Top
フレール?フルール?フロール!!

『秋がない』

今年はそんな風に言われていますけれど、
本当にそうですね。
ついこの間まで暑かったのに、、
寒さに耐えきれずついに床暖房スイッチオン!
まだ扇風機が出しっ放しなんだけれど^^;


a0114345_16542368.jpg




職場後輩ちゃんが買ったロールケーキの本。
あんまり上手く作れなかった・・とのことで、
ワタシがリベンジしてみることに。

先輩としてのメンツを保つためにも失敗は許されません。
慎重に慎重に作りました。

が、なんか変ですねぇ?



巻き終わりの位置を勘違いしたみたいで、
横向きですわ(ぷっ)
慎重に作った割には最後の最後でいい加減・・
急いでたもんで^^;



正解はこちら


a0114345_12281311.jpg




『ふんわりロールケーキ—幸せのフロールとミニフロール 』



ワタシは今回はじめて知ったのですけど、
まぼろし(?)のロールケーキ『フロール』
フロールが覚えられなくて、フレール?フルール?
カタカナが頭にはいらなくなる。。エイジングか?

京都にあるお店でも予約でひとり2本しか買えず、
地方発送はしていないので、
遠方の方が口にできるチャンスはほとんどなし、
だからお家で作ってみてね。
という本です・笑

フロールの最大の特徴は、クリームだと思います。
生クリームとホワイトチョコを混ぜた“ガナッシュクリーム”を使います。
温めた生クリームでチョコを溶かし、冷蔵庫で一晩寝かす。この“寝かす”重要のようで、
前の日からの準備がいるのは要注意です。
また、生地(本ではビスキュイ)は、タマゴを別立てします。
少しの砂糖を加えた卵黄をよ〜く泡立てます。卵白と同じレベルまで泡立てるのがポイントだそうです。
逆に卵白は泡立てすぎない。
フロールのビスキュイはこのタマゴの泡立て具合がかなり重要のようで、
作り方のDVDまで発売しています。

で、ワタシのフロールはどおだったかと言うと、
卵黄の泡立てはやはりちょっと足りなかったかも・・
手で泡立てたので疲れちゃって途中であきらめちゃった^^;
卵白はいい感じのところで止めといた。
後悔ポイントは、粉を混ぜる段階で混ぜ過ぎだったかな・・

本の写真と見比べると一目瞭然ですが、
生地のフワフワ感がありません。
う〜ん、、むずかしい。
クリームはホワイトチョコが入っているぶん、しっかりしていて、かなり巻きやすいです。
でも、生クリームではなくてガナッシュクリームというところが、
好き嫌いの分かれるところかな。。
濃厚なので、一切れ食べれば満足☆なお味です。

本物を食べられないので何が正解なのか分からないのだけれど、、
上手く作れれば、かなり本物に近い味が出せるそうですよ^^
ポイントを忘れないうちにリベンジしなくては!



作るのも勉強だけれど、
たまにはプロの味を試すのも勉強ってことで、


a0114345_17133527.jpg



こちらは、taの学校の近くに開店した『sweets garden YUJI AJIKI』の“安食ロール”

自分で頻繁にお菓子を作るようになってから、
あまりケーキを買って食べようという気にもならなかったのですが(高いし)
こちらのケーキは一度食べてみて
『ここのは美味しい♡』と感動したお店。
それも当たり前、調べてみると“安食シェフ”はかなり有名なお方らしい^^

“安食ロール”は食べてみて、
プロの仕事はやっぱり違うなと思いました。
まず生地が柔らかい♡
生クリームが美味しい♡
あの生クリームはどこかで手に入らないのかしら。。
生クリームのなかに、カスタードクリームが仕込んであるのですが、
こちらは普通かな。
賞味期限は発売当日。
食べきれなくて次の日にも食べたのだけれど、
あの感動したフワフワ感がなくなっていたので、
やっぱり当日中に食べたほうが良いみたいです。

お値段は¥1,250と他のケーキに比べるとかなりお得感あり♪で、
安食シェフの味を堪能できるので、かなりオススメです!!




今年も紅玉の季節になりました。
売り出しの時期が短いので、
毎週、ひとパックずつ食材宅配で頼んでは冷蔵庫に常備しています。


a0114345_17134519.jpg


たかこさんの“毎日のように焼き続けてやっと見つけだした”ぜったいおいしく作れる焼き菓子レシピより
『カラメルりんごのタルト』


ちょっと焼き過ぎでちょっとこげちゃったので
粉糖をたくさんかけたら真っ白になっちゃいました^^;
クオカの『なかない粉』
「なかなか溶けない=なかない」なのだそうで、
その名のとおり、水分の多い素材にかけても溶けにくいそうです。
だからこのタルトも真っ白のまま(笑)
以前、もっと容量の多いものを買ったら使いきれなかったので、
このクオカの【poco!】シリーズはちょっと欲しいものにとっても使い勝手がいいです。


a0114345_17142560.jpg



りんごのカラメリゼが足りなかったようで。
カラメルは感じられず、、
普通に“りんごのタルト”でした^^;


まだ使い続けている、底の抜けない20㎝タルト型。
やっぱり底が抜けるのがほしい(18㎝ね)新しいのを買わなきゃな。



a0114345_17125428.jpg


なかしましほ『おやつですよ』より
『りんごのケーキ』

紅玉を使った簡単なお菓子を食べたいなとこちらをチョイス。

粉は全粒粉、砂糖はきび砂糖、油脂はなたね油。
たっぷりのりんごと去年漬けたラム酒漬けフルーツを入れて、
まぜるだけの簡単レシピ。

生クリームやバターたっぷりのケーキもいいけれど、
なかしましほさんのお菓子を食べると、
『やっぱりこっちだな』と思う^^
手作りにしか出せない味。
朝ご飯にだしても食べられるあっさり味。でも深い^^
ほっとする味です。


-----


夏は暑くて、冬は寒くて、
今が一番夜を有効に使える季節だというのに。。
Macを開くと襲って来る眠気はいったい。。zzz
このエントリーも写真だけとりあえず投稿したのが10月25日。
一週間以上も放置してしまった(汗)

とうとう11月に入ってしまって、
miに『ドレスは?まだ作らないの?』とプレッシャーをかけられてるの^^;
そろそろ取りかからないとやばいよね。
今年の発表会は11月の最後の週なのです。

ワタシはパンとお菓子、洋裁の波がじゅんぐりに来るようで、
今は明らかにお菓子・笑
パンもHB以外で作ってないぞ。
さあ今日からお菓子はしばらく封印して、
ミシンに向かわなきゃな。

でも、今日また来ちゃった。
パルシステムから紅玉6個♪
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-11-03 13:51 | パンやお菓子
<< 科学技術館へ | ページトップ | 秋の味覚 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin