人気ブログランキング |
Top
<   2011年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
あづいぞ名古屋・・・8/11夢から醒めた夢
a0114345_14183886.jpg



子供たちがいなくなることを考えず、
いつもどおりに食材宅配を頼んでしまったら、
牛乳が減らなくて、、困ってしまう。
お弁当づくりも朝食作りからも開放されているので、
朝から抹茶ババロア作りました。

いい加減に作ったので抹茶がほくろみたいに残ったところがあります。

あと、子供の頃からずーっと苦手なゼリーの型抜き。
さっとお湯に漬けてすこーし表面を溶かして型抜きするのを、
いつも浸し足りなくてうまく抜けないか、
溶かしすぎてしまうか。。のどちらか。
↑は溶かしすぎ、、エッジが綺麗にでなくてガッカリさ。

taが山ほどの洗濯物をおみやげに合宿から帰ってきました。

『楽しかった♪?』とお決まりのセリフで迎えたのだけれど

『楽しいって・・.』┐( -"-)┌ヤレヤレ..

って言われちゃったよ。。

えっ?そおなの?
へー楽しいもんじゃないんだね、合宿って。ふーん

ごみ袋に詰められた洗濯もの。
干しても干しても終わらないから、いったい何枚あるのか数えてみました。
Tシャツが13枚に短パンが6枚、それにタオル・・・
ふぅ。
それに、一回水洗いしたあと本洗いしたんだけど、
なんかまだ臭うのですよ。。どうすればいいのかしら?

合宿が終わるとtaの部活は一週間の夏休みです。
ハハの夏休みは月末だし、人の多いお盆に動きたくないのだけれど、、
子供たちの予定に合わせざるおえないのが辛いところ。


ってことで、週末に有休を足して帰省です。
ワタシの実家でひと足先にきていたmiと合流。
あづい!暑いわ~西日本。
なんか西のほうが日差しも強くて暑いきがします。


この夏の帰省に合わせてチケットとってました。
帰省のついでに観劇です。
ええ、決して観劇のついでに帰省ですはないですよ!笑


a0114345_14185335.jpg



2011年8月11日(木)マチネ公演
『夢から醒めた夢』新名古屋ミュージカル劇場


つい最近まで東京公演してたのに、
なぜにまた名古屋まで観に行く?という突っ込みは覚悟のうえ^^;
実家のある豊橋から1時間でいける距離であることと、
特記すべきは、
なんと“中学生まで子供料金!!”
これすごいです。
えっ?東京公演もそうだっけ?と確認したけど、
いえいえ、小学生までです。
名古屋はいつもそうなのかしら?太っ腹だなー。
東京もそうしてくれるとわが家はとっても助かるんだけどな。
四季ヲタ中学生いますので。。

新名古屋ミュージカル劇場は、名古屋駅から地下鉄でひと駅、
伏見から徒歩5分くらいの比較的わかりやすい場所でした。
劇場まえのスペースもロビーも広々しているので、
ロビーパフォーマンスは東京よりもゆったり楽しめました。
悪魔がすごい勢いで追いかけてくるので、
子供たちがキャーキャー逃げ回ってました^^

↑白黒ピエロさん可愛い♪


a0114345_1419390.jpg




動きもリアルで怖い〜
魔法使いに促されて・・・



a0114345_14191465.jpg




怪しい箱を覗くと、
中には・・?
ぜひ劇場でお確かめください^^
(ウマイっ!広報で使って欲しい)



a0114345_14214321.jpg



四季劇場「秋」では、
(混み合ってる公演の日は)
ひとをかき分けかき分けしなければ観れなかった、
小人たちのハンドベルも余裕で鑑賞。
(写真のトリミングがいまいちなのは実家母のPC使用のためです)



a0114345_1419238.jpg




名古屋のフランス人形さんは額縁にお入りでした^^



a0114345_14193136.jpg


開演まぢか、
フランス人形さんをマリオネットの貴族さんかしら(?)
がお迎えに。
へ~東京でもお迎えにくるのかなー。


a0114345_1419375.jpg



ロマンチック演出~♪と喜んでいるのはハハひとり。
子供たちは好き勝手にロビパを楽しんでおりました。


a0114345_14194679.jpg


東京公演を観劇したときと比べてみると、
ピコ役の岡村さん、ヤクザの野中さん、暴走族の西尾さん、
おじいちゃんの高橋さん、おばあちゃんの佐和さん、以外メインの方は結構変わっています。

今回のチケットは先行販売からはしばらく経っていましたが、
まだ比較的いい席が残っている時期にとりましたので
前から4列目、首を回せば夢の配達人さん登場が確認できる席を取れました。
新名古屋劇場は、列間が広くてゆったり座れますが前方がフラット(少なくとも4列目までは)なので、
思ったよりも舞台からの距離を感じました。
前に頭の大きな方がいると見づらいかもしれません^^;

仮面をつけ青いローブを羽織った配達人さんが席に座ると、
周りの観客は『なんで?なんで?』とざわざわしてました。
そして、青いアイシャドウも鮮やかな高井配達人登場〜☆
台詞まわしは独特な感じですね、歌声はさすがの美声です。
ファンが多くて人気の高い高井さんですが、
miは前回の配達人、道口さんが大好きで、
『道口さんのほうがいい〜』と煩いし、
taは、幕間からずーっと高井配達人の口マネして煩いし^^;で
名古屋の高井さんファンに聞かれたらどうしようと、
ハラハラしてるハハでした。

さて本編。
岡村ピコは相変わらず元気いっぱいで、くるくる変わる表情はなんとも可愛らしく、
デビルにパスポートを見せつけるときの
ぷーっとほっぺを膨らますのなんかかなりツボです(笑)
miは岡村さんの大ファンで、東京公演より前方の席が取れたので、
『目が合ったらどうしよう♡』なんて言ってたくらいですが、
『もうちょっと小さければいいのに・・』なんてことも言ってます^^;
まあ、でもワタシは前回ほど気にならなかったし、背が高いのも含めての、
魅力的な岡村ピコが作り上げられていると思いました。
『誰でもないあたし』まではしっかり笑わせてもらい、
霊界空港を去るときの『愛をありがとう』では、涙をこらえる表情にワタシが涙しました。

マコは前回の苫田さんから名古屋でバトンタッチした勝田さん。
可愛らしいお声でした^^
美しい織笠ママとも相性よく、
『ふたり〜はま〜るで、きょうだいみたい』が納得できる親子でした。
織笠ママはtaが大絶賛で
『いや〜いいねー織笠さんいいよねー。織笠さんのグリザ観てみたいなー』って。
ピコでもマコでもなく、ママかい?
相変わらず渋い趣味の中学生です^^;

藤原さんのメソはとっても顔色が悪くて(笑)つねに陰気でまさにいじめられっ子でした。
メソのナンバーは、いつもCDで聞き慣れている高音が出てなかったので、
あれっ?っと思いました。

涙なしでは観れない作品ですが、
今回は、霊界空港でおばあさんを何年も待ち続けたおじいさんとの再会場面で泣けてしまいました。
佐和さんはまだお若いのに、やさしいほんわかしたおばあさんを好演されてます。

野中さんのヤクザは相変わらず細かい演技で目が離せなくて、
美味しそうにたべるおにぎりが減っていくのが不思議で不思議で見入ってしまいました。

川原デビルはさすがの安定感で、客席からは笑いが絶えませんでした。

またまたしっかり泣かされてしまった夢醒め。
お盆時期と重なったこともあり、
幽霊となったマコの一目会ってお母さんを勇気づけたいと願う気持ち。
一目でいいから会いたい、離したくないと願うお母さんの気持ち。
たくさんの尊い命が光となった今年、
そんな同じ気持ちがたくさんたくさん溢れているだろうなと思うのでした。

劇中の反応はあっさりめかと思われた客席、
ところがカーテンコールは熱いものとなりました。
何回も何回も幕が上がり、
そして『○○さ〜ん!岡村さ〜ん!』のかけ声(?)
えっ?そんなかけ声もはじめて聞いたけど、
ピコ!とかじゃないんですね^^;役名じゃなくてお名前?
そんなところもところ変わればの劇場カラーでしょうか^^

そして、久しぶりに劇場で“寒い”と感じました^^;
そうでした、震災まえは必ず1枚はおるものを持って行ってましたよ。
最近はすっかり節電モードに慣れていたため忘れてました。
だって先日のキャッツでは暑くて暑くて汗かきましたから(笑)

そうそう、実家にいる間に、
“リトルピコ&リトルマコ大集合”イベント(だったかな?)に参加した、
4歳の女の子を追いかけたニュース番組をみました。
美女と野獣でも“リトルプリンセス&リトルプリンス”イベントがあって、
毎年一回しか着ないドレスが活かせるかも♪と
miを誘ってみたのですが
『ヤダ』と断られました^^;
大好きなピコならいけるんじゃないかと思ってたのですが、
さすがに名古屋では参加できずで残念でした。

最年少で参加したリトルピコちゃんはとってもとっても可愛かったのですが、
『あ〜アタシだったらもっと完璧なピコ服をつくるのにぃ!
バブーシュカは編むし、ベストは合成皮革かビニール素材でしょう、デニムのポシェットだって完璧に作るわ!!
なんだかみんな中途半端よ!!』とテレビの前で悔しがるワタシ。。
いやいやそこじゃないです、
完璧なコスプレを要求しているイベントじゃないでしょう。
とちゃんと自分でツッコミ入れときました^^;

『夢から醒めた夢』名古屋公演は今月28日に千秋楽を迎え、
9月からは全国公演がはじまります。
楽しくて、そしてほっこりじっくり心が温まる作品です。
みなさんのお近くにきたら、
ぜひぜひ観に行ってくださいね。
(ウマい!ぜひ広報につかってほしい)
Top▲ | by tsunatam | 2011-08-17 00:57 | 劇団四季
8/7マンマ・ミーア!芝サムだよ。
a0114345_1521064.jpg



世間様からかなり出遅れて植えたゴーヤ。
miが学校でタネから育てた(左)のと、
植木屋さんで売れ残ったひ弱そうな3株から選んだひと株(右)を植えた。
ネットで調べてみると7月下旬に植えても大丈夫そうだし、
早く植えたものは残暑の頃には寿命がつきるので、
長く日よけ効果を期待するには時期をずらして植えるのもいいと書いてあった。



a0114345_152684.jpg




気温が低い日が続いたのでちょっと心配したけれど、
順調に育って、赤ちゃんゴーヤも実った^^
この赤ちゃんゴーヤ、更新が滞ってるうちに食べごろサイズになりました。
が、来年用の種を取るそうで、
miに食べるのを禁止されています^^;
しっかり熟すまで放置します。

適度な肥料と水を与えてあげれば虫もつかず、
簡単に育てることができるのがゴーヤの最大の魅力。

ゴーヤは、緑のカーテンを期待するなら、
苗の段階で枝葉が5枚ほど出てきたら、
中心の茎を切ってあげると横に成長するのでいいそうです。

わが家のゴーヤもいい感じに密に育ってカーテンらしくなってきた!



a0114345_152815.jpg


家の中からみるとこんな感じ。
でも、実はコレ、リビングの窓1/3程度にしか覆えてません。
日よけ効果を期待するにはこの倍の幅が必要です^^;
今年のベランダはゴーヤくらいしかまともな植物がないのだけど、
これだけでも緑があると癒されるし、
毎日成長が楽しみ♪
ずぼらのワタシにはこの程度のベランダガーデニングが丁度いいらしい^^;



【ここからまた四季話しなのでスルーでどうぞ〜】


観劇三昧ですごそうと決めた、
子ども達のいない週末。
週のはじめのキャスト変更をチェックして、

【1】キャッツに佐渡寧子さん、李涛さん
【2】マンマ・ミーア!に芝清道さん
【3】ライオンキングに下村尊則さん

と観ておかなければならないキャストが続々とでてきて大変困る。
チチはワタシのこの『観なきゃいけない』に対して、
『いけなくはないだろう・・』といつも反論してくるのだけれど、
いや、『いけない』のですよ。
だってキャストは一期一会。いまのチャンスを逃すと一生後悔することだってあるの!
四季仲間さんたちはみんなうなづくと思うよ(笑)


キャッツは前のエントリーの理由があったので第一優先で土曜日に観劇。
ライオンキングの下村さんは客演だし、ご自身のブログで“8月限定!”
と書いてあるのを信じて1ヶ月はいらっしゃるだろうと後ろに回して、
残るは、マンマ・ミーア!か。。

好きな作品だし、千秋楽決まったけど、濱田ドナと樋口ドナで1回ずつ観たし、
正直、もういいかなと思ってた。

が、ここに来て芝清道さんがサム!
これは観たいかも。
迷ってたところで、他のブロガーさん曰く
『芝サム、これを見逃したら数年は観れないよ』
そっか、そうだよね。
この前の芝タガーも一週間しかやらなかったし、
きっとマンマも一週間限定だろう。
決めた。マンマ行っとこう!

で、行ってきました。

マンマ・ミーア! 8月7日(日)マチネ公演  四季電通劇場『海』

とりあえず2席とってお友達を探したのですけど、
あいにく観劇パートナーは見つからず。。
しょうがないので最後の手段(笑)でチチ(主人)を連れてく。

チケット取ったときはまだ余裕があったのに、
“完売”になってました。
『海』のまえすごい人だかり!!
芝さん人気だよねー。

すっごい大好き!ってほど好きじゃないし〜なんて言いながらも、
ステージが青く光り出し、
オーバーチュアのイントロが流れ出すと
やっぱりワクワクするね〜♪



まず、初見のキャストの方々。
岡本瑞恵さんのソフィ。
おっ低音?谷口さんや吉沢さんのイメージとはちょっと違うけど、
歌は上手だし、キャピキャピ感少ないけどその分感情の変化が伝わってくる演技。

青山さんのイメージが強い、ロージーは出雲綾さん。
悪くないです。歌も上手だし、違和感ない。笑いもとれるし。
でも、膝痛そうな動きとか、ちょっとした細かいしぐさは、やっぱり青山さんが一番だな。。
小学校の校長先生とかにいそうな感じ(笑)と思った。

そして、樋口ドナ登場☆

えっ?すごくお上手になってません?
が率直な感想でした。

4月に一度、樋口ドナを拝見してますが、
確かにさすがの歌唱力でド迫力!でしたが、
正直、濱田ドナの後だと、
余裕がないというか、がんばってる!感が否めない。
そんな感想でした。

でも、舞台が進むうち、
すごいわ☆樋口さん。すごいすごい!ドナが(に?)入り込んでる!!
濱田さん抜けてからずっとマンマの舞台を支えているのですものね。

芝サム登場〜!!
演技細かいわー。
そしてダディーズのコーラスすごい迫力だった☆

違う、ぜんぜん違うわ。
いままで観たマンマ・ミーアとまったく違う舞台だった。
キャストでこんなに変わるなんて衝撃の体験だったよ。

なんですかね、なんだかすべてがしっくりと収まったという感じ。

今までに、
濱田ドナ&阿久津サム
樋口ドナ&渡邊サム
と観てきましたが(その前に保坂ドナがあったけど、サムを覚えてない)、
最後にドナがサムを選ぶのが理解できなかった(爆)
がゆえに、サムの存在はあまり気にせず、
ドナとソフィの親子愛のストーリーとして観てたのです。ワタシは。

ところがですよ、
芝サムの今回の舞台を観て、
ドナはどんなにサムを愛していたのか、
サムがどんなにドナを思い続けてきたのか、
ほんとはこのストーリーの肝であるハズの今まで見逃してきたものを
これでもかと見せつけられて、
いや〜感激しました。

“S.O.S”で圧倒され、
味方さんの優しい歌声“Our Last Summer”で涙し、
“Slipping Through My Fingers”で号泣。
それからエンディングまで涙止まらず・・・
泣き通し^^;

あれ〜?マンマってこんなに泣けたかなー。

ドナの想いが切なくて切なくて、
“I Do,I Do,I Do,I Do,I Do”
ではうれし泣き^^;

旅立つソフィを抱き寄せるサムの仕草が、
まさに娘を愛するお父さんで、
こんなに“お父さん”を表現できるサムは初めてだったな。。
ドナがいて、サムがいて、ソフィがいて、
その三角形がなんだかすっごくしっくりきた。
マンマ・ミーアってこんな話だったんだなあ。

樋口さんの歌も芝さんの歌も、
他のキャストみなさん素晴らしかったし、
ダンスも素敵だったし、でもそれだけじゃなくて、
なんて言うか、ひとつの舞台として、
非常に完成度の高いものでした。



おなじみのカーテンコールも大盛り上がりで、
ワタシのいた2階席もほとんどスタンディング☆
マンマ・ミーアはこのカーテンコールが目玉のひとつだけど、
今回の舞台に限っては、
このカーテンコールがなくてもきっと大満足で帰れたと思う。
それくらい良かった。

ワタシのベストオブ四季ランキング1位、2位を争うってくらい。
ちなみに、対抗馬は濱田&阿久津ペアの大阪アイーダ^^

あ〜いいもの見せてもらった♪

ステージから下がるとき、
樋口さんが芝さんに飛びついて抱っこしてもらってて、
きっと先輩として芝さんのこと大好きなんだな〜、
なんか芝さんのお人柄が知れるなー
と微笑ましかったです^^

観劇パートナーは、
『面白かった!』と言いつつも、
後半、ずっと隣りで鼻水をすすり、
劇場をでてからも「今日の舞台がなぜそんなに良かったのか」を
まだうっすら涙を浮かべながら力説する妻に、
かなり引いてましたよ(汗)

今週は荒川サムですね。
どんなサムなのかな?
ワタシはたぶんこれでマンマ見納めになるけど、
とってもとっても満足でした☆


a0114345_15262.jpg



『海』での観劇のあとは必ず“辻利”へ。
カフェにも入ってみたいけど、
いつもすごい行列なんだよなー。


**きょうのワンコ**


a0114345_152790.jpg



ゴーヤの肥料をたべる悪いヤツ。
トップの写真で、土に頭つっこんでるでしょう。
目が離せないのです。
有機肥料だから食べても大丈夫かな?
Top▲ | by tsunatam | 2011-08-10 19:47 | 劇団四季
8/6キャッツ〜佐渡グリザに会いに行ってきた。
a0114345_1313379.jpg


金曜日に山ほどのTシャツと短パンを詰め込んだバッグを持ったtaを送り出す。
バレーボール部4泊5日の山中湖合宿です。
前日の夜中まであれがない、これがないと大騒ぎして用意したけれど、
合宿は去年体験済みなので勝手がわかって少し楽だったかな。

玄関で忘れてたお弁当の箸をすでにtaが背負っていたリュックに入れようとチャックを開けてビックリ!
taご愛用のプーさんの目覚まし時計が(驚)
『それ、持ってくの?!』

ta『だって、起きれないから』

それはわかるけど、、
普通その大きさの目覚ましは旅行には持ってでないでしょう。
しかも“プーさん”ですよ!
ハハの携帯用目覚ましを貸してあげようかと提案したけれど、
『いや、いい』と断られた(汗)
プーさん持って行ってもいじめられない男子校の校風に感謝☆の朝でした^^;


a0114345_1313239.jpg



土曜日には、これまたでっかい荷物を背負ったmiを祖父母宅へ送り出す。
はじめての新幹線ひとり旅。
のぞみに乗せれば名古屋は次の駅だし、
向こうのホームでは祖父母が待機してくれているし慣れた道のり。
でも、電車を待つ間、miはやけにおしゃべりで、
やっぱり緊張している様子^^

『たくさん楽しんでおいで〜♪』


さあ!これで晴れてハハはフリ〜♡
この週末はめいっぱい予定を詰め込んじゃったよ。
まずは新横浜駅から横浜駅に移動。


a0114345_1313468.jpg


CATS 8月6日(土)マチネ公演 キャノンキャッツシアター


今回の観劇目的は、
佐渡寧子さんのグリザベラ拝見。
今週のキャスト変更で佐渡さんがグリザベラにキャスティングされたのを見て小躍り♪
早速、友人Kちゃんを誘ってチケット取る。

以前にも書きましたが、
佐渡さんは同じ中学校出身のひとつ先輩です。
大阪アイーダに出掛けたときの記事を読んで、
Kちゃんが教えてくれました。
さすがに大阪へKちゃんを連れて行くことはできなかったので、
横浜にきたらぜひ一緒に観に行こうと心に決めていました。

タガーに李涛さんも戻ってきて、
ものすごく楽しみにしていたら、
金曜日にまさかのキャスト追加がっ!
グリザベラ 佐渡寧子/早水小夜子
ぎゃ〜!!ダブルキャスト!

週の途中のダブル登板ということは、週末までに絶対佐渡さんが降りるということで、、
え〜〜〜早水さんのグリザも大好きだけど、
今回に限っては佐渡さんじゃないと意味がない!急に胃が痛くなってきた。
他の方のブログを検索してとりあえず金曜日は佐渡グリザだったことは確認。
Kちゃんに『もしかしたら佐渡さんじゃないかもしれない』ことをメール。
そうしたら、
『私たちのパワーで佐渡先輩を呼んじゃいましょう♪』と心強い返信☆

そう、Kちゃんとの会話の中では佐渡さんは“佐渡先輩”♡
どうか、どうか変更ありませんように☆

シアターに近づくと緊張で心臓ばくばく。
入り口のキャスト表を自分で見る勇気がなくて
『Kちゃん見てきて!』と頼む。



a0114345_1313677.jpg


キターーーっ!
『グリザベラ 佐渡寧子』(↑はシアター内のキャスト表)
良かった♪あ〜ほっとした。

6回目のキャッツ。
初見のキャストがグリザ以外にもたくさんいて、
目新しくて楽しかったし、普段あまり注目してないグリザをガン見してたのでいろいろ新しい発見がありました。

わが家の四季ヲタ仲間、taから
『グリザベラは娼婦のコートを着るまえはグレーの猫なんだよ』と教えてもらってました。
ワタシも少しずつ猫の見分けができるようになってきて、
最近はチョッキを着てないスキンブルと
怖くない時のマキャビティがわかるようになりました!
でもまだグレーと黒系の雄猫がまだイマイチわからないのですけどね^^;

Kちゃんに教えてあげるために双眼鏡で必死に探して、見つけた!
へ〜最初のグリザはグレーのレオタードに、髪型(?)も違うんだねー。
これだからキャッツは面白い☆
観るたびに新しい発見!!

佐渡さんのグリザはとにかく美しかった。
ぼろぼろのコートとひきつれたメイクを施していても隠しきれない気品が滲みでて、
みんなの仲間に入れなくて可愛そうだけど、
『悲壮感はないよね^^』っていうのがkちゃんとワタシの見解。
大丈夫、ひとりでも生きて行けそう!って感じに凛としてる(笑)

Kちゃんは中学のとき部活で佐渡さんの直接の後輩。
ワタシには、Kちゃんたちバドミントン部の友達から、
とっても素敵な先輩がいると噂だけを聞いていて、
見かけたことがあるくらいの存在。
Kちゃんはパンフレットの写真をみて、
『あまり変わってない』と言ってた。

夏の暑いときでもグダグダしてることなんてまったくなくて、
いつも姿勢よくスッとしてたって^^

幕間は、佐渡先輩の話しとか、担任は誰だったっけ?とか
顧問の先生は誰だっけ?とか中学時代の思い出話で盛り上がった♪

グリザの一番の見所は、
やっぱり2幕のメモリーです。
もちろんとても素敵でした。
終盤の『おねぇーがいー』からはゾクゾクして、うるっときました。
みんなに受け入れられて、天上にあがっていく時の表情なんか
『あ〜良かったな』ってうっとりしちゃったなぁ。
そして、カーテンコールの笑顔でやられ、
投げキッスで刺された(笑)

終演後は佐渡さんがどんなに美しかったを語るのに終始し、
歳が1コしか違わないのに(汗)
ワタシ達にはあのレオタードは着れないとか、
あのヒールでは歩けないとか、
グリザはダンスシーンはほとんどないけど、
カーテンコールでこ〜んなとこまで脚があがってたよ!とか、
息子や娘たちに投げキッスしたらどんな反応示すかなんて下世話な話しで盛り上がる(笑)

結局、まったくまったくレベルが違うけど、ワタシたちはワタシたちの器の中で
精一杯がんばって生きようというところで落ち着いた(爆)

グリザ中心の観劇だったけど、
李涛タガーのミストフェリーズナンバーはやっぱり大好きだなとか、
後方に映し出されるタガーの影が踊れる李タガーだととってもいい♪っていうのを初めて確認できて、
いつもタガーガン見だったけど、これからは後ろもちゃんと見ようと思ったとか、
麗子さまはリーナメイクでも麗子さまで色っぽいな、
でもワタシは高倉さんがすっごい好きなので高倉さんいなくて寂しいなとか、
とってもファンの多い瀧澤虎太郎マンゴは歌い方がちょっと違うのねとか、
手をつかない前宙をマンゴナンバーとカテコで2回みれて、
それだけでも来た甲斐あったなとか、
でももうちょっとお痩せになったほうがケガの心配がないんじゃないかなとか、
他にも感想はたくさんあるんだけど、
キャッツはこの辺で^^


シアターを出たところでチラシをもらいました。
日産ギャラリーでゴスペルクワイヤの無料ライブ☆

a0114345_1313997.jpg


男性もたくさんいて迫力のある歌声でした。
今年私たちキッズコーラスも歌ってる“You are Good”も歌ってたし、
“ビューティフルネーム”のゴスペルアレンジなんかは、
こどもの声が入るとすごく可愛いんじゃないかなー、
キッズコーラスで歌うととってもいいんじゃないかと思ったし、
“HEAL THE WORLD”すごくよかったなー。ワタシも歌ってみたい!
女性ソリストのひとりがすっごく上手で、格好よくて、
あんな風に歌えたら気持ちいいだろなーと思う。
思いがけずゴスペルまで聞けて大満足♡

でも、やっぱりゴスペルは聞くよりも歌うほうが断然楽しいかな^^


ゴスペルライブのあとはKちゃんと分かれて、
有楽町へ。

a0114345_1313827.jpg


夜は仕事仲間たちとメキシカンで女子会♪
MUCHO-MODERN MEXICANO-

お兄さんが目の前で作ってくれるワカモレは最高に美味しかったし、
生ミントがたっぷり入ったモヒート(↑)などドリンクも美味しかったよ。
しかも安い!!お客さんいっぱいでした。


a0114345_1312874.jpg


帰りは外観の佇まいも大好きな
『東京国際フォーラム』を通過。
この建造物すごいよね。
設計したの誰?
この空間、圧倒されるけどとっても落ちつく。

このあと、カフェでもしゃべくりまくり、
電車は最終一本まえでした^^;
不良ハハ午前様で帰宅。

いや〜盛りだくさんで楽しかった☆
フリ〜な週末はあと一日。
まだ次の日に続きますぅ。

追記:
この次の日の日曜日は、やっぱりグリザベラは早水さんでした。
観劇候補日は最初は土曜か日曜で迷っていたので、
土曜日にしてよかったです。
今週はまた佐渡さんシングルに戻っているので、日曜日のためにダブルにしたのですね。
週の半ばでのダブルだったので、
怪我とか病気?とかの心配もしていて、何事もなくて(?)よかったです。
グリザベラもいいけど、Kちゃんにはやっぱりアイーダのアムネリス王女の
キラキラな佐渡先輩を見せてあげたいなーと思います。
Top▲ | by tsunatam | 2011-08-09 01:27 | 劇団四季
夏休み突入
a0114345_14541980.jpg


お昼に食べようと思ってパンを焼きました。
ちょっと水分が多くてあまりいい生地にならなかったので、
冷凍庫で眠っていた金時芋あんこを詰めて丸めるまでワタシがやり、
あとはmiに好きに作らせました。
ワタシはお菓子やパンに関しては完璧主義なので、
こどもと一緒に作るのがあまり得意じゃありません^^;
ちゃんと作りたくなってしまうのでついつい手出し、口出しで、、
こどもが『もういいや』って途中で逃げてしまうのです。
いいお母さんじゃないですよね。

はじめこそ、
目をつけ、耳をつけ、何を作っているのか判別できるような動物を作っていたのですが、
だんだん面倒くさくなっていい加減になり・・
最後は適当にパーツをのせて
『ぎゃはは!mi上手☆キン肉マンみたい〜!!』と喜んでました^^;

いつもそうなのですが、動物パンは2次発酵でパーツが落ちたりズレたりして、
焼成後はとんでもないものになることが多いです。
↑のmiのパンも、丁寧に作ったものよりも、
後半適当に作ったもののほうが、ユル可愛い感じに仕上がってました(笑)
右手前が生地の段階ではキン肉マンに激似だったパンです。

miの大好物、
キュウリをただ切って、ばあちゃんの手作り味噌をつけて食べる、を添えて
日曜日のお昼ご飯です。
この後、部活から帰ってきたtaが何のキャラなのかまったく確認せず、
ばくばくっと2つ平らげて
『これ美味しいね』って言ってました。
お腹の空いた中学生には、目がついてようが、耳がついてようがお構いなしです(笑)


a0114345_14541966.jpg


いつの間にか夏休み突入・・
そしてだらだら書いてるうちに1週間以上過ぎてるし^^;

小学校は2学期制で成績表も終業式もないしでなんだか区切りがないし、
taは期末試験が終わってからは授業がなくても部活には毎日でかけてたりして、
『ああ、明日から夏休みなんだー』とカレンダー見て気付く有り様(汗)

でも今年はね、そんなこと言ってられない事情もありました。
子供会夏休み恒例行事
“ラジオ体操”
ええ、ワタシ、子供会役員です。
近所の神社に子ども達を集めてラジオ体操しなくてはいけません。
開催時期は役員の都合で自由に決めるので、
とっとと済ませようと夏休みに入ってすぐに決めました。
『3日間』ですけどね・・・

子ども達がラジオ体操に参加するようになって知った驚きの事実。
『ラジオ体操って毎日やるんじゃないのお?』
でもね、自分が役員になって初めてわかりました。
5時に起きて6時までにお弁当を作り、
朝食を作って、自分のしたくをして神社へ。
帰宅して洗濯干して、出勤。
ごめんなさい。3日間で限界でした。
ペアの役員も働くママだし、、
子ども達には早起きして体を動かすいい機会で、
夏休み中ずっと出来ればそれは良い事だと思うのですけどね。。

初日は寝坊しちゃいけないという緊張感であまり眠れませんでした^^;
いざ体操はじめたら・・曲を聞けば自然に動くだろうと思った体がうごかない(汗)
ペアのママも当てにならないし、
子ども達なんてまったくわからないみたい!
ラジオ体操第一さえまともに出来ず、
第二なんてもうぐだぐだでしたよ。
次の日、5年生の男の子が心配して振りを図示した“ラジオ体操ガイドブック”持ってきてくれたくらいですから^^;

それから二晩、youtubeで勉強するワタシ。
夜中にmac開いてラジオ体操してるってかなり妖しいですよ。
でもその甲斐あって最終日にはなんとか“ラジオ体操第二”もおどり(?)終え、
早起きをして気分の引き締まった夏休みスタートとなりました^^;

そして、夏休みと同時にスタートしたお弁当4つ生活。
普段は3つですが、4つとなるとすこし勝手が違います。
おかずは一品増やさないと埋まらない^^;
気持ち的には夕飯一食つくるのと変わらない感じです。
簡単に隙間を埋めるために、スパゲッティなどの炭水化物系おかずや、
卵焼きもじゃがいもやお野菜をいれたスペイン風オムレツなどでかさ増ししてます。

普段はがっつり男子弁当ですが、
miのお弁当はあまり詰めると『多過ぎる』と文句を言われるし、
フルーツを別にもたせなきゃいけなかったり、
女子弁は少し気を使います^^;
キャラは弁無理ですけどたま〜に、ニンジンを花形で抜いたりはしています・笑

こんな風に華はないですけど一生懸命作ってる弁当をですね、
先日、taがほとんど食べないでもって帰ってきましたよ。。
本人曰く『練習がきびしくて、気持ち悪くて食べられなかった』と。
夕方帰宅して、『今から食べる』と言い出しましたが、
この季節にとんでもない!と取り上げて即刻ゴミ箱へ・・・
文句がここまで(喉ね)でましたけど、、これは叱りどころじゃナイです。。
『もったいない・・』は言っちゃいましたけど^^;


一生懸命作ったのに・・作ったのに・・作ったのにーーーー!!!(涙)
かなしいっ!

10分くらいして心を鎮めてから、
『ご飯が食べられなくなるくらい運動するのもいい経験だよ』
って言ってやりました。母ちゃんエライ! 

でも。その後に、何回言っても自分の弁当箱を洗わないで
ふてくされたmiに対しては、
必要以上に怒ってしまったのにはちょっと反省しています。
taに対する怒りのぶんまでmiに当たってしまったよ。。
はあ。


バタバタと始まった夏休み。
miのプールの予定だけでも、
学校プール、学童プール、スイミングプールとあり、
それぞれ持って行く水着と帽子が違うので、
帽子を間違えたり、
オシャレ水着を許されている学童プール道具にスクール水着を入れて怒られたりと、
ハハの頭の中は大混乱です(汗)
でも、今週末からtaは部活の合宿へ、
miは田舎へ帰省します。

だからちょっとのあいだハハはフリ〜〜♡
いい感じにキャスト変更もあったりして♪
7月を我慢したぶん、この週末は観劇三昧おほっ♡
もうちょっとガンバリまっす☆
Top▲ | by tsunatam | 2011-08-04 00:49 | お弁当
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin