Top
最近の手作りと(かなりネガティブ感想)「俺の人生にバックギアはない」ボニー&クライド
a0114345_1452513.jpg


最近はあまりアップしていないけれど、
週末のおやつ作りはぼちぼちやってます^^
ただ、今一番の興味は他の事にあるので(苦笑)、
しっかり腰を据えて完璧に作るっていうのじゃなく、
手軽にあるもので作る。そんな感じです。

味はまあまあでも、写真撮って載せるほどのものじゃない^^;

作っては食べ、記録に残らない。最近はそんな感じ。

↑は、紅玉の季節には絶対食べたくなるタルトタタン。
バターを塗った型に、カラメルを流し入れ、
カットしたリンゴを敷き詰め、バターケーキの生地を流し入れるというお菓子。

アップルパイよりも簡単で、生のリンゴの美味しさをたっぷり味わえるので大好き♪
今期で何回焼いたかな〜。
以前は、上手に型抜きが出来ない事が多かったのだけれど、
バターをたっぷり塗って、しっかり色づくまで加熱したカラメルを使うのが美味しく綺麗に作るコツだとわかりました。
ベターホーム協会『焼くだけのお菓子』のレシピがお気に入りです。

紅玉の季節は終わってしまったけれど、しっかりしたフジならいけるかな。
今度つくってみようっと。


a0114345_1452588.jpg


モンブラン口金を買いました。

この口金を使ってみたくて、
いつものロールケーキを半分の幅で作り、
クオカで買った、SABATONのマロンクリームと生クリームを適当な配合で混ぜて絞り出し、
なんちゃってモンブランを作ってみた。

モンブラン口金さえあればモンブランが作れると思っていたワタシ。
いやいや難しいデス。
思ったとおりにクリームが出てこない(笑)
マロンクリームを適当に作っているというところにまず問題があるのかもしれませんが、
思った以上に難しくてびっくり!やっぱりパティシエさんてすごいのねー。
全部同じ形につくるものね。→当たり前か。

miが『やりたい!』というのでやらせたらあんまりにヒドいので取り上げて、
ワタシがやってみたけど、大して変わらないできだったよ(笑)
味はね、まあまあだった。
みんなが喜んで食べてくれたからヨシとしますけど、
ハテ、このモンブラン口金、これから活躍することはあるのでしょうか・・・


a0114345_1452696.jpg



パン作りも一時期に比べるとすっかり頻度が減ってますが、
時々、食べたくなって焼いてます。
子どもたちが大きくなって、食べる量が増えたので、
ボリュームを増やしたお惣菜パンを作るか、おやつに徹するか、どちらか。

みかさんの基本のリッチ生地を1.5倍量(強力粉300グラム)で作り、半分に。
ひとつは適当に成型してアルミケースに詰め、マヨネーズをからめたツナの上にチーズをかけて焼きました。
もうひとつは、買ったはいいけど、持て余して冷凍庫で寝かしていたバーベキュー用のフランクフルト。
バーベキューなんて家でやったことないのに、なぜ買ったんだろうかと思っていたフランク、
これにパン生地巻き付けて焼いたらどうだろうか・・・



a0114345_1452683.jpg



と試してみたら大正解☆
子どもたち大喜び♪
(miはパンからフランク引っこ抜いて別々に食べようとしたので、文句言ったら戻してましたけど)



a0114345_14515146.jpg



最近、食欲がうなぎ上りで、
『足りないからなんか食べたいんだけど』『今日のご飯なに?』と発する一言一言がハハのストレスになってる、
食べ盛り中学生も満足されたようですよ。

ワタシは途中でギブアップしそうでなんとか食べた一本を、
やつはペロっと2本平らげてまだ食べたそうでした。

赤ちゃんの頃はなんでも沢山食べて、肥満児だったta。
生後2ヶ月で出生体重の2倍になってて(本来は3ヶ月で倍ね)、
1歳半検診で「今日のチャンピオン☆」の称号をいただいて、食事指導を受けたっけ^^;
保健師さんも「食べない子の食事指導はするんだけど、、食べ過ぎの子にはどうしましょうか」って
戸惑った様子だったわね(苦笑)
チビなハハがでっかいコを抱っこしてる姿が、周りからはすごく大変そうに映ったようで、
よく知らないおばさまから『なんだかお母さんが可哀想みたいね』って言われたもんです(笑)

初めての育児はわからないことだらけ、
母乳ではたりないかと足したミルクを残さず飲み、
いろんな種類の食材を食べさせなきゃと朝から一生懸命作った離乳食も全部たべてくれた息子、
もともとおっとりした性格であまり動かなかったことも影響して、
ぷくぷく太ってしまった訳です。

それも、小学校に入るくらいまでだったかなぁ。
食の内容が悪かった訳ではないので、いつの間にか自然に痩せてきて、
中学に入る頃にはガリガリ君と化してしまいました。
自分で食べたい分だけをコントロールできるようになったんでしょうね、
単にハハが食べさせすぎだったのですよ。

なかなか食べる量が増えなくて、少々悩み、
『かあちゃん!おかわり!!』なんてガツガツ食べる男の子に憧れを抱いたものです。
それでも、部活を始めた頃からはだんだん食べるようになってきて、
それがここ最近爆発しました☆
中学生になってから新調したお弁当箱も今ではご飯9割詰め。
いつまでもつかな〜。
もっと食べて欲しい、食べて欲しいと思っていたのに、
実際食べるようになってくると、もういいんじゃない?とゲッソリするハハです^^;



a0114345_14525100.jpg

『ニットチュニックワンピース140』 Mammy jewel box
生地 maffon リバーシブルジャガードニット生地 フェアリーテール柄
ダルブルー/アイボリー


ミシンもすっかりご無沙汰ですが。。
maffonさんで一目惚れしたニット生地をどうしても使いたくて、縫いました。
やっぱりミシンはたまにかけるのではダメですねー。
maffonさんのニット生地はしっかりしてとてもいい生地ですが、
襟ぐりのバインダー処理など上手くいきませんでした。
ポケットも曲がってるし^^;
娘にはちょっと大きい仕上がりでした。来年のほうがしっくりきそうです。

さて、最後に、

ミュージカルネタを。

『濱田めぐみ』さんという女優さんを知ったのは、
ワタシが四季にハマりはじめてすぐの頃でした。
とてもファンが多く、四季のCDを揃えるたびに主役クラスのパートを担っている。
どうやらとてもすごい女優さんらしい。。

これは生の舞台を観に行かなければ!と出かけたのがマンマ・ミーアでした。
確かにすごかった☆
一発で魅了されて、どうしてもまた観たいと出かけた大阪アイーダ。
大感動でした。
なにが凄いって、歌唱力、表現力、その圧倒的存在感。

ところが、、残念なことに四季を退団されてしまいました。
どうやらマンマ・ミーアが終わるころに退団し、
アイーダは客演だったらしいです。
ワタシが観劇したその日が、濱田めぐみさんが四季の舞台に立った最後の公演だったようです。
(これからも客演の可能性はあるのかもしれませんが)
四季会員でありながらも観劇は年に1回くらい、
キャストなんて興味なく、会報誌は封も開けずに捨てていた空白の期間が、
濱田めぐみさんが大活躍した時期だったわけで、
それをまるまる見逃したのは、もったいないことをしたものです。

さて、その濱田めぐみさんが、四季を離れ、初の舞台に立つというのですから、
これは行かなくては、と取ったチケット

『ボニー&クライド』2012年1月10日マチネ公演 青山劇場

ほとんど四季しか観た事のないワタシには、
チケット取りから、劇場から、アウェーでとても緊張しました(笑)

劇場は、アニーで2回訪れたことのある『青山劇場』
開演まえから舞台には青い照明の幕がかかりとても美しい。

めぐみさんの歌声はさすがだ☆
金髪姿もよく似合っていて綺麗♪
実年齢よりもだいぶ若い役だけれど、セリフの言い回しから、身のこなし、
完璧だ!マンマ・ミーアで母親役をこなしていたとは思えない。
なんともチャーミング♪可愛らしく歌い上げながらもところどころで効かせてくるめぐみ節(笑)
あぁ!濱田めぐみここに有り。

以上。


ごめんなさい。
ワタシのボニー&クライドの感想はこれだけです。


う〜ん、、なんでだろうか。
『俺たちに明日はない』という有名な映画のヒーロー&ヒロインの話。
これは実話をもとに作られているらしいが、ワタシこのタイトルを聞いたことがあるけど観た事はない。

ワタシは本を読む時もそうだけれど、
かなり登場人物に依存する。
登場人物のキャラクターに魅力を感じられないのは辛い。

アメリカ1930年代、大恐慌時代、強盗を繰り返し警察から逃亡するクライドが鬱屈とした世の中でヒーローに祭り上げられる。
そんなクライドに惹かれる、こちらもきらびやかな世の中に憧れ有名になりたいボニー。

めぐみさんは素晴らしくまったく違和感なくボニーを演じている、
クライド役の田代万里生くんは歌上手いし、イケメンくん。
若くて勢いがあり、きっとクライドを等身大で演じている。
どちらもいい。が、

めぐみボニーが万里生クライドに心底惚れるようにはどうにも思えない。
めちゃくちゃやってるけど、理解できないけど、どうしても惹かれてしまう男性♡
的な魅力も感じられない・・
どうしても、クライドに、そしてボニーの生き方に共感できない。。

唯一共感できるとすれば、クライドの兄バックの妻、白羽さん演じるブランチ。
弟のことは放っておいて、あなたはギャングから足を洗って、
刑を全うして、貧しくてもいいから平穏に暮らそうと何度も説得する。

そうだろう、そうだろう、ワタシもそう言うと思うよ。

ところがだ、結局クライドの元へ向かう、バックに着いて行っちゃうし、
最後は、、予想したとおりの結末、あ〜ガックリ。

今回はディレクターズシートという席だったので、特典で一枚の解説書をもらった。
ざっと読んだところによると、
テーマとして『ボニーとクライドの二人の愛』『家族愛』『疾走感』が挙げられていた。
『二人の愛』先述したとおりで、う〜ん。
『家族愛』どんなめちゃくちゃしてても家族を信じて愛する。。なんだかとてつもなく哀しくて、う〜ん。。
『疾走感』あるか?正直3時間が辛いんですけど、、う〜ん。。。

なんだろう、何をこのミュージカルから感じとればいいのだろう。
こういうものだと思って、歌を楽しめばいいのかな?

めぐみさん自身も、
「目的を持たず、ただ今を生きるだけというボニーをなかなか掴めなくて苦労した」
と、終演後のトークイベントで言っていた。
「その時その時感じるままを演じればいいとわかってやっと楽になった」と。
ワタシもそういう気持ちで観劇すればよかったのかな。

沢山のう〜ん。。が終始頭の中をめぐり、
テンションの低い拍手を繰り返し戸惑うワタシ^^;
観劇後はどっぷり疲れてしまった。

演出とかムズカシイことはよくワカラナイけれど・・

ワタシがミュージカルに求めているもの、
キラキラしているものだったり、感動だったり、
観終わった後、さあ明日も頑張ろうと思えるもの。
濱田めぐみさんの歌以外に、このボニー&クライドにはなかった。

あくまでも『ワタシが求めているもの』ですよ。

とくに昨年の3月以来、心の癒しを求め、劇場に通い、
“生きる喜び”に共感して涙していたワタシにはちょっと理解不能なお話でした。

この日は、後方に沢山の高校生が観劇に来ていましたが、
若いヒトたちは、この作品を観て何を感じたのかな?
聞いてみたいなと思いました^^

あっそうだそうだ!
とてつもなく評判が悪いのだけど、ワタシはつのだ☆ひろさんが出てきた時は、
わ〜♪つのだ☆ひろだあ!!しかもゴスペル歌ってくれたあ!!と喜んでしまいました(笑)
なぜにあの場面であの歌が、つのださんが必要なのかはわからなかったし、
あの歌詞が日本語だったって、あとから他の方のブログを読んで知ったのだけれど^^;

濱田めぐみさん出演の次回作品は『ジキル&ハイド』
こちらは石丸幹二さん共演で期待大ですが、チケット取ってません。
まだ四季にハマって1年ちょっと、
四季以外の作品に手を出すのは時期尚早だったかな。
節約も兼ねて、陰からめぐみさんの活躍を見守りたいと思います(笑)

それにしても、こうして四季では経験できなかった作品や役を演じて、
めぐみさんはさらに大きな大きな女優さんに成長していくのでしょうね、
退団は残念ですが、今後の活躍がとても楽しみです。

*2/1追記*
タイトルにしたのに触れるのを忘れていたので、今更ながら追記します。

クライドの最も印象に残ったセリフ
『俺の人生にバックギアはない』

そんな生き方よりも、

ワタシはやっぱり
『一日1歩三日で3歩、3歩進んで2歩下がる』
汗かきべそかきな生き方であるべきと思うのですよ(笑)
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2012-01-28 11:20 | パンやお菓子
<< ハッピーバースデイ&バレンタイ... | ページトップ | (更新されてなかったよ〜驚)今... >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin