人気ブログランキング |
Top
タグ:イヌ ( 55 ) タグの人気記事
Top▲ |
めでタイとバレンタイン。



a0114345_6294033.jpg



2月13日。
taの12歳の誕生日でした。
子ども達が大好きな兄家族を招いて、
合格祝いをかねたパーティーを♪

本日のバースデーケーキは
taの大好物『たかこ@caramel milk teaさんのカスタードロールいちご入り』
taにリクエストを聞くと、
『ロールケーキ!普通のクリームにイチゴ入れて、しっとりしたバージョンね!!』
いつもコレ。
ブログのネタ的につまらないので、
アップ写真はありません・笑
↑でボウボウに火がついているヤツがソレです。
もう一つ、シュークリームも焼きました。

義姉さんからは、
めでタイ 白たいやきとお手製料理の差し入れをいただきました。




そして、じいちゃんからもらったダルマに目をいれました^^

エントリー『サクラ咲く。』に、沢山のお祝いコメントありがとうございました。
そして、わざわざメールをくれた友人も、ありがとう。
入試の前には、各地の学業の神様のお守りをたくさんいただきました、
“きっと勝つ”のキットカットもいただきました。
沢山の励ましと応援、本当にありがとうございました。


先日、taの通うことになる中学校の説明会がありました。
自宅から30分程度の近い場所にあり、
小規模でアットホームな感じの学校です。

その後、制服の採寸もあったのですが、
どのご家庭もすこしでも大きく作っておきたい親心と
すこしでも格好のつくサイズでおさめたい制服屋さんとの
攻防が繰り広げられており、なかなか時間がかかりました。

わが家も多分にもれず、
小粒な息子よ、遺伝子にまけず(?)大きくなれよとの願いを込めて、
『もうひとつ大きなサイズはどうですかね?だめ?ですよねぇ。。』と
制服屋さんの許容範囲ぎりぎり大きめサイズで注文してきました^^


a0114345_6393913.jpg


taの誕生日の次の日はバレンタイン。
今年のmiの提案は、
『とろりんハートのチョコポット』で作る、チョコフォンデュ♪

そんな簡単でいいんかい?と思いましたが、
予想外におっちゃんはじめ男性陣に好評だったので、
鼻が高いmiでした。

それにしても、春から男子校に通うtaくん。
今年もばあちゃんと妹からしかもらえなかったねー。
女の子のいない青春時代。。
将来、嫁がもらえないんじゃないかと本気で心配する母なのでしたぁ。





久しぶりにソーイングネタを。





a0114345_630657.jpg


ワンコ服作りました。
春先に作ったTシャツがあまりにも寒々しいので、
ふゆ仕様のパーカーを。

使用生地は、
ノムラテーラーさんのくまさん柄ニット。
ブラウン面とホワイト(グレー)面のリバーシブルニットです。

ちょっとお高めの生地でしたが、可愛くて一目惚れでした。
はじめは、手編みニットと合わせて、miのマフラーを作ろうと思っていたのですが、
考えてみればmiはマフラーなんて使わないし、、
ワンコたちに先に使ってしまいました。

a0114345_6302695.jpg


ハリーにブラウン、リンにグレーにしたのですが、
逆のほうが可愛かったかな・・
しかも、着せてから気づいた、、ハリーのくまさんが逆さになってる!
だから上下のある柄はダメなんだな〜
なるべくムダのないように裁断しようという貧乏性がアダとなりました^^;

でも、きっと言わなきゃわからないし、


a0114345_6305226.jpg


ほら、着せたらこんなに可愛いんですのよ、ホホホ♪

miにはブラウン面でベストを作って欲しいと言われました。
イヌたちのを先に作っちゃったから、miにも早く作らなきゃな〜^^;
Top▲ | by tsunatam | 2010-02-18 06:31 | ソーイング
ふぅちゃん空へ・・



a0114345_2334296.jpg


昨年末から調子の悪かった、
実家の柴いぬふぅちゃんこと「風太(ふうた)」<コチラ>
とうとうお空へ旅立ちました。

『1月23日。とても安らかなお顔だったのよ』

『実は。。』
と母から聞いたのは、
taの受験がひととおり終わり、その報告をした電話でした。

『大変な時期だったから、あなたを動揺させてはいけないと思ったから。言わなかった』

お母さん、いったいワタシが何歳だと思っているんですか!
もうコドモじゃないんですよ。

でも、年末に『相当具合が悪い』と知らせてきた母の電話で
大号泣したのは、ええ、いい歳したワタシです。とも。。
まえに父と電話で話していたとき、
『風太、どお?』と聞いたワタシに、
離れたところから、母が
『がんばってるわよ! 』と叫んだのです。
その言い方がちょっと気になっていたのですが、
今思えば、あのときすでに風太はもういなかったのかもしれません。。

すいません、、いい歳した娘相手にいつまでも気を使わせて。


最初の知らせから、風太はなんとか1ヶ月踏ん張りました。
とうとう動けなくなり、『犬用のおむつを使ったらとても楽になったワ』と母が言ってました。
最後の1ヶ月、介護もまったく苦労なかった。。と。

ワタシは年末の帰省で会えたとき
『もう会えないかもな。。』とある程度覚悟はできていたのです。
なので、とうとう死を迎えたという事実よりも、

母がワタシを気づかって連絡してこなかったことや、
風太のお顔を白い紙で包んで、ユリの花を添えて段ボールに入れてくれたこととか、
お骨は返してくもらえない火葬場だったけれども、段ボールの中を覗いた係の方が、
『責任をもってお預かりします』ととても丁寧に対応してくれこととか、
毛とツメを庭に埋めて、先代犬の墓標にしていた石(前に住んでいたいた家から持ってきていたらしい)を
使ってお墓にした、とか、
母が、風太の小屋の前を通るたびに『いないの?』と覗いてしまうとか、、

そんな話を聞いて、その様子を頭の中に描くたびに、、
感謝でどうにも涙が出てきてしまうのです。




a0114345_23334319.jpg



頑固一徹、他のイヌにも厳しい風太じいさんでしたが、
誰にでも無邪気に近づくりんにはやさしく接してくれました。
りんが♀だというのもあるかも。

パピーの頃に厳しくイッカツされているハリーは、
それ以降風太には近寄りませんでした^^


風太はワタシの友人宅で生まれた3匹兄妹のいっぴきでした。
3匹のうち、一番先にワタシに向かって歩いてきた、
モコモコした大きめのワンコ、そのコを選びました。

若い頃にはボールキャッチが大好きで、
家族の姿がみえると、
しっぽを振るよりも先にボールを捜すというのが、
彼の愛情表現でした^^




a0114345_23342861.jpg



家を離れてしまったワタシの代わりに
両親が愛情いっぱいに一緒に暮らしてくれました。
そして、最後までやさしく看取ってくれました。



どうもありがとう。
Top▲ | by tsunatam | 2010-02-15 06:24 | イヌのこと
ヘルシーもリッチも捨てがたい。。


a0114345_7183489.jpg

クッキー3種
『まいにち食べたい“ごはんのような”クッキーとビスケットの本 なかしましほ 著』より


まえにもご紹介しましたが、
なかしまさんのクッキーの本から。
作りたいものは沢山あるのだけれど、
うちにある材料で作れるものを3つ作りました。


右奥から、
レーズンサンドクッキーと
抹茶のぐるぐるクッキーと
ココアとマーマレードのドロップクッキー。

なかしまさんのお菓子はバターを使わず、菜種油で作ります。
お砂糖はきび砂糖で。
油以外の材料をボールにいれ、手でざっと混ぜ。
菜種油を入れたら手ですり混ぜる。
水を入れてゴムベラでまとめる。

あっという間^^

すり混ぜる時間は10秒以内で!!
と書いてあるくらいなので、本当にすばやく簡単に出来ます。
前回はフードプロセッサで作りましたが、
手で作った方が混ぜる感覚がわかっていいようです。

ボール一つでできるので、
レーズンサンドを作ったら、そのボールでココアのクッキーを。
抹茶のクッキーは巻いてから一度冷凍したのでちょっと時間がかかりましたが、
楽しくてつぎつぎ3種類作ってしまいました。

ココアクッキーは前回と同様、ココア濃いめの大人味、
抹茶もほろ苦く、ハハ的にはとっても美味しかったのですが、
miは『苦い。。』と半分で放り出しました。
taはどれも美味しいといって食べてました。

レーズンサンドクッキーが一番、子ども達にも安心なお味だったようです^^

ガラス瓶に入れてテーブルへ、
胃にもたれないので食べ過ぎてしまいます。
3種類あるとついつい1つずつ味見してしまうのが難点ですが、
見た目も楽しく、飽きないです^^


a0114345_7191650.jpg


お菓子を撮影していると、
もれなくイヌがついてきます。
ジャマです^^;



a0114345_7193083.jpg


ホットケーキ。
市販のホットケーキの素の味が嫌いで、、あの人工的な味はなんの味なんでしょうか?
普段は、適当に粉と牛乳と卵を配合して作っていますが、
ホットケーキの美味しい作り方が載っていると聞いて、
『オーブン・ミトンのおやつなお菓子 小嶋ルミ 著』を中古本で買いました。

美味しくつくるコツは、レシピの配合と混ぜかた、とのこと。
ふんふん、焼き上がりにはあまり違いはないようだが。。
miに聞いてみましょう。

この日は、一週間にたまたまホットケーキミックスで作ったのを食べさせてました。

『ねぇ、この前のはさ、素で作ったんだけど、今日のはさ、粉と牛乳でさイチから作ったんだよ、味違う?』

mi『ううん、一緒だよ』

『が〜〜ん。。』

もしかしたら、市販のものと同じくらいの味のレベルだというお褒めの言葉のつもりだったのかもしれないけれど・・・
その言葉にショックを隠しきれないハハの表情をみて、

taすかさず『一緒じゃないよ、こっちのほうが卵の味がすっごくするし、ぜんぜん一緒じゃないっ』

息子よ。ナイスフォロー♪

ハハの機嫌損ねると怖いもんね〜^^

ハハの作ったものに少しでも文句をつけると、
『じゃあ、もう一生作らない』とハハが言い、
taが『え”〜?!』
と言うのがいつものパターンで。

そのtaの反応が可笑しくて、
『そっちとこっちどっちが好き?』をしょっちゅう繰り返していたら、
最近は、
『こっちがいいって言うと、じゃあもうこっちは一生作らないって言うんでしょ?』
と先を越されるようになってしまった^^;
思春期とやらになったら、本気で嫌われたりするかもしれないから、、
息子をからかうのはもういい加減にした方がいいかな〜へへ

ホットケーキですが、
上記の本には、卵を泡立ててつくるもっとふわふわで厚いホットケーキの作り方も載っています。
そちらも魅力的なのですが、生地に生クリームが入ります。
スコーンなんかも載っていてこちらもとっても美味しそうなのですが、やっぱり生クリームが入るのですよ。
冒頭のヘルシーなクッキーを作りながら、
バターや生クリームを沢山使ったお菓子にも魅力を感じてしまう。。

やってることに矛盾を感じるなーー(汗)

それにしてもここ最近、
どんどん増え続けるお菓子やパンのレシピ本在庫。
全部作れる訳がなく、、1品作っただけで放置の本もある。。
でも、このごろのレシピ本、どれも写真や装丁がきれいで、
ついつい手元に持っておきたくなっちゃうんだなぁ^^




**きょうのワンコ**


だれか拾ってくださいな。


a0114345_7194559.jpg



もうちょっと大きいのもいますよ。


a0114345_7195937.jpg



『こんなに可愛い捨て犬がいたら、
すぐひろっちゃうよ〜♡』

と朝からイヌと会話するアホな飼い主。。

朝は、すぐ出かけてしまうので、
わが家の床暖房タイマーは夕方on。
冷たい床が大キライなわが家の2ワンコ。

冷たい床に座るくらいなら、
とどう見ても安定感の悪い段ボールの上の方が、
目線も高くなるしイイらしい^^;
“伏せ”だって、お腹が冷たいからすぐ立ち上がっちゃう。

昨日の学童からの帰り道。
よそのお宅の玄関先でバウバウ吠えるわんちゃんを見て、
『えらいね〜洋服も着ないで外にいるよ』とmi。

いやいや^^;
本来イヌはそれが普通っしょ。
『い〜ぬはよろこび に〜わかけまわり〜♪』のハズ。
ハリとりんは間違いなく
『こたつで丸くなる〜♪』だけどね^^;
Top▲ | by tsunatam | 2010-01-26 07:20 | パンやお菓子
食育について思う。

a0114345_22345962.jpg


冷え込んだ朝、
霜がおりて外は真っ白に。
雪景色はなかなか見られませんが、この霜景色もなかなかいいものです。
でも、時に農作物には重大な被害をもたらすことがあるのですよね。

実家が豊橋なので、帰省時にはお茶どころ静岡の茶畑の側を通ります。
茶畑には必ず背の高い扇風機が設置されています。
こどもの頃からとても不思議に思っていました。
あの扇風機が、お茶の木あたりの低いところの空気と上の方の空気をまぜることによって
霜がおりるのを防ぐ、と聞いた時は『へ〜』と感心したものです。
お茶の葉は霜に弱いのでしょうね。

ベランダのスミレもすっかり凍ってしまい、そのままダメになってしまうかと思いましたが、
解凍されたあとはすっかり元通り。強いワ^^



a0114345_22352123.jpg


職場のコが最近通っているパン教室のパン。
朝食として食べていたのを観察。ジーーっ

『ポテトサラダとカットしたウインナーを真ん中に置いて、
生地の両端をカードでとんとんとカットして編み込むだけですよ。簡単ですよ。』

と教えてもらった。

それだけの説明でマネして作ってみる^^
なんとなくそれっぽく出来たのですよ。

でも、↑のは失敗作で、、
だって、出かけて帰ってきたら、もうこれしか残ってなかったの。
もっとちゃんと編み込めてたのもあったのだけどなー。

わざわざこんな小細工しなくても、味はいっしょだし、と思っていたのだけれど、
やっぱりひと手間かけると、なんだかちょっと豪華な感じになるし、食感が違うみたい。
ポテトサラダを加えるのもボリュームアップして食べ盛りの昼食にはとってもイイ♪
この組み合わせはこれからも使えそうです^^

もう一種類は、バターでソテーしたリンゴと電子レンジで簡単につくったカスタードクリームを包みました。
このリンゴとカスタードの組み合わせが大好きで何度か作るのだけれど、
なかなか思うような味のバランスになりません。
今回のはカスタードがちょっと甘すぎたな。。
う〜んむずかしい。



a0114345_22354652.jpg


こちらは
『はちみつれもんシフォンケーキ』

ちょっと膨らみが足りなかったし、
空気が抜けてなくて、空洞が出来てしまったけれど、
とってもしっとり出来ました。

おもったより酸っぱい^^
シトラス系のお味が好きな方にはオススメです。
子ども達の反応は意外によかったんです。
『すっぱいね〜』って言ってたのはワタシだけでした^^

レシピはコチラです↓
エキサイトの『Kitchen』よく参考にさせてもらってます♪




----

まえのエントリーでワタシの食への考えかたをちょっと書きましたが・・
タイミングよく、
仕事で管理栄養士さんとお話する機会がありました。

最近『食育』という言葉がさかんに使われますが、
ワタシは正直、なにをそんなに食育、食育いうのか理解できなかったのです。

ひとこと『食育』といってもいろいろな意味するところがあるようですが、
栄養素とか難しいこと考えなくたって、
ご飯とお味噌汁、お肉かお魚、野菜を使った副菜。
手の込んだものを作らなくても、これだけで充分じゃないかと思っていたわけです。

ところがね、
この考え、今時は“普通”ではないらしいのですよ。
栄養士さんが言うに、日本の食習慣『一汁三菜』。これが一般家庭の食事であったのは、
20年まえの話(え〜?オドロキ!!)で
いまの20代、30代、40代のおかあさんの食への考えかたはひどい。のだと。。

まず、食べられれば、食べてればいいじゃないか。とか。。
食の安全とかいう以前に、バランスのとれた食事の概念がない。

たとえば、プロスポーツのジュニアチームに子どもを参加させているおかあさんでさえ、
『汁ものとお野菜を加えてください』という栄養士さんのアドバイスに、
『ムリ、ムリ!!』のお返事。なんだそうです。

言いたいことはたくさんあれど、とにかくレベルを下げて、
出来そうなことをひとつずつ提案しなければダメなのだと。。

そしてさらに、、
いまの忙しい子ども達にとって、
食事の時間は、唯一の気を抜ける時間なのだそうで、
その唯一の時間に『食育』を押し付けるのはどうか。。という考えかたもでてきたのですって!(え〜??)
好きなものを食べさせてあげればいい。とかいうことかな?
確かに、今は給食だって嫌いなものは無理強いしないものね。

だから、いまの『食育』は本当に難しいのだと。
そうおしゃっていました。

現代の日本の食卓は、
ワタシの想像以上に深刻な状況のようです。
朝食をたべないで学校にくる子ども達、ひとりで食卓に座る子ども達。。
それはニュースの中での出来事、自分のすぐ近くで起こっていることではないと思っていました。
でも、現場に携わる栄養士さんの声なのだから、
それが、現状なのでしょう。

子どもの頃刷り込まれてしまった食習慣は一生涯変わらない。
そして、それがまた次の世代に受け継がれてしまう。
やっぱり『食育』って大切なんだなぁ。。


わが家の食事は、仕事から帰ってきてからの限られた時間で作るものですから、
本当にシンプルなんです。“質素”かも?笑
手の込んだ料理は作れません。

先日、

ご飯を炊いて、お味噌汁を作って、お肉だったかな?一品おかずを作って、
う〜んあとは、、と思っていたとき、
miが来て
『あとはお野菜だね!』って言ったのです。

そう、野菜がないなぁ、あと何作ろうって思っていたところだったのです。

ご飯と、タンパク質はお肉とお魚を交代で、
お味噌汁にはなるべく具を沢山入れてお野菜が沢山とれるように。
そして、ただゆでただけ、切っただけでもいいから色の濃いお野菜をひとつ。

これが、ワタシの食事の基本型。

わが家の『食育』。
子ども達に想いは伝わって、
間違えてはいなかった。かな♪とちょっとうれしかった娘の一言でした。


**きょうのワンコ**


a0114345_223694.jpg


ハリー
『家政婦は見た』風^^
Top▲ | by tsunatam | 2010-01-23 20:45 | パンやお菓子
年のはじめは


a0114345_1713711.jpg


年のはじめは。。
今年の年男『寅年』taくんの書き初めから^^

子ども達は今日から登校です。
冬休みは短くてあっと言う間でした。

今年の6年生。
先生の意図はなんなのか?
宿題がほとんどありませんでした。
読書カードと書き初め練習、自己復習。のみ

正直、taの受験勉強は大詰め(の時期)。
宿題が沢山でたらやりきれるかな〜とは心配していたのだけど、、
そんな受験生への配慮か?
でも、のんびりした校風で、クラスでも受験予定のコは両手では余るくらいしかいないはず。。
小学校最後の冬休みを思う存分楽しめという先生の計らいか?

てことで、数少ない宿題のうちのひとつ。
書き初め(練習)。

taいわく 『やっぱり、書いてないとだめだな・・』

小学校1年生から習っていたお習字。
11月からお休みしています。

『なんきゅう?』って聞いたら。

『準3段』だそうです^^;
失礼いたしやした。。

2月早生まれのta。
保育園の頃は、しゃべるのも書くのもゆっくりで、、
春生まれのお友達と比べるといつも心配でした。
年長さんになってもまったく鉛筆をにぎらない(きらい)
電車のおかげで、ひらがなもカタカナも読めてはいたけれど、
字が、絵が書けない。

小学校に入学するにあたって、
自分の名前くらいは書けないとと思い、なんとか練習して書けるようにする。
おんなのこ達はイラスト入りのお手紙を交換こしてたりして、、
あまりの差にあぜんとする^^:
(その後、春生まれの娘を育てて、まったく逆の体験もする)

小学校に入学してすぐ、
学童のお隣の公民館に書道教室を知り、
先生がとても良い方で、お月謝も手頃だった。

最初に見学にいったとき、
はじめて持たせてもらった筆で書いた習字、
先生が『まあ!芸術的!!^^』と言ったひとことが忘れられない。


すぐ放り込んだ^^


これが大正解!!
だって『あ』からはじめて、書き順も書き方も一から丁寧に教えてもらえ、
礼にはじまり、礼で終わる。
素敵☆

想像力や独創力がいまいちなtaでも、
ルールに従い、お手本通り、きちんと模写する。
これはtaの性格にとてもあっていたようで、
めきめき伸びた。

先生もtaの成長を期待してくださって、
受験で少しお休みすると伝えたときにはとても残念がってくれた。

習字のお陰で、ハハが字を教えることはいっさいなく、
漢字や書き順はtaの得意分野になった。

習字をはじめて数年たったころ、
『あまりに字を書かなくて心配して入れた』と先生にお話ししたところ

『そういう子は、変な癖がついていなくて良いのですよ』
とおっしゃった。
なるほど、そういう考えもあるのね、
“遅い”ということもいいことだってあるのね〜
子育てにおいて“遅くてもいい”そう思ってあげることはとっても大切だけれど、

なかなか難しいことだわね^^

そういえば、“絵”にも心配して、
お絵描き教室に通わせたこともあったな^^;
イラストレータを本業とする先生で、
絵を描くというよりも『デザインしよう』というおもしろい教室だった。

そちらのほうは、やはりDNAの問題か、、
絵が上手になったり、描くことが好きになったり、とはいかなかった^^;
先生の本業が忙しくなって、それこそ本格的な絵の先生に変わってしまったので、
taもあまり乗り気じゃなかったし、先生と一緒にお教室は辞めてしまった。

でも、あの時お教室で描いた、
ヘタウマ的な絵は、今でも気に入って額にいれて飾ってある。

やっぱりお教室に通っていた頃は可愛らしい色使いができていた。
教えてもらうって違うんだな〜と思った。
今はその名残もない・・
やはり、継続は力なり。だな。

習字教室の話にもどると、
taが入った頃は、
少ない生徒でのんびりやっていた教室だったけれど、
今では、学童の子どもの多くが通う人気ぶりで、
教室が子ども達でいっぱいになって、先生がうれしい悲鳴をあげるほどの盛況ぶり♪
もちろんmiも小学校入学と同時にはじめて、
miも自分のペースで上達しています。






a0114345_2111694.jpg




何やら、真っ赤なきみの悪い液体。。
『魔女の料理みたいだね』と子ども達も気味悪いながらも興味津々。

作っていたのは。。




a0114345_21112653.jpg

りんご飴



12月に一時帰国したfuminovちゃんのボストン土産

『candy apple kit』デス♪

fuminovちゃんの歓迎会をかねたクリスマス会を催した、
先輩邸宅にまたまたお邪魔させてもらいました。

今年のお正月は実家に帰らず家にいると言ったら、
新年会やりましょうとお誘いいただいた。
クリスマスには来られなかったファミリーもお誘いして、
にぎやかな新年会に♪

年末のお買い物で
めずらしい『姫りんご』を発見!!
(むちゃ高かったですけど。。)
これを作ろうと買っておいたのを、
これはイイ機会♪♪と持ってきた。

それにしても、りんご飴って日本のものかと思っていたけれど、
アメリカのもんなのか?

当然、作り方はすべて英語でして、、
細かいところはよくわかんないけど、
○cupのウォーターと○cupのシュガーそこさえわかればなんとかなるさ!
○cupのシュガーは、2と1/2カップぅ。。?!
何度見直しても間違いはないようで、すごい砂糖の量!!
これにひるんで半量で作ることに。

でも、どっかで調整を間違えたようで、
いくら冷やしてもイマイチ固まらなかった^^;


a0114345_20575329.jpg



うしろは宴に興じるオヤヂたち^^

いまいちゆるいアメだったけれど、
とっても美味しかったそうですよ。
りんご飴大好きなこどもたちは大喜びでした。
fuminovちゃん、ごちそうさま♪


a0114345_210497.jpg

抹茶ロール
『抹茶のお菓子』坂田阿希子 著より


この日ワタシが持参したお菓子は、
坂田さんの抹茶ロール。
お正月なので和風スイーツを♡
密閉容器に入れていた和三盆(砂糖)が固まってしまい、
それを細かく砕くのに一苦労しました。
スポンジ用の和三盆で疲れてしまい、
クリーム用の和三盆はそのまま入れて泡立てたら、
やっぱり溶けずに残り、ぶつぶつしたクリームになってしまいましたっ!汗

ラッピングも和風ぽくしてみました。
巻いている紙は揚げ物用の敷き紙ですけど^^;



** きょうのワンコ **


a0114345_218416.jpg


この時期、川沿いを散歩すると
イヌたちは“くっつき虫”だらけになります。
道ばたに大発生しているのです。
毛に絡まってしまい取るのがたいへんです。
一緒に散歩していても、なぜかりんにばっかりついているのです^^;
なぜかと言うと。。落ち着き無くウロウロするから。。
Top▲ | by tsunatam | 2010-01-07 17:43 | 日々のこと
明けましておめでとうございます


a0114345_185316.jpg



みなさま
新年明けましておめでとうございます


a0114345_1855192.jpg



さきほど、
ようやく年賀状をデザインし終えまして
(ここ注意:書き終えたのではありません。。いま印刷ちゅうです)
やっと2010年初の更新です。

今年はtaの受験のため、
はじめて自分の家で過ごすお正月です。
結婚して10年以上もたつというのに、、
自分でおせちを作ったことが無いという事実に愕然・・

taもがんばって勉強しているというのに、
おせちは無くてもいいよね〜と言う訳にもいかないよね。
てことで、形ばかりのおせち料理。




a0114345_1861184.jpg



『やれば出来るのよ、やれば』
しつこく何度も言われ、
『できないなんて一度も言ってない・・』とうんざり顔のmyファミリー^^;

ブロッコリーとプチトマトで彩りをごまかすところなんか、
大して運動会弁当と変わりない感じも否めませんが^^;

こちらで過ごすお正月は、
『なんだかお正月みたいな感じがしないね〜』と寂しそうなtaに
少しでもお正月を感じてもらうために、ハハがんばりましたっ!

と言っても、
栗きんとんやなますなど手のかかるものは、母が作ったのをもらってきたもので、
自分では煮しめと田作り、鶏肉の八幡巻き、伊達巻きを作ったくらいです^^;

伊達巻きは自分で作ると美味しいですね。
市販のものは甘くて嫌いだったのですが、
フープロで混ぜ合わせるだけで簡単に作れるし!
でも、どおやら巻きかたが逆だったようです。。焼き目が中ですね^^;

がんばって作ったけれど、
元旦のお昼にはもう飽きちゃいました。。さてそろそろカレーかな・笑


いつものお正月は、
大晦日の昼までハハの実家で過ごし、チチの実家に移動します。
チチの実家では、大晦日の夜に伊勢神宮の外宮さんにお参りにでかけ、
かがり火でお餅を焼いて食べます。
伊勢はやはり神がかり的な場所なので、
とても神聖な気持ちになります。
毎年、こんな素敵な場所でお正月をむかえられて幸せだなーと思うのです。

来年はぜひそんなお正月の様子をお伝えしたいです。


さて、今年のわが家の初詣では、
ごく近所の神社にお参りしてきました。
結婚前は鎌倉に出向くのが習慣でしたが、
taの塾で“神頼みも結構ですが、あまり人ごみに出向くのは・・・”てことなので^^;
こぢんまりお参りしてきました。




a0114345_1863632.jpg


ごく近所の普段は無人の神社。
夏にはラジオ体操、
秋にはお祭りの会場になります。
ココでもなんどか登場しています^^;

お正月に来たのは初めてです。
お飾りが施され、ちょっとおめかしされてました。

ご近所の方たちがぱらぱらと参拝にきていました。
思ったより人がいる・笑

地元の氏神様も大切にしなきゃね。



a0114345_1865977.jpg



2010年がみなさまにとってHappyな一年となりますように♡

ワタシも今以上に更新のスピードを落とさないよう(年の始めから弱気っ)
頑張りますので、
どうぞよろしくおねがいいたします。
Top▲ | by tsunatam | 2010-01-02 23:54 | 日々のこと
朔日餅を食す。



a0114345_1263186.jpg




秋ですねぇ。
職場のそばに銀杏並木がありましてね、
いま真っ黄色なんですよ。

落ち葉と木に残る葉のバランスのいいときが
上も下も黄色く染まり、一番きれいなときです。

今は、その時期を少し過ぎてしまった頃ですが、
カメラを携えた方がたくさん訪れています。

あまりに身近な景色ゆえ、自分で撮影することなんてすっかり忘れていましたが、
自称カメラ好きとしては、ここはやはり一度撮っておかないと!
てことで、撮りました。



a0114345_13223385.jpg





腰をすえてゆっくり撮影したいところですが、
道ばたにうずくまって撮影している姿をだれか知り合いにみられないかと気になって、、
早々に引き上げて参りました。

いま外は一面の黄色に光が反射して、
まぶしいくらい明るいです。
すべての葉が落ちるまであと10日くらいでしょうか。
あと少し楽しませてもらえますが、それまでお掃除の方は大変です。
掃いても掃いても落ちてくる^^;





a0114345_12101986.jpg

赤福 朔日餅 12月『雪餅』



伊勢に住むお義母さんから
『赤福 朔日餅』が届きました。

朔日餅で『ついたちもち』と読みます。
毎月1日(1月はのぞく)だけに売り出されるお餅で、
その月にちなんだ季節感のあるお菓子が販売されます。

一年に一度、そして手に入れられるのは赤福本店と特定の百貨店のみであることなどで、
たいへん人気があります。
最近は不景気の影響か、
以前ほどの大騒ぎはないようですが、
整理券は朝3時半から配られ、販売は4時半からだそうで、
朝早くからたくさんの人が並び、
人気のあるお餅の月には、早々に売り切れてしまうようです。

『赤福』といえば、
全国で人気がありますが、不祥事で営業停止していた期間は伊勢にも相当なダメージを与えました。

伊勢は『赤福』で成り立っている街なので、
そのときは、
このままこの街もつぶれてしまうのではないか・・というほど活気がなくなり、心配でした。

営業再開してからは、伊勢神宮の20年に一度の遷宮に向け
た盛り上がりも重なり、また活気づいてきました。
元気回復してよかったです。

伊勢はやっぱり『赤福』がないとね♪


で、今月の朔日餅は『雪餅』。

“12 月は、暦の上では大雪。冬将軍が到来し、暖かな伊勢路にも雪がちらつきます。
雪餅は、こし餡をつつんだ求肥で、うっすらと雪化粧した大地に見たてました。”

だそうです^^

やわらかい求肥で赤福のあんこを包んだお菓子でした。
お義母さんの手紙には
『今回はそんなに大変じゃなかった』と書いてありましたが、
きっと寒い中、早くから買いに行ってくれたはず。

とっても美味しかったです。
ごちそうさま♪感謝デス☆

『朔日餅』すべてを網羅したわけではないですが、
ワタシが一番好きなのは、
八月の『八朔餅』
見かけは赤福と同じで、あんこが黒砂糖あんで、お餅が粟餅です。

なかなか一日に伊勢にいるチャンスがないのですが、
以前、たまたま一日に居合わせてこの『八朔』をいただいたときは本当に美味しかった。
宅急便で送ってもらうと一日たっているのでどうしてもお餅が硬くなるのです。
発売当日のお餅は別格でした!

一日に伊勢に行かれるチャンスに恵まれた方はぜひ『朔日餅』を試してみてください^^





a0114345_12104156.jpg


こちらは発表会の準備、小物編。
ドレスにつけるコサージュはまだ制作途中。
ネットで注文したレース類がまだ到着しないので、水玉リボンも置いてあるだけです。

これを、今朝、りんが小屋に引っぱり込んでいるのを発見!
一部壊されたので、解体しました。
レースがきたらまた構成しなおします。。

右側はシューズクリップ。
何人に受け継がれたのか?年代物のフォーマルシューズ。
かなり飾りが痛んでいたのでコレを作りました。
飾りひとつ換えるだけでかなり印象が変わりますね!

手前はチョーカーです。
前に浅草橋のアクセサリーパーツ屋さんで材料を揃えていました。
その頃は頭の中で、すみれ色のドレスを作ろうと思っていたんです。
なので、パーツもすみれ色で揃えちゃったんですね^^;

で、その後、別の生地に出会ってしまって、
まったく違うドレスになっちゃったんですが・・まっいいっか、せっかく買ったし。
かなりシンプルなので、今回のドレスでもおかしくはないかな・・?と思っています。

チョーカー作りははじめてで、店員さんに必要な材料を教えてもらって適当に作りましたが、
とっても簡単にしかもかなりお安く(たぶん200円しない・・)できたので、
なかなか楽しかったです。
パーツは袋売りなのでまだたくさん作れます^^;
バザー用にもいいのではないでしょうか?
miはかなり気に入って、一日つけてましたよ。


ドレスの方は、昨晩、裾をまつり縫いしていたら、
半分縫ったところで意識を失いました・・笑

最近、寝不足な毎日で、、
遅くまで起きているわりにドレス作りが進まなかったのは
実はコレのせいなんですよ。。







a0114345_1211799.jpg

『トワイライト』 ステファニー メイヤー (著)


13巻完結。。
やっと読み終わった。

この表紙、ちょっとひきますよね。。
なので、グレースケールにしてみました・笑

見た目どおり、ティーンズ向け、ヤングアダルト小説ですワ。
ヤングアダルトっていったい幾つくらいを言うのか疑問ですが、
アラフォーが入らないことは間違いない(笑)
正直、カバーをつけないとヒト前では読めないし、
電車の中で隣に女子高生なんか座っていると、挿絵が見えないように隠して読んでました(爆)

でもね、コレ、
全米、世界各国で大人気らしいのですよ。
映画化もされてるし。
職場の本仲間から回してもらったんですけど、
買ったご本人と本仲間のもうひと方がずぶずぶハマっていくのを眺めながらも、
ワタシ 半信半疑 だったんですよ。
『全13巻』ってことにも腰がひけてまして、なかなか手をつける気になれなかったんですけど、、
やっと手持ちの本を読み終えまして、
コレに手をつけましたら、、
面白くてやめられない〜〜〜〜

内容は、簡単にいうと、女子高生と吸血鬼の物語なんですけど、、
ネタばれしちゃうとこれから読むヒトにはつまらないのでこれ以上語りませんが、、
コミック的おもしろさで続きが気になって仕様がない。
ひさしぶりに本をよむためにここ連日夜更かししてしまいましたよ。


吸血鬼とオオカミ人間、特殊能力、禁断の恋(笑)なんて
ありえない非現実の世界にどっぷり浸かって、本の娯楽の海に溺れたい方(笑)には
超オススメです♪

吸血鬼に翻弄さられた約一週間がやっと終了、
そして今朝から1巻にリバース(爆)
先を急いで読み進んでしまったので
ゆっくり読みかえすつもり^^




** きょうのワンコ **



a0114345_12113871.jpg


その先はガケですよ!ハラハラ・・
Top▲ | by tsunatam | 2009-12-03 15:22 | 日々のこと
レンズ購入♪

a0114345_16365936.jpg


りんごのスコーン
『がちまい家のオーガニックな焼き菓子 謝花 三千代著』 より


残り1つとなった紅玉をつかって。
このスコーンは生のままリンゴがひとつ入ります。
リンゴとレーズンだけの甘さでたべるので、リンゴがおいしい時期には作りたくなるレシピ。

これは日曜日の朝食です。
前日の夜にパンを仕込む気にどおしてもなれず、、早起きもできなかった。
そんな時には便利なスコーン。
土曜日に焼いた“スイートハート”も載ってます^^前回のは<コチラ>
こちらは、中にいれたスイートポテトの砂糖をメープルシュガーを使ったら、
色が悪くなってしまった割にいまいちメイプルの味もせず、、
写真うつりもいまいちだったため、スコーンの端に追いやられる。。

この色とりどりのスープは、
『スープストック トーキョー』で購入した冷凍スープ。

どこで情報を仕入れたのか?
miに『ランキング1位の“カキのポタージュ”をお土産に買ってきて!』と言われたので、
たまプラーザで買ってきたもの。
せっかくなので4種類かってきましたが、普段質素な食生活を送っているこども達には
この高級スープはお口にあわなかったらしく、、
miは半分も食べなかった。。ああ無駄遣い。

ハハが自分のためにセレクトしてきた“サンゲタンスープ”はとってもおいしかったですよ。
スコーンとの相性はいまいちでしたが^^;
我が家はカップスープで十分でことで。


先日、
とうとう買っちゃったんですよ。

レ・ン・ズ♪
シグマ 30mm F1.4 EX DC HSM

キャノンにこのレンズを載っけてるのを触らせてもらって以来、、<コチラ>
しばらーく、価格.comをうろうろ・・

『え〜い!もう買っちゃえ!!』

もう買ってしまおうと心に決める。

送料やら支払い手数料やら考えると最安値の店よりも、
近所にある店舗のネット販売は、店頭引き渡しができるので、総合的に見ると安くなる。
なんてったって安心だし。

そのお店で購入を決めて、注文の前になんとなーくサイトを覗いていると。
『中古品』とある。
まさかないよね〜と検索をかけると、
『あった〜♪!!』


中古の値段としてどおなのかは分からないけれど、
新品を買うよりも10,000円も安く上がるし、
状態も良好とある。
いままで中古品も何度か探してみたけれど、
オークション以外は見つからなかった。
オークションは安いかもしれないけれど、初心者(オークションもカメラも)が手をだすには
勇気がいる。

若干、緊張しながらも
『えいっ!購入!!』ぽちっとな。

で、先日店舗に取りに行ってきました。
中古なので、自分の目で確認して下さいと言われ、
一応見たけれど、素人目にわかるような問題はまったくナイ。
新品に見える♪
保護フィルターまで中古で探してもらい、
600円♪で購入。これはちょっと使用感アリアリな感じなんだけど^^;

このお店の定員さんたちはワタシみたいな素人にもとても親切で、
アホな質問にもちゃんと答えてくれます。
前に50mmNikkorレンズを購入したときも、カメラを修理に出したときもとても対応が良かった♪
お気に入りのお店です。
チャンプカメラ


このひとつ前の記事から、新しいレンズを使った写真をぼちぼち載せてます。
今回はすべてこのレンズで撮りました。

意気込んで買ったものの、まだ写真のイメージがつかめず、
まったく使いこなせていません^^;
練習中です。

この練習中のレンズを装着して、
姪っ子の成人式前撮り、スタジオ撮影を見学に。


a0114345_16392930.jpg



お〜♪本格的♪
カメラマンのおじさんがちょっとおもしろいヒトで(↑でカメラを構えている女性はアシスタントさんみたいだった)
『う〜んいいねぇ〜きれいだね〜』と呼びかけ(?)はグラビアアイドル撮影のようで(笑)
『足はこっちにこう流して、顔はこの向きね、手はこっちにひらいて』
なんて難しい要求に、姪っ子は笑顔で応えておりました^^

おばのワタシがいうのもなんですが^^
うちの姪っ子なかなか“器量よし”でしてね♪
お着物はとっても似合ってたし、
グラビアアイドル並に可愛かった♪

姪っ子たちはワタシのことを、
『tsunatamちゃん』となまえにちゃんづけで呼んでくれます。
最近はさすがにこの呼び方をさせるには無理があるか・・と後ろめたくもあったのだけれど、
思い起こしてみると、姪が生まれたとき、
ワタシは今の姪よりもちょっと若いくらいだった。
それを考えたら、『おばちゃん』はやめてもらったのもいたしかたない・・なと思った(笑)

これから、1月の成人式本番そして、梅の咲く時期にももう一度撮影があって、
また着物姿がみられるそう♪
楽しみにしているね!それまでにもうちょっとレンズに慣れておきます^^


** きょうのワンコ **


a0114345_6321091.jpg


ベランダに干した犬用クッションで眠るりん。
おひさまが暖かくて気持ち良さそう。

taが撮影しました。
何回も撮って『これが一番かわいく撮れた♪』だそうです。
小学生でもこれくらい撮れます。

a0114345_16572669.jpg


こちらはハリー。
自分で滑り台の階段を上って、
滑り降りてきました^^


あっそうそう、
taのクラスは、先週一週間インフルエンザのため学級閉鎖でした。
これで、学級閉鎖をしていない生き残りはmiの学年、2年生だけとなりました。
季節性のインフルエンザもちらほら出始めているそうです、
いつまで続くのでしょうか・・インフルエンザ騒動。
はやく落ち着いて欲しいものです。
みなさんもどうぞお気をつけ下さい。
Top▲ | by tsunatam | 2009-12-02 07:31 | カメラ関係
久しぶりに、おかあさんといっしょ


a0114345_7245750.jpg

カスタードプリン



お休み中は、お菓子もパンも焼かないで、ミシンに集中しようと思っていたのですが、
3日も休みだと食料の備蓄も足りなくなるし、、
簡単なものでも作るか、とおやつはプリンを。

こども達はこのタマゴとお砂糖、牛乳だけでつくる、
元祖カスタードプリンが大好き♡で、
miは『ママのこどもで本当によかったよ〜♪』とまで言ってくれました。
いつももっと手の込んだもを作ってあげてると思うんだけど、、
こんな簡単なものでその評価、ちょっとフクザツダワ・・(笑)


お昼ご飯にはこれを。

a0114345_7252028.jpg

イングリッシュ・マフィン
「ぱん工房くーぷみかさんの・特別な日に焼きたいお気に入りパン」 より



もちろん型はお得意の手づくりで^^
随分まえから用意していたクオカのコーングリッツがやっと日の目を浴びる。

コーングリッツをまぶしたみかさんのリーン生地を型にいれ、
天板を乗せて最終発酵、そのまま焼成します。
パスコのイングリッシュマフィンが好きなのですが、
あのもっちり感はないな。。

コーングリッツを使うってことだけじゃなくて、
生地にもなにか工夫がいるのじゃないかしら?
他にもレシピを探してちょっときわめてみたいです。
コーングリッツが沢山あるしね^^;



連休中、暇を持て余したmiはテレビばかり見てました。
朝から教育テレビを見ているmiに
『あかちゃんの番組じゃん』と文句を言ってるta。
そんなこと言いつつアンタもかなり見入ってるけど^^

かな〜り久しぶりに見た『おかあさんといっしょ』
へ〜今はこんなおにいさんとおねえさんなんだねー♪
お〜キャラクタもなんだかかみなり様みたいになってるよぉ!

そのまま見続けてると番組は『ファミリーコンサート』に♪
『おかあさんといっしょ50周年記念』だそうですよ。
こども達が小さいときに同じようなコンサートをビデオにとって何回も見た記憶があるのだけれど、
あれは45周年だったのかな?40周年かも?

その時も歴代メンバー勢揃いだったのですが、
今回も、
歴代のおにいさん&おねえさんが出てきましたよ。

taがこの番組を見始めた頃は、
“けんたろうおにいさんとあゆみおねえさん”でした。
『だんご三兄弟』の時代ですね^^

その後、すぐに“あきひろおにいさんとりょうこおねえさん”に代わったのでした。

ハハとしては、あゆみおねえさんの声が大好きだったので、
交代にはショックをうけたっけ(笑)
でも、そのころ購入した『おかあさんといっしょ』のCDは
あゆみ&けんたろうバージョンだったので、
taからmiまで、何度も何度も楽しませてもらいました。

miのときは、あきひろおにいさんたちから
“ゆうぞうおにいさんとしょうこおねえさん”に引き継がれた時代でした。
ハハは“ゆうぞうおにいさん”のなんだかひょうひょうとした踊り方が好きだったので^^
またテレビを見るのがちょっと楽しみな感じでした。

“ゆうぞうおにいさん”が劇団四季出身だってことも
四季友の会会員のハハにはポイントが高かった(笑)

歴代おにいさん&おねえさん達、
どこまで遡るのかな〜と思ったら、
“ゆうこおねえさんとおさむおにいさん”でした^^
やっぱり、王道、この方達ははずせないでしょう。

あと、初代おねえさんも出ていらっしゃいました。
もちろん、ひろみちおにいさんもね。

保育園に通わせていると、朝も、夕方もなかなか見せてあげることが出来なかったけれど、
見れるときは、この番組になんど子守りをしてもらったことでしょう(笑)
番組出演にもファミリーコンサートにもなんども往復はがきを出したけれど、
まったく当たらなかった。なあ。。
CDで何回も聞いた曲はソラで歌えたりして^^
なんとも懐かしく、感慨深い時間でした。

結局、taも最後まで楽しんでましたよ(笑)



a0114345_7254313.jpg


これは、パウンド型で焼いたぶどう食パン。
みかさんのリッチ生地にラム酒漬けレーズンを練り込み、
伸ばした生地にシナモンシュガーを振りかけてからくるっと巻きました。
miはふつうの食パンは喜びませんが、
こうやってちょっと甘くすると、
とても喜びます。
もう蓄え(肉の)はいらないと思うよ>ハハより



**きょうのワンコ**


a0114345_726554.jpg

Top▲ | by tsunatam | 2009-11-27 12:20 | パンやお菓子
発表会ドレス進行状況。



a0114345_7173613.jpg




寒いっ!!
11月ってこんなにいつも寒かったかな。。と思っていたら、
『11月に10℃を下回るのは○年ぶり』てニュースで言ってました。

だよね、この連休も雨の日はエアコンがフル回転で、
ついに床暖房のスイッチにも手を出してしまった。
これから2月まで、ガス代は毎月うなぎ上り(泣)
銀行の残高には注意をしておかなければ。

でも、北海道にお住まいのブログお友達のところは、雪がふっているとか(@@)
これくらいで寒い寒い言っていると笑われるかしら^^

空気が澄んできて、ベランダからの富士山や夕日がきれいです。
寒くなっていいことはコレかな。


さて、3連休でしたね。

ワタシはいつも以上に引きこもってました。^^


子ども達のエレクトーンの発表会、とうとう来月まで迫って来た。
miの衣装作りはなんとなく進んでいたけれど、
そろそろ本気で仕上げないと・・

てことで、
昼間はお針に集中して、ようやくここまで仕上げました。







a0114345_6141510.jpg

三つのりぼんのドレス
『発表会のための少女の服 かわいきみ子著』より


黒くてよくわかんないですね^^;
身頃はビロード、スカートは光沢の美しいチェック生地をつかいました。
ドレス作りに関しては、完成してからまた詳しく書きますが、
このドレス、作りはとても単純で簡単です。

ただ、ビロードという素材の扱いがはじめてだったので、
ワタシにしてはかな〜り慎重に丁寧に扱いました。

『毛並みがあり、光沢のあるベルベットは扱いの難しい素材の代表です、
布を裁つ時は逆毛にパターンを置いて、布が深みのある色に見えるように裁断するのが基本です』

だそうですよ。
パターンを置くのは上下逆にならないようには気をつけましたが、
深みのある色方向に使っているかは、、
今となっては疑問です(爆)

実際に縫製してみて、ベルベット同士を縫うのは、思った程大変じゃなかったのです。
『意外にいけるじゃ〜ん』なんて進めてたのですが、

裏地とベルベット表地を縫い合わせると、、

裏地が逃げる逃げるっ!!
いくら気をつけてミシンをかけても、
ベルベットの毛並みが裏地を逆方向に流してしまうんです(泣)

『これかっ。生地屋さんにもベロアにしたらどうか、とアドバスされたのはっ』

そおなんです。
生地はネットで購入しました。生地ショップ あざみやさん<コチラ>
ベルベット生地の縫製に自信がないことを伝えると、
非常にズレやすいので、ベロアにしたらどうかと勧められたのです。

でも、ベロアとベルベットでは重厚感がまったくちがうっしょ。
ハハが娘のドレスに求めるものは、
シンプルで上品であること。

縫製のテクニックがないくせに、さらに生地の質感までおとしてしまったら・・
ぜんぜんだめっしょ。

てことで、生地屋さんのありがたいアドバイスは無視^^
無謀にも1M2500円のベルベット生地を購入しました。
手元に届いたベルベット。
思った以上にステキで☆触っているだけでも幸せなきぶんになれます。
やっぱりベルベットにしておいてよかった♪

今年は、ブログを書き始めたことにより、
ソーイング上級者の方々のブログを訪問する機会に恵まれまして、
いつもいい加減ソーイングのワタクシも、いろいろ勉強させていただきました。

まず、試作をしましたよ!!
面倒くさがりのワタシにはありえない努力ですワ☆
のこりもののシーチングで見頃をつくり、miに着せて調整しました。
型紙は130センチサイズでつくりましたが、
わが娘、夏の終わり頃から冬に向けて蓄えはじめまして、ええ、お肉を。
脇をちょっと補正しサイズアップ。

お高いベルベット生地、やり直しはきかないので、少し回り道をしてでも
着実にすすめたほうがいいのね。。今さら納得。

ベルベットと裏地の縫い合わせは、なんどかトライしても
どうにも上手くいかないので、
首まわりはしつけをして(これも今までのワタシにはありえない努力)なんとか。。
袖は、本の忠告にしたがい、すべて手縫いでしあげました。

こちらの本のドレスは本当にシンプルなので、
難しいところはあまりないのですが、
総裏地なので、手でまつるという作業がとても多いです。
それゆえ、ワタシには時間がかかります。
無心でチクチク。。

そうしてるとどうしても口ずさみます。。(無心じゃないだろ)
『かあさんは〜よなべ〜をして〜』真っ昼間ですけどね。

ドレス完成までは、あとは試着させて、裾の長さを決めて、
延々と裾をまつるだけです。
ご本人がスイミングに出かけてしまったので本日はここまで。

なんとか発表会には間に合いそうです。
あとはドレスに合わせてコサージュとシューズクリップを作る予定。

ところで、taには何を着せようか。。
男の子の衣装はほんとうに困る。
ドレス着せる訳にいかないしね^^;
毎年、なんだかんだ悩んでは、前日にダーっとベストを縫ったりして、
お下がりのシャツと合わせて舞台にあげる。
きっと今年もそんな感じになるだろう^^;


連休なのにどこにも出かけられなくてかわいそうだったのはmi。

taはいいんです。勉強しなきゃいけないので。

ハハはミシンに向かって引きこもり。
チチは仕事なので遊び相手がいない。

『ひま〜ひま〜』と嘆いておりました。

ハハが縫っているのは自分のドレスだし、
そう文句も言えない。

ごめんね〜
でも、ハハもがんばるからさ、
こども達よ、君たちも頑張って練習しておくれ!





a0114345_718688.jpg

りんごのクリームケーキ


そろそろ終わりかな。紅玉。
この前の紅玉はすでに果肉がやわくなっていて、
あまり紅玉らしさがなかった。
こんな紅玉買うならこれからはもうフジでいいや。と思う。

これは、混ぜるだけの簡単レシピ。
クリームケーキとなっているのは、
生クリームがはいっているためかな。
甘すぎず、しっとりとしていて、そして簡単。
とっても優秀なレシピでしたよ

レシピはコチラを参考にしました。



**きょうのワンコ**


a0114345_71833100.jpg

どろんこハリー(?)


おお〜ハリーがブラシをくわえて逃げてる!

人間様のブラシに歯形をつけられても、
どろんこハリーだぁ!!』と喜んでシャッターを押す
アホな飼い主。であった。。
Top▲ | by tsunatam | 2009-11-24 06:39 | ソーイング
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin