクリック

More・・・
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-11-10 01:34 | 劇団四季
あと3年後には・・・ライオンキング新CD
a0114345_1156328.jpg


プレーン・ホットケーキ 小嶋ルミ『オーブンミトンのおやつなお菓子』より


この本に載っているホットケーキは2種類ありまして、
かなりリッチな材料と泡立てタマゴでふっかふかに焼く『ふわふわホットケーキ』
粉とバターと砂糖と牛乳のシンプルな材料で作るオーソドックスなホットケーキ↑です。
ホットケーキはやっぱり思い立ったら!で作りたいので、
このレシピのほうがいいかもね。

美味しく作るコツは、いつもの小嶋ルミこだわりの混ぜ方にあるそうで、
混ぜ方も丁寧に写真入りで載っています。
とにかく、混ぜすぎないこと。
粉が消えるま混ぜてはいけないそうですよ。

この写真とは別日ですが、先日の台風の日には、
ホットプレートを出して、このホットケーキをおやつにしました。
みんなでワイワイ焼いたら、
台風のスゴい雨と風も、ママのいない不安も少しは和らぐイベントになったようです^^




--------

あ〜劇団四季カテゴリ続いちゃったな〜^^;

先日、劇団四季の現キャストで再録音されたライオンキングCDが届きました。
CDと録音風景DVDの限定版豪華セットです。
さらにおまけでミニカレンダーとしおりがついてきましたが、
早々にmiに持ち去られました。。

ずいぶん前に予約していたので忘れていたのですが、
どうも代引き払いにしていたようで、
手数料含めて7,000円越えしてる代金には、
今さらながらちょっとビックリ!!
『高っ!』

現キャストといっても、
いまだ北海道のサバンナにしか登場していない福井ムファサを筆頭に
道口スカー、田中くんシンバと金原サラフィキの未見キャスト揃いで、
かなり楽しみにしていました。

さ〜聞いてみよお♪

うっうう、、、すごい違和感。。

そもそも四季のCDではじめて手に入れたのがライオンキング。
それ以来、何度繰り返して聞いて(聞かされて)きたか。
ワタシの中ですっかりスタンダードになってしまった前ライオンキングとの違いばかりが
気になってしまって、
頭の中での次の音と違う音がくるもんだから
「ぎゃ〜なぜそこで下がる?上がる?」なんて大混乱(笑)

収録曲や順番など、特に目新しいものはない(これはディズニー側の制約が大きいのではないかと
想像します)ぶんさらに気になるのでしょう。


しょっぱなのラフィキからそうでしたが、
一番辛かったのが雲田さんザズ。
あのテンション高い明戸さんザズを頭がどうしても期待してしまう(笑)

おっいいね〜♪と最初に思ったのは、
翼くんヤングシンバ。
声高いなー可愛いなー。
それに対して、ヤングナラの紅葉ちゃんが男前な声なので、
「王様になりたい」でいったいどっちが歌っているのか聞き分けられないのは私だけかしら?

福井さんムファサは期待どおり、さすがですね。
こちらも申し分ない。
ハイエナさんたちも松本さんシェンジが大好きなので満足♪
一番違和感なかったのは、実は、
熊本さんナラかも。。
これは舞台で何回も観てるからかな?濱田ナラと歌い方が似てる?
あまりアレンジしようのない曲なのかしら?

これは一緒だなーと思ってたアンサンブルさんたちの歌は、
どうも再録音されてないという噂。。
「ワン・バイ・ワン」を聞いたtaが、
『これは前の(CD)だよ。阿久津さんの声じゃん!!』と言ってた。
ワタシは『まさか〜』なんて言ってたんだけど、
どおも四季通さんたち皆さんそおおっしゃってるので本当みたい。
さすがだなta。さすがライオンキングヲタク・・

道口スカーはですね、とっても素敵ですが、
優しいスカーだなという印象。舞台で観たい。

正直、最初に聞いたときはがっかりしちゃったんですけど、
DVD観て変わりました!
スタジオでの収録風景を中心としたDVDです。

耳から入ってくる情報だけではなかなか馴染めなかったのですけど、
DVDでみなさん歌ってる姿を拝見しまして、
やっと声と映像がつながりました。

そうです、だって舞台では聞き慣れている声と歌い方じゃなくても
こんなに違和感感じる事はないのですもの。

たくさんの俳優さんが、同じ歌詞、同じセリフの中で個性を出して演じるのですから、
みんなまったく同じではつまらないですよね。
それぞれのセリフの言い回し、歌い方があるのです。

それからもう一度聞き直したらほとんど違和感なくなりました。

ワタシが最初に感じた違和感は、
あまりに前CDを聞き慣れてしまっていたからで、
決して、新CDが良くないわけではありません^^
初演キャストはやはり語りぐさになることが多いですが、
それを引き継ぐ新しいキャストたちもぜひぜ頑張って欲しいですもの♪
ワタシはこれからもどっちも聞くと思います。

それにしても、やっぱり下村スカーすごくない?とか、
シンバのキーは高いのねー。坂本シンバの高音は気持ちいいもんなとか、
中嶋ティモンは声変わったなあとか、小林アトムプンバ懐かしいなとか、
濱田さんはどんな役でも濱田さんだなとか、
比較していろいろ思うところあり、楽しめます☆

DVDは四季ファンとしてはなかなか貴重な映像で、
たっかいお金だして限定版買ってよかったかなと思います。
四季の俳優さんたちはマスコミの露出も少ないですし、
ふつーにしゃべってる映像だけで貴重に感じますワ♪

みなさん、スタジオでマイクを前にして歌うのは、
舞台とは勝手が違うようで、身体を動かしながら歌っているかたが多かったです。

あちらの(本場の?)音楽プロデューサー、リチャードさんがいろいろダメだししてますが、
アンサンブルを新録音しなかったのは、
リテャードのOKが出なかったのかしらん?なんて・笑

舞台俳優さんて、ふつーにしゃべる声が皆さんとっても素敵なんですわ♪
それ聞いてるだけでうっとりしちゃいます^^
一番素敵だったのは、田邊さんですね。
ナレーションで声だけの出演でしたけど(笑)



taが感想をいろいろ言ってきて、まーっウルサいのですが、、

その中でも、

『福井さんいいねー。でもあと3年、いや、あと10年したらもっといいムファサになるね!
やっぱりまだ若いね。』
って、、、

あんた何様だよ?!!

たっくさんいらっしゃる福井ファンにとてもじゃないけど聞かせられない・・・(汗)
(ここに書いちゃってるけど^^;)
あのリチャードも満足げに手たたいてたでしょう!!
怖いものしらずの中学生。。あ〜怖い。

でも、ハハもさらにこれから脂が乗るであろう福井ムファサに期待しております。。

CD発売記念に、ぜひこのキャストで、東京で上演してください。

(このCD聞いて、ワタシの好きなナラのセリフは『ありえない、そんなことありえないスカー』じゃなくて、
『ありえないスカー、そんなことありえない』だったと気付いたので訂正しておきます)

______


a0114345_1730305.jpg


miの発表会用ドレスを作り始めました。
無数の重なり合うパターンから必要な線を探し出す大嫌いな型紙作り。
そして、失敗の許されない裁断。
面倒くさい芯貼りを終え、
ちょっとひと山超えた気分です。
まだ揃わない材料が届いたら縫い始めます。

今年は青です!

10月はお出かけが多くて忙しいので、
(浜松町とか、新橋とか・・うにぁ○△□×☆。。。)

今年は早め早めでがんばります!!
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-09-26 18:45 | 劇団四季
ユタと不思議な仲間たちー届け東北へ
a0114345_1214339.jpg


小嶋ルミ『オーブン・ミトンのおやつなお菓子』よりふわふわホットケーキ


ちと写真が暗いですね。
あっという間にメイプルシロップが吸収されるのでシャッターチャンスが短かったのです。

ホットケーキを作るならこのレシピという小嶋ルミファンの間では有名なホットケーキ(本当か?)
この本にはもう一種類シンプルな材料のホットケーキが掲載されてますが、
こちらは、生クリーム、バターをたっぷり使用、そして卵の泡立てが必要という、
ちまたには混ぜるだけのお手軽「ミックス粉」が主流の現代で、
たかがホットケーキにこの材料とこの手間・・という敷居の高いレシピです。

が、

たかがホットケーキと侮るなかれ、
これは美味しい☆
ふっかふっかだし、冷めても固くならないぞ!

ホットケーキは好きなんだけど、あの○永さんとかのミックス粉の香りと甘みが苦手で、
いろんなミックス粉をジプシーしたり、
適当に材料を合わせて作ってみたりしてたけど、いまいち納得のいかなかったホットケーキ。
これはいいわ〜

↑は、レシピの2倍量で27センチの鍋で焼いたビッグサイズ☆
(フライパンよりも無水鍋のような厚いお鍋が熱が均等に通ってきれいに焼けますよ。
実家ではいつも無水鍋の蓋で焼いてました。ワタシはフィスラーのステンレスシャローパンを使ってます)
2倍量にしても鍋が大き過ぎたようで、若干薄い仕上がりとなっているので、
もうちょっと厚く焼いた方が、本の写真のように焼き上がるかな。
鍋いっぱいにふっくら焼き上がった様子は、
ぐりとぐらのパンケーキのようで♪写真に収めなかったのを激しく後悔!



たかがホットケーキに材料費と手間をかける勇気のある方はぜひこのレシピお試しくださいませ。
ホットケーキの常識をくつがえしますよ!
って言い過ぎかな?笑

最近、小嶋ルミレシピワールドにどっぷりハマるワタシ。



さて、四季ネタ。

いよいよ劇団四季『ユタと不思議な仲間たち』
東北3県<岩手県・宮城県・福島県>計13都市の巡演がはじまります。
被災地の小学校や中学校の体育館を利用して、
子ども達や住民のかたがたを招待するそうです。


a0114345_1214314.jpg


ワタシも6月に四季劇場『春』で観劇しました。
初観劇でした。

最初は『ユタの衣装はなんだか田舎くさいし、あの気持ち悪い妖怪みたいなのは?』って感じで
ほとんど興味なかったのですが(ご免なさい!!)、
miが行きたい!と言うし。
調べてみると、四季つうのかたには大変評判よく、
「好きなミュージカルのひとつ」に挙げているひとも多かった。
そして、3月の震災をうけ、東北地方を舞台にしたこの作品を急遽上演することになったという背景も、
これは観ておかねばという気持ちを後押しする。

子ども向け作品だろうと少し甘くみていたワタシは幕が上がったとたん衝撃をうけた。
いやいやとんでもない!四季のうつろいを鮮やかにうつしだす舞台装置や美しい照明、
スピード感のあるダンスに心奪われた。
上川さん演じるユタはじめ、小夜ちゃん、一郎や大作たち村の子ども達。
クルミ先生や寅吉じいさんなど安定感のあるキャストたちに、
そして忘れちゃいけない、座敷わらしたち。
歌舞伎の隈取のようなメイクや変わった着物。
この奇妙なキャラクターたちがいったい何者なのか
そしてずっと不思議に思っていたありんこのような膨れたお尻がいったい何なのか、
これが座敷わらしたちの楽しくもあり哀しくもありあるストーリーのキーになってます。
梅雨の時期はユタに会えないとかね^^

都会から転校してきたいじめられっこのユタ。
座敷わらしたちと出会い、絶望のふちから救われ励まされ、そして成長するってお話で、
メッセージ性が強く、もともと涙さそうお話なのですが、、
さらにこの日本が東北に大変なことがおきたこの時期です。
ほとんどを東北出身者を集めたというキャストたちの
ふるさとの復興を願う想いを感じ、
最近すっかりゆるくなった涙腺は崩壊しほうだいで、
座敷わらし達の生い立ちで涙し、
『友達はいいもんだ〜♪』で嗚咽をこらえ切れず。号泣。
(これ書いてても滲んでくるんだけど^^;)
もうねえ、ペドロを演じた菊池さんがすばらしかったわ。
楽しみにしてた道口さんのヒノデロは妖しく美しかったし、
モンゼもみんな良かった!

セリフで語られる『南部弁』は美しくやさしく、
『日本人で良かった』と思えた舞台でした。

なんで今頃観劇レポートなのかですが、
あまりにいろいろ衝撃をうけてしまって書けなかったのですよ。。
なんて書いていいかわからずに^^;
でも。とうとうこの作品が被災地を巡演します。
舞台は劇場ではなく、学校の体育館です。
ワタシが感激した豪華な舞台装置や照明なんていっさいなしです。
観客がぐるっと囲むかたちで、同じフロアに舞台をつくる新しい演出が考えられました。

東京の劇場の豪華な設備がないからこと、
きっとそれだからこそキャストの熱い想いはストレートに、
東北の子ども達の心に響くのではないかなと思います。
<『ユタと不思議な仲間たち』東北公演>



『生きてるって素晴らしい』
『一人はみんなのために』
『みんなは一人のために』
東北のこども達に届けて欲しいメッセージは沢山ありますが、
それだけじゃなくてこの作品は、ユーモアもたっぷりで本当に楽しいのです。
東京の劇場にあふれていた、
子ども達の屈託ない明るい笑い声が東北の体育館にもいっぱいにあふれる事を願います。

東京に戻ってきたら、ワタシもまた観に行きたいな〜。
あまりに泣いてしまってよく観れなかったんですよね^^;
だから今度は冷静に。。
でも、


<ユタと不思議な仲間たち:東北特別招待公演取材会 >

ペデロ役の菊池さん。
菊池さんは釜石市出身なんですね。
震災の被害を受けた故郷への想いを語るとこで感極まってますね。。
こんなの見ちゃったら、
やっぱり次も涙なしでは観れないな〜〜〜(号泣)

東北の沢山の子ども達(もちろん大人のかたも)へ、
笑いと感動と元気が届けられますように。


このかたたちからもエールを☆

a0114345_1214516.jpg


一緒にがんばろう東北!

a0114345_1214459.jpg



だが転がってまで拒否られてしまったので(ハリー)、


a0114345_1214560.jpg



いくらか従順なこの方へ交代。


a0114345_1214510.jpg



『んだんだ』(りん)


a0114345_1214231.jpg


ハリーとりんが巻いてるのは、
ユタ観劇のときに来場者プレゼントでもらったてぬぐいです(笑)
『けっぱれ日本』
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-07-25 12:29 | 劇団四季
ルバーブとフキは違うのよ。
a0114345_1650368.jpg



送料浮かすためについつい余計なものを買ってしまうクオカ
いますぐ必要なわけじゃないけど買い置きしておくか的にカートいれたものは
本当に危険。。

しかも消費期限の長い缶詰なんて!
きになりつつもキッチンで一年寝かせてしまったマンゴー缶やっと開けました^^;
850gの大容量は嬉しいのだけれど、これも開封のハードルを上げる一因だったりする。

ピューレなのでプリンにするにはとっても便利です。
ヨーグルトにそのままかけて食べると濃厚でリッチ♪
一度で使い切れる量じゃないので半分は冷凍してます。

レシピは<コチラ>を参考に☆
簡単だけど、スーパーで売ってるマンゴプリンとはまったく違う仕上がりですよ!

マンゴー嫌いのmiはいつものごとく食べませんでしたけれど・・



大地を守る会からルバーブが届きました。
って勝手に届いたわけじゃなくて注文したんんですけど^^;
そして次の日にパルシステムからジャム用あんずと生クリーム到着。

2種類の食材宅配でほとんどの買い物をまかなっているわが家、
一週間まえに注文を済ませるので、
届いてから『こんなの頼んでたっけ?』と思う事しばしば。

何を考えていたんだか、、平日にごはんにならないもの。
しかも足が速いものばっかり揃っちゃって。。

ルバーブはパイを作ってみたくて去年も注文してみたのだけど、
発育不良だとかで届かなかったんだな。
はじめての食材で上手く使えるか不安があったので、
届かなくて正直ちょっと安心したんだった^^;


今年は作ったよ。
a0114345_16503645.jpg

『ルバーブのクランブルタルト』


土曜日まで待って、念願のルバーブタルトを作りました♪
(↑このタルト型も何十年もの。底の抜ける型が欲しいな〜)
ネットで調べたところ、ルバーブタルト(パイ)のフィリングはジャムにしたものを詰める、
カスタードクリームと生のルバーブを詰めるなどいろいろなレシピがあるようですが、
このタルトは小嶋ルミさんのレシピより↓



小嶋ルミ『知りたがりの、お菓子レシピ—小さなこつも、大きなポイント』


日本ではまだあまり馴染みのないルバーブ、
欧米ではポピュラーな食材のようで、もう一冊買ったルミさん本、
『パティスリー「オーブン・ミトン」の厨房から』にもルバーブを使ったお菓子が沢山載っていた。
小嶋ルミさんはルバーブ好き?

一度から焼きしたパートブリゼ(タルト生地)にさっと火を通したルバーブジャムを詰め、
クランブルを散らしてオーブンで焼き上げます。
最後の焼き上げでルバーブジャムがいい感じに煮詰まるというレシピ。

まず、小嶋ルミさんのパートブリゼ。これがすごく美味しい♪
作り方はとても簡単なのに仕上がりはさっくりと香ばしくてこれはイイ☆
ポイントはやっぱり混ぜ方かなと思います。
ルミレシピ、この本も混ぜ方親切に書いてあります。
そして上に載せたクランブル。クランブルも初体験で、いままで面倒くさそうと思ってたけど、
なんだとっても簡単なのね!
レシピは、ルバームジャムの前にラズベリージャムを塗るのですが、
そんなのないし、せっかく同じ日に作ったあんずジャムがあったのでラズベリーのかわりに使いました。


a0114345_16503550.jpg


あんずジャムも上手に出来たのだけれど、
ルバーブもあんずも酸っぱくて、
あんずのほうが強くてルバーブの味が負けてたかも^^;
チチは酸っぱそうな顔してたけど、
ワタシはかなり好みの味♪
ルバーブが手に入ったらまた作ってみたい。

『これ、何はいってるの?』って聞かれても
『ルバーブだよ』ってだけじゃ通じなくて、
『昔よくケーキとかにのってた緑の砂糖漬け(アンジェリカ)のやつ』なんて言ってもわかってもらえず。。
面倒くさくなって『フキ、フキみたいなやつ!』で終わらせておきました(笑)

土曜日にパートブリゼ生地とルバーブジャム、クランブルを用意して、
夕方に焼こうかな〜と思ったら
“あら熱を取り、まだ温かみがのこるくらいをどうぞ”なんて書いてあってその日は焼き上げを断念。

日曜日の朝から、タルトを焼いて、マンゴープリン仕上げてスイーツ祭り♪

だが、ご飯になるものがなんにもない^^;
なんだか疲れちゃったから朝ご飯はうどん。
具のない素うどん(笑)
そして無理矢理まだほんのりあったかいタルトを食べさせ、
マンゴプリンは『もうお腹いっぱい』って断られた(爆)

チチとtaは出かけたので、
miのお昼ご飯は残りの素うどん。
そしてワタシはまたルバーブタルトが昼ご飯。

手作りのお菓子なんていいお母さんね〜♪
なんてよく言われるけどそれは大間違い!
お菓子作ってご飯作ってないですから(笑)



a0114345_1650357.jpg



わが家は床生活なので、
食べてるとこんな風にアゴのっけてきます。
(のっけられてるのアタシの足。まだパジャマだし・・)

すると、だんだん眠くなってくる。

a0114345_16503436.jpg


カメラ向けると目が開いちゃうのが残念っ。
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-07-19 12:27 | パンやお菓子
サンジュのお祝いに・・ハンサムハンチングとmom
a0114345_16384571.jpg


久しぶりにパンを焼きました。
ただ丸めただけのパンです^^;

ホームベーカリーで食パンは焼いていたのですが、
成形してオーブンで焼くのは本当に久しぶりです。
震災後、節電のためにせっせと手ごねで焼いていたら、
肘を痛めてしまいました。。その前にも左肘を痛めた事があるのですが、今度は右肘です。
きっと力の入れ方が間違えているのでしょうね・・・

最近はだいぶ痛みもとれてきたのですが、
まだ荷物の上げ下ろしやぞうきん絞りがキツいです。

先日、娘miに
『お年寄りだからなかなか治らないの?』と聞かれました。
・・・・・お年寄り?
ひどい!(泣)
そりゃあもう若くはないけれど、年寄りではないぞ!

最近ですね、3人目を妊娠しました〜なんて嬉しいお知らせが立て続けにありまして、
miも妹が欲しいなんて羨ましがるので
『ハハはもう年寄りだから無理だよ。。miが早く大きくなって産んでくれ』
なんて言ってたものですから、
それをうけての発言でしょう。。
でもさ、“年寄り”と“お年寄り”ではニュアンスが違うよね^^;


アップしそびれて、なんとゴールデンウィークあたりの話題なのですが、

a0114345_16384635.jpg


こちらまぎれもないお年寄り^^
じいちゃん(ワタシの父)が今年は数えで『80歳』ということで、
兄家族と『傘寿』のお祝いをしました。

やけに接写でトップだけ写しているのは、
毎度の汚いナッペを隠すためです^^;
朝からケーキ焼いて、料理作ってでかなりテンパってたんですよ。
なんだか寂しい仕上がりだな〜って後になって気づいたのですが、
“傘寿”にちなんでデコレーション用の傘を飾る予定だったのですけれど、すっかり忘れたんですね^^;


じいちゃんへのお祝いには、


a0114345_16384628.jpg

pattern 『ハンサムハンチング』 WHISTLE@



使用生地は、たぶんcheck&stripeさんのリネンだったかリネン混だったか・・
最近、とんとミシンはご無沙汰で、布も在庫から引っ張り出してきているので、
いつ買ったものだか分かりません^^;



せっかくなので、ばあちゃん(母)にもお揃いで、


a0114345_20434749.jpg

pattern 『mom』 WHISTLE@



ハンサムハンチングはひさしに、momはブリムにワイヤーが入っていて、
自由に形が変えられます。
momは、見える所だけリボンを、見えない所は綾テープを接いで、ぐるっと一周通していますので、
サイズ調整が可能です。

WHISTLE@さんの帽子パターンは初期のころよりも、
最近に発売された帽子のほうが作る工程が簡単になっています。
せつこさんがそんなに裁縫の心得がない人にでも作れるようにと、
工夫を重ねているのだと思います。
NYハンチングというパターンも持っていますが、
ひさし付けがとても難しく、それに比べるとハンサムハンチングは、
『あれっ?これで完成?』ってくらいあっさり作れます。

ワタシはWHISTLE@の帽子パターンが大好きで、
他のパターンでは作ったことがありません。
今年の3月で休業してしまい寂しい限りですが、
再開を信じて、その時が来るまでたんまり持ってるWHISTLE@パターンで暮らして行こうと思っています。

今回、はじめて父の帽子を作るにあたり、
母にサイズを聞きました。
母は頭が小さくてなかなか市販のものではサイズが合わないので、
いつもワタシが作るものを喜んでくれるのですが、
なんと父も母と同じサイズの
『56センチ』
ちっさ。
ちなみに娘のワタシは“58センチ”普通ですわ。

それで、2つともSサイズで作ったのですが、
父に実際にかぶってもらうと、頭のサイズはぴったりなのですが、
顔のサイズには合ってない感じなんですよね。
男の人には、頭サイズで作るのじゃなくて、
少し大きめで作って、サイズテープで調節するくらいがいいのかな。。と。
母にはもちろんmomはぴったりでした。
自分から「これ(ハンチング)も似合うと思うわ〜」と被ってみると、
確かに、コンパクトに可愛くまとまりなかなかよく似合っています。
母が両方使ってくれるかもしれません^^
父にはまた今度、またいつか、きっといつか・・
作り直せればいいな〜^^;


この日、テンパっていた原因のひとつが
コレ↓です。

a0114345_16384616.jpg


小嶋ルミさんのスポンジ生地レシピ。
これに関しては<コチラ>にあれこれと書いていますが、
いまだに習得できずにおります。

手前が最初に焼いたスポンジ=失敗例。
奥が焼き直したスポンジ=成功例
です。
同じレシピですよ!!

成功のカギは、卵の泡立て具合と粉の混ぜ合わせと思います。
卵の泡立て具合の見極めを間違えると、
(この時は水あめを入れ忘れて、途中で気づいて加えてからまた泡立てたので泡立て過ぎだったと思う・・)
粉を混ぜ合わせるときに、本どおりの回数(80回)をこなしてしまうと、
上記失敗例になるようです。
いやいや(汗)長年ケーキを焼いてきましたが、
こんなにも膨らまないスポンジを焼いてしまったのは、
久しぶりではないでしょうか^^;
この失敗作はそのまま冷凍庫にぶちこまれ、
後日、<くまさんケーキ>の耳となりました。
固くて非常に細工のしやすいスポンジでしたよ^^;

ううっ・・スポンジ難しい(涙)
まっ相変わらずの雑なケーキでもみんな『美味しい♪』と喜んでくれたのでヨシとしましょう。


それにしても、父が80歳なんて・・信じられないわ〜
娘のワタシがこの歳ですから当たり前なのですが^^;
父は、趣味レベルを超えた趣味の畑仕事のお陰で、足腰強く、日に焼けた姿は、
傍目にはそんな歳には見えないと思う。
目がどうの、血圧がどうのと年相応の不具合はありながらも、
母と元気に暮らしてくれていることに感謝・感謝☆
これからも変わらず元気で(祈)

それにしても、
ワタシが“お年寄り”だったら、
じいちゃんぱあちゃんは“化石”じゃないかい?
>miさんよ
(笑)
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-06-24 17:12 | ソーイング
支援とは・・
a0114345_11333349.jpg



これは『はなもも』です。・・・よね?
好きです、はなもも♪
一本の木に白、うすピンク、濃いピンク・・と色の違う花が咲いていたりして、
花数も多くて、なんとも華やかです。
家に庭ができたら植えたいなと思ったまま月日は過ぎ。。
えっ?今年は10年目??ひえ〜


a0114345_11333210.jpg


久しぶりに撮ったお菓子の写真です。マクロが使いこなせずピントが微妙^^;

小嶋ルミ『おいしい生地』よりスフレチーズケーキを作りました。
カスタードを作って、泡立てた卵白を混ぜていくちょっとだけ手間のかかるレシピでしたが、
ふんわりしっとり焼き上がりました。
待ちきれなくて焼き上がりにすぐ食べちゃったけれど、
一晩冷蔵庫で寝かせたほうが断然おいしかったです。
これはレモンが入っていないのでたまご味のチーズケーキです。
レモンいれたらだめかな〜?次はいれてみようかな^^



震災から一ヶ月以上が経過しました。
首都圏では、平日の通勤時間帯は、電車がほぼ通常通りの運行にもどり、
朝はエスカレーターも動き出しました。
スーパー内は相変わらず薄暗いですが、ほとんどの物が揃い、
だいぶ日常が戻ってきました。
ディズニーランドも再開したしね。


そんな中、被災地支援のために自分は何が出来るのか・・を日々想い、
結局、直接は何も出来ないという結論に達したのですが、、

先日、以前職場で一緒に働いていた<後輩ちゃんのブログ>を見てとても驚きました。
彼女は現在ボストン在住なのですが、一時帰国する予定があると聞いていました。
帰国の際には毎回私たちに顔を見せに寄ってくれる彼女ですが、
今回の帰国はスケジュールが厳しくて東京に寄る事はできないということも聞いていました。
それは震災前の話で、その後日本は大変な状況になりましたので、
帰国そのものを中止したかな・・と思っていました。

もし相談があれば「帰ってこない方がいいよ」と答えていたと思います。

そんな自分がとても恥ずかしくなりました。

だって彼女は、もともと厳しかったスケジュールを調整して、
自分の資格と経験を活かし、いったい何が日本に起っているのかを自分の目で確かめるべく、
医療ボランティアとして被災地を訪れたのですから。。


彼女はすでにボストンに戻っていますが、
同じ日本にいても知り得ない被災地の医療現場の様子を、海のむこうから発信してくれています。

ぜひ、読んでください。コチラ→『Life is beautiful』


これを読んでですね。
ワタシは『何も出来ない』じゃなくて『何もしてない』だけじゃないかと愕然としたのですけれど、
たとえば、ワタシが被災地に行ったとしても、何もお役に立てる技術も芸もないわけで・・・
やはり募金をするくらいしかないのです。

でも、何かないかな〜と探していたところ、
被災地の子ども達に手作り通学グッズを送ろうという運動を見つけまして、
作ってみました。


a0114345_11333229.jpg



しばらく前に、友人が同じような企画に参加したのを聞いて、
すぐに探してみたのですが、あっという間に予想以上に数が集まったようで、
募集を中止しているものが多かったのですが、

すぐに作って送ればなんとか締切りに間に合いそうな企画を見つけました。
「なるべくお家にある材料で、華美になりすぎず」とのことでしたので、
taの入学グッズを作ったときの余りを使い、
もう使わないであろう男の子向けのフロッキーやワッペンも活用できました。

余りものの寄せ集めですが、決して手を抜かず丁寧に作ったつもりです。
こんな時だからこそ、手に持って嬉しくなるようなピカピカを届けたい。
そう思いました。

もう締切りを過ぎましたので、そのサイトのご紹介はしませんが、
全国から沢山の善意が集まったようです。

作る側は、趣味や仕事で普段からミシンに向かっているような人ばかりなのですから、
それを活かせて、しかも被災地の人たちのお役に立てるかもしれない、
そんなありがたい場を提供していただいているのです。
『支援』できてるかも・・そう思えて、ミシンをかけている時間はなんとも癒された気分になりました。


大変なのは、それを集め、希望する方にその希望に見合ったものと量を梱包して送る。
というコーディネート役の方ですよね。
当然すべてボランティアです。本当に頭が下がります。


支援は、支援する側の自己満足で終わってはいけません。
何が本当に必要とされているのかを知るのはなかなか難しいです。

大きな避難所では、支援物資も行き届いているけれど、
小さな避難所や、個人宅で暮らしている人はまだ何もなくて困っているという話しも聞くし・・・

最近こんなサイトをよく見ています。
被災された方や原発から避難した人などが欲しいものを直接書き込む掲示板です。

『○○が必要です』の書き込みに対し、
物資を提供する人が『○○送れます。よろしければすぐ送ります』
いらないものであれば、『○○は結構です。お気持ちだけいただきます』
などとても秩序あるやりとりに感心します。
ワタシも何か送れるものがないか、これからも気をつけて見て行こうと思います。

コチラ→『ボランティアプラットホーム』



最後にもうひとつ、ぜひご紹介したいブログがあります。

最近、福島県から避難した方々を医療機関が診療拒否したり、避難所に入るのを拒否されたりという、
哀しいニュースを耳にします。
目に見えない放射能に関して、何が危険なのか、何が大丈夫なのか、
わからない事が多くて不安なのは確かです。



『放射線を正しく怖がる』ために、
東大の放射線治療を担当するチームが、今回の原発事故に関して正しい医学的知識を発信しているブログがあります。
コチラ→<team nakagawa>

特にこの記事はぜひ読んで欲しい→『放射線はうつるのか?』

少し内容は難しいですが、とても説得力があります。

根拠のない情報やデマに惑わされて、地震、津波、原発で十分に傷ついている福島の方たちを
これ以上傷つけてはいけません。
すべての人、その中でも医療にかかわる者こそ、正しい知識を持って、彼らをフォローしてあげて欲しい。
そう願います。
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-04-22 00:34 | 日々のこと
13th birthday!!
a0114345_1338495.jpg



miが学童で作ってきたマシュマロ菓子。
『ママとパパ いつもありがとう』のメッセージつきでもらいました♡
簡単にできてとっても可愛いです。
先生のアイデアに感心♪デス^^


taの誕生日でした。


a0114345_13395286.jpg



2月の早生まれ、
周りの子より、歩くのもしゃべるのも書くのも遅くて、、
比べては焦った頃もあったけれど。。
気がついたら追いついて、
担任の先生に、
『taくんの精神的発達に周りが追いついていない』と言われるようになったのはいつ頃だっただろう?

でも、いまだに反抗期らしきものが見えてこないのは、成長止まったか?笑

ハハとしては、言いたいこともいろいろあるのだけれど^^;

大きな病気やケガもなく、
ここまで元気にすくすくと成長してくれた。
それ以上に望むことそして、ありがたいことなんて何もない。だよね^^


a0114345_13384791.jpg


『13歳の誕生日 おめでとう』



今回のバースデイケーキは、
小嶋ルミ「おいしい生地」より“紅茶風味のチョコレートケーキ”です。

毎年、ロールケーキをご所望になるtaですが、
いまハハは、小嶋ルミ法習得中<コチラ>ですので、
リクエストは聞かずに決めました。

前回は、混ぜ方を勘違いしたまま挑んで玉砕したので、
今回は、さらに詳しい作り方が書いてある小嶋ルミ本を立ち読みしてリベンジです。

ちゃんと卵液の温度も測って、40度まで温めて慎重に進めてた・・のですが、
途中で、ハタと気づいたら、、
卵ロールの作り方見てた(ガーん・・)
だって、だって(泣)
『スポンジ生地の作り方は“基本のスポンジ”を参考に』って書いてあるから、
前のページを見て作ってたら、
“基本のスポンジの作り方”との間に、“卵ロール”の作り方があったんだよーー。

てことで、膨らまなかったので、
くやしいのでもう1コ焼きました(笑)

2回目は、少し卵を泡立て過ぎたかなー?って感がありましたが、
1回目のスポンジよりも5mm高く焼き上がりました。
前回よりもきめ細かい焼き上がりだったので、
すこ〜しずつ上達はしてますけれど、
まだまだですな(ふぅ)


a0114345_1724166.jpg


このレシピ、
3段にカットしたスポンジに紅茶シロップをたっぷりしみ込ませて、
チョコレートクリームをサンドします。
このたっぷりしみ込ませたシロップのせいで、
スポンジがふわふわなのか・・がよくわからないんです^^;

それに、、ひどいナッペですねー。
きっとクリームも泡立て過ぎなんですね。
なんとかしようと撫で付けているうちにさらにクリームが硬化したし。。

今回ですね、このデコ下手もなんとかしたくて、
ついに!回転台とスパチュラ(いままで餃子包み用のヘラでやってた)を買ったんです!!

が、

バレンタインと雪が重なって、
配送が間に合わなかった。。残念(涙)
たとえ回転台とスパチュラがあったとしても大して変わらない出来映えだったでしょうが^^;

写真を見ればおわかりのように、
このきったないナッペをなんとか隠せないかと、
苦し紛れのピンクチョコを削ってのっけてます。
このちょっとのピンクがね、香り高いアールグレーシロップとチョコレートクリームのリッチなバランスを
見事に安っぽい味に壊してくれてましたよ(汗)
ワタシはピンクを削りとってから食べました。
ピンクはもうやめときます。^^;



さて、13歳になったtaくんですが、
先日のエントリー<コチラ>を読んだチチより、
『これじゃtaがダメな子みたいじゃないか』とクレームがきたので、
今日はちょっとこんな話題でアゲときたいと思います。



学校で英語のスピーチコンテストがありまして、
まずクラスの選考会で代表者3名のうちの一人に選ばれました。
そして、4クラスの代表者での本戦で・・・


a0114345_13384944.jpg


『2nd☆』
(いろいろ消し加工してたらよくわからない画像になってスミマセン)

まったくの親ばかネタですみません。
でも、taがですね、
『スピーチコンテストで優勝してブログの話題を作ってあげる!!』って言ったんですよ。
1位がとれなかったので、
『タイトルを“惜しくも2位にする?”』って聞いたら、
『惜しくない』って言ってました(笑)


優勝者は英検準2級のお子さんだそうなので、
よく頑張ったのではないでしょうか^^
来年は優勝する!そうなので、さらに頑張ってもらいましょう。


そして、小学校1年生から続けている書道。
お教室で練習してきたものはそのまま自分で捨ててしまうので、
先日、久しぶりにtaの作品を見て驚きました。


a0114345_1338484.jpg



あらっ、いつの間にかこんなのが書けるように!!

これはかなり自信作のようで、
自ら冷蔵庫に貼ってきたので(笑)写真撮りました。
今月はじめてのお稽古でいきなりいいのが書けたので、
その場で“小躍り”したらしい(笑)
上手いかは別として、その“小躍り”を見たかった(笑)

そんでもって次週。

a0114345_13384943.jpg


『先週と比べてどお?』
ってまた冷蔵庫に貼られたので^^;
どおですかね?こっちのほうがいいかなぁ?

あと一回のお稽古でお清書だそうです。
いいのが書けるといいね。
受験でのブランクを取り戻せてきたねと先生に言われたそうです。
継続は力なり、こちらもがんばってね。


a0114345_13384672.jpg


中学入学したての頃は、食が細くて、
背ばっかり伸びてがりがり君だったけれど、
最近はやけに食べるようになってきて、
『お腹空いた』『なんか食べるものある?』『ご飯なに?』
このセリフばっかり・・

ずっと使うつもりで買い替えたお弁当箱もみっちり詰めないと
『足りない』と言われる始末。
現在、ご飯は8割強詰めで1合入ってます^^;
フタでギュっと押さえるくらいまで詰めたら、高校生まで使えるかな?笑

物欲のないtaが、誕生日プレゼントに選んだ物は・・
『劇団四季 ライオンキングのチケット』
なぜかハハ以上にハマって、
毎日、毎日CDを聞いているので、
さすがのワタシも『また、ライオンキング?』って文句を言うくらい^^;

3月のなるべく前方の席をとりました。
一人で行くのは寂しいそうなので、
しょうがないな〜ハハが一緒に行ってやるよ^^
まだまだ可愛いもんです・笑
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-02-21 23:59 | パンやお菓子
小嶋ルミ『おいしい!生地』より
a0114345_13103788.jpg




お正月にチチの実家に帰ったとき、
青果市場に勤めるお義兄さんから、
『ケーキでも作って』と高級イチゴを4パックもいただきました♪
きゃ〜☆
クリスマスのケーキにだって、『イチゴはまだ高いからダメ』って買わなかったのに^^;
うれしいぃぃ♪



a0114345_1231842.jpg




イチゴを惜しげもなくたっぷり使って♡イチゴショートを作りました。
最近は、ロールケーキやシフォンばっかりでホールのスポンジを焼くのは久しぶりです。

今回は小嶋ルミさんのレシピで作ってみました。
評判がいいのを知って、しばらく購入を迷って迷って買った本。



楽天ブックス: おいしい!生地 - スポンジ、パウンド、シフォン…焼きっぱなしで極上に -


スポンジは何年も焼いてきましたが、
納得できる出来だったものは、、
実は1回しかないのです・笑
一度だけ、キメが細かくてふわふわのスポンジが焼けたことがあるのですが、
いつも同じレシピを使っているのになぜアレが焼けたのか、
いまだにわかりません。

今までのだって、美味しいは美味しいのです。
でも、手作りの美味しさです。
ケーキ屋さんのケーキとは違うのです。

そこで、ケーキ作りの腕をもう少しあげるべく、
小嶋さんのレシピに挑戦です。

この本、なぜ評判がいいのか・・・
すごく指示が丁寧なんです。
まず、材料は卵まですべて“g”表示。
そして、電動ミキサーで何分泡立てる。
シリコンヘラで何回混ぜる。
など、非常に細かいのです。

これを分かりやすいと感じるか、
面倒くさいと感じるかは人により受け取りかたが違うかもしれませんが、
レシピに忠実に作れば、必ず美味しくできると思います。

さて、じゃあこのイチゴのケーキが上手にできたかというと・・・


a0114345_1231835.jpg


失敗しました(笑)

このレシピ、泡立てた卵と粉を混ぜ合わせる回数が
“80〜100”回!!
いい加減、後半は手が痛くなりました^^;
卵の泡立て具合はいい感じだったのに、
混ぜ合わせるうちに明らかに生地が縮んだし、
何かちがくない?
とりあえずオーブンにつっこんでから、
う〜ん、本当にこんなに混ぜてもいいのかなー?と本をぺらぺらめくっていたら。

最初にでてくる、一番重要な『おいしい木のための、混ぜ方』に衝撃的なひとことが!!

------

『切るように軽く混ぜます』とよく表現されますが、
私たちプロはそのような言葉はほとんど使いません。

------

『ガ〜ン』

『そおなんだあ〜。。』

いままで張り切って、切ってたなあ(笑)

生地に対してヘラを縦にいれるのではなくて、全面を使って混ぜるのですって!!
そして、軽くではなく、つやが出るまで混ぜ込む。
その他にも、ボールを○度回転移動させながらとか、
もお目からウロコですよ!!


本の構成は、もちろん巻頭から、ハンドミキサーでの混ぜ方、ヘラでの生地の混ぜ方、
と重要な基本的なテクニックの丁寧な説明からはいります。
それをすっとばして作り始めたワタシがいけないのです。。

最近は、混ぜが足りないことが失敗をまねくと言うことには気づいて気をつけていたのですが、
切るように混ぜることに自信すら持ってしまっていたワタシは大ショッックです(泣)
自己流ってだめなのね。

味はね、良かったですよ☆
やっぱり、イチゴと生クリームと卵たっぷりスポンジ生地の組み合わせは最強です。
膨らみがいまいちのスポンジでもこの味ですから、
きっとちゃんと成功すればもっと美味しくできるハズ!!

早速リベンジしたいところですが、
昭和生まれのワタクシ、
クリスマスでも誕生日でもないのにホールのケーキを作って食べるには
なんだか後ろめたさが^^;

なので、リベンジは同書より、


a0114345_1231670.jpg


『チョコロール』


我が家のオーブン天板が小さいため、
材料を2/3に減らし、生クリームも減量して外塗りはなし(だって1パックしか買わないし)、
巻き込むフルーツは、パイナップルが欠員のためキウィとラズベリーのみとなってます。

『基本のスポンジ生地より砂糖が少なめだから泡立ちが大きくなる』とか
『ココアの油分で泡が消えやすいので混ぜすぎない』とか
お菓子つくりってデリケートなんだな〜と改めて思います。

こちらは、本の指示どおりのヘラ使いを目指しましたが、
長年しみついてしまった『切るように混ぜる』が邪魔をして、
なかなかスムーズにはいきませんでした、ガっ、
頑張って直していこうと思います。



さて、この出来が果たして成功なのか?はわかりません^^;
天板が小さいから本よりも巻きが少ないしね。

でも、このチョコロールはtaが『ウマっ☆』といたく気に入って、
ご飯まえなのに『もう一切れ食べたい』と言う。

『ご飯前だし、それに、いま食べたら明日食べるぶんが無くなるよ』と言ったら、

しばらく考えて。。

ta『食べる!食べたい!!明日おいしいより、今おいしい方がイイ!!』

ハハ『よっしゃ。そこまで言うならもう一切れ食べてもヨシっ』

たかがロールケーキ一切れに(爆)
それくらい美味しかったってことで^^;


同じく、同書のシフォンケーキは2回作っていますが、
こちらもとても美味しくできました。
2回目なんか膨らみすぎて型から溢れ出そうだったし(これはこれで何か間違えてるかもしれないけど)
小嶋ルミさんのレシピ、
とても勉強になります。

小嶋さんは教室も開催されているようで、
一度行ってみたいなー。
でも、遠いし(武蔵小金井)、受講料高いし(2回で2万円弱)、、
と思ったら、こんなのも発売されています。


楽天ブックス: 小嶋ルミのおいしいイチゴのショートケーキ&バタースポンジ(vol.1)DVD講習つき -


楽天ブックス: 小嶋ルミのおいしいシフォンケーキ&ビスキュイ DVD講習つき(vol.2)


こっちを買うべきだっただなー。
『おいしい!生地』でも写真と丁寧な解説はあるけれど、
“すかさず左手でボールを1/6回転”とか
“10秒間に30回転”とか、生地の状態とか、
絶対、文章よりも映像のほうが分かりやすいよね。
ナッペの方法も紹介されているらしいよ。
ホールのケーキは何がイヤってデコレーションですべてを台無しにしちゃうからな〜。

持っている本と多くのレシピが重なっている事実を差し引いても
DVDを手に入れる価値があるような気もする・・
でも、一冊2,500円也。
最近、四季に散財してるワタシには簡単に手を出せる金額じゃないよ〜。
よ〜く考えます。ハイ。
はじめて買う方は、絶対DVD付きをおススメします。


小嶋さんのレシピの中で、
スコーンも美味しいですよ。

a0114345_1231772.jpg


こちらは同書『おいしい!生地』より“プレーンスコーン”
お食事用を意識してあるのか、甘さ控えめです。

でも、ワタシ的には、


a0114345_1231784.jpg


楽天ブックス: オーブン・ミトンのおやつなお菓子
の“オールドファッション”(スコーン)のほうが好みです。
甘みが強くて、コーヒーショップなどで売られてるスコーンな味です。
お菓子的な感じ。
型抜きが面倒なので、もっぱらめん棒で伸ばしたらカードで三角にカットにしています。

最近のお菓子づくりは、
気づけば、なかしましほさんか、小嶋ルミさんを選んでます。
かなりお気に入りです♪


あっ、最後になりましたが、
お義兄さん、
イチゴ、ごちそうさまでした。
とっても美味しかったです。

また、よろしくお願いします。
(笑)
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-01-27 22:55 | パンやお菓子
母の日に。

a0114345_14134467.jpg



実家から、じいちゃんの畑でとれたイチゴとサクランボが届きました。
お店で売られているハウス栽培のイチゴは
もう季節が終了のようですが、
路地ものの父のイチゴは、毎年、GWあたりが盛りです。

形も大きさもさまざまだけれど、
おひさまにたっぷり当たったイチゴは、
実がしまって、味が濃く、
ジュースにすると最高♪です。
あまり熟さないうちに摘み取って、保冷材と一緒に送ってくれますが、
アシが速いので、毎朝ぜいたくに使ってジュースでいただきます^^
イチゴと牛乳、自家製ヨーグルト、控えめにきび砂糖でガーッとフープロで♪


a0114345_14141034.jpg



イチゴよりも子供たちがよろこぶもの。
サクランボです。


a0114345_1414284.jpg


酸っぱいのにあたったようですよ。

ときどき甘くて、ときどき酸っぱいそうです^^

ワタシは、いまどきお店では見かけないようなこの小さなサクランボの酸っぱいのが
苦手で・・
今回も3つ食べてリタイアしたのですが、
子供たちは酸っぱいのに当たろうがまったくお構いなし。
わが家の子ども達は、おやつ代わりに梅干しをつまむくらいなので・・^^;
こんな酸っぱいサクランボでも大丈夫なのだと思っていたのですが、
遊びにきたおともだち姉弟にも出したところ、みんなでペロッとぜ〜んぶきれいに平らげてくれました。
子どもってサクランボが好きですね〜

食材宅配のカタログに載っていた、
500g3000円超えの高級佐藤錦。
今年はいっちょ買ってみようかと心傾きかけたけれど・・
甘〜いサクランボの味を覚えてしまったら、
こんな素朴な味を楽しめなくなってしまうかもしれないので、
やっぱりやめておきましょう^^



日曜日は“母の日”でしたね。
とくに何のサプライズもなく、慌ただしくすぎて行く一日。
夕方、ばたばたと片付けをしながら
『母の日なんだから掃除機のひとつくらいかけてほしいもんだよ』
と愚痴ひとつ^^;


a0114345_14144638.jpg




月曜日の朝、布団の中から見つけました。
『ママのすきなすみれ色のカーネーションだよ。いつもありがとう』のお手紙付き。

そういえば、インターネットの折り紙サイトを見ながら作ってたね。
使いっぱなしになってたクーピーやら、ハサミやらを
『キーっ!!』てなりながら片付けたのはハハなのだけれど、、
これを作っていたのだね。

あとから聞いたら、
夜ねるまえにお布団に隠してくれたそうで、、^^;
はなびらがちょこっと折れるくらいの被害で済んでよかったよ。

うれしかった♪どうもありがとう♡

ワタシはと言えば、、
母の日に、実家からイチゴとサクランボとお野菜が届き、
チチの実家から冷やむぎとお米が届きました。

荷物が無事に届いたのかと心配して掛けてきた母からの電話で、
『おかあさん、いつもどうもありがとう』(爆)


a0114345_14152691.jpg


長い休み中、どうしても手抜きになるお昼ご飯。
最近、わが家でお気に入りの簡単料理

“うどんぎょうざ”

ゆでうどんとひき肉とニラと卵をごちゃっと混ぜて、塩こしょうとお醤油で下味つける。
少し多めの油でお好み焼きを焼く要領で平たく焼きます。
食べるときは、酢醤油とか餃子のたれとか、ポン酢とか、
餃子を食べるときのお好みの調味料で召し上がれ♪

たまたまどなたかのブログで見かけて作ってみたらとっても美味しかった。

餃子の具とうどんを混ぜて焼く。ワタシはちょー適当に作りますが、
“うどんぎょうざ”で検索かけると、
クックパッドなどでレシピがでてきますよ。
意外と有名な料理なのかしら?

子どもたちにも大好評なんです。
どうぞ一度お試しあれ!


a0114345_14145998.jpg


GW中にできた唯一の裁縫もの。
イヌたちがなぜか寝床を作るときに前足でホリホリします。
そのため座椅子の座面が破けてしまいました。
いっそ捨てて新しいものを買おうか、、
カバーを作ろうか。。しばらくそのまま使っていたのだけれど、

せっかくのお休みだしと一念発起。

苦手なファスナーは使わずに、
不具合はそのたびに補正しながら作成。
何年か使って少しつぶれてきた座面を使い古しのタオルを巻いて底上げ。

こうして生まれ変わると、部屋も明るくなった気がするし、あきらめて捨てないでよかった。

生地はIKEAにて購入。
水玉は特価で150センチ幅399円/M
水色は999円/Mでした。
カーテンのオーダーも出来るしっかりしたキャンバス地のインテリアファブリック。
デザインも色も素敵なものがたっくさんあって、
つい、アレもコレもと手を出しそうになる。。キケン危険^^;

IKEAの生地、おすすめですよ。



a0114345_14164813.jpg


GWの宴で残った白ワインで、
ドライいちぢくの白ワイン煮をつくりました。

『オーブン・ミトンのおやつなお菓子』 の
ドライフルーツ入りオールドファッション・ショートケーキ(スコーン)を参考に。
本では、ドライプルーンを入れて焼いたものが掲載されていましたが、
プルーンの代わりに、このいちぢくの白ワイン煮を入れてみました。

こっこれはウマイ!!と自画自賛^^


**きょうのワンコ**


a0114345_14182379.jpg


GWに済ませたお仕事がもうひとつ。
イヌたちのトリミング♪
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-05-14 06:05 | 日々のこと
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin