Top
タグ:発表会ドレス ( 17 ) タグの人気記事
Top▲ |
2012年発表会、終了しました^^
みなさんこんにちは。


a0114345_1558150.jpg




放置しすぎて、
さていったい何から書いていいものか・・・
ブログ更新の仕方も忘れてしまいました(苦笑)

ご心配おかけしていたかもしれませんが、
家族みな元気に暮らしております^^

さて、放置しているあいだに忙しくいろいろあったのですが、、
おいおい紹介するということで(出来たらですが)


毎年恒例、子どもたちのエレクトーン発表会がありました。
ま〜忙しくって!
ドレス作りに取りかかるのが例年よりかなり遅くなりまして、
どうなることかと思いましたが、
当日の出発間際まで、星どめ、かがり縫いなど往生際悪く頑張りました(笑)


a0114345_1558132.jpg


今年5年生のmi。
エレクトーンを弾くことは苦ではないらしく、
練習しなさい!と叱ったり、
先生に言われて、ハハが練習を見るということもなくなり。
数年前まで必ず繰り広げられた、涙の修羅場はなくなりました(笑)
勝手に練習して、一人でレッスンに行き仕上げていました。

夏場の土曜日は、午前中はゴスペルサークルの練習に行き、
片道1時間を電車に乗ってレッスンへ。
そのまま、また1時間電車に乗って、夜まで学習塾へ。
よく頑張ったと思います。



a0114345_1558233.jpg




miに比べて、なかなか練習に身の入らないta^^;
ハハが言わないと平気で「ああー、忘れてた」と
練習をさぼります。
でも、秋に入ったころから、彼も本気がでました。
去年は練習不足で本番では思うように弾けず、男涙を流しましたので(笑)
今年はよく練習していました。
本人も満足いく演奏ができたようで、
演奏後はいい笑顔が見られました。

学校から帰って来てのんびりするとすぐ練習を忘れるので
『練習終わるまで夕飯なし』ルールを決めました(笑)
コレなかなか有効だったようです(笑)

taも部活終了後、電車で1時間のレッスンへ、
帰宅は10時を過ぎます。
よく頑張っています。



a0114345_1558347.jpg


毎年、男子衣装は悩みどころで、
服は適当に見繕って、帽子を手作りしてのっけます。
身長は少し伸びたのですが、相変わらずガリガリ君で、
ズボンのサイズがなくて困ります。
今年は、GAPではじめて大人サイズのパンツを買ってみました。
本人が部活で忙しくて買い物に行けないので
『一番細身で、一番ウエストサイズが小さい黒で!』と店員さんにお願いして選んでもらいました。
なんとか履けたので良かったです(笑)

シャツは一昨年の発表会用に買った
H&Mの160センチサイズです。
一昨年のシャツが着れることに軽く目眩がしましたが^^;
いい感じにぴちっと着れたのでまあ、良かったです。

帽子は、WHISTEL@さんのSOFT HAT。
この帽子、苦手です。。なかなか納得のいく仕上がりになりません。

でもね、小花柄のコーディロイで作った帽子が、
なかなか息子に似合いましてね←親ばか。
可愛かったですよ。
またおいおい紹介します。

taは『花柄かよ〜!」って言ってましたけど(笑)
ハハには逆らえません。
用意されたものを勧められるままに身につけます。

お花をくれているコのドレス、
どこかで見たことある?
miが3年前に着たドレスです(笑)
一度きりしか着ないドレス。
お教室の小さい女の子達が着てくれています。


a0114345_1558335.jpg


さて、miのドレス。
かわいきみこさんの 『発表会のための姉妹の服』より
“シフォンを重ねたハイウェストのドレス”
を140センチサイズで作りました。
ぴったりサイズです。

ぴったりで作れるのが手作りの醍醐味ですが、
ちょっとふっくらなお年頃のmi。
来年はもう無理です。


a0114345_155831.jpg


毎年、かわいきみこさんのパターンでドレスを作っています。
どれも素敵なので、順番に違うデザインを選んでいます。
完全にハハの趣味で作っているので、
娘の要望はほとんど聞きません(笑)

今年は地味でしょう?笑

茶色のバックサテンシャンタンに緑色のシフォンと茶色のシフォンを重ねています。

当初の計画では、
1曲目の「トワイライト」をイメージして、
夕焼けの色を再現したかったのです。

a0114345_1611062.jpg



行き当たりばったりで生きてるワタシにはめずらしく、
生地見本を取り寄せて、試行錯誤してみたのですが・・
赤とオレンジを重ねてみたり、黄色を混ぜてみたりしたのですが、
なかなか思うような色が再現できず。
なぜか、茶色ベースにちらりと緑が覗く、にピン!ときてしまい。
このような地味色になりました(笑)

今回はバラード系の2曲だったので(もう1曲は嵐の曲でした)
大人っぽい衣装だったのは良かったと思います。
本人は、膨らんだ袖とか、ちくちくするパニエが大嫌いなので、
喜んでいましたよ(笑)



a0114345_1558415.jpg



ベースが地味なので、
ウエストリボンに縫い付ける造花は慎重に選びました。

憧れのラ・ドログリーが近くに出来たので、
喜び勇んでお花を買いにいったのですが、
いかんせん、いちいち物がお高くて^^;
ポイントになりそうな小さいお花だけ買って、
後は安価な装飾用の造花屋さんで買いました。

造花屋さんでは、プラスチックで出来た固い花が多いので、
触って、なるべくシルクフラワーぽい、柔らかい素材の花を選びました。
額の部分がプラスチックのものは、外してから縫い付けてます。

この造花のお陰でかなり華やかになったつもりでしたが、
会場ではやはり地味でした(笑)

これは、これでハハも気に入っております。


a0114345_155849.jpg



家の中はぐしゃぐしゃですが、
発表会の後は、部屋にお花があるのがいいですね^^

今年もバタバタでしたし、
すごくやらかしてしまった一大事もあったのですが^^;
なんとか予定のものは間に合ったし、


a0114345_1558510.jpg



終わったあとはこの笑顔だったので、
子どもたちがそれぞれ満足できたいい発表会でした。

帽子のこと、初挑戦したシフォン生地の端処理のことなど、
また書いておきたい事があるのですが、またおいおいと。。

このまま放置しかねないので、
超特急で書いてアップします!

ふわふわドレスは去年で最後。
と思ったけど、やっぱり可愛いのがもう一回作りたいなぁ。
来年もまだ着てくれそうだから、
来年はまたふわふわドレス作ろうかな(笑)
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2012-11-19 17:40 | ソーイング
2011エレクトーン発表会とドレス作り
a0114345_16195233.jpg



お花屋さんてセンスの違いがはっきり出ますよねー。

去年みつけたこのお店は、とてもとても素敵に作ってくれるのでお気に入りです。
わが家は無料配達エリアにはいっているので、
事前にネットで注文して当日の午前中に配達してもらえます^^


a0114345_16195240.jpg



↑の花束は、エレクトーンの先生に発表会でお渡しする花束です。
お店のサイトではいろいろな注文方法がありますが、
これは『赤〜紫系のグラデーションで、シックに大人っぽく、予算は7000円で』とお願いしました。
お教室のメンバーで合同で差し上げる花束なので、
毎年、お店選びにプレッシャーを感じていたのですが、
お任せで安心してお願いできるお店が見つかったので心強いです^^
使用したお花の名前をすべて記載したカードが添えてあり、
先生もとても素敵な花束と喜んでくださいました。

お花をお願いしたショップは、
横浜市青葉区にあるフラワーショップLa Franceさんです。おすすめ♪
あまり花束やアレンジをお願いする機会もないのですが、
今度ぜひ実店舗にも行ってみたいと思っています。




a0114345_16195354.jpg

なんだかシルエットがお姉さんらしくなったなと思うmi



年に1回、子ども達のエレクトーン発表会がわが家の一大イベントとなって7年。
子ども達はそれぞれ13歳と10歳になり、
練習をしないで挑んで恥をかくのは自分であるということがわかる年齢ですので、
以前のようにハハが練習につきっきりになって、号泣しながら弾く^^;
なんてこともなくなりました。



a0114345_16195449.jpg

毎年同じアングルで写真を撮るのでなんだかデカくなったなと思うta



ちょいちょいお尻は叩きますよ(笑)
miはいいのです、学校から帰るとエレクトーンの練習をするというのがしっかり習慣になってます。
問題はtaのほうで、、放っておくと、
「練習したの?」
「あっ忘れてた」って平気な顔して言ってきますからね。
「ご飯もうすぐ出来るからその前にやっちゃいなさい」とか、
寝る間際に「今日は練習したの?!」とかいちいち確認するのがストレスフルです。
勉強や部活をこなしながらエレクトーンを続けるのは大変なことだとは思うけど、
「辞めたくない」って言うならちゃんとやってもらわないとね、
お月謝高いんだからさ。

じゃあ、子どもの発表会でなぜにハハが大変なのかって、、
衣装作り。これにつきます。
最近は可愛くて安い輸入ドレスがネットで簡単に手に入ります。
あと、子供服屋さんでも作るのがバカらしくなる値段で売ってますよね。
こんな時代に手間かけて材料費かけて、
毎年手作りにこだわるのは、、

ワタシの楽しみ。
それだけです(笑)
大変、大変とか言いながらやっぱり作りたいのです^^


ブログ用に発表会当日に撮影した写真が、
PC取り込み時のトラブルで消えてしまいました(泣)
なので、嫌がる娘を説得して今朝また来てもらって撮影。
ワタシもドレスを作る時は他の方のブログなどを参考にさせてもらってます。
着用写真が一番参考になるので、
ワタシの拙い作品でもどなたかの参考になればと思い、
しつこく数枚載せますね。


a0114345_019167.jpg



今年のドレスも大好きなかわいきみ子さんのドレスです。
4歳のドレスから7着目になります。
すべて、「発表会のための少女の服」も含めすべてかわいさんのレシピです。
デザインはシンプルですが上品で、
シルエットが美しく、
ワタシのような素人作品でも既製品と変わらない仕上がり☆に見えます(笑)

ちょっとコスプレ調で(笑)絶対に既製品にはないデザイン。
最初に目にしたときから、いつか作ってみたいと思っていました。
本では可愛らしい水色の生地に金色のコードを使っていますが、
それではあまりに曲のイメージに合ないのと、
miには原色のほうが似合うと思い鮮やかなブルーを選びました。



a0114345_01952.jpg

かわいきみ子著 発表会のための姉妹の服より
「いつか王子さまが」金色のコードをはめたドレス


今年の曲は、T-Squareの“宝島”と“EL MIRAGE”。
フュージョンです。
そもそもフュージョン弾くのにドレスってのが無理があるのですが、
“宝島”の海のイメージで青を選択!ちょっと苦しいけどね。

表生地はノムラテーラーさんの シルクシャンタンを使用。
昨年使用したインドシルクよりもお値段少々安め。ネップがちょっと気になるけど、このお値段ならしょうがないのかな。
子どものドレスには十分な品質でしょう。
胸当てと袖にはノムラテーラーさんの 東レストレッチサテンを使用しました。
miが袖を嫌うので毎年ノースリーブを選んで作ってきましたが、今年はパフスリーブ。
少しでも動きやすいかと思ってストレッチ生地を選びました。
ストレッチと言っても、若干伸びるかな〜という感じです。
袖のギャザーは綺麗にでたし、少しでも伸びがあるのはいいかと思いましたが、
胸元には変に柔らかさが出てしまい、ここはピシっとした生地を使ったほうがいいかと思いました。
胸元が綺麗にいかなかったのはサイズ選びに失敗した方が大きな原因です。
去年のドレスを130センチで作ったのと、最近は140センチの服を買っていたので、
なんの迷いもなく140センチの型紙を選択してしまいました。
考えてみればmiのジャストサイズは130センチ、
140では大きいのは当たり前です。
面倒くさくて、試作しないで本縫いしてしまったのが失敗でした。
手作りの一番の良点は“身体にぴったりなものを作る”だと思っているのに、大失敗でした。


a0114345_0184885.jpg



出来上がったあとに少しだけ悪あがきで修正してみましたが、
コードを縫い付ける前身頃部分が最初の大きな山場であるこのドレス。
すべて作り上げてからの修正はこれが限界でした^^;

今回使用したコード、クロスしているものが0.5センチ幅のコード、あともうひとつ、
切り替えの部分に使用してる1.5センチバイピングコードを使っています。
なかなかいいものが見つからなかったのですが、
リボン類の品揃えが豊富なRiBBONsさんで購入しました。
特にバイピングコードはラメ入りのイメージどおりものが来て喜んだのですが、
miは『ちくちくする!』って文句言ってました^^;
首周りにぐるっとつくのでしょうがないのです。

このドレス、コード付けなどちょっと面倒くさい作業はありますが、
基本的に難しい行程はありませんでした。
そもそもドレスは複雑な行程なく、ただただまつり縫いなどの手縫いが多くて、
とにかく手間がかかる。
これは毎年のことです^^;

反省点はいくつもありますが、前述したサイズ選びの他にウエストリボンについて。
このドレスのリボンはうしろで蝶々結びをしてるだけなのですが、
下にパニエを履かせているので押されてしまい、上がってきてしまうのです。
くびれのない体型なのもあるかもしれません。
当日、急遽安全ピンで固定したのですがイマイチ上手くいきませんでした。
以前作った「発表会の少女の服」のドレスでは、
リボンの下の部分とドレスのウエスト部分を千鳥がけで縫い付けたものがありました。
今回もそうすれば良かったです。

パニエも今年は新調しました。
パニエは作るのも大嫌いで、miも「ちくちくするからヤダ」と言われる嫌われ者なのですが、
「〜姉妹の服」に掲載されているパニエは「〜少女の服」よりも若干作りやすく、
裏地のスカートの上にチュールを重ねる仕様なので、履きやすいようです。
今年はパニエに関して文句が出ませんでした(笑)
パニエを作るなら「〜姉妹の服」のレシピをオススメします。

ドレス以外のことですが、
miのサイズが大きくなってタイツと靴が見つからず困りました。
可愛いものは小さいサイズしかないし、大人用ではまだ大きすぎるし・・・
悩んで、悩んで選んだのがこの靴↓

キャサリンコテージさんの『シフォンフラワーシューズ ピンク』 22センチ

柔らかく、エレクトーンの足ペダル演奏もしやすかったようです。
高かったので来年もはけることを切に願います^^;
いろいろ探しましたが、ドレス関係のものはキャサリンコレージさんが一番サイズが豊富でした。

さらに苦労したのが、この靴に合せるもの。
黒タイツでも白タイツでもイマイチだし、靴下ではおかしいし・・・
結局、ファンシーショップ(?)のようなところで、3足千円で売っていた大人用網タイツを買いました。
おそらく、ロリータファッションとかで使うものじゃないかしら^^
当然大きいのですが、上のほうでたぐませたまま履かせたらなんとかなりました。
残りの2足はルームソックスとワタシのブーツ用黒ハイソックスを購入して、
思ったより安く、可愛いのを買えたので満足です(笑)


a0114345_16195348.jpg

WHISTLE@さん handsomeハンチング


男のコに着せるものは本当に困ります。。
ピアノだったら、ベストとパンツとかの優等生スタイルでもいいのかもしれませんけどね。
今年も普段でも着れるチノパンと長袖Tシャツを新調して、
ざっと作った帽子を載っけて出てもらいました。

チェック生地は実店舗で購入。
¥1600/Mのなかなかお高い生地だったので40センチだけ購入^^;
ざっと作ったわりには可愛くできたのではと自画自賛^^
でも当日被っただけで放置されてますけどね。。



最後に、親戚閲覧用親ばか動画です。
よろしければ・・・・^^;


宝島



EL MIRAGE



緊張のためもあるのか指がかなりすべっています。
まだ指の力がないのです。
特に薬指、小指の力がなく、手の平をたてて弾く悪い癖もでていますが、
この歳でフュージョンを弾いてしまうのには正直驚きです。
昔よりもアレンジが簡単になってるとは言え、
ワタシは高校生で弾いたよ〜^^;



ムーンライト・セレナーデ



ブラジル


taは練習量が少ないので難しい曲には挑戦できないですが、
表現力としてはさすがのお兄ちゃんです。
なかなかよく弾けているのではないかと思うのですが、
今年はかなり緊張したようで、思うように弾けなかったようです。

ここだけの話・・・演奏後にまさかの悔し泣きですよ(驚)
上手く弾けなくて涙するくらいですから、
その後の練習は相当がんばっていると思うでしょう?

いえ、そんなことないです(笑)
後悔するくらいならもっと練習すればいいのにね〜

年内にアップできてよかった〜。
寒くなってきましたが、
みなさま、よいクリスマスをお過ごしくださいませ♪
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-12-24 02:41 | ソーイング
2011運動会とドレス完成。
a0114345_13215454.jpg


10月の最後の土曜日。miの小学校の運動会でした。
暑くもなく、寒くもなくの晴天!
絶好の運動会日和☆

taが入学したときからずっと、運動会は9月の中旬でした。
毎年、毎年、の度重なる猛暑の中での開催で、
『運動会の時期をずらしてほしい』と再三保護者から嘆願して、
今年はようやく10月末の開催となりました。

小学校側にもいろいろ事情があるそうで、
9月に開催していた理由として
「運動会までは子供が興奮してなかなか落ち着かない、夏休み明けのなるべく早いうちに終わらせて、
落ち着いて後期を迎えたい」というのを聞きました。

10月の開催になって今年はどうかというと・・・
夏休みが明けてから9月は子供の集中力がなくて大変だったと先生談。
年々夏休みが短くなって、まだまだ暑い時期から登校開始、
2学期制のため始業式もなく授業開始、
運動会はまだ先のため大きな目標もなく、練習もはじまらない・・・
子供達はダラダラなんだかやる気がみらえない、と。
運動会は後期のカリキュラムになったので、練習も後期に入らないと始められない。

もうね、2学期制がすべての原因だと思うんですけど!!
3学期制に戻して、成績表をもらって終業式して夏休み。
始業式して9月から2学期で運動会に向けて練習開始。
冬休み明けたら3学期。
けじめがあってこれが一番イイと思うのよね。
横浜市は公立中学校は3学期制に戻したのだし、
小学校も戻して欲しいと思います。

さて、さて、
話が逸れてしまいましたが、
運動会といえば、まずはお弁当。


a0114345_13215396.jpg



今年のお弁当は“五目いなり”にしてみました^^
ワタシの両親が来てくれたので、
5人分。
これくらいの量が一番作りやすいかも。


いなり寿司は味付きのおあげを買って、
酢飯をつめて、上部を折り返し、
錦糸卵とでんぶ、小松菜をゆでてつゆの素に浸して刻んだもの、
市販のかつお振りかけorサケちりめんを少しずつ載せただけ。
簡単で見栄えがいいです。

a0114345_13215332.jpg


おかずは、絶対欠かせない(笑)鶏の唐揚げに、
煮たまご(前日にゆでて、タレに漬けておくだけ)、ほうれん草のおひたし海苔あえ、
はんぺんのチーズ&ハムサンドフライ、適当に作った飾り切りのかまぼこ。

ワタシにしては珍しく、ちゃんと前の夜から下ごしらえをしておいたので、
当日は余裕があった(5時起きだけどね)。
毎年、たまご焼きを作っていたけど、今年は思いついて煮たまごに。
前日から用意しておけるおかずは便利でいいですね。
定番になりそうです。


a0114345_13215453.jpg



ビジュアル的にはね、
鈴割りの写真がいちばん好き♪
1年生可愛い^^
毎年、なかなか割れなくて、先生の魔法のカッターが使われるのだけど^^;
今年は早かった!
なかなか加減が難しいね。


a0114345_13215547.jpg



開催が遅くなった割にはなかなか練習が始まらなくて、
せっかく時間があるのだからもっと練習すればいいのに・・
なんて思ったけど、
子供たちは短期間集中がいいんだね。
さすがの4年生。
きれいにまとまってました。


a0114345_13215546.jpg


子供たちの小学校には“地区対抗リレー”という恒例の競技がありまして。
住んでる地区ごとに、小学生、中学・高校生または成人でチームを組んでリレーをします。
普段走り慣れないお父さんが誰か必ずすっ転ぶ緊張感のたかいレースです。
小学校のレーンてカーブがきついのですよね。
あのカーブを全速力でまわれるのは身軽な子供だからこそであって、
大人が同じようにすると転んじゃう^^;

miは4年生の代表に選ばれました。
今年の我が地区は、小学生だけでの練習では、必ず1位になる程強いチームで、
あとは当日に加わるお父さん次第だと、
一緒のチームのお父さんはかなりプレッシャーを掛けられていました^^;

本番では、お父さんが大健闘して、
予選を1位で突破し、決勝戦でも優勝しました☆
おじちゃんとおばあちゃんも大喜びで^^
遠くから出て来てもらった甲斐がありました。

今年のmiさんは、学年競技、地区リレー、そして鼓笛隊と大忙しでした。


a0114345_13215650.jpg



夏休みまえから頑張っていた鼓笛隊練習。
自分で希望してのアルトアコーディオンでしたが、
重くて肩が痛くなって大変だったようです。

この一ヶ月程まえ、小学校の運動会に先だって、
地域の運動会での演奏がありました。
今年は開催時期を遅らせたため、
学校での本番よりも先に、さらに大きな舞台で発表することになってしまったのですが、
その時は、応援に来たお母さんたちから「大丈夫?」って声が上がるくらいの出来だったのです・・
でも、この1ヶ月でよくまとめてきました。
いい演奏だったと思います。

鼓笛隊の衣装、体操着の上に簡単に着る衣装ですが、
なかなか可愛いいのでハハのお気に入りです。

来年は応援団に入りたいので(応援団か鼓笛隊、どちらかひとつしか出来ません)、
もう鼓笛隊はやらないと言い出し、
がっかりしてましたが、
気が変わったようで、最近はまた来年もやると言い出しました^^ハハ嬉し♪
来年は中太鼓かシンバルに挑戦したいそうです。
パーカッションは演奏を支える大事な役目だからね!がんばれ〜

小学校の運動会は、1年生は可愛いし、高学年のコ達の走りはカッコいいし、
楽しいなー。
そんな運動会もあと2回だな・・・思ってしまうと、
早くも感慨深いものがあるのでした^^

今年もお友達パパからNikonの300ミリ望遠レンズをお借りしました。
手持ちの200ミリでは、校庭では限界があるので、
とてもとてもありがたいです。
スペシャル サンクス☆サクランボちゃんパパ!!


a0114345_13194354.jpg


miのエレクトーン発表会ドレスが完成しました。
が、着せてみたら身頃が少し大きくて調整が必要なのと、
表スカートよりも裏スカートの方が長くて、
裾からレースが見えてしまうので(笑)
縫い直さなくなてはならないことが発覚!
裏の方が長い。。これ、なぜかいつもやってしまうのですよねー
いつもやるんだから気をつければいいのに、
確認しないで裾あげを適当にするからいつも同じ失敗を繰り返す。。
ほどくの辛いなぁ。

a0114345_13194075.jpg


慎重に進めたわりにはしっくりいかないファスナーつけ。
今回もちょっとツレてます。
年に1〜2回しかやらないのでコンシールファスナー付けはなかなか成長しません(汗)

サイズ的に、前に作ったパニエを使えるか、
作り直すか迷ってたのですが、
考えてみれば、前に作ったパニエはドレスとともに貸し出し中で、
サイズなんかの問題ではないことに気付きました(笑)
慌てて材料を買いに行きました。
ちょうどユザワヤの20%割引券が届いてたからヨカッタ。

あとは、パニエとtaの帽子を作れば準備終了。
ドレス作りの詳細はまた改めてまとめますね!!

発表会が終わって、子供会のクリスマス会が終われば、
ちょっと一息できる。
なんて思ってたら、
その後はもう年末ではないですか!
年賀状作りに大そうじ・・今年もあっという間に終わってしまいそう(汗)
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-11-14 01:13 | 日々のこと
「夢は人生と同じだ!」よりもオペラ座の怪人10/6
a0114345_1744256.jpg


『イクラのしょうゆ浸け』


最近ちょっとハマったもの。
子どもたちがイクラが大好きで、たまに冷凍のしょうゆ漬けを買ってあげるのだけれど、
そんなに沢山は食べさせてあげられない。
本当にイクラなのかどうか妖しいのもあるしね。。

去年、知り合いから、筋子から自分で作ったほうが絶対美味しいよ!と言われて、
筋子の季節がやってきたらぜひ作ってみようと思っていたのでした。

ちょっと調べてみたら、9月くらいから筋子は出回りはじめ、年内くらい買えるようなのですが、
皮がやわらかくて一番美味しい旬は9〜10月なのだそうです。

筋子の袋からイクラを取り出す作業が一番めんどうに感じますが、
50度くらいのお湯で海水濃度くらいの塩水を作り、
手でばらします。
もち網を使うともっと簡単にできるようですが、
手でも大丈夫です。
あとは塩水の中で皮などのゴミを取り除いて、
また水を替えての作業を繰り返して、
水をきり、浸け汁につけるだけです。

浸け汁は、お醤油とお酒を同量用意して鍋で軽く煮立てます。
このお酒をなるべく美味しいものを使うと味がよくなるようです。
料理酒は絶対だめだそうですよ。
また、お酒の一部をみりんにしたりもします。

たくさんお酒が入るので、
子どもたちが心配になって、みりんと同じように日本酒も煮切ってみたのですが、
ずーっと青い火が消えなくて、う〜んいつまで??
そりゃあそうですよね、みりんとはアルコール度数が違いますもんね。
お酒がぜんぶ燃えてしまうと困るので適当なところでお醤油いれて消しました。
ワタシは、昆布とタカのつめも一緒に漬けました。

一晩漬ければ食べられますが、
2日くらいたったものの方が、イクラのぷちぷち感が増して美味しいです。

あんまり子どもたちが喜ぶので、
週1回の頻度ですでに3回も作ったのですが、
さすがに食べさせ過ぎかなーと思って今はお休みしてます^^
筋子も安くはないですが、イクラを買うよりはお買い得で美味しいですよ☆


a0114345_1744648.jpg


実家から沢山みょうがが届きました。
刻んでお味噌汁に散らすといつもの味がひと味かわって美味しいですよね。
でも、そんなに一度に使い切れないので
甘酢漬けにしてみました。

さっとゆでたみょうがを甘酢汁に漬けるだけですが、
こんなにきれいな色がでるのですね。
着色料もなにもなしの自然の色です。

子どもたちは大嫌いなので、ワタシがたっぷり食べました。
甘めに作ったほうが美味しいようです^^

こんな風に手作りすると、
『ワタシって素敵主婦みたいじゃない?』と自己満足→自分にはとことん甘い(笑)


ここからまた四季なのでスルーでどうぞ^^;

-------

この秋は開幕ラッシュ続き。
10月の観劇回数が大変なことになりそうだったので、
9月はがまんの月だったのですよ(美女と野獣一回きりだった)。

さあ、始まったよ(と思ったらすでに終わりも見えてきてますが)
なんだかんだと行事も多い、怒濤の10月が!!

さて、スタートは、

a0114345_1650969.jpg


2011年10月6日(木)マチネ公演  『オペラ座の怪人』電通四季劇場「海」


平日ですわ。

思い起こせば、数ヶ月まえの四季の会会員先行発売の日。
ネットも電話もぜんぜんつながらなくて、
その日はマンマ・ミーアを観るために「海」に行く日だった。
出かける間際まで粘ったけどまったくつながらず、
チチのiphonが電車でやっとつながって、
その時点で土日は全くいい席がとれなかったので、
もう平日でもいいや・・と一枚だけ取ったチケット。

劇場に到着して、チケット渡しスタッフのお兄さんから
『本日、オペラ座の怪人、チケット発売開始です。ぜひどうぞ!』って言われて、
ちょっとイラっときて、
『買いたくても、ぜんぜん繋がらないんですけど』って文句言ったら、

『あっ今でしたら窓口がスムーズですよ』にっこり^^って・・・

そうか、言われるまでまったく気づかなかったけど、
チケット買うのって、一番シンプルなのはネットでも電話でもなくて、
劇場の窓口なのねー。
って初めて気づかされたわ^^;

そんなこんなで少々苦労して取ったチケットです。

チケット取った日から、職場には半休を願いでて、
『その日はワタシ、午後いないから』としつこく言い回り、
なんとしてでも間に合う時間に出ようと、
当日は朝からちょっと緊張状態。

電車の時間をなんども確認して、
いざ新橋へ☆

ぎりぎりの到着を覚悟してたのに、
思ったより余裕を持って劇場に着いた。
行きが大丈夫になったら、今度は帰りの心配。。
miの学童お迎えに間に合う時間に出られるか、
場合によってはカーテンコールをあきらめて帰ろうなどと考えつつ・・
先に“祇園辻利”でお土産を調達することに。

以前、お友達に教えてもらった辻利の“ぎおんの里”はmiの大のお気に入りで、
『海』での観劇みやげはこれに決めてます。

抹茶のロールせんべいの中にクリームが入っているお菓子です。
もうひとつバニラせんべいの中に抹茶クリームが入っている“つじりの里”ってのもあるのですが、
ワタシはぎおんの里が好きです♪
四季の当日チケットを見せると10%引きにしてもらえるのでお得ですよ〜

お買い物だけして劇場にはいるつもりだったのですが・・・
どーっしても“抹茶ソフトクーム”が食べたくなって、、
やっぱり買ってしまった^^;
ひとりでアイス食べるなんてかなり寂しい感じだけど、、
急いでかき込んで(これが結構な量で・汗)トイレへ行ってから劇場へ。
美味しかったけど、1幕途中でトイレに行きたくなって後悔しました。。
アイスって水分なんだな。
これからはアイスは観劇後にします。


前書きが長くなったけど、さあ観劇^^


もともと劇場入り口前が狭くて、
開場時はごちゃごちゃになる『海』劇場。
この日は入場者が行列をなしてすごいことになってた。
人気ある作品は平日の昼間でもこんなに賑わうものなのかと軽くショック。
『オペラ座の怪人』といえば、たぶんその名前くらいだったら知らないひとはいないのではないでしょうか?
それくらい有名ですね。

でも、ワタシ初見です。

数年まえにこの劇場で公演されていた時にはまだ四季にハマってなかったし、
映画もみたことがなくて、
正直そんなに興味がなかった。
主役がファントムでそのお相手がクリスティーヌ、そしてラウルという若い男がでるらしい・・
知識はそれくらい^^;

あえて下勉強せず、初めて見る舞台を楽しみました。

最近はリピートする楽しみを味わうことの方が多くなってきましたが、
やっぱり初めて観る作品のドキドキわくわく感は格別で、
舞台からつり上げられたシャンデリアをいつまでも眺めていたり、
この有名な曲はここで使われるのか〜とか、
船漕いでどこいくのかと思ってたよーとか、
マスカレ〜ド♪ここで登場か!!とか
マスカレードになって急に人が増えたなーと思ったら、
階段の端っこは人形じゃん!とか
かな〜り低いレベルで楽しんでました(笑)

キャストについては、
まずクリスティーナの笠松はるちゃん。
クリスに対して勝手にはかないイメージを作ってたので(観た事ないくせに)、
『なんだかとっても健康的なクリスだなー』というのが最初の印象。
可愛くて歌声もいい。

舞台では初見なのですが、
miがテレビ放映された“赤毛のアン”が大好きで、
繰り返し、繰り返し録画を観てるので、
ワタシの頭の中では、はるちゃん=アン。
シリアスな表情をして声楽の発生で素敵に歌い上げてても
目をまんまるく見開くはるちゃんにアンが垣間見え、
顔をゆがめて小生意気なセリフを爆弾のようにしゃべりだす、
あのアンが出てきそうでハラハラしてしまった(笑)

そして、ファントム高井治さん。
高井さんは名古屋夢醒めの配達人で一度拝見してます。
独特なセリフ回しをされるので、
歌は好きだけど、セリフの言い方が苦手・・・だったの。
高井さんの話をすると、taがいつも
配達人のセリフ、『夢は人生とおなじだ』のモノマネします(笑)、
これが結構似てて可笑しいのです^^

ところが、高井さんは四季ファンのみなさんの絶大な支持を受けてまして、
なんでそんなに人気があるのか・・とまで思っていたのですが。

こりゃあすごいわ!
高井さんファントム。
ときに甘く切なく、
ときに激しくど迫力。
ぜんぜん違う〜☆

でもね、この日は、午前中がちょっと忙しくて、
さらにブタクサ対策のいつもの眠くならないアレルギー薬を切らしていて、
強烈に眠くなるという薬を半分だけ飲んでまして、、
そのせいもあるんのですけどね、、

途中意識を失うことが何度かあったのですが(コソっと告白)
ファントムの歌声が聞こえてくるとパッと目が覚める^^;
いや〜素敵ですわ♡高井ファントム。

気になるセリフについては、
ファントムのセリフはエコーがかかってたり、
叫び声だったりするのでぜんぜん気にならなかったです。

高井さんは配達人よりファントムで!キッパリ。


他には、男前なラウル中井さんは、
2幕ではびちょびちょボロボロで風邪ひかないかな〜とか
ピアンジ橋元さんはおデブさん設定みたいだけど、
首から下の作り物お腹と細いお顔が違和感だわ〜とか、
カルロッタ種子島さんはいろいろな意味で大迫力だわとか、
マダム・ジリーの戸田さんが素敵すぎるワとか、

何せ初心者すぎて、感想がひじょうに低レベル。。
だって、ぼーっとしてると聞き逃してしまう歌詞を追うのに必死で、
揺れ動くクリスティーヌの心情を理解し、
ファントムの哀しみに共感して涙する・・まではには至らなかったな^^;

久しぶりに東京に戻ってきた『オペラ座の怪人』。
こんなにも客席が賑わっているのは、
やはりこの作品の知名度が高いせいじゃないでしょうか。
ワタシも今まで四季の話なんてしたことない知り合いが
『行きたい』って言ってるのを聞いてチケット取ってあげたし、
この日の客席では『まだキャッツ観たことないんだよね〜』なんて
四季ヲタには考えられない会話も聞こえてきましたので、
劇団四季を観に行くというよりも、
『オペラ座の怪人』なら一度観ておきたい!なんてお客さんも多いのじゃないかな?

豪華な衣装や舞台装置、
そしてアンドリュー・ロイド=ウェバーのナンバーはすばらしく、
オーケストラの生演奏はやはりちょっと特別な感じ、
マンマ・ミーアを観に来たのと同じ劇場とは思えないような、
ちょっと特別な雰囲気を楽しめる作品です。


劇団四季の『オペラ座の怪人は凄いらしい』の宣伝文句が本当なのか^^
一度は自分の目で確かめに劇場へ足を運んではいかがでしょうか?

次の手持ちチケットは1月。
新ファントムも登場して話題になってますが、
できればまた高井ファントムで観てみたい!
今回は前方ながら上手の席だったのですが、
次チケットはばっちりセンター。
シャンデリアが真上に見られそうで楽しみです。
2枚取ったので、ただいま観劇パートナー募集中です。
ご興味あるからはお声掛けくださいね^^

それと、
今、四季ファンさんたちでホットな話題となっている、
ロンドンで行われた『オペラ座の怪人25周年コンサート』の映画館上映☆
これがどうやら凄いらしいのです。
レ・ミゼラブル25周年コンサートのDVDもとても良くて、
このレミゼコンも映画館で上映したのを後から知って、
『映画館の大きいスクリーンで見たら感動しただろうな〜』と思ってたので、
オペラ座25thコンサートも同じ感じかな〜と想像してます。

近くのららぽーとTOHOシネマで1週間限定で上映されるので、
ワタシもぜひ観たいと思ってます。


-----

昨日会った兄から、
『ブログが犬のトリミングから更新されてない』と指摘されました^^;
四季ばっかり行ってるのもあるけれど・・・
子供会の用意とか、地域の運動会のお手伝いとか、授業参観とか、懇談会とか、
この秋は本当に忙しいんだよー。
趣味以外のこともちゃんとやってるよ・笑

亀の歩みで進めてたmiのドレス。
昨日はおうちで大人しくチクチクしてたのでだいぶ形になってきました。


a0114345_9333285.jpg



今年もかわいきみこさんの“発表会の姉妹の服”より。
本では、水色生地&金色コードを使用してましたが、
ちょっと可愛すぎるかなと思って、
ブルー&銀にしたら、、なんだか舞台衣装?って感じに^^;
ちょっとコスプレっぽいかも(笑)

ファスナー付けまで終わって、ひと山超えた気分です。
あとは裏地の縫い付け、スカート裾のまつり縫いの延々手縫い、
リボン作成で完成です。
パニエを去年のものを使うか新しく作るかはまだ迷い中。。

またご報告します。
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-10-24 17:20 | 劇団四季
あと3年後には・・・ライオンキング新CD
a0114345_1156328.jpg


プレーン・ホットケーキ 小嶋ルミ『オーブンミトンのおやつなお菓子』より


この本に載っているホットケーキは2種類ありまして、
かなりリッチな材料と泡立てタマゴでふっかふかに焼く『ふわふわホットケーキ』
粉とバターと砂糖と牛乳のシンプルな材料で作るオーソドックスなホットケーキ↑です。
ホットケーキはやっぱり思い立ったら!で作りたいので、
このレシピのほうがいいかもね。

美味しく作るコツは、いつもの小嶋ルミこだわりの混ぜ方にあるそうで、
混ぜ方も丁寧に写真入りで載っています。
とにかく、混ぜすぎないこと。
粉が消えるま混ぜてはいけないそうですよ。

この写真とは別日ですが、先日の台風の日には、
ホットプレートを出して、このホットケーキをおやつにしました。
みんなでワイワイ焼いたら、
台風のスゴい雨と風も、ママのいない不安も少しは和らぐイベントになったようです^^




--------

あ〜劇団四季カテゴリ続いちゃったな〜^^;

先日、劇団四季の現キャストで再録音されたライオンキングCDが届きました。
CDと録音風景DVDの限定版豪華セットです。
さらにおまけでミニカレンダーとしおりがついてきましたが、
早々にmiに持ち去られました。。

ずいぶん前に予約していたので忘れていたのですが、
どうも代引き払いにしていたようで、
手数料含めて7,000円越えしてる代金には、
今さらながらちょっとビックリ!!
『高っ!』

現キャストといっても、
いまだ北海道のサバンナにしか登場していない福井ムファサを筆頭に
道口スカー、田中くんシンバと金原サラフィキの未見キャスト揃いで、
かなり楽しみにしていました。

さ〜聞いてみよお♪

うっうう、、、すごい違和感。。

そもそも四季のCDではじめて手に入れたのがライオンキング。
それ以来、何度繰り返して聞いて(聞かされて)きたか。
ワタシの中ですっかりスタンダードになってしまった前ライオンキングとの違いばかりが
気になってしまって、
頭の中での次の音と違う音がくるもんだから
「ぎゃ〜なぜそこで下がる?上がる?」なんて大混乱(笑)

収録曲や順番など、特に目新しいものはない(これはディズニー側の制約が大きいのではないかと
想像します)ぶんさらに気になるのでしょう。


しょっぱなのラフィキからそうでしたが、
一番辛かったのが雲田さんザズ。
あのテンション高い明戸さんザズを頭がどうしても期待してしまう(笑)

おっいいね〜♪と最初に思ったのは、
翼くんヤングシンバ。
声高いなー可愛いなー。
それに対して、ヤングナラの紅葉ちゃんが男前な声なので、
「王様になりたい」でいったいどっちが歌っているのか聞き分けられないのは私だけかしら?

福井さんムファサは期待どおり、さすがですね。
こちらも申し分ない。
ハイエナさんたちも松本さんシェンジが大好きなので満足♪
一番違和感なかったのは、実は、
熊本さんナラかも。。
これは舞台で何回も観てるからかな?濱田ナラと歌い方が似てる?
あまりアレンジしようのない曲なのかしら?

これは一緒だなーと思ってたアンサンブルさんたちの歌は、
どうも再録音されてないという噂。。
「ワン・バイ・ワン」を聞いたtaが、
『これは前の(CD)だよ。阿久津さんの声じゃん!!』と言ってた。
ワタシは『まさか〜』なんて言ってたんだけど、
どおも四季通さんたち皆さんそおおっしゃってるので本当みたい。
さすがだなta。さすがライオンキングヲタク・・

道口スカーはですね、とっても素敵ですが、
優しいスカーだなという印象。舞台で観たい。

正直、最初に聞いたときはがっかりしちゃったんですけど、
DVD観て変わりました!
スタジオでの収録風景を中心としたDVDです。

耳から入ってくる情報だけではなかなか馴染めなかったのですけど、
DVDでみなさん歌ってる姿を拝見しまして、
やっと声と映像がつながりました。

そうです、だって舞台では聞き慣れている声と歌い方じゃなくても
こんなに違和感感じる事はないのですもの。

たくさんの俳優さんが、同じ歌詞、同じセリフの中で個性を出して演じるのですから、
みんなまったく同じではつまらないですよね。
それぞれのセリフの言い回し、歌い方があるのです。

それからもう一度聞き直したらほとんど違和感なくなりました。

ワタシが最初に感じた違和感は、
あまりに前CDを聞き慣れてしまっていたからで、
決して、新CDが良くないわけではありません^^
初演キャストはやはり語りぐさになることが多いですが、
それを引き継ぐ新しいキャストたちもぜひぜ頑張って欲しいですもの♪
ワタシはこれからもどっちも聞くと思います。

それにしても、やっぱり下村スカーすごくない?とか、
シンバのキーは高いのねー。坂本シンバの高音は気持ちいいもんなとか、
中嶋ティモンは声変わったなあとか、小林アトムプンバ懐かしいなとか、
濱田さんはどんな役でも濱田さんだなとか、
比較していろいろ思うところあり、楽しめます☆

DVDは四季ファンとしてはなかなか貴重な映像で、
たっかいお金だして限定版買ってよかったかなと思います。
四季の俳優さんたちはマスコミの露出も少ないですし、
ふつーにしゃべってる映像だけで貴重に感じますワ♪

みなさん、スタジオでマイクを前にして歌うのは、
舞台とは勝手が違うようで、身体を動かしながら歌っているかたが多かったです。

あちらの(本場の?)音楽プロデューサー、リチャードさんがいろいろダメだししてますが、
アンサンブルを新録音しなかったのは、
リテャードのOKが出なかったのかしらん?なんて・笑

舞台俳優さんて、ふつーにしゃべる声が皆さんとっても素敵なんですわ♪
それ聞いてるだけでうっとりしちゃいます^^
一番素敵だったのは、田邊さんですね。
ナレーションで声だけの出演でしたけど(笑)



taが感想をいろいろ言ってきて、まーっウルサいのですが、、

その中でも、

『福井さんいいねー。でもあと3年、いや、あと10年したらもっといいムファサになるね!
やっぱりまだ若いね。』
って、、、

あんた何様だよ?!!

たっくさんいらっしゃる福井ファンにとてもじゃないけど聞かせられない・・・(汗)
(ここに書いちゃってるけど^^;)
あのリチャードも満足げに手たたいてたでしょう!!
怖いものしらずの中学生。。あ〜怖い。

でも、ハハもさらにこれから脂が乗るであろう福井ムファサに期待しております。。

CD発売記念に、ぜひこのキャストで、東京で上演してください。

(このCD聞いて、ワタシの好きなナラのセリフは『ありえない、そんなことありえないスカー』じゃなくて、
『ありえないスカー、そんなことありえない』だったと気付いたので訂正しておきます)

______


a0114345_1730305.jpg


miの発表会用ドレスを作り始めました。
無数の重なり合うパターンから必要な線を探し出す大嫌いな型紙作り。
そして、失敗の許されない裁断。
面倒くさい芯貼りを終え、
ちょっとひと山超えた気分です。
まだ揃わない材料が届いたら縫い始めます。

今年は青です!

10月はお出かけが多くて忙しいので、
(浜松町とか、新橋とか・・うにぁ○△□×☆。。。)

今年は早め早めでがんばります!!
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-09-26 18:45 | 劇団四季
初おとなドレス。
GWも終盤ですね。
衣替えもペンキ塗りも雑草抜きも、、
ひとつも実行できずに終わりそうな予感^^;



a0114345_23184560.jpg



『ぱん工房くーぷみかさんの・特別な日に焼きたいお気に入りパン』より
“最高のシナモンロール”

何が最高かって?
リッチなんだと思います材料が。
生地は卵入とポピーシード、
フィリングは、シナモンとアーモンドプードルとお砂糖に卵黄とバター、
最後に上からたっぷりアイシング。

だけど、今回のは在庫不足により、ポピーシードなしでアーモンドプードル少なめの
アイシングも少なっ!な
“中程度なシナモンロール”(笑)
これでも十分美味しかったのだけれど、
すくなめアーモンドプードルのフィリングでも1個食べたら胃もたれした^^;
シナモンロールのフィリングは他のレシピを捜してみようかな。
生地は美味しかったし、次はちゃんとポピーシードを入れてもう少しさっぱりめのフィリングで試したい。





姪っ子ちゃんが従姉さんの結婚式におよばれされている話を聞いたのは、
年明けすぐだっただろうか・・?

『ドレス作って〜♪』って冗談半分に頼まれて、
う〜ん、、作ってあげたいのは山々だけど・・miのドレスを作るのとはわけが違う。
子供服はちょっと体型にあっていなくても、
縫製がイマイチでも、
「ハハの手作りなんですよ〜^^;」で許される・笑
おとな服はそうはいかないです。
ワタシの縫製レベルでは、自分の服でも堂々と外を歩けるようなものは作れません・汗

でも、おとな用も作ってみたいかな〜と思いつつ、
ネットをふらふらしてたまたま見つけた型紙屋さん<たまねぎ工房>で、
これなら作れそう、作ってみたいと思うドレスを見つけてしまった。

姪っ子ちゃんにメールしたら即OK!返事きたので作ってみたよ。




a0114345_23184137.jpg




pattern: Morgan/モルガン(ボタン飾りカクテルドレス)

生地: ヨーロッパ生地のひでき「ポリエステル平織りシャンブレー クラッシュ加工 ブルー」

サンプルのドレスがとってもクールで素敵だったので、
おなじような生地を探しました。色も同じで芸がないけれど(汗)
姪っ子ちゃんも同じのがいいと言ったので^^





a0114345_23184232.jpg





このドレス、デザインは非常にシンプルで、裏地は身頃のみ。
前身頃は左右の開きにみえるのはデザインだけで、
ボタンもデザインだけのダミーです。
開きは後ろ身頃にファスナー仕様です。


写真はボレロを着てしまっているのでわかりにくいですが、
ノースリーブだし、シンプルワンピースを生地のグレードでドレスレベルまであげているという感じです。
お店での縫製レベルも★2つだし、
“楽勝♪”で作れるんじゃないかと思ったんですけどね〜。

いや〜そう簡単には行きませんでした。。

miのドレスはすべてかわいきみ子さんのレシピで作ってきた。
たまねぎ工房さんのレシピはとっても丁寧に書かれていますが、
いままで作ってきたドレスの縫製過程や縫い代処理、裏地の処理などが違ったり
して、ところどころでつまづいてしまう。
それぞれいいとこ取りをして、自分なりに作りやすい方法で縫えればいいのだけれど、
そこまでの技術はまだまだ持ち合わせていないの。。

どうにもわからなくて作業がとまってしまったのは、
身頃の襟ぐりが完成し、脇を合わせ、袖ぐりをぐるっと縫ってひっくり返すところ。
レシピどおりに進めたつもりでいざひっくり返そうと思ったら、

『え〜?』ひっくり返せないんだけど・・・

手順を間違えたのかと思って、何度もレシピを読み返したり、
一旦ほどいてみたり、
ここを縫ったら、こうなってぇとシミュレーションを繰り返してみても、
やっぱりわかんな〜い、、泣き
『ワタシ、あたま悪い?』

結局、かわいさん本を持ってきて、脇をほどいてから袖ぐりを縫い、
ひっくり返してから脇を縫い合わせる方法で落ち着きました。

今でも理解できてないんだけど^^;



最初、結婚式の日取りがなかなか決まらず、
まだいいかと放置してたところに震災でミシンに向かう気になれずさらに放置。。
そろそろヤバい^^;と取りかかってスケジュールが厳しかったところに、
思わぬところで足止めくらい焦る焦る。
一番のデザインポイントである襟ぐりのエッジが綺麗にでなかったし、
スカートのギャザー寄せもいまいち・・
裏地が身頃だけなので、そこから下の縫製が雑なのが目立ち、
完成度は低いけれどなんとか形にしたって感じ^^;

救いは、仮縫いが出来なかったけれど、サイズが姪っ子ちゃんにピッタリだったこと。
(一応、サイズ選びのために採寸はした)
出来はいまいちでも体に合っていれば取り敢えずヨシ!
としましょう(笑)

日曜日が結婚式で、ドレス本体が出来上がったのが木曜日、
金曜の夜にパニエを仕上げ、
姪っ子ちゃんがバイト帰りに取りにきたのが夜中の11時、
着てもらってパニエの丈を調整して無事に渡し終えたのが12時^^;
最悪前日の引き渡しかなと思っていたので、一日余裕があってよかったです。


さて、初めて取り寄せた“たまねぎ工房”さんのパターン。代金を振り込むとメールでパスワードが送られてきます。
そのパスワードを使用して、サイトからレシピとパターンをダウンロードしてきます。


このドレスでA4ファイル24枚^^;
ちょっと貼り合わせが大変ですが、7〜13号のすべてのサイズがレイヤーで保存されていて、
必要なサイズのレイヤーを選択すれば、サイズごとに印刷が可能です。
ダウンロードしたファイルさえなくさずにとっておけば、
miが中学生くらいになったら7号サイズで作ってあげられるかなと思っています。
それまで続けてるかしら?エレクトーン。
レシピも丁寧できれいだし、
Acrobatに苦手意識さえなければ、1,050円はリーズナブルだと思います。


**きょうのワンコ**


a0114345_23184461.jpg



このボサボサちゃんのトリミングもGWにやることリストに挙っているのだけれど・・
今のところ、まったく変化ナシです。
ハリー。
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-05-07 14:06 | ソーイング
発表会2010その3(動画)
しつこくてスミマセンっ!!
発表会関連、これで最後ですので^^;

発表会を見に来られなかった、
おじいちゃん、おばあちゃんのために動画を貼付けます。
お時間のある方は、よれけば覗いてくださいまし。
親バカ画像です(汗)
(じいちゃん、ばあちゃんへ。写真をクリックするとはじまるよ)






『スリラー』








『SARA』





練習での先生のお言葉
『taくん、だいぶ弾けてるんだけど、何せ体力がない』(笑)
ももから持ち上げてベースを弾くというのが、最後までもたない・・^^;
でもミスタッチで音が汚いのが、後半にはよくなってきたかなと思います。
見に来てくれたお友達が『taくんの新しい一面を見た!!』と言っていたので、
先生の『ちゃらく弾け』はまあまあ実行できたのではないかと思います・笑
“SARA”のほうがtaらしさが出てる演奏かな^^
楽しそうだし。

ステージに上がり、スタンバイを終えようとしていたとき、
緊張して、左足の靴を脱ぐのを忘れているようでした。
出て行くのを迷いましたが、
舞台袖まで行って『ta!靴!!』と指摘してあげました。
相当あせったようで、脱いだ靴を椅子の上から投げました^^;
その日一番の会場ウケでした。







『スーパーマリオ 地上BGM~プレイヤーダウン~ゲームオーバー』








『星に願いを〜小さな世界 メドレー』




miもかなり緊張していたようです。
マリオはかなり先走ってますね。
聞いてて思わずこちらの首がリズムを刻みます(笑)
エレクトーンはレジストに乗っかって演奏するので、
つまずこうが、早まろうが、遅れようが、なんとか付いていかないといけません。
miはその帳尻合わせが上手いです^^;
自分のグレードよりも2段階高いグレードの曲です。
まあよくここまで持って来られました。

星に願いを〜は、表現力がついてきたなぁと思います。
演奏はいいんですが、画像がひどいですねー。
だって、、先生が邪魔だったんだもん(涙)
ステージが一段高いだけのほとんどフラットな会場なんです。
もうちょっといい会場でやってくれないかなー。

わが子ども達もそうですが、
同じお教室の他のお友達も、この一年の成長が見られて
いい発表会でした。



長らくお付きあいいただきました、
今年の発表会ネタこれで終了です。
ありがとうございました〜♪
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-12-11 01:06 | 日々のこと
発表会2010その2
a0114345_14551465.jpg




一年に一度、沢山のお花に囲まれて幸せなときです。

が、準備に追われて、いつも以上に掃除がおろそかに・・
写真に写っていることろ以外は大変なことになってますよ^^;





a0114345_14384785.jpg



発表会の日の朝。
出待ちの衣装たち。

今年のドレスは、




発表会のための姉妹の服 - Welcome to our concert! - かわいきみ子 より

『レイアードの丸ヨークのドレス』です。



この本を見たことある方はすぐお分かりになると思います、
本のまんまです^^;
色の選択もまんま。
アレンジまったくナシの本どおり。


去年までのドレス<コレ>とか<コレ>は、
同じくかわいきみ子さんの先行本





発表会のための少女の服 - かわいきみ子

から作っていました。
この2冊のおおきな違いは、
“少女の服”が130センチまで(しかもパターンは原型から自分で作図する必要あり)に対して、
“姉妹の服”は原寸大パターン160センチまでつき☆

miは130センチサイズなので、まだ“少女の服”で行けるし、まだまだ作ってみたいデザインもあったのですが、
演奏曲が決まって『さあ、どのドレスにしよっかな』と2冊をパラパラ見てたところ、
『コレだ!!』っとぴぴっと来ました。
miに、『スカートがね、ちょっと短くてバルーンになってるんだよ』と口で伝えた時は、
『えー!やだぁ普通のドレスがイイ!!』と抗議されたのですが、
本を見せたら『これがいい☆』とすぐ気に入りました。
『でしょう^^』

デザインは決まりました。
次は色です。
本のとおりってのもつまらないので、ハハは“青”を提案。
でも、miは『これと一緒の“赤”がいい!』と言って譲りません。
まあ、赤いドレスなんてそうそう着れないしね。
曲のイメージともばっちりだし。

そおなんですよ。
今年の演奏曲は、、、

『スーパーマリオ』だったんですよ。
本当の曲名は、スーパーマリオブラザース より 地上BGM〜なんたらかんたらという長い名前なんですけど、
いわゆる、ゲームのマリオの曲ですワ^^;

最初にこの曲に決めたと聞いた時は、
『へっ?何着せればいいワケ??』って感じで・・

『赤いサロペットズボンと帽子、きのこのぬいぐるみ作ってエレクトーンに置いてあげる』なんて提案してみたんですけど^^;
当然のことながら却下されまして・笑

それに、もう一曲がディズニーの『星に願いを〜小さな世界メドレー』だったので、
あんまりマリオちっくにしてもね^^;

ドレッシー過ぎなくて、マリオにもディズニーでもいけて、
この元気なデザインはお転婆miにもぴったりだと思いました。
スカート丈がほどよく短くて、足の動きが激しいエレクトーンにはとてもいいです。
かわいさんの本は、ピアノだけじゃなくていろいろな楽器演奏をイメージしてるドレスが掲載されているので助かります(エレクトーンはありませんが)。
このドレスのモデルさんは、バイオリンを持ってます。
かわいさんがイメージした曲は『アマリリス』ですって^^
『マリオ』じゃあないわな^^;

ドレス生地ですが、
“少女の服”では、結構細かく生地指定してありましたが、
“姉妹の服”には、あまり生地に関する記載がありません。
でも、『手作りだからこそ、本物を贅沢に』というのがかわいさんのポリシーなので、
きっとこれはシルクだろうなと思いました。

そこで、今回は、
Oriet Kyotoさんの
シルクシャンタン ローカウント の『カージレッド』を使用しました。

数年前、シルクシャンタン指定の白いドレスをポリのシャンタンで作りました。
miのドレス2作目でした。
その当時は、まだあまりにも未熟者で、とてもとてもシルクに手をだすなんて恐ろしくてできませんでした^^;
縫製の技術はまだまだですが、ドレス作成は6作目、一年に1回ですが少しずつ経験は積んできました。
ネットで比較的安価なインドシルクを見つけたので今回は挑戦してみることにしました。

比較的安価といっても、用尺3Mで6900円。
失敗は許されないので^^;
見ごろだけは別布で試作しました。
袖ぐりがすこし狭かったので広げました→これがちょっと失敗だった。。

シルクシャンタンは程よく厚みがあって、とても扱いやすい生地でした。
きっとポリのシャンタンでもそんなに見栄えに変わりないと思いますが、
シルク特有の艶と張りは、ドレスが形になっていくにつれ、
作り手のワタシがなんとも幸せな気分になりました。

でも、幸せな気分は身頃作りまでで、、
それ以降は延々とつづくギャザー寄せにうんざりで^^;
次の満足感は、最後の最後、すべてが完成したときでしたけど(苦笑)

このドレス、技術的にむずかしいところは何にもありません。
ひじょうにシンプルな作りです。ファスナーもないし。
でも、
苦労したのは、
まずパターン写し。
今回は“実物大パターンつき”だし♪なんて楽観していたら、
パターン紙広げて目眩が・・・
線が重なりすぎてて分けわかんないよぉ(泣)
もともとパターン移しが大の苦手なのに、
ひとつのパターンを何種類かのドレスにアレンジされているので、
どの線がどのドレスなんだか。。汗
ここで半日使用。

難しい作業はなくても、手でまつる、ギャザーを寄せるなどの作業が多くて、、
なんだかんだと時間がかかります。
今回一番の苦労はギャザー寄せ。
見頃のギャザーとスカートのギャザー、それが裏表。
バルーンスカートのギャザーとギャザー地獄でした。
この生地、触れば触る程ほつれがすごくて。
ギャザーを寄せてるうちに生地がなくなるんじゃないかという恐怖と戦ってました(大げさ)
後で気づいたんですが、細かいミシン目で端ミシンを一本かけておけばよかったかな。
最後のギャザーで思いついたので実践できませんでしたが・・

このほつれのせいで、しば〜らく家のあちらこちらで真っ赤な糸くずが発見されてました^^;

まあ、縫い代がどんなにほつれていようと、総裏地の中に隠されますので^^
最終的には、満足のいく完成度となりました(ワタクシレベルで)

裏地と言えば、今回のドレスではじめてキュプラの裏地を使ってみました。
今までのドレスは綿ローンなどを使ってました。
子どものドレスなので肌に優しいかも、とか汗吸うしとか理由づけしてましたが、
裏地生地を避けてきたのは『きれいに縫う自信がない』てのが実は一番大きな理由でした。

でも、今年は、
新しいミシンがありますので!!
キュプラに初挑戦☆
あのうっすい生地も難なく縫ってくれたときには感動を覚えました。
前のミシンだったら、縫い始めで巻き込まれて終わり・・だったと思います^^;

あともうひとつ。
レシピではヨーク部分に“パンピース芯”を使っていますが、これが近所のお店では手に入りませんでした。
本中では『ウールの芯』と書いてありましたが、買い物にでた先では何なのか想像も出来なかったのですが、
ネットで調べてやっとわかりました。
スーツの襟裏などに使われているグレーのフェルト生地みたいなやつですよね?
ネットでは取り寄せが出来そうでしたが、もう時間がなかったので、
ぱりっとさせすぎぎない張りが必要なのかな?って解釈しまして、
厚めのニット用接着芯を貼りました。


そんなこんなで何とか完成へ♪
試着させましたら、広げた袖ぐりがちょっと広げ過ぎの感。。
腕をあげたときに下着が見えそうだったので、
在庫生地から赤いニットを引っ張り出してきてキャミソールを作りました。
スカートをつけてスリップにしようかとも考えたのですが、面倒くさくなったので、
丈を適当にのばしてワンピ丈に。
それにしても真っ赤な下着、これ以降出番がなさそうだよ。


a0114345_14383287.jpg



靴は去年と同じものが履けたので、
シューズクリップを作り直しました。
(fuminovちゃんまたリボンつかったよ)
それにしても、靴の飾りなんて誰も見てないし、、
ホント、自己満足の世界だわ^^;
唯一、ボロボロの中敷きを張り替えるために持って行った修理のおじさんに
『かわいい靴じゃない』って褒めてもらえた(笑)

長くなっちゃったのですけど、
最後に、
実はコレ↓が今回一番の自信作☆

a0114345_1438331.jpg


100円ショップで買ってきた造花のプラスチックの芯を抜いて、
フェルトで作った芯を縫い付けました。
この時期の100円ショップはクリスマス仕様のラメラメ花ばっかりで、
なんとか使えそうだったのが、このポインセチアでした。
色もぴったりだったし、
安っぽい花びらも重ねれば豪華に^^

カチューシャは、これも以前100円ショップで買って、犬に齧られてぼろぼろだったのを補修して、
生地をはがし、はがした生地と同じ形に切ったベロアニットでくるみました。
裏は糸でかがって、縫い目を隠すために黒レースをボンドで貼付けました。
材料費200円也♪


今回のドレスは、レースなどの副資材がかからなかったので、
総材料費9,000円くらいかな・・
高い?安い?
輸入ドレスなんかだったらもっと安く手に入るもんね、安くはないです。
大変だし、お金もかかるけど、
毎年、毎年作り続けるのはやっぱり楽しいから♪

こんなに忙しい思いをして「ワタシ、毎年何やってんだか」なんて思いながらも、
来年はどんなのにしようかなーなんてことも考えている(笑)
miは来年は4年生。
いつまで喜んでドレスを着てくれるかしら?
もう年齢的にぎりぎりかもしれないから、次はふわふわお姫様ドレス作りたいなー。
それには、miの好みもさることながら、
選曲から目を光らせなければ。マリオはもういいからね!なんて^^
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-12-07 23:26 | ソーイング
発表会2010
a0114345_16325125.jpg



a0114345_16325295.jpg



いや〜
終わった、終わった♪

今年の発表会も土曜日に無事に終わりました。
スタートが遅かったわりには、
miのドレスを作り上げ→シューズクリップ→taの帽子→髪飾り
と順調に作り、
前日にドレスの下に着る下着(結局キャミソールの丈を伸ばしたものにした)を作って、
当日までは引きずらずに準備を終えました。
前日は2時までやってましたが・・^^;

子ども達の演奏は、
去年の発表会からの成長がよく見られたと思います。


miは毎日コツコツ練習して、曲に乗って演奏する、という課題は、
去年よりも飛躍的に進歩したと思います^^
数週間前のレッスンで、
『miね、はじめて曲に入れた気がする・・』
すげえ★(失礼っ)
すごいワ!miちゃん!!
曲に入りこんで演奏できた☆ということらしいです^^

今回は、ベース(足鍵盤)の補助鍵盤の音が出ないというハプニングに見舞われ、
一曲演奏した後、調整のためにかなり後回しにされての再度登場だったのだけれど、
落ち着いて演奏できました。
先生方のご配慮で、最初の曲から2曲弾き直しさせていただけて、ヨカッタ、ヨカッタ^^

実は、夏のグレード試験の時も、補助鍵盤の音がキチンと出ないということがあり
(本体の足鍵盤の上に高さをあげるための補助鍵盤を乗せるので、ちゃんと設置していないと音がでません)
それで思ったように演奏できなくて、大泣きして試験会場からでてきたということがありました^^;

どうにも最近、補助鍵盤との相性がわるいようなので^^;
そろそろもう補助は外して、
うりゃーっ!と足を伸ばして演奏したら?^^と提案してみました。
頑張れば一番低い“ド”まで届いたそうなので、
もうすぐ足鍵盤から卒業できそうです。
『椅子からズリ落ちそうになるよ』そうですが・笑



taは、ハハがお尻を叩かないと練習を忘れてしまうという不甲斐なさで、
何度もハハをイライラさせましたが、
最後の追い上げが効いたようで、
こちらもなかなかの演奏を聞かせてくれました。
今年の先生からの課題は、
『チャラく弾きなさい』
最初の挨拶からチャラく、という指示も忠実にこなし^^;
いい感じにチャラ男になれていました。
土曜日の部活が6時に終わって、そこから1時間近くかけて電車でレッスンへ。
よくがんばっていると思います。



a0114345_163251100.jpg



今年の衣装は、
miを赤と黒でまとめたため、
taも黒でまとめて、ポイントに赤を使いました。
taの衣装は毎年本当に困りますっ。
ズボンは昨年、一昨年からの使い回し。
もともとロールアップできるデザインなのですが、
もはやロールアップして長さをごまかさないと履けないつんつるてん・笑
思いっきり子ども服仕様のゴムウエストはシャツをオーバーにして隠す。

シャツはチチとショッピングモールをうろうろ徘徊して見つけた
H&Mの160センチサイズ。
セットでついていたチンピラ風赤ネクタイはやめて、
同じくH&MのAKB風タータンチェックのネクタイをチョイス。
ついでに靴下と靴も買ってH&Mでひと揃いお買い物。
それぞれが安いといってもなんだかんだお金がかかりました。

でも、子供服では小さくて、大人服では大きくてとサイズ選びに困る
ガリガリtaには160センチサイズのシャツは大助かりでした。


*余談ですが、チチは近所にH&Mが出来ると聞いたとき、なんでチョコレート屋にそんな大騒ぎするんだ、と思ったそうです。それはM&M'sですワ^^;


あまりに手をかけないのがかわいそうなので、
毎年恒例、ハハの手作り帽子を頭に載っけとく。

帽子は、
whistle@さんの『soft hat』に初挑戦。

中折れ風ハットを格好よく作りたかったのですが、
在庫布から引っ張り出してきた生地で作り、しかも合う色の糸がなかったために、
ステッチに明らかに目立つ生成り糸を使用したやっつけ仕事のため、

中折れというよりも、
俺たち探検隊orインディージョーンズ風が否めない^^;Yo。



miのドレスは毎回ドレス作りではお世話になっているかわいきみ子さんの本、
『発表会のための姉妹の服 - Welcome to our concert!』 -
から作りました。
ハハは“青”や“紺”、もしくはもっとシックな“ワインレッド”にしようかと思っていたのですが、
miが『これと一緒の赤がいい!!』というので、掲載されているドレスと同じような鮮やかな“赤”を選びました。
なんでこのドレスになったのか、
なぜ赤なのか?や、
苦労話(?)また、小物の話しなどは次のエントリーで書きますね^^



a0114345_16325017.jpg



午前中にカットに連れて行った美容室で、
ドレスに負けないようにとクルクルに巻いてくれたので、
とっても華やかになりました。

前のエントリーのコメントでもいただきましたが、
こんな華やかな“赤”、
大きくなったら着てもらえないかもしれないので、
“赤”を喜んで着てくれる年齢でコレを作られてもらえたのは幸せでした・笑

発表会ネタ、次につづきます。
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-11-30 23:58 | ソーイング
美女と野獣♡
a0114345_11504975.jpg


『りんごのクリームケーキ』

お菓子を作るために、
毎週、毎週、食材宅配で紅玉を買っているのだけれど。。
アップルパイを焼く余裕がなくて、
こんな混ぜて焼くだけのケーキしか作れません。
クックパッドで人気のこのレシピは超簡単で材料もシンプルだけれどとっても美味しくて、
なんどもリピしています。
生クリームの入るしっとり生地なので、
りんごはやっぱり酸味の強い紅玉がいいです。


a0114345_16491096.jpg


『菜飯』

ワタシの実家のある豊橋市には、
大根の葉の塩漬けをご飯に混ぜた菜飯と赤みそのみそだれを載せた田楽をセットにした
“菜飯 田楽”という名物料理(?)があります。
祖母の好物だったので、ワタシも何回かお店に食べに連れて行ってもらったことがあります。


miは、この大根葉ごはんが大好きで、
食材宅配や実家から立派な葉付き大根が来ると、
作ってあげたい!でも面倒くさい!!捨てるのはもったいないし!でも面倒くさい!!
といつも葛藤なんです。

作り方は、大根の葉をさっとゆでて、
よく水を切ってから細かく刻みます。
以前、母に聞いたところでは、お店のものは、葉っぱの部分だけを使うそうです。
が、うちでは、大根に近いほうの太い茎だけはとりわけて、茎ごと使います。
太いところは刻んでみそ汁に入れちゃいます。

刻んだ葉っぱに塩をまぶし、水分を絞る。
これを2〜3回繰り返します。
絞った水分と一緒に塩が流れてしまうので塩は多めに使います。

十分に水を絞ったら、フライパンでから煎りします。
母はこのから煎りする行程を省きますが、
ワタシは、この方が日持ちがするし、ご飯が水っぽくならないので、
面倒だけれど、必ずから煎りします。

大根2本ぶんの葉っぱで、ご飯3回分(1回2合)くらいの“菜飯のもと”ができますよ^^
どうしても面倒くさいときや、量が多いときはフードプロセッサで刻むこともありますが、
やっぱり包丁で刻んだ方が、きれいに出来上がります。

大根の葉っぱが届くと、油炒めでお茶を濁してしまおうか・・とも思うのですが^^;
『やったー!!葉っぱごはんだぁ♪』ってmiの喜んだ声を聞くと、
面倒くさくても作ってよかったと思うのでした・笑


発表会の準備に追われる毎日ですが、
ずっと楽しみにしていたお出かけがあったので☆
これを励みに頑張ってましたあ!


a0114345_16491088.jpg



大井町に出来た新しい四季専用劇場『夏』

なんだかちょっと目がちかちかするカラーリングちょっとびっくり。


a0114345_1649974.jpg


♡美女と野獣♡

しばーらく地方を回っていた『美女と野獣』が、
新劇場の杮落し公演として東京に戻ってくると聞いて、
これは行かなきゃあ☆☆!!
と半年まえからチケット予約してこの日を待ってました♪

劇場は、大井町の駅から歩いて5分。
駅から続く宣伝旗に誘導されて迷わず到着。


a0114345_1649987.jpg



こんなコスプレ兄妹ちゃんたちもいたりして、
ど派手なピンクの壁のカラーリングだって、
“美女と野獣”だから♪といやがおうにも気分が盛り上がる♡

で、舞台はどおだったって?

いや〜♪良かったです☆☆
豪華絢爛☆あんな派手な演出や舞台装置は見たことなかったです。
宝塚か?はたまたハトヤか?笑
『美女と野獣』は音楽がいいのですよね。
ワタシはそのまんま“美女と野獣(曲)”が好きです。

小さいお子さんもたっくさん観にきていましたが、
楽しい音楽と、可愛らしいキャラクター、みごとな舞台転換とまったく飽きさせず、
みんなおとなしく観劇していましたよ。
でも、決して子ども向けだけの舞台ではありません。
大人もそして男性も満足できる★と思います^^

この日のキャストは、
ビースト (野獣)・・・福井晶一さん
素敵でした〜♡声も野獣の仕草も♡
王子様に戻ってからも♡
ベル・・・坂本里咲さん
長くベル役をこなしているベテラン女優さんです(たぶん)
ベルと言えば坂本さんなくらい(たぶん)
歌声は最高に素敵でした♡
が、ちょっとベテランすぎ?
とってもとっても美しいのですが、台詞まわしに違和感を感じちゃった・・
次はもうちっとヤングなベルを見てみたい。。かな
ガストン・・・田島亨祐さん
アニメのガストンとぴったりなイメージでした^^

楽しかったあ♪

笑うツボも各所に散りばめられ、miは恥ずかしくなるくらい
『きゃはは・笑』と笑っておりました。

どのシーンも素敵でしたが、
ワタシは図書室のシーン。
ベルと野獣の後ろ姿が一番素敵だったあ。


いちど四季を観に行くと、
また観たい熱がしばらく治まりません^^;
この“美女と野獣”もキャスト違いでまた絶対みたい!けど、
また観たことない舞台も観たいし・・ジレンマ

新劇場『夏』は、新しくてきれいですが、
小さいなと思いました。
ロビーが狭くてベンチなど座るところがぜんぜんなく、
幕間にちょっとお菓子をつまむのも立って食べるほどでした。
客席の間も狭い?
そして、あのピンクの壁は、上演する演目によって変えるのかしら?気になります^^;

帰り道でmiに聞きました。
『どのミュージカルが一番好き?』

mi『ベスト3発表です!!』

じゃ〜ん☆

『1位!!ピーターパン!』

が〜ん・・こんなに四季に連れて行ってるのに、、
1位が四季じゃないよ(泣)

と言ったら、
1位タイで、サウンドオブミュージックとライオンキングなんだそうです^^;
ちなみに、美女と野獣は3位くらいにランキングされてました。
結構いくつも連れて行っているので、
評価が厳しいですよ(笑)



さあさあ、ミュージカルで気分を盛り上げたところで、
自分の演奏もしっかり頑張ってくださいね。


a0114345_1649822.jpg


今年のドレスは真っ赤っか^^
ドレス、シューズクリップ、髪飾り、taの帽子は仕上がりました。
あとは、スリップ(懐かしい響き・笑)を作れば終わりです。
あともう少し^^
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-11-25 20:48 | 劇団四季
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin