Top
卒業式。

a0114345_16575127.jpg


寒いのなんのって、、
桜の開花宣言が出たかと思いきや、
冬へ逆もどりしたような気温で、
冷たい雨の数日でした。

『更新が滞っている』とお叱りを受けたので(身内から・・)^^;
すでに一週間以上が経過してますが、
taの小学校卒業式の様子です。


a0114345_16572354.jpg


小学校最後の登校。


だいたいいつも、
taのお友達のお迎え、
そのすぐ後にmiのお友達のお迎え、
寝坊したコがあとから一人で3回目の『ピンポ〜ん』
なんてこともあった^^
元気な男の子グループのお迎えもこの日で最後。

『ピンポ〜ん』の前から近づいてきたことがわかる、にぎやかな話し声が聞こえなくなって、
なんだか寂しく感じるここ数日です。

6年間どうもありがとうね。
今日はみんなとってもかっこいいね。
最後の登校、気をつけて行ってね!!




卒業式に何を着せるか、、

何十年もまえだけど、自分の時はそりゃもう大騒ぎで、
どんな服を買ってもらったのか、
友達がどんな服装できたかも覚えているのだけど、
ハテ、男の子は何着てたっけ??
まったく思い出せない。


お下がりでもらったチノパンに、
シャツとベストでも着せておけばいいか。
中学の制服を着せたりしするのかな?

中学生の子をもつ先輩お母さんに聞いてみると、
『男の子も女の子もほとんどスーツだよ!』
とのこと。
え〜?そおなんだぁ。
男の子でもちゃんとした格好するんだね〜

聞くところによると、公立中学校の制服屋さんは、
格安で卒業式用のスーツをレンタルしてくれるのだそう。
なるほどね〜
どうせ買ったって一度きり。なかなかナイスな制度だわ☆

でも、わが息子の中学校は残念ながらその親切な制度は使えない。

担任の先生いわく、
横浜市は卒業式に中学校の制服を着用するのは、
あまりおすすめしていないのだそうで、
『特に、学校名が特定できるようなエンブレムなどは
隠すなど配慮してください』とのこと。
なかなか難しいのね。

さて、息子ta。
考えてみれば、taの制服はエンブレムもマークもない、
きわめてシンプルなスーツで、
ちっちゃいサラリーマンのような制服だ。
リクエストすれば卒業式に間に合うように仕上げてくれるそうだし、
じゃ、それで!


なかなかこなくて心配した制服が卒業式3日前に届く♪
ニッセンで安く買ったシャツ&ネクタイセットを合わせて、
お〜なかなか良いではないか♪



a0114345_16573752.jpg

バラと少年(笑)


コサージュは5年生が作ってくれたそうです。
一輪のバラの花は先生にプレゼントしたものです^^

やっぱり、スーツを着ている子がほとんどで、
女の子はなんちゃって女子高生みたいな子がたくさん(笑)

女の子のお友達がとっても可愛らしいチェックのスカートとブレザーを着ていたので、
声をかけたら、
なんと私立中の制服でした。
へ〜、あんな可愛い制服で通学できるなんて羨ましいな〜
制服のデザインを変えたら受験者数が増えたなんてよく聞くけど、
確かに、毎日着るものだものね、可愛いのにこしたことはないわね。
とみょ〜に納得(笑)
ぜひ、miのときに貸してもらおうと(笑)思ったのに残念っ!


夜のうちにひと雨降ったようですが、
まあまあな天気の卒業式。
式への参列する在校生は5年生だけでした。
その5年生のリコーダー演奏『威風堂々』で卒業生入場です。
かなり緊張した面持ち^^

5年生は、かなり沢山練習してくれたのでしょう、とてもステキな演奏でした♪


そういえば、taも5年生の夏休みの宿題に
『威風堂々』のリコーダー練習があったね。
それは、このためだったのか、とチチと納得^^

それから、国歌斉唱、横浜市歌斉唱。

『横浜市歌』
わ〜が日の本はし〜まぐによ〜♪ではじまるこの歌。
横浜市立の小学校ではなにかと行事につけては歌わされ、
歌詞の意味するところまで勉強させられる。
子ども時代を横浜で過ごした、
いわゆるはまっ子は、誰でも知っていて、歌えるこの歌。

横浜市から住民票を移したことのない、このワタクシも、
ソラで歌えます。
だって、ワタシの中学は新設校でまだ校歌がなかったので、
校歌のかわりに横浜市歌を歌っていた。
だから9年間みっちりしこまれた^^
隣にいたゆりちゃん(息子の友達ママ、息子達の学校が自分の母校^^)
だって歌えてたよ♪
チチにはいつも『なんで歌えんの?』と不思議な目で見られる(笑)

古くさ〜い、なんだか難しい歌詞のこの歌。
ワタシ、結構好きなんです^^
家で子ども達とよく歌ってます。
森鴎外の作詞なんですよ。


そして、卒業証書授与。
名前を呼ばれ、舞台に上がるとそこでひとリずつ
これからの抱負を語ります。

証書を受けとるだけだって緊張するのに、
中学で何をしたいか、将来の夢などを発表していました。
ひえ〜こんなこと、自分が卒業のときにしなきゃいけなかったら、
ワタシだったら登校拒否になるかもしれないな〜笑

みんな大きな声で立派でした!!

息子taは、
『いっぽ、一歩、前に進みます』というようなことを語っておりました。
なかなか堅実でいいのではないでしょうか^^

それから、5年生との呼びかけや『巣立ちの歌』『Believe』『さくら』など数曲、
そして校歌斉唱。
歌が満載で、どれもちゃんとパートにわかれている合唱で、
とても楽しめ(?)ました^^
taが『歌の練習ばっかりしてた』というのにも頷けます。

それにしても、最近の卒業式は
『あおげば尊し』とか『蛍の光』なんか歌わないのですね〜
いまは卒業にふさわしい素敵な曲がたくさんあって
羨ましいです。

式が滞りなく終わり、
外に出ると、友達と写真を撮ったり、卒業アルバムにサインしたりと
そりゃもう大騒ぎで、
せっかく着物を着て行ったのに、、
一緒に写真を撮る暇もない。
でも、大勢のお友達とはしゃぐ笑顔を見て、なんともワタシも安心しました。

融通が効かなくて、これが正しいと思うと
周りの意見をなかなか受け入れられない。。
そんな性格ゆえ、友達といざこざも多々あった。
卒業式の前日だって、
先生に何をプレゼントするかを決める話し合いで、
司会のコがちゃんとしていないを意見して、
先生まで巻き込んでもめたらしい^^;

家に帰ってきてから涙して訴えてきたこともあったな〜

何ごとも大事な経験。
中学ではまったく新しい友達関係で、
また叩かれて、もまれて、成長して欲しい^^

卒業おめでとう。
ハハが仕事を続けて来れたのも、
キミが元気でいてくれたから。
いつも協力ありがとう。
中学に行ってもよろしくね☆

あっそうそう、
冒頭の写真説明を忘れていました。

おまんじゅうは伊勢の祖父母のおみやげ、
藤屋窓月堂のおまんじゅう。
藤屋窓月堂といえば『利休まんじゅう』というのが有名なんですが、
これは、卒業、入学シーズン限定のおまんじゅうのようです。
あんの中には栗の甘煮、薯蕷まんじゅうの皮でもっちり、
金箔がちょこんと乗り、おめでたい♪
伊勢は、赤福以外にも美味しいお菓子(とくに餅菓子)がたくさんあるんですよ。

そして、taが持ってくるまでまったく知らなかった、
「お祝い」と書かれた包み

『このお赤飯は、学校水田で子供達が育てたもち米で作りました』

子供達の学校では、田植えをしてお米を収穫します。
そのお米で毎年もちつきをするのですが、
卒業生にお赤飯を炊いて配るなんてまったく知りませんでした。

これには、驚き、感激しました。
いい学校に通ったね〜♪



a0114345_13203342.jpg


ホームベーカリーパン。
『ブランジュリ タケウチ どこにもないホームベーカリーレシピ』より、
はちみつとアプリコットのパン。
今回は普通のはちみつを使ってみましたが、
レシピでは“栗のハチミツ”を使えと書いてあります。
ちょっと調べてみたらかなりクセのあるはちみつだそうです。
『まずい!』と書いてあるお店もありました(笑)
でも、パンに焼き込むならそれくらい強い味のほうがいいのでしょうね。
買ってみるか、今迷っています^^



**きょうのワンコ**


a0114345_13205289.jpg


気持ち良さそうに寝てます^^
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-03-29 17:11 | 日々のこと
<< 横浜中華街へ。 | ページトップ | 春がきた〜♪ >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin