Top
おうちメイド。


a0114345_656240.jpg


おうちメイド。
添加物や保存料、農薬は絶対ダメってほどかたくなに思っているわけではないし、
何がなんでも手作りでと思っている訳でもない。

けれど、さまざまな食べ物が簡単に手に入る現代。

なるべく安全で本当に美味しいものを見分ける目を持って欲しい。
と思って子どもを育ててきた。つもり。

あとは、好き嫌いせずに何でも食べられるように。

子ども達は基本的に何でも食べます。
そして、ジャンキーな食べ物も好き♥
マックだって大好きで、いつもいつも食べたいというけれど、、
わが家では半年に1回と決めている(笑)
確かに美味しいよね。たまに食べると。
でも、あの脂肪と塩分量を考えるとやっぱりあまり食べさせたくない。
そして、
あのハッピーセットについてくるおもちゃがハハは大嫌い!!
喜ぶのはそのときだけで、
すぐに飽きてゴミになる。
ずっと大切に遊ぶ子どももいるかもしれないけれど、
うちのコは違う。
大量に生産されて大量にゴミとなる姿を想像すると嫌な気分になる。

テレビや広告を見れば、あのおもちゃが欲しいとかいいな〜とか
miはしょっちゅう羨ましがるけれど。。

半年に一回とハハが言い出した時も、
文句をいいつつも
『じゃあ次は○月だね〜』と意外にすんなり受け入れた(爆)

で、冒頭の写真は、
しいたけの自家栽培セット^^
安全なしいたけを食べさせてたいって訳ではなく、
これは、ただ面白そうだったから♪
食材宅配のパンフレットにのっていたので、注文してみた。

ビニールに入った状態で送られてきたのが水曜日。
ちょっと準備が面倒くさそうだったので、週末にやろうとそのまま放っておいた。

さて、土曜日、
やばいやばいカビてたらどおしようと袋からだして
“ギャーーーーー!!”
届いたときは確かにただの木片だったのに、、
いつのまにやら生えてきたキノコが狭いふくろのなかでギュウギュウに(汗)

ひ〜説明書によると、一度変形してしまったキノコは大きくは育たないらしい・・
一度収穫して、再スタートをきれとある。
なんだかおかしなしめじみたいのを泣く泣く全部切り取って、
バター炒めにしたものの、人気なし(涙)

もう一度水に浸して、毎日霧吹きで水をかけておくと新しいシイタケが生えてくるのだけれど、
やはりどんどん収穫数は減ってきます。
↑は3周めかな。
うちのシイタケちゃんは4周して、5周めで終了しました。
1周目でちゃんと栽培してあげれば大量のしいたけが収穫できたであろうに、、
残念でなりません。

きちんと生えてくれればなかなか可愛いビジュアルなのだけど、
常にビニールをかけて置かなかればならないから鑑賞用にはならないのも残念です。

こんなに立派なシイタケなのに。。
子ども達は
『毒きのこなんじゃないのぉ?だいじょうぶ??』って言うんですよ(涙)



こちらは、最近ハマっている、

a0114345_6562658.jpg



『カスピ海ヨーグルト』

昨年末に元ダネをもらったときは、
『なつかし〜ぃ』と思いました。
大流行したのは何年前でしょうか?

当時、ワタシもどこからかいただたいたタネで作ってみましたが、
暑い時期だったし、なんとなく不安で長続きしませんでした。
その後、ケフィアヨーグルトを作っていた時期もありましたが、それも途中で挫折。

これは、100mlくらいの元ダネ(ヨーグルの一部をとっておく)を1リットルの牛乳パックに入れ、
1日室温で放置するだけです。
最近は寒いからか1日半くらいかかりますが、
最初の清潔な状態で元ダネを取っておくことさえ忘れなければ大丈夫。
簡単だし、なによりも美味しい♪
酸味がなく、フルッとした独特の食感がたまりません。
職場の冷蔵庫でも作っているのですが、
長芋みたいな食感、というのが最近表現としてなかなかイイという話しになりました。

子ども達も大好きで、
そのままでもいけますが、リンゴと絡めて食べるのが一押しです。

前に作ったカスピもこんな味だったかな〜?
タネ(菌)によって違うものなのかしら。。?
これを作り始めてからヨーグルトはいっさい買わなくなりました。

欲しいかたは、株分けしますよーー!!


a0114345_657503.jpg


これも子ども達お気に入りの梅ジュース。
梅ときび砂糖だけで作っています。
これを炭酸水で割って飲むのが好きです。

梅の実が出回る頃には買いはぐれてしまって作れなかったのですが、
毎年秋頃、食材宅配で冷凍梅がでます。
冷凍梅はエキスがでるのが早いので、なま梅をつけるより早くジュースになります。
お友達のブログで、お砂糖とお酢で梅サワーを作っているのを見て、
酢をいれるか迷ったのですが、miが酸っぱいのをあまり好まないので、
今回は砂糖だけにしました。
でも、その前に作ったときは、お砂糖だけでも「酸っぱい」と言って飲まなかったmiも
今度のは「美味しい」と言って飲んでいるので、次はサワーにしてみようかな。


こうやってブログに書いていると、
読んだ方は、ワタシが毎日すべてを手作りしてるように思うようです^^
パンやおやつを手作りしてるのは週末だけで、
平日のおやつは市販のお菓子だし、朝食にはポケモンパンが並ぶこともありますよ(笑)

でも、ハハが管理できる年齢までは、なるべく安全なものを与えたいと思っています。
手を離れる頃には好きにいろいろ食べるでしょう、
反動でジャンキーな食べ物漬けになったりして^^;
手に取るときに『あれっ、コレで良いかな?』とちょっと考えるようになってくれるといいかな^^




a0114345_6581894.jpg



みかさんのレシピ“角煮まん”
包むのがちょっと上達しました^^


a0114345_659266.jpg


なかしま しほ さんの新刊
『まいにち食べたい“ごはんのような”クッキーとビスケットの本』より、
まっさきにコレ作りたい!と思った
『ココアとマーマレードのドロップクッキー』を作りました。
なかしまさんのクッキーはバターを使わないのでとても簡単に作れますが、
今回はフードプロセッサーを使った作り方も載っていたのでさらに簡単でした。

見かけはちょっとイマイチな出来ですが(本ではもっと照りがあった)、
ビターなココア味とマーマレードの風味で大人な味。
かなり硬い焼き上がりですが、ひとつ食べるとついもうひとつと後をひきます。
おなかが空いているときにつまんだら、
続けて3つも食べてしまった^^;でも、バターを使っていないので胃にもたれることなく
“ごはんのような・・”という表現は嘘じゃない☆

子どもには受けが悪いかな・・と思ったら、
案の定、miは『苦〜い・・』と一個しか食べなかった。
でも、次の日に『あれ、もうないの?』と聞いてきたので、
やっぱり子どもでもちょっと癖になる味らしい^^


**きょうのワンコ**


a0114345_6592181.jpg


兄のところのコーギー コンちゃん
男らしい♀

明らかにカメラを向けられたのがイヤな表情^^;
[PR]
Top▲ | by tsunatam | 2010-01-20 06:56 | パンやお菓子
<< 食育について思う。 | ページトップ | 祝成人! >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin