Top
タグ:WHISTLE@ ( 16 ) タグの人気記事
Top▲ |
2011エレクトーン発表会とドレス作り
a0114345_16195233.jpg



お花屋さんてセンスの違いがはっきり出ますよねー。

去年みつけたこのお店は、とてもとても素敵に作ってくれるのでお気に入りです。
わが家は無料配達エリアにはいっているので、
事前にネットで注文して当日の午前中に配達してもらえます^^


a0114345_16195240.jpg



↑の花束は、エレクトーンの先生に発表会でお渡しする花束です。
お店のサイトではいろいろな注文方法がありますが、
これは『赤〜紫系のグラデーションで、シックに大人っぽく、予算は7000円で』とお願いしました。
お教室のメンバーで合同で差し上げる花束なので、
毎年、お店選びにプレッシャーを感じていたのですが、
お任せで安心してお願いできるお店が見つかったので心強いです^^
使用したお花の名前をすべて記載したカードが添えてあり、
先生もとても素敵な花束と喜んでくださいました。

お花をお願いしたショップは、
横浜市青葉区にあるフラワーショップLa Franceさんです。おすすめ♪
あまり花束やアレンジをお願いする機会もないのですが、
今度ぜひ実店舗にも行ってみたいと思っています。




a0114345_16195354.jpg

なんだかシルエットがお姉さんらしくなったなと思うmi



年に1回、子ども達のエレクトーン発表会がわが家の一大イベントとなって7年。
子ども達はそれぞれ13歳と10歳になり、
練習をしないで挑んで恥をかくのは自分であるということがわかる年齢ですので、
以前のようにハハが練習につきっきりになって、号泣しながら弾く^^;
なんてこともなくなりました。



a0114345_16195449.jpg

毎年同じアングルで写真を撮るのでなんだかデカくなったなと思うta



ちょいちょいお尻は叩きますよ(笑)
miはいいのです、学校から帰るとエレクトーンの練習をするというのがしっかり習慣になってます。
問題はtaのほうで、、放っておくと、
「練習したの?」
「あっ忘れてた」って平気な顔して言ってきますからね。
「ご飯もうすぐ出来るからその前にやっちゃいなさい」とか、
寝る間際に「今日は練習したの?!」とかいちいち確認するのがストレスフルです。
勉強や部活をこなしながらエレクトーンを続けるのは大変なことだとは思うけど、
「辞めたくない」って言うならちゃんとやってもらわないとね、
お月謝高いんだからさ。

じゃあ、子どもの発表会でなぜにハハが大変なのかって、、
衣装作り。これにつきます。
最近は可愛くて安い輸入ドレスがネットで簡単に手に入ります。
あと、子供服屋さんでも作るのがバカらしくなる値段で売ってますよね。
こんな時代に手間かけて材料費かけて、
毎年手作りにこだわるのは、、

ワタシの楽しみ。
それだけです(笑)
大変、大変とか言いながらやっぱり作りたいのです^^


ブログ用に発表会当日に撮影した写真が、
PC取り込み時のトラブルで消えてしまいました(泣)
なので、嫌がる娘を説得して今朝また来てもらって撮影。
ワタシもドレスを作る時は他の方のブログなどを参考にさせてもらってます。
着用写真が一番参考になるので、
ワタシの拙い作品でもどなたかの参考になればと思い、
しつこく数枚載せますね。


a0114345_019167.jpg



今年のドレスも大好きなかわいきみ子さんのドレスです。
4歳のドレスから7着目になります。
すべて、「発表会のための少女の服」も含めすべてかわいさんのレシピです。
デザインはシンプルですが上品で、
シルエットが美しく、
ワタシのような素人作品でも既製品と変わらない仕上がり☆に見えます(笑)

ちょっとコスプレ調で(笑)絶対に既製品にはないデザイン。
最初に目にしたときから、いつか作ってみたいと思っていました。
本では可愛らしい水色の生地に金色のコードを使っていますが、
それではあまりに曲のイメージに合ないのと、
miには原色のほうが似合うと思い鮮やかなブルーを選びました。



a0114345_01952.jpg

かわいきみ子著 発表会のための姉妹の服より
「いつか王子さまが」金色のコードをはめたドレス


今年の曲は、T-Squareの“宝島”と“EL MIRAGE”。
フュージョンです。
そもそもフュージョン弾くのにドレスってのが無理があるのですが、
“宝島”の海のイメージで青を選択!ちょっと苦しいけどね。

表生地はノムラテーラーさんの シルクシャンタンを使用。
昨年使用したインドシルクよりもお値段少々安め。ネップがちょっと気になるけど、このお値段ならしょうがないのかな。
子どものドレスには十分な品質でしょう。
胸当てと袖にはノムラテーラーさんの 東レストレッチサテンを使用しました。
miが袖を嫌うので毎年ノースリーブを選んで作ってきましたが、今年はパフスリーブ。
少しでも動きやすいかと思ってストレッチ生地を選びました。
ストレッチと言っても、若干伸びるかな〜という感じです。
袖のギャザーは綺麗にでたし、少しでも伸びがあるのはいいかと思いましたが、
胸元には変に柔らかさが出てしまい、ここはピシっとした生地を使ったほうがいいかと思いました。
胸元が綺麗にいかなかったのはサイズ選びに失敗した方が大きな原因です。
去年のドレスを130センチで作ったのと、最近は140センチの服を買っていたので、
なんの迷いもなく140センチの型紙を選択してしまいました。
考えてみればmiのジャストサイズは130センチ、
140では大きいのは当たり前です。
面倒くさくて、試作しないで本縫いしてしまったのが失敗でした。
手作りの一番の良点は“身体にぴったりなものを作る”だと思っているのに、大失敗でした。


a0114345_0184885.jpg



出来上がったあとに少しだけ悪あがきで修正してみましたが、
コードを縫い付ける前身頃部分が最初の大きな山場であるこのドレス。
すべて作り上げてからの修正はこれが限界でした^^;

今回使用したコード、クロスしているものが0.5センチ幅のコード、あともうひとつ、
切り替えの部分に使用してる1.5センチバイピングコードを使っています。
なかなかいいものが見つからなかったのですが、
リボン類の品揃えが豊富なRiBBONsさんで購入しました。
特にバイピングコードはラメ入りのイメージどおりものが来て喜んだのですが、
miは『ちくちくする!』って文句言ってました^^;
首周りにぐるっとつくのでしょうがないのです。

このドレス、コード付けなどちょっと面倒くさい作業はありますが、
基本的に難しい行程はありませんでした。
そもそもドレスは複雑な行程なく、ただただまつり縫いなどの手縫いが多くて、
とにかく手間がかかる。
これは毎年のことです^^;

反省点はいくつもありますが、前述したサイズ選びの他にウエストリボンについて。
このドレスのリボンはうしろで蝶々結びをしてるだけなのですが、
下にパニエを履かせているので押されてしまい、上がってきてしまうのです。
くびれのない体型なのもあるかもしれません。
当日、急遽安全ピンで固定したのですがイマイチ上手くいきませんでした。
以前作った「発表会の少女の服」のドレスでは、
リボンの下の部分とドレスのウエスト部分を千鳥がけで縫い付けたものがありました。
今回もそうすれば良かったです。

パニエも今年は新調しました。
パニエは作るのも大嫌いで、miも「ちくちくするからヤダ」と言われる嫌われ者なのですが、
「〜姉妹の服」に掲載されているパニエは「〜少女の服」よりも若干作りやすく、
裏地のスカートの上にチュールを重ねる仕様なので、履きやすいようです。
今年はパニエに関して文句が出ませんでした(笑)
パニエを作るなら「〜姉妹の服」のレシピをオススメします。

ドレス以外のことですが、
miのサイズが大きくなってタイツと靴が見つからず困りました。
可愛いものは小さいサイズしかないし、大人用ではまだ大きすぎるし・・・
悩んで、悩んで選んだのがこの靴↓

キャサリンコテージさんの『シフォンフラワーシューズ ピンク』 22センチ

柔らかく、エレクトーンの足ペダル演奏もしやすかったようです。
高かったので来年もはけることを切に願います^^;
いろいろ探しましたが、ドレス関係のものはキャサリンコレージさんが一番サイズが豊富でした。

さらに苦労したのが、この靴に合せるもの。
黒タイツでも白タイツでもイマイチだし、靴下ではおかしいし・・・
結局、ファンシーショップ(?)のようなところで、3足千円で売っていた大人用網タイツを買いました。
おそらく、ロリータファッションとかで使うものじゃないかしら^^
当然大きいのですが、上のほうでたぐませたまま履かせたらなんとかなりました。
残りの2足はルームソックスとワタシのブーツ用黒ハイソックスを購入して、
思ったより安く、可愛いのを買えたので満足です(笑)


a0114345_16195348.jpg

WHISTLE@さん handsomeハンチング


男のコに着せるものは本当に困ります。。
ピアノだったら、ベストとパンツとかの優等生スタイルでもいいのかもしれませんけどね。
今年も普段でも着れるチノパンと長袖Tシャツを新調して、
ざっと作った帽子を載っけて出てもらいました。

チェック生地は実店舗で購入。
¥1600/Mのなかなかお高い生地だったので40センチだけ購入^^;
ざっと作ったわりには可愛くできたのではと自画自賛^^
でも当日被っただけで放置されてますけどね。。



最後に、親戚閲覧用親ばか動画です。
よろしければ・・・・^^;


宝島



EL MIRAGE



緊張のためもあるのか指がかなりすべっています。
まだ指の力がないのです。
特に薬指、小指の力がなく、手の平をたてて弾く悪い癖もでていますが、
この歳でフュージョンを弾いてしまうのには正直驚きです。
昔よりもアレンジが簡単になってるとは言え、
ワタシは高校生で弾いたよ〜^^;



ムーンライト・セレナーデ



ブラジル


taは練習量が少ないので難しい曲には挑戦できないですが、
表現力としてはさすがのお兄ちゃんです。
なかなかよく弾けているのではないかと思うのですが、
今年はかなり緊張したようで、思うように弾けなかったようです。

ここだけの話・・・演奏後にまさかの悔し泣きですよ(驚)
上手く弾けなくて涙するくらいですから、
その後の練習は相当がんばっていると思うでしょう?

いえ、そんなことないです(笑)
後悔するくらいならもっと練習すればいいのにね〜

年内にアップできてよかった〜。
寒くなってきましたが、
みなさま、よいクリスマスをお過ごしくださいませ♪
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-12-24 02:41 | ソーイング
久しぶりソーイング・・・ビニコバッグなど
a0114345_16372692.jpg


なかしましほ『おやつですよ』より抹茶のくずプリン

お友達のブログで美味しそうだったこのおやつ。
わが家にも同じ本があって、割安という理由で選んで使いきれない抹茶の大缶、
同じく使いきれない葛があるのに気付いてまねっこしてみました。
使わなきゃいけない豆乳もあったので、レシピの牛乳の2/3を豆乳にかえました。
ぜんぶ豆乳にしなかったのは、風味が強過ぎて食べにくいかなと思ったから。
簡単に出来て美味しいです。
子供たちは手間のかかるものより、
こんな単純で冷たいお菓子が人気です。

もう夏祭りの季節も終わってしまいましたが、
知り合いでまわしているお下がりお洋服。
サイズが合いそうなものが回って来るのでいったい誰が着ていたものなのか
よくわかないのですが・・・
浴衣が1枚入ってました。

a0114345_16372579.jpg


一見、これは男の子用?と思う程、
シックなからし色にイルカの模様。
袖の長さと形からみると間違いなく女の子用の浴衣。
最近のやたら“ぎらぎら”(きらきらじゃなくて)した浴衣が苦手なワタシ。
これは一目で気に入った!

面倒くさいし、暑いっていって浴衣を着たがらないmi。
だから最近はまったく浴衣を買ってなかったんだけど、
めずらしく『これ着る』って言い出した!!
miにはちょっと小さいサイズだったけれど、
あげを下ろせばなんとか着れそう。

帯はついてなかったし、家にある赤やピンクの兵児帯はまったく合なかったので、
ネットで探してリップルの薄手木綿生地を買ってみた。

最近は、手軽で涼しいと大人用の兵児帯も沢山あるのですね。
子供用もむかしからのいわゆる絞りの兵児帯だけじゃなくて、
オーガンジーやシフォン素材のものなどバラエティに富んでいるようです。

a0114345_16372591.jpg


どうやっても地味で華やかさにかけるので、
黒レースをたたいてみました。
なるべく長くとって、背中のリボンは大きめに。


これ、だめですかね?
ハハとしては、なかなか可愛いと思うのですが・・・
これ着たの、写真とったこの時だけでしたよ。。。

昼間のまだ暑いうちにお友達と出かけるというので、
明るいうちに写真だけ撮らせてと着せたんです。
で、この後脱いで、夕方また1回帰ってきて浴衣で出かける約束だったんですけどね。

二度と着てもらえなかったです。
『こんな地味な友達(浴衣)いなかった・・』って(泣)
え〜?だってこの地味な感じがいいって言ってたんじゃ〜ん。
それに、ただ、がーっと直線に縫っただけだけど、
帯も作ったのにぃ。
みんなと違うということをいいと思えないお年頃。
ううっ、、しょうがないか(涙)
さて、このムダに細くて長い生地(帯)何に使おうかな。。
首に巻くか?


しばらく遠ざかっていたミシン。
夏休みにまとまった時間がとれたので、
集中的に動かしてみました。

a0114345_16372661.jpg


one's one 3サイズバッグ


去年一度作って、ビニールコーティング(ラミネート生地)にハマりかけ(笑)
気に入ったビニコ生地を買いだめてあの頃。。
依頼のすっかりご無沙汰だったパターン。

手前がソレイアード、奥がCHECK&STRIPEで買った生地です。
ビニコ生地は扱いにくいと言われますが、
ソレイアードの生地はつや消しタイプなのでまったく問題ないです。
というか、ビニコ用のテフロン押さえを使いましたが、
このパターン自体がよく考えられてつくられていて、
ビニコの扱いの難しさを感じません。

この後、テッカテカのビニコで他のものを縫いましたが、
それはとても苦労しました。
どうやら、ビニール面を下にして縫うと、
ミシンの土台のプラスチック面にくっついてしまい、大変なことになるようです。
(つや消しタイプを選べば心配ありませんが)

このonesoneさんのパターンはビニール面は常に中表か、
上を向いて縫うようになっているのでストレスなく縫えます。
アクリルテープの縫い付けも、縫い方のコツが細かく書いてあるレシピなので、
綺麗につきます(あとは腕の問題さ^^;)

比較的スムーズに作れましたが、
テープ付けの段階で、針を16号に、糸を30番に替えた所で、
糸調子が上手くいかず、すっかり手が止まってしまいました。
職業用ミシンに買い替えてから、まだそんなに太い糸を扱ったことがなかったのです。
上糸調子をいじってもなかなか上手くいかなくて、
とうとうあまりやりたくなかったボビンの下糸調節ネジを回しました。
ボビンを扱うなんて高校の家庭科依頼だな〜
家庭用ミシンはボビンなんてないからね。

そうしたらうまく行きました!!
まだまだ勉強が必要だわ。職業用ミシン。
あとは、裏地につける接着芯、
これはもっと厚いものを使ったほうがよかったかな、、
あまり固くなると縫うのが難しいかと思ったのですが、
このバッグはもっとパリッと自立してるほうが可愛いなと
これを書くにあたって見直した<one's oneさんのサイト>をみて思いしまた。

これは、大切なブログお友達にプレゼントしました。
とってもお裁縫上手な方なので、
ワタシの作品を差し上げるのもお恥ずかしいのですが、
人にあげるばかりで、自分は手作りのものをもらった事がないと喜んでいただけて良かったです♪

めずらしく来ているソーイング波に乗って、
もう一つ。

a0114345_1640409.jpg


pattern whistle@Bucket
表生地:CHECK&STRIPE リネン混ブラック
裏生地(ブリム):ソレイアードリネン混キャンバス


沢山もっているwhistle@(ただいま休店中)さんの帽子パターンの中で、
1位2位を争うお気に入りのパターン『Bucket』
その名のとおり“バケツ”のような形。
ブリム(ひさし)とクラウン(頭いれるとこ)がそれぞれ一枚仕立てなので、
作るのが簡単。
表地と裏地を作って、ひっくり返す方式なので、サイズテープ付けがなくて楽。
接着芯が必要なのはブリムのみで、クラウンには接着芯なしてで柔らかいリネンも使用可能。
クラウンに接着芯を貼らなくていい帽子は涼しいし、なにより被りやすい。
ブリムはさほど大きくない割に深い,ので日よけ効果は抜群!
ぐるぐるステッチが入っているのでブリムの形は調節自在。
日差しが強いときは、ブリムを下げて、視界を広くしたいときにはくるっと上げられます。

そして一番のおすすめポイントは、
自転車でも飛ばない(ある程度のスピード以下だけど)☆
これ重要。
ワタシも一昨年の夏に作ったBucketは今年も大活躍!!

この帽子は、自転車愛用者のお友達にお誕生日プレゼント♡
なんのひねりも飾りもない帽子だけど、
黒ファッション(↑青く見えるけど表地は黒なのよ)が好きな彼女には喜んでもらえたようでよかった。
ファッションのポイントになるような帽子を作れるようになりたいけれど、
まだファッションの邪魔にならないものしか作れないな〜汗


a0114345_1581165.jpg



オカダヤ系列のmano creareで見つけた、
コンパクトミラーキット。
フタの金具に好きな生地を巻けば簡単にオリジナルミラーを作れるというキット。
↑は帽子用のスポンジ芯を中に挟んでいます。
あとはクルミボタンを作る要領で金具をつつみ、
手芸用の接着剤でとめるだけです。
なかなかきれいに出来ます。

バザーに出すのに簡単でいいかなと思ったけど、
キット自体の値段が高いのでもったいなくて却下。
やっぱりこれはプレゼント用。
手前のリバティーをお友達へ。

キティちゃんリバティは洋服とか大きなものに使う勇気はないけど、、なにせ高いし^^;
これくらいの小物使いなら可愛いくていいかな。
10センチカットのはぎれが売っていたので買ってみました(10センチでも300円以上^^;)

このミラーキット、オカダヤのオリジナルらしいです。
ワタシは実店舗で買いましたが、
ここ→でも売っているみたいです。

少し涼しくなってきたし、
そろそろミシンの季節♪(暑くても寒くてもやる気にならない・・)
毎年恒例のドレス作りも始めなきゃならないし、
乗りかけた波から落ちないうちに取りかからなくては・・

(今回の記事、四季は封印してみたけど、結局、ソーイング話も知らないひとにはまったくわからないヲタク話になっちゃうんだなと思った・笑)
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-09-13 17:29 | ソーイング
サンジュのお祝いに・・ハンサムハンチングとmom
a0114345_16384571.jpg


久しぶりにパンを焼きました。
ただ丸めただけのパンです^^;

ホームベーカリーで食パンは焼いていたのですが、
成形してオーブンで焼くのは本当に久しぶりです。
震災後、節電のためにせっせと手ごねで焼いていたら、
肘を痛めてしまいました。。その前にも左肘を痛めた事があるのですが、今度は右肘です。
きっと力の入れ方が間違えているのでしょうね・・・

最近はだいぶ痛みもとれてきたのですが、
まだ荷物の上げ下ろしやぞうきん絞りがキツいです。

先日、娘miに
『お年寄りだからなかなか治らないの?』と聞かれました。
・・・・・お年寄り?
ひどい!(泣)
そりゃあもう若くはないけれど、年寄りではないぞ!

最近ですね、3人目を妊娠しました〜なんて嬉しいお知らせが立て続けにありまして、
miも妹が欲しいなんて羨ましがるので
『ハハはもう年寄りだから無理だよ。。miが早く大きくなって産んでくれ』
なんて言ってたものですから、
それをうけての発言でしょう。。
でもさ、“年寄り”と“お年寄り”ではニュアンスが違うよね^^;


アップしそびれて、なんとゴールデンウィークあたりの話題なのですが、

a0114345_16384635.jpg


こちらまぎれもないお年寄り^^
じいちゃん(ワタシの父)が今年は数えで『80歳』ということで、
兄家族と『傘寿』のお祝いをしました。

やけに接写でトップだけ写しているのは、
毎度の汚いナッペを隠すためです^^;
朝からケーキ焼いて、料理作ってでかなりテンパってたんですよ。
なんだか寂しい仕上がりだな〜って後になって気づいたのですが、
“傘寿”にちなんでデコレーション用の傘を飾る予定だったのですけれど、すっかり忘れたんですね^^;


じいちゃんへのお祝いには、


a0114345_16384628.jpg

pattern 『ハンサムハンチング』 WHISTLE@



使用生地は、たぶんcheck&stripeさんのリネンだったかリネン混だったか・・
最近、とんとミシンはご無沙汰で、布も在庫から引っ張り出してきているので、
いつ買ったものだか分かりません^^;



せっかくなので、ばあちゃん(母)にもお揃いで、


a0114345_20434749.jpg

pattern 『mom』 WHISTLE@



ハンサムハンチングはひさしに、momはブリムにワイヤーが入っていて、
自由に形が変えられます。
momは、見える所だけリボンを、見えない所は綾テープを接いで、ぐるっと一周通していますので、
サイズ調整が可能です。

WHISTLE@さんの帽子パターンは初期のころよりも、
最近に発売された帽子のほうが作る工程が簡単になっています。
せつこさんがそんなに裁縫の心得がない人にでも作れるようにと、
工夫を重ねているのだと思います。
NYハンチングというパターンも持っていますが、
ひさし付けがとても難しく、それに比べるとハンサムハンチングは、
『あれっ?これで完成?』ってくらいあっさり作れます。

ワタシはWHISTLE@の帽子パターンが大好きで、
他のパターンでは作ったことがありません。
今年の3月で休業してしまい寂しい限りですが、
再開を信じて、その時が来るまでたんまり持ってるWHISTLE@パターンで暮らして行こうと思っています。

今回、はじめて父の帽子を作るにあたり、
母にサイズを聞きました。
母は頭が小さくてなかなか市販のものではサイズが合わないので、
いつもワタシが作るものを喜んでくれるのですが、
なんと父も母と同じサイズの
『56センチ』
ちっさ。
ちなみに娘のワタシは“58センチ”普通ですわ。

それで、2つともSサイズで作ったのですが、
父に実際にかぶってもらうと、頭のサイズはぴったりなのですが、
顔のサイズには合ってない感じなんですよね。
男の人には、頭サイズで作るのじゃなくて、
少し大きめで作って、サイズテープで調節するくらいがいいのかな。。と。
母にはもちろんmomはぴったりでした。
自分から「これ(ハンチング)も似合うと思うわ〜」と被ってみると、
確かに、コンパクトに可愛くまとまりなかなかよく似合っています。
母が両方使ってくれるかもしれません^^
父にはまた今度、またいつか、きっといつか・・
作り直せればいいな〜^^;


この日、テンパっていた原因のひとつが
コレ↓です。

a0114345_16384616.jpg


小嶋ルミさんのスポンジ生地レシピ。
これに関しては<コチラ>にあれこれと書いていますが、
いまだに習得できずにおります。

手前が最初に焼いたスポンジ=失敗例。
奥が焼き直したスポンジ=成功例
です。
同じレシピですよ!!

成功のカギは、卵の泡立て具合と粉の混ぜ合わせと思います。
卵の泡立て具合の見極めを間違えると、
(この時は水あめを入れ忘れて、途中で気づいて加えてからまた泡立てたので泡立て過ぎだったと思う・・)
粉を混ぜ合わせるときに、本どおりの回数(80回)をこなしてしまうと、
上記失敗例になるようです。
いやいや(汗)長年ケーキを焼いてきましたが、
こんなにも膨らまないスポンジを焼いてしまったのは、
久しぶりではないでしょうか^^;
この失敗作はそのまま冷凍庫にぶちこまれ、
後日、<くまさんケーキ>の耳となりました。
固くて非常に細工のしやすいスポンジでしたよ^^;

ううっ・・スポンジ難しい(涙)
まっ相変わらずの雑なケーキでもみんな『美味しい♪』と喜んでくれたのでヨシとしましょう。


それにしても、父が80歳なんて・・信じられないわ〜
娘のワタシがこの歳ですから当たり前なのですが^^;
父は、趣味レベルを超えた趣味の畑仕事のお陰で、足腰強く、日に焼けた姿は、
傍目にはそんな歳には見えないと思う。
目がどうの、血圧がどうのと年相応の不具合はありながらも、
母と元気に暮らしてくれていることに感謝・感謝☆
これからも変わらず元気で(祈)

それにしても、
ワタシが“お年寄り”だったら、
じいちゃんぱあちゃんは“化石”じゃないかい?
>miさんよ
(笑)
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2011-06-24 17:12 | ソーイング
発表会2010
a0114345_16325125.jpg



a0114345_16325295.jpg



いや〜
終わった、終わった♪

今年の発表会も土曜日に無事に終わりました。
スタートが遅かったわりには、
miのドレスを作り上げ→シューズクリップ→taの帽子→髪飾り
と順調に作り、
前日にドレスの下に着る下着(結局キャミソールの丈を伸ばしたものにした)を作って、
当日までは引きずらずに準備を終えました。
前日は2時までやってましたが・・^^;

子ども達の演奏は、
去年の発表会からの成長がよく見られたと思います。


miは毎日コツコツ練習して、曲に乗って演奏する、という課題は、
去年よりも飛躍的に進歩したと思います^^
数週間前のレッスンで、
『miね、はじめて曲に入れた気がする・・』
すげえ★(失礼っ)
すごいワ!miちゃん!!
曲に入りこんで演奏できた☆ということらしいです^^

今回は、ベース(足鍵盤)の補助鍵盤の音が出ないというハプニングに見舞われ、
一曲演奏した後、調整のためにかなり後回しにされての再度登場だったのだけれど、
落ち着いて演奏できました。
先生方のご配慮で、最初の曲から2曲弾き直しさせていただけて、ヨカッタ、ヨカッタ^^

実は、夏のグレード試験の時も、補助鍵盤の音がキチンと出ないということがあり
(本体の足鍵盤の上に高さをあげるための補助鍵盤を乗せるので、ちゃんと設置していないと音がでません)
それで思ったように演奏できなくて、大泣きして試験会場からでてきたということがありました^^;

どうにも最近、補助鍵盤との相性がわるいようなので^^;
そろそろもう補助は外して、
うりゃーっ!と足を伸ばして演奏したら?^^と提案してみました。
頑張れば一番低い“ド”まで届いたそうなので、
もうすぐ足鍵盤から卒業できそうです。
『椅子からズリ落ちそうになるよ』そうですが・笑



taは、ハハがお尻を叩かないと練習を忘れてしまうという不甲斐なさで、
何度もハハをイライラさせましたが、
最後の追い上げが効いたようで、
こちらもなかなかの演奏を聞かせてくれました。
今年の先生からの課題は、
『チャラく弾きなさい』
最初の挨拶からチャラく、という指示も忠実にこなし^^;
いい感じにチャラ男になれていました。
土曜日の部活が6時に終わって、そこから1時間近くかけて電車でレッスンへ。
よくがんばっていると思います。



a0114345_163251100.jpg



今年の衣装は、
miを赤と黒でまとめたため、
taも黒でまとめて、ポイントに赤を使いました。
taの衣装は毎年本当に困りますっ。
ズボンは昨年、一昨年からの使い回し。
もともとロールアップできるデザインなのですが、
もはやロールアップして長さをごまかさないと履けないつんつるてん・笑
思いっきり子ども服仕様のゴムウエストはシャツをオーバーにして隠す。

シャツはチチとショッピングモールをうろうろ徘徊して見つけた
H&Mの160センチサイズ。
セットでついていたチンピラ風赤ネクタイはやめて、
同じくH&MのAKB風タータンチェックのネクタイをチョイス。
ついでに靴下と靴も買ってH&Mでひと揃いお買い物。
それぞれが安いといってもなんだかんだお金がかかりました。

でも、子供服では小さくて、大人服では大きくてとサイズ選びに困る
ガリガリtaには160センチサイズのシャツは大助かりでした。


*余談ですが、チチは近所にH&Mが出来ると聞いたとき、なんでチョコレート屋にそんな大騒ぎするんだ、と思ったそうです。それはM&M'sですワ^^;


あまりに手をかけないのがかわいそうなので、
毎年恒例、ハハの手作り帽子を頭に載っけとく。

帽子は、
whistle@さんの『soft hat』に初挑戦。

中折れ風ハットを格好よく作りたかったのですが、
在庫布から引っ張り出してきた生地で作り、しかも合う色の糸がなかったために、
ステッチに明らかに目立つ生成り糸を使用したやっつけ仕事のため、

中折れというよりも、
俺たち探検隊orインディージョーンズ風が否めない^^;Yo。



miのドレスは毎回ドレス作りではお世話になっているかわいきみ子さんの本、
『発表会のための姉妹の服 - Welcome to our concert!』 -
から作りました。
ハハは“青”や“紺”、もしくはもっとシックな“ワインレッド”にしようかと思っていたのですが、
miが『これと一緒の赤がいい!!』というので、掲載されているドレスと同じような鮮やかな“赤”を選びました。
なんでこのドレスになったのか、
なぜ赤なのか?や、
苦労話(?)また、小物の話しなどは次のエントリーで書きますね^^



a0114345_16325017.jpg



午前中にカットに連れて行った美容室で、
ドレスに負けないようにとクルクルに巻いてくれたので、
とっても華やかになりました。

前のエントリーのコメントでもいただきましたが、
こんな華やかな“赤”、
大きくなったら着てもらえないかもしれないので、
“赤”を喜んで着てくれる年齢でコレを作られてもらえたのは幸せでした・笑

発表会ネタ、次につづきます。
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-11-30 23:58 | ソーイング
Newミシン!!



線香花火なのに。。
あっという間に燃え尽きたよ。
こんなに光線がでてたら風情がないねぇ。


a0114345_175305.jpg





夏の終わりをしめくくる花火・・と言いたいところですが、、





a0114345_1753092.jpg




9月に入ってまでもこんなに暑い。
明日こそきっと!と涼しくなるのを期待して見る天気予報に裏切られ続ける毎日。。

と思っていたら、台風の影響で昨日は久しぶりに涼しい一日でした。
ここずっと暑かったので、夕方の“肌寒い”なんて感じたのはいったい何日ぶりでしょう^^
しば〜らく使っていなかった浴槽を洗って、お湯をためたし(ずっとシャワーだったの)、
クーラーを消して寝られたし♪やっとこさ小休止。

ま、でもこんな涼しさもつかの間、
週末に予定されているmiの運動会は予想最高気温35℃(汗)・・ふぅ

こう暑いと、
おやつだって、オーブンを使った焼き菓子よりも、
冷たいお菓子のほうが子どもたちは喜びます。



a0114345_1753365.jpg




坂田 阿希子さんの抹茶のお菓子より『抹茶ババロア』^^
お湯で温めて、が面倒くさくて手で温めたためただけで取り出したため、
お肌の美しくないババロアになっちゃいましたが、、
これはtaが大絶賛のババロアです。
簡単だし、抹茶のほろ苦さが効いたあっさり系ババロアレシピ。
美味しいのです♡


--

この夏、ちょっと大きなお買い物をしてしまいました♪

ず〜っと恋いこがれ、迷い続けてきた職業用ミシン。
ある日突然、思いつきで買っちゃいました^^


思いつきと言っても、欲しいな〜と思いはじめて数年。
一定周期で買っちゃおうか病にかかり、そのたびにネットで情報を仕入れて回っているので
どのミシンにするか、どの店で買うかはほとんどイメージは固まっておりましたデス。

職業用ミシンはプロの方が使うミシンと思われがちですが、
それは工業用ミシンでして、縫製工場などで使われているものデスね。
職業用ミシンは、工業用をコンパクトにして、取り扱いも簡単に、アタッチメントなども一般的に手に入りやすいものが使えるようになっている家庭用ミシンのことなんですよ。

ただ、縫えるのは直線のみ。
と機能が限定されているので、ジグザクミシンや刺繍も一台で済ませたいというユーザーは
コンピューターミシンを選択すると言う事になりまする。

で、ワタシはというと、ロックミシンは持ってるし、刺繍なんて使わないので直線のみで問題ないのですが、
“ボタンホールをどおする?”ってのが一番のネックでした。
職業用ミシンでもアタッチメントを使えばボタンホールを縫う事はできるようなのですが、
今使っているミシンが壊れた訳ではないので、
ボタンホールを縫うときは古いミシンを使うということにしました。

購入は、以前ロックミシンでお世話になったネットショップ島田ミシンさんにて^^

職業用ミシンというと、JUKIのシュプールかブラザーのヌーベルが筆頭に上がるのですが、
お店がJUKIしか取り扱いがなかったので、迷う事なくシュプールに決定。
そこからが少し迷いました、
シュプールの中にもいくつか機種があり、
機能とそれに見合ったお値段の違いがあるわけです。

お店にメールで相談したりしまして、
結局、JUKI SL-280EXを買いました。
このミシンの一番おおきな売り機能は「スピードコントロールつまみ」ってやつでして、
“ゆっくり→ふつう→はやい”とフットコントローラーを最大限踏み込んだときのスピードを制限する事が出来ます。
この機能がついている機種とついていない機種のお値段の違いがイチマンエン程ありましたが、
悩んだ末にこちらにしたのは、
子どもたちが使うようになった時のことを考えたためです。

自分は使い馴れればこんな機能なくても構わないですが、
馴れていない人が使うには、職業用ミシンのスピードはやっぱり早いです。

ワタシが中学生のとき、自宅のミシンで指を縫ってしまい、救急車で運ばれた友達がいました。
それが職業用のミシンだったのか家庭用のミシンだったのかわかりませんし、
いったいどうやれば指が縫えてしまうのかわかりませんが・・
そのエピソードが頭からはなれません^^;
なので、ちょっとお高くなりましたが、この機種に決めました。

Rick Rackさんのソーイングクラスもこのスピードコントロールがついたミシンでしたよ。
やはり、初心者の人が多く使うので選ばれているのではないでしょうか。

いざ購入したものの、ワタシくらいの裁縫頻度であこがれの職業用ミシンを使ってもいいものなのかとまだ迷いがあったのですが、
使ってみて、
“へたっぴほど道具にはお金をかけるべき!!”というのがよくわかりました☆

説明書を片手に、まず下糸をボビンに巻く。
まあ、そのスピードにびっくり!!
ボビンに巻ける下糸の量も相当多いようで、使い途中の糸ごまから
あっという間にすべてボビンに巻いてしまって、上糸に使うべき糸が一瞬にして無くなったのにはウケました(笑)

針の付け方や上糸の掛け方が今までのミシンとは違うし、
ボビンケースを触ったのも高校の家庭科以来^^
しばらく戸惑いましたが、いやはやその馬力とスピードはあっぱれスゴイです。

いままで使っていたミシン(かなり古いので比較対象にするのも申し訳ないですが)と比べていいところ

・段差に強い
いままでのミシンがとことん段差に弱かったので、ちょっとの段差で軌道をはずれたし、スタートに段差がある場合(たとえば、テープの端を縫うとか)は生地が進まないので糸が絡んでどうしようもなかった

・押さえ圧が調整できる
どんな生地でも強く押さえるので、ニットなどは伸びてよれよれになることも

・自動糸切りが便利
これはソーイングクラスでこのミシンを使わせてもらった時から絶対に欲しいと思っていた機能。
糸の無駄も少なくて済むし、時間が節約できる

・針が下りた状態で止まる
今までのミシンは、針が上にあがった状態で止まるので、帽子作りなどにはよくある、上側の生地を引っ張りながら縫うという作業はすぐ生地が手前にずれるのでストレスフルでした。

・厚物スイスイ〜
針の太さだけ注意すれば、今までのミシンでは到底縫えなかった厚さだってらっく楽

縫うスピードが早くなったのももちろんですが、糸がからまったり、針が折れたりなどのトラブルがまったくないため、作業効率がイイ!!
もっと早く買えばよかった★

ずーっと購入を迷っていたのに、ついに購入に踏み切ったのは
『せっかく買うのだったら長く使いたい』
そう思ったからでした。
いろいろ作ってみたい、そう思える時だからこそ快適なミシン環境を揃える。
ムダな買い物にしないよう、沢山使いたいと思います^^

夏休み休暇中に届いたので、
時間的余裕もあり、いくつか新しいミシンで縫う事ができました。


a0114345_1753257.jpg



ONE'S ONE さんのガールズサマーセット140センチサイズ。<コチラ>の別生地バージョン。
生地とフロッキーはすべてRick Rackさん。
前作でキャミソールが大きかったため、肩ひもを短く、脇も縮めたつもりなのですが、
やっぱり大きく^^;こちらも来年用へ。
短パンは活躍しています。ヒップとウエストは140でもいいのね>ハハ似?
綾テープはボタンホールを通して、ウエストの裏で縫い止めているだけのなんちゃってです。
ミシンスペースを整理して、収納した古いミシンを早速また出しました。
おっそろしく重いミシンなので、なるべく出し入れしやすく仕舞いましたが、、
やっぱり大変だわ・・ボタンホールから遠ざかりそう。。



a0114345_175321.jpg



WHISTLE@さんのサファリハット。

生地はRick Rack 麻デニム色落ちストライプのパープル
ちょっと甘めにレースを使用>お友達のプレゼント用なのです。ワタシには似合わないわレースは。。笑
まだこれ手元にあります。
一緒に縫ったストールのフリンジが出来てないから。。横糸抜くのがね、大変なの。。
でも、夏が終わらないうちに送るからねjyuちゃん♡


a0114345_1753175.jpg


そして、ONE'S ONE さんの『3サイズバケットバッグ』
生地はRick RackさんのRRギンガム ラミネートのターコイズを使用。

実は、これを縫いたかったのでミシンを新しくしたというのもひとつ。
こちらのバッグ、一番厚いところでアクリルテープ4枚分が重なります。
今までのミシンでは絶対に縫えませんでした。
ラミネート生地も初体験でしたが、ミシンと同時にテフロン押さえを買っていたのでまったく問題ありませんでした。
それよりも、RickRackさんのラミネート生地がかなり縫いやすいような加工に
なっているお陰かもしれません。


a0114345_175316.jpg



これはピンク好きなお友達の誕生日プレゼントです。
なので、内布には強引にピンクを使いました^^;
しっかり目のコットンを使い、接着芯を張りましたが、
ラミネート生地が薄めなため、自立はしません。

これは3サイズの“大”なのですが、
かなり大きいです。試しにりんを入れてみたらまったく顔がでなかったし、
ハリーでも余裕で入りました。
miが見た途端『デカっ!』って言いましたよ・笑
でもね、お友達、なんだかいっつも大荷物で(笑)きっとこれくらい収納力があるほうがいい!ハズ

内側を2重にしてポケットにする仕様ですが、
あまりにポケットも大きくなるので、携帯が入るサイズと小物を入れられるサイズで仕切りました。
そして、ボタンホールを→またまた、しまった古いミシンを取り出す(汗)

ダブルガーゼのストールを添えて。
こちらはフリンジが間に合いました。
この生地はCHECK&STRIPEさんで買って、自分のぶんを以前作ったもの。
あと2本つくって、計3本ストールを作って使い切り。

そろそろmiの発表会ドレスも取りかからなきゃいけないし、
NEWミシンの使い方を忘れないうちにちょこちょこ縫います。

-----

先日、子供会の役員さんから電話がありました。
予想していた事だけれど・・
来年は子供会役員を引き受ける事に^^;
子どもたちがいったいいくつになったら役員から解放されるのお??
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-09-10 08:00 | ソーイング
ソレイユの丘へ。

ど〜ん。


a0114345_14184127.jpg


ちょっと加工が大きかったですかね・・

ただ撮るだけでは飽き足らず、
100円出して“にんじんスティック”買ってよかった♡
左手でにんじんを持ち、カメラを構える。
にんじんとお馬さんの距離が大事!
近いとすぐ食べられちゃうし、やっぱり食べてる写真が撮りたいから遠いとダメだしね。

予想以上の表情が撮れて、
その場でカメラを覗き込んでほくそ笑む(←アヤシイ)


すでに一週間ほど経過してしまいましたが、
行ってきました、miの学童のdayキャンプ
長井海の手公園『ソレイユの丘』へ。


a0114345_14184557.jpg



学童から貸し切りバスで1時間弱。
横須賀市三浦半島にある観光や体験型の公園で、
コンセプトは『南仏・プロヴァンス地方地方の香り漂う緑の丘』だそうです^^



a0114345_14184355.jpg



確かに、緑多い広大な敷地に、
南仏風(?)な建物をぽつんぽつんと配置した贅沢な空間。
風はほんのり海のかほり。

おされなカラーリングのチューチュートレインの暇そうな運転手さんが
まったくそこら辺のおじさんだったり、

水上ステージではフラダンスがはじまって、
ハッピにねじり鉢巻のおじいさんたちが神輿を担いで練り歩きだして、、
おいおい、プロバンスはどこ行ったって感じ^^;
なのを差し引いても、なかなかいい雰囲気です。



a0114345_14184228.jpg



入園は無料ですが、アトラクションには料金がかかります。
おもしろ自転車や、


a0114345_14184279.jpg



こどもが好きそうな遊具があったり、



a0114345_14224738.jpg


芝そりゲレンデはかな〜り楽しそう♪
ワタシは見てるだけでしたが、プラソリにワックスを塗ってからすべるのだそうで、
結構スピードがでてました。
でも、頂上までは自力で上がるので、、
それだけで息が上がりそうです・・^^;

子どもたちは1000円でアトラクションに5回乗れるお得なクーポンを買って、
それを使い切るまで遊んだら満足そうでした。


a0114345_14184437.jpg


沢山あそんだ後は、
バーベキュースペースでカレー作り。
かなり小麦粉の多いカレールーでしたが、、美味しく作れました。

ここのバーベキュースペースのいいところは、
スタッフの方が手取り足取り面倒をみてくれるところ♪
火起こしから、飯ごう炊飯、カレー作りまで最初に説明があって、
『あれー?火が弱いかな〜』
『ご飯炊けてる?』
とか不安げにしていると
『大丈夫ですか〜?』とすぐに駆けつけてくれ、
困ったなーという顔をしていると代わりにやってくれちゃう・笑

学童では、毎年、一泊や日帰りのキャンプに出掛けます。
なるべくお金がかからないで楽しめる場所を、キャンプ係さんが探し出してくれるので、
青少年の家など民間の施設ではない所が多いのです。
いろいろな施設がありますが、あまり衛生的ではなかったり、
逆にきちんと管理しているぶん、そういうところは片付け方法に厳しくて
鍋はぴっかぴかになるまで磨き上げ、
(去年なんか3回もやり直しさせられたし・・^^;)
かまどにも灰ひとつ落ちていないくらい掃除をさせられます。

料理を作るまでは楽しいのですが、片付けでぐったりなのです。
安く使わせてもらうぶん、すべては自分たちの責任でなのは当たり前のことですが。。


ワタシたちはそんな環境に馴れているので、
今回も鍋はぴかぴかに磨き上げて、でもやり直しさせられはしないかとびくびくお返ししたら、
あっさり引き取ってもらえました。
どう見ても煤がついたままで返していた他の団体さんの鍋を見て、
え〜?あれで大丈夫なのぉ?と顔を見合わせたくらいチェックが甘い(笑)

その後、スタッフの方が洗い直しをして乾かしていたので、
そういう制度のようです。
炭の掃除はまったくしなくて大丈夫!なのにもとっても驚きました。

『なんか今回は楽だったねー』というのがみんなの感想^^
おひとり1,200円のカレー作り、
この設備と親切なスタッフさんのおかげで、決して高くはないかなと思います。

バーベキュー施設だけでなく、『ソレイユの丘』すべてがとてもきれいに管理されています。
入園料もとらないのに、こんなんでやって行けるのかと心配になるくらい^^;


a0114345_141844100.jpg



その他には、牧場でポニーや↑のお馬さんに乗れたり、羊とふれあえたり、
農園で野菜収穫を体験できたり、入浴施設があったりと盛りだくさん。
暑い日だったので、じゃぶじゃぶ池も大人気でした。

水着まで持って行ったのに、
水が温いしとか汚いとか言って、頑として入らないmi。
みんな楽しそうなのに、あまのじゃくさんです^^;

連日の猛暑を記録していたこの週。
前日には『日陰がほとんどないので、日よけ対策を十分に!!』というメールが来ました。
ひぇ〜それは恐ろしいとかなり覚悟して用意を。


miの日焼け対策に、
前日の夜、whistle@さんのBucketを作りました。
前に自分用に作ったBucketのSサイズです。

a0114345_14184133.jpg


生地は、綿麻混ヒッコリーのベージュを使用。
地味に仕上がりそうだったので、クラウンとブリムの継ぎ目に茶のギンガムチェックのバイピングコードを挟みました。裏地も茶のギンガムチェックです。
後ろはゴムを縫い付けてギャザーを寄せています。

普段はCapしか好まないmiですが、この帽子はその後もちょこちょこ被ってくれています。
軽い生地で作ったので被りやすいようです。

a0114345_14184587.jpg


ひさしを上げると見える位置に、
ウサギのフロッキープリントを貼付けました。


日差しは強いものの、実際は木陰があったし、日陰にいれば海風は涼しくて気持ちよく、
日陰から日陰へ、早足で移動したハハはあまり焼けずに済んだし、快適でした。
でも、日陰にじっとしていることのない子どもには、
やっぱり顔周り、首のうしろまでカバーしてくれるBucketのブリムは安心です。




あまりに暑かったので、予定より少し早めに切り上げましたが、
とっても楽しい一日でした。
もう少し涼しくなったら、ぜひまた行きたいと思います。
今度はゆっくり夕日の見えるお風呂に入りたいな。
イヌも一緒に行ければ最高なのですが、ペットの入園は禁止です。残念。。



------

日曜日、実家から無事に帰ってきました。
夜10時に出発して、2時に到着。
車は多かったものの、“至上最悪の交通渋滞”はまったくなく、
『あれっ?』と肩すかしをくらった感じ。
あまりにニュースで脅した結果、分散化したようです。
かなり覚悟していたので、スムーズに帰って来れてよかったです。

朝のお弁当作りと出勤の毎日がはじまりました。
お休みでだらけたからだをリハビリ中です^^;
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-08-17 17:13 | 日々のこと
Bucketをつくる。

a0114345_16453649.jpg



ものすごい荒いタルト^^;
アメリカンタイプ?カントリー風?
雑な作りだから「アメリカン」て、アメリカ人にはいい迷惑だわ(笑)

タルト生地は手で敷き詰めて、重しも置かずに焼く。
途中で底が膨れてきたら、一度オーブンを開けて生地にフォークをさして空気を抜く。
って手抜きな方法。
クリームはたかこさんの本を参考に、電子レンジでカスタードクリームを作り、
泡立てた生クリームを混ぜる。
クリームは当然スプーンでてんこ盛り。
そこに「大地を守る会」で買ったとっておきの国産ブルーベリーをたっぷりと。
最後に粉砂糖でもふればオサレ度もアップ♪なのだけれど、省略。

だってコレ、平日の朝に作ったんですもの。

生クリームの消費期限がこの日までだったし、
前日に届いたブルーベリーを使いたかったし、
しばらく留守にするtaに食べさせてあげたかったの。。

タルトは、先日作ったあんずのタルトの残りを使って、さすがに前の晩に焼いておいた。

どうしても今やりたい事をちょっと無理してでも今やっちゃうところが、
ワタシの困ったところ^^;
『優先順位がおかしい』チチがワタシによく言う言葉。あはは

暑い中、これから4泊5日の山中湖バレー部合宿に出発!という日の朝ごはんに
“ブルベリータルト”を出される息子も可哀そうだわね(苦笑)

でも『タルト食べる?』と聞くと『たべる~♪』と言ってくれるのがtaの可愛いところ♡
(「いらない」と答えた時のハハの反応が怖いだけかも?)
あとから起きてきたmiにも一応聞きましょう、
あっさり『いらない』。。だよね、そう思ったよ。。

この写真を見たチチは、
『なに?これなに?』
あー、この日は泊まりの仕事でいなかったねー。残念っ




ここ最近、よくミシンをさわってます。
洋裁をしない時間が長くなればなるほど、生地を選ぶのもカットするのも面倒くさくて、、
パターンを切るのさえ面倒くさい。
『あの生地であれ作りたいなー』なんて妄想だけで終わる日々。
でも、必要に駆られてですが、ひとつ仕上げてみればやっぱり楽しいし、
縫い物の波に乗ってしまえば、新しいパターンや生地(ほんとは買っちゃいけないよ)を入手したりして♪しばらくハマる^^

集中してばんばん作品を仕上げられる状態になることを、
ネットの洋裁愛好者さんたちの間では『縫い物の神様が降りてくる』(笑)と言います。
ワタシはまだその境地にはいたってませんが、
ちょっとリズムが出てきて、なかなか楽しい状況です。
最近、危うい動きをしていたわが家のアンティークミシンも使っていれば調子が上がってくるようです。

てことで、
自分の帽子を縫いました。


a0114345_16453563.jpg



whisle@さんの『Bucket(バケット)』

バケツをひっくり返したような形ってことですかね。
生地は、うず高く積まれた在庫布より。
check&stripeさんのバッグキットになっていたしっかりしたキャンパス生地を使用。かな~り在庫歴長し。

ストライプが片側だけに入ったこの生地。
クラウンにストライプを持ってきて、ブリムは無地で作りたかったのだけれど、
なにせもともとバッグ用、用尺があまりなくて、
ストライプがずれないように慎重にクラウンをとったら、
ブリムはどうしたって全部は無地ではとれなかったし、
裏ブリムなんて生地方向も無視してぎりぎりとった(汗)



a0114345_16453651.jpg


反対側のブリムは無地。
成り行き上こうなったけれど、変化があってこれはこれでかわいいかも?

いつもつい無難に無地のみで作ってしまう帽子ですが、
夏だし、柄ものの帽子もたまにはいいかもしれません。

作り方は、表帽子と裏帽子を別に縫い、最後にブリムで縫い合わせひっくり返す方法なので簡単です。

最後にブリムにはぐるぐるステッチを。
ワタシはこの作業が好きです。
しかも、せつこさんが「ラフに入れて」とガイドに書いてくれているので、
あまり神経を使うことなく勢いでぐるぐる入れました。
たくさん入れたつもりだけど、あとからwhistle@のサイトを見たら、
もっともっと入ってました。
もうちょっと入れたらよかったなー。

a0114345_164535100.jpg


かなり深いクラウンです。
なのでクラウンの後ろ中心にゴムを縫い付けてギャザーを寄せます。
これでかなり頭にフィットする感じになります。

日差しをしっかり遮りたいときはブリムを下して、
カメラを構えると時などはくるりんとブリムを上げます。
ブリムは接着芯を表裏に貼っているし、たくさん入ったステッチのおかげで、
一度上にあげたら自然に落ちてくるということはありません。

すっぽりとかぶれるので風にも強いようです。

深めの帽子が好きなので、
whistle@で見つけたとき、
『これは行ける!』と思い即買い・笑

予想どおりの仕上がりで、すでにこの夏大活躍中です。



a0114345_1646095.jpg



暑くて台所に立つのも憂鬱ですが、、
比較的涼しくて体力も残っている午前中にパンを仕込んでおけば、
お昼づくりもちょっとは楽?
オーブンの熱にはうんざりですが、
室温で発酵出来るのはこの季節のパン作りの利点かな。

みかさんのリッチ生地でダイス状のチーズを包み、
クープを入れてピザ用チーズを乗せて焼きました。
丸いのは冷凍保存しておいたあんこを使ったアンパンです。

----------

お盆にしか休みのないtaに合わせて仕事の休みをもらい、
実家に帰ってきました。
母のパソコンが新しくなり、光回線になったので快適です。

今日の夜自宅にもどる予定ですが、
東名高速の渋滞が心配です。
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-08-14 14:21 | ソーイング
WireMeshCapを作る。

a0114345_1794991.jpg


実家からじいちゃんのとうもろこしが届きました。
毎年夏の間に、種類を変えて何度も送ってくれ、
食べきれなくて冷凍しているとうもろこしですが、
植え付けに失敗したそうで、

『今年は一回かぎりだよ〜』とのこと。

あまりいい出来じゃないとも母は言っていましたが、
十分甘くて美味しかった。
電子レンジで加熱してから、バターを溶かしたフライパンで焼き目をつけ、
お醤油をじゃーっとかけていただきました。

『もうちょっと食べたいな』くらいがちょうどいい^^


a0114345_1795214.jpg



昨日は、本当に久しぶりに涼しい一日で、
クーラーをつけずに寝られました。
もう一日くらいほっとできるかと期待したけれど、、
今日の午後からは暑さもすっかり戻ってきてしまいましたぁ。。

7月に入ってから、毎日暑くて、暑くて、、
ベランダのプランターに朝たっぷり水をあげてきても夕方にはカラカラだし、
連日、小学校の水泳教室、学童のプール(これも小学校のプールを使用)に出かけているmiは、
真っ黒コゲのこげぱんちゃん。
生まれてから一番日焼けしてる夏かも^^;

朝は日焼け止めを塗っていかせるし、鞄にも入れさせてはいるのだけど、
プールに出かける前に自分で塗るってのがどうしても嫌らしい、、です。困ったもんだ。。

毎日着実に焼いていると皮は剥けないのですね〜、
それに対して、学校の集中水泳訓練は室内プール、部活も室内スポーツのtaは、
先日の野尻湖宿泊学習でこの夏最初の日差しをいっぱい浴びて,
現在、脱皮中です^^
皮剥け初体験なので、ハハに『ねえこれ大丈夫?剥けたことある?』とウルサイ・・

そんなtaも、来週はビーチバレー、山中湖合宿と続くので、
すぐに真っ黒お肌が定着することでしょう^^;


↑の写真は、最近お気に入りのおにぎりセット。
お義母さんから送ってもらった、富山のとろろ昆布は驚くほど幅広で、
紫蘇とたたき梅をのせて包んだらとってもとっても美味でした♪
もうひとつ、お義母さんが鹿児島から取り寄せてくれた『かつおみそ』を使った焼きおにぎり。
かなり甘いみそなのですが、魚焼きグリルで軽く焼いたおにぎりにみそをのせてもう一度さっと焼く♪
これもとっても美味しいのですよ。

魚焼きグリルで焼きおにぎりを作る時は、
ホイルにサラダ油を塗ってからおにぎりをのせます。
焼き上がってからしばらく置いておくと、くっつかずにきれいにはがれます。
焼きたてだとホイルにご飯がくっついてしまいます。
“くっつかないホイル”も便利ですが、ちょっとしか入ってなくて結構高いので^^;

この『かつおみそ』
ネットで調べてみたら、ありました『カネヨ販売 かつおみそ』
鹿児島県枕崎市はかつおが有名なのですね。
他にもいろいろなメーカーさんが同じようなおみそを販売しているようです。
ワタシはこちらのものしか戴いた事がないですが、
焼きおにぎりには最高♪ですよ。




a0114345_1795125.jpg



昼間の暑さには本当にうんざりですが、、
夕方の空はとてもきれいです。
ただオートで撮っただけですが、とってもきれいな色で撮れました。



強い日差しのなか、
学童と学校を、多い日は2回も往復するmiに、
whistle@さんのWireMeshCapを作りました。


a0114345_1795074.jpg



フロント生地は、小さい頃miの大のお気に入りだった
あくびちゃんトレーナーをリサイクルしました。
かなり着たので、お下がりに回す事も出来ないし、かといって捨てるのも忍びなく・・
いつか利用できたらと取っておいたものです。

ブログネタとして、リサイクル前の写真を撮っておくべきだったと気付いたのは、
切り刻んで、帽子になってから(涙)

古い写真を捜したら、着ているのがなんとかありました^^;


a0114345_882186.jpg



ちっちゃ・笑
日付は“2006”、4年前ですね。
このときすでに2シーズンくらいは経過していると思うので、
サイズは110センチくらいかなー。


a0114345_179505.jpg



なにせ小さいトレーナーだったので、
どうやってもこの位置でしかとれず、
あくびちゃんのお顔をひしゃげてしまったのは手作りのご愛嬌^^;
ちょっと見ただけじゃわからないかな〜なんて、へへへ。

RickRackさんのフロッキープリントを貼付けました。
いったいこれはどこの言葉でなんと書いてあるのでしょうか?笑


子ども達がCAPしか被らないので、他にもwhistle@さんのメッシュキャップのパターンは、
(B)CAPと初代メッシュキャップのパターン<コチラ>を持っていますが、
なるべくあくびちゃんを無事に残すために、1枚フロント仕立ての
“WireMeshCapパターン”をはじめて使いました。

今までのメッシュキャップパターンとの違いは、ひさしに硬い芯を入れるのではなく、
ひさし周囲にワイヤーを入れて仕上げることです。
ベルボーレンのひさし付けに毎回苦労し、かならず何度か縫い直しをしていましたが、
コレはとても楽にできました。
ワイヤーなので自在に形を整えることが出来、見かけは市販のCAPのようにアーチ状に曲げることも出来ます。

柔らかい生地を使えるので、ひさし生地にも接着芯を貼ったニットを使用していますが、
フロントとひさしにはスポンジ芯を挟んでるので、
意外にしっかりしています。

難しい過程はまったくなくて、パーツを組み合わせるうちにだんだんと立体になっていく帽子づくりは
やっぱり楽しかった♪
めずらしく大きな失敗もなく順調に作り上げましたが、接着芯をはったり、バイアステープをたたいたり、
と作業は細かいので、なんだかんだ一日かかってしまいました。


a0114345_853354.jpg



白のアジャスターを切らしていたので、後ろはゴム仕上げです。
Sサイズで作りましたが、まだちょっと大きいようです。

帽子を被る事がありまり好きではないmiですが、
学童では毎日持って行く決まりです。
これで少しでも黒こげ防止をしておくれ(祈り)

週末からまた酷暑が戻って来るそうです。
どうぞみなさまご自愛くださいませ。
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-07-30 17:10 | ソーイング
キャラメル・カフェロール♪

はぁっぴ。ば〜すでぃ♪


a0114345_7254247.jpg


じぃ〜ぶぅん〜♪

先日、ついに大台に乗りましてね。
ワタシ♡
でも、母の日以上になにもなかったですよ。。寂
miでさえ、母の日で満足したのか、、
お手紙もなかったねぇ。

ので、自分でケーキ焼きました。
食べるときには『HAPPY BIRTHDAY TO YOU~♪』を強要しようと思っていたのに、
写真撮ったらすっかり忘れて普通に食べてしまいましたっ・笑

たかこ@cramel milkteaさんの
“何度でも食べたい、ずっと作り続けたい”まいにちの焼き菓子と特別な日のケーキ より
『キャラメル・カフェロール』です。

こちらのケーキ、この前一度作ったのですが、
ちょっと失敗しまして。。
でも、味は好評で、久しぶりにtaの『また作って!!』コールが!

今回はリベンジです。
インスタントコーヒーを混ぜて焼き上げた生地に、
キャラメルソースと生クリームを巻き込みます。
ほろ苦くて大人な味のロールケーキです。
miは『にがいっ!』と言って食べません^^;
いいんです。おこちゃまは!

前回の失敗は、
ワタシはどうも、スポンジ生地をまぜすぎることを怖がる傾向にありまして、
いまいちスポンジ生地があらく仕上がるのは、
“混ぜ”が足りないのでは・・とネットや本などをみて思いました。
で、今回はレシピに書いてあるとおりに“生地にツヤがでるまで”いつもよりしっかり混ぜました。

まあ!そおしましたら、キメの細かいいい生地に仕上がりましたよ。
そうかー、やっぱり混ぜは重要なのねぇ。。

生地はよかったのですが、
今回は巻き↑がイマイチですね〜。
巻き終わりからクリームはみ出ました(汗)
カットも美しくないし・・
簡単だけど奥が深いねーロールケーキは。。

キャラメルソースを作るのがちょっとひと手間ですが、
このキャラメルがいい味だしてます。
きっとプレゼントしても喜んでもらえそうです。


今回初めて、クオカで評判のいい『オーム』の生クリームを注文してみました。

ワタシの生クリームの第一選択は、
『中沢』の生クリーム。ちょっとだけお高めのスーパーに行けば手に入るので、
できれば中沢の45%か36%を用途により選択。
中沢が手に入らなければ、『タカナシ』の47%か35%
(いまネットで調べてみたら、43%や42%なんてのもあるんですね〜)
タカナシも無理だったら、『森永』(これは近所の酒屋さんで牛乳と一緒に売ってる・笑)。
どうしても今すぐ使いたくて、クリームを泡立ててそのまま使うお菓子ではないときは、
これで我慢。

それ以外のメーカーしかなかったり、植物性のクリームしかなかった時は、
そのお菓子を作るのをあきらめます(笑)

それくらい、生クリームはメーカーで質が違います。よね。
そこで、初体験の『オーム』。
普段『中沢』を使っているワタシは「びっくりするほど美味しい!!」ってほどでもなかったですが^^
香料や添加物で作った味じゃなく、
牛乳の味のするクリームで美味しかったです。
『中沢』と似た味だと思いました。
こちらのスーパーでは見かけた事がないので、
これから、クオカの注文とタイミングがあったときは購入してみたいと思います。

ただ、、配送の振動のせいなのか、
生クリームを通販で買うと、クリームが凝固してしまうことがあるんですよねぇ。

最初のキャラメルカフェロールがうまくいかなかった原因のもうひとつは、
クリームを開封したらすでに凝固していた。ってのもあったのです。
使えないわけではないのですが、そこから泡立てたら、泡立てすぎてぼそっとなってしまいました。
この時は自分で買って運んできたのですけどね。
自転車がいけなかったかなぁ。

脂肪分の高いクリームはしょうがないみたいですね。
なので、生クリームを開封するときはちょっとドキドキします。


家でのお誕生日はさらーっと終わりましたが^^;
お友達からはプレゼントをいただいたり、メールをもらったりしました。
ヒトの誕生日や記念日がまったく覚えられないワタシ(汗)
ちゃんとワタシの誕生日を記憶して、お祝いしてくれる♪
その気持ちがとっても嬉しかった。
みなさん、どうもありがとう。
気持ちと、なるべく外見も、、
若くいられるようにこれからもがんばります!^^



なつ日の今日。
こんな日に暑苦しい画像で恐縮ですが・・


a0114345_72606.jpg
a0114345_7261572.jpg



WHISTLE@さんの『LOVE』を編みました。

miの『LOVE』をほどいて編み直し、お義母さんにプレゼントした『LOVE』
コチラ
を見て、『私も欲しい』と言い出した2名に。

ブルーが姪っ子で、ピンクが母のです。
母はワタシが自分用に編んだものを愛用してくれていたのですが、
『糸が伸びてゆるゆるになったから、新しいのが欲しい』だそうです。
それぞれ好きな色(ルナモール)を選んでもらいました。
毛糸は取り寄せたものの、もう次の冬まで寝かしておこうかと思ったのですが、
毛糸在庫まで増やすと大変のことになるので、
ちょっと涼しかった日に仕上げました。
母には、遅い母の日に、季節外れの帽子をプレゼント^^;

ブルーの姪っ子用はちょっと小さく仕上がってしまいました。
なんでかな〜。。
もともと編み物が得意ではないワタシ。
編み目が安定しないのもそうですが、どうも編み図の見方がいい加減のようで、
同じものを編んでいるのに、なぜか毎回新しい発見があるんですよねー。
「えっ?ココこうだったの?」なんて。。^^;
どっか間違えたかなぁ?
おそらく、3つめのピンクの母用が一番正しく編めたと思われます(笑)

このお二人、頭のサイズがとっても小さくて、
モデルになってもらったmiが『きっつ!!』って言ってました。
(うちの子どもたち、頭デカイです)
それにしたって、姪っ子のはちと小さかったようなのですが、
ルナモールは結構のびる糸なので、
ぐいぐいっと手で伸ばして渡しました^^
もう毛糸を扱うにはつらい季節になっちゃったので、
編み直しするなら、また涼しくなる頃にね。



**きょうのワンコ**


ハハとのひっぱりっこが好きなのはハリー。
『遊んで』とおもちゃを持ってきたハリーに付き合っていると、
必ず割り込んでくるヤツがいる。

a0114345_7262866.jpg



コイツ(りん)


a0114345_7264127.jpg


2匹で遊んでくれると楽なのに。。
ハハが手を離しても、2匹で引っ張り合いっこしてくれるのは、
ほんのちょっとの間だけで、、
ハハと、遊びたいんだよね〜。
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-05-22 07:57 | パンやお菓子
LOVEをつくる。


a0114345_16581662.jpg


先週のことですが、
また急に冷え込んで、、
なんだかやけに寒いな〜と思っていたら、
雪が降りました。
水分が多くて、みぞれっぽく、積もるようなことはありませんでしたが、
今年は何回目の雪だろう。3回め?

こんなさむ〜い日、
taの学年、6年生の授業参観がありました。
小学校最後の授業参観は、
5、6校時を使っての『はばたきの会』へのご招待。

「6年間の小学校生活を支えてくれた保護者に、感謝の気持ちを伝えたり、
自分たちの成長を見つめなおす」
という会だそうで、
歌を歌うというので楽しみにしていたのですが、
この寒さ・・
場所はよりによって“体育館”ですよ。。

大いに期待していた大型ストーブは点火されてはいましたが、、
広い体育館をあたためるには力不足で、
震えた。。。

「笑いあり、涙ありのひととき」との宣伝文句^^
その日はたまたまハンカチもティッシュも忘れてしまい、
これでは「涙あり」に対処できないカモ!と
わざわざ薬局に寄って購入^^;

1年生からの出来事を、
子ども達が“寸劇(?)”で振り返るという構成でした。
こちらは、練習時間があまりなかったのか?
台詞につまったり、流れがとどこおったりと
涙というより、ほほえましい笑いの要素のほうがこくて、
せっかく用意した、ハンカチの活躍はほとんどありませんでした^^

楽しみにしていた合唱は、
1曲目は
『旅立ちの日に』

卒業にちなんだコマーシャルでよく聞きますね。
最近の卒業ソングの定番のようです。
この曲、とてもいいですね♪
帰宅してから調べてみたところ、
秩父市の中学校の先生が作った曲なのだそうです。

当時、荒れていた学校をなんとか矯正しようと
『歌声が響く学校』をめざして合唱を歌う機会を増やした。
生徒たちは最初こそ抵抗を示したものの、歌うたのしさによって、
やがて学校は明るさを取り戻した。
この曲は、教員から卒業生へ贈る歌としてサプライズで一度きりの予定で
歌われたそうですが、翌年から生徒達によって歌い継がれたのだそうです。
〜以上Whiki調べ(笑)

なるほど!!
どうりで心に響く曲だと思いました。

合唱はいいです☆
ワタシは歌うのも聞くのも大好きです。
“歌で学校を明るく”なんて
歯が浮くような感じですが^^
大きな声を出して歌うということは、
本当に心が解放されます。
さらに、大勢で声を合わせる気持ちよさ。
最初は恥ずかしかったり、やってられっかなんて思っても、
その楽しさに気づいたら、きっと歌わずにはいられなかったんだろうなと想像します。

taたちの歌声も、
決してすごくレベルが高いというわけではないですが、
子ども達の素直な歌声は、テクニックなどなくても、
とても美しい♡

なんと言っても、この年齢ぎりぎりのボーイソプラノ♪
きっと中学生ではこうはいかないし、
低学年では音程がきちんととれないだろうし、
今だからできるこの合唱の価値。
ご本人たちはまったくわかっていないだろうな〜笑

少年、少女たちの歌声にはちとウルっときてしまいました。

もう一曲は、
『手紙〜拝啓十五の君へ〜』
これもとてもいい歌ですが、
これは、難しい曲ですね。
歌の内容的にも小学生が歌うにはちょっと早いかな・・と思いました。
きっと中学生くらいのほうが、この歌詞が伝えたいことに共感して歌えるのでは、
と思います。

6年間のふり返りと合唱の合間には、
『いままで支えてくれてありがとう、中学にいってもよろしくね』
という内容の彼らの言葉での呼びかけがありました。

taに聞くところによると、
台詞もすべて自分たちで考えたそうなので、
そこはやっぱり6年生。
すばらしいと思いました。

その後、担任の先生を囲み、簡単に最後の懇談会。
「この学年は、いまこんな時代のなかで、めずらしい、素直な子ども達です。」
と先生から話しがありました。
そうなんです。
ワタシも前から思っていましたが、まったくスレていない。
学校ですれ違えば、みんな頭を下げて挨拶してくれるし、
授業態度のよさや積極性にはいつも驚かされた。

逆にいえば、ちょっと幼い感がなきにしもあらずらけれど、
一学年2クラスでアットホームなのんびりした環境で過ごせた6年間は、
taとハハにとって、とても居心地がよかった。
taはtaなりにいろいろ悩むところもあったようだけれど、
過ごし慣れた環境から出て行くことはすこし勇気がいる。

taは私立の中学に進学するので、顔見知りはひとりもいない。
そのことに不安があるようだけれど、それはみんな同じこと。
人見知りのワタシだって、また一から母親友達関係を作っていかなかくてはいけないし、、
『不安なのはハハも一緒だよ。一緒に頑張ろう!』と話しました。

さて、今回この合唱をボイスレコーダに録音しました。
小学校の思い出の写真を載せて、卒業記念のフォトシネマを作ろうと思っています。
作ろうと思ってるで終わらないように^^;
目標は3月中だな^^




a0114345_16583243.jpg


WHISTLE@さんの『LOVE』を編みました。
まえに編んだmiのLOVE、
小さくなって放置してあったのをほどいて、
残っていた糸を足して、大人サイズに編み直ししました。
ルナモールという指定糸を使っていますが、
一度編んだ糸は伸びてしまっているようで、
もともと手がきつめなところ、さらに小さく編み上がってしまい、
ほとんど編み終わったところで2度もほどきました。
とても簡単に編めるので、
編み馴れているひとであれば数時間で作ってしまうでしょうが、
ワタシは結構時間がかかりました。
しょっちゅう編み目を間違えたりして、
きっとLOVE3個ぶん編むくらいは鉤針を動かしていたと思います^^;

この写真はmiに被せてますが(↑変な顔)、
おばあちゃんへプレゼントするつもり。
ワタシはこれが恐ろしく似合わない。。
以前自分に編んだ黒のLOVEも母にあげてしまった。
こちらは、気に入ってもらえればお義母さんにもらってもらおうと思っています。


a0114345_23373637.jpg


これが、最初に編んだmiのLOVE。
編み目汚〜い!!
この頃に比べたらちょっとは上達したかしら?




a0114345_16584558.jpg


ブログお友達が『プリンケーキ』なるものを作ってました。
スポンジケーキとプリンが二層になっているケーキ♪
お友達は本を参考にしていたけれど、
作ってみたいな〜とネットで検索してみたら、
ありました!
クックパッド<コチラ>

カラメルソースを敷き、プリン液を流し込み、その上にスポンジ生地を流し入れ、
オーブンで蒸し焼きします。
スポンジ生地が軽いので、プリン液に浮くのです。
それできれいに二層に焼き上がります。

今回は、カラメルソースの焦がしがイマイチで色づきがイマイチ。
あと焼き過ぎ感あり、で成功!とはいかなかったけれど、
なかなか迫力のあるお姿で、パーティーなんかにはいいなと思います。
リベンジ決定^^




a0114345_16585944.jpg



ホームベーカリーパン。
普通の食パンはつまらないからと後回しにしていた『ハード食パン』。
国産小麦とパーム油ショートニング、砂糖、塩、水のシンプルレシピ。

これが思っていた以上に美味しかった♪

外はカリッと、中はふんわり。
山食のような焼き上がり。

山食は強力粉と中力粉(リスドオルとか)を混ぜて使うけれど、
これは強力粉だけでこの食感がでたのでびっくり!!

レシピは『ブランジュリ タケウチ どこにもないホームベーカリーレシピ』より。
本に書いてあるように、トーストするとさらに美味です♪


**きょうのワンコ**



a0114345_16591366.jpg


そんなに見たって落ちてはきませんよ^^;
パンに塗ってる黒いやつは
わが家で最近はやっている黒ごまはちみつです。
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-03-17 01:29 | ソーイング
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin